飛騨高山・古川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2017年11月23日~2017年11月26日の4日間、JR東海が発売している「北陸観光フリーきっぷ」を利用して北陸地方ならびに岐阜県の飛騨高山を散策してきました。<br /> 今回は4日間の行程かつ写真の枚数が多いため、10部構成での公開を予定しており、各パートの主な内容は以下のとおりです。<br /><br />◎パート1→自宅の最寄駅である浜松駅から北陸地方までの移動の様子、金沢でのランチの様子、北陸観光フリーきっぷの内容等<br />◎パート2→和倉温泉での散策の様子等<br />◎パート3→金沢~宇奈月温泉間の移動の様子、宇奈月温泉付近の散策の様子<br />◎パート4→宇奈月温泉付近の散策の様子、富山市内でのランチの様子等<br />◎パート5→金沢市内の散策の様子、富山~福井間の移動の様子<br />◎パート6→芦原温泉の温泉街付近の散策の様子、三国港付近での散策の様子、えちぜん鉄道三国芦原線について<br />◎パート7→敦賀市内の散策の様子、敦賀でのランチの様子等<br />◎パート8→島尾海浜公園・雨晴海岸での散策の様子、ハットリくん列車について等<br />◎パート9→観光列車「べるもんた」について、高岡~高山間の移動の様子、高山市内の散策の様子等<br />◎パート10→高山市内の散策の様子、高山~浜松間の移動の様子<br /><br /> そのうち今回はパート10ですので、高山市内の散策の様子、高山~浜松間の移動の様子等をご覧戴きます。

Japanese Beauty Hokurikuキャンペーン勝手に記念企画 「北陸観光フリーきっぷ」で行く北陸・飛騨高山満喫の旅(パート10)

29いいね!

2017/11/23 - 2017/11/26

221位(同エリア1703件中)

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2017年11月23日~2017年11月26日の4日間、JR東海が発売している「北陸観光フリーきっぷ」を利用して北陸地方ならびに岐阜県の飛騨高山を散策してきました。
 今回は4日間の行程かつ写真の枚数が多いため、10部構成での公開を予定しており、各パートの主な内容は以下のとおりです。

◎パート1→自宅の最寄駅である浜松駅から北陸地方までの移動の様子、金沢でのランチの様子、北陸観光フリーきっぷの内容等
◎パート2→和倉温泉での散策の様子等
◎パート3→金沢~宇奈月温泉間の移動の様子、宇奈月温泉付近の散策の様子
◎パート4→宇奈月温泉付近の散策の様子、富山市内でのランチの様子等
◎パート5→金沢市内の散策の様子、富山~福井間の移動の様子
◎パート6→芦原温泉の温泉街付近の散策の様子、三国港付近での散策の様子、えちぜん鉄道三国芦原線について
◎パート7→敦賀市内の散策の様子、敦賀でのランチの様子等
◎パート8→島尾海浜公園・雨晴海岸での散策の様子、ハットリくん列車について等
◎パート9→観光列車「べるもんた」について、高岡~高山間の移動の様子、高山市内の散策の様子等
◎パート10→高山市内の散策の様子、高山~浜松間の移動の様子

 そのうち今回はパート10ですので、高山市内の散策の様子、高山~浜松間の移動の様子等をご覧戴きます。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JR特急 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  宮地家住宅に来ました。<br /> <br /> 

     宮地家住宅に来ました。
     
     

  •  この宮地家住宅、2階建ての住宅部分と…

     この宮地家住宅、2階建ての住宅部分と…

  •  奥にはこのような蔵があり…

     奥にはこのような蔵があり…

  •  その蔵の中には資料や展示品等が展示されていました。

     その蔵の中には資料や展示品等が展示されていました。

  •  昔の町並み散策はこの辺りまでとし、今度は宮川沿いを歩くことにしました。

     昔の町並み散策はこの辺りまでとし、今度は宮川沿いを歩くことにしました。

  •  不動橋です。

     不動橋です。

  •  その不動橋から眺めた宮川の景色がこちらです。

     その不動橋から眺めた宮川の景色がこちらです。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  河川敷に下りれるみたいなので下りてみました。

     河川敷に下りれるみたいなので下りてみました。

  •  引き続き宮川沿いの道を歩きます。

     引き続き宮川沿いの道を歩きます。

  •  宮前橋です。

     宮前橋です。

  •  その宮前橋から眺めた景色がこちらです。

     その宮前橋から眺めた景色がこちらです。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  場所にもよりますが、紅葉を楽しむことが出来ました。

     場所にもよりますが、紅葉を楽しむことが出来ました。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  さらにもう1枚ご覧戴きます。

     さらにもう1枚ご覧戴きます。

  •  高山市市街地景観保存区域のうち下三之町中組保存区域の様子です。

     高山市市街地景観保存区域のうち下三之町中組保存区域の様子です。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  高山市市街地景観保存区域のうち片原町保存区域の町並みの様子です。

     高山市市街地景観保存区域のうち片原町保存区域の町並みの様子です。

  •  最後に再び上三之町町並保存区域の様子をご覧戴きます。<br /> まだ観光客の姿があります。

     最後に再び上三之町町並保存区域の様子をご覧戴きます。
     まだ観光客の姿があります。

  •  再び高山駅です。

     再び高山駅です。

  •  高山駅の西側の様子です。

     高山駅の西側の様子です。

  •  それでは自宅がある静岡県浜松へ向けて帰路に向かいます。<br /> 高山17時36分発特急ひだ82号名古屋行きに乗り、名古屋まで乗車しました。<br /> ちなみにこの列車、臨時列車で、高山~名古屋間で途中、下呂・美濃太田・岐阜のみに停車します。

     それでは自宅がある静岡県浜松へ向けて帰路に向かいます。
     高山17時36分発特急ひだ82号名古屋行きに乗り、名古屋まで乗車しました。
     ちなみにこの列車、臨時列車で、高山~名古屋間で途中、下呂・美濃太田・岐阜のみに停車します。

  •  こちらもキハ85系という特急用ディーゼルカーが使用され、4両編成での運転でした。<br /> ちなみに1号車は自由席、2号車の一部はグリーン車、以外の座席は普通車指定席となっていました。<br />

     こちらもキハ85系という特急用ディーゼルカーが使用され、4両編成での運転でした。
     ちなみに1号車は自由席、2号車の一部はグリーン車、以外の座席は普通車指定席となっていました。

  •  車内はこのような感じです。

     車内はこのような感じです。

  •  名古屋には所定到着予定時刻である20時02分頃に到着しました。

     名古屋には所定到着予定時刻である20時02分頃に到着しました。

  •  名古屋からは20時29分発こだま684号東京行きで浜松駅まで乗車しました。

     名古屋からは20時29分発こだま684号東京行きで浜松駅まで乗車しました。

  •  自宅の最寄駅である浜松駅には所定到着予定時刻である21時15分頃に到着しました。<br /> 10部構成と長く続いた「北陸観光フリーきっぷ」の旅、いかがでしたでしょうか?<br /> 福井・石川・富山の各県のほとんどの区間のJR線や新幹線が利用できる為、様々なところに行ける他、高山本線を通る際は下呂・高山・飛騨古川で途中下車が可能である為、北陸観光の他、ついでに飛騨高山観光等もできる為、大変便利な切符です。2017年11月現在、静岡・浜松・名古屋市内の切符の設定しかありませんが、1名から利用可能で、さらに当日、現地の駅の窓口でも購入可能ですので、よければ利用して北陸ならびに飛騨高山等へ鉄道を利用した旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?<br /> というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。<br /> ご覧戴きましてありがとうございました。<br />

     自宅の最寄駅である浜松駅には所定到着予定時刻である21時15分頃に到着しました。
     10部構成と長く続いた「北陸観光フリーきっぷ」の旅、いかがでしたでしょうか?
     福井・石川・富山の各県のほとんどの区間のJR線や新幹線が利用できる為、様々なところに行ける他、高山本線を通る際は下呂・高山・飛騨古川で途中下車が可能である為、北陸観光の他、ついでに飛騨高山観光等もできる為、大変便利な切符です。2017年11月現在、静岡・浜松・名古屋市内の切符の設定しかありませんが、1名から利用可能で、さらに当日、現地の駅の窓口でも購入可能ですので、よければ利用して北陸ならびに飛騨高山等へ鉄道を利用した旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?
     というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。
     ご覧戴きましてありがとうございました。

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • Akrさん 2018/03/02 07:43:55
    ついに全話完結。おめでとうございます。
    フロンティアさま

    おはようございます。Akrでございます。
    ついに全話完結ですね。無事に浜松へ帰還されまして、お疲れ様でした。

    なかなか内容の濃い旅です。北陸は見どころが多く、すべて周るにはかなりの時間を要しますね。締めくくりに高山本線というのがアクセントですね。高山は何度か公私ともに出かけましたが落ち着いた雰囲気の良い街ですね。古い町並みや朝市の散策など街歩きも楽しいです。最近はご無沙汰ですがまた行ってみたくなりました。
    4年くらい前に行った際には高山駅が工事中でしたが、立派な橋上駅になったのですね。昔のひなびた感じの雰囲気も好きだったのですが。

    福井、石川、富山、岐阜と実に充実した旅でしたね。
    楽しく拝見させていただきました!

    失礼致しました。

     -Akr-

    フロンティアさん からの返信 2018/03/02 22:57:44
    Re: ついに全話完結。おめでとうございます。
     こんばんは。10部にわたりご覧戴きましてありがとうございました。またコメントもありがとうございます。
     敦賀~黒部宇奈月温泉間と金沢~和倉温泉間の新幹線ならびに特急列車が乗り放題ですが、単に列車に乗るだけでなく観光も楽しみたく自分でも充実した旅になりました。ちなみに帰りの高山本線は利用したフリーきっぷの利用条件の1つにフリー区間までの往復には片方は北陸本線を、もう片方は高山本線を利用することとなっていたからです。
     でも高山は久し振りだったので時間の都合はあったけど、昔の町並みを散策できて良かったです。ただ上三之町は人が多すぎですが…(笑)
     角館の旅行記へのコメントもありがとうございました。そちらは明日返事を書きたいと思いますので今しばらくお待ちください。
  • BTSさん 2018/02/22 07:51:06
    お疲れさまでした♪
    フロンティアさまへ

    おはようございます。
    「北陸観光フリーきっぷ」を使って北陸3県と岐阜県を周られましたが、この企画きっぷの使い勝手の良さを知ることができました。フロンティアさんに感謝します。

    関東に一番近い静岡駅からだと19010円ですね。
    フリー区間までの新幹線や在来線特急の指定席とフリー区間では新幹線および在来線特急の自由席に乗れて、高山で途中下車できるのは魅力的です。しかも有効期間が4日間というのも嬉しいですね。

    高山では、ご当地グルメ(高山ラーメン・飛騨牛の握り寿司)は召し上がらなかったようですね。

    長旅を終えて浜松に無事着いたようですね…お疲れさまでした。

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2018/02/22 20:40:00
    Re: お疲れさまでした♪
     こんばんは。あまり面白味のない旅行記にお付き合い戴きありがとうございます。また労いのお言葉も戴き、重ねて御礼を申し上げます。
     「北陸観光フリーきっぷ」はかねてから利用してみたいと思っていましたが、フリー区間内で新幹線や特急に乗り放題になる等便利でした。た。ちなみに高山本線内は高山の他、飛騨古川・下呂でも途中下車が可能です。
     首都圏からの場合、静岡からの切符が一番近いですが、名古屋からの切符もあり、名古屋からの切符を買えば、新横浜~名古屋間はのぞみに乗れるので名古屋からの切符を買ったほうがよいと思います。
     高山ラーメンはともかく飛騨牛のステーキにはひかれるものがありましたが、1日1食はバランスの摂れた食事を心掛けていますので、飛騨牛とは程遠いこく普通のスーパーで惣菜とおにぎりを買い、帰りの列車内で頂きました。
     次の旅行記は2月の3連休に行った秋田県角館の旅か青森・岩手の旅辺りの公開を予定しています。
     ちなみに今度の週末も比較的近場で過ごす予定です。

フロンティアさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

飛騨高山・古川の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集