その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
≪2016年ドイツの秋:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの4つの地域を中心に巡る旅≫<br />2016年10月14日(金)~10月28日(金)15日間<br /><br /><オーデンの森の“宝石箱”アモールバッハの町へ><br />第3日:10月16日(日)・・・114km、快晴、9~19.5℃*<br />ビューディンゲン=>L3010・B457・L3193 23km ロンネブルク城=>L3193 10km =>A45 24km(Stockstadt) =>B469 55km Amorbach(アモールブルン礼拝堂)=>L? 2km古城ホテル デアー・シャーフホフ・アモールバッハ<br /><br />【Kapelle Amorsbrunnアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂】<br />14:15~14:40<br />堂内見学は5月1日~10月30日、10:00~17:00。<br /><br />昨年、この横を通り古城ホテル デアー・シャーフホフまで行ったので、今回初めて訪れる。<br /><br />Unterfranken (Bayern)バイエルン州下フランケン地方のアモールバッハにある小さな礼拝堂は泉の礼拝堂である。<br /><br />泉信仰=聖地巡礼先の対象となっているそうだ。<br />礼拝堂内にある泉の水は毎秒4Lの水を噴出していると云い、傍を流れ、時に干上がってしまうOtterbachオッターバッハ(マインの支流:距離5kmの小川)を助ける存在である。<br />Amorアモールの泉と呼ばれ、アモールとは「愛の神」、英語読みのCupidキューピットで知られる。<br /><br />写真はKapelle Amorbach(アモールブルン礼拝堂)

アモールバッハ:神の泉は「アモールの泉」と名付けられた。

29いいね!

2016/10/14 - 2016/10/28

34位(同エリア228件中)

旅行記グループ ドイツの伝説・民話その2

5

18

≪2016年ドイツの秋:ライン・モーゼル・アール・ミュンスターラントの4つの地域を中心に巡る旅≫
2016年10月14日(金)~10月28日(金)15日間

<オーデンの森の“宝石箱”アモールバッハの町へ>
第3日:10月16日(日)・・・114km、快晴、9~19.5℃*
ビューディンゲン=>L3010・B457・L3193 23km ロンネブルク城=>L3193 10km =>A45 24km(Stockstadt) =>B469 55km Amorbach(アモールブルン礼拝堂)=>L? 2km古城ホテル デアー・シャーフホフ・アモールバッハ

【Kapelle Amorsbrunnアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂】
14:15~14:40
堂内見学は5月1日~10月30日、10:00~17:00。

昨年、この横を通り古城ホテル デアー・シャーフホフまで行ったので、今回初めて訪れる。

Unterfranken (Bayern)バイエルン州下フランケン地方のアモールバッハにある小さな礼拝堂は泉の礼拝堂である。

泉信仰=聖地巡礼先の対象となっているそうだ。
礼拝堂内にある泉の水は毎秒4Lの水を噴出していると云い、傍を流れ、時に干上がってしまうOtterbachオッターバッハ(マインの支流:距離5kmの小川)を助ける存在である。
Amorアモールの泉と呼ばれ、アモールとは「愛の神」、英語読みのCupidキューピットで知られる。

写真はKapelle Amorbach(アモールブルン礼拝堂)

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ≪Die Sage von der Entstehung der Amorquelle伝説・アモールの泉の由来≫<br /><br />Heilige Amor聖アモール(Heilige Pirmin聖ピルミンの若い頃の名、670年頃~753年)は放浪の途中、オーデンの森の荒地にやって来ました。<br /><br />太陽の強い日差しと放浪で疲れきって、聖アモールはカラカラとなった喉の渇きを潤すために、小さい泉でもないかと、無駄にあちこちを捜しました。<br />聖アモールは万策尽きて、ついに、神の助けを請い、深く信ずるイエスの名を唱えながら、自らの杖を大地に突きさしたのです。<br /><br />なんと、一瞬にして清らかな、瑞々しい水が溢れ出る泉が出現したのです。神は聖アモールが望んだ飲料を与えてくださり、彼は元気が回復したのでした。<br /><br />聖アモールは神に感謝し、泉を覆う礼拝堂を建て、その傍に自分自身の為に庵を作ったそうです。<br /><br />神の泉は「アモールの泉」と名付けられ、泉の持つ治癒力により、今日もなお人々はアモールの泉を目指した聖地巡礼の旅に訪れている。<br /><br />(原典:「バーデン地方とその周辺の民間伝説」Bernhard Baader<br />ベルンハルト・バーダー著、カールスルーエ1851年版)<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・<br /><br />写真は写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂と「Heilbad聖なる浴場」

    ≪Die Sage von der Entstehung der Amorquelle伝説・アモールの泉の由来≫

    Heilige Amor聖アモール(Heilige Pirmin聖ピルミンの若い頃の名、670年頃~753年)は放浪の途中、オーデンの森の荒地にやって来ました。

    太陽の強い日差しと放浪で疲れきって、聖アモールはカラカラとなった喉の渇きを潤すために、小さい泉でもないかと、無駄にあちこちを捜しました。
    聖アモールは万策尽きて、ついに、神の助けを請い、深く信ずるイエスの名を唱えながら、自らの杖を大地に突きさしたのです。

    なんと、一瞬にして清らかな、瑞々しい水が溢れ出る泉が出現したのです。神は聖アモールが望んだ飲料を与えてくださり、彼は元気が回復したのでした。

    聖アモールは神に感謝し、泉を覆う礼拝堂を建て、その傍に自分自身の為に庵を作ったそうです。

    神の泉は「アモールの泉」と名付けられ、泉の持つ治癒力により、今日もなお人々はアモールの泉を目指した聖地巡礼の旅に訪れている。

    (原典:「バーデン地方とその周辺の民間伝説」Bernhard Baader
    ベルンハルト・バーダー著、カールスルーエ1851年版)

    ・・・・・・・・・・・・・・

    写真は写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂と「Heilbad聖なる浴場」

  • 写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の縄張り図・・・堂内に泉があり、堂外右手に「聖なる浴場」がある。

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の縄張り図・・・堂内に泉があり、堂外右手に「聖なる浴場」がある。

  • 写真は「聖なる浴場」

    写真は「聖なる浴場」

  • 写真は「聖なる浴場」

    写真は「聖なる浴場」

  • 礼拝堂の壁にはSt.Christoph聖クリストフ(ギリシア語でSt.Christophorus聖クリストフォロスといい、「キリストを背負ったもの」という意味)が幼きキリストを背負って川を渡る場面が描かれている。<br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の聖クリストフ(次の写真を参照)

    礼拝堂の壁にはSt.Christoph聖クリストフ(ギリシア語でSt.Christophorus聖クリストフォロスといい、「キリストを背負ったもの」という意味)が幼きキリストを背負って川を渡る場面が描かれている。

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の聖クリストフ(次の写真を参照)

  • キリスト教会では1月1日がSt.Christoph聖クリストフ(ギリシャ語のSt.Christophorusクリストフォロスからの由来)の日になっていると云う。<br /><br />三世紀に殉教者となった人らしいが、ラインとの関係はよく分からない。旅行や交通の守護聖人として、今も尊ばれていると云う。 私共・旅行好きの者にとっては大事な守護聖人である。<br /><br />さて、ライン川の地方を旅すると美術館や大聖堂などによく子供を背負った筋骨たくましい老人の絵や彫刻などをよく見る。それらの由来を知らないままに過ぎてきたが、<br />2006年5月の”ドイツ懐かしの地再訪”と称した旅で、図らずも知ることとなった。ケルンの大聖堂にもこの像がある。<br />2016年の秋にKapelle Amorsbrunnアモールブルン礼拝堂を訪れた時も大きな絵が礼拝堂の外壁に描かれていた。<br /><br />その由来とはこうだ。<br />XXX<br />昔、ラインの岸辺に大変力もちの子供がいた。<br />勇者にあこがれた子供は、或る時、願い適って、偉い領主の家来になる事が出来た。ところが領主はサタンを恐がり、そのサタンに仕えてみると、なんと『十字』の人を恐れているのが分かった。それで、さらに『十字』の人を世界中に求めて彷徨ようが、遂に会う事ができなかった。やむなく、故郷の村に戻り、旅人を背負ってラインの激流を渡る、渡し守になった。<br /><br />ある嵐の晩、小さな男の子がやって来て、対岸までお願いすると・・・。願いがあまりに切なので、ついに嵐の川を渡ることにして、男の子を背負って、川を渡り始めた。川の中程に達すると、急に男の子がものすごく重くなった。必死に激流を超えて、対岸に辿り着くと、男の子は夜明けの光の中で、『世界の重みを負ってくれたね』と嬉しげに、十字を切って、渡し守を祝福したと云う。<br />男の子は幼児キリストであった。渡し守はキリストを負う者、クリストフの名を与えられ、遂に『十字』の人に会えた喜びに身を打ち震わせて、立ったまま息絶えてしまったと伝えられている。<br /><br />この聖クリストフ伝説はラインの源流から、オランダの河口に至る様々な地方で語り継がれて来たのだと云う。<br />“ラインの守護聖人”として、教会は彼を聖人に列したのだそうだ。<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・<br /><br />写真はケルンの大聖堂にあるライン川の守護聖人・聖クリストフの像

    キリスト教会では1月1日がSt.Christoph聖クリストフ(ギリシャ語のSt.Christophorusクリストフォロスからの由来)の日になっていると云う。

    三世紀に殉教者となった人らしいが、ラインとの関係はよく分からない。旅行や交通の守護聖人として、今も尊ばれていると云う。 私共・旅行好きの者にとっては大事な守護聖人である。

    さて、ライン川の地方を旅すると美術館や大聖堂などによく子供を背負った筋骨たくましい老人の絵や彫刻などをよく見る。それらの由来を知らないままに過ぎてきたが、
    2006年5月の”ドイツ懐かしの地再訪”と称した旅で、図らずも知ることとなった。ケルンの大聖堂にもこの像がある。
    2016年の秋にKapelle Amorsbrunnアモールブルン礼拝堂を訪れた時も大きな絵が礼拝堂の外壁に描かれていた。

    その由来とはこうだ。
    XXX
    昔、ラインの岸辺に大変力もちの子供がいた。
    勇者にあこがれた子供は、或る時、願い適って、偉い領主の家来になる事が出来た。ところが領主はサタンを恐がり、そのサタンに仕えてみると、なんと『十字』の人を恐れているのが分かった。それで、さらに『十字』の人を世界中に求めて彷徨ようが、遂に会う事ができなかった。やむなく、故郷の村に戻り、旅人を背負ってラインの激流を渡る、渡し守になった。

    ある嵐の晩、小さな男の子がやって来て、対岸までお願いすると・・・。願いがあまりに切なので、ついに嵐の川を渡ることにして、男の子を背負って、川を渡り始めた。川の中程に達すると、急に男の子がものすごく重くなった。必死に激流を超えて、対岸に辿り着くと、男の子は夜明けの光の中で、『世界の重みを負ってくれたね』と嬉しげに、十字を切って、渡し守を祝福したと云う。
    男の子は幼児キリストであった。渡し守はキリストを負う者、クリストフの名を与えられ、遂に『十字』の人に会えた喜びに身を打ち震わせて、立ったまま息絶えてしまったと伝えられている。

    この聖クリストフ伝説はラインの源流から、オランダの河口に至る様々な地方で語り継がれて来たのだと云う。
    “ラインの守護聖人”として、教会は彼を聖人に列したのだそうだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・

    写真はケルンの大聖堂にあるライン川の守護聖人・聖クリストフの像

  • <Heilige Amor聖アモールについて><br /><br />Heilige Amor聖アモール(聖アモールはHeilige Pirmin聖ピルミンの若い頃の名で、Pirminiusピルミニウスとも云う:670年頃~753年)はKloster Hornbachホルンバッハ僧院の創立者である。<br />聖アモールは若い頃からWandermoench放浪僧として、長い間、フランク王国(メロヴィング朝)などの地域でキリスト教を異教徒に信仰させるべく活動した。<br /><br />Heilige Pirmin聖ピルミンはプファルツ、アルザス、ライヒェナウ島、インスブルックの守護聖人です。幸せな出産の守護者であり、ヘビやペストなどの疫病に対しても守護の役目を果たすと云われている。<br /><br />ドイツの靴の生産で知られるPirmasensピルマゼンスの都市の名前やBierbachビアーバッハの町もHeilige Pirmin聖ピルミンから来ている。<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・・<br /><br />写真はホルンバッハ僧院の聖アモール像(Heilige Pirmin聖ピルミンの若い頃の名、670年頃~753年)

    <Heilige Amor聖アモールについて>

    Heilige Amor聖アモール(聖アモールはHeilige Pirmin聖ピルミンの若い頃の名で、Pirminiusピルミニウスとも云う:670年頃~753年)はKloster Hornbachホルンバッハ僧院の創立者である。
    聖アモールは若い頃からWandermoench放浪僧として、長い間、フランク王国(メロヴィング朝)などの地域でキリスト教を異教徒に信仰させるべく活動した。

    Heilige Pirmin聖ピルミンはプファルツ、アルザス、ライヒェナウ島、インスブルックの守護聖人です。幸せな出産の守護者であり、ヘビやペストなどの疫病に対しても守護の役目を果たすと云われている。

    ドイツの靴の生産で知られるPirmasensピルマゼンスの都市の名前やBierbachビアーバッハの町もHeilige Pirmin聖ピルミンから来ている。

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    写真はホルンバッハ僧院の聖アモール像(Heilige Pirmin聖ピルミンの若い頃の名、670年頃~753年)

  • http://www.heilige-quellen.de/Orte_Bayern/Amorsbrunn/Amorsbrunn_Seite.html<br />https://www.youtube.com/watch?v=ogy2bTxcHaI<br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂

    イチオシ

    http://www.heilige-quellen.de/Orte_Bayern/Amorsbrunn/Amorsbrunn_Seite.html
    https://www.youtube.com/watch?v=ogy2bTxcHaI

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂

  • 入口まで来ると、讃美歌の声が聞こえるので、ミサの最中と思って入るのを遠慮した。<br />その内、礼拝堂の裏手を歩き、戻ってこない人がいたので、そちらにも入口がありそうだと上ってみた。2階席に入る裏口だった。<br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂:ベンチで

    入口まで来ると、讃美歌の声が聞こえるので、ミサの最中と思って入るのを遠慮した。
    その内、礼拝堂の裏手を歩き、戻ってこない人がいたので、そちらにも入口がありそうだと上ってみた。2階席に入る裏口だった。

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂:ベンチで

  • 静かに私共も上からのぞくと、1階のセレモニーは男子の赤ちゃんの洗礼式(幼児洗礼)だった。この日を祝って、神父さんの挨拶が長く続いた。日本のお宮参りの産着とは違って、真っ白で裾長のベビードレスを神父によりかけてもらった男子の赤ちゃん、両親、両家の祖父母、親族・縁者たちの二十人ほどが参列して、挨拶を拝聴していた。<br /><br />この泉礼拝所の地はおそらく古くからローマやゲルマン民族も関与し、11世紀には良く知られた存在として、キリスト教に教化されていったと思われる。16世紀、ロマネスク様式の礼拝堂から後期ゴシックの様式に変わっていった礼拝堂の右横に、巡礼者により喧伝された泉から水をひいた“霊験あらたかな「Heilbad聖なる浴場」”が存在し、18世紀には屋根で覆われていたと云う。<br /><br />今日、巡礼者の聖地として巡礼の旅の目的地であり、また、ここで結婚式を挙げる人も多く、ヨーロッパ中の人気も高いのだと云う。<br />だが、私共は洗礼式に満足して、この「聖なる浴場」を見なかったのだが・・・。<br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式の始まり

    静かに私共も上からのぞくと、1階のセレモニーは男子の赤ちゃんの洗礼式(幼児洗礼)だった。この日を祝って、神父さんの挨拶が長く続いた。日本のお宮参りの産着とは違って、真っ白で裾長のベビードレスを神父によりかけてもらった男子の赤ちゃん、両親、両家の祖父母、親族・縁者たちの二十人ほどが参列して、挨拶を拝聴していた。

    この泉礼拝所の地はおそらく古くからローマやゲルマン民族も関与し、11世紀には良く知られた存在として、キリスト教に教化されていったと思われる。16世紀、ロマネスク様式の礼拝堂から後期ゴシックの様式に変わっていった礼拝堂の右横に、巡礼者により喧伝された泉から水をひいた“霊験あらたかな「Heilbad聖なる浴場」”が存在し、18世紀には屋根で覆われていたと云う。

    今日、巡礼者の聖地として巡礼の旅の目的地であり、また、ここで結婚式を挙げる人も多く、ヨーロッパ中の人気も高いのだと云う。
    だが、私共は洗礼式に満足して、この「聖なる浴場」を見なかったのだが・・・。

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式の始まり

  • 参列者と思われる数人の女性、3人の楽器をかかえた聖歌隊が下のセレモニーを見守っている。<br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式:聖歌隊

    参列者と思われる数人の女性、3人の楽器をかかえた聖歌隊が下のセレモニーを見守っている。

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式:聖歌隊

  • そして聖歌隊の歌が流れる中、赤ちゃんに神父が洗礼の聖水を3度額にかける。<br /><br />父親に抱かれた赤ちゃんは泣くことも無く、にこにこしている。洗礼後は両親からの宣言、お礼の言葉が返され、厳かにかつ和やかに執り行われた。<br /><br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式

    イチオシ

    そして聖歌隊の歌が流れる中、赤ちゃんに神父が洗礼の聖水を3度額にかける。

    父親に抱かれた赤ちゃんは泣くことも無く、にこにこしている。洗礼後は両親からの宣言、お礼の言葉が返され、厳かにかつ和やかに執り行われた。


    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式

  • 写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式

  • 写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式

  • 初めて洗礼式の終始を拝見できたのは幸運だった。<br /><br />写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内:洗礼式の終わり

    初めて洗礼式の終始を拝見できたのは幸運だった。

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内:洗礼式の終わり

  • 写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の聖壇画(1500年)

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の聖壇画(1500年)

  • 写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の聖壇画(1500年)

    写真はアモールブルン(アモールの泉)礼拝堂の聖壇画(1500年)

  • さてbachバッハ=小川の意味がある語が付いたAmorbachアモールバッハは勿論、川の名ではなく、町の名である。<br /><br />町近くを流れる川はいくつかあるが、Mud 、Otterbachとかいった別の名前が付いたものだ。だから前回の訪問時にもアモールバッハの名前が不思議であった。<br /><br />オーデンの森という山間に村と言ってもよい規模の町はアモールバッハ修道院を起源とし、徐々に発展を続け、1253年に帝国都市に昇格した。<br /><br />その名も993年、Amerbachアメルバッハと云い、1144年、Ammerbachアンマーバッハ、1336年に現在の名のAmorbachアモールバッハとなった。<br /><br />11世紀には良く知られた存在となっていたアモールブルン(アモールの泉)に修道僧のTheodorich von Fleuryテオドーリヒ・フロイリーがGichtheilung 痛風治療にやってきた。霊験あらたかな泉の水の効果に感謝し、“Sancti amoris fons”(多分ラテン語)、つまり“Heilende Quelle der goettlichen Liebe(神の愛が宿る霊験あらたかな泉”(神の恩恵に感謝!)という言葉を献辞したと云う。<br /><br />Amorbachアモールバッハの名はこの故事に由ったものだろうと今は思っている。<br /><br />・・・・・・・・・・・<br /><br />写真はアモールバッハの景観:Amorbach_mit_Gottharsberg

    さてbachバッハ=小川の意味がある語が付いたAmorbachアモールバッハは勿論、川の名ではなく、町の名である。

    町近くを流れる川はいくつかあるが、Mud 、Otterbachとかいった別の名前が付いたものだ。だから前回の訪問時にもアモールバッハの名前が不思議であった。

    オーデンの森という山間に村と言ってもよい規模の町はアモールバッハ修道院を起源とし、徐々に発展を続け、1253年に帝国都市に昇格した。

    その名も993年、Amerbachアメルバッハと云い、1144年、Ammerbachアンマーバッハ、1336年に現在の名のAmorbachアモールバッハとなった。

    11世紀には良く知られた存在となっていたアモールブルン(アモールの泉)に修道僧のTheodorich von Fleuryテオドーリヒ・フロイリーがGichtheilung 痛風治療にやってきた。霊験あらたかな泉の水の効果に感謝し、“Sancti amoris fons”(多分ラテン語)、つまり“Heilende Quelle der goettlichen Liebe(神の愛が宿る霊験あらたかな泉”(神の恩恵に感謝!)という言葉を献辞したと云う。

    Amorbachアモールバッハの名はこの故事に由ったものだろうと今は思っている。

    ・・・・・・・・・・・

    写真はアモールバッハの景観:Amorbach_mit_Gottharsberg

この旅行記のタグ

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ドイツの伝説・民話その2

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • とんちゃん健康一番さん 2017/05/28 11:05:19
    お邪魔しますぅ☆
    jijidarumaさんへ

    こんにちは♪
    jijidarumaさん目線のアモールバッハ♪
    素敵ですぅ☆

    6年前ぐらいに行った事がありますが、
    また、再訪したくなりました、

    >アモールブルン(アモールの泉)礼拝堂内の洗礼式
    素敵なフォトで感動しました。

    また、ゆっくりお邪魔させて頂きます♪

    jijidaruma

    jijidarumaさん からの返信 2017/05/29 00:03:30
    RE: お邪魔しますぅ☆
    とんちゃん健康一番さん
    こんばんは。
    ご投票とコメントありがとうございます。

    シュペッサートの森からオーデンの森にかけた一帯はフランクフルト
    からも近く、好きな地域なのでよく走りました。

    アモールバッハの礼拝堂は前回は横に見て通り過ぎた場所、今回は
    しっかり覗いたら、洗礼式にあたりました。
    伝説も知り、大いに喜んだものです。

    ドイツはこうした地方が一番魅力的と思いますね。
    是非、御再訪の機会がありますように、祈ります。

    jijidaruma

    P/S:キールのU-ボート博物館は如何でしたか?

    とんちゃん健康一番

    とんちゃん健康一番さん からの返信 2017/05/31 09:38:22
    RE: RE: jijidarumaさんへ♪お邪魔しますぅ☆
    おはようございます♪

    > P/S:キールのU-ボート博物館は如何でしたか?
    主人がとても興奮しておりました♪
    最高でした☆
    ブロイハウスにも行く事が出来て満足でした♪

    旅行記のアップ、当分先になりそうですが、
    良かったら覗きに来てください♪

  • Rolleiguyさん 2017/04/20 21:34:51
    懐かしい名前です
    jijidarumaさん
    ご無沙汰しております。
    久しぶりに訪問させて頂き、トップページにアモールバッハの文字を見つけ、とても
    懐かしくなりました。学生時代の1968年に企業研修でマンハイムにいたときに、いろいろな
    国から来た学生たちを、マンハイム経済大学の学生がオーデンヴァルトへの日帰り遠足に
    連れ出してくれて、ミッヒェルシュタット、ミルテンベルクなどを見学し、アモールバッハにも行きました。今となっては何を見たのか思い出せませんが、中世の城や教会を見て
    大感激したものです。jijidarumaさんの旅行記は解説が秀逸で、勉強になり、かつとても楽しめます。
    機会があれば再訪したいものです。
    Rolleiguy

    jijidaruma

    jijidarumaさん からの返信 2017/04/20 23:20:17
    アモールバッハ・RE: 懐かしい名前です
    Rolleiguyさん

    今晩は。御無沙汰はお互い様です。
    コメントとご投票ありがとうございました。

    春の到来で、旅に出たい気がしてきていますが、今年の旅は家内の
    歯のインプラント手術の回復待ちで、まだ決めておりません。

    1968年にドイツで企業研修ですか、すごいですね。
    私の入社年はこの年です。もうすぐ50年、半世紀になるわけで、
    歳も取ったものです。

    シュペッサートの森からオーデンの森にかけた一帯は好きな地域
    なのでよく走りました。
    当時、日本の観光本に載っていなかったと思われるミッヒェルシュタット、
    ミルテンベルク、アモールバッハなど、良い所をご案内頂いたものです。

    ドイツはこうした地方が一番魅力的と思いますね。
    是非、御再訪の機会がありますように、祈ります。

    jijidaruma

jijidarumaさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集