ベルリン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
バスとトラム、Sバーンで連邦議会議事堂からウンター・デン・リンデンをアレクサンダー広場まで散策。<br /><br />2019年のゴールデンウイークは10連休。出発を1日と数時間前倒しすると経由便ながら羽田→コペンハーゲン、フランクフルト→羽田のオープンジョーで、サーチャージや税もコミコミ8万円を切る航空券を見つけたのが前年の6月。羽田発や現地発の時間帯も良いので、まだ出発が10ヶ月以上先ではあるものの、先手を打って迷わずゲット。<br /><br />往復の機中泊を含めると11泊12日、現地滞在正味10日の旅の入り口にコペンハーゲン、出口にフランクフルトを選んだんだのは、デンマークとドイツの間の海峡で列車を連絡船(フェリー)に乗せて航送する渡り鳥ラインと呼ばれるコースに乗ってみたかったから。<br /><br />羽田から夜便で出発。デンマーク1日目は、深夜の乗り継ぎ便で朝にコペンハーゲン到着後、列車でオーデンセを往復。<br />https://4travel.jp/travelogue/11729848<br /><br />デンマーク2日目(ドイツ1日目)は、朝から列車でデンマークの隣国スウェーデンのマルメを往復後、コペンハーゲンから列車代行バスとフェリーによる列車航送を経てドイツのハンブルクへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11734827<br /><br />ドイツ2日目の午前は、ハンブルクから列車でハンザ都市のリューベックに向かいます。<br />https://4travel.jp/travelogue/11749966<br /><br />ドイツ2日目の午後は、リューベックからローカル列車で製塩業で栄えた街リューネブルクへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11750290<br /><br />ドイツ3日目の午前は、メクレンブルク=フィアボルン州の州都シュヴェリーンを観光。ロストク乗り継ぎでシュトラールズントへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11751162<br /><br />ドイツ3日目の午後は、バルト海に面した世界遺産、ハンザ同盟の街シュトラールズントを散策。<br />https://4travel.jp/travelogue/11751195<br /><br />ドイツ4日目の午前は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(前編)。<br />https://4travel.jp/travelogue/11752645<br /><br />ドイツ4日目の午後は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(後編)。その後、首都ベルリンへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11754572/<br /><br />ドイツ5日目の午前は、UバーンとSバーンに乗ってベルリンの壁とヴェルヘルム皇帝記念教会を見学後、ブランデンブルク門へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11758299<br /><br />ドイツ5日目の午後(その1)は、東ドイツ時代のディーゼル特急を見学後、保存鉄道のブッコー小鉄道の小さな電車に乗車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11758418<br /><br />ドイツ5日目の午後(その2)は、ブッコー小鉄道の終点ブッコー駅の保存車両とミニ鉄道博物館見学後ベルリンに戻ります。<br /><br /><br />ドイツ5日目の夜は、バスとトラム、Sバーンで連邦議会議事堂からウンター・デン・リンデンをアレクサンダー広場まで散策です。<br />【この旅行記です】<br /><br />ドイツ6日目の午前は、ベルリンからブダペスト行きのユーロシティーでドレスデンへ。Sバーンでバート・シャンダウに向かう際にキャッシングでぼったくりATMに遭遇。<br />https://4travel.jp/travelogue/11762492<br /><br />ドイツ6日目の午後(その1)は、東ドイツ時代の2軸の路面電車、ゴータカーが現役で活躍するキルニッツ渓谷鉄道でリヒテンハイネル滝に向かいます。<br />https://4travel.jp/travelogue/11762656

ドイツ鉄道の旅(その10 バスとトラム、Sバーンで夜の東ベルリンを散策)

19いいね!

2019/05/01 - 2019/05/01

456位(同エリア2304件中)

モボ101

モボ101さん

バスとトラム、Sバーンで連邦議会議事堂からウンター・デン・リンデンをアレクサンダー広場まで散策。

2019年のゴールデンウイークは10連休。出発を1日と数時間前倒しすると経由便ながら羽田→コペンハーゲン、フランクフルト→羽田のオープンジョーで、サーチャージや税もコミコミ8万円を切る航空券を見つけたのが前年の6月。羽田発や現地発の時間帯も良いので、まだ出発が10ヶ月以上先ではあるものの、先手を打って迷わずゲット。

往復の機中泊を含めると11泊12日、現地滞在正味10日の旅の入り口にコペンハーゲン、出口にフランクフルトを選んだんだのは、デンマークとドイツの間の海峡で列車を連絡船(フェリー)に乗せて航送する渡り鳥ラインと呼ばれるコースに乗ってみたかったから。

羽田から夜便で出発。デンマーク1日目は、深夜の乗り継ぎ便で朝にコペンハーゲン到着後、列車でオーデンセを往復。
https://4travel.jp/travelogue/11729848

デンマーク2日目(ドイツ1日目)は、朝から列車でデンマークの隣国スウェーデンのマルメを往復後、コペンハーゲンから列車代行バスとフェリーによる列車航送を経てドイツのハンブルクへ。
https://4travel.jp/travelogue/11734827

ドイツ2日目の午前は、ハンブルクから列車でハンザ都市のリューベックに向かいます。
https://4travel.jp/travelogue/11749966

ドイツ2日目の午後は、リューベックからローカル列車で製塩業で栄えた街リューネブルクへ。
https://4travel.jp/travelogue/11750290

ドイツ3日目の午前は、メクレンブルク=フィアボルン州の州都シュヴェリーンを観光。ロストク乗り継ぎでシュトラールズントへ。
https://4travel.jp/travelogue/11751162

ドイツ3日目の午後は、バルト海に面した世界遺産、ハンザ同盟の街シュトラールズントを散策。
https://4travel.jp/travelogue/11751195

ドイツ4日目の午前は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(前編)。
https://4travel.jp/travelogue/11752645

ドイツ4日目の午後は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(後編)。その後、首都ベルリンへ。
https://4travel.jp/travelogue/11754572/

ドイツ5日目の午前は、UバーンとSバーンに乗ってベルリンの壁とヴェルヘルム皇帝記念教会を見学後、ブランデンブルク門へ。
https://4travel.jp/travelogue/11758299

ドイツ5日目の午後(その1)は、東ドイツ時代のディーゼル特急を見学後、保存鉄道のブッコー小鉄道の小さな電車に乗車。
https://4travel.jp/travelogue/11758418

ドイツ5日目の午後(その2)は、ブッコー小鉄道の終点ブッコー駅の保存車両とミニ鉄道博物館見学後ベルリンに戻ります。


ドイツ5日目の夜は、バスとトラム、Sバーンで連邦議会議事堂からウンター・デン・リンデンをアレクサンダー広場まで散策です。
【この旅行記です】

ドイツ6日目の午前は、ベルリンからブダペスト行きのユーロシティーでドレスデンへ。Sバーンでバート・シャンダウに向かう際にキャッシングでぼったくりATMに遭遇。
https://4travel.jp/travelogue/11762492

ドイツ6日目の午後(その1)は、東ドイツ時代の2軸の路面電車、ゴータカーが現役で活躍するキルニッツ渓谷鉄道でリヒテンハイネル滝に向かいます。
https://4travel.jp/travelogue/11762656

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • オストクロイツで乗り換えたSバーンで、アレクサンダー広場まで戻ってきました。駅前を行き交うトラムはボンバルディアの低床連節車に統一されたらしく、前回2014年に乗った東ドイツ時代からのチェコスロバキア製、冷房無しで高床のタトラカーは、もう引退したのか見かけませんでした。

    オストクロイツで乗り換えたSバーンで、アレクサンダー広場まで戻ってきました。駅前を行き交うトラムはボンバルディアの低床連節車に統一されたらしく、前回2014年に乗った東ドイツ時代からのチェコスロバキア製、冷房無しで高床のタトラカーは、もう引退したのか見かけませんでした。

  • 広場の周辺をウロウロ。真ん中に塔のあるアルテス・シュタットハウスは、ベルリン旧市庁舎。

    広場の周辺をウロウロ。真ん中に塔のあるアルテス・シュタットハウスは、ベルリン旧市庁舎。

  • メーデーの行事なのか、今朝は何もなかったアレクサンダー広場に多くの仮設の店舗。12月になると、この店がそのままクリスマスマーケットになって並ぶのかも。

    メーデーの行事なのか、今朝は何もなかったアレクサンダー広場に多くの仮設の店舗。12月になると、この店がそのままクリスマスマーケットになって並ぶのかも。

  • ベルリン名物カレーヴルスト(焼きソーセージを刻みケチャップとカレー粉で味付け)やドネルケバブなどをテイクアウトしてホテルの部屋に戻り、

    ベルリン名物カレーヴルスト(焼きソーセージを刻みケチャップとカレー粉で味付け)やドネルケバブなどをテイクアウトしてホテルの部屋に戻り、

  • ビールとともに簡単な夕食に。

    ビールとともに簡単な夕食に。

  • 5月初めのベルリンの日没は20時半過ぎ。太陽は西に傾いてきたけど、まだまだ明るいアレクサンダー広場。今朝買った、ベル新市内の交通機関に使える1日券がまだ有効なので、ツォー駅行き100系統の二階建てバスに乗って、

    5月初めのベルリンの日没は20時半過ぎ。太陽は西に傾いてきたけど、まだまだ明るいアレクサンダー広場。今朝買った、ベル新市内の交通機関に使える1日券がまだ有効なので、ツォー駅行き100系統の二階建てバスに乗って、

  • 下車したのがドイツ連邦議会議事堂の前。

    下車したのがドイツ連邦議会議事堂の前。

  • 第二次世界大戦で、先にベルリンを占領したソ連が主要部を押さえてしまったので、中心部の主な施設はほとんどが旧東ベルリン側に所属。19世紀末に完成したドイツ帝国議会議事堂だけは、ベルリンの壁のすぐ西側。でも、西ドイツの首都はボンだったので、ここがドイツ連邦議会議事堂として整備されたのは、東西統一から10年後の1999年。第二次世界大戦で焼け落ちて無くなっていた中央部の円蓋屋根は、中が透けて見えるガラス製で再建。

    第二次世界大戦で、先にベルリンを占領したソ連が主要部を押さえてしまったので、中心部の主な施設はほとんどが旧東ベルリン側に所属。19世紀末に完成したドイツ帝国議会議事堂だけは、ベルリンの壁のすぐ西側。でも、西ドイツの首都はボンだったので、ここがドイツ連邦議会議事堂として整備されたのは、東西統一から10年後の1999年。第二次世界大戦で焼け落ちて無くなっていた中央部の円蓋屋根は、中が透けて見えるガラス製で再建。

  • ドイツ連邦議会議事堂からベルリンの象徴ブランデンブルク門までは、わずか200mほど。門の場所は旧東ベルリンだったので、その間に西ベルリンの周囲155kmを取り囲んでいたベルリンの壁があり、門をくぐれるようになったのは壁の崩壊後。

    ドイツ連邦議会議事堂からベルリンの象徴ブランデンブルク門までは、わずか200mほど。門の場所は旧東ベルリンだったので、その間に西ベルリンの周囲155kmを取り囲んでいたベルリンの壁があり、門をくぐれるようになったのは壁の崩壊後。

  • ブランデンブルク門の前はクルマが入れないよう、車道に屈強な二重のガード。前回の訪問時にはなかったので、クルマで突っ込むテロ対策でしょう。

    ブランデンブルク門の前はクルマが入れないよう、車道に屈強な二重のガード。前回の訪問時にはなかったので、クルマで突っ込むテロ対策でしょう。

  • ブランデンブルク門から東に延びる大通りは、ウンター・デン・リンデン。その名のとおり、街路樹が菩提樹の通りをアレクサンダー広場に向けて戻ります。<br /><br />通りの南側に、石畳のへーベル広場。北側には名門校フンボルト大学の本館。<br />

    ブランデンブルク門から東に延びる大通りは、ウンター・デン・リンデン。その名のとおり、街路樹が菩提樹の通りをアレクサンダー広場に向けて戻ります。

    通りの南側に、石畳のへーベル広場。北側には名門校フンボルト大学の本館。

  • へーベル広場に面して建つフンボルト大学法学部は、旧王立図書館。

    へーベル広場に面して建つフンボルト大学法学部は、旧王立図書館。

  • 広場の向かい側は、オペラハウスのベルリン国立歌劇場。

    広場の向かい側は、オペラハウスのベルリン国立歌劇場。

  • その隣。屋根に十字架が乗るのは、聖ヘドウィッヒ聖堂。

    その隣。屋根に十字架が乗るのは、聖ヘドウィッヒ聖堂。

  • ウンター・デン・リンデンに戻り、アレクサンダー広場に向けてシュロス橋を渡ると、そこはシュプレー川の中州の博物館島。ライトアップに浮かび上がるのは、ベルリン大聖堂。

    ウンター・デン・リンデンに戻り、アレクサンダー広場に向けてシュロス橋を渡ると、そこはシュプレー川の中州の博物館島。ライトアップに浮かび上がるのは、ベルリン大聖堂。

  • その横には、列柱の内部がライトアップされた旧博物館。この島には5箇所の博物館があるのだとか。

    その横には、列柱の内部がライトアップされた旧博物館。この島には5箇所の博物館があるのだとか。

  • 二手に分かれたシュプレー川を、もう一度渡ると、DDR(東ドイツ)博物館。

    二手に分かれたシュプレー川を、もう一度渡ると、DDR(東ドイツ)博物館。

  • そのすぐ先には、聖マリエン教会とテレビ塔。アレクサンダー広場の近くまで戻ってきました。

    そのすぐ先には、聖マリエン教会とテレビ塔。アレクサンダー広場の近くまで戻ってきました。

  • 1時間コースで一周して、空にはまだ薄明かりが残る21時半。ちょうど目の前にトラムの停留所があったので、交差点を曲がってきた電車に乗ってみたら、

    1時間コースで一周して、空にはまだ薄明かりが残る21時半。ちょうど目の前にトラムの停留所があったので、交差点を曲がってきた電車に乗ってみたら、

  • すぐに終点の Hackescher Markt に着いて降ろされてしまった。ここはY字型の交差点になっていいて、続いて来たトラムに乗車。

    すぐに終点の Hackescher Markt に着いて降ろされてしまった。ここはY字型の交差点になっていいて、続いて来たトラムに乗車。

  • いずれもボンバルディア製の7車体連節全低床車。車内には自動券売機もあります。

    いずれもボンバルディア製の7車体連節全低床車。車内には自動券売機もあります。

  • GoogleMap を見ていると、フリードリッヒ通り駅前に停まったので、ここで降りてSバーンに乗り換え、すっかり暗くなったアレクサンダー広場駅に戻ってきました。

    GoogleMap を見ていると、フリードリッヒ通り駅前に停まったので、ここで降りてSバーンに乗り換え、すっかり暗くなったアレクサンダー広場駅に戻ってきました。

  • 駅前のトラム乗り場と地下鉄Uバーンの入口。

    駅前のトラム乗り場と地下鉄Uバーンの入口。

  • この時間になると、駅前を快走するトラムも空いています。

    この時間になると、駅前を快走するトラムも空いています。

  • ライトアップされたマリエン教会の向こうに、ベルリン大聖堂のドーム。

    ライトアップされたマリエン教会の向こうに、ベルリン大聖堂のドーム。

  • 漆黒の空にそびえるテレビ塔。

    漆黒の空にそびえるテレビ塔。

  • ライトアップされた赤の市庁舎を見て、ホテルに戻ります。

    ライトアップされた赤の市庁舎を見て、ホテルに戻ります。

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集