勝連半島の東西に細長く延びた形で築かれた勝連城は、進貢船によく似た形から『進貢船のグスク』とも呼ばれています。進貢船(しんこうせん)とは、中国の王朝との交易や、使節派遣のために使用された船のことです。

2018春、沖縄の名城巡り(13/28):3月9日(12):勝連城(3):二の曲輪、ウシヌジガマ、一の曲輪階段、一の曲輪からの眺望

37いいね!

2018/03/08 - 2018/03/10

75位(同エリア608件中)

旅行記グループ 2018春、沖縄の名城巡り

0

30

旅人のくまさん

旅人のくまさんさん

勝連半島の東西に細長く延びた形で築かれた勝連城は、進貢船によく似た形から『進貢船のグスク』とも呼ばれています。進貢船(しんこうせん)とは、中国の王朝との交易や、使節派遣のために使用された船のことです。

交通手段
観光バス JALグループ

PR

  • 勝連城の『二の曲輪』の光景です。建物類はありませんが、建物遺跡の礎石が残されていました。用途が不明とされる二重に並べられた琉球石灰岩の積石も二つ見えています。

    勝連城の『二の曲輪』の光景です。建物類はありませんが、建物遺跡の礎石が残されていました。用途が不明とされる二重に並べられた琉球石灰岩の積石も二つ見えています。

  • 真っ赤なハイビスカスの花のズームアップ光景です。『二の曲輪』で咲いていました。アオイ科フヨウ属の常緑樹で、南国を代表する花の一つです。

    真っ赤なハイビスカスの花のズームアップ光景です。『二の曲輪』で咲いていました。アオイ科フヨウ属の常緑樹で、南国を代表する花の一つです。

  • 『ウシヌジガマ』のタイトルがあった説明パネルの光景です。『ウシヌジ』は『身を隠し、凌ぐ』、『ガマ』は自然洞穴(ケーブ)のことと紹介されていました。1458年、このグスクで滅ぼされた按司の阿麻和利(あまわり)伝説も残されているようです。

    『ウシヌジガマ』のタイトルがあった説明パネルの光景です。『ウシヌジ』は『身を隠し、凌ぐ』、『ガマ』は自然洞穴(ケーブ)のことと紹介されていました。1458年、このグスクで滅ぼされた按司の阿麻和利(あまわり)伝説も残されているようです。

  • 木々が生い茂った、『ウシヌジガマ』の付近の光景です。このガマは、身に危険が迫った時に隠れる場所とされ、『一の曲輪』の『玉ノミウチ御嶽(ウタキ)』の脇の洞穴に繋がっているようです。この辺りは、『一の曲輪』の見学の後に、もう一度紹介します。

    木々が生い茂った、『ウシヌジガマ』の付近の光景です。このガマは、身に危険が迫った時に隠れる場所とされ、『一の曲輪』の『玉ノミウチ御嶽(ウタキ)』の脇の洞穴に繋がっているようです。この辺りは、『一の曲輪』の見学の後に、もう一度紹介します。

  • 『二の曲輪』から、『一の曲輪』への登り階段は、観光用に歩きやすい樹の階段が設置されていました、その階段途中から振り返って眺めた光景です。左手方面に一段高くなった『二の曲輪』、右手方面に建物遺跡が残った『二の曲輪』が見えていました。

    『二の曲輪』から、『一の曲輪』への登り階段は、観光用に歩きやすい樹の階段が設置されていました、その階段途中から振り返って眺めた光景です。左手方面に一段高くなった『二の曲輪』、右手方面に建物遺跡が残った『二の曲輪』が見えていました。

  • 同じく、『二の曲輪』から、『一の曲輪』への登り階段の光景です。右が観光用の木の階段、左手にオリジナルの石畳の登り坂が見えていました。その先に見える『一の曲輪』の高石垣の光景です。

    同じく、『二の曲輪』から、『一の曲輪』への登り階段の光景です。右が観光用の木の階段、左手にオリジナルの石畳の登り坂が見えていました。その先に見える『一の曲輪』の高石垣の光景です。

  • 『一の曲輪階段』の光景です。左が絶壁、右が直立した高石垣になった石段です。この階段は『一の曲輪』を守る最終防衛ラインとなるようです。上の方が勾配もきつくなっているようでした。石段を上り詰めた場所に『一の曲輪門』がありました。

    イチオシ

    『一の曲輪階段』の光景です。左が絶壁、右が直立した高石垣になった石段です。この階段は『一の曲輪』を守る最終防衛ラインとなるようです。上の方が勾配もきつくなっているようでした。石段を上り詰めた場所に『一の曲輪門』がありました。

  • 『一の曲輪階段』のタイトルがあった説明パネルの光景です。石の階段は、上になるほど狭くなり、大勢の敵兵が一斉に『一の丸』に殺到できないための工夫がされているようです。高石垣の上からの攻撃もできるようでした。

    『一の曲輪階段』のタイトルがあった説明パネルの光景です。石の階段は、上になるほど狭くなり、大勢の敵兵が一斉に『一の丸』に殺到できないための工夫がされているようです。高石垣の上からの攻撃もできるようでした。

  • 『一の曲輪』の下の部分は、本土の城郭に例えれば、『帯曲輪』のような場所でした。その帯曲輪から眺めた太平洋方面の光景です。右手に見えるのは、先ほど紹介した、『一の曲輪階段』の裾の部分です。

    『一の曲輪』の下の部分は、本土の城郭に例えれば、『帯曲輪』のような場所でした。その帯曲輪から眺めた太平洋方面の光景です。右手に見えるのは、先ほど紹介した、『一の曲輪階段』の裾の部分です。

  • 同じく、『帯曲輪』のような場所から眺めた光景です。先程と同じ場所の、左手方面のズームアップ光景です。勝連城に近い、尾根のような地形を持った光景でした。航空写真でも確認しましたが、勝連城のエリアを含む丘陵地のようでした。

    同じく、『帯曲輪』のような場所から眺めた光景です。先程と同じ場所の、左手方面のズームアップ光景です。勝連城に近い、尾根のような地形を持った光景でした。航空写真でも確認しましたが、勝連城のエリアを含む丘陵地のようでした。

  • 『一の曲輪』まで登り切りました。『国指定史跡・勝連城跡』のタイトルがあった説明パネルの光景です。中見出しは『一の曲輪の概要』と、『最後の城主・阿麻和利(あまわり)』でした。中央の図面は『一の曲輪』から『四の曲輪』と『東の曲輪』までの縄張り、その周りに出土品の写真などが紹介されていました。

    『一の曲輪』まで登り切りました。『国指定史跡・勝連城跡』のタイトルがあった説明パネルの光景です。中見出しは『一の曲輪の概要』と、『最後の城主・阿麻和利(あまわり)』でした。中央の図面は『一の曲輪』から『四の曲輪』と『東の曲輪』までの縄張り、その周りに出土品の写真などが紹介されていました。

  • 自然石が露出した『一の丸』の光景です。先程の『国指定史跡・勝連城跡』の説明文には、大規模な土木工事により、岩盤を削って平らにし、瓦葺の建物が建てられたと紹介されていました。

    自然石が露出した『一の丸』の光景です。先程の『国指定史跡・勝連城跡』の説明文には、大規模な土木工事により、岩盤を削って平らにし、瓦葺の建物が建てられたと紹介されていました。

  • 自然石が一面に顔を出した『一の曲輪』の光景です。先ほど紹介しましたように、これでも、築城の際には平らにされたようです。発掘調査より出土した遺物は、海外交易により得られた質の良い品々だったことから、かつて『一の曲輪』には、宝物殿のような建物があったと考えられています。

    自然石が一面に顔を出した『一の曲輪』の光景です。先ほど紹介しましたように、これでも、築城の際には平らにされたようです。発掘調査より出土した遺物は、海外交易により得られた質の良い品々だったことから、かつて『一の曲輪』には、宝物殿のような建物があったと考えられています。

  • 『一の曲輪』にあった『御嶽(ウタキ)』の光景です。地元の人らしい女性の方達が正座をしてお参りをされていました。1458年に勝連城が落城した後も、『御嶽(ウタキ)』の機能は継続していたようです。

    『一の曲輪』にあった『御嶽(ウタキ)』の光景です。地元の人らしい女性の方達が正座をしてお参りをされていました。1458年に勝連城が落城した後も、『御嶽(ウタキ)』の機能は継続していたようです。

  • 『玉ノミウチ御嶽(ウタキ)』のタイトルがあった説明パネルの光景です。勝連を守護する大きな霊石を御神体とする御嶽(ウタキ)と紹介されていました。霊石の表面(上部?)が平らにされていたことから、グスク時代は礎石にされていたようです。イラスト図には、瓦葺の2棟の建物が記されていました。

    『玉ノミウチ御嶽(ウタキ)』のタイトルがあった説明パネルの光景です。勝連を守護する大きな霊石を御神体とする御嶽(ウタキ)と紹介されていました。霊石の表面(上部?)が平らにされていたことから、グスク時代は礎石にされていたようです。イラスト図には、瓦葺の2棟の建物が記されていました。

  • 『一の曲輪』から眺めた太平洋の光景です。右手に港湾施設の防波堤が見えていました。地図を参照しますと、勝連城の西側方面でした。中城湾の北端付近になります。

    『一の曲輪』から眺めた太平洋の光景です。右手に港湾施設の防波堤が見えていました。地図を参照しますと、勝連城の西側方面でした。中城湾の北端付近になります。

  • 同じく、『一の曲輪』からの光景です。手前に見える光景は、石垣の上に積まれた最上部の石になります。その先に見える光景は、勝連半島の東北方面になるようです。

    イチオシ

    同じく、『一の曲輪』からの光景です。手前に見える光景は、石垣の上に積まれた最上部の石になります。その先に見える光景は、勝連半島の東北方面になるようです。

  • 近寄りすぎると、足がすくんでしまうような高石垣の近くからの眺めです。右手方向に見える高石垣の上部は、ほぼ垂直になっていますが、側面はなだらかに波打っていました。周囲の石垣の上に登るのは禁止されていました。

    近寄りすぎると、足がすくんでしまうような高石垣の近くからの眺めです。右手方向に見える高石垣の上部は、ほぼ垂直になっていますが、側面はなだらかに波打っていました。周囲の石垣の上に登るのは禁止されていました。

  • 側面には大きな石を組み合わせ、中間には小石を敷き詰めた城壁上部の光景です。別のお城では、敷き詰められた小石は、危急の際の武器になると紹介されていました。武器になり得る十分な大きさがありました。

    側面には大きな石を組み合わせ、中間には小石を敷き詰めた城壁上部の光景です。別のお城では、敷き詰められた小石は、危急の際の武器になると紹介されていました。武器になり得る十分な大きさがありました。

  • 『一の曲輪』からの光景が続きます。中央付近に溜池の光景がありました。ちづで確認しますと、池は勝連城の桧垣北が平面に位置していました。左側に見えるのがビニルハウス、右側が変電所です。

    『一の曲輪』からの光景が続きます。中央付近に溜池の光景がありました。ちづで確認しますと、池は勝連城の桧垣北が平面に位置していました。左側に見えるのがビニルハウス、右側が変電所です。

  • 方角を変えて、『一の曲輪』からの光景が続きます。右手奥に太平洋が見える西南側の光景です。眼下には、『二の曲輪』と『三の曲輪』が見えていました。『四の曲輪』は、『三の曲輪』に隠れてしまっているようです。

    方角を変えて、『一の曲輪』からの光景が続きます。右手奥に太平洋が見える西南側の光景です。眼下には、『二の曲輪』と『三の曲輪』が見えていました。『四の曲輪』は、『三の曲輪』に隠れてしまっているようです。

  • 同じ場所から眺めた、更に右手方面の光景です。前方全体に太平洋が見えていました。右手に見えるのは、『二の曲輪』に向かって階段を下りる人達のようです。

    同じ場所から眺めた、更に右手方面の光景です。前方全体に太平洋が見えていました。右手に見えるのは、『二の曲輪』に向かって階段を下りる人達のようです。

  • 『一の曲輪』の見学を終え、『二の曲輪』のエリアに戻る途中の光景です。行きも帰りも、歩きやすい木製の階段を使用しました。その階段途中から眺めた、勝連城の周りの市街光景です。

    『一の曲輪』の見学を終え、『二の曲輪』のエリアに戻る途中の光景です。行きも帰りも、歩きやすい木製の階段を使用しました。その階段途中から眺めた、勝連城の周りの市街光景です。

  • 同じく、『二の曲輪』のエリアに戻る途中の階段の上からの光景です。右端は城壁で囲まれた『二の曲輪』のエリアの光景です。その左手に見えるのは『三の曲輪』のエリアのようです。

    同じく、『二の曲輪』のエリアに戻る途中の階段の上からの光景です。右端は城壁で囲まれた『二の曲輪』のエリアの光景です。その左手に見えるのは『三の曲輪』のエリアのようです。

  • 木々が生い茂った『二の曲輪』の端の方の光景です。中間より少し右側に、木々に隠れるように石段や洞窟が見えていました。先に紹介した、『ウシヌジガマ』になるようです。洞窟は、『一の曲輪』の『御嶽(ウタキ)』に繋がるようです。

    木々が生い茂った『二の曲輪』の端の方の光景です。中間より少し右側に、木々に隠れるように石段や洞窟が見えていました。先に紹介した、『ウシヌジガマ』になるようです。洞窟は、『一の曲輪』の『御嶽(ウタキ)』に繋がるようです。

  • 同じく、木々が生い茂った『二の曲輪』の光景です。棕櫚によく似た葉を持った椰子の木の姿もありました。その先に『一の曲輪』の南面の高石垣が見えていました。<br />

    同じく、木々が生い茂った『二の曲輪』の光景です。棕櫚によく似た葉を持った椰子の木の姿もありました。その先に『一の曲輪』の南面の高石垣が見えていました。

  • 『二の曲輪』から『一の曲輪』へと続く城壁の光景です。城壁上には幅がありますから、武者走りの構造になっているのかも知れませんが、譲歩期の外側は断崖絶壁です。

    『二の曲輪』から『一の曲輪』へと続く城壁の光景です。城壁上には幅がありますから、武者走りの構造になっているのかも知れませんが、譲歩期の外側は断崖絶壁です。

  • 『二の曲輪』から『一の曲輪』へと続く城壁のズームアップ光景です。城壁の外側は、目も眩むような断崖絶壁になっていました。石積にも難儀したかもしれません。

    イチオシ

    『二の曲輪』から『一の曲輪』へと続く城壁のズームアップ光景です。城壁の外側は、目も眩むような断崖絶壁になっていました。石積にも難儀したかもしれません。

  • お城巡りのあちらこちらで目にした、『セイヨウアサガオ(西洋朝顔)』の紫の花の光景です。ヒルガオ科の1年草で、アメリカソライロアサガオとも呼ばれます。原産地は熱帯アメリカで、種、蔓、花、葉にエルゴリンアルカロイドを含み、何世紀にもわたり、多くのメキシコの先住民族の文化において、幻覚剤として利用されてきたようです。

    お城巡りのあちらこちらで目にした、『セイヨウアサガオ(西洋朝顔)』の紫の花の光景です。ヒルガオ科の1年草で、アメリカソライロアサガオとも呼ばれます。原産地は熱帯アメリカで、種、蔓、花、葉にエルゴリンアルカロイドを含み、何世紀にもわたり、多くのメキシコの先住民族の文化において、幻覚剤として利用されてきたようです。

  • 『二の曲輪』から見下ろした『三の曲輪』方面の光景です。発掘調査によれば、『三の曲輪』は、掘立て小屋、水溜瓶跡、更に『二の曲輪』の御殿前の儀式の広場として使われていたことが判明したようです。

    『二の曲輪』から見下ろした『三の曲輪』方面の光景です。発掘調査によれば、『三の曲輪』は、掘立て小屋、水溜瓶跡、更に『二の曲輪』の御殿前の儀式の広場として使われていたことが判明したようです。

37いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2018春、沖縄の名城巡り

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

沖縄市・うるま市・伊計島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集