トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

子連れ・赤ちゃん連れにおすすめのディズニー周辺ホテル7選!

子連れ・赤ちゃん連れにおすすめのディズニー周辺ホテル7選!

ホテル・旅館 2018/11/30

4travel.jp

フォートラベル編集部

子連れ・赤ちゃん連れでのパーク利用は楽しみな半面、不安なことも思い浮かぶもの。でもパーク周辺のホテルは、子連れユーザーに親切な設備やサービスを備えていたり、パークさながらの「コンセプトルーム」を用意していたりします。ディズニー周辺ホテルを利用すれば、パークトラベルをもっと満喫できるはずです!

1. ホテルエミオン東京ベイ

子どもを飽きさせない「キッズプレジャールーム」が人気

ホテルエミオン東京ベイ
JR新浦安駅より徒歩約7分の場所に建つ、こちらのホテル。東京ディズニーリゾート®のパートナーホテルで、パークまでの移動にシャトルバスを利用できます(予約不要、無料)。また、こちらのホテルは「ウェルカムベビーのお宿」の認定ホテル。特に、「キッズプレジャールーム」のお部屋は、子連れ・赤ちゃん連れのファミリーから大好評です。200×200cm以上の大きなお絵描きボードや、ベッドから落ちる心配のないローベッドを備えており、そのほかにも、子ども心をくすぐる設備が満載です。

遊び疲れた体は、天然温泉の大浴場でリフレッシュ

ホテルエミオン東京ベイ
東京ディズニーランド®で1日遊び疲れた体は、ホテル2階にある天然温泉大浴場「ほほえみの湯」(有料/未就学児は無料)で癒やしましょう。利用時間は、17:00~25:00/6:00~10:00。宿泊者専用のお風呂なので、お部屋からスリッパ&ルームウェアを着用したまま利用できます。また、「エミオンタワー」の大浴場には露天風呂があり、ゲストから大変好評です。

クチコミ:朝食が美味しい

おからさんさん

子供が生まれてから何度も利用しています。他のホテルと比べて部屋が明るくて、広め。ベットのマットも丁度良い感じです。ここは朝食が最高です。夫はスジカレーが気に入っており、私は肉じゃががお気に入りです。和洋ともバランスがちょうどよく、家族連れが多いので気兼ねなく過ごせます。もっと見る
公式サイトを見る

2. オリエンタルホテル東京ベイ

ママとベビー&キッズのためのお部屋で、夢ごこちのホテルステイを!

オリエンタルホテル東京ベイ

キッズスイート

JR新浦安駅に直結しているこちらのホテルは、東京ディズニーリゾート®のパートナーホテル。こちらのホテルは「ウェルカムベビーのお宿」認定第1号のホテルです。ホテルとパークを結ぶシャトルバス(予約不要、無料)が、朝と夕は10分間隔で運行しています。また、このホテルの特徴は、子連れ・赤ちゃん連れファミリーに大好評のベビー向け客室(0~3歳まで)とキッズ向け客室(4~6歳)があること。ベビー向け、キッズ向けともに、お部屋は靴を脱いで入室するフローリング床を採用。子どもたちが床に寝転んで遊んでも安心です。
オリエンタルホテル東京ベイ

ベビーズスイート

また、「ベビーズスイート」のお部屋には子ども用の補助便座を常備。おもちゃや絵本、ベビーカーや子ども用パジャマなど、レンタル備品も充実しています。

アレルギー特定原材料の表示あり。子どもにもやさしい、朝食ブッフェ

オリエンタルホテル東京ベイ

グランサンク

朝食は2階のレストラン「グランサンク」のモーニングブッフェと、1階の日本料理「美浜」の和洋食ブッフェがおすすめです。「グランサンク」では、20種類の野菜をじっくり煮込んだスープや焼き立てクロワッサン、人気No.1のキャラメルフレンチトーストなど、バラエティ豊かなメニューがずらりと並びます。
オリエンタルホテル東京ベイ

キャラメルフレンチトースト

「美浜」では、千葉県産の「ヤマニ味噌」を使った海鮮みそ汁や作りたての自家製とうふ、千葉県産「多古米」の炊きたてご飯など、和食派垂涎のブッフェメニューが楽しめます。また、両ブッフェとも、特定原材料(卵、小麦、そば、乳、落花生、エビ、カニ、大豆)を表示しているので、アレルギーのある子どもも安心。「グランサンク」にはキッズルーム(未就学児対象)を併設しており、子連れ・赤ちゃん連れのファミリーへの配慮も◎です。

クチコミ:家族連れにピッタリ

nacchikaさん

姉妹3家族でディズニーシーに行った際に泊まりました。オリエンタルホテルは割とよく利用します。リゾートからは車で混んでなければ10分くらい。ローソンもあるし、ディズニーショップもあるので便利なんですよね。今回は子供含めて9人で1部屋を予約。ファミリープラスっていう部屋です。いつも泊る部屋とは違くて、割と広くて、バスルームとトレイは別になってます。バスルームは広くて子供を数人一緒にお風呂に入れました。もっと見る
公式サイトを見る

3. 浦安ブライトンホテル東京ベイ

ファミリータイプの広々したルームが人気!

こちらのホテルは、東京ディズニーリゾート®のパートナーホテル。JR新浦安駅に直結しているので、雨の日の移動も楽々です。予約不要・無料の「パートナーシャトルバス」が利用できるので、パークまでの移動も心配いりません。こちらのホテルのお部屋のほとんどが、4名~6名まで対応可。子連れ・赤ちゃん連れのファミリーから、ゆったり利用できると大人気です。洗い場付きのバスルームは、3.2平方メートルと広々。子どもと一緒に入浴しても、ゆったりとお風呂タイムが満喫できますね!

クチコミ:ディズニーパートナーホテルの実力

あっちゃんさん

ルームフォレスト(朝食付き)とネオスタンダード(朝食なし)に一泊ずつ。金額的にルームフォレストが1,800円高かったのですが、結果的に断然ルームフォレストがよい!間違いなく。部屋の広さも倍くらいある感覚ですし、ベッドはもかなり広め。お風呂とトイレ及び洗面はガラスで完全に仕切られてますのでゆっくり入れます。入浴剤も付いていて疲れが取れました。これはどちらの部屋も共通です。ディズニーへのシャトルバスは本数は少ないですが15分程度で到着します。帰りの便数が少ないのでご注意を。もっと見る

4. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

子どもたちが大興奮! コンセプトルームでわくわくのホテルステイを

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
JR舞浜駅よりディズニーリゾートラインで「ベイサイド・ステーション」へ。駅から下りてすぐの場所に建つこちらのホテルは、東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルです。こちらのホテルには、子どもに大人気のコンセプトルームがあります。豪華客船をイメージした「オーシャンドリームルーム」には、お子様用浴衣、スリッパ、踏み台、子ども用便座などを常備。ホテルのマスコット「ペントン」がデザインされた「トレジャーズルーム」には洗い場を備えたバスルームがあり、子どもと一緒の入浴も心配いりません。

スポーツ&レクリエーション施設「オアシス」で、思いっきり遊ぼう!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ホテル内にある「オアシス」(有料/3歳以下は無料)は、プールやフィットネス、お風呂などのスポーツ&レクリエーションが楽しめる複合施設。2階にはキッズランド「トレジャーズ!アイランド」があり、1階の「室内プール」は舞浜エリア随一のスケールで、親子プールと子ども用プールを完備しています。また、地下1階には大理石の大浴場「舞湯」もあります。子どもだけでなく、パパ&ママも楽しめる施設をぜひ、利用しましょう。

クチコミ:部屋が広い!

グーフィーさん

今回はトリプルルームのクラブフロアに泊まりました。部屋はかなり広く、ベッド周り、水回り共にきれいです!また景色もパーク側であれば一望できます!クラブフロアだとラウンジや朝食サービスがあるのでかなりお得感はありました!もっと見る
公式サイトを見る

5. サンルートプラザ東京

「ウェルカムベビーのお宿」の認定ホテルだから赤ちゃん連れでも安心

サンルートプラザ東京
東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルであるこちらは、パークのすぐ隣に位置するホテル。アクセス抜群で、無料シャトルバスを利用すれば5分ほどで到着します。こちらのホテルは、ミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」の認定ホテル。1階の「ファーストショップ」では、おむつや粉ミルク、離乳食などを販売しています。また、ホテル内の子ども目線に当たる角部分にコーナーガードを設置。さまざまなところに、子どもが安全に過ごすための配慮がされており、子連れ・赤ちゃん連れのファミリーから絶大な支持を得ています。

パークの続きのような、ドキドキのコンセプトルームが人気!

サンルートプラザ東京
こちらのホテルのコンセプトルームが大人気です。「キャッスルルーム」と「エンプレスルーム」は、“おとぎ話のお城”をテーマにしたお部屋。「キャプテンズルーム」は、大型客船をテーマにした、船長気分が味わえるお部屋です。「フロンティアルーム」は、西部開拓時代のアメリカをイメージ。冒険家気分が満喫できそうです。「プレジャールーム」は、50年代のアメリカンドリームを再現。ファッショナブルな室内インテリアに心躍るでしょう。※季節によって部屋のコンセプトが変わることがあります。

クチコミ:価格に注目!

やベントスさん

DLの近くに泊まりたいけど宿泊価格は安く抑えたい・・・そんな要望にピッタリ答えてくれました。リゾートラインモノレール一本で行けるし、駅からはシャトルバス(所要時間約5分)もあります。素泊まりなら周辺ホテルと比べて比較的安い値段で泊まれます!!もっと見る
公式サイトを見る

6. ヒルトン東京ベイ

子どもたちを飽きさせない仕掛けが満載!

ヒルトン東京ベイ
JR舞浜駅より無料送迎バスに乗車し、約7分でこちらのホテルに到着します。東京ディズニーリゾート®のオフィシャルホテルで、パーク利用のファミリーに向けたサービスが充実しています。フロント前には、約60平方メートルの広々としたプレイエリアを設置。積み木や玩具でいっぱいのソファスペースは、飽きることなく時間が過ごせるとパパ&ママから好評です。さらに、朝食ブッフェでは「キッズブレックファースト」を用意。小さなブッフェ台には、子どもが好きなメニューがずらり! きっと、大満足の朝食タイムになるでしょう。

ファンタジックな森へようこそ! 「ハッピーマジックルーム」で大興奮

子どもからの人気が高い「ハッピーマジックルーム」は、こちらのホテルのオリジナルルーム。魔法の森に迷い込んだような、ファンタジックな世界観は、子どもだけでなく女子旅グループにも好評です。特に「ファミリーハッピーマジックルーム」には、オリジナルバンクベッド(2段ベッド)を設置しており、2人以上の子ども連れユーザーや、4名までのグループユーザーから人気です。

クチコミ:素晴らしいサービス

komoさん

セレブリオセレクトに1泊しました。浴室にテレビが付いているのが特徴で、ディズニーランドでの疲れを癒すことができました。また冷蔵庫の飲み物は無料で頂くことができます。部屋もきれいで快適な滞在ができました。セレブリオセレクトに宿泊した場合、専用ラウンジが利用できます。チェックイン時にはロビーに多くの人がいましたが、ラウンジは空いており、待たずにチェックインが可能でした。もっと見る

7. ラ ジェント ホテル東京ベイ

2017年3月グランドオープン! パークエリアの新星ホテル

ラ・ジェント・ホテル東京ベイ
東京ディズニーランド®周辺エリアに新オープンしたこちらのホテル。パークとホテル間を往復する無料のシャトルバスもあり、パークユーザーから、早くも支持を得ているホテルです。ファミリー層に配慮したサービスも満載。ホテルのラウンジ前には、子どもたちが楽しく遊べる「キッズコーナー」を設けています。また、朝食用のお弁当(無料)には、子ども用のお弁当もあり、至れり尽くせりです!

多彩なお部屋がファミリーから好評価

ラ・ジェント・ホテル東京ベイ
全291室のお部屋の多くが、小さい子ども連れのユーザーにも使い勝手のよい仕様となっています。最大6名まで利用できる「デラックスツイン」は、2段ベッドがあり、子どものわくわく心をくすぐります。そのほか「ファミリー和室」(最大3名)など、ファミリー向けのお部屋が充実。ベッドは全室、ハリウッドツインサイズなので、添い寝も楽々です。また、洗い場付きのお風呂を備えているお部屋が多いので、子どもとの入浴も楽チンと好評です。

クチコミ:きれいで無駄がない!

sacsacさん

泊まったのは和室と言われるフラットなお部屋でした。トイレとバスが別の部屋は、子連れですとお風呂に入れやすいです!サービスの朝食お弁当も、無料宿泊の子どもまでキッズ弁当をいただきました( ´ ▽ ` )もっと見る
公式サイトを見る

子連れ・赤ちゃん連れウェルカムのホテルは、安心感が違います!

ホテルエミオン東京ベイ
東京ディズニーランドR周辺の、子連れ・赤ちゃん連れ旅行にやさしいホテルはいかがでしたか? 子連れのお出かけは何かと荷物が多くなりますが、ホテルに必要なものが揃っていると、安心して旅行を楽しむことができますね。また、パークで遊び疲れて、子どもがご機嫌斜めになることはよくあります。でも、お部屋に楽しい仕掛けがあれば、子どもの機嫌が復活! パパ&ママの疲れも半減するはずです。「パークに行きたいけど、子連れでは大変だし……」と迷っている方は、今年はぜひ、周辺ホテルを利用して思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

周辺ホテルを料金で比較したい人は、こちらのページもおすすめです。東京ディズニーリゾートR周辺ホテル特集

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

千葉の特集

千葉の特集一覧

ホテル・旅館の特集

ホテル・旅館の特集一覧

PAGE TOP