旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

タヌキを連れた布袋(ほてい)さんのトラベラーページ

タヌキを連れた布袋(ほてい)さんの写真全3,001 »

  • そのあと,ローカルのファストフード店でメニューと値段をチェックしていた...

    エリア: イスタンブール

  • バルクエキメッキ(通称・鯖サンド)を買わされてしまった。ひとつ7TRY...

    エリア: イスタンブール

  • ハイダルパシャ駅に別れを告げて,ワプルでカラキョイへ戻る。

    エリア: イスタンブール

  • 宿へ戻ったあとも,旅が名残惜しく,近所で焼き栗の屋台を冷かしたりする。

    エリア: イスタンブール

  • トルコのアイランは,泡ぶくぶくを旨とする。

    エリア: イスタンブール

  • イスタンブル最後の夜は,

    エリア: イスタンブール

  • 鶏肉とひよこ豆のピラウTavuklu Nohutlu Pilav&#3...

    エリア: イスタンブール

  • 【蛇足その1】帰国便経由地のシンガポールのスーパーマーケットでインドの...

    エリア: イスタンブール

写真をもっと見る

タヌキを連れた布袋(ほてい)さんのクチコミ全152 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

タヌキを連れた布袋(ほてい)さんのQ&A

回答(0件)

質問(0件)

タヌキを連れた布袋(ほてい)さん

タヌキを連れた布袋(ほてい)さん 写真

29国・地域渡航

0都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

タヌキを連れた布袋(ほてい)さんにとって旅行とは

旅は人を謙虚にする。

それは,己(おのれ)の存在のちっぽけさと無力さをつくづくと思い知らされるからだ。

だから,大抵の人間は,旅に出たりなんかしない。

―――――――――――――――――――――

弥勒真弥勒 分身千百億 
時時示時人 時人自不識

自分を客観的にみた第一印象

<一日の生活>
行動を開始するのは日の出時刻の前後である。食べ物がある場所はわかっているので、そのような場所を巡回していく。食べ物が得られる場所は時期によって変わっていくので、ルートは常に決まっているわけではない。短期的な期間でも毎日同じルートを歩くわけではない。日暮れにねぐらまたは巣に戻ってくる。戻る時刻は一定していない。これは食事を得るのに時間がかかったり、遠出したりすると戻るのに時間がかかるためである。
<食性>
動物性のものも植物性のものも食べる雑食である。
「雑食」というと誤解されやすいが、「何でも食べる」という意味ではない。動物性のもの、植物性のもの両方を食べるという意味である。石ころやコンクリートを食べることはない。また、雑食でも食べ物の好みには明らかに傾向がある。積極的に狩りをする動物ではないので,あちこち歩き回り、簡単に得ることができるものをよく食べているようだ。植物性では果実を好む。
<運動能力>
足がかりの無い垂直壁の場合、登れる限界は1m程度とみられる。そのため、塀の上を歩くことは非常にまれである。
木に登ることは可能であるが非常に下手。ハクビシンやネコのように簡単に登ったりはできない。降りることも下手。体の構造的に木登りに向いていない。木に登るのは非常にまれである。
泳げるが,その能力の程度は不明。
以上の特徴をまとめると、主に地面を歩く動物と言える。

(参考:「タヌキ事典」,東京タヌキ探検隊! http://tokyotanuki.jp/encyclopedia/)

大好きな場所

物価が安く,快適な安宿と名物(料理・食品・菓子・酒)が複数あり,かつ著名な観光資源がほとんどない小都市

大好きな理由

秘密

行ってみたい場所

正岡まどかが「セントルイス」でダンサーをしていた1937年頃の上海。

現在29の国と地域に訪問しています

現在0都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)