名古屋港旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 水陸両用バスが名古屋に初めて登場しました。<br />「名古屋マリンライダー」は話題性もあり11月2日に運行開始された当初はずっと予約が取れなかったのですが、1ヶ月以上経過したので再度チャレンジしたところ12月11日に飛鳥Ⅱが入出港する日に乗車することが出来ました。<br />『でら爽快!!陸と海を巡る超バス体感』というキャッチフレーズに惹かれて都市観光×港クルーズという面白いバスツアーを体験してきました。<br /><br /><br />

水陸両用バスのマリンライダーに乗って出港していく飛鳥Ⅱをお見送り

21いいね!

2021/12/11 - 2021/12/11

223位(同エリア707件中)

旅行記グループ 名古屋港

0

50

夢道乗光

夢道乗光さん

この旅行記のスケジュール

2021/12/11

この旅行記スケジュールを元に

 水陸両用バスが名古屋に初めて登場しました。
「名古屋マリンライダー」は話題性もあり11月2日に運行開始された当初はずっと予約が取れなかったのですが、1ヶ月以上経過したので再度チャレンジしたところ12月11日に飛鳥Ⅱが入出港する日に乗車することが出来ました。
『でら爽快!!陸と海を巡る超バス体感』というキャッチフレーズに惹かれて都市観光×港クルーズという面白いバスツアーを体験してきました。


同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • これから乗るマリンライダーにご対面!<br />マリンライダーは観光バス会社の鯱バスが運行しています。<br /><br /><マリンライダー概要><br />車長:11.94m、車幅:2.48m、車高:3.77m、、重量:8932kg、<br />用途:旅客船、船舶の種類:小型船舶、<br />乗車人数:42人(運転手、ガイド含む)

    これから乗るマリンライダーにご対面!
    マリンライダーは観光バス会社の鯱バスが運行しています。

    <マリンライダー概要>
    車長:11.94m、車幅:2.48m、車高:3.77m、、重量:8932kg、
    用途:旅客船、船舶の種類:小型船舶、
    乗車人数:42人(運転手、ガイド含む)

    中部電力 MIRAI TOWER 名所・史跡

  • 真正面から撮影。<br />名古屋では水陸両用バスは初めて登録なので車両の登録ナンバーも『1』。

    真正面から撮影。
    名古屋では水陸両用バスは初めて登録なので車両の登録ナンバーも『1』。

  • 斜め前から撮影。

    斜め前から撮影。

  • 後輪部を下からのぞいて見ました。

    後輪部を下からのぞいて見ました。

  • 名古屋テレビ塔(中部電力MIRAI TOWER)下にあるマリンライダーの栄チケット売場<br />

    名古屋テレビ塔(中部電力MIRAI TOWER)下にあるマリンライダーの栄チケット売場

  • マリンライダーの走行ルート&料金プラン

    マリンライダーの走行ルート&料金プラン

  • マリンライダーの乗車チケット・・・80分間乗車<br />栄⇒名古屋港行きの乗車チケット3,500円(大人・税込)

    マリンライダーの乗車チケット・・・80分間乗車
    栄⇒名古屋港行きの乗車チケット3,500円(大人・税込)

  • 後ろを撮影。

    後ろを撮影。

  • 推進用のスクリューを開けて見せてもらいました。

    推進用のスクリューを開けて見せてもらいました。

  • 水陸両用なのでタイヤとスクリューが見えるのが面白い!

    水陸両用なのでタイヤとスクリューが見えるのが面白い!

  • 乗車するためのタラップを降ろしています。<br />見ているだけで舟に乗る気分になってきます。

    乗車するためのタラップを降ろしています。
    見ているだけで舟に乗る気分になってきます。

  • 水陸両用なのでハンドルの右隣に舵があるのが面白い!<br />ハンドルにはISUZUのマーク。<br />当日は満席でしたが、運よく運転手さんの後ろの最前列席に座れました。

    水陸両用なのでハンドルの右隣に舵があるのが面白い!
    ハンドルにはISUZUのマーク。
    当日は満席でしたが、運よく運転手さんの後ろの最前列席に座れました。

  • マリンライダーの後部から前方を見た車内<br />

    マリンライダーの後部から前方を見た車内

  • 陸上を走っている時は必ずシートベルトを着用し、海上では逆に緊急時に直ぐ脱出できるようシートベルトは外さなければなりません。

    陸上を走っている時は必ずシートベルトを着用し、海上では逆に緊急時に直ぐ脱出できるようシートベルトは外さなければなりません。

  • サービス精神満点の運転手さん兼船長さん<br />名古屋の二刀流の運転手さん!!!

    サービス精神満点の運転手さん兼船長さん
    名古屋の二刀流の運転手さん!!!

  • さすが観光バスのガイドさんだけあって愛嬌たっぷりで観光ガイドも分かりやすい<br />側面は窓枠だけでガラスがなく視界は良いですが、風が吹き抜けるので寒~い!

    さすが観光バスのガイドさんだけあって愛嬌たっぷりで観光ガイドも分かりやすい
    側面は窓枠だけでガラスがなく視界は良いですが、風が吹き抜けるので寒~い!

  • 何かのライブを観に来ていた大勢の観衆の視線がこの水陸両用バスに向けられ手を振ってくれる人も。

    何かのライブを観に来ていた大勢の観衆の視線がこの水陸両用バスに向けられ手を振ってくれる人も。

  • 名古屋三越の屋上にある日本一古い観覧車。<br />子供の頃に乗った事があり、50年位前からあるから凄~い!

    名古屋三越の屋上にある日本一古い観覧車。
    子供の頃に乗った事があり、50年位前からあるから凄~い!

    C3 名古屋三越店 グルメ・レストラン

  • 名古屋三越・観覧車の直ぐ近くにあるサンシャインサカエの観覧車前を通過<br />名古屋市・愛知県内には13基の観覧車があり、その数は全国一らしい。<br />

    名古屋三越・観覧車の直ぐ近くにあるサンシャインサカエの観覧車前を通過
    名古屋市・愛知県内には13基の観覧車があり、その数は全国一らしい。

    サンシャイン サカエ ショッピングモール

  • 名古屋名物みそかつの矢場とん矢場町本店前を通過

    名古屋名物みそかつの矢場とん矢場町本店前を通過

    名古屋名物 みそかつ 矢場とん 矢場町本店 グルメ・レストラン

  • 窓のないオープンバスなので、鰻を焼く香ばしい香りが漂ってきました。<br />よく見たら「ひつまぶし」で有名な蓬莱軒。<br />

    窓のないオープンバスなので、鰻を焼く香ばしい香りが漂ってきました。
    よく見たら「ひつまぶし」で有名な蓬莱軒。

    あつた蓬莱軒 本店 グルメ・レストラン

  • ガーデンふ頭には飛鳥Ⅱが入港しており、飛鳥Ⅱが出迎えてくれました。

    ガーデンふ頭には飛鳥Ⅱが入港しており、飛鳥Ⅱが出迎えてくれました。

    名古屋港ポートビル 名所・史跡

  • ガーデンふ頭の名古屋港乗り場で停車中のマリンライダーを前からパチリ。

    ガーデンふ頭の名古屋港乗り場で停車中のマリンライダーを前からパチリ。

  • ガーデンふ頭の名古屋港乗り場で停車中のマリンライダーを真横からパチリ。

    ガーデンふ頭の名古屋港乗り場で停車中のマリンライダーを真横からパチリ。

  • 普通のバスとは違うので救命胴衣着用説明の掲示もあります。

    普通のバスとは違うので救命胴衣着用説明の掲示もあります。

  • 海上では子供は救命胴衣着用が義務付けられており、ここで救命胴衣を着用。<br />来年からは大人も救命胴衣着用が義務付けされるらしい。

    海上では子供は救命胴衣着用が義務付けられており、ここで救命胴衣を着用。
    来年からは大人も救命胴衣着用が義務付けされるらしい。

  • ホーサー(係留ロープ)も装備され、さすが水陸両用バス<br />

    ホーサー(係留ロープ)も装備され、さすが水陸両用バス

  • 今日見る3つ目の観覧車:名古屋港のシートレインランドの観覧車<br />

    今日見る3つ目の観覧車:名古屋港のシートレインランドの観覧車

    名古屋港シートレインランド テーマパーク

  • いよいよマリンライダーは海に飛び込みます。

    いよいよマリンライダーは海に飛び込みます。

  • これから海水に!<br />ガイドさんは しゃがみこんでダイビングに備えます。

    これから海水に!
    ガイドさんは しゃがみこんでダイビングに備えます。

  • ガイドさんと乗客の「三、二、一、ライダー!」の掛け声とともにマリンライダーは海に進み、ドカーンと水しぶきがあがり、浮かぶと歓声が湧きました。

    ガイドさんと乗客の「三、二、一、ライダー!」の掛け声とともにマリンライダーは海に進み、ドカーンと水しぶきがあがり、浮かぶと歓声が湧きました。

  • 新聞に載っていたマリンライダーの飛び込みシーン

    新聞に載っていたマリンライダーの飛び込みシーン

  • マリンライダーは海水に浸かりこれからスクリューで進んでいきます。

    マリンライダーは海水に浸かりこれからスクリューで進んでいきます。

  • 海上では運転手さんは船長に変身し、ハンドルから舵を操作。

    海上では運転手さんは船長に変身し、ハンドルから舵を操作。

  • 坊やは救命胴衣を身に付けて船長の隣りでVIP待遇

    坊やは救命胴衣を身に付けて船長の隣りでVIP待遇

  • 船尾のスクリューが回って進んでいるシーン。

    船尾のスクリューが回って進んでいるシーン。

  • 岸壁の前まで進んで来たら、タイムリーに飛鳥Ⅱが離岸し出港するところでした。

    岸壁の前まで進んで来たら、タイムリーに飛鳥Ⅱが離岸し出港するところでした。

  • 陸上を走っている時はシートベルト着用で動けませんでしたが、海上では逆に緊急時に直ぐ脱出できるようシートベルトは外さなければなりません。<br />お蔭で車内を動き回れ、飛鳥Ⅱを撮りたい放題!

    陸上を走っている時はシートベルト着用で動けませんでしたが、海上では逆に緊急時に直ぐ脱出できるようシートベルトは外さなければなりません。
    お蔭で車内を動き回れ、飛鳥Ⅱを撮りたい放題!

  • 名古屋港ポートビルと飛鳥Ⅱのツーショット<br />窓ガラス越しでないので綺麗に写真が撮れます。

    名古屋港ポートビルと飛鳥Ⅱのツーショット
    窓ガラス越しでないので綺麗に写真が撮れます。

  • 飛鳥Ⅱの雄姿をパチリ

    飛鳥Ⅱの雄姿をパチリ

  • 飛鳥Ⅱを真正面からパチリ<br />飛鳥Ⅱはこんな顔をしています。

    飛鳥Ⅱを真正面からパチリ
    飛鳥Ⅱはこんな顔をしています。

  • 飛鳥Ⅱは前に進み始めました。

    飛鳥Ⅱは前に進み始めました。

  • 飛鳥Ⅱの真横からパチリ。

    飛鳥Ⅱの真横からパチリ。

  • 飛鳥Ⅱはクリスマスクルーズで神戸に向けて遠ざかって行きました。

    飛鳥Ⅱはクリスマスクルーズで神戸に向けて遠ざかって行きました。

  • 20分間の水上バスの後、陸上に上がっていきます。

    20分間の水上バスの後、陸上に上がっていきます。

  • 陸上に上がったら防錆対策の為に早速海水を水で洗い流します。<br />

    陸上に上がったら防錆対策の為に早速海水を水で洗い流します。

  • 相当念入りに洗い流さないとすぐに錆がつくらしい。

    相当念入りに洗い流さないとすぐに錆がつくらしい。

  • 今度は船長さん洗浄マンに変身です。<br />三刀流で大忙し!!!<br />

    今度は船長さん洗浄マンに変身です。
    三刀流で大忙し!!!

  • 大手ふ頭で上陸してから築地口経由で名古屋港に戻って行きます。<br />築地口の交差点角の噴水には南極観測船ふじの予備用の錨が鎮座。

    大手ふ頭で上陸してから築地口経由で名古屋港に戻って行きます。
    築地口の交差点角の噴水には南極観測船ふじの予備用の錨が鎮座。

  • ガーデンふ頭の名古屋港乗り場でタラップを降りて下車。<br /><br />水陸両用のマリンライダーに乗って名古屋遊覧した後、出港していく飛鳥Ⅱを色々な角度から撮影出来て満足でした。<br /><br />マリンライダーのHP<br />https://www.shachi-bus.com/marine/

    ガーデンふ頭の名古屋港乗り場でタラップを降りて下車。

    水陸両用のマリンライダーに乗って名古屋遊覧した後、出港していく飛鳥Ⅱを色々な角度から撮影出来て満足でした。

    マリンライダーのHP
    https://www.shachi-bus.com/marine/

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

名古屋港

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP