その他の観光地 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ブレッド城を後にして、世界遺産の鍾乳洞シュコツィアンに向かいます。鍾乳洞内部は撮影禁止。写真でご覧に入れられなくて本当に残念です(>_<)

まさに地下のグランドキャニオン!残念ながら写真なし・・・16年夏スロベニアなど4カ国周遊8月7日その3シュコツィアン

16いいね!

2016/08/06 - 2016/08/14

28位(同エリア162件中)

0

38

ブレッド城を後にして、世界遺産の鍾乳洞シュコツィアンに向かいます。鍾乳洞内部は撮影禁止。写真でご覧に入れられなくて本当に残念です(>_<)

旅行の満足度
4.5

PR

  • バスは高速道路を飛ばします。早くも石灰岩の法面がむきだしです。

    バスは高速道路を飛ばします。早くも石灰岩の法面がむきだしです。

  • 制限速度は時速100キロ。

    制限速度は時速100キロ。

  • カルスト地方に向かいます。スロベニアの南西部ですね。<br /><br />「カルスト地形」の語源になったこの地方は、石灰岩の地層が多く、川の浸食で各地に鍾乳洞ができているのです。石灰岩は水に溶けやすいため。

    カルスト地方に向かいます。スロベニアの南西部ですね。

    「カルスト地形」の語源になったこの地方は、石灰岩の地層が多く、川の浸食で各地に鍾乳洞ができているのです。石灰岩は水に溶けやすいため。

  • 高速道路に並行して鉄道もありました。<br /><br />石灰岩がむき出しになっているのに注目。

    高速道路に並行して鉄道もありました。

    石灰岩がむき出しになっているのに注目。

  • 関係ないけどトイレの話。ツアコンKWさんによると、スロベニアは観光地やレストランのトイレが少ないそうです。どうやら人様のトイレを借りるのは恥ずかしいという意識があるようなんです。最近ようやく増えてきたとか。

    関係ないけどトイレの話。ツアコンKWさんによると、スロベニアは観光地やレストランのトイレが少ないそうです。どうやら人様のトイレを借りるのは恥ずかしいという意識があるようなんです。最近ようやく増えてきたとか。

  • ここを右折するとポストイナ鍾乳洞ですが、我々は直進します。<br /><br />ポストイナは鍾乳洞内にトロッコ列車が走っているそうで、自然のまま手を加えていないシュコツィアンとはまた別の面白みがあるらしいです。<br /><br />いつかスロベニアを再訪するときにはいってみたいなあ。

    ここを右折するとポストイナ鍾乳洞ですが、我々は直進します。

    ポストイナは鍾乳洞内にトロッコ列車が走っているそうで、自然のまま手を加えていないシュコツィアンとはまた別の面白みがあるらしいです。

    いつかスロベニアを再訪するときにはいってみたいなあ。

  • バス内でツアコンKWさんが「パスポートの保管はしっかりと」と念押し。実は、ツアーの別グループの人がパスポートを昨日盗まれたらしいのです。話を聞いてみんなビックリ( ̄□ ̄;)!!何とか再発行してもらってツアーの途中から復帰したそうです。治安はそんなに悪くないと思ってましたが、やはり観光客は狙われるのでしょうかね。

    バス内でツアコンKWさんが「パスポートの保管はしっかりと」と念押し。実は、ツアーの別グループの人がパスポートを昨日盗まれたらしいのです。話を聞いてみんなビックリ( ̄□ ̄;)!!何とか再発行してもらってツアーの途中から復帰したそうです。治安はそんなに悪くないと思ってましたが、やはり観光客は狙われるのでしょうかね。

  • 石灰岩がむき出しの山が見えます。まもなく到着です。

    石灰岩がむき出しの山が見えます。まもなく到着です。

  • シュコツィアンに到着。おなじみユネスコの世界遺産マークです。

    シュコツィアンに到着。おなじみユネスコの世界遺産マークです。

  • ここで鍾乳洞行きツアーの申し込みをします。実際の入り口は少し先です。

    ここで鍾乳洞行きツアーの申し込みをします。実際の入り口は少し先です。

  • 鍾乳洞に入る前に昼食です。実は看板を撮影したつもりで、隣のファーストフードの店を撮ってました。<br /><br />レストランの名前は「Gostilna Mahnic」です。

    鍾乳洞に入る前に昼食です。実は看板を撮影したつもりで、隣のファーストフードの店を撮ってました。

    レストランの名前は「Gostilna Mahnic」です。

  • サラダ。日本と食べるのとそんなに違いは感じません。

    サラダ。日本と食べるのとそんなに違いは感じません。

  • ビールはスベルトです。コクと苦みのビール。<br /><br />スロベニア、クロアチアのビールは、まずくはないですけど、すごく美味しいという感じではありませんでした。ドイツやバルト3国の方が平均点高し。

    ビールはスベルトです。コクと苦みのビール。

    スロベニア、クロアチアのビールは、まずくはないですけど、すごく美味しいという感じではありませんでした。ドイツやバルト3国の方が平均点高し。

  • メインディッシュはチキン・・・と言われたのですが、付け合わせのパスタの量が半端ない。

    メインディッシュはチキン・・・と言われたのですが、付け合わせのパスタの量が半端ない。

  • 肉は完食しましたが、さすがにパスタは無理。デザートのアイスに行きます。

    肉は完食しましたが、さすがにパスタは無理。デザートのアイスに行きます。

  • ラベンダーが有名?やたら紫の土産物がありました。

    ラベンダーが有名?やたら紫の土産物がありました。

  • ぞろぞろと鍾乳洞入り口まで歩きます。結構長蛇の列です。<br /><br />外は結構暑いのですが、洞窟内は12度くらいだそうで、皆さん羽織るものを持ってます。

    ぞろぞろと鍾乳洞入り口まで歩きます。結構長蛇の列です。

    外は結構暑いのですが、洞窟内は12度くらいだそうで、皆さん羽織るものを持ってます。

  • 10分ぐらい歩きましたかね。ようやく入り口に到着。ガイドの言語別にグループになります。我々は英語グループ。他にはスペイン語グループとかありました。

    10分ぐらい歩きましたかね。ようやく入り口に到着。ガイドの言語別にグループになります。我々は英語グループ。他にはスペイン語グループとかありました。

  • これは入り口前のパネル写真。一番深いところで地下223メートルだとか。<br />

    イチオシ

    これは入り口前のパネル写真。一番深いところで地下223メートルだとか。

  • 地下に川(レカ川)が流れています。正確には長い期間かけて石灰岩を川が浸食してきたわけです。

    地下に川(レカ川)が流れています。正確には長い期間かけて石灰岩を川が浸食してきたわけです。

  • 我々オレンジグループは同日程のブルーグループと合同で中に入ります。<br /><br />英語ガイドはマーラさん(配役:SHELLY)。ブルーグループのツアコンWTさん(バカリズム枡野)が翻訳しながらガイドレシーバーで案内します。WTさんの粘着質な解説、私は好きです(^o^)<br /><br />ではレッツゴー!

    イチオシ

    我々オレンジグループは同日程のブルーグループと合同で中に入ります。

    英語ガイドはマーラさん(配役:SHELLY)。ブルーグループのツアコンWTさん(バカリズム枡野)が翻訳しながらガイドレシーバーで案内します。WTさんの粘着質な解説、私は好きです(^o^)

    ではレッツゴー!

  • といったものの、残念ながら途中の写真なし。これは出口です。<br /><br />洞窟の長さは約6キロですが、歩くのは3キロぐらいです。所要時間は1時間半ぐらいでしたか。

    といったものの、残念ながら途中の写真なし。これは出口です。

    洞窟の長さは約6キロですが、歩くのは3キロぐらいです。所要時間は1時間半ぐらいでしたか。

  • 1986年11月にユネスコ世界遺産になりました。

    イチオシ

    1986年11月にユネスコ世界遺産になりました。

  • 出口を外から撮影。コウモリがいました。他にもクモとか小型のフクロウが生息しているらしいです。

    出口を外から撮影。コウモリがいました。他にもクモとか小型のフクロウが生息しているらしいです。

  • 外の地形も多少似ているので、写真を見ながら説明を。<br /><br />内部は「沈黙の洞窟」と言われる部分と「川の流れの洞窟」に分かれます。ざっくり言うと、入って前半が「沈黙」(川が流れていないので静か)で、後半が「川の流れ」です。<br /><br />

    外の地形も多少似ているので、写真を見ながら説明を。

    内部は「沈黙の洞窟」と言われる部分と「川の流れの洞窟」に分かれます。ざっくり言うと、入って前半が「沈黙」(川が流れていないので静か)で、後半が「川の流れ」です。

  • 「沈黙の洞窟」の途中にある大きな空間には、パイプオルガンのような鍾乳石のほか、巨人やクマに似た鍾乳石もありました。<br /><br />鍾乳石は石灰岩を含む水がポタポタと長い年月をかけて形成されたものです。そのスピードは100~150年で1センチ。気が遠くなるペースです。<br /><br />色も様々。鍾乳石がアルミと化合すると黄色に、マンガンと化合すると黒くなるそうです。<br /><br />「川の流れの洞窟」の方には水面から45メートルの高さに架かる橋がありました。絶壁の下にはレカ川が音を立てて流れています。まさに地下のグランドキャニオンです。本当に写真で見せられなくて残念。

    「沈黙の洞窟」の途中にある大きな空間には、パイプオルガンのような鍾乳石のほか、巨人やクマに似た鍾乳石もありました。

    鍾乳石は石灰岩を含む水がポタポタと長い年月をかけて形成されたものです。そのスピードは100~150年で1センチ。気が遠くなるペースです。

    色も様々。鍾乳石がアルミと化合すると黄色に、マンガンと化合すると黒くなるそうです。

    「川の流れの洞窟」の方には水面から45メートルの高さに架かる橋がありました。絶壁の下にはレカ川が音を立てて流れています。まさに地下のグランドキャニオンです。本当に写真で見せられなくて残念。

  • 実は1965年まで洞窟は水没していたらしいです。<br /><br />ちなみに、過去には地震で崩れたこともあるとか。最近では1200年前に天井が落ちたことが分かっています。<br /><br />紀元前に人が住んでいた形跡もありました。古代人の水飲み場とされる升形の石を見ました。

    実は1965年まで洞窟は水没していたらしいです。

    ちなみに、過去には地震で崩れたこともあるとか。最近では1200年前に天井が落ちたことが分かっています。

    紀元前に人が住んでいた形跡もありました。古代人の水飲み場とされる升形の石を見ました。

  • これは外の川ですが、洞窟内でもこんな感じで川を見下ろしながら歩く感じです。<br /><br />今は整備された道を歩くので恐怖を感じるような場所はないのですが、ところどころに残る「昔の観光用通路」は、とんでもない崖に道があったりして、それを見て少しびびりました。<br /><br />そうそう、スロベニア全体では8500もの洞窟があるとか。

    これは外の川ですが、洞窟内でもこんな感じで川を見下ろしながら歩く感じです。

    今は整備された道を歩くので恐怖を感じるような場所はないのですが、ところどころに残る「昔の観光用通路」は、とんでもない崖に道があったりして、それを見て少しびびりました。

    そうそう、スロベニア全体では8500もの洞窟があるとか。

  • 洞窟内はだいたい下りなので、最後はこういうケーブルカーで戻ります。

    洞窟内はだいたい下りなので、最後はこういうケーブルカーで戻ります。

  • こんな感じで登ります。

    こんな感じで登ります。

  • いっぺんに全員乗れないのでピストン輸送です。

    いっぺんに全員乗れないのでピストン輸送です。

  • 地上の展望台からはドリーネが見えます。ドリーネとは渓谷のことです。この写真だと分かりにくいので少し引いてみます。

    イチオシ

    地図を見る

    地上の展望台からはドリーネが見えます。ドリーネとは渓谷のことです。この写真だと分かりにくいので少し引いてみます。

  • 分かりますかね。急にボコンと陥没しているんです。教会があるところは下に鍾乳洞があるけども、渓谷のところは上が崩れているので川が見えるわけです。

    分かりますかね。急にボコンと陥没しているんです。教会があるところは下に鍾乳洞があるけども、渓谷のところは上が崩れているので川が見えるわけです。

  • 渓谷アップ。橋が見えますかね。

    渓谷アップ。橋が見えますかね。

  • ドリーネの仕組みを説明した看板。

    ドリーネの仕組みを説明した看板。

  • レカ川が鍾乳洞を流れて、いったん地上に出て、また地下に入ってアドリア海まで流れてますよ、と書かれてます。

    レカ川が鍾乳洞を流れて、いったん地上に出て、また地下に入ってアドリア海まで流れてますよ、と書かれてます。

  • 陥没する仕組みが詳しく解説されてます。

    陥没する仕組みが詳しく解説されてます。

  • この展望台があるところが「ステファニー・ポイント」です。ベルギー王家からオーストリア皇太子に嫁いだ人にちなんだ名前です。

    この展望台があるところが「ステファニー・ポイント」です。ベルギー王家からオーストリア皇太子に嫁いだ人にちなんだ名前です。

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

スロベニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スロベニア最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スロベニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

その他の観光地(スロベニア) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集