八瀬・大原・貴船・鞍馬旅行記(ブログ) 一覧に戻る
5月GW明けの週末。<br />びびパパがまたまたお得な航空券を見つけてポチ。<br />伊丹空港からどこへ行こうか??<br /><br />そうだ!<br />3月の滋賀県旅行のリサーチ中に見つけたびわ湖疎水船!<br />大津から蹴上まで船で移動したら京都だね!<br />5月の京都はちょうど青もみじが美しい時期。<br />久しぶりの京都は<br />青もみじの美しいエリア・・鞍馬寺・貴船へ。<br />そして特別拝観中の瑠璃光院も。<br />お城つながりで二条城を見て<br />東本願寺に圧倒されました。<br />京都はやっぱり不思議な魅力であふれる街。<br />行けば行くほどまた行きたくなるな~。<br />1泊2日でも楽しめた京都旅でした。<br /><br />5/14 仙台空港7:15発ー大阪伊丹空港着9:15着 <br />     ANA 732便<br />     リムジンバスで京都駅<br />     京都駅から琵琶湖線で山科経由京阪線で浜大津。<br />     三井寺に拝観してからびわ湖疎水船。<br />     蹴上インクラインを見て二条城。<br />     夕食は京都のおばんざいを頂きました。<br />     <br />     天然温泉 蓮花の湯 御宿 野乃京都七条 泊    <br />      <br />5/15 鞍馬寺から貴船へ。<br />     川床でお昼を頂いた後<br />     貴船神社<br />     瑠璃光院<br />     東本願寺   <br />     京都駅からリムジンバスで大阪伊丹空港へ<br />     大阪伊丹空港19:40発ー仙台空港20:55<br />     ANA739便   <br />      <br />航空券:ANA HPから予約<br />    往復1人21,380円<br />    スカイコイン+差額クレカでお支払い<br /><br />ホテル:天然温泉 蓮花の湯 御宿 野乃京都七条<br />    プラン:【早期割30◆朝食付】<br />    30日前までのご予約がお得の早期割引!<br />    癒しのシンプルステイプラン☆<br />    客室:◆禁煙◆ツインルーム<br />    大人@ 10,150 円 x 2 名合計20,300円<br /><br />ドーミーインHPから予約<br />    <br />この旅行記は<br />2日目叡山電鉄で鞍馬寺。<br />鞍馬寺から奥の院を通り貴船へ。<br />青もみじがどこもとても美しく<br />そして鞍馬寺奥の院から貴船へ抜けるコースは<br />義経ゆかりのスポットや鞍馬寺の不思議な魅力あふれる場所でした。<br /><br /><br />備忘録としての旅行記です。<br />シツコクなるのをお許し下さい。

週末は新緑の京都へ・・2日目は鞍馬寺から貴船へ。

22いいね!

2022/05/14 - 2022/05/15

573位(同エリア1978件中)

旅行記グループ 仙台から飛ぶ!関西編

0

59

びびママ

びびママさん

この旅行記スケジュールを元に

5月GW明けの週末。
びびパパがまたまたお得な航空券を見つけてポチ。
伊丹空港からどこへ行こうか??

そうだ!
3月の滋賀県旅行のリサーチ中に見つけたびわ湖疎水船!
大津から蹴上まで船で移動したら京都だね!
5月の京都はちょうど青もみじが美しい時期。
久しぶりの京都は
青もみじの美しいエリア・・鞍馬寺・貴船へ。
そして特別拝観中の瑠璃光院も。
お城つながりで二条城を見て
東本願寺に圧倒されました。
京都はやっぱり不思議な魅力であふれる街。
行けば行くほどまた行きたくなるな~。
1泊2日でも楽しめた京都旅でした。

5/14 仙台空港7:15発ー大阪伊丹空港着9:15着 
     ANA 732便
     リムジンバスで京都駅
     京都駅から琵琶湖線で山科経由京阪線で浜大津。
     三井寺に拝観してからびわ湖疎水船。
     蹴上インクラインを見て二条城。
     夕食は京都のおばんざいを頂きました。
     
     天然温泉 蓮花の湯 御宿 野乃京都七条 泊    
      
5/15 鞍馬寺から貴船へ。
     川床でお昼を頂いた後
     貴船神社
     瑠璃光院
     東本願寺   
     京都駅からリムジンバスで大阪伊丹空港へ
     大阪伊丹空港19:40発ー仙台空港20:55
     ANA739便   
      
航空券:ANA HPから予約
    往復1人21,380円
    スカイコイン+差額クレカでお支払い

ホテル:天然温泉 蓮花の湯 御宿 野乃京都七条
    プラン:【早期割30◆朝食付】
    30日前までのご予約がお得の早期割引!
    癒しのシンプルステイプラン☆
    客室:◆禁煙◆ツインルーム
    大人@ 10,150 円 x 2 名合計20,300円

ドーミーインHPから予約
    
この旅行記は
2日目叡山電鉄で鞍馬寺。
鞍馬寺から奥の院を通り貴船へ。
青もみじがどこもとても美しく
そして鞍馬寺奥の院から貴船へ抜けるコースは
義経ゆかりのスポットや鞍馬寺の不思議な魅力あふれる場所でした。


備忘録としての旅行記です。
シツコクなるのをお許し下さい。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
ANAグループ 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • おはようございます!<br />京都の朝です。<br /><br />相変わらず早起きしてしまい・・<br />お風呂へ入り・・のんびりと朝ごはんの時間を待ちます。<br />朝はランドリーも空き空きでしたが・・<br />1泊なので洗濯の必要も感じず・・朝の京都の風景を眺めます。

    おはようございます!
    京都の朝です。

    相変わらず早起きしてしまい・・
    お風呂へ入り・・のんびりと朝ごはんの時間を待ちます。
    朝はランドリーも空き空きでしたが・・
    1泊なので洗濯の必要も感じず・・朝の京都の風景を眺めます。

    天然温泉 蓮花の湯 御宿 野乃 京都七条 宿・ホテル

    2名1室合計 6,000円~

  • 朝食は1階のレストラン旅籠で。<br />朝6時スタート!早いね。<br />(この日はゲストが多いので早いスタートだったよう)<br />6時半前に行ってみました。<br />この時間帯はゲストの数は少なめ・<br />7時前頃からかなり混雑した印象。

    朝食は1階のレストラン旅籠で。
    朝6時スタート!早いね。
    (この日はゲストが多いので早いスタートだったよう)
    6時半前に行ってみました。
    この時間帯はゲストの数は少なめ・
    7時前頃からかなり混雑した印象。

  • 朝食はかなりの充実メニュー。<br />順路に従って選んでいくと・・道半ばでお盆は満杯に(笑)<br />配分が大事です。<br />「京の食材を使ったはんなりとしたお料理」がたくさん。<br />揚げたて天ぷら・茶わん蒸し・京漬物などなど・・。<br />そして京都ならではの湯葉や好きな具をのせて自分でつくる湯葉海鮮丼など魅力的なメニューがずらり。

    朝食はかなりの充実メニュー。
    順路に従って選んでいくと・・道半ばでお盆は満杯に(笑)
    配分が大事です。
    「京の食材を使ったはんなりとしたお料理」がたくさん。
    揚げたて天ぷら・茶わん蒸し・京漬物などなど・・。
    そして京都ならではの湯葉や好きな具をのせて自分でつくる湯葉海鮮丼など魅力的なメニューがずらり。

  • これは別腹(笑)抹茶プリンも美味しかったです。<br /><br />レストラン内は結構広め。<br />テーブル間も開いていてゲストの数は多いものの<br />そこまでガサガサしていませんでした。<br /><br />ごちそうさまでした~。

    これは別腹(笑)抹茶プリンも美味しかったです。

    レストラン内は結構広め。
    テーブル間も開いていてゲストの数は多いものの
    そこまでガサガサしていませんでした。

    ごちそうさまでした~。

  • チェックアウトして荷物を預かって頂き出発します。<br />再び京阪七条方面へ。<br /><br />ビルの間にエアポケットのような建物。<br />七条仏所跡<br />平安時代に活躍した仏師が代々長く居住して彫刻に励んだ<br />「仏所」があった場所。<br />鎌倉時代には運慶らも輩出。<br />古都京都を感じる場所ですね。<br />室町時代には四条烏丸に移転。<br />その後幕末の動乱で当時まであった建物は焼失。<br />その遺構は完全に失われてしまいました。<br /><br />

    チェックアウトして荷物を預かって頂き出発します。
    再び京阪七条方面へ。

    ビルの間にエアポケットのような建物。
    七条仏所跡
    平安時代に活躍した仏師が代々長く居住して彫刻に励んだ
    「仏所」があった場所。
    鎌倉時代には運慶らも輩出。
    古都京都を感じる場所ですね。
    室町時代には四条烏丸に移転。
    その後幕末の動乱で当時まであった建物は焼失。
    その遺構は完全に失われてしまいました。

    七条仏所跡 名所・史跡

  • 七条大橋を渡り京阪七条駅へ。<br /><br />七条大橋は明治時代に着工したものとして残存する貴重な橋。<br />姿が美しい橋としても知られているそう。<br />

    七条大橋を渡り京阪七条駅へ。

    七条大橋は明治時代に着工したものとして残存する貴重な橋。
    姿が美しい橋としても知られているそう。

    七条大橋 名所・史跡

  • 京阪七条から終点出町柳まで向かいます。<br />

    京阪七条から終点出町柳まで向かいます。

  • 出町柳から叡山電車に乗りかえます。<br />レトロな雰囲気が素敵です。<br /><br />

    出町柳から叡山電車に乗りかえます。
    レトロな雰囲気が素敵です。

    出町柳駅

  • そして終点鞍馬へ。<br /><br />この駅もとっても素敵。鞍馬天狗がお出迎えしてくれました。<br /><br /><br />

    そして終点鞍馬へ。

    この駅もとっても素敵。鞍馬天狗がお出迎えしてくれました。


    鞍馬駅

  • 叡山電車出町柳から鞍馬まで30分ほどの乗車時間ですが<br />新緑の中を走る素敵な電車旅でした。<br /><br />4/23から5/31まで沿線青もみじの徐行運転中。<br />電車に乗りながらたっぷりと青もみじを楽しめます。

    叡山電車出町柳から鞍馬まで30分ほどの乗車時間ですが
    新緑の中を走る素敵な電車旅でした。

    4/23から5/31まで沿線青もみじの徐行運転中。
    電車に乗りながらたっぷりと青もみじを楽しめます。

  • 駅前広場では大きな鞍馬天狗がお出迎えです。

    駅前広場では大きな鞍馬天狗がお出迎えです。

  • 駅前通りを緩やかに登っていくと・・<br /><br />門前町の雰囲気が素敵です。<br />この時間(8時半くらい)はまだどこも開いてません。

    駅前通りを緩やかに登っていくと・・

    門前町の雰囲気が素敵です。
    この時間(8時半くらい)はまだどこも開いてません。

  • 鞍馬寺の石段があります。<br />

    鞍馬寺の石段があります。

  • この日はちょうど五月満月(ウエサク)の日だったみたい。<br />コロナ禍で今年はお祭り自体は非公開ですが入山規制がありました。<br /><br />「尊天信仰」のもと神仏の区域を越えたスピリチュアルな雰囲気満載の鞍馬寺。<br />この秘祭五月満月(ウエサク)もかなり神秘的なお祭りみたい。

    この日はちょうど五月満月(ウエサク)の日だったみたい。
    コロナ禍で今年はお祭り自体は非公開ですが入山規制がありました。

    「尊天信仰」のもと神仏の区域を越えたスピリチュアルな雰囲気満載の鞍馬寺。
    この秘祭五月満月(ウエサク)もかなり神秘的なお祭りみたい。

  • 階段を上り山門(仁王門)をくぐります。<br />浄域との結界です。<br />明治になってからの再建ですが<br />内部の仁王像は運慶の嫡男湛慶作と伝えられています。<br />七条仏所で彫られたもの?<br /><br />ここで愛山費300円をお支払いして<br />案内図を頂きました。<br />

    階段を上り山門(仁王門)をくぐります。
    浄域との結界です。
    明治になってからの再建ですが
    内部の仁王像は運慶の嫡男湛慶作と伝えられています。
    七条仏所で彫られたもの?

    ここで愛山費300円をお支払いして
    案内図を頂きました。

    鞍馬寺 寺・神社

  • 鞍馬山全体が寺域になっている鞍馬寺。<br />山全体にお堂や塔などが点在しています。<br />参道は坂が続きなかなかハードな参拝となります。<br /><br />今回は青もみじの美しさと義経ゆかりの場所をめぐりながら<br />本殿金堂・奥の院を経て貴船へ抜けるつもり。<br /><br />本殿金堂までの道は九十九折参道といわれ<br />清少納言もここを登りお詣りしたそうな。<br />青もみじに覆われた美しい道です。

    イチオシ

    鞍馬山全体が寺域になっている鞍馬寺。
    山全体にお堂や塔などが点在しています。
    参道は坂が続きなかなかハードな参拝となります。

    今回は青もみじの美しさと義経ゆかりの場所をめぐりながら
    本殿金堂・奥の院を経て貴船へ抜けるつもり。

    本殿金堂までの道は九十九折参道といわれ
    清少納言もここを登りお詣りしたそうな。
    青もみじに覆われた美しい道です。

  • だけど‥今回は先を考えて<br />ケーブルカーで上ります。<br />足の弱い方や年配の方が少しでも楽に参拝できるように昭和32年に敷設された鞍馬寺のケーブルカー。<br />ここケーブル普明殿(山麓駅)から<br />多宝塔(山上駅)まで約2分で上ります。

    だけど‥今回は先を考えて
    ケーブルカーで上ります。
    足の弱い方や年配の方が少しでも楽に参拝できるように昭和32年に敷設された鞍馬寺のケーブルカー。
    ここケーブル普明殿(山麓駅)から
    多宝塔(山上駅)まで約2分で上ります。

  • 営利を目的とするものではないので<br />御寄進として大人200円。<br />出発時間を待ちます。<br />

    営利を目的とするものではないので
    御寄進として大人200円。
    出発時間を待ちます。

  • 牛若号Ⅳ世で出発!<br />1台で行ったり来たりしているようです。

    牛若号Ⅳ世で出発!
    1台で行ったり来たりしているようです。

    鞍馬山ケーブルカー 乗り物

  • 緑の山をぐいぐい登ってあっという間に到着しました。

    緑の山をぐいぐい登ってあっという間に到着しました。

  • まずは多宝塔へ。

    まずは多宝塔へ。

  • 参道は弥勒堂を経て九十九折参道と合流します。<br />この辺りからすでに深山の雰囲気漂います。<br />静か・・。

    参道は弥勒堂を経て九十九折参道と合流します。
    この辺りからすでに深山の雰囲気漂います。
    静か・・。

  • 弥勒堂

    弥勒堂

  • 九十九折参道との合流地点。<br />急坂です・・。<br />清少納言が 「遠きて近きもの、くらまのつづらをりといふ道」 と<br />綴ったことで有名な九十九折参道。<br />参道にはお社やお堂が点在しています。<br />いつか再訪の機会があったらここを登りたいな。<br />元気なうちに来ないと。

    九十九折参道との合流地点。
    急坂です・・。
    清少納言が 「遠きて近きもの、くらまのつづらをりといふ道」 と
    綴ったことで有名な九十九折参道。
    参道にはお社やお堂が点在しています。
    いつか再訪の機会があったらここを登りたいな。
    元気なうちに来ないと。

  • 本殿金堂を目指して上がっていきます。

    本殿金堂を目指して上がっていきます。

  • 巽の弁財天社<br />学芸・財宝を司る福神、弁財天をお祀りしています。<br />水琴窟があって<br />耳を澄ますと清らかな音色がかすかに聞こえました。<br />神秘的。

    巽の弁財天社
    学芸・財宝を司る福神、弁財天をお祀りしています。
    水琴窟があって
    耳を澄ますと清らかな音色がかすかに聞こえました。
    神秘的。

  • さらに上ると転法輪堂。

    さらに上ると転法輪堂。

  • 緑と朱色が美しい。

    緑と朱色が美しい。

  • 巽の弁財天社から転法輪堂を経て続く階段。<br />青もみじの美しさが際立ちます。

    イチオシ

    巽の弁財天社から転法輪堂を経て続く階段。
    青もみじの美しさが際立ちます。

  • 本殿金堂が見えてきました!

    本殿金堂が見えてきました!

  • 本殿金堂と手前の金剛床。<br /><br />本殿金堂<br />宇宙の大霊、尊天のお働きを象徴する千手観音菩薩・毘沙門天王・護法魔王尊(脇侍、役行者・遮那王尊)を奉安する中心道場。<br />御本尊は秘仏で、60年に一度、丙寅の年に開扉されます。<br />(鞍馬寺HPより抜粋)<br /><br />次の丙寅は2046年ですよ。<br />金堂は立入りお詣り出来ました。<br />御朱印もここで受けることが出来ました。<br />とても待たされたのですが・・<br />丁寧に書かれた「尊天」御朱印はシンプルながら壮大な趣。<br />寅年限定(らしい)の阿吽の虎のスタンプが押されています。<br />阿吽の虎スタンプ・・可愛いんですよ。

    本殿金堂と手前の金剛床。

    本殿金堂
    宇宙の大霊、尊天のお働きを象徴する千手観音菩薩・毘沙門天王・護法魔王尊(脇侍、役行者・遮那王尊)を奉安する中心道場。
    御本尊は秘仏で、60年に一度、丙寅の年に開扉されます。
    (鞍馬寺HPより抜粋)

    次の丙寅は2046年ですよ。
    金堂は立入りお詣り出来ました。
    御朱印もここで受けることが出来ました。
    とても待たされたのですが・・
    丁寧に書かれた「尊天」御朱印はシンプルながら壮大な趣。
    寅年限定(らしい)の阿吽の虎のスタンプが押されています。
    阿吽の虎スタンプ・・可愛いんですよ。

  • 阿吽の虎<br /><br />狛犬ならぬ「阿吽」の虎は、本尊毘沙門天のお使いである神獣。毘沙門天の出現が、寅の月、寅の日、寅の刻とされていることによります。五十音が「あ」から始まり、「ん」で終わることから「阿吽」は、宇宙の全てを包含すると言われています。<br />(鞍馬寺HPより抜粋)

    阿吽の虎

    狛犬ならぬ「阿吽」の虎は、本尊毘沙門天のお使いである神獣。毘沙門天の出現が、寅の月、寅の日、寅の刻とされていることによります。五十音が「あ」から始まり、「ん」で終わることから「阿吽」は、宇宙の全てを包含すると言われています。
    (鞍馬寺HPより抜粋)

  • 金堂の前には金剛床<br /><br />本殿金堂前の金剛床は、宇宙のエネルギーである尊天の波動が果てしなく広がる星曼荼羅を模し、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものである尊天と一体化する修行の場となっています。<br />(鞍馬寺HPより抜粋)<br /><br />ここに立ち空へ向かいパワーを頂こうとする方が次々に。<br />びび家はなんだか畏れ多くてちょっと出来なかった・・。<br /><br /><br />

    金堂の前には金剛床

    本殿金堂前の金剛床は、宇宙のエネルギーである尊天の波動が果てしなく広がる星曼荼羅を模し、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものである尊天と一体化する修行の場となっています。
    (鞍馬寺HPより抜粋)

    ここに立ち空へ向かいパワーを頂こうとする方が次々に。
    びび家はなんだか畏れ多くてちょっと出来なかった・・。


  • 金堂・金剛床の前には「翔雲臺」<br /><br />都の北方守護の浄域として遠く平安京をのぞむとされています。<br />

    金堂・金剛床の前には「翔雲臺」

    都の北方守護の浄域として遠く平安京をのぞむとされています。

  • 翔雲臺中心にある石は<br />本殿後方より出土したもので<br />平安時代の如法写経会の経巻を埋蔵した経塚の蓋石。<br />その際に発掘されて遺物とともに国宝に指定。

    翔雲臺中心にある石は
    本殿後方より出土したもので
    平安時代の如法写経会の経巻を埋蔵した経塚の蓋石。
    その際に発掘されて遺物とともに国宝に指定。

  • 近くの山中で発見され寄贈された虎石。<br />

    近くの山中で発見され寄贈された虎石。

  • 本殿の西側から奥の院参道へ向かいます。<br /><br />前を行く人がカメラを向けていたの・・パチリ。<br />弁慶かな?

    本殿の西側から奥の院参道へ向かいます。

    前を行く人がカメラを向けていたの・・パチリ。
    弁慶かな?

  • こちらも。

    こちらも。

  • 奥の院参道。<br /><br />奈良時代末期に唐招提寺の鑑真和上の高弟・鑑禎上人が毘沙門天を祀る草庵を結びました。その後平安京に遷都してから2年後造東寺長官藤原伊勢人が観世音を奉安する一宇の建立を念願し鞍馬寺に登った際に「毘沙門天も観世音も根本は一体のものである」という夢告を受けたことにより伽藍をととのえ毘沙門天を奉安、後に千手観音を造像して併せ祀りました。<br />鞍馬寺の教えである「尊天信仰」<br />神仏の区別を超えて ひとつの形に固定されず、しかも本質を保ちつつ、森羅万象 日月星辰、あらゆる神あらゆる仏の相(すがた)となって 顕現。<br />鞍馬寺の森にはその雰囲気が濃密に漂っています。<br />

    奥の院参道。

    奈良時代末期に唐招提寺の鑑真和上の高弟・鑑禎上人が毘沙門天を祀る草庵を結びました。その後平安京に遷都してから2年後造東寺長官藤原伊勢人が観世音を奉安する一宇の建立を念願し鞍馬寺に登った際に「毘沙門天も観世音も根本は一体のものである」という夢告を受けたことにより伽藍をととのえ毘沙門天を奉安、後に千手観音を造像して併せ祀りました。
    鞍馬寺の教えである「尊天信仰」
    神仏の区別を超えて ひとつの形に固定されず、しかも本質を保ちつつ、森羅万象 日月星辰、あらゆる神あらゆる仏の相(すがた)となって 顕現。
    鞍馬寺の森にはその雰囲気が濃密に漂っています。

    鞍馬山 自然・景勝地

  • 金堂から先の奥の院参道はそれなりに整備はされていますが<br />自然がそのままに残っているよう。<br />そんな鞍馬寺は都に近いこともあり多くの都人の信仰を集めてきました。<br />そして多くの文学者を惹きつけてきました。<br /><br />そんな一人与謝野鉄幹・晶子の歌碑もありました。

    金堂から先の奥の院参道はそれなりに整備はされていますが
    自然がそのままに残っているよう。
    そんな鞍馬寺は都に近いこともあり多くの都人の信仰を集めてきました。
    そして多くの文学者を惹きつけてきました。

    そんな一人与謝野鉄幹・晶子の歌碑もありました。

  • 奥の院参道は与謝野晶子の移築された書斎「冬柏亭」脇を通り続きます。

    奥の院参道は与謝野晶子の移築された書斎「冬柏亭」脇を通り続きます。

  • そして鞍馬寺といえば忘れられないのは・・源義経です。<br />平安時代末期比叡山に数は及ばないものの勇猛果敢さでは引けを取らない<br />とされた鞍馬寺の僧兵。<br />そんな時代に7歳で入山した義経(牛若丸)は昼間は仏教修行そして夜は天狗に兵法を授けられたという伝説が今も息づいています。<br />奥の院参道にはそんな義経にゆかりのあるスポットが点在。<br /><br />ここは「息つぎの水」<br />夜天狗に戦術を教わるために通う途中ここで喉を潤したとされています。<br />800年経った今も水が湧いています。

    そして鞍馬寺といえば忘れられないのは・・源義経です。
    平安時代末期比叡山に数は及ばないものの勇猛果敢さでは引けを取らない
    とされた鞍馬寺の僧兵。
    そんな時代に7歳で入山した義経(牛若丸)は昼間は仏教修行そして夜は天狗に兵法を授けられたという伝説が今も息づいています。
    奥の院参道にはそんな義経にゆかりのあるスポットが点在。

    ここは「息つぎの水」
    夜天狗に戦術を教わるために通う途中ここで喉を潤したとされています。
    800年経った今も水が湧いています。

  • 屏風坂の地蔵堂を経て・・・

    屏風坂の地蔵堂を経て・・・

  • この辺りは結構な急坂が続きます。

    この辺りは結構な急坂が続きます。

  • そして義経公背比べの石。<br /><br />鞍馬寺を後に奥州平泉に下る際に背比べをしたとされる石。<br />意外に小さい!<br /><br />義経の身長は当時奉納された甲冑から推測すると<br />147cmくらいとされているそう。<br />頼朝は155cmくらいだということから<br />当時としても若干小柄なほうだったのかな?<br />

    そして義経公背比べの石。

    鞍馬寺を後に奥州平泉に下る際に背比べをしたとされる石。
    意外に小さい!

    義経の身長は当時奉納された甲冑から推測すると
    147cmくらいとされているそう。
    頼朝は155cmくらいだということから
    当時としても若干小柄なほうだったのかな?

  • そのすぐそばには木の根道。<br /><br />地盤が固く地下に根をはれないため<br />地上にアラベスク模様を描く木の根。<br />義経はここで兵法修行をしたと伝えられています。<br />八艘飛びはここで体得したのかな~。<br />

    そのすぐそばには木の根道。

    地盤が固く地下に根をはれないため
    地上にアラベスク模様を描く木の根。
    義経はここで兵法修行をしたと伝えられています。
    八艘飛びはここで体得したのかな~。

  • 木の根道を少し進んで・・<br />「大杉権現社」<br /><br />この辺りは、大杉苑瞑想道場と呼ばれ、護法魔王尊のエネルギーの高い場所として知られています。(鞍馬寺HPより抜粋)<br />

    木の根道を少し進んで・・
    「大杉権現社」

    この辺りは、大杉苑瞑想道場と呼ばれ、護法魔王尊のエネルギーの高い場所として知られています。(鞍馬寺HPより抜粋)

  • 近年の災害でお社は壊れてしまい<br />再建を待っています。<br /><br />この辺り・・切り株の腰を下ろし瞑想している方もいらっしゃいました。

    近年の災害でお社は壊れてしまい
    再建を待っています。

    この辺り・・切り株の腰を下ろし瞑想している方もいらっしゃいました。

  • 再び参道に合流して進むと

    再び参道に合流して進むと

  • 不動堂<br /><br />最澄が天台宗立教の悲願に燃え一刀三礼を尽くし刻んだ不動明王が<br />祀られています。(鞍馬寺HPより抜粋)<br /><br /><br /><br />

    不動堂

    最澄が天台宗立教の悲願に燃え一刀三礼を尽くし刻んだ不動明王が
    祀られています。(鞍馬寺HPより抜粋)



  • お堂の前にはこれが・・<br />

    お堂の前にはこれが・・

  • この辺りは谷のようになっているな~と思ったら<br />ここが義経が戦法の修行をしたという僧正ケ谷<br />ここに住む鞍馬天狗に毎夜戦法を教わったんですね。<br /><br />不動堂の向かいがわに義経堂がありました。<br /><br />奥州で非業の死を遂げた義経の御魂は<br />懐かしい鞍馬山に戻り安らかに鎮まっていると伝えられ<br />遮那王尊として祀られています。(鞍馬寺HPより抜粋)

    この辺りは谷のようになっているな~と思ったら
    ここが義経が戦法の修行をしたという僧正ケ谷
    ここに住む鞍馬天狗に毎夜戦法を教わったんですね。

    不動堂の向かいがわに義経堂がありました。

    奥州で非業の死を遂げた義経の御魂は
    懐かしい鞍馬山に戻り安らかに鎮まっていると伝えられ
    遮那王尊として祀られています。(鞍馬寺HPより抜粋)

  • 谷間にはタゴカエルの声が響き・・

    谷間にはタゴカエルの声が響き・・

  • シカが木の芽を食んでいる姿も。<br />災害で山は荒れていますが<br />義経が修行したとされるまま今につながっている感じ。<br />鞍馬寺でもこの辺りが一番雰囲気あったな~。

    シカが木の芽を食んでいる姿も。
    災害で山は荒れていますが
    義経が修行したとされるまま今につながっている感じ。
    鞍馬寺でもこの辺りが一番雰囲気あったな~。

  • 不動堂からさらに進み<br />奥の院魔王殿<br /><br />「魔王殿」は太古、護法魔王尊が降臨した磐坐・磐境として崇拝さ れてきました。<br />(鞍馬寺HPより抜粋)

    不動堂からさらに進み
    奥の院魔王殿

    「魔王殿」は太古、護法魔王尊が降臨した磐坐・磐境として崇拝さ れてきました。
    (鞍馬寺HPより抜粋)

    奥の院魔王殿 寺・神社

  • 650万年(!)前に金星から降臨したという護法魔王尊は<br />拝殿の後方のお堂に祀られているそうです。<br /><br />護法魔王尊(サマトクマラ)のお力が形になったものが天狗。<br />ここ鞍馬寺=天狗ってそういうことなんだ~。<br /><br />といった軽い感じで語ることが出来ないような<br />どこか神秘的で不思議な空間でした。<br />ここでも瞑想されている方がいらっしゃいました。

    650万年(!)前に金星から降臨したという護法魔王尊は
    拝殿の後方のお堂に祀られているそうです。

    護法魔王尊(サマトクマラ)のお力が形になったものが天狗。
    ここ鞍馬寺=天狗ってそういうことなんだ~。

    といった軽い感じで語ることが出来ないような
    どこか神秘的で不思議な空間でした。
    ここでも瞑想されている方がいらっしゃいました。

  • 奥の院魔王殿はまさに一番奥にあります。<br />そこからひたすら下ると貴船・鞍馬寺西門になります。

    奥の院魔王殿はまさに一番奥にあります。
    そこからひたすら下ると貴船・鞍馬寺西門になります。

  • 鞍馬山・緑のパワーがたっぷりの道です。<br />下るにつれ貴船川の瀬音が聞こえてきて心地良い。

    鞍馬山・緑のパワーがたっぷりの道です。
    下るにつれ貴船川の瀬音が聞こえてきて心地良い。

  • 奥の院から約20分で西門・貴船へ到着しました。<br />着いた!着いた!<br /><br />まずはお昼にしましょ。

    奥の院から約20分で西門・貴船へ到着しました。
    着いた!着いた!

    まずはお昼にしましょ。

22いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

仙台から飛ぶ!関西編

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

八瀬・大原・貴船・鞍馬の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集