カンチャナブリ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
タイ料理のバイキングのあと、タムカセー駅から木造のアルヒル桟道橋を渡ってみた・・・<br />クウェー川に沿って泰緬鉄道を旧日本軍が敷設したもので、木造で造ったアルヒル桟道橋は、超難工事だったと言われています・・・<br />今でも木造のままで、如何に難工事だったかが想像されます!!<br />ここに鉄道を通すために岩肌を削って造るという過酷な労働が行なわれ、いろいろと悲しい出来事もあったようです・・・<br />別名”死の鉄道”とも言われています!!<br />鉄道脇にはクラサエ洞窟がありその中に仏像もありますが、鉄道建設において、旧日本軍によって捕虜になったイギリス、オーストラリア人達の宿泊場所の一つとされた歴史的経緯もあるそうです・・・<br />見ていると本当にこんなところによく造ったなという感動も覚えました!!<br /><br /><br />今日のツアー<br /><br />○ノボテルでピックアップ<br />↓<br />○途中のサービスエリアで休憩<br />↓<br />○カンチャナブリの洞窟寺(Wat Tham Mangkon Thong)と洞窟トレッキング   97段<br />↓<br />○バスで移動<br />↓<br />○ワンポーエレファントキャンプ(Wang Pho Elephant Camp)<br /> で象乗りトレッキングといかだ乗り<br />↓<br />○タイ料理ビュッフェ<br />↓<br />●木造のアルヒル桟道橋を散策<br />↓<br />○泰麺鉄道乗車/タムカセー駅からタキレーン鉄橋駅まで<br />↓<br />○バスで移動<br />↓<br />○クウェー川鉄橋<br />↓<br />○バンコクへ移動<br />↓<br />○プレシデントタワー前解散

amazing THAILAND! (16)旧日本軍が敷設した泰緬鉄道の木造アルヒル桟道橋を歩いてみた・・・

23いいね!

2018/11/26 - 2018/11/26

101位(同エリア424件中)

旅行記グループ THAILAND

0

28

モンサンみっちゃん

モンサンみっちゃんさん

タイ料理のバイキングのあと、タムカセー駅から木造のアルヒル桟道橋を渡ってみた・・・
クウェー川に沿って泰緬鉄道を旧日本軍が敷設したもので、木造で造ったアルヒル桟道橋は、超難工事だったと言われています・・・
今でも木造のままで、如何に難工事だったかが想像されます!!
ここに鉄道を通すために岩肌を削って造るという過酷な労働が行なわれ、いろいろと悲しい出来事もあったようです・・・
別名”死の鉄道”とも言われています!!
鉄道脇にはクラサエ洞窟がありその中に仏像もありますが、鉄道建設において、旧日本軍によって捕虜になったイギリス、オーストラリア人達の宿泊場所の一つとされた歴史的経緯もあるそうです・・・
見ていると本当にこんなところによく造ったなという感動も覚えました!!


今日のツアー

○ノボテルでピックアップ

○途中のサービスエリアで休憩

○カンチャナブリの洞窟寺(Wat Tham Mangkon Thong)と洞窟トレッキング 97段

○バスで移動

○ワンポーエレファントキャンプ(Wang Pho Elephant Camp)
 で象乗りトレッキングといかだ乗り

○タイ料理ビュッフェ

●木造のアルヒル桟道橋を散策

○泰麺鉄道乗車/タムカセー駅からタキレーン鉄橋駅まで

○バスで移動

○クウェー川鉄橋

○バンコクへ移動

○プレシデントタワー前解散

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • タムカセー駅のホームです・・・<br />この先に木造のアルヒル桟道橋があり、歩いて行けるようになっています・・・

    タムカセー駅のホームです・・・
    この先に木造のアルヒル桟道橋があり、歩いて行けるようになっています・・・

  • これは、第二次大戦中に連合軍が落とした爆弾です!!<br />ガイドさんは、本物と言っていましたが・・・

    これは、第二次大戦中に連合軍が落とした爆弾です!!
    ガイドさんは、本物と言っていましたが・・・

  • クウェー川が見えます・・・<br />アルヒル桟道橋は、左手になります・・・

    クウェー川が見えます・・・
    アルヒル桟道橋は、左手になります・・・

  • アルヒル桟道橋へ行ってみよう・・・

    アルヒル桟道橋へ行ってみよう・・・

  • すごいところに鉄道を敷いたのですね~

    すごいところに鉄道を敷いたのですね~

  • 汽車はしばらく来ないようなので、ビデオを撮りながら歩いています・・・

    汽車はしばらく来ないようなので、ビデオを撮りながら歩いています・・・

  • この左手に、クラサエ洞窟がありその中に仏像があります・・・・<br />あとで行ってみます!!

    この左手に、クラサエ洞窟がありその中に仏像があります・・・・
    あとで行ってみます!!

  • 景色はすごく良いのですが、第二次大戦中は、悲惨な光景だったのでしょうね・・・

    景色はすごく良いのですが、第二次大戦中は、悲惨な光景だったのでしょうね・・・

  • これがクラサエ洞窟です!!<br />この中に仏像があります・・・<br />ここは第二次大戦中の鉄道建設において、旧日本軍によってイギリス、オーストラリア人等の捕虜や周辺アジア人を含む現地労働者の宿泊場所の一つとされた歴史的経緯があるそうです・・・<br />

    これがクラサエ洞窟です!!
    この中に仏像があります・・・
    ここは第二次大戦中の鉄道建設において、旧日本軍によってイギリス、オーストラリア人等の捕虜や周辺アジア人を含む現地労働者の宿泊場所の一つとされた歴史的経緯があるそうです・・・

  • 更に先に進みましょう!!

    更に先に進みましょう!!

  • 右手の川中に見える青い屋根の建物は、水上バンガローです!!<br />宿泊ができるようですね~<br />ガイドさんの話では、エアコンはなく、扇風機だけのようです・・・

    右手の川中に見える青い屋根の建物は、水上バンガローです!!
    宿泊ができるようですね~
    ガイドさんの話では、エアコンはなく、扇風機だけのようです・・・

  • 中間地点です・・・<br />ここは橋はありません!!

    中間地点です・・・
    ここは橋はありません!!

  • まだまだ先があるようです・・・<br />行ってみよう!!

    まだまだ先があるようです・・・
    行ってみよう!!

  • ちょっと振り返って・・・・<br />断崖絶壁になるくらいまで岩肌を削ってまで線路を敷設したのですね~

    ちょっと振り返って・・・・
    断崖絶壁になるくらいまで岩肌を削ってまで線路を敷設したのですね~

  • せっかくの絶景がボケてしまいました・・・

    せっかくの絶景がボケてしまいました・・・

  • 戻る途中に、クラサエ洞窟へ続く小道に入ったところで、アルヒル桟道橋を撮ったところですが、鉄骨で補強したとは言え、本体は木造なんですよね・・・

    戻る途中に、クラサエ洞窟へ続く小道に入ったところで、アルヒル桟道橋を撮ったところですが、鉄骨で補強したとは言え、本体は木造なんですよね・・・

  • ここを汽車が今でも通っていますが、日本の技術がすごいのか、よく80年近くも耐えていますよね~<br />余計な振動を与えないように、汽車は時速5kmでしか走らないそうです・・・

    イチオシ

    地図を見る

    ここを汽車が今でも通っていますが、日本の技術がすごいのか、よく80年近くも耐えていますよね~
    余計な振動を与えないように、汽車は時速5kmでしか走らないそうです・・・

  • クラサエ洞窟にやって来ました!!

    クラサエ洞窟にやって来ました!!

  • サボテンだ~<br />このサボテンは、当時の戦いを見ていたのかな~

    サボテンだ~
    このサボテンは、当時の戦いを見ていたのかな~

  • クラサエ洞窟に入ってみます・・・

    クラサエ洞窟に入ってみます・・・

  • ここを宿泊場所にしていたなんて、当時の建設に携わった人は、どんなにか過酷な環境に置かれていたのか・・・

    ここを宿泊場所にしていたなんて、当時の建設に携わった人は、どんなにか過酷な環境に置かれていたのか・・・

  • 小さな仏像が・・・・<br />みんなこれを拝んでいたのだろうか・・・<br />あとから造ったのでしょうね!!

    小さな仏像が・・・・
    みんなこれを拝んでいたのだろうか・・・
    あとから造ったのでしょうね!!

  • これがメインの仏像みたいですね・・・

    これがメインの仏像みたいですね・・・

  • 何か歴史的なことが書かれていると思いますが、タイ語なのでさっぱり分かりません!!

    何か歴史的なことが書かれていると思いますが、タイ語なのでさっぱり分かりません!!

  • アルヒル桟道橋です!!<br />本当によく造ったよね~

    イチオシ

    地図を見る

    アルヒル桟道橋です!!
    本当によく造ったよね~

  • 鉄道建設に携わった人たちは、夜になったら脇の道を通って、この洞窟に入って休んでいたのですかね~

    鉄道建設に携わった人たちは、夜になったら脇の道を通って、この洞窟に入って休んでいたのですかね~

  • アルヒル桟道橋とクウェー川・・・

    アルヒル桟道橋とクウェー川・・・

  • アルヒル桟道橋・・・<br /><br />これから泰緬鉄道に乗ります!!<br /><br />https://youtu.be/BDSosTK6DH8

    アルヒル桟道橋・・・

    これから泰緬鉄道に乗ります!!

    https://youtu.be/BDSosTK6DH8

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

THAILAND

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 230円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集