勝浦旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2017年11月11日から2017年11月12日の土日の2日間、「サンキューちばフリーパス」というフリー切符と「房総料金回数券」という特急券のみの回数券を利用して千葉県内を旅してきました。<br /> 4部構成での公開を予定しており、そのうち前回のパート1では静岡県浜松にある自宅から千葉県の銚子までの移動の様子等を、パート2では犬吠埼等銚子市内を観光した時の様子等を、パート3では特急新宿さざなみ1号を利用して館山へ向かった様子、根本海岸等観光がてら海の景色を楽しんだ時の様子等をに覧戴きました。<br /> 最終回となるパート4ではかつうら海中公園・尾名浦等を観光した時の様子、自宅の最寄駅である浜松への帰路の様子等をご覧戴きます。<br /> 写真によってコメントの記載を割愛している場合がありますのでご了承の上、よろしければご覧ください。

「サンキューちばフリーパス」&「房総料金回数券」で行く千葉の鉄道&観光満喫の旅(パート4・完結編)

42いいね!

2017/11/11 - 2017/11/12

28位(同エリア364件中)

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2017年11月11日から2017年11月12日の土日の2日間、「サンキューちばフリーパス」というフリー切符と「房総料金回数券」という特急券のみの回数券を利用して千葉県内を旅してきました。
 4部構成での公開を予定しており、そのうち前回のパート1では静岡県浜松にある自宅から千葉県の銚子までの移動の様子等を、パート2では犬吠埼等銚子市内を観光した時の様子等を、パート3では特急新宿さざなみ1号を利用して館山へ向かった様子、根本海岸等観光がてら海の景色を楽しんだ時の様子等をに覧戴きました。
 最終回となるパート4ではかつうら海中公園・尾名浦等を観光した時の様子、自宅の最寄駅である浜松への帰路の様子等をご覧戴きます。
 写真によってコメントの記載を割愛している場合がありますのでご了承の上、よろしければご覧ください。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JR特急 JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  館山14時04分発普通列車安房鴨川行きに乗り、館山を後にし、安房鴨川まで向かいます。<br /> なお、かつて京浜東北線で利用されていた209系という車両が使用され、この列車の場合、6両編成での運転でした。<br />

     館山14時04分発普通列車安房鴨川行きに乗り、館山を後にし、安房鴨川まで向かいます。
     なお、かつて京浜東北線で利用されていた209系という車両が使用され、この列車の場合、6両編成での運転でした。

  •  ちなみに先頭車両と最後方車両については4人掛けのボックスシートがありましたが…

     ちなみに先頭車両と最後方車両については4人掛けのボックスシートがありましたが…

  •  以外の車両の場合、このようにロングシートでした。

     以外の車両の場合、このようにロングシートでした。

  •  安房鴨川駅には所定到着予定時刻である14時44分頃に到着しました。

     安房鴨川駅には所定到着予定時刻である14時44分頃に到着しました。

  •  安房鴨川からは外房線に路線名は変わりますが、引き続き列車の旅を続けます。<br /> 利用したのは安房鴨川14時53分発普通列車千葉行きです。<br /> こちらも209系という車両が使用されていましたが、4両編成での運転でした。

     安房鴨川からは外房線に路線名は変わりますが、引き続き列車の旅を続けます。
     利用したのは安房鴨川14時53分発普通列車千葉行きです。
     こちらも209系という車両が使用されていましたが、4両編成での運転でした。

  •  安房鴨川から乗車した列車は勝浦の1駅手前に位置する鵜原駅で下車しました。

     安房鴨川から乗車した列車は勝浦の1駅手前に位置する鵜原駅で下車しました。

  •  鵜原では尾名浦、砂子ノ浦そして勝浦海中公園の3ヶ所を散策しました。<br /> そのうちまずは尾名浦からです。<br /> 尾名浦ですが、勝浦湾の西岸に位置する規模の小さめな景勝地で、「メガネ岩」と称する自然の洞が一番の見所です。<br />

     鵜原では尾名浦、砂子ノ浦そして勝浦海中公園の3ヶ所を散策しました。
     そのうちまずは尾名浦からです。
     尾名浦ですが、勝浦湾の西岸に位置する規模の小さめな景勝地で、「メガネ岩」と称する自然の洞が一番の見所です。

  •  その尾名浦ですが、このような感じでした。

     その尾名浦ですが、このような感じでした。

  •  先程紹介したメガネ岩です。

     先程紹介したメガネ岩です。

  •  以外にもこのような景色をご覧戴けます。

     以外にもこのような景色をご覧戴けます。

  •  続いて砂子ノ浦というところに来ました。<br /> 先程訪れた尾名浦と後程紹介するかつうら海中公園との間に位置し、こじんまりとした砂浜がありました。また付近には砂子観音があるそうです。<br />

     続いて砂子ノ浦というところに来ました。
     先程訪れた尾名浦と後程紹介するかつうら海中公園との間に位置し、こじんまりとした砂浜がありました。また付近には砂子観音があるそうです。

  •  こちらも砂子ノ浦から眺めた海の景色をしばらくご覧戴きます。

     こちらも砂子ノ浦から眺めた海の景色をしばらくご覧戴きます。

  •  最後は勝浦海中公園です。<br /> JR鵜原駅から徒歩15分程度のところに位置し、海中展望塔を中心に砂浜等もある施設です。

     最後は勝浦海中公園です。
     JR鵜原駅から徒歩15分程度のところに位置し、海中展望塔を中心に砂浜等もある施設です。

  •  「勝浦海中公園」での一番のメインはこちらの「海中展望塔」です。<br /> 海中展望室からは様々な海中生物を観察することが出来るそうですが、当日は時間の都合上、中には入りませんでした。<br /> なお入場するには大人の場合、930円する入場料が必要ですが、鵜原駅に隣接する観光案内所では入場割引券を交付してくれる場合があります。

     「勝浦海中公園」での一番のメインはこちらの「海中展望塔」です。
     海中展望室からは様々な海中生物を観察することが出来るそうですが、当日は時間の都合上、中には入りませんでした。
     なお入場するには大人の場合、930円する入場料が必要ですが、鵜原駅に隣接する観光案内所では入場割引券を交付してくれる場合があります。

  •  ちなみに海岸展望塔へはこちらの通路を渡るかたちになりますが、途中までは無料で立ち入ることが可能です。

     ちなみに海岸展望塔へはこちらの通路を渡るかたちになりますが、途中までは無料で立ち入ることが可能です。

  •  通路沿いにはこのような広場もあります。

     通路沿いにはこのような広場もあります。

  •  残念ながらこの先はロープが敷かれ、先に進むことは出来ませんでした。

     残念ながらこの先はロープが敷かれ、先に進むことは出来ませんでした。

  •  立ち入り可能ギリギリのところから景観を眺めてみました。<br /> まずは海中展望塔からです。

     立ち入り可能ギリギリのところから景観を眺めてみました。
     まずは海中展望塔からです。

  •  以外にも海の景色を眺めてみました。

     以外にも海の景色を眺めてみました。

  •  ちなみにこのトンネルから先は有料とのことでした。

     ちなみにこのトンネルから先は有料とのことでした。

  •  以外にも砂浜があり、このように海の景色を眺めることが出来ます。<br />

     以外にも砂浜があり、このように海の景色を眺めることが出来ます。

  •  海の資料館という建物もありました。

     海の資料館という建物もありました。

  •  鵜原駅に戻りました。

     鵜原駅に戻りました。

  •  鵜原駅16時38分発特急新宿わかしお号新宿行きに乗り、茂原まで向かいました。<br /> こちらの特急新宿わかしお号ですが、パート3で紹介した特急新宿さざなみ1号同様、主に土日祝日に運転される臨時列車で、新宿と安房鴨川の間を結んでいます。<br /> 新宿~安房鴨川間では途中、秋葉原・錦糸町・船橋・津田沼・千葉・蘇我・大網・茂原・上総一ノ宮・大原・御宿・勝浦・鵜原・上総興津・安房小湊・安房天津に停車します。

     鵜原駅16時38分発特急新宿わかしお号新宿行きに乗り、茂原まで向かいました。
     こちらの特急新宿わかしお号ですが、パート3で紹介した特急新宿さざなみ1号同様、主に土日祝日に運転される臨時列車で、新宿と安房鴨川の間を結んでいます。
     新宿~安房鴨川間では途中、秋葉原・錦糸町・船橋・津田沼・千葉・蘇我・大網・茂原・上総一ノ宮・大原・御宿・勝浦・鵜原・上総興津・安房小湊・安房天津に停車します。

  •  255系という9両編成の特急車両が使用され、1~5号車は指定席(そのうち4号車はグリーン車)、自由席は6~9号車の4両となっていました。

     255系という9両編成の特急車両が使用され、1~5号車は指定席(そのうち4号車はグリーン車)、自由席は6~9号車の4両となっていました。

  •  茂原駅には所定到着予定時刻である17時15分頃に到着しました。

     茂原駅には所定到着予定時刻である17時15分頃に到着しました。

  •  茂原では近くにあるイオン茂原店に立ち寄り、帰りの列車の中で頂く弁当類を購入しました。

     茂原では近くにあるイオン茂原店に立ち寄り、帰りの列車の中で頂く弁当類を購入しました。

  •  というわけで再び茂原駅です。

     というわけで再び茂原駅です。

  •  茂原からは17時44分発特急わかしお18号東京行きで東京まで乗車しました。<br /> 特急わかしおですが、外房線を経由して東京と大網・大原・勝浦・安房鴨川等を結ぶ特急列車で、 基本的には安房鴨川までの運転ですが、列車により勝浦や上総一ノ宮までしか行かない列車もあります。<br /> ちなみに今回利用した特急わかしお18号の場合、安房鴨川~東京間で運転され、途中、安房小湊・上総興津・勝浦・御宿・大原・上総一ノ宮・茂原・大網・蘇我・海浜幕張に停車します。<br />

     茂原からは17時44分発特急わかしお18号東京行きで東京まで乗車しました。
     特急わかしおですが、外房線を経由して東京と大網・大原・勝浦・安房鴨川等を結ぶ特急列車で、 基本的には安房鴨川までの運転ですが、列車により勝浦や上総一ノ宮までしか行かない列車もあります。
     ちなみに今回利用した特急わかしお18号の場合、安房鴨川~東京間で運転され、途中、安房小湊・上総興津・勝浦・御宿・大原・上総一ノ宮・茂原・大網・蘇我・海浜幕張に停車します。

  •  E257系という特急車両が使用され、安房鴨川~上総一ノ宮間では6~10号車のみの5両、上総一ノ宮~東京間では1~5号車の5両が増結され、10両編成での運転でした。<br /> そのうち指定席は5~7号車の3両、以外の車両は自由席となっていました。<br /><br />

     E257系という特急車両が使用され、安房鴨川~上総一ノ宮間では6~10号車のみの5両、上総一ノ宮~東京間では1~5号車の5両が増結され、10両編成での運転でした。
     そのうち指定席は5~7号車の3両、以外の車両は自由席となっていました。

  •  東京駅には所定到着予定時刻である18時40分頃に到着しました。

     東京駅には所定到着予定時刻である18時40分頃に到着しました。

  •  東京からは19時03分発ひかり529号新大阪行きに乗り換えました。

     東京からは19時03分発ひかり529号新大阪行きに乗り換えました。

  •  自宅の最寄駅である浜松駅には所定到着予定である20時31分頃に到着しました。<br />.というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。<br /> ご覧戴きましてありがとうございました。

     自宅の最寄駅である浜松駅には所定到着予定である20時31分頃に到着しました。
    .というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。
     ご覧戴きましてありがとうございました。

42いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • Akrさん 2017/12/09 11:10:33
    房総特急のガラガラ具合が心配です…
    フロンティアさま

    おはようございます。Akrでございます。
    遅ればせながら4話一気読みさせていただきました。

    そういえば、房総へ行かれるって言ってましたね。
    「房総料金回数券」とは初見です。料金券だけの回数券なんですね。
    乗車券とセットになったきっぷだけじゃなく、こういった回数券を多用することで通常より安く特急に乗れるわけですね。

    しかし、房総特急がら空きですね。
    以前、千葉のJR乗りつぶしで私が行ったときはオール普通列車で攻めてたので特急には乗りませんでしたが、フロンティアさまの写真に写る特急の車内がガラガラのようで先行き心配になります。時期の関係もあるのでしょうか?
    高速バスの台頭が大きいのでしょうか…

    房総半島は、冬から春にかけては花も咲いて良いシーズンになりますね。
    また出かけたくなりました。

    でも209系は勘弁(笑)
    失礼しました~

     -Akr-

    フロンティアさん からの返信 2017/12/09 22:04:08
    Re: 房総特急のガラガラ具合が心配です…
     改めましてこんばんは。ご多忙のところをご覧戴きましてありがとうございました。またコメントもありがとうございます。
     房総料金回数券は特急料金のみの回数券で、今回の場合、千葉~銚子・安房鴨川・館山間の自由席用の切符を利用しましたが、1回あたり200円程度安くなり、助かりました。特急しおさい、特急わかしお、特急さざなみ利用の時に便利です。
     その房総地区を走る特急ですが、写真を見るとがら空きに見えます。しかし車内を撮影する際はなるべく人が入らないよう心掛けて撮影している為です。但し列車によっては確かにがら空きに近い混み具合の列車もありました。
     今は「サンキューちばフリーパス」の発売・利用はなくなりましたが、南房総フリー乗車券があるのでもしよければ特急を利用しての乗り鉄をしてみてはいかがでしょうか?
     明日からは18きっぷの季節、まずは明日、日帰りで東京まで向かう予定です。
  • BTSさん 2017/11/27 06:20:03
    (祝)房総半島一周
    フロンティアさまへ

    おはようございます。
    「サンキューちばフリーパス」で房総半島を一周完結しましたね。
    今回の旅では、かなりのお得感があったのではないでしょうか。

    尾名浦や砂子ノ浦は絶景ですね。
    夕暮れ時が奇麗かもしれませんね。
    房総半島に、こんな景色が見れるところがあるなんて驚いています。

    お疲れさまでした。

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2017/11/28 22:06:02
    Re: (祝)房総半島一周
     こんばんは。改めましてコメントありがとうございます。
     今回の「サンキューちばフリーパス」の旅、いくら乗ったかは計算していませんが、千葉~銚子間の往復のみでも約3000円するので充分モトは取れたかと思います。
     2日目は館山に寄った後、鴨川又は勝浦に寄ろうと思っていましたが、色々検討した結果、勝浦市の鵜原というところが見所が多いと知り、今回紹介した次第です。
     今回紹介した砂子ノ浦、尾名浦の他、鵜原理想郷というところも良いらしいです。またかつうら海中公園では海中展望塔があるそうですので、よければ訪れてみてはいかがでしょうか?

フロンティアさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

勝浦の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集