旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

sakatomoさんのトラベラーページ

sakatomoさんのクチコミ全110件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • イルミネーション&ランタン!!

    投稿日 2019年12月16日

    東京ドイツ村 袖ヶ浦

    総合評価:5.0

    全国5,542 名の夜景・イルミネーション鑑賞士が選ぶ「第七回イルミネーションアワード」の総合エンタテインメント部門でハウステンボスに次ぐ第2位にランクアップした
    「東京ドイツ村」に初めて行ってみた。
    平面的であるが彩り豊かなイルミネーションは見応えがあった。

    そして、日中平和友好条約の締結40周年を記念して、
    昨年から始まった「チャイナランタン」にも立ち寄ってみた。
    新聞報道によると「9月の台風により、大小2500個のランタン
    の多くが被害を受け、池に浮かべた帆船(長さ三十メートル、
    高さ十メートル)も破損していた。このため本国から中国人の
    制作スタッフ約60人を招き修復した。ランタンは鉄の骨組みと
    赤や黄色などの色布でできており、組み立てから染色まで
    全て手作業。内部の発光ダイオード(LED)で輝かせている」とか。
    巨大なランタンで見応えがあった。
    来年4月5日まで、日没後から午後8時まで点灯している。
    ドイツ村の入園料で観賞できる。(昨年は2,000円)

    ・電車でのアクセス
    JR内房線袖ヶ浦駅から15:30より30分毎にシャトルバスが運行していた。
    ※期間によって時刻表が変わるのでHPで確認してください

    旅行時期
    2019年12月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.5
    コストパフォーマンス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    施設の快適度:
    5.0
    バリアフリー:
    4.5
    アトラクションの充実度:
    4.5

  • 復活した民園広場(民園体育場)!

    投稿日 2019年12月11日

    五大道風情区 天津

    総合評価:5.0

    五大道の起点となっている民園広場(民園体育場)に行ってみた。

    ここは1920年代に中国で初めてできた西洋式の運動場で、
    何度か造り直されているが、3代目は天津のプロサッカーチームの
    ホームグラウンドだったとか。

    ところが、北京オリンピックの時には天津郊外に広大なサッカー場が
    造られたためにこの民園運動場は一時取り残されたが、五大道の
    中国を代表する観光地認定の評価獲得を目指す天津市政府の手によって、
    2014年に4代目に建て替えられ一躍五大道の拠点となり、
    市民や観光客の憩いの場としての地位を取り戻しているとか。

    また、この広場からは五大道を巡る観光馬車も出ている。 

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    4.5
    景観:
    5.0
    人混みの少なさ:
    4.5

  • 美しくライトアップされた大観覧車!

    投稿日 2019年12月07日

    天津アイ (天津之眼) 天津

    総合評価:5.0

    天津観光の目的の一つが天津市街地の中央を流れる「海河」の夜景でした。
    ライトアップした租界建築群や色鮮やかにライトアップした橋の数々、
    そして、夜空にそびえる高層ビル群など、まるで上海の外灘を
    小型にしたような夜景です。

    その夜景の始まりが209年4月完成の「天津アイ」(天津之眼)で
    世界初の河にまたがる大観覧車です。
    直径110m、最高地点は120mでおよそ35階建てに相当する高さです。
    高さだけを比べて見ると天津アイはあの有名な「ロンドンアイ」を超す
    世界一の観覧車とか。

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    4.5

  • 格安・駅近!

    投稿日 2019年12月04日

    ホリデイ イン エクスプレス ティアンジン へピン 天津

    総合評価:4.5

    北京からの日帰りでも良かったがライトアップの綺麗な天津アイ、
    大沽橋、解放橋など見たくてこのホテルに2泊した。

    ホテルは地下鉄1号線鞍山道駅の真上にあり、伊勢丹などの商業地にも
    近い。宿泊費も朝食が付いて日本のビジネスホテルの半額ほどであった。

    部屋はスタンダードルームのクイーンベッド1台で豪華とは言えないが30㎡と
    広く、浴室もシャワーのみであったが水圧などに問題はなかった。
    また、14階の部屋で日の出や天塔の眺望もよかった。

    旅行時期
    2019年10月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    1人1泊予算
    7,500円 未満
    コストパフォーマンス:
    5.0
    サービス:
    3.5
    バスルーム:
    3.5
    ロケーション:
    4.5
    客室:
    3.5

  • 世界最速の新幹線!

    投稿日 2019年12月03日

    鉄道 天津

    総合評価:5.0

    津観光のため、北京南―天津間の京津高鉄(中国版新幹線)に乗ってみた。
    この間(120km)は、ほぼ直線のため最高速度は350km/hで世界最速とか。
    (因みに日本の新幹線(はやぶさ)は320km/h)

    今回乗った復興号(インターシティ)は直行列車のため30分で結んでいた。
    また、車両はドイツの技術を導入したのでドイツ国鉄(DB)のICEに似ていた。
    運賃は55元(920円)。因みに日本の東京―三島間(120km)では4,600円。

    中国の交通機関(鉄道、地下鉄、バス、タクシーなど)は日本の1/5~1/4の
    激安さには驚きでした。(笑)

    旅行時期
    2019年10月
    利用目的
    中・長遠距離
    コストパフォーマンス:
    5.0
    利便性:
    5.0

  • 中国美術最高峰の美術館!

    投稿日 2019年12月01日

    中国美術館 北京

    総合評価:4.0

    建国70周年の特別展が開催されていると聞き行ってみた。
    ここは王府井大街の一番北側に位置し、新中国成立後の
    北京では人民大会堂、国家博物館、北京駅など10の重要な
    建築物が作られたが、ここも同様にその一つとして建築された。
    屋根には黄色い瑠璃瓦が使用され、中国の威信を感じさせる。
    建物の中には1階から5階まで合計20もの展示ホールがあり、
    近現代の中国の大家を中心に多彩な絵画が展示されている。
    見応えのある図書館であった。

    ※開館時間:9:00~17:00 月曜日は閉館
    チケット代:無料(外国人はパスポート必要)
    ※アクセス:地下鉄6号線か5号線東四駅で下車後、徒歩圏内

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    4.5
    ホテルから路線バスで行きました
    コストパフォーマンス:
    5.0
    無料
    人混みの少なさ:
    4.5
    展示内容:
    4.5

  • バス停の係員は親切!

    投稿日 2019年11月29日

    バス 北京

    総合評価:5.0

    天津ではほとんどタクシーを利用したが、北京は東京のように
    流しのタクシーや観光地も客待ちのタクシーが少ないので
    路線バスを利用した。
    観光地などの主要なバス停には係員がいる。(バス会社OBらしい)
    行き先メモや筆談で示すと詳しく親切に教えてくれる。
    地下鉄も使える交通ICカードの「一卡通(イーカートン)」が便利で、
    空港や地下鉄駅で購入でき、デポジット20元とチャージする。
    そして、バス料金は2元のところ半額の1元(16円)になる。
    観光地は地下鉄駅から離れていたり、駅の手荷物検査やボディチェックの
    煩わしさがあるので少し渋滞に会うこともあるがバスの方が便利でした。(笑)

    旅行時期
    2019年10月
    利用目的
    市内・近距離
    コストパフォーマンス:
    5.0
    市内路線バスは現金2元、カード1元
    利便性:
    4.5

  • 美しすぎる近未来的な図書館!

    投稿日 2019年11月28日

    天津浜海新区文化中心図書館 天津直轄市

    総合評価:5.0

    米タイム誌の「2018最も行く価値のある場所100選」で第一位獲得や
    「美しすぎる図書館」などSNSで話題になっている図書館があると聞いて、
    天津駅から地下鉄を1時間乗って足を延ばしてみた。

    このSF映画に出てくるような近未来的な図書館は
    オランダ・ロッテルダムのMVRDV社の設計によるもので、
    2017年10月の開館以来、中国内外から注目され、読書より
    写真を撮りに来る来館者で賑わっていた。(笑)

    ※開館時間
     10:00~22:00(月曜日;14:00~22:00)
     (カメラ持込み禁止 スマホOK)
    ※アクセス
     天津駅より地下鉄9号線で市民広場駅下車。徒歩20分、タクシー5分

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    5.0
    市民広場駅よりタクシーが便利
    コストパフォーマンス:
    5.0
    無料
    人混みの少なさ:
    4.0
    立体的で広いので人の多さは感じない
    展示内容:
    5.0
    どこを撮っても写真映えする

  • 民営第一号の食堂!

    投稿日 2019年11月26日

    胡同 北京

    総合評価:4.5

    万里の長城の帰りに王府井の北側に位置する(中国美術館の向い側)
    「翠花胡同」に立ち寄ってみた。
    ここには改革開放の1980年10月、北京で初めてできた個人経営の
    「悦賓飯館」がある。
    豚の関節を煮込んで刻んだものに醤油とニンニクのタレをかけた
    蒜泥肘子と肉や春雨など五種類の千切りの具を包んで揚げたものを
    薄い小麦粉生地で包んで食べる五絲桶。
    この二つの料理は、どのテーブルも注文する看板料理で
    他の店では食べられないような庶民的な北京料理ばかり。
    しかも量はたっぷりで値段は信じられないぐらい安い。
    開業から39年間ずっと胡同の奥にある人気店とか。

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    4.5
    景観:
    4.5
    人混みの少なさ:
    5.0

  • これぞ世界遺産!

    投稿日 2019年11月23日

    八達嶺/万里の長城 北京

    総合評価:5.0

    中国建国70周年の北京・天津を巡る8日間の旅で二つ目に訪れた世界遺産。
    一生に一度は登ってみたいと思っていた奇跡の建造物と言われている
    「万里の長城」を実際に立つことができた。(笑)
    ただ、観光バス・自家用車駐車場からの無料シャトルバスの
    待ち時間が1時間半、ロープウェイ(ゴンドラ)の待ち時間が1時間と週末、
    観光シーズンが重なって激混みだった。そして、長城の上も大渋滞であった。(汗)
    なお、報道によると北京―八達嶺長城間に中国新幹線(高鐵)が建設中とか。
    2022年の北京冬季オリンピックまでに開通するといいですね。(笑)

    ※「万里の長城」に中国新幹線が!八達嶺長城の102メートル直下に地下駅
     https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20160930_304277/

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    1日
    アクセス:
    4.5
    コストパフォーマンス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    展示内容:
    5.0

  • 広大な世界遺産!

    投稿日 2019年11月22日

    頤和園 北京

    総合評価:4.5

    中国建国70周年の北京・天津を巡る8日間の旅で最初に訪れた世界遺産。
    秋の観光シーズンの真最中で凄い混雑のため、観光の目玉である
    長廊と仏香閣の見学を断念した。
    それでも小さな獅子像の「十七孔橋」や杭州の西湖を模して造られたと
    言われている「昆明湖」の湖畔散策は見応えあった。
    ただ、好天続きため大気汚染が酷く霞んでいたのは残念だった。(涙)

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    4.5
    景観:
    4.5
    人混みの少なさ:
    3.0

  • 王府井通りに面している!

    投稿日 2019年11月20日

    サンワールド ダイナスティ ホテル ベイジン ワンフージン 北京

    総合評価:4.5

    中国建国70周年の北京・天津を巡る旅で3泊した。
    王府井通りに面しており王府井へのショッピングやレストランには絶好のロケーション。また、隣には王府井通りのランドマークと云われている「王府井天主堂」(教会)があり、ライトアップが幻想的で綺麗。Wi-Fi、NHK衛星放送、水圧などの設備関係などは特に問題はなかった。

    公共交通機関へのアクセスは、地下鉄5号線灯市口駅へ歩いてすぐ(580 m)。キャリーバッグを転がしても歩き易い。

    旅行時期
    2019年10月
    コストパフォーマンス:
    4.5
    ロケーションから考えれば高コスパ
    サービス:
    3.5
    バスルーム:
    4.0
    ロケーション:
    5.0
    王府井に至近で絶好のロケーション
    客室:
    4.5
    ちょっと古いが設備には問題ない

  • 日本一美しい本棚!

    投稿日 2019年10月05日

    東洋文庫 大塚・巣鴨・駒込

    総合評価:5.0

    「日本一美しい本棚」や「インスタ映え」すると話題になっている東洋文庫ミュージアムに行ってみた。また、西洋でジャポニズムを巻き起こし、マネやゴッホなど多くの画家に影響を与えた葛飾北斎の「北斎展」にも立ち寄ってみた。
    ※東洋文庫ミュージアム
    ・開館時間;10:00~19:00(入館は18:30まで)
    ・休館日;毎週火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、水曜日が休館)
    ・入場料;一般 900円、65歳以上 800円
    ※交通アクセス
    ・JR・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩8分
    ・都営地下鉄三田線「千石駅」から徒歩7分

    旅行時期
    2019年10月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.5
    コストパフォーマンス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    4.5
    展示内容:
    4.5
    バリアフリー:
    5.0

  • 写真映えする街灯!

    投稿日 2019年09月22日

    東京市道路元標 日本橋

    総合評価:5.0

    令和元年9月15日、2020年東京オリンピックの男女マラソン代表を決める選考レース(MGC)の観戦のため、「ランナーが3度見られる」と話題の日本橋に行ってみた。
    橋の脇には「東京市道路元標」と書かれ洒落た街灯もある。
    方錐柱には、松と榎が刻まれている。これは、江戸時代にそれぞれの街道に、距離を示すために松や榎が植えられたことに由来しているとか。
    また、隣には日本の道路の起点とされる「日本国道路元標」のレプリカがある。ブロンズ製の本物は橋の中央の道路に埋め込んでいる。このプレートは佐藤栄作元総理の書によるものとか。

    旅行時期
    2019年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    5.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    5.0
    見ごたえ:
    5.0

  • 70年ぶりに青空復活へ!

    投稿日 2019年09月21日

    日本橋 日本橋

    総合評価:5.0

    令和元年9月15日、2020年東京オリンピックの男女マラソン代表を決める選考レース(MGC)の観戦のため、「ランナーを3度見られる」と話題の日本橋に行ってみた。
    日本橋には、その四隅に獅子がいる。獅子が持っているのは東京都の紋章だそうだ。太陽を中心にして6方に光が放たれている形で、日本の中心としての東京を象徴するデザインになっているとか。
    そして70年ぶりに東京・日本橋に青空が復活する。首都高速道路の日本橋区間の地下化が決まった。事業費は約3200億円。着工は2020年東京五輪・パラリンピック後。工期は未定だが、10~20年かかる見通しとか。

    旅行時期
    2019年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    5.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    5.0
    見ごたえ:
    5.0

  • 日本橋のシンボル!

    投稿日 2019年09月20日

    日本橋 麒麟像 日本橋

    総合評価:5.0

    令和元年9月15日、2020年東京オリンピックの男女マラソン代表を決める選考レース(MGC)の観戦のため、3度通過する日本橋に行ってみた。
    この麒麟の像は、映画化もされた東野圭吾さんの小説「麒麟の翼」でも有名になった像。麒麟は吉兆や繁栄を現す神獣とのことで、日本橋の麒麟は「東京都の繁栄」を意味しているとか。また、国道の起点として全国に羽ばたけという意味もあるとか。

    旅行時期
    2019年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    5.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    5.0
    見ごたえ:
    5.0

  • 整備工事は完了していました!

    投稿日 2019年08月30日

    東京都庭園美術館 庭園 目黒

    総合評価:5.0

    令和元年8月27日、1990年から年に一度のペースで開催されてきた東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)の「建物公開展」が今年も開催されていると聞き3年ぶりに行ってみた。また、2018年に整備工事が完了した庭園にも立ち寄ってみた。

    都心にあって緑豊かな庭園には3つのエリアがあり、四季それぞれ異なった表情が楽しめる。
    ※芝庭
    朝香宮邸時代から引き継がれている芝生で覆われた開放感のあるエリア。中央には彫刻家の安田侃が制作した「風」という作品が登場。2001年の「安田侃-野外彫刻展」で展示され、そのまま恒久設置となったとか
    ※日本庭園
    こちらも朝香宮邸時代から引き継がれている庭園。築山と池を備え、起伏に富んだ景観となっている。茶室「光華」もあり和の情緒に溢れている。秋の紅葉は見事とか。
    ※西洋庭園
    往時は宮内省の官舎があったがその後庭園となり美術館に引き継がれた。2018年に園路や樹木を整備し、より寛げる空間に生まれ変わった。春にはワシントン桜が楽しめるとか。

    ※庭園のみの入場料;一般200円 65歳以上100円
    ※アクセス(電車)
    JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
    都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分
    ※白金台駅の1番出口には地上までのエスカレーターあり。

    旅行時期
    2019年08月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    5.0
    バリアフリー:
    4.5
    見ごたえ:
    4.5

  • フランス“アール・デコ様式”の建物!

    投稿日 2019年08月30日

    東京都庭園美術館 白金

    総合評価:5.0

    令和元年8月27日、1990年から年に一度のペースで開催されてきた東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)の「建物公開展」が今年も開催されていると聞き3年ぶりに行ってみた。
    こちらの美術館は、もともとは旧皇族・朝香宮(あさかのみや)夫妻の邸宅として建設されたもの。朝香宮家は、久邇宮朝彦親王(くにのみや あさひこしんのう)の第8王子である鳩彦王(やすひこおう)が創立した宮家。鳩彦王は1922年からフランスに留学していたが、現地で交通事故に遭遇。看病で渡欧した允子内親王(のぶこないしんのう)とともに、1925年までフランスに長期滞在することになった。
    当時、1900年代前半のフランスは“アール・デコ”の全盛期。流行に敏感だった朝香宮夫妻は、現地で建築や家具・工芸など最先端の様式をたっぷりと見てまわり、帰国後に自邸の建設にあたってアール・デコの意匠をふんだんに取り入れた邸宅を計画。1933年に現在の建物が竣工した。第二次世界大戦が終わり、1947年に鳩彦王は皇籍を離脱。その後、紆余曲折があって1983年に美術館となったとか。
    内部の改造はわずかだったため、現在も竣工当時の建物と当時の流行の最先端を感じることができる。2015年には国の重要文化財に指定された。

    ※アクセス(電車)
    JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
    都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分
    ※白金台駅の1番出口には地上までのエスカレーターあり。

    旅行時期
    2019年08月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    5.0
    コストパフォーマンス:
    5.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    展示内容:
    5.0
    バリアフリー:
    4.0

  • 入場者累計31万人の“和のあかり×百段階段”

    投稿日 2019年08月24日

    ホテル雅叙園東京 目黒

    総合評価:5.0

    5回目を迎える真夏の恒例イベント「和のあかり×百段階段2019」が開催されている聞き、4年連続で行ってみた。累計来場者数は31万人を突破したとか。

    ※今年のメイン展示は
    ・竹あかり作家 NITTAKE/宮崎県 日南市
    環境問題である「放置竹林」をデザイン、アートで解決しながら、竹で出来るエンターテイメントの可能を広げている竹あかり作家 NITTAKE氏による作品。

    ・長崎ランタンフェスティバル/長崎県 長崎市
    長崎の冬の一大風物詩として全国的にその名が知られている「長崎ランタンフェスティバル」。今回は「竜宮城」をテーマに、極彩色のランタン(中国提灯)と、大小さまざまなオブジェたちが一帯を幻想的に彩り、幻想的な空間を作り上げた

    ・山鹿灯籠浪漫 百華百彩/熊本県 山鹿市
    和傘の大産地として有名な、熊本県山鹿市の冬の祭典『山鹿灯籠浪漫・百華百彩』から和傘を使ったやさしい和のあかりが初登場。

    ※アクセス(電車)
    目黒駅(JR山手線・東急目黒線・地下鉄南北線・三田線)より徒歩3分
    目黒駅・品川駅から無料ホテルバスあり

    旅行時期
    2019年08月
    アクセス:
    5.0

  • 「大賀蓮」などの花蓮のメッカ!

    投稿日 2019年07月27日

    郷土の森公園 国立・府中・稲城

    総合評価:5.0

    ふと見た日テレの旅番組「ぶらり途中下車の旅」で「郷土の森公園修景池」の花蓮が見頃を迎えていると聞き行ってみた。
    「郷土の森公園修景池」は梅やあじさいで有名な「郷土の森博物館」の隣にあって「大賀蓮」、「妙連」の古代蓮や珍しい蓮など約30種の花蓮が植えられている。また、池の淵には「大賀蓮」の生みの親大賀一郎博士の胸像もある。

    ※【見 ご ろ】 7月~8月
     特に午前中が花蓮の見ごろ午後は閉じてしまう。
    ※アクセス(電車)
    【郷土の森公園】京王線・南武線分倍河原駅から郷土の森総合体育館行きバス終点下車。

    旅行時期
    2019年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    5.0
    バリアフリー:
    4.5
    見ごたえ:
    5.0

sakatomoさん

sakatomoさん 写真

9国・地域渡航

15都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

sakatomoさんにとって旅行とは

新たな発見を求めて…。
2014.12.23 初投稿(旅の備忘録のはずが…)

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

ベルギー、ドイツ

大好きな理由

ビールが美味しいから

行ってみたい場所

チェコ、ハンガリー、オーストリアの中欧。フィンランド、台湾などの親日家が多い国

現在9の国と地域に訪問しています

現在15都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)