ウラジーミル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会は、とても綺麗な教会だと聞いていたので、暇つぶしに行ってみることにした。<br />しかし『世界の歩き方』を片手に行くも、迷子になってしまう。<br /><br />そこで、バスから降りて初めに目にしたバガリュープスキー公の宮殿を目指すのだが…。

バガリュープスキー公の宮殿と ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会

16いいね!

2018/04/08 - 2018/04/08

7位(同エリア34件中)

0

41

羽ありさん

ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会は、とても綺麗な教会だと聞いていたので、暇つぶしに行ってみることにした。
しかし『世界の歩き方』を片手に行くも、迷子になってしまう。

そこで、バスから降りて初めに目にしたバガリュープスキー公の宮殿を目指すのだが…。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会を目指す。<br /><br />ドラマ劇場の前から152番バスに乗車。<br /><br />乗車してすぐ、バスの添乗員にお金を支払う。<br /><br />20ルーブルぐらいだった。<br /><br />一応、このバスでいいのか、仕事の邪魔にならないよう走行中に添乗員に聞く。<br /><br />合っているらしい。<br /><br />中心街を抜けると、大きな集合住宅や工場がたくさん見えてくる。<br /><br />

    ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会を目指す。

    ドラマ劇場の前から152番バスに乗車。

    乗車してすぐ、バスの添乗員にお金を支払う。

    20ルーブルぐらいだった。

    一応、このバスでいいのか、仕事の邪魔にならないよう走行中に添乗員に聞く。

    合っているらしい。

    中心街を抜けると、大きな集合住宅や工場がたくさん見えてくる。

  • 大体20分ほどで、右手にバガリュープスキー公の宮殿が見えてくる。<br /><br />『世界の歩き方』によると『バスが街道から左折して、曲がるところで降ろしてもらおう』などと書いてある。<br /><br />しかし、それを話せるだけのロシア語能力がない。<br /><br />結局、添乗員に促されバガリュープスキー公の宮殿の手前で降りることになる。<br /><br />恐らく、このあとバスは軽く右へ曲がってから、しばらくまっすぐ3kmほど進んで左に曲がるのだと思う。<br /><br /><br /><br />…下車   外からバガリュープスキー公の宮殿の写真を撮る <br /><br />ガラン ガランと規則的な鐘の音が聞こえた。  <br /><br />誰かがこの塔の上にいて、鐘を鳴らしているようだ。<br /><br />最上階には人の姿が見えた。<br /><br />どうやら上まで登れるようだ。<br /><br />あとで行ってみよう。

    大体20分ほどで、右手にバガリュープスキー公の宮殿が見えてくる。

    『世界の歩き方』によると『バスが街道から左折して、曲がるところで降ろしてもらおう』などと書いてある。

    しかし、それを話せるだけのロシア語能力がない。

    結局、添乗員に促されバガリュープスキー公の宮殿の手前で降りることになる。

    恐らく、このあとバスは軽く右へ曲がってから、しばらくまっすぐ3kmほど進んで左に曲がるのだと思う。



    …下車   外からバガリュープスキー公の宮殿の写真を撮る 

    ガラン ガランと規則的な鐘の音が聞こえた。  

    誰かがこの塔の上にいて、鐘を鳴らしているようだ。

    最上階には人の姿が見えた。

    どうやら上まで登れるようだ。

    あとで行ってみよう。

  • 街道沿いに進む。<br /><br />地図がないので、勘で行くしかない。<br /><br />周りを見渡すと、埃っぽいロシアの田舎といった感じだ。<br /><br />人はいるが、全体的に寂れている。<br /><br />…しばらく宮殿横の道を真っ直ぐ行くも、教会は見当たらず。<br /><br />仕方ないので、元の道を戻ることにした。<br /><br /><br />

    街道沿いに進む。

    地図がないので、勘で行くしかない。

    周りを見渡すと、埃っぽいロシアの田舎といった感じだ。

    人はいるが、全体的に寂れている。

    …しばらく宮殿横の道を真っ直ぐ行くも、教会は見当たらず。

    仕方ないので、元の道を戻ることにした。


  • バガリュープスキー公の宮殿の入口へ。<br /><br /><br />…うっかり入り口の写真を撮るのを忘れてしまった。<br /><br /><br />ロシアの教会では、女性は髪を隠さなければいけない。<br /><br />なのでスカーフと髪ゴムを持ってきた。<br /><br />しかし、いまいちこれでいいのかわからない。<br /><br />そこでロシア人に聞くことにした。<br /><br />丁度いいところに子供を連れた家族連れがいる。<br /><br />「こんにちは。ちょっとお尋ねしたいんですが…(ロシア語)」<br /><br />「…。」<br />「…。」<br />「…。」<br />「…。」<br /><br />えっ、無視?<br /><br /><br />  {異教徒だからしょうがない}(-_-メ)<br /><br /><br />とりあえず、スカーフを被らずとも、ジャンパーの帽子でOKらしい。<br /><br />

    バガリュープスキー公の宮殿の入口へ。


    …うっかり入り口の写真を撮るのを忘れてしまった。


    ロシアの教会では、女性は髪を隠さなければいけない。

    なのでスカーフと髪ゴムを持ってきた。

    しかし、いまいちこれでいいのかわからない。

    そこでロシア人に聞くことにした。

    丁度いいところに子供を連れた家族連れがいる。

    「こんにちは。ちょっとお尋ねしたいんですが…(ロシア語)」

    「…。」
    「…。」
    「…。」
    「…。」

    えっ、無視?


      {異教徒だからしょうがない}(-_-メ)


    とりあえず、スカーフを被らずとも、ジャンパーの帽子でOKらしい。

  • 入り口横にはお土産屋がある。<br /><br />特に目ぼしいものはなかったので、そのまま通り過ぎる。<br /><br />チケット売り場がないので、ここは入場料の要らない場所らしい。<br /><br />そのまま入り口をくぐる。<br /><br />すぐ正面に教会がある。<br /><br />が、興味がないのでスルー。<br /><br /><br /><br /><br />※入り口にあった看板 何か書いてある<br /><br />『君は私が創造者であることを知っていた。<br /> ――しかし私に服従していなかった。<br /> <br /> 君は私が光を持っていることを知っていた。<br /> ――しかし君は私を見つめなかった。<br /> <br /> 君は私が道を持っていることを知っていた。<br /> ――しかし君は道から外れた。<br /><br /> 君は私が生命を持っていることを知っていた。<br /> ――しかし君は人生を生きなかった。<br /><br /> 君は知恵を知った。<br /> ――私は私の信条で尊敬しなかった。<br /><br /> 君は私が幸いであることを知っていた。<br /> ――しかし君は私を愛さなかった。<br /><br /> 君は私が神であることを知っていた。<br /> ――しかし君は挨拶と共に求めなかった。<br /><br /> 君は私が永遠であることを知っていた。<br /> ――しかし一日も求めなかった。<br /><br /> 私は情け深い。君は知っていた。<br /> ――しかし私に運命を任せなかった。<br /><br /> 君は私が偉大であることを知っていた。<br /> ――しかし私に君は尽くさなかった。<br /><br /> 私は全能を全ての人に与え、判定し、測り分けるができる。<br /> ――君はそれを知っていたが、私を尊敬しなかった。<br /><br /> このように知りなさい。人間よ。宇宙の塵とは<br /> 空いた生活の日々、信じないこと、愛さないこと、<br /> 地上の短い生命に終わりが来る<br /> 破滅の時に今自分を責めるのだ!』<br /><br /> 多分こんな感じ

    入り口横にはお土産屋がある。

    特に目ぼしいものはなかったので、そのまま通り過ぎる。

    チケット売り場がないので、ここは入場料の要らない場所らしい。

    そのまま入り口をくぐる。

    すぐ正面に教会がある。

    が、興味がないのでスルー。




    ※入り口にあった看板 何か書いてある

    『君は私が創造者であることを知っていた。
     ――しかし私に服従していなかった。
     
     君は私が光を持っていることを知っていた。
     ――しかし君は私を見つめなかった。
     
     君は私が道を持っていることを知っていた。
     ――しかし君は道から外れた。

     君は私が生命を持っていることを知っていた。
     ――しかし君は人生を生きなかった。

     君は知恵を知った。
     ――私は私の信条で尊敬しなかった。

     君は私が幸いであることを知っていた。
     ――しかし君は私を愛さなかった。

     君は私が神であることを知っていた。
     ――しかし君は挨拶と共に求めなかった。

     君は私が永遠であることを知っていた。
     ――しかし一日も求めなかった。

     私は情け深い。君は知っていた。
     ――しかし私に運命を任せなかった。

     君は私が偉大であることを知っていた。
     ――しかし私に君は尽くさなかった。

     私は全能を全ての人に与え、判定し、測り分けるができる。
     ――君はそれを知っていたが、私を尊敬しなかった。

     このように知りなさい。人間よ。宇宙の塵とは
     空いた生活の日々、信じないこと、愛さないこと、
     地上の短い生命に終わりが来る
     破滅の時に今自分を責めるのだ!』

     多分こんな感じ

  • この宮殿の中に修道院があるらしい。<br /><br />黒い服装の女性を何人も見かける。<br /><br />どんな生活をしているのか気になった。<br /><br /><br /><br />一番気になっていた、この鐘のある塔へ来た。<br /><br />観光客も出入りしている様だ。<br /><br />中を伺う。<br /><br />…どうやら、入って左の通路の右のドアから出入りしているようだ。<br /><br />一応、ドアについている看板を読む。<br /><br />『ドアをしっかり閉めてください!』<br /><br /> 了解です(^^)/<br /><br /><br />

    この宮殿の中に修道院があるらしい。

    黒い服装の女性を何人も見かける。

    どんな生活をしているのか気になった。



    一番気になっていた、この鐘のある塔へ来た。

    観光客も出入りしている様だ。

    中を伺う。

    …どうやら、入って左の通路の右のドアから出入りしているようだ。

    一応、ドアについている看板を読む。

    『ドアをしっかり閉めてください!』

     了解です(^^)/


  • 入ってすぐこの小さい鐘がお出迎え。<br /><br />みんな、ガランゴロン鳴らしている。<br /><br />塔の中で反響して、大きな音になっている。<br /><br />先に来たロシア人がこの鐘で遊んでいるので抜かす。<br /><br />上を目指す。<br /><br /><br /><br /><br />少し登ると広いスペースに出る。<br /><br />奥の方に小さな教会があるようだが、ロープがしてあって入ることができない。<br /><br />さてと、と私は思った。<br /><br />  {この上ってもう行けないのかな?}(&#39;ω&#39;)<br /><br />今まで登ってきた石の階段はもうない。<br /><br />  {さっきのロシア人、先に行かすんだった。}(-_-メ)<br /><br />少し待ってみても来ない。<br /><br />何をしているんだ。<br /><br /><br />実は階段があることはある。<br /><br />しかし、登っていいのかがわからない。<br /><br />それは木でできていた。<br /><br />近づいて見てみると、満足に掃除がされていないのか、埃と砂利が落ちていた。<br /><br />細い螺旋階段で、人ひとりがやっと通れる狭さだ。<br /><br />それは昔作られたものだと、一目ですぐにわかる階段だった。<br /><br /><br /> {行くか?やめた方がいいか?}&quot;(-&quot;&quot;-)&quot;<br /><br /><br />ロシア人から激しく怒鳴られる場面が頭に浮かんだ。<br /><br />  &lt;`ヘ´&gt;(ここはスタッフだけだ!)<br /><br /> <br /> {しかし、行くなら今誰もいないこの時だけ!}( ゚Д゚)<br /><br /><br />登る!!ダダダッダダダダダッ!!!<br /><br /><br />――トントントントン――<br /><br /><br />上から誰か下りてきた!<br /><br />なんと観光客が上から降りてきたのである。<br /><br />やはりここで合っていたようだ。<br /><br />かなり狭いので、道を譲ることさえ大変だった。

    入ってすぐこの小さい鐘がお出迎え。

    みんな、ガランゴロン鳴らしている。

    塔の中で反響して、大きな音になっている。

    先に来たロシア人がこの鐘で遊んでいるので抜かす。

    上を目指す。




    少し登ると広いスペースに出る。

    奥の方に小さな教会があるようだが、ロープがしてあって入ることができない。

    さてと、と私は思った。

      {この上ってもう行けないのかな?}('ω')

    今まで登ってきた石の階段はもうない。

      {さっきのロシア人、先に行かすんだった。}(-_-メ)

    少し待ってみても来ない。

    何をしているんだ。


    実は階段があることはある。

    しかし、登っていいのかがわからない。

    それは木でできていた。

    近づいて見てみると、満足に掃除がされていないのか、埃と砂利が落ちていた。

    細い螺旋階段で、人ひとりがやっと通れる狭さだ。

    それは昔作られたものだと、一目ですぐにわかる階段だった。


     {行くか?やめた方がいいか?}"(-""-)"


    ロシア人から激しく怒鳴られる場面が頭に浮かんだ。

      <`ヘ´>(ここはスタッフだけだ!)

     
     {しかし、行くなら今誰もいないこの時だけ!}( ゚Д゚)


    登る!!ダダダッダダダダダッ!!!


    ――トントントントン――


    上から誰か下りてきた!

    なんと観光客が上から降りてきたのである。

    やはりここで合っていたようだ。

    かなり狭いので、道を譲ることさえ大変だった。

  • ここが例の”登るべきか登らざるか階段”である。<br /><br />気持ちに余裕のあった帰りに、階段上部から撮った写真。<br /><br />左下に見えるのが、石の階段。<br /><br />この写真には映っていないが、石の階段の反対側に小さな教会があった。<br /><br />使われているかは不明。<br /><br /><br /><br />

    ここが例の”登るべきか登らざるか階段”である。

    気持ちに余裕のあった帰りに、階段上部から撮った写真。

    左下に見えるのが、石の階段。

    この写真には映っていないが、石の階段の反対側に小さな教会があった。

    使われているかは不明。



  • ここが、階段を上ってすぐの場所である。<br /><br />昔って感じがする。

    ここが、階段を上ってすぐの場所である。

    昔って感じがする。

  • 右を向くとこんな感じ。<br /><br />屋根裏部屋みたいに薄暗い。

    右を向くとこんな感じ。

    屋根裏部屋みたいに薄暗い。

  • 階段を上って…<br /><br /><br /><br />目の前のドアが出口!<br /><br />

    階段を上って…



    目の前のドアが出口!

  • 振り返るとこんな感じ。<br /><br />手作り感満載。

    振り返るとこんな感じ。

    手作り感満載。

  • 入り口を出て見えるのは、ドーンと大きい鐘だ。<br /><br />口の部分が1.5&#8575;以上あるのでは。<br /><br /><br />そして意外と人が多い。<br /><br />日曜日ということもあり、観光客が10人ほどいる。<br /><br /><br />それからなによりも、修道女がいたのには驚きだ。<br /><br />5,6人で交代しながら鐘を鳴らしている。<br /><br />小さな鐘はいくつかに紐でまとめて鳴らすようにしているらしく、一人で何本もの紐を持って鐘を鳴らしている。<br /><br />下で見た無表情の修道女とは対照的に、彼女達は楽しそうに鐘を鳴らしていた。<br /><br /><br />残念ながら、その場面を写真に撮っていない。<br /><br />ジェスチャーで訊ねてみたが、駄目だった。<br /><br />

    入り口を出て見えるのは、ドーンと大きい鐘だ。

    口の部分が1.5ⅿ以上あるのでは。


    そして意外と人が多い。

    日曜日ということもあり、観光客が10人ほどいる。


    それからなによりも、修道女がいたのには驚きだ。

    5,6人で交代しながら鐘を鳴らしている。

    小さな鐘はいくつかに紐でまとめて鳴らすようにしているらしく、一人で何本もの紐を持って鐘を鳴らしている。

    下で見た無表情の修道女とは対照的に、彼女達は楽しそうに鐘を鳴らしていた。


    残念ながら、その場面を写真に撮っていない。

    ジェスチャーで訊ねてみたが、駄目だった。

  • ウラジーミル方面

    ウラジーミル方面

  • 小さな鐘とウラジーミル

    小さな鐘とウラジーミル

  • バガリュープスキー公の宮殿と

    バガリュープスキー公の宮殿と

  • モスクワ方面

    モスクワ方面

  • 長閑な…ってあれ、<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会じゃね?<br />左奥の。<br /><br />何と意外な場所から教会を発見。<br /><br /> {しかし、結構遠いな…。}(-_-メ)<br /><br /><br /><br />修道女たちの鐘の音を背に、教会を目指す!<br />

    長閑な…ってあれ、
















    ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会じゃね?
    左奥の。

    何と意外な場所から教会を発見。

     {しかし、結構遠いな…。}(-_-メ)



    修道女たちの鐘の音を背に、教会を目指す!

  • バガリュープスキー公の宮殿を出て、裏側へ。<br /><br />まだ川は凍っているらしい。<br /><br /><br />あの青い家は何だろうか。

    バガリュープスキー公の宮殿を出て、裏側へ。

    まだ川は凍っているらしい。


    あの青い家は何だろうか。

  • この辺りはダーチャが多いので、こんな風景も。<br /><br />なんだか羨ましい。<br /><br /><br />あの場所でピクニックしたい。

    この辺りはダーチャが多いので、こんな風景も。

    なんだか羨ましい。


    あの場所でピクニックしたい。

  • 鐘のある塔から見えた橋へ。<br /><br />観光客多いな。<br /><br />やっぱりそれだけ有名なのだろう。<br /><br />

    鐘のある塔から見えた橋へ。

    観光客多いな。

    やっぱりそれだけ有名なのだろう。

  • 橋の上から列車や線路が見下ろせる。

    橋の上から列車や線路が見下ろせる。

  • この白樺、味があるなあ…。<br /><br /><br />さあ、ここから歩きます。

    この白樺、味があるなあ…。


    さあ、ここから歩きます。

  • これが、ここの全容図である。<br /><br /><br />これぞロシアって感じの広さ。<br />

    これが、ここの全容図である。


    これぞロシアって感じの広さ。

  • 何処までも広い。<br /><br />ポツンヴァ・ナ・ネルリ教会が見える。<br /><br /><br /><br />なんか野良犬がうろうろしているなあと思っていたら、飼い犬だったみたい。<br /><br />まぎわらしい。<br /><br />ちょっとだけビビった。<br /><br />

    何処までも広い。

    ポツンヴァ・ナ・ネルリ教会が見える。



    なんか野良犬がうろうろしているなあと思っていたら、飼い犬だったみたい。

    まぎわらしい。

    ちょっとだけビビった。

  • 馬で向こうまで駆けて行きたい。

    馬で向こうまで駆けて行きたい。

  • きれいだね。

    きれいだね。

  • 横の写真

    横の写真

  • 正面写真

    正面写真

  • 下から<br /><br /><br /><br />それにしても、ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会の白は、空の色に映えるね。

    下から



    それにしても、ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会の白は、空の色に映えるね。

  • <br />これより帰還


    これより帰還

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 487円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集