宇奈月・黒部峡谷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2017年11月23日~2017年11月26日の4日間、JR東海が発売している「北陸観光フリーきっぷ」を利用して北陸地方ならびに岐阜県の飛騨高山を散策してきました。<br /> 今回は4日間の行程かつ写真の枚数が多いため、10部構成での公開を予定しており、各パートの主な内容は以下のとおりです。<br /><br />◎パート1→自宅の最寄駅である浜松駅から北陸地方までの移動の様子、金沢でのランチの様子、北陸観光フリーきっぷの内容等<br />◎パート2→和倉温泉での散策の様子等<br />◎パート3→金沢~宇奈月温泉間の移動の様子、宇奈月温泉付近の散策の様子<br />◎パート4→宇奈月温泉付近の散策の様子、富山市内でのランチの様子等<br />◎パート5→金沢市内の散策の様子、富山~福井間の移動の様子<br />◎パート6→芦原温泉の温泉街付近の散策の様子、三国港付近での散策の様子、えちぜん鉄道三国芦原線について<br />◎パート7→敦賀市内の散策の様子、敦賀でのランチの様子等<br />◎パート8→島尾海浜公園・雨晴海岸での散策の様子、ハットリくん列車について等<br />◎パート9→観光列車「べるもんた」について、高岡~高山間の移動の様子、高山市内の散策の様子等<br />◎パート10→高山市内の散策の様子、高山~浜松間の移動の様子<br /><br /> そのうち今回はパート3である為、金沢~宇奈月温泉間の移動の様子、宇奈月温泉付近の散策の様子をご覧戴きます。<br />

Japanese Beauty Hokurikuキャンペーン勝手に記念企画 「北陸観光フリーきっぷ」で行く北陸・飛騨高山満喫の旅(パート3)

30いいね!

2017/11/23 - 2017/11/26

118位(同エリア565件中)

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2017年11月23日~2017年11月26日の4日間、JR東海が発売している「北陸観光フリーきっぷ」を利用して北陸地方ならびに岐阜県の飛騨高山を散策してきました。
 今回は4日間の行程かつ写真の枚数が多いため、10部構成での公開を予定しており、各パートの主な内容は以下のとおりです。

◎パート1→自宅の最寄駅である浜松駅から北陸地方までの移動の様子、金沢でのランチの様子、北陸観光フリーきっぷの内容等
◎パート2→和倉温泉での散策の様子等
◎パート3→金沢~宇奈月温泉間の移動の様子、宇奈月温泉付近の散策の様子
◎パート4→宇奈月温泉付近の散策の様子、富山市内でのランチの様子等
◎パート5→金沢市内の散策の様子、富山~福井間の移動の様子
◎パート6→芦原温泉の温泉街付近の散策の様子、三国港付近での散策の様子、えちぜん鉄道三国芦原線について
◎パート7→敦賀市内の散策の様子、敦賀でのランチの様子等
◎パート8→島尾海浜公園・雨晴海岸での散策の様子、ハットリくん列車について等
◎パート9→観光列車「べるもんた」について、高岡~高山間の移動の様子、高山市内の散策の様子等
◎パート10→高山市内の散策の様子、高山~浜松間の移動の様子

 そのうち今回はパート3である為、金沢~宇奈月温泉間の移動の様子、宇奈月温泉付近の散策の様子をご覧戴きます。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  おはようございます。<br /> 時刻は8時10分頃、JR金沢駅前に来ています。

     おはようございます。
     時刻は8時10分頃、JR金沢駅前に来ています。

  •  金沢駅前の様子です。<br /> ホテルやビルなどが建ち並んでいます。<br /> なお冬に近いため、空はどんよりと曇空となっていました。

     金沢駅前の様子です。
     ホテルやビルなどが建ち並んでいます。
     なお冬に近いため、空はどんよりと曇空となっていました。

  •  今日は北陸新幹線に乗り、富山県の宇奈月温泉付近を散策します。<br /> まずは金沢8時23分発はくたか556号東京行きに乗り、最寄駅である黒部宇奈月温泉駅まで乗車しました。

     今日は北陸新幹線に乗り、富山県の宇奈月温泉付近を散策します。
     まずは金沢8時23分発はくたか556号東京行きに乗り、最寄駅である黒部宇奈月温泉駅まで乗車しました。

  •  この日はJR西日本のW7系という新幹線車両が使用されていました。<br /> ちなみにこのはくたか号、W7系・そしてJR東日本のE7系ともに12両編成での運転で、自由席は1~4号車の4両、11号車はグリーン車、12号車はグリーン車よりさらに上のランクに位置するグランクラスという車両になっています。以外の車両は普通車指定席です。<br />

     この日はJR西日本のW7系という新幹線車両が使用されていました。
     ちなみにこのはくたか号、W7系・そしてJR東日本のE7系ともに12両編成での運転で、自由席は1~4号車の4両、11号車はグリーン車、12号車はグリーン車よりさらに上のランクに位置するグランクラスという車両になっています。以外の車両は普通車指定席です。

  •  車内はこのような感じです。

     車内はこのような感じです。

  •  車窓からはこのような景色を楽しむこともできます。

     車窓からはこのような景色を楽しむこともできます。

  •  黒部宇奈月温泉駅には所定到着予定時刻である8時59分頃に到着しました。

     黒部宇奈月温泉駅には所定到着予定時刻である8時59分頃に到着しました。

  •  黒部宇奈月温泉駅の出口から横断歩道を渡ってすぐのところに富山地方鉄道の新黒部駅があり、こちらへ向かいました。

     黒部宇奈月温泉駅の出口から横断歩道を渡ってすぐのところに富山地方鉄道の新黒部駅があり、こちらへ向かいました。

  •  新黒部駅9時24分発普通列車宇奈月温泉温泉行きに乗り、宇奈月温泉駅まで向かいます。

     新黒部駅9時24分発普通列車宇奈月温泉温泉行きに乗り、宇奈月温泉駅まで向かいます。

  •  新黒部~宇奈月温泉間を往復利用する場合、こちらの割引切符が新黒部駅で発売されていましたので、参考までに紹介します。<br /> 往復割引きっぷという名称で、新黒部~宇奈月温泉間を往復利用する場合、所定往復運賃では1260円するのに対し、こちらの往復割引きっぷを利用した場合、1100円で済み、往復で160円お得に利用できます。<br /> またパート4で紹介しますが、特急列車にも追加料金不要で利用することができます。<br />

     新黒部~宇奈月温泉間を往復利用する場合、こちらの割引切符が新黒部駅で発売されていましたので、参考までに紹介します。
     往復割引きっぷという名称で、新黒部~宇奈月温泉間を往復利用する場合、所定往復運賃では1260円するのに対し、こちらの往復割引きっぷを利用した場合、1100円で済み、往復で160円お得に利用できます。
     またパート4で紹介しますが、特急列車にも追加料金不要で利用することができます。

  •  列車にもよりますが、今回利用した車両の場合、このように2人掛けの転換式クロスシートが装備されていました。

     列車にもよりますが、今回利用した車両の場合、このように2人掛けの転換式クロスシートが装備されていました。

  •  宇奈月温泉駅には所定到着予定時刻である9時50分頃に到着しました。<br /> 宇奈月温泉駅の駅舎ですが、2017年11月24日現在、このような仮設駅舎となっていました。

     宇奈月温泉駅には所定到着予定時刻である9時50分頃に到着しました。
     宇奈月温泉駅の駅舎ですが、2017年11月24日現在、このような仮設駅舎となっていました。

  •  宇奈月温泉駅の構内には足湯があります。

     宇奈月温泉駅の構内には足湯があります。

  •  その足湯ですが、このような感じで、改札内・改札外いずれも利用可能です…と言いたいところですが、電車を降りた利用者が改札内の足湯へ向かおうとしたところ、駅員から改札口に向かうよう案内されていましたので注意が必要です。<br />

     その足湯ですが、このような感じで、改札内・改札外いずれも利用可能です…と言いたいところですが、電車を降りた利用者が改札内の足湯へ向かおうとしたところ、駅員から改札口に向かうよう案内されていましたので注意が必要です。

  •  それでは宇奈月温泉付近を散策した時の様子をご覧戴きます。<br /> まずは「やまびこ展望台」という展望台に立ち寄りました。

     それでは宇奈月温泉付近を散策した時の様子をご覧戴きます。
     まずは「やまびこ展望台」という展望台に立ち寄りました。

  •  展望台はこのような感じです。

     展望台はこのような感じです。

  •  その展望台から眺めた景色を数枚ご覧戴きます。

     その展望台から眺めた景色を数枚ご覧戴きます。

  •  黒部峡谷鉄道の新山彦橋という橋です。<br /> 列車が鉄橋を渡る様子をご覧戴きます。

     黒部峡谷鉄道の新山彦橋という橋です。
     列車が鉄橋を渡る様子をご覧戴きます。

  •  場所によっては紅葉を楽しむことが出来ました。

     場所によっては紅葉を楽しむことが出来ました。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  山の上の辺りはうっすら雪化粧していました。

     山の上の辺りはうっすら雪化粧していました。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  続いては「やまびこ遊歩道」という遊歩道があるのでそちらを歩くことにしました。

     続いては「やまびこ遊歩道」という遊歩道があるのでそちらを歩くことにしました。

  •  その遊歩道を歩いていきます。

     その遊歩道を歩いていきます。

  •  遊歩道沿いからは黒部川の景色を楽しむことができます。

     遊歩道沿いからは黒部川の景色を楽しむことができます。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  山彦橋という橋を渡ります。<br /> やまびこ遊歩道の中にあり、黒部川を跨ぐ橋です。宇奈月温泉駅等と後程紹介する宇奈月ダム等を結びます。

     山彦橋という橋を渡ります。
     やまびこ遊歩道の中にあり、黒部川を跨ぐ橋です。宇奈月温泉駅等と後程紹介する宇奈月ダム等を結びます。

  •  その山彦橋からの景色をご覧戴きます。

     その山彦橋からの景色をご覧戴きます。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  さらにもう1枚ご覧戴きます。

     さらにもう1枚ご覧戴きます。

  •  山彦橋を渡りました。<br /> なお反対側からはこのような感じになります。

     山彦橋を渡りました。
     なお反対側からはこのような感じになります。

  •  かわってこちらは「弥太蔵吊橋」という橋です。

     かわってこちらは「弥太蔵吊橋」という橋です。

  •  その弥太蔵吊橋からの景色はこのような感じです。

     その弥太蔵吊橋からの景色はこのような感じです。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  今回は弥太蔵吊橋には向かわず、やまびこ遊歩道を先に進みます。<br /> 山彦橋を渡ってすぐのところにトンネルがあります。

     今回は弥太蔵吊橋には向かわず、やまびこ遊歩道を先に進みます。
     山彦橋を渡ってすぐのところにトンネルがあります。

  •  トンネルの中はこのような感じです。

     トンネルの中はこのような感じです。

  •  トンネルを抜けた少し先にこのような休憩スペースがありました。

     トンネルを抜けた少し先にこのような休憩スペースがありました。

  •  その休憩スペースからは宇奈月ダムの景色を楽しむことが出来ます。

     その休憩スペースからは宇奈月ダムの景色を楽しむことが出来ます。

  •  やまびこ遊歩道とは別れ、宇奈月発電所へと向かいます。

     やまびこ遊歩道とは別れ、宇奈月発電所へと向かいます。

  •  宇奈月発電所に来ました。<br /> 黒部川の水を活用した関西電力の発電所です。

     宇奈月発電所に来ました。
     黒部川の水を活用した関西電力の発電所です。

  •  こちらがその宇奈月発電所の建物です。

     こちらがその宇奈月発電所の建物です。

  •  宇奈月発電所付近からも宇奈月ダムの景色を眺めましたが、景観的にはイマイチでした。

     宇奈月発電所付近からも宇奈月ダムの景色を眺めましたが、景観的にはイマイチでした。

  •  付近の景色はこのような感じです。

     付近の景色はこのような感じです。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  やまびこ遊歩道の散策はこの辺りまでとし、宇奈月温泉駅方面へと戻ります。そしてその後は宇奈月温泉の温泉街方面へと向かいましたが、この先の様子は次回パート4で紹介させて頂きます。<br /> ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

     やまびこ遊歩道の散策はこの辺りまでとし、宇奈月温泉駅方面へと戻ります。そしてその後は宇奈月温泉の温泉街方面へと向かいましたが、この先の様子は次回パート4で紹介させて頂きます。
     ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

30いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • BTSさん 2018/01/25 18:31:19
    寒そう~
    フロンティアさまへ

    こんばんは~
    新黒部駅から元京阪3000系(地鉄10030形)に乗り宇奈月温泉へ、山並みは標高によって雪で白くなったり、紅葉で色付いていたりと、このギャップが綺麗ですね。
    今回は黒部渓谷鉄道には乗らなかったんですね。もしかして今年の運転は終わっていたのかな?

    紅葉シーズンも終わり、冷たい雨が降っているので宇奈月温泉駅や車内は閑散としていたことでしょう。それにしても寒そうですね~オジサンだったら温泉で身体を温めたいところです。(笑)

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2018/01/26 22:49:48
    Re: 寒そう~
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     黒部峡谷鉄道は2017年11月24日の時点では営業を行っていましたが、一般の方が利用できる列車は少なく、新黒部からの列車との接続も悪く乗車はしませんでした。もともと宇奈月温泉の温泉街と黒部峡谷の景色を楽しむことが目的の為であって、さらに黒部峡谷鉄道に乗ると列車の乗り詰めになるので…その観点からもパスしました。
     当日は紅葉シーズンも終わり、天気もイマイチで、さらに平日の為、比較的人は少なく空いていました。
     今週は非常に寒かったですが、来週も引き続き寒いようですのでお互い体調には気をつけましょう。

フロンティアさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

宇奈月・黒部峡谷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集