その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<2013年秋・ドイツ・ベネルックスの旅><br />ドイツ・メルヘン街道、ミュンスターラントの水城と、オランダ・マーストリヒト、ベルギー・ルクセンブルクのアルデンヌ地方の古城を巡る旅<br />期間 :2013年10月14日(月)~10月28日(月)15日間<br /><br />①2013年秋のドイツ1:無人となった古城ホテル ビューディンゲン城のお客は私共だけ。<br />②2013年秋のドイツ2:カエル戦争伝説の城を発ち、メルヘン街道を北に向かう。<br />③2013年秋のドイツ3:フリッツラーとヴィルドゥンゲンの木組みの家並み、山上のヴァルデック城<br />④2013年秋のドイツ4:“F”に王冠の商標で知られるフュルステンベルグ窯、トレンデンブルグ城、ザバブルク城を巡る。<br />⑤2013年秋のドイツ5:ザワーラント・フランケンベルク(エーダー)の市庁舎には独特の10の塔がある。<br />⑥2013年秋のドイツ6:力強く、最も美しい山城の1つと称されているアルテナ城<br />⑦2013年秋のドイツ7:ミュンスター地方の典型的な水城レンベック城は古城ホテル<br />⑧2013年秋のドイツ8:ミュンスター地方・黄葉の森の中に立つ5つの水城を巡る。<br />⑨2013年秋のドイツ9:ラエスフェルト城近くにキャベツ夫人・アンナの彫像が立つ。<br />⑩2013年秋のドイツ10:懐かしのデュッセルドルフ、オランダ国境のアンホルト水城、ヘルテフェルト城へ。<br />⑪2013年秋のドイツ(オランダ編)11:オランダもこぢんまりした古城ホテルがある。<br />⑫2013年秋のドイツ(ベルギー編)12:かのカエサルも“ガリア地方最大の森”と称したアルデンヌの古城を巡る。<br />⑬2013年秋のドイツ(ベルギー編)13:名園で知られたアンヌヴォワ城で風邪をひき、立ち往生する。<br />⑭2013年秋のドイツ(ベルギー編)14:”ルネサンスの宝石”と讃えられる古城の部屋でひたすら寝て、汗をかく。<br />⑮2013年秋のドイツ15:病み上がりの身には130kmの距離にある国境のボレンドルフ城も遠い。<br />⑯2013年秋のドイツ16:ワイン街道・ダイデスハイマーホフのグルメレストラン”黒い雄鶏”<br /><br />写真は“ドイツの秋”、ワイン街道は黄葉の真っ盛り。<br /><br />

2013年秋のドイツ17:最終日、ドイツワイン街道の秋を楽しむ。

30いいね!

2013/10/14 - 2013/10/28

30位(同エリア229件中)

<2013年秋・ドイツ・ベネルックスの旅>
ドイツ・メルヘン街道、ミュンスターラントの水城と、オランダ・マーストリヒト、ベルギー・ルクセンブルクのアルデンヌ地方の古城を巡る旅
期間 :2013年10月14日(月)~10月28日(月)15日間

①2013年秋のドイツ1:無人となった古城ホテル ビューディンゲン城のお客は私共だけ。
②2013年秋のドイツ2:カエル戦争伝説の城を発ち、メルヘン街道を北に向かう。
③2013年秋のドイツ3:フリッツラーとヴィルドゥンゲンの木組みの家並み、山上のヴァルデック城
④2013年秋のドイツ4:“F”に王冠の商標で知られるフュルステンベルグ窯、トレンデンブルグ城、ザバブルク城を巡る。
⑤2013年秋のドイツ5:ザワーラント・フランケンベルク(エーダー)の市庁舎には独特の10の塔がある。
⑥2013年秋のドイツ6:力強く、最も美しい山城の1つと称されているアルテナ城
⑦2013年秋のドイツ7:ミュンスター地方の典型的な水城レンベック城は古城ホテル
⑧2013年秋のドイツ8:ミュンスター地方・黄葉の森の中に立つ5つの水城を巡る。
⑨2013年秋のドイツ9:ラエスフェルト城近くにキャベツ夫人・アンナの彫像が立つ。
⑩2013年秋のドイツ10:懐かしのデュッセルドルフ、オランダ国境のアンホルト水城、ヘルテフェルト城へ。
⑪2013年秋のドイツ(オランダ編)11:オランダもこぢんまりした古城ホテルがある。
⑫2013年秋のドイツ(ベルギー編)12:かのカエサルも“ガリア地方最大の森”と称したアルデンヌの古城を巡る。
⑬2013年秋のドイツ(ベルギー編)13:名園で知られたアンヌヴォワ城で風邪をひき、立ち往生する。
⑭2013年秋のドイツ(ベルギー編)14:”ルネサンスの宝石”と讃えられる古城の部屋でひたすら寝て、汗をかく。
⑮2013年秋のドイツ15:病み上がりの身には130kmの距離にある国境のボレンドルフ城も遠い。
⑯2013年秋のドイツ16:ワイン街道・ダイデスハイマーホフのグルメレストラン”黒い雄鶏”

写真は“ドイツの秋”、ワイン街道は黄葉の真っ盛り。

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • <10月27日(日);169km 、16.5℃、晴れ、時々シャワー。><br />(ここまで後半1,016km、総計2,382km) <br /><br />起床6:15、朝食(8:30~9:00)後、手元にあったパンフレットなどの資料の整理をして、不要分は破棄。Deidesheimを11:30にスタート。―>B271 ・L?  Weinstrasseワイン街道 :Haardtハールト、St.Martinザンクト・マルティン、Rhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク、Edenkobenエーデンコーベン、36km ―>L?・A65・A61・B47・L? 58km  Worms ヴォルムス ―>L?・B47・E451・B44・L? 66km Neu-Isenburgノイ・イーゼンブルク―>B43 9km Frankfurut-Airportフランクフルト空港に18:00到着。<br /><br />写真はHotel  Deidesheimer  Hof ダイデスハイマーホフ:マルクト広場の朝

    <10月27日(日);169km 、16.5℃、晴れ、時々シャワー。>
    (ここまで後半1,016km、総計2,382km) 

    起床6:15、朝食(8:30~9:00)後、手元にあったパンフレットなどの資料の整理をして、不要分は破棄。Deidesheimを11:30にスタート。―>B271 ・L?  Weinstrasseワイン街道 :Haardtハールト、St.Martinザンクト・マルティン、Rhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク、Edenkobenエーデンコーベン、36km ―>L?・A65・A61・B47・L? 58km  Worms ヴォルムス ―>L?・B47・E451・B44・L? 66km Neu-Isenburgノイ・イーゼンブルク―>B43 9km Frankfurut-Airportフランクフルト空港に18:00到着。

    写真はHotel Deidesheimer Hof ダイデスハイマーホフ:マルクト広場の朝

    ダイデシャイマー ホフ ホテル

    ドイツワイン街道:念願のダイデスハイマーホフに泊まり、“黒い雄鶏”で11品の夕食を食べた。 by jijidarumaさん
  • *今日から冬時間になるので、東京との時差は8時間である。ドイツ最後の、しかも5星ホテルの朝食をしっかり食べ、ホテルの内外をまた見て回った。<br /><br />写真はホテル ダイデスハイマーホフ:2013年ドイツの秋最後の朝食

    *今日から冬時間になるので、東京との時差は8時間である。ドイツ最後の、しかも5星ホテルの朝食をしっかり食べ、ホテルの内外をまた見て回った。

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:2013年ドイツの秋最後の朝食

  • 昨夜は雷がして、強い雨が降った。今日は朝から明るい青空で嬉しい。<br /><br />日本への帰国便に乗る為にフランクフルトに向かうのだが、チェックアウトの12時近くまで部屋で資料の整理をし、不要なものは破棄をし、手持ちの荷物の重量を少なくした。<br /><br />写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り

    昨夜は雷がして、強い雨が降った。今日は朝から明るい青空で嬉しい。

    日本への帰国便に乗る為にフランクフルトに向かうのだが、チェックアウトの12時近くまで部屋で資料の整理をし、不要なものは破棄をし、手持ちの荷物の重量を少なくした。

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り

  • 体調は力強さが回復したが、長い飛行時間を考慮し、午前いっぱいはゆっくりした。<br /><br />写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストランWeinstube SANKT URBAN“聖ウルバン”

    体調は力強さが回復したが、長い飛行時間を考慮し、午前いっぱいはゆっくりした。

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストランWeinstube SANKT URBAN“聖ウルバン”

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り・“聖ウルバン”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り・“聖ウルバン”

  • 外をのぞいてみると日曜日なので、マルクト広場はまだ誰もいない。<br /><br />それでもホテル ダイデスハイマーホフのテラスレストランの担当は椅子の雨露を拭き、テーブルクロスを布き、座布団も用意していた。<br /><br />写真はダイデスハイム:ホテルの外をまた見て回った。

    外をのぞいてみると日曜日なので、マルクト広場はまだ誰もいない。

    それでもホテル ダイデスハイマーホフのテラスレストランの担当は椅子の雨露を拭き、テーブルクロスを布き、座布団も用意していた。

    写真はダイデスハイム:ホテルの外をまた見て回った。

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:ダイデスハイマーホフ・Restaurant Schwarzer Hahn“黒い雄鶏”のミシュラン評価などの展示・・・この階段を下るとグルメレストランに至る。

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:ダイデスハイマーホフ・Restaurant Schwarzer Hahn“黒い雄鶏”のミシュラン評価などの展示・・・この階段を下るとグルメレストランに至る。

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

  • 写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

    写真はホテル ダイデスハイマーホフ:レストラン巡り“黒い雄鶏”

  • ホテルの費用を清算し、ホテルを11時30分に出発した。<br /><br />2010年の旅の記憶から、まず向かったのはNeustadt ノイシュタットの西の丘陵地帯Haardtハールトの“Balkon der Pfalz”である。つまり“プファルツのバルコニー”から葡萄畑や村々の光景を見に行くことだった。<br /><br />写真はDeutsche Weinstrasseドイツワイン街道のロゴ

    ホテルの費用を清算し、ホテルを11時30分に出発した。

    2010年の旅の記憶から、まず向かったのはNeustadt ノイシュタットの西の丘陵地帯Haardtハールトの“Balkon der Pfalz”である。つまり“プファルツのバルコニー”から葡萄畑や村々の光景を見に行くことだった。

    写真はDeutsche Weinstrasseドイツワイン街道のロゴ

  • 写真はDeutsche Weinstrasseドイツワイン街道の地図・・・中央にノイシュタットの町がある。2010年にはこの街道をBockenheimボッケンハイムから、南のSchweigen-Rechtenbachシュバイゲン・レヒテンバッハ(独仏国境の町)まで走った。

    写真はDeutsche Weinstrasseドイツワイン街道の地図・・・中央にノイシュタットの町がある。2010年にはこの街道をBockenheimボッケンハイムから、南のSchweigen-Rechtenbachシュバイゲン・レヒテンバッハ(独仏国境の町)まで走った。

  • 生憎とこの時間(11:45)になると、ドイツ特有のシャワーに見舞われた。<br /><br />晴れ上がると、葡萄畑の上に虹が見え、何やらとても得した気分になった。<br /><br />写真はドイツワイン街道: 葡萄畑に虹が出た

    イチオシ

    生憎とこの時間(11:45)になると、ドイツ特有のシャワーに見舞われた。

    晴れ上がると、葡萄畑の上に虹が見え、何やらとても得した気分になった。

    写真はドイツワイン街道: 葡萄畑に虹が出た

  • 写真はドイツワイン街道:ワイン街道の秋景色

    写真はドイツワイン街道:ワイン街道の秋景色

  • 写真はドイツワイン街道:ワイン街道の秋景色

    イチオシ

    写真はドイツワイン街道:ワイン街道の秋景色

  • 時たま降るシャワーの中、葡萄畑の丘の上にある古城ホテルHaardter Schlossハールト城(2泊予定)を見上げた。<br />倒産した為、泊る事が出来なかったホテルでしたが、その後どうしているのか気になっていた。遠望した様子では、城が改修作業中に見え、新しい資本が入ったのかもしれない。<br /><br />ノイシュタットを経由し、ドイツで最も美しい村の一つSt.Martinザンクト・マルティンを訪ねた。人口1,900人と小さな村に観光客がいっぱい、村内の道を走るのに往生したほどで、勿論、駐車も困難。シャワーも強く降りだした事もあり、次の町に向かった。<br /><br />写真はドイツワイン街道:古城ホテルHaardter Schlossハールト城は“Balkon der Pfalz” “プファルツのバルコニー”にある。

    時たま降るシャワーの中、葡萄畑の丘の上にある古城ホテルHaardter Schlossハールト城(2泊予定)を見上げた。
    倒産した為、泊る事が出来なかったホテルでしたが、その後どうしているのか気になっていた。遠望した様子では、城が改修作業中に見え、新しい資本が入ったのかもしれない。

    ノイシュタットを経由し、ドイツで最も美しい村の一つSt.Martinザンクト・マルティンを訪ねた。人口1,900人と小さな村に観光客がいっぱい、村内の道を走るのに往生したほどで、勿論、駐車も困難。シャワーも強く降りだした事もあり、次の町に向かった。

    写真はドイツワイン街道:古城ホテルHaardter Schlossハールト城は“Balkon der Pfalz” “プファルツのバルコニー”にある。

  • 葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルクまで車を走らせる。自転車やハイキング中のドイツ人観光客は雨に濡れながら平気で行く。<br /><br />Rietburgリートブルク城址、黄葉した山容、麓に広がる黄葉した葡萄畑と・・・遠望した“ドイツの秋”、ワイン街道は黄葉の真っ盛りであった。<br /><br />写真はドイツワイン街道:中央の山の上にリートブルク城址がある。一度ロープウエイで上ったことがある。その麓は葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク地区だ。

    イチオシ

    葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルクまで車を走らせる。自転車やハイキング中のドイツ人観光客は雨に濡れながら平気で行く。

    Rietburgリートブルク城址、黄葉した山容、麓に広がる黄葉した葡萄畑と・・・遠望した“ドイツの秋”、ワイン街道は黄葉の真っ盛りであった。

    写真はドイツワイン街道:中央の山の上にリートブルク城址がある。一度ロープウエイで上ったことがある。その麓は葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク地区だ。

  • 写真はドイツワイン街道:葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク

    イチオシ

    写真はドイツワイン街道:葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク

  • 写真はドイツワイン街道:葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク

    写真はドイツワイン街道:葡萄畑と黄葉がとても絵になるRhodt unter Rietburgロト・ウンター・リートブルク

  • 写真はドイツワイン街道:

    写真はドイツワイン街道:

  • バイエルン王ルートヴィヒ1世が語った言葉に『私の青年時代に過ごしたプファルツ・・・ 私が愛したプファルツの土地、プファルツの民もこの土地を愛し、私も愛してくれた。この土地は私の家、いつの日か、私の愛する妃と共に訪ねてみたいプファルツである。』と・・・。<br /><br />ルートヴィヒ1世の像が立つEdenkobenエーデンコーベンに着くと、雨は強く降りだし、少し遅めの昼食をこの町でとることにした。<br /><br />写真はドイツワイン街道:エーデンコーベンの一地区、Bei_Gleisweilerグライスバイラー近郊の秋景色

    バイエルン王ルートヴィヒ1世が語った言葉に『私の青年時代に過ごしたプファルツ・・・ 私が愛したプファルツの土地、プファルツの民もこの土地を愛し、私も愛してくれた。この土地は私の家、いつの日か、私の愛する妃と共に訪ねてみたいプファルツである。』と・・・。

    ルートヴィヒ1世の像が立つEdenkobenエーデンコーベンに着くと、雨は強く降りだし、少し遅めの昼食をこの町でとることにした。

    写真はドイツワイン街道:エーデンコーベンの一地区、Bei_Gleisweilerグライスバイラー近郊の秋景色

  • <お茶:EdenkobenエーデンコーベンCafe Engertカフェ・エンゲルト><br />13:50~14:40 Euro12(1,230円)。<br />D-67480 Edenkoben 、Weinstrasse 95<br /><br />私はグラッシュズッペ、コーヒー、家内はリンゴのシュトロイゼルと紅茶。<br />スープは思っていた味ではなかったが、安いから仕方が無いか。 <br /><br />写真はドイツワイン街道:リンゴのシュトロイゼルと紅茶。<br /><br /><br />

    <お茶:EdenkobenエーデンコーベンCafe Engertカフェ・エンゲルト>
    13:50~14:40 Euro12(1,230円)。
    D-67480 Edenkoben 、Weinstrasse 95

    私はグラッシュズッペ、コーヒー、家内はリンゴのシュトロイゼルと紅茶。
    スープは思っていた味ではなかったが、安いから仕方が無いか。 

    写真はドイツワイン街道:リンゴのシュトロイゼルと紅茶。


  • 雨宿りに見つけたカフェでしたが、食事が終わってもなかなか降りやまず、しびれを切らして、駐車場の車まで、ダッシュした。<br />http://www.edenkoben.de/<br /><br />写真はドイツワイン街道:グラッシュズッペにドイツ伝統のパン

    雨宿りに見つけたカフェでしたが、食事が終わってもなかなか降りやまず、しびれを切らして、駐車場の車まで、ダッシュした。
    http://www.edenkoben.de/

    写真はドイツワイン街道:グラッシュズッペにドイツ伝統のパン

  • 写真はドイツワイン街道:コーヒー

    写真はドイツワイン街道:コーヒー

  • 旅はトラブルがつきものですが、風邪が大きなトラブルにならずに良かった。<br />旅のスタート(レンタカーのトラブル)と後半(風邪)でバタバタしましたものの、ダイデスハイマーホフのレストラン“黒い雄鶏”の夕食で、そしてドイツワイン街道の黄葉の景色を見て、良い気分を取り戻した。<br /><br />14:45、ヴォルムスに向かう。徐々にフランクフルトに近づく。<br /><br />写真はWappen von Wormsヴォルムスの紋章・・・司教座のシンボルは鍵

    旅はトラブルがつきものですが、風邪が大きなトラブルにならずに良かった。
    旅のスタート(レンタカーのトラブル)と後半(風邪)でバタバタしましたものの、ダイデスハイマーホフのレストラン“黒い雄鶏”の夕食で、そしてドイツワイン街道の黄葉の景色を見て、良い気分を取り戻した。

    14:45、ヴォルムスに向かう。徐々にフランクフルトに近づく。

    写真はWappen von Wormsヴォルムスの紋章・・・司教座のシンボルは鍵

  • 写真はWappenヴォルムス:見事なBrueckenturm橋塔(きょうとう)・・・橋塔は都市や城郭に通じる道がその境界線となる川に架けられる橋に造られることが多く、城郭都市の城門や徴税所としての機能を果たした。

    写真はWappenヴォルムス:見事なBrueckenturm橋塔(きょうとう)・・・橋塔は都市や城郭に通じる道がその境界線となる川に架けられる橋に造られることが多く、城郭都市の城門や徴税所としての機能を果たした。

  • <Wormsヴォルムス><br />15:30~16:30<br />Rheinhessenラインヘッセンワインの産地で中でもLiebfrauenmilchリープフラウエンミルヒが知られている。<br />リープフラウエンミルヒとは「聖母の乳」を意味し、ラインヘッセン地域のヴォルムスにある聖母教会に因んだ名前である。<br />大量に世界に輸出されている「リープフラウエンミルヒ」を最初に造った聖母教会の地であるだけでなく、数多い醸造所を擁するラインヘッセン最大のワインの町である。 <br /><br />Dom St.Peter大聖堂、聖母教会、ルター記念像、ニーベルンゲン伝説の街。<br />人口82千人。<br />ヴォルムスは同時に、歴史の町でもある。ローマ帝国の駐屯地が置かれたことに始まり、ラインの中流域にあることから、早くから交易の町として栄え、中世初期に司教座も置かれた。<br />http://www.worms.de/<br /><br />写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・外観

    <Wormsヴォルムス>
    15:30~16:30
    Rheinhessenラインヘッセンワインの産地で中でもLiebfrauenmilchリープフラウエンミルヒが知られている。
    リープフラウエンミルヒとは「聖母の乳」を意味し、ラインヘッセン地域のヴォルムスにある聖母教会に因んだ名前である。
    大量に世界に輸出されている「リープフラウエンミルヒ」を最初に造った聖母教会の地であるだけでなく、数多い醸造所を擁するラインヘッセン最大のワインの町である。

    Dom St.Peter大聖堂、聖母教会、ルター記念像、ニーベルンゲン伝説の街。
    人口82千人。
    ヴォルムスは同時に、歴史の町でもある。ローマ帝国の駐屯地が置かれたことに始まり、ラインの中流域にあることから、早くから交易の町として栄え、中世初期に司教座も置かれた。
    http://www.worms.de/

    写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・外観

    大聖堂(ヴォルムス) 寺院・教会

    ヴォルムス:この町で観光に一つを選ぶとすれば、聖ペーター大聖堂となろう。 by jijidarumaさん
  • 神聖ローマ帝国の重要な政治・宗教の会議である「帝国会議」が数多くこの地で開かれているが、ヴォルムスが交通の要所にあったからであろう。 <br /><br />写真はヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂:正面

    神聖ローマ帝国の重要な政治・宗教の会議である「帝国会議」が数多くこの地で開かれているが、ヴォルムスが交通の要所にあったからであろう。

    写真はヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂:正面

  • 「ヴォルムスの協約」と呼ばれる、皇帝とローマ教皇が激しく争った「叙任権闘争」の解決を定めた会議(1122年)や、宗教改革のマルティン・ルターの追放決定会議(1521年)は、ヴォルムスで開かれた有名な会議である。<br /><br />写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・南側

    「ヴォルムスの協約」と呼ばれる、皇帝とローマ教皇が激しく争った「叙任権闘争」の解決を定めた会議(1122年)や、宗教改革のマルティン・ルターの追放決定会議(1521年)は、ヴォルムスで開かれた有名な会議である。

    写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・南側

  • 写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・外観

    写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・外観

  • <Dom St.Peter聖ペーター大聖堂><br /><br />この町では大聖堂傍のパークハウスに駐車し、聖ペーター教会のみを見学した。<br />(駐車料金Euro1=102円、トイレEuro1.4=142円)<br /><br />シュパイヤー大聖堂やマインツ大聖堂と共に、華麗なロマネスク建築の教会の一つに数えられ、4つの円柱塔と2つの大きなドーム部分をもった大聖堂は正面から見ると、さすがに大きく、壮麗なたたずまいである。<br />http://www.wormser-dom.de/cms/website.php<br /><br />写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・入り口

    <Dom St.Peter聖ペーター大聖堂>

    この町では大聖堂傍のパークハウスに駐車し、聖ペーター教会のみを見学した。
    (駐車料金Euro1=102円、トイレEuro1.4=142円)

    シュパイヤー大聖堂やマインツ大聖堂と共に、華麗なロマネスク建築の教会の一つに数えられ、4つの円柱塔と2つの大きなドーム部分をもった大聖堂は正面から見ると、さすがに大きく、壮麗なたたずまいである。
    http://www.wormser-dom.de/cms/website.php

    写真はWappenヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・入り口

  • 内部にも高名な建築家ヨハン・バルタザール・ノイマン(ヴュルツブルクのレジデンスを始め、ドイツの世界遺産になっている建築作品も多い)作の大聖壇が中央にあり、聖母子像、バラ窓、ステンドグラスと壮麗さでは負けていない。<br /><br />写真はヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・建築家ヨハン・バルタザール・ノイマン作の大聖壇

    内部にも高名な建築家ヨハン・バルタザール・ノイマン(ヴュルツブルクのレジデンスを始め、ドイツの世界遺産になっている建築作品も多い)作の大聖壇が中央にあり、聖母子像、バラ窓、ステンドグラスと壮麗さでは負けていない。

    写真はヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂・建築家ヨハン・バルタザール・ノイマン作の大聖壇

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・聖母子像

    写真はヴォルムス:大聖堂内・聖母子像

  • また、洗礼堂には15世紀後期に製作された石のレリーフ像が5体あって、目を引く存在だった。<br /><br />①Wurzel Jesseエッサイの樹・・・イエズス・キリストは「エッサイの樹」に連なる。)、<br />②キリストの復活、<br />③キリスト降架、<br />④キリスト生誕、<br />⑤受胎告知の5体である。<br /><br />写真はヴォルムス:大聖堂内・洗礼堂には15世紀後期に製作された石のレリーフ像①Wurzel Jesseエッサイの樹

    イチオシ

    また、洗礼堂には15世紀後期に製作された石のレリーフ像が5体あって、目を引く存在だった。

    ①Wurzel Jesseエッサイの樹・・・イエズス・キリストは「エッサイの樹」に連なる。)、
    ②キリストの復活、
    ③キリスト降架、
    ④キリスト生誕、
    ⑤受胎告知の5体である。

    写真はヴォルムス:大聖堂内・洗礼堂には15世紀後期に製作された石のレリーフ像①Wurzel Jesseエッサイの樹

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・②キリストの復活

    写真はヴォルムス:大聖堂内・②キリストの復活

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・③キリスト降架

    写真はヴォルムス:大聖堂内・③キリスト降架

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・④キリスト生誕

    写真はヴォルムス:大聖堂内・④キリスト生誕

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・⑤受胎告知・・・石のレリーフ像の5体が見られる。

    写真はヴォルムス:大聖堂内・⑤受胎告知・・・石のレリーフ像の5体が見られる。

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・バラ窓

    写真はヴォルムス:大聖堂内・バラ窓

  • 写真はヴォルムス:大聖堂内・聖母子像

    写真はヴォルムス:大聖堂内・聖母子像

  • 写真はヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂:ステンドグラス

    写真はヴォルムス:Dom St.Peter大聖堂:ステンドグラス

  • 写真はヴォルムス:Lutherdenkmalルター記念碑<br /><br />フランクフルト周辺のアウトバーンは数も増えて、とても複雑です。<br />今回も昨年と同じ道、同じ町Neu-Isenburgノイ・イーゼンブルクで最後の給油と思って走りましたが、何やら工場街に入りこんでしまい、居合わせた方に給油所と空港の道を聞く始末でした。<br /><br />昨年はこの町でスピード違反をして、後からAvis経由で事務手数料を追徴された。<br />罰金は追徴されなかったが・・・。<br /><br />さて、レンタカー返却前の最後の給油はAvia Xpressアヴィア・エックスプレス給油所にて行う。こちらもクレジットカード利用の給油なので、居合わせた方に教わって無事完了。<br />33.71L @1.499=Euro50.53(6,931円)(尚、リスク軽減の為、Euro80が最高限度額となっていた)<br /><br />真っ暗になった道を空港に急ぐ。17時58分Avisにレンタカーを返却。<br />車のチェックは問題なく終了し、ANAのカウンターに向かう。<br /><br />孫から頼まれていたチョコレート(Kinder Surprise子供のビックリ箱)を5つ、Duty Freeで購入して、旅の土産も完了した。Euro24.5(2.511円)<br /><br />機中泊:<br />NH210(LH7228・機種77W) Frankfurt LV20:45  39A・39C(左手二人席)<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・

    写真はヴォルムス:Lutherdenkmalルター記念碑

    フランクフルト周辺のアウトバーンは数も増えて、とても複雑です。
    今回も昨年と同じ道、同じ町Neu-Isenburgノイ・イーゼンブルクで最後の給油と思って走りましたが、何やら工場街に入りこんでしまい、居合わせた方に給油所と空港の道を聞く始末でした。

    昨年はこの町でスピード違反をして、後からAvis経由で事務手数料を追徴された。
    罰金は追徴されなかったが・・・。

    さて、レンタカー返却前の最後の給油はAvia Xpressアヴィア・エックスプレス給油所にて行う。こちらもクレジットカード利用の給油なので、居合わせた方に教わって無事完了。
    33.71L @1.499=Euro50.53(6,931円)(尚、リスク軽減の為、Euro80が最高限度額となっていた)

    真っ暗になった道を空港に急ぐ。17時58分Avisにレンタカーを返却。
    車のチェックは問題なく終了し、ANAのカウンターに向かう。

    孫から頼まれていたチョコレート(Kinder Surprise子供のビックリ箱)を5つ、Duty Freeで購入して、旅の土産も完了した。Euro24.5(2.511円)

    機中泊:
    NH210(LH7228・機種77W) Frankfurt LV20:45  39A・39C(左手二人席)

    ・・・・・・・・・・・・・・

    ルターの記念像 モニュメント・記念碑

30いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集