ベルリン 旅行 クチコミガイド

ベルリン ~ベルリンの壁の建設から崩壊までの激動の歴史を持つ街

日本との時差は8時間(サマータイムは7時間)、年間を通じて湿度が低く降水量もさほど多くない。夏でも比較的過ごしやすいが冬の寒さは厳しく防寒対策が必要。ベルリンとドイツの再統一のシンボルブランデンブルク門、博物館島を代表するペルガモン博物館、プロテスタント教会としてはドイツ最大のベルリン大聖堂が人気のスポットです。

ピックアップ特集

ベルリン旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり450円~

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 659 件

観光 クチコミ人気ランキング 155 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 162 件

ドイツでおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 2,303 件

  • 2013年 ドイツ旅行記 2:分断と統一の街

    • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2013/10/26 -  2013/10/26 (約8年前)

      1.終戦と壁の誕生1945年5月8日、ドイツ軍は連合国に対して無条件降伏し、欧州戦線における第二次世界大戦は終了する。終戦後、ドイツはアメリカ・イギリス・フランス・ソ連の4ヶ国によって分割占領され、首都ベルリンも分割された。1948年、米英仏占領地域が独自に通貨改革を行うと、これに対抗したソ連がベルリンの米英仏占領地区へ繋がる陸路を完全に遮断(ベルリン封鎖)する。アメリカはこれに対して食料物資を空輸することで封鎖を崩し、ソ連もすぐに封鎖を解いたが、両者の溝は埋まることはなかった。1949年5月、米英仏占領地域にドイツ連邦共和国(西ドイツ)が成立、これを受けて10月には、ソ連占領地区にドイツ民主... もっと見る(写真81枚)

    • 2019秋旅「Little BIG City」って知っていますか?(その3)☆「第三帝国」と「分断されたベルリン」

      • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2019/10/02 -  2019/10/02 (約2年前)

        2019秋旅は今回で最終回です、なんて先日フランクフルト編で終わったはずなのに、まだ未練たらしく続きを書いております。2年前の秋旅は70歳を越えたシニア夫婦の二人旅、体力的にも観光名所をバタバタ回るのは疲れるから、美術館や博物館をのんびりと鑑賞する旅にしよう、と言う予定で出かけました。旅行記の方は一連の流れは終了しましたが、美術館・博物館はポツンポツンと書き残しがあります。気が向いたときにそれらを見つけ出して、備忘録として書き綴りたいと思います。さて、表題の「Little BIG City」って知っていますか?ですが、「その1」「その2」は終わっておりますので、今回はその3「現代歴史編」です。... もっと見る(写真95枚)

      • ベルリン市内空港フランクフルト、Berlin life, BER Frankfurt airport and Haneda Airport

        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2021/07/14 -  2021/09/24 (約3ヶ月前)

          ベルリン市内、空港、フランクフルト、羽田空港2021年9月における、ベルリン、フランクフルト、羽田空港について、報告したいと思います。状況は刻々変わるので注意が必要です。今年のベルリンの夏はとても寒くて、8月からセーター2枚着込んでいました。ベルリンは、屋外の活動はほぼ通常通りでしたが、レストランの屋内での食事やコンサートは、P C Rテストの結果かバチネーション証明が必要で、これは、前者は市内のあちこちにある、無料検査場で受けられて、結果は20分後ぐらいしたらもらえます。この制度は10月10日以降は有料になるようです。また場所によっては、住所氏名連絡先の記入が求められます。ただ、いい加減なと... もっと見る(写真0枚)

        • コロナ禍、久々の長距離列車移動でベルリン行。超満員でびっくりしたが、隣り席の母娘は朝から発泡酒

          • 同行者:一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2021/09/09 -  2021/09/13 (約1ヶ月前)

            特急列車(ICE)で旅行したのは一体いつだったろうか、思い出せないくらい昔?だが、ベルリンは2019年大晦日のベルリンフィル以来なのでほぼ2年近い。しかも、夏場に行ったことは稀で、明るいイメージのベルリンに出会えるかが楽しみ。ただ仕事がらみなので美術館などを訪問するまとまった時間はなく、街歩きが主流になるだろう。スケジュールの詳細がなかなか決まらず陸路にした。行きの列車は満杯の稼働率120%!まるでクリスマス前の帰省列車のように廊下に立っている人も多かったのにはびっくりした。列車の中も、飛行機や商店内のようにマスク着用が義務付けられている。FFP2マスクと言って、不織布を何枚も重ねた頑丈なもの... もっと見る(写真47枚)

          • 北ドイツの小さな街めぐり(7)ベルリン後編

            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2019/07/12 -  2019/07/19 (約2年前)

              「通常のドイツツアーでは訪れることの少ない街へご案内」この一言で、北ドイツのツアーに参加しました。 7回目も、首都ベルリンです。前編では、ツアーではあまり立ち寄らないヴィルヘルム皇帝記念教会と、ベルリン大聖堂を訪れました。後編では、「イーストサイドギャラリー」、所謂「ベルリンの壁」と「テロのトポグラフィー」、そして「チェックポイント・チャーリー」を巡って、OST(東)ドイツの負の遺産を見て行きます。その後、ブランデンブルク門を見て市内観光は終了します。午後からは、新旧のサンスーシー宮殿に行きますが、それは次回にします。 サンスーシー宮殿からベルリンに戻って、また個人的にウンターデンリンデン通り... もっと見る(写真104枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            Q&A掲示板 145

            ベルリンについて質問してみよう!

            行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

            実結樹

            Daisy

            だり

            tsutom

            hama

            あの街から

            おり

            Charlie Bird

            chiko

            旅熊 Kokaz

            彦左衛門

            mondo

            マイク

            beach

            琉球ポン太

            …他

            • ベルリンinウィーンout11日間の移動とホテルいつでも

              投稿:2019/12/26 回答:9

              mi

              はじめまして。今年のGWに休みを繋げて11日間で旅行予定です。ベルリンinウィーンoutの航空券は手配済み。ベルリン~ドレスデン~ライプツィヒ~プラハ~ウィーンの流れで巡ろうと考えていますが、個人手配の旅行が初めてのため、移動手段やおすすめのホテルなどあれば詳しいみなさまに教えて頂きたいと思っています。ヨーロッパはフリーツアー(航空券+ホテルのみのパックツアー)で何度か訪れており、ウィーンは2回目、ドイツやプラハは初です。クラシックファンで、ウィーンフィルのチケットは手配済み... (もっと見る) by mi さん

              marillen

              はじめまして。時期は違うのですが・・・ライプツィヒ〜ドレスデン〜プラハ〜ウィーンをクリスマスにしたことがあります。なので・・・はじめの旅程、ベルリン〜ライプツィヒ〜ドレスデンにできないでしょうか?乗り換えを考えるとこの旅程なら乗換なしでそれぞれ行けるので。ベルリン〜ライプツィヒは乗換なしの電車を選べば1時間10分。早割で20ユーロ前後、正規でも50ユーロ。https://4travel.jp/... (もっと見る) by marillen さん

              締切済

            • 「かつての東ドイツ:ルター諸都市・Berlin・Dresdenなどを巡る旅」期間 : 2011年05月13日(金)~05月27日(金)15日間5月17日(火);午前中小雨、のち曇り、夕方に晴間、18℃、104km10:30には昨日停めた博物館島近くのDorotheenstrasseパークハウス(Euro7)に到着した。今日の市内観光の目玉は博物館島である。<Berlinベルリン観光②>  10:30~15:30世界遺産;Museumsinselムゼウムスインゼル(1999年)首都ベルリンの観光スポット。南北に流れるシュプレー川の中州にある。ブランデンブルク門から東に伸びるウンター・デン・リンデン街を境とする北半分の地区を指す。Altes Museum旧博物館、Neues Museum新博物館、Alte National Gallerie旧ナショナルギャラリー、Bode Museumボーデ博物館、Pergamon Museumペルガモン博物館の5つの博物館・美術館が集まっている事から「博物館島」と呼ばれる。博物館島の博物館巡りは次の3つ新博物館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館にしぼった。...

            • 野菜や果物も豊富で魚屋、肉屋も当然あり、値段も手頃な気がする。衣類や蜂蜜などもあって軽く食事ができる屋台もある。ノレンドルフという土地柄か、周囲のカフェなんかの雰囲気とあいまって、とてもノンビリしていて、かなり自由な感じがする市場である。そして、クッキー型ばかりの屋台で膨大な量の型が売られていたり、刃物の専門店がトラックで横付けした店舗があったりとユニークな店も多い。

            • ヴィッテンベルクプラッツには週に3回も各店が新鮮な食材を持ち寄った市がたつ。こちらは逗留した宿が付近だったのと、百貨店 KaDeWeにも近く、市の立つ広場に面してスーパーやカフェが建ち並んでいたので、何度も立ち寄った。宿のそばにこういう市場があるのは至極便利だ。肉、チーズなどに加えて、旬のものが並び、手工芸品やイートインのお店もある。市場というのは不思議なもので、活気に満ちているせいか、普段は大人しいドイツ人も饒舌で、カメラを手にしているだけで「俺を撮れ」と市場の方に声をかけられた。詳細はコチラから↓https://jtaniguchi.com/farmers-market-markt-marche-souk/

            • 「かつての東ドイツ:ルター諸都市・Berlin・Dresdenなどを巡る旅」期間 : 2011年05月13日(金)~05月27日(金)15日間5月16日(月);1日中小雨、午後には晴間もあった。15℃、107kmBerlinベルリン観光①:10:45~17:00  人口343万人。ベルリンはドイツ連邦共和国の首都である。ベルリン州と称しているが、特別市なのだ。ベルリンという名前はスラブ語で池や湿地を意味する「Berljina」(ベルジーナ)からきていると云われている。ブランデンブルク門から豪華な?!ショッピング街、Unter den Lindenウンター・デン・リンデン通りが、フリードリヒ大王の騎馬像、シュロス橋まで続いている。〖Unter den Lindenウンター・デン・リンデン通り〗中央部にLinde菩提樹の並木道が1.4kmほど続く。左右の道を行って帰ってきながら、Mercedes-Benz Galleryメルセデス・ベンツのギャラリー(2009年秋にオープンしたもので、かつての名車や現代の超高級車を展示していた)やマイセンの店をのぞいた。唯、菩提...

            • 豪華な部屋とサービスに大満足

              5.0 旅行時期:2019/07 (1ヶ月以内)

              ミズ旅撮る人

              ミズ旅撮る人さん(女性)

              インターコンチネンタル ベルリンのクチコミ

              広い部屋にすっきりとした内装でドイツらしいです。バスルームは、トイレがちょっと離れていて使いやすいです。バスタブにはガラス窓があって、ベッドルームが見えます(シャッターあり)。シャワーカーテンは無く、ガラス扉が付いています。部屋には、ネッスルのバリスタのようなコーヒーメーカーがあり、5種類のカプセルが供されていました。朝食会場は天井画巨大なステンドグラスで、豪華です。もちろんメニューも豊富過ぎて、全種類食べるには3泊はしないとというくらいです。中華メニューもあるので、朝粥が食べられます。ドイツパンの美味しさは言うまでもなく、コックさんがいるので、卵料理をその場で作ってくれます。ツォー駅までは1kmくらいですが、目の前を100番のバスが走っているので、ウンターデンリンデン通りにも楽に行かれます。

            ベルリン のクチコミ一覧(4,163)

            基本情報

            どんなとこ?

            ドイツの北西に位置する首都。面積は約890平方kmとパリの9倍ほどあり、中央を流れるシュプレー川両岸から開けた平野部には、緑にあふれた市街が広がる。整然と立ち並ぶ街路樹に、多くの公園。街の中央に位置するティーアガルテンは、大都市の公園としては最大規模だ。郊外に足をのばせば、ミューゲルゼー、ヴァンゼーなど多くの湖が点在する。ベルリンは、17世紀以降、プロイセン王国の首都として発展を遂げてきた。1871年のドイツ帝国(第2帝国)建設に際し、帝国の首都となってからは、より大きく繁栄した。しかしヒトラーの出現でその繁栄にもかげりが訪れ、第二次世界大戦では壊滅的な打撃を受け、1945年にベルリン陥落。以後2つの国家に分割され、1990年にベルリンの壁が崩壊された。今でもシュプレー川沿いにベルリンの壁の一部が残っている。

            日本からのアクセス

            日本からの直行便は運航していないので、フランクフルトや国内各都市からの乗り継ぎ便を利用。フランクフルトから空路1時間。鉄道ICE利用の場合は、フランクフルトから4時間5分。

            時差

            日本との時差は-8時間。ドイツの方が遅れている。サマータイム期間(2014/3/30〜2014/10/26)は-7時間。

            空港から市内へのアクセス

            シェーネフェルト空港(SCHOENEFELD AIRPORT:SXF)から18KM、列車30分 3.00ユーロ。テーゲル空港(TEGEL AIRPORT:TXL)から8KM、バス20分 2.30ユーロ。

            市内電話料金

            公衆電話:コイン式とカード式がある。

            ベルリン 地図

            ベルリントラベラーランキング

            投稿数が多いトラベラー

            クチコミの多いトラベラー

            旅行記の多いトラベラー

            Q&A回答の多いトラベラー

            4Tポイントを貯めよう

            チャンスは一日一回。
            エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

            4Tポイントとは?


            PAGE TOP