イスタンブール 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

(写真はブルーモスク)<br /><br />トルコ、イスタンブールにやってきました。 久しぶりに訪れます。 <br />前回は8日間でトルコ一周という強行軍でしたので、今回は10泊ともここイスタンブールのみに滞在し、ボスポラスの生活をエンジョイします。 いまとても心地よい風が海を渡って吹いてきています。<br /><br />トルコは和歌山沖のエルトゥールル号沈没の時やイラク革命の際、互いに助けあった非常に親日的な国として知られています。<br /><br /> ・飛んで飛んで飛んで湧く沸くイスタンブール  <飛びます飛びます><br /><br /> ・長距離便外見たいのに映画館      <アウトドア派><br /><br />※以下1TL(トルコリラ)=50円換算、時差は短針がちょうど反対?6時間、

☆飛んでイスタンブール(旧市街)

25いいね!

2015/06/20 - 2015/07/01

383位(同エリア3627件中)

    31

    (写真はブルーモスク)

    トルコ、イスタンブールにやってきました。 久しぶりに訪れます。 
    前回は8日間でトルコ一周という強行軍でしたので、今回は10泊ともここイスタンブールのみに滞在し、ボスポラスの生活をエンジョイします。 いまとても心地よい風が海を渡って吹いてきています。

    トルコは和歌山沖のエルトゥールル号沈没の時やイラク革命の際、互いに助けあった非常に親日的な国として知られています。

     ・飛んで飛んで飛んで湧く沸くイスタンブール  <飛びます飛びます>

     ・長距離便外見たいのに映画館      <アウトドア派>

    ※以下1TL(トルコリラ)=50円換算、時差は短針がちょうど反対?6時間、

    同行者
    一人旅
    航空会社
    ターキッシュ エアラインズ

    PR

    • ボスポラス海峡と大橋が見えてきました。<br />TKの場合、ロシア側から南下し、黒海を超えてイスタンブールに入ります。<br />前方がアジアンサイドです。

      ボスポラス海峡と大橋が見えてきました。
      TKの場合、ロシア側から南下し、黒海を超えてイスタンブールに入ります。
      前方がアジアンサイドです。

    • シルケジ、Sホテル屋上レストランから<br /><br />まず泊まる場所は重要です。<br />条件は空港からを含め、交通が便利なこと。 街が賑やかで活気があること。 あまり観光地ズレしていないこと、等で当初はシルケジにしました。 ここなら空港から一回乗換えで来れるし、旧市街(歴史遺産地区)と新市街の狭間、フェリーや観光船の発着所でもあります。<br /><br /> なお交通手段として、長期滞在にはイスタンブールカードが便利です。 カード代として最初に10TLを払い10か20TLを入金します。 1回乗る毎にどこまででも2.15TLづつ引かれていきますので、6回乗ると元が取れます。 このカードは地下鉄、トラム、バス、フェリーなどに利用でき便利です。 また1回券はジェトンといって4TLです。 回数券はなくなったようです。 <br /><br />次に選ぶホテルも重要です。 安全性、清潔さ、コスパ、そして場所で選びます。ここSホテルはシルケジ駅から歩いて5分、なによりトラム沿いなので迷うこともありません。 トプカプ宮殿やアヤソフィアなどすべて徒歩10分圏内です。 さらにこのホテルは最上階レストラン(朝食会場)からボスポラス海峡が見渡せます。 この眺めだけで泊まる価値はありそうです。 <br />

      シルケジ、Sホテル屋上レストランから

      まず泊まる場所は重要です。
      条件は空港からを含め、交通が便利なこと。 街が賑やかで活気があること。 あまり観光地ズレしていないこと、等で当初はシルケジにしました。 ここなら空港から一回乗換えで来れるし、旧市街(歴史遺産地区)と新市街の狭間、フェリーや観光船の発着所でもあります。

       なお交通手段として、長期滞在にはイスタンブールカードが便利です。 カード代として最初に10TLを払い10か20TLを入金します。 1回乗る毎にどこまででも2.15TLづつ引かれていきますので、6回乗ると元が取れます。 このカードは地下鉄、トラム、バス、フェリーなどに利用でき便利です。 また1回券はジェトンといって4TLです。 回数券はなくなったようです。 

      次に選ぶホテルも重要です。 安全性、清潔さ、コスパ、そして場所で選びます。ここSホテルはシルケジ駅から歩いて5分、なによりトラム沿いなので迷うこともありません。 トプカプ宮殿やアヤソフィアなどすべて徒歩10分圏内です。 さらにこのホテルは最上階レストラン(朝食会場)からボスポラス海峡が見渡せます。 この眺めだけで泊まる価値はありそうです。 

    • アヤソフィア/Ayasofia Muzesi <br /><br /> 最初はやはり「アヤソフィア」から始めましょう。

      アヤソフィア/Ayasofia Muzesi 

       最初はやはり「アヤソフィア」から始めましょう。

    • アヤソフィア2<br /><br />4世紀、東方正教会の大聖堂として創建されたのですが、15世紀オスマン帝国時代にモスクに改修されました。

      アヤソフィア2

      4世紀、東方正教会の大聖堂として創建されたのですが、15世紀オスマン帝国時代にモスクに改修されました。

    • アヤソフィア3<br /><br />モスクといっても今は博物館・美術館となり、一般の人が礼拝に訪れるわけではありません。 (30TL) ちなみにこの猫はフリーパスだそうです。

      アヤソフィア3

      モスクといっても今は博物館・美術館となり、一般の人が礼拝に訪れるわけではありません。 (30TL) ちなみにこの猫はフリーパスだそうです。

    • アヤソフィア3<br /><br />かつて東ローマ帝国の首都だった経緯から、キリスト教関連のモザイク画や天井画がたくさん残っています。 通常は回教徒が入ってくるとこういったものはすべて破壊されますが、当時はキリスト教徒もたくさんいたので残ったのでしょう。

      アヤソフィア3

      かつて東ローマ帝国の首都だった経緯から、キリスト教関連のモザイク画や天井画がたくさん残っています。 通常は回教徒が入ってくるとこういったものはすべて破壊されますが、当時はキリスト教徒もたくさんいたので残ったのでしょう。

    • すぐ隣りはスルタンアフメッド・ジャーミイ(ブルーモスク)Sultanahmet Gamii<br /><br />尖塔(ミナレット)が6本あるのが特徴です。(通常2または4本) アヤソフィアとの大きな違いは、こちらは一般人が祈祷する寺院であって、毎週金曜日にはそれこそ何十万、何百万という回教徒が一斉にお祈りすわけですから、こういったモスクはイスタンブールだけで何百もあるわけです。観光寺院ではないので入場料はもちろん無料

      すぐ隣りはスルタンアフメッド・ジャーミイ(ブルーモスク)Sultanahmet Gamii

      尖塔(ミナレット)が6本あるのが特徴です。(通常2または4本) アヤソフィアとの大きな違いは、こちらは一般人が祈祷する寺院であって、毎週金曜日にはそれこそ何十万、何百万という回教徒が一斉にお祈りすわけですから、こういったモスクはイスタンブールだけで何百もあるわけです。観光寺院ではないので入場料はもちろん無料

    • ブルーモスク2  (Gamiiはモスクの意)<br /><br /> ダマスカスのウマイヤドモスクとどちらが大きいでしょうか?<br /><br /> ※シリヤ http://4travel.jp/travelogue/10552284

      ブルーモスク2 (Gamiiはモスクの意)

       ダマスカスのウマイヤドモスクとどちらが大きいでしょうか?

       ※シリヤ http://4travel.jp/travelogue/10552284

    • さて午後からボスポラスクルーズに出かけます。 第一、第二ボスポラス大橋を廻り約90分のショートクルーズとなります。(12TLと船は安い)<br />

      さて午後からボスポラスクルーズに出かけます。 第一、第二ボスポラス大橋を廻り約90分のショートクルーズとなります。(12TLと船は安い)

    • クルーズ2<br /><br /> ここは単に船旅を楽しむだけでなく、(ダーダネルス海峡を含め)どうしてこういった細長い海峡ができたか考えて欲しいものです。 もともと地中海、黒海、カスピ海、アラル海は数億年前まではテチス海として繋がっていたものです。 ここでは人は東西に、水は南北に流れる十字路なのです。

      クルーズ2

       ここは単に船旅を楽しむだけでなく、(ダーダネルス海峡を含め)どうしてこういった細長い海峡ができたか考えて欲しいものです。 もともと地中海、黒海、カスピ海、アラル海は数億年前まではテチス海として繋がっていたものです。 ここでは人は東西に、水は南北に流れる十字路なのです。

    • クルーズ3、オルタキョイ・ジャーミイ<br /><br /> オルタキョイに一度寄港します。

      クルーズ3、オルタキョイ・ジャーミイ

       オルタキョイに一度寄港します。

    • クルーズ4<br /><br /> かつて同じ回教国モロッコでは、女の子(幼稚園程度)の写真を撮ったら、その母親が靴を脱いで殴りかかってきたものでしたが、ここの戒律はそれほど厳しくはないようです。 ただ安全のためほとんど隠し撮りになります。(イスラムの教えでは、他人の女性の写真を撮るのはもちろん、女性の顔さえみてはいけないのです)

      クルーズ4

       かつて同じ回教国モロッコでは、女の子(幼稚園程度)の写真を撮ったら、その母親が靴を脱いで殴りかかってきたものでしたが、ここの戒律はそれほど厳しくはないようです。 ただ安全のためほとんど隠し撮りになります。(イスラムの教えでは、他人の女性の写真を撮るのはもちろん、女性の顔さえみてはいけないのです)

    • クルーズ5<br /><br /> やはりここイスタンブールは人気なのでしょう。 大型のクルーズ船が3-4隻は常時停泊しています。

      クルーズ5

       やはりここイスタンブールは人気なのでしょう。 大型のクルーズ船が3-4隻は常時停泊しています。

    • トプカプ宮殿 Topukapi Sarayi<br /><br /> 15世紀に完成したオスマン帝国スルタンの居城。 三方を海に囲まれた半島の突端に建つ。 このバラもどこか気品があります。<br />

      トプカプ宮殿 Topukapi Sarayi

       15世紀に完成したオスマン帝国スルタンの居城。 三方を海に囲まれた半島の突端に建つ。 このバラもどこか気品があります。

    • トプカプ宮殿2<br /><br /> ただ造りはアルハンブラ宮殿やヘネラリッフェ別邸のような洗練された気品、美しさ、統一感がないように思う。 場所が最高なだけに残念です。 

      トプカプ宮殿2

       ただ造りはアルハンブラ宮殿やヘネラリッフェ別邸のような洗練された気品、美しさ、統一感がないように思う。 場所が最高なだけに残念です。 

    • トプカプ宮殿3<br /><br /> 入場料は30TL、見所がさくさんあるだけに入場料は馬鹿にならない。<br /><br /> 

      トプカプ宮殿3

       入場料は30TL、見所がさくさんあるだけに入場料は馬鹿にならない。

       

    • トプカプ宮殿4 宝物殿<br /><br /> この宮殿の見所は宝物殿のダイヤ、エメラルド、サファイアなどの宝石群だが、隣のテラスからのボスポラス海峡の眺めがそれ以上にすばらしい。

      トプカプ宮殿4 宝物殿

       この宮殿の見所は宝物殿のダイヤ、エメラルド、サファイアなどの宝石群だが、隣のテラスからのボスポラス海峡の眺めがそれ以上にすばらしい。

    • トプカプ宮殿5 厨房<br /><br />

      トプカプ宮殿5 厨房

    • 考古学博物館・古代東方博物館   <br /><br /> トプカプ宮殿とアヤソフィアの間にある。 アレキサンダー大王の像や石棺などあるはずだが工事中のため不明

      考古学博物館・古代東方博物館   

       トプカプ宮殿とアヤソフィアの間にある。 アレキサンダー大王の像や石棺などあるはずだが工事中のため不明

    • 入場料、合わせて12TLはお得です。<br /><br />これアレキサンダー大王でしょうか?(説明書きもなし)

      入場料、合わせて12TLはお得です。

      これアレキサンダー大王でしょうか?(説明書きもなし)

    1件目~20件目を表示(全31件中)

    この旅行記のタグ

      25いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      イスタンブール(トルコ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集