養老渓谷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2018年10月6日の土曜日から2018年10月8日の体育の日にかけての3日間、「サンキューちばフリーパス」と「ときわ路パス」という割引切符を利用して千葉・茨城付近の旅に行ってきました。<br /> そのうち6日と7日は「サンキューちばフリーパス」を利用した千葉付近の旅、8日は「ときわ路パス」を利用した茨城付近の旅という内容です。<br /> 7部での公開を予定していて、パート1では1日目の行程のうち自宅がある静岡県浜松市から銚子までの移動の様子、銚子でのランチの様子、犬吠崎遊歩道を散策した時の様子等を、前回のパート2では1日目の行程のうち君ヶ浜を散策した時の様子、犬吠崎のお隣外川(とがわ)というところを散策した時の様子等を、パート3では2日目の行程のうち御宿(おんじゅく)というところで海の景色を堪能した時の様子、いすみ鉄道を利用した時の様子等をご覧戴きました。<br /> 今回のパート4では粟又の滝をはじめとする養老渓谷を散策した時の様子、房総半島を縦断するもう1つのローカル私鉄である小湊鉄道を利用した時の様子等をご覧戴きます。

「サンキューちばフリーパス」と「ときわ路パス」で行く千葉・茨城近辺観光&鉄道を楽しむ旅2018・10(パート4 2日目後編)

31いいね!

2018/10/06 - 2018/10/08

28位(同エリア175件中)

2

35

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2018年10月6日の土曜日から2018年10月8日の体育の日にかけての3日間、「サンキューちばフリーパス」と「ときわ路パス」という割引切符を利用して千葉・茨城付近の旅に行ってきました。
 そのうち6日と7日は「サンキューちばフリーパス」を利用した千葉付近の旅、8日は「ときわ路パス」を利用した茨城付近の旅という内容です。
 7部での公開を予定していて、パート1では1日目の行程のうち自宅がある静岡県浜松市から銚子までの移動の様子、銚子でのランチの様子、犬吠崎遊歩道を散策した時の様子等を、前回のパート2では1日目の行程のうち君ヶ浜を散策した時の様子、犬吠崎のお隣外川(とがわ)というところを散策した時の様子等を、パート3では2日目の行程のうち御宿(おんじゅく)というところで海の景色を堪能した時の様子、いすみ鉄道を利用した時の様子等をご覧戴きました。
 今回のパート4では粟又の滝をはじめとする養老渓谷を散策した時の様子、房総半島を縦断するもう1つのローカル私鉄である小湊鉄道を利用した時の様子等をご覧戴きます。

旅行の満足度
4.0
観光
5.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  大原駅よりいすみ鉄道を利用して上総中野駅に来ました。<br /> こちらの上総中野駅、いすみ鉄道の始発・終着駅であるとともに、内房線の五井から房総半島の内陸部を走る小湊鉄道の始発・終着駅でもあります。

     大原駅よりいすみ鉄道を利用して上総中野駅に来ました。
     こちらの上総中野駅、いすみ鉄道の始発・終着駅であるとともに、内房線の五井から房総半島の内陸部を走る小湊鉄道の始発・終着駅でもあります。

  •  駅舎はこのような感じとなっていて…

     駅舎はこのような感じとなっていて…

  •  建物の中は左半分がいすみ鉄道に関する案内・掲示等が…

     建物の中は左半分がいすみ鉄道に関する案内・掲示等が…

  •  右半分は小湊鉄道に関する案内・掲示等が掲載されていました。

     右半分は小湊鉄道に関する案内・掲示等が掲載されていました。

  •  また線路はこのような感じで、まずはいすみ鉄道側になりますが、小湊鉄道からの線路には車止めがあります。

     また線路はこのような感じで、まずはいすみ鉄道側になりますが、小湊鉄道からの線路には車止めがあります。

  •  かわってこちらは小湊鉄道側の様子です。<br /> いすみ鉄道側の線路には車止めがあります。

     かわってこちらは小湊鉄道側の様子です。
     いすみ鉄道側の線路には車止めがあります。

  •  ここでパート3の最後で掲載した「上総中野駅より先どこへどのようにして行ったか」についてお答えします。<br /> まずはこの後、粟又の滝というところに行きます。<br /> 粟又の滝ですが、養老渓谷エリアの中にあり、その中で代表的な見所として紹介されている滝です。<br /> そしてその粟又の滝へは小湊鉄道バスに乗ります。千葉市やいすみ市等で路線バスを運行しています。<br /> ちなみに乗るのは中野駅(上総中野駅)12時34分発粟又行きです。<br />

     ここでパート3の最後で掲載した「上総中野駅より先どこへどのようにして行ったか」についてお答えします。
     まずはこの後、粟又の滝というところに行きます。
     粟又の滝ですが、養老渓谷エリアの中にあり、その中で代表的な見所として紹介されている滝です。
     そしてその粟又の滝へは小湊鉄道バスに乗ります。千葉市やいすみ市等で路線バスを運行しています。
     ちなみに乗るのは中野駅(上総中野駅)12時34分発粟又行きです。

  •  車内はこのような感じです。<br /> ちなみに小湊鉄道バス、後程紹介する養老渓谷駅~粟又間については「サンキューちばフリーパス」のフリー区間となっており、サンキューちばフリーパスの提示のみで利用出来ますが、こちらのバスの場合、老川~粟又間を除きフリー区間の対象となっていない為、粟又の滝方面へ向かう場合、切符の提示の他、乗車したバス停~老川間の所定運賃(中野駅~老川間の場合、260円)を支払うかたちになります。<br />

     車内はこのような感じです。
     ちなみに小湊鉄道バス、後程紹介する養老渓谷駅~粟又間については「サンキューちばフリーパス」のフリー区間となっており、サンキューちばフリーパスの提示のみで利用出来ますが、こちらのバスの場合、老川~粟又間を除きフリー区間の対象となっていない為、粟又の滝方面へ向かう場合、切符の提示の他、乗車したバス停~老川間の所定運賃(中野駅~老川間の場合、260円)を支払うかたちになります。

  •  粟又の滝バス停に着きました。

     粟又の滝バス停に着きました。

  •  ここからは粟又の滝と養老渓谷の景色を堪能すべくこちらの「粟又の滝自然遊歩道を歩きます。

     ここからは粟又の滝と養老渓谷の景色を堪能すべくこちらの「粟又の滝自然遊歩道を歩きます。

  •  粟又の滝に来ました。<br /> 養老渓谷エリアの中でもイチオシ的な観光スポットです。

     粟又の滝に来ました。
     養老渓谷エリアの中でもイチオシ的な観光スポットです。

  •  反対側はこのような景色でした。

     反対側はこのような景色でした。

  •  ちなみに先程紹介した粟又の滝ですが、このような道を歩くと…

     ちなみに先程紹介した粟又の滝ですが、このような道を歩くと…

  •  このような景色に出逢うことが出来ます。

     このような景色に出逢うことが出来ます。

  •  もう1枚ご覧戴きます。

     もう1枚ご覧戴きます。

  •  それでは粟又の滝はこの辺りまでとし、粟又の滝自然遊歩道をしばらく歩くことにします。

     それでは粟又の滝はこの辺りまでとし、粟又の滝自然遊歩道をしばらく歩くことにします。

  •  それでは遊歩道を歩いていた時の景色を数枚ご覧戴きます。

     それでは遊歩道を歩いていた時の景色を数枚ご覧戴きます。

  •  その他、このように滝の景色をご覧戴くことが出来ます。

     その他、このように滝の景色をご覧戴くことが出来ます。

  •  再び粟又の滝バス停に来ました。

     再び粟又の滝バス停に来ました。

  •  粟又の滝13時42分発養老渓谷駅行きの路線バスに乗り、養老渓谷駅まで乗車します。<br /> なおこちらの場合は「サンキューちばフリーパス」のみで利用可能です。

     粟又の滝13時42分発養老渓谷駅行きの路線バスに乗り、養老渓谷駅まで乗車します。
     なおこちらの場合は「サンキューちばフリーパス」のみで利用可能です。

  •  小湊鉄道の養老渓谷駅に着きました。

     小湊鉄道の養老渓谷駅に着きました。

  •  養老渓谷からは小湊鉄道という鉄道路線に乗り、五井へと向かいます。<br /> 内房線の五井を起点に房総半島の内陸部を通り上総中野まで運転しています。<br /> ちなみに利用したのは養老渓谷14時12分発五井行きです。

     養老渓谷からは小湊鉄道という鉄道路線に乗り、五井へと向かいます。
     内房線の五井を起点に房総半島の内陸部を通り上総中野まで運転しています。
     ちなみに利用したのは養老渓谷14時12分発五井行きです。

  •  その14時12分発五井行きですが、2両編成のディーゼルカーが使用され…

     その14時12分発五井行きですが、2両編成のディーゼルカーが使用され…

  •  中はこのようにロングシートでした。

     中はこのようにロングシートでした。

  •  五井駅には所定到着予定時刻の15時15分より5分程度遅れた15時20分頃に到着しました。

     五井駅には所定到着予定時刻の15時15分より5分程度遅れた15時20分頃に到着しました。

  •  その為、当初は15時19分発総武快速線直通快速逗子行きに乗り、グリーン車で移動するつもりでしたが、乗り換えることはできず、次発となる15時38分発内房線の普通列車千葉行きに乗るかたちになりました。<br /> 内房線ですが、木更津・館山等を房総半島の内側を経由して千葉と安房鴨川を結ぶ鉄道路線です。

     その為、当初は15時19分発総武快速線直通快速逗子行きに乗り、グリーン車で移動するつもりでしたが、乗り換えることはできず、次発となる15時38分発内房線の普通列車千葉行きに乗るかたちになりました。
     内房線ですが、木更津・館山等を房総半島の内側を経由して千葉と安房鴨川を結ぶ鉄道路線です。

  •  千葉からは16時11分発総武快速線久里浜行きで津田沼まで…

     千葉からは16時11分発総武快速線久里浜行きで津田沼まで…

  •  津田沼からは16時27分発総武線・中央線各駅停車三鷹行きに乗り換え、西船橋まで…

     津田沼からは16時27分発総武線・中央線各駅停車三鷹行きに乗り換え、西船橋まで…

  •  続いて西船橋からは16時49分発府中本町行きに乗り、新松戸まで…

     続いて西船橋からは16時49分発府中本町行きに乗り、新松戸まで…

  •  そして新松戸からは常磐線に乗り換え、柏まで乗車します。<br /> 常磐線ですが、本来ならば上野と宮城県の岩沼を結ぶ鉄道路線ですが、東日本大震災の影響により一部区間は運転されていません。<br /> ちなみに利用したのは17時11分発常磐線の各駅停車我孫子行きです。

     そして新松戸からは常磐線に乗り換え、柏まで乗車します。
     常磐線ですが、本来ならば上野と宮城県の岩沼を結ぶ鉄道路線ですが、東日本大震災の影響により一部区間は運転されていません。
     ちなみに利用したのは17時11分発常磐線の各駅停車我孫子行きです。

  •  今夜の宿泊先の最寄駅である柏駅には17時21分頃に到着しました。<br /> 2日目の行程はこれでおしまいとなりますので、パート4についてもこの辺りでお開きにしたいと思います。<br /> ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

     今夜の宿泊先の最寄駅である柏駅には17時21分頃に到着しました。
     2日目の行程はこれでおしまいとなりますので、パート4についてもこの辺りでお開きにしたいと思います。
     ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • BTSさん 2018/11/05 15:52:34
    上総中野駅
    フロンティアさまへ

    こんにちは~
    オジサンの読み通り、養老渓谷を散策されたんですね。(笑)
    ちなみにオジサンは行ったことがありません。いつか温泉と合わせて行ってみたいと思っています。

    上総中野駅構内はいすみ鉄道と小湊鐵道の線路が分断されているように見えますが、実はいすみ鉄道の外側にある側線が小湊鐵道と繋がっています。今から7年ほど前でしょうか、いすみ鉄道の保線用車両を小湊鐵道へ譲渡するために側線を使っています。いつか直通運転してくれることを望んでいます。

    帰路は養老渓谷駅から小湊鐵道に乗り五井駅へ、その後は乗り換えて柏に泊まられるんですね。翌日はいよいよ茨城県入りですね。続きを楽しみにしています。

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2018/11/07 22:45:01
    Re: 上総中野駅
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     まずは養老渓谷へ向かった旨の推理、お見事でした。副賞として現金1万円を上げます…差し上げますではなく上げますので、上にあげました(笑)
     ま、山田くんに座布団全てを返却したところで(苦笑)、その養老渓谷ですが、今回訪れた粟又の滝の場合、本格的に散策をする場合、結構歩く羽目になりますので覚悟が必要です(苦笑)
     上総中野駅ではいすみ鉄道と小湊鉄道のレールが繋がっているんですね~そして過去には旅客列車ではないですが、保全用の車両が直通運転したのですね。(始めて知りました。)
     BTSさんがおっしゃるように小湊鉄道~いすみ鉄道の直通列車、面白そうですね~但し車両は小湊鉄道のものでなくていすみ鉄道の車両での運転を希望します。というのも小湊鉄道の場合、ロングシート&トイレなしなので乗り心地が良くないからです。いすみ鉄道のボックスシートで移動したいですね。
     話がそれますが、週末は「山陰フリーパス」という別のフリー切符を利用して鳥取・島根に行ってきました。
     8月の時には定番の出雲大社・鳥取砂丘・水木しげるロード等に寄りましたので、今回は違うところに行きました。
     詳しくは12月公開予定の旅行記で記しますが、宍道湖の夕日を眺め、さらにのどぐろを頂くことができ、良かったです。

フロンティアさんのトラベラーページ

フロンティアさんの関連旅行記

フロンティアさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

養老渓谷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集