古城街道周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
Romantische Strasseロマンチック街道、Schwaebische Alb Strasseシュヴェービッシュ・アルプ街道、Burgenstrasse古城街道の旅<br /><br />期間 :2012年05月15日(火)〜05月29日(火)15日間の旅<br /><br />≪ハントシュースハイム城の伝説:城壁に塗り込められた騎士<br /> Die Sage von Burg Handschuhsheim:Der eingemauerte Ritter ≫<br />             <br />ハイデルベルクの北に町の名と同じBurg Handschuhsheimハントシュースハイム城があります。Die Tiefburgティーフブルク城という名前が今は多く使用されているが・・・。<br />ハントシュースハイムの町は人口19千人でハイデルベルクの一地区を形成している。<br />ハントシュースハイムの町の名前の由来は、或る騎士がHandschuh手袋をなくし、それを拾って届けてくれた乙女と、その事が縁で恋仲になり、結婚したと云う。<br />ハントシュースハイムの町の紋章は、青、赤の地に手袋が銀色で描かれているのです。<br /><br />写真は町の紋章

≪ハントシュースハイム城の伝説:城壁に塗り込められた騎士≫

15いいね!

2012/05/15 - 2012/05/29

39位(同エリア102件中)

旅行記グループ ドイツの伝説・民話その2

0

4

Romantische Strasseロマンチック街道、Schwaebische Alb Strasseシュヴェービッシュ・アルプ街道、Burgenstrasse古城街道の旅

期間 :2012年05月15日(火)〜05月29日(火)15日間の旅

≪ハントシュースハイム城の伝説:城壁に塗り込められた騎士
Die Sage von Burg Handschuhsheim:Der eingemauerte Ritter ≫
          
ハイデルベルクの北に町の名と同じBurg Handschuhsheimハントシュースハイム城があります。Die Tiefburgティーフブルク城という名前が今は多く使用されているが・・・。
ハントシュースハイムの町は人口19千人でハイデルベルクの一地区を形成している。
ハントシュースハイムの町の名前の由来は、或る騎士がHandschuh手袋をなくし、それを拾って届けてくれた乙女と、その事が縁で恋仲になり、結婚したと云う。
ハントシュースハイムの町の紋章は、青、赤の地に手袋が銀色で描かれているのです。

写真は町の紋章

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ルフトハンザドイツ航空 ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ハントシュースハイム城は13〜14世紀に築城された中世の水城で、かつてはMuehlbach ミュールバッハ川から水を引いた12mの幅を持つ濠を有していたと云う。<br /><br />30年戦争や1689年のプファルツ継承戦争で被害をこうむり、今は城址なっている。<br /><br />現在の所有者は1919年以来町であり、1973年から市立音楽学校が置かれている。<br /><br /><br />http://www.tiefburg.de/tiefburg.htm<br /><br />写真はハントシュースハイム城

    ハントシュースハイム城は13〜14世紀に築城された中世の水城で、かつてはMuehlbach ミュールバッハ川から水を引いた12mの幅を持つ濠を有していたと云う。

    30年戦争や1689年のプファルツ継承戦争で被害をこうむり、今は城址なっている。

    現在の所有者は1919年以来町であり、1973年から市立音楽学校が置かれている。


    http://www.tiefburg.de/tiefburg.htm

    写真はハントシュースハイム城

  • ≪Der eingemauerte Ritter 城壁に塗り込められた騎士≫<br /><br />1770年のある日、Burg Handschuhsheimハントシュースハイム城で驚きの発見があった。城壁の裏側にある窪みに、かつての城主Johann Ferdinand Joseph Freiherr von Helmstatt 男爵ヘルムシュタットのヨハン・フェルディナント・ヨセフが中世の甲冑を着けた骸骨姿で見つかったのだ。<br /><br />城壁に塗り込められた騎士については諸説があるが、その一つにヒルシュホルン城に住んでいた女性と関係があったと云われている。その事に起因したことで、罰としてこの騎士は生きたまま壁に塗り込められたと云うのである。<br /><br />その後、甲冑は行方不明になってしまい、甲冑が発見された場所には現在、レプリカが飾られていると云います。<br /><br />写真はヒルシュホルンの紋章

    ≪Der eingemauerte Ritter 城壁に塗り込められた騎士≫

    1770年のある日、Burg Handschuhsheimハントシュースハイム城で驚きの発見があった。城壁の裏側にある窪みに、かつての城主Johann Ferdinand Joseph Freiherr von Helmstatt 男爵ヘルムシュタットのヨハン・フェルディナント・ヨセフが中世の甲冑を着けた骸骨姿で見つかったのだ。

    城壁に塗り込められた騎士については諸説があるが、その一つにヒルシュホルン城に住んでいた女性と関係があったと云われている。その事に起因したことで、罰としてこの騎士は生きたまま壁に塗り込められたと云うのである。

    その後、甲冑は行方不明になってしまい、甲冑が発見された場所には現在、レプリカが飾られていると云います。

    写真はヒルシュホルンの紋章

  • 参考;ヒルシュホルン城の伝説で書かれている章(こちらの方が詳細だが):<br /><br />≪Die eingemauerte Frau城壁に塗り込められた女性≫<br /><br />1770年のある日、Burg Handschuhsheimハントシュースハイム城で驚きの発見があった。崩れた城壁の中に16世紀頃に生きたまま城壁に塗り込められたと思われる騎士の骸骨が見つかったのだ。<br /><br />発見された骸骨は生前の豊かさを象徴するように金で美しく飾られた甲冑を着けていたが、そこには剣の切り傷痕が見て取れた。直立した格好で骸骨は城壁の窪みに立っていたが、外の空気に触れると骸骨は崩れ落ちてしまったそうである。<br /><br />見事な甲冑はバイエルン国王の武具コレクションに加えられることになり、ミュンヘンに送られたと云う。<br /><br />写真はヒルシュホルン城

    参考;ヒルシュホルン城の伝説で書かれている章(こちらの方が詳細だが):

    ≪Die eingemauerte Frau城壁に塗り込められた女性≫

    1770年のある日、Burg Handschuhsheimハントシュースハイム城で驚きの発見があった。崩れた城壁の中に16世紀頃に生きたまま城壁に塗り込められたと思われる騎士の骸骨が見つかったのだ。

    発見された骸骨は生前の豊かさを象徴するように金で美しく飾られた甲冑を着けていたが、そこには剣の切り傷痕が見て取れた。直立した格好で骸骨は城壁の窪みに立っていたが、外の空気に触れると骸骨は崩れ落ちてしまったそうである。

    見事な甲冑はバイエルン国王の武具コレクションに加えられることになり、ミュンヘンに送られたと云う。

    写真はヒルシュホルン城

  • 時が経過した1830年頃、ヒルシュホルン城の城壁の中から女性の靴が発見された。見つけた男がそこにあった石を引っ張り出すと、昔の牢獄のような場所が見つかったのです。<br /><br />しかも、そこに女性の骸骨を発見したのでした。足のくるぶしの所には古い時代のサンダルが置かれていました。<br /><br />この二つの発見は過去の隠されていた歴史を表に出したと言えます。<br /><br />ハントシュースハイム城の騎士、ヒルシュホルン城の女性は同時代もので、二人は恐ろしい刑罰“生きたまま城壁に塗り込められる”を受けたと推測される。<br /><br />何故、二つの恐ろしい死の刑罰を受けざるを得なかったのか?それを解明するには資料が足りない。事実を知る人も少なく、宗教的な目的を持ったものか?<br /><br />そこでは秘密を知る者は黙秘を当然のように為したから、現代の人には解明するチャンスはなさそうである。<br /><br />                (2012.08.21.訳・編集)<br /><br />写真はヒルシュホルン城の俯瞰とネッカー川

    時が経過した1830年頃、ヒルシュホルン城の城壁の中から女性の靴が発見された。見つけた男がそこにあった石を引っ張り出すと、昔の牢獄のような場所が見つかったのです。

    しかも、そこに女性の骸骨を発見したのでした。足のくるぶしの所には古い時代のサンダルが置かれていました。

    この二つの発見は過去の隠されていた歴史を表に出したと言えます。

    ハントシュースハイム城の騎士、ヒルシュホルン城の女性は同時代もので、二人は恐ろしい刑罰“生きたまま城壁に塗り込められる”を受けたと推測される。

    何故、二つの恐ろしい死の刑罰を受けざるを得なかったのか?それを解明するには資料が足りない。事実を知る人も少なく、宗教的な目的を持ったものか?

    そこでは秘密を知る者は黙秘を当然のように為したから、現代の人には解明するチャンスはなさそうである。

                    (2012.08.21.訳・編集)

    写真はヒルシュホルン城の俯瞰とネッカー川

この旅行記のタグ

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ドイツの伝説・民話その2

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集