その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
いよいよ今回のツアーの目玉の一つ「プリトビッツェ湖群国立公園」を訪れます。緑の木々の中にエメラルドグリーンの湖が次々と現れる光景は、予想を上回るすばらしさでした(^o^)

♪森と泉に囲まれ・・・ていうか、延々と森と湖!~16年夏クロアチアなど4カ国周遊8月8日その1プリトビッツェ下湖群

24いいね!

2016/08/06 - 2016/08/14

120位(同エリア768件中)

0

74

いよいよ今回のツアーの目玉の一つ「プリトビッツェ湖群国立公園」を訪れます。緑の木々の中にエメラルドグリーンの湖が次々と現れる光景は、予想を上回るすばらしさでした(^o^)

旅行の満足度
5.0

PR

  • ホテルの部屋のバルコニー。設備はチープですが、空気がよいので爽快な朝を迎えました。

    ホテルの部屋のバルコニー。設備はチープですが、空気がよいので爽快な朝を迎えました。

  • ホテルの中庭。方向的にはこの先に湖群があるはず。

    ホテルの中庭。方向的にはこの先に湖群があるはず。

  • ホテルの朝食。普通のヨーロッパの朝食ですかね。ソーセージやハムがうまし。野菜が見えないのは、多分まずそうだったのでビュッフェで取らなかったからだと思います。コーヒーとトマトジュースはまあまあ。

    ホテルの朝食。普通のヨーロッパの朝食ですかね。ソーセージやハムがうまし。野菜が見えないのは、多分まずそうだったのでビュッフェで取らなかったからだと思います。コーヒーとトマトジュースはまあまあ。

  • ホテルの外観。ロッジ風になってます。

    ホテルの外観。ロッジ風になってます。

  • プリトビッツェの写真を貼ったホテルの車。

    プリトビッツェの写真を貼ったホテルの車。

  • エントランスはこんな感じ。

    エントランスはこんな感じ。

  • 恒例のバイクチェック。ハーレーとスズキ・バンディット。スロベニアだけでなく、クロアチアでもスズキが頑張って?います。

    恒例のバイクチェック。ハーレーとスズキ・バンディット。スロベニアだけでなく、クロアチアでもスズキが頑張って?います。

  • プリトビッツェの全景の地図。画面左側が上流で、右側が下流。今回は下流の方から湖めぐりをスタートします。

    プリトビッツェの全景の地図。画面左側が上流で、右側が下流。今回は下流の方から湖めぐりをスタートします。

  • 断面図にするとこんな感じ。<br /><br />黄色い部分は石灰岩が流れてきて堆積した部分。これが流れを区切って湖になるわけですね。

    断面図にするとこんな感じ。

    黄色い部分は石灰岩が流れてきて堆積した部分。これが流れを区切って湖になるわけですね。

  • バスに少し乗ってプリトビッツェの入り口に来ました。<br /><br />当日チケットを買うとこのように並ばないといけませんが、我々は事前に購入済みなので、すぐに入れました。

    バスに少し乗ってプリトビッツェの入り口に来ました。

    当日チケットを買うとこのように並ばないといけませんが、我々は事前に購入済みなので、すぐに入れました。

  • 左からプリトビッツェ公園の旗。熊さんのマークです。中央がクロアチアの旗、右がユネスコ自然遺産の旗です。

    左からプリトビッツェ公園の旗。熊さんのマークです。中央がクロアチアの旗、右がユネスコ自然遺産の旗です。

  • ガイドはブリギッダさんです。クロアチアのジョーダナ・ブリュースターと勝手に命名。<br /><br />「本日のコースを説明しまーす」

    ガイドはブリギッダさんです。クロアチアのジョーダナ・ブリュースターと勝手に命名。

    「本日のコースを説明しまーす」

  • 「最初に、この大きな滝を見まーす」

    「最初に、この大きな滝を見まーす」

  • 「そして真ん中の大きな湖を遊覧船で渡りまーす」

    「そして真ん中の大きな湖を遊覧船で渡りまーす」

  • 「さらに湖をどんどん登って行きまーす」

    「さらに湖をどんどん登って行きまーす」

  • 「最後は、一番奥の湖まで行きまーす」<br /><br />ここで皆さんからどよめきが起きます(笑)。右にいる井上陽水風のFMさん夫も思わず笑顔です。<br /><br />まさにプリトビッツェ完全制覇コース。多分それで皆さんオレンジグループを選んだわけですが。<br /><br />半分しか回らないグループもあったようです。

    イチオシ

    「最後は、一番奥の湖まで行きまーす」

    ここで皆さんからどよめきが起きます(笑)。右にいる井上陽水風のFMさん夫も思わず笑顔です。

    まさにプリトビッツェ完全制覇コース。多分それで皆さんオレンジグループを選んだわけですが。

    半分しか回らないグループもあったようです。

  • というわけで入園します。さっそく滝が見えました。ベリキ・スラップ。大滝という意味です。

    というわけで入園します。さっそく滝が見えました。ベリキ・スラップ。大滝という意味です。

  • 滝アップ!高さ78メートル。

    イチオシ

    地図を見る

    滝アップ!高さ78メートル。

  • 滝の下には遊歩道が見え、人が歩いています。我々もこれから通ります。

    滝の下には遊歩道が見え、人が歩いています。我々もこれから通ります。

  • 公園内には大きな16の湖があります。<br /><br />左が⑮カルデロバツ湖。右が⑯ノバコビッツア・ブロッド湖。<br /><br />丸数字は湖の順番です。最後は①になります。

    イチオシ

    地図を見る

    公園内には大きな16の湖があります。

    左が⑮カルデロバツ湖。右が⑯ノバコビッツア・ブロッド湖。

    丸数字は湖の順番です。最後は①になります。

  • 両方の湖を区切る部分を渡って滝に向かいます。

    両方の湖を区切る部分を渡って滝に向かいます。

  • 石灰岩ぽい岩肌が見えますね。

    石灰岩ぽい岩肌が見えますね。

  • 湖ごとにこのような看板があります。最終的に左側の一番上まで行きます。<br /><br />数字は左から湖の海抜、面積、深さ、です。<br /><br />カルデロバツ湖は海抜508メートル、面積2ヘクタール、深さ14メートルということになります。

    湖ごとにこのような看板があります。最終的に左側の一番上まで行きます。

    数字は左から湖の海抜、面積、深さ、です。

    カルデロバツ湖は海抜508メートル、面積2ヘクタール、深さ14メートルということになります。

  • 皆さん遊歩道から撮影。本当に水がきれいです。

    皆さん遊歩道から撮影。本当に水がきれいです。

  • 魚がいます。チャブという種類らしいです。マスもいます。

    魚がいます。チャブという種類らしいです。マスもいます。

  • 何とも優雅に泳いでます。人影が見えても逃げません。<br /><br />国立公園内なので、魚は捕ってはいけないから安心です。<br /><br />ツアコンKWさんが「昼食ではここのマスのグリルが出ます」<br /><br />あれ?捕っちゃいけないんでしょ?<br /><br />どうやら、国立公園を出た後の流れ(あるいは入る前)で捕るらしいです(^o^)

    イチオシ

    地図を見る

    何とも優雅に泳いでます。人影が見えても逃げません。

    国立公園内なので、魚は捕ってはいけないから安心です。

    ツアコンKWさんが「昼食ではここのマスのグリルが出ます」

    あれ?捕っちゃいけないんでしょ?

    どうやら、国立公園を出た後の流れ(あるいは入る前)で捕るらしいです(^o^)

  • 植物は1000種類以上あるとか。

    植物は1000種類以上あるとか。

  • このように何の柵もなく、足元はでこぼこです。日本だとこうはいかないでしょうね。

    このように何の柵もなく、足元はでこぼこです。日本だとこうはいかないでしょうね。

  • 小さな滝発見。最初は珍しくてバシバシ撮ってますが、そのうち見慣れてしまいました。

    小さな滝発見。最初は珍しくてバシバシ撮ってますが、そのうち見慣れてしまいました。

  • このような渓谷が続きます。

    このような渓谷が続きます。

  • 歩道の足元でしぶきが上がってます。

    歩道の足元でしぶきが上がってます。

  • 大滝に到着。

    大滝に到着。

  • 虹がかかってます。

    虹がかかってます。

  • さりげなく絵になる写真が簡単に撮れます。まさに見所の連続。

    さりげなく絵になる写真が簡単に撮れます。まさに見所の連続。

  • 滝の最上部。

    滝の最上部。

  • 流れの上を歩道が通ってます。

    流れの上を歩道が通ってます。

  • こういうところは話声が聞こえなくなるぐらいドドドドという音がしているんですが・・・。

    こういうところは話声が聞こえなくなるぐらいドドドドという音がしているんですが・・・。

  • こういう湖に着くと一転して静かになります。この対比が素晴らしい。

    こういう湖に着くと一転して静かになります。この対比が素晴らしい。

  • ⑮カルデロバツ湖です。修道僧(カルデロ)がこの近くの洞窟に住んでいたので名前が付いたとか。<br /><br />ちなみに一番下流の⑯ノバコビッツア・ブロッド湖は船頭(ノバコビッチ)と船(ブロッド)が語源だそうです。

    ⑮カルデロバツ湖です。修道僧(カルデロ)がこの近くの洞窟に住んでいたので名前が付いたとか。

    ちなみに一番下流の⑯ノバコビッツア・ブロッド湖は船頭(ノバコビッチ)と船(ブロッド)が語源だそうです。

  • 素晴らしい眺望。この湖一つでも観光名所になるでしょうけど、これが16個もあるんですからね。

    素晴らしい眺望。この湖一つでも観光名所になるでしょうけど、これが16個もあるんですからね。

  • ここにも魚群。のんびりしてます。水に手を入れる人がいて(本当はダメです)も、本当にゆっくり逃げていくだけなんです。

    ここにも魚群。のんびりしてます。水に手を入れる人がいて(本当はダメです)も、本当にゆっくり逃げていくだけなんです。

  • 直線的でない遊歩道も美しい。自然のモノを生かすため木製にしています。

    直線的でない遊歩道も美しい。自然のモノを生かすため木製にしています。

  • 水面がキラキラしてます。写真だとうまく伝わらないかも。

    水面がキラキラしてます。写真だとうまく伝わらないかも。

  • キラキラをアップ!肉眼で見ると本当に星がまたたいているように見えます。

    キラキラをアップ!肉眼で見ると本当に星がまたたいているように見えます。

  • 草むらの向こうには・・・

    草むらの向こうには・・・

  • やはり滝があります。見ていて飽きません。

    やはり滝があります。見ていて飽きません。

  • ここにも魚群が。透明度が高いので水底まで影が映ってます。

    ここにも魚群が。透明度が高いので水底まで影が映ってます。

  • このように水量が多い滝があれば・・・

    このように水量が多い滝があれば・・・

  • チョロチョロと流れる滝もあります。

    チョロチョロと流れる滝もあります。

  • 案内板。アルファベットは短時間で回るコースやじっくり回るコースを示します。

    案内板。アルファベットは短時間で回るコースやじっくり回るコースを示します。

  • YKさん夫妻が写真を撮ってます。YKさん夫と「ここを見ちゃうと、ちょっとぐらいきれいな湖では驚かなくなってしまいますねえ」と会話。

    YKさん夫妻が写真を撮ってます。YKさん夫と「ここを見ちゃうと、ちょっとぐらいきれいな湖では驚かなくなってしまいますねえ」と会話。

  • 洞窟がありました。ちょっと遠回りになるので残念ながらパス。

    洞窟がありました。ちょっと遠回りになるので残念ながらパス。

  • 看板を取り忘れましたが、これが⑭ガバノバツ湖です。

    看板を取り忘れましたが、これが⑭ガバノバツ湖です。

  • 資産家(ガバン)の財宝が沈んでいるという伝説があるようです。

    資産家(ガバン)の財宝が沈んでいるという伝説があるようです。

  • 珍しく人がいなくなった瞬間の遊歩道。

    珍しく人がいなくなった瞬間の遊歩道。

  • ミルカ・トルニナ滝。有名なクロアチア出身のオペラ歌手の名前から取ったそうです。彼女が多額の寄付を公園にしたとか。

    ミルカ・トルニナ滝。有名なクロアチア出身のオペラ歌手の名前から取ったそうです。彼女が多額の寄付を公園にしたとか。

  • ミルカ・トルニナ滝は落差6メートルとなってますが、大きな滝があるのではなく、小さな滝が幾重にも重なっています。

    ミルカ・トルニナ滝は落差6メートルとなってますが、大きな滝があるのではなく、小さな滝が幾重にも重なっています。

  • 滝を越えると・・・

    滝を越えると・・・

  • さらに別の滝が現れます。

    さらに別の滝が現れます。

  • 上から一連の滝を見ると・・・あんまりよく分かりませんかね。

    上から一連の滝を見ると・・・あんまりよく分かりませんかね。

  • また静かな湖に来ました。

    また静かな湖に来ました。

  • ⑬ミラノバツ湖です。まだ矢印は下の方です。

    ⑬ミラノバツ湖です。まだ矢印は下の方です。

  • ミレという名前の羊飼いがここで溺れたというのが名前の由来だとか。

    ミレという名前の羊飼いがここで溺れたというのが名前の由来だとか。

  • カモさんがいました。

    カモさんがいました。

  • カモさんアップ!<br /><br />逆光でいまいちですね。

    カモさんアップ!

    逆光でいまいちですね。

  • このミラノバツ湖までの4湖が下湖群です。

    このミラノバツ湖までの4湖が下湖群です。

  • 対岸に滝がありました。

    対岸に滝がありました。

  • 滝アップ!

    滝アップ!

  • 滝が多すぎてどれに注目していいか分かりませんね。

    滝が多すぎてどれに注目していいか分かりませんね。

  • また上り坂になり、流れが滝になりました。

    また上り坂になり、流れが滝になりました。

  • ミラノバツ滝です。

    ミラノバツ滝です。

  • このように湖と湖の間には滝があり、それを登っていく感じになります。<br /><br />最初は下流から上流に行くと上り坂ばかりで疲れる気がしましたが、この方が滝を見るにはいいですね。上流からだと振り返りながら降りてこないといけない。

    このように湖と湖の間には滝があり、それを登っていく感じになります。

    最初は下流から上流に行くと上り坂ばかりで疲れる気がしましたが、この方が滝を見るにはいいですね。上流からだと振り返りながら降りてこないといけない。

  • 大きな湖が見えてきました。⑫コジャック湖です。<br /><br />TUさんが「刑事コジャックってあったわね」と年齢がばれる発言。私も「テリー・サバラスのスキンヘッドがよかったですね」と乗っかりますが、若いOK君夫妻あたりはまったく知らなかったようです(^o^)

    イチオシ

    大きな湖が見えてきました。⑫コジャック湖です。

    TUさんが「刑事コジャックってあったわね」と年齢がばれる発言。私も「テリー・サバラスのスキンヘッドがよかったですね」と乗っかりますが、若いOK君夫妻あたりはまったく知らなかったようです(^o^)

  • コジャック湖のほとりで休憩。土産物店です。<br /><br />ここで定期的に運行している遊覧船を待ちます。

    イチオシ

    コジャック湖のほとりで休憩。土産物店です。

    ここで定期的に運行している遊覧船を待ちます。

この旅行記のタグ

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ozackさんの関連旅行記

ozackさんの旅行記一覧

クロアチアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
クロアチア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

クロアチアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

その他の都市(クロアチア) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集