ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
(写真はロンドン塔)<br /><br />今までこれだけの街に来たことがないという不思議。<br />どうも私には英国自体暗いイメージがあり、遠ざけていたようだ。ただ来てみれば他のヨーロッパ諸国とそれほど変わらず明るいし、旅行者もいろんな国からたくさん来ているようだ。なにせ大英帝国なのだ。近代文明発祥の地であって見どころには困らない。<br /><br /> ただ物価は高い。ホテル、交通費、入場料、食事代など今まで廻ってきた南欧の5割増しといったところか。今回は近郊のコッツウォルズやストーンヘンジは行けなかったがグリニッジには足を伸ばすことができた。<br /><br /> 北緯50度以北(サハリン中央あたり)にあるというのになんと恵まれた国なのだろう。たくさんの花々が咲き、緑の木々や公園に溢れているが、北のスコットランドはどういうところなのだろう。いろんな民話や神話もたくさんあるに違いない。魔女やハリーポッターやネッシーに会えるかもしれない。また訪れたい国のひとつとなった。<br /><br />今回の旅はもうすぐ終わる。帰れば暑い夏がやってくる。

◎いい街一人旅:ロンドン

14いいね!

2013/05/04 - 2013/05/09

2905位(同エリア9331件中)

旅行記グループ ヨーロッパ

0

28

悠遊人(ゆうゆうじん)

悠遊人(ゆうゆうじん)さん

(写真はロンドン塔)

今までこれだけの街に来たことがないという不思議。
どうも私には英国自体暗いイメージがあり、遠ざけていたようだ。ただ来てみれば他のヨーロッパ諸国とそれほど変わらず明るいし、旅行者もいろんな国からたくさん来ているようだ。なにせ大英帝国なのだ。近代文明発祥の地であって見どころには困らない。

 ただ物価は高い。ホテル、交通費、入場料、食事代など今まで廻ってきた南欧の5割増しといったところか。今回は近郊のコッツウォルズやストーンヘンジは行けなかったがグリニッジには足を伸ばすことができた。

 北緯50度以北(サハリン中央あたり)にあるというのになんと恵まれた国なのだろう。たくさんの花々が咲き、緑の木々や公園に溢れているが、北のスコットランドはどういうところなのだろう。いろんな民話や神話もたくさんあるに違いない。魔女やハリーポッターやネッシーに会えるかもしれない。また訪れたい国のひとつとなった。

今回の旅はもうすぐ終わる。帰れば暑い夏がやってくる。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
2.0
グルメ
3.0
交通
4.0

PR

  • ケンジントンガーデン<br /><br /> バルセロナから約2時間。雪を被ったピレネーを超えてきた。ヒースロー空港から鉄道EXP.でパディントンまで約20分で20ポンドとお高い。地下鉄乗り換えで5.7ポンド。観光にはやはり1日券が便利で7.5ポンド。(1ポンド=\160円)、ホテルに早めにチェックインできたので近くのケンジントンやハイドパークを歩いてみる。<br /><br /> この脳血管のような木々はロンドンの公園などではどこでも見られるのですがなんという木でしょうか、気になります。木の幹がボコボコでよく英国映画や絵に出てきます。

    ケンジントンガーデン

     バルセロナから約2時間。雪を被ったピレネーを超えてきた。ヒースロー空港から鉄道EXP.でパディントンまで約20分で20ポンドとお高い。地下鉄乗り換えで5.7ポンド。観光にはやはり1日券が便利で7.5ポンド。(1ポンド=\160円)、ホテルに早めにチェックインできたので近くのケンジントンやハイドパークを歩いてみる。

     この脳血管のような木々はロンドンの公園などではどこでも見られるのですがなんという木でしょうか、気になります。木の幹がボコボコでよく英国映画や絵に出てきます。

  • 5/5地下鉄ピカデリーサーカスで降り、トラファルガー広場からバッキンガム宮殿に歩く。<br /><br /> エリザゼス女王がお住まいだが、庭の明るさ・華やかさにはビックリ つい先日訪れた昭和記念公園を思い出してしまいました。オランダを含めロイヤルファミリーはチューリップがお好きなようです。<br />http://4travel.jp/traveler/janal/album/10765839/<br />

    5/5地下鉄ピカデリーサーカスで降り、トラファルガー広場からバッキンガム宮殿に歩く。

     エリザゼス女王がお住まいだが、庭の明るさ・華やかさにはビックリ つい先日訪れた昭和記念公園を思い出してしまいました。オランダを含めロイヤルファミリーはチューリップがお好きなようです。
    http://4travel.jp/traveler/janal/album/10765839/

  • バッキンガム宮殿2<br /><br /> この庭から、かのダイアナ王妃を連想してしまう

    バッキンガム宮殿2

     この庭から、かのダイアナ王妃を連想してしまう

  • 市内タクシーはこのようなもの<br /><br /> レトロチックでかわいい、色はいろいろ

    市内タクシーはこのようなもの

     レトロチックでかわいい、色はいろいろ

  • ウエストミンスター大聖堂<br /><br /> バッキンガム宮殿から歩きますが、ここは素通りします

    ウエストミンスター大聖堂

     バッキンガム宮殿から歩きますが、ここは素通りします

  • ビッグベン<br /><br /> また少し歩くと国会議事堂です。<br />ここも素通りです。

    ビッグベン

     また少し歩くと国会議事堂です。
    ここも素通りです。

  • ビッグベン前<br /><br /> 日曜日のせいか、どこへ行っても観光客がゴチャゴチャいます。まあ、私もその一人ではありますが・・・<br />

    ビッグベン前

     日曜日のせいか、どこへ行っても観光客がゴチャゴチャいます。まあ、私もその一人ではありますが・・・

  • ロンドン塔<br /><br /> これはテムズと繋がった水牢のようです<br />入場料はついに20ポンドを超えました。<br />入りません、入れません。<br />悪いことをすれば無料で入れるかもしれません。

    ロンドン塔

     これはテムズと繋がった水牢のようです
    入場料はついに20ポンドを超えました。
    入りません、入れません。
    悪いことをすれば無料で入れるかもしれません。

  • 大英博物館<br /><br /> ここには寄りましょう<br />

    大英博物館

     ここには寄りましょう

  • 大英博物館2<br /><br /> ここの入場券は以外に無料です。(寄付制)<br />もっともかつての大英帝国が世界各地からかっさらってきたものだから、高い入場料を取るなど許せません。そもそもポルトガルは一箇所約1,000円、バルセロナでは\2,000ですが、ロンドンに至っては約\3,000もするのです。(ただし入場無料もある)交通費と入場料を合わせると今日もまともな食事はできません。まあ、私はバゲット・サンドイッチ(チーズやハムを挟んだフランスパン)とビールがあれば生きていけますので、特に問題ありませんが。それにしても日常の物価の高さは日本の2〜3倍はする感じです。

    大英博物館2

     ここの入場券は以外に無料です。(寄付制)
    もっともかつての大英帝国が世界各地からかっさらってきたものだから、高い入場料を取るなど許せません。そもそもポルトガルは一箇所約1,000円、バルセロナでは\2,000ですが、ロンドンに至っては約\3,000もするのです。(ただし入場無料もある)交通費と入場料を合わせると今日もまともな食事はできません。まあ、私はバゲット・サンドイッチ(チーズやハムを挟んだフランスパン)とビールがあれば生きていけますので、特に問題ありませんが。それにしても日常の物価の高さは日本の2〜3倍はする感じです。

  • 旅は未来にはいけませんが、過去にはどこまでも行けるのです。だから人は時空を超えて体験できる遺跡や古い街が好きなのでしょう。残すべきものはしっかりと残さなければなりません。

    旅は未来にはいけませんが、過去にはどこまでも行けるのです。だから人は時空を超えて体験できる遺跡や古い街が好きなのでしょう。残すべきものはしっかりと残さなければなりません。

  • 大英博物館4、ラムセス二世<br /><br /> やはりエジプトやギリシャ、ローマなどのものがすばらしいのですが、日本コーナーもあります。埴輪や鎧、刀など、歌川国芳のどくろの浮世絵もありました。でも浮世絵飾るなら北斎でしょう。

    大英博物館4、ラムセス二世

     やはりエジプトやギリシャ、ローマなどのものがすばらしいのですが、日本コーナーもあります。埴輪や鎧、刀など、歌川国芳のどくろの浮世絵もありました。でも浮世絵飾るなら北斎でしょう。

  • イングリッシュ・パブは街を歩いていて、ちょっと喉が渇いたときや小腹が空いた時に気軽にはいれるお店です。朝から晩までずっとやっているので便利。名物はフィッシュ&フライ<br />

    イングリッシュ・パブは街を歩いていて、ちょっと喉が渇いたときや小腹が空いた時に気軽にはいれるお店です。朝から晩までずっとやっているので便利。名物はフィッシュ&フライ

  • イングリッシュ・パブ<br /><br /> 言われているほどマズくはありません。ハンバーガー屋さんなどよりよっぽど雰囲気がありますよ。ビール党には最高ですね。<br /><br /><br /><br /> 

    イングリッシュ・パブ

     言われているほどマズくはありません。ハンバーガー屋さんなどよりよっぽど雰囲気がありますよ。ビール党には最高ですね。



     

  • 5/6 ここはあのビートルズのアビーロードの表紙になった横断歩道です。三番目を歩いていたのは***でしたね。後ろの建物はアビーロードスタジオ。そういえば解散直前に屋上で「Get back」などを演奏したアップルレコードの建物はどこにあるのでしょうか。

    5/6 ここはあのビートルズのアビーロードの表紙になった横断歩道です。三番目を歩いていたのは***でしたね。後ろの建物はアビーロードスタジオ。そういえば解散直前に屋上で「Get back」などを演奏したアップルレコードの建物はどこにあるのでしょうか。

  • ナショナル・ギャラリー<br /><br /> ここには日本中の美術館をすべて集めてもかなわないほどの?絵が収められています。しかも無料です。(大英博物館と同じく寄付制) 表のライオンは三越の像のモデルのようです。

    ナショナル・ギャラリー

     ここには日本中の美術館をすべて集めてもかなわないほどの?絵が収められています。しかも無料です。(大英博物館と同じく寄付制) 表のライオンは三越の像のモデルのようです。

  • コベント・ガーデン<br /><br /> 市場のようなので来てみたのですが・・・<br />私にはあまり縁がないみたいでした。

    コベント・ガーデン

     市場のようなので来てみたのですが・・・
    私にはあまり縁がないみたいでした。

  • ライセスター広場あたり<br /><br /> どっか垢ぬけているんだよねェ

    ライセスター広場あたり

     どっか垢ぬけているんだよねェ

  • ソーホー<br /><br /> 小さな広場ですが、近くにはマルクスやモーツアルトも住んでいたようです。ただ名前に惹かれてやって来ましたが、とてもいい雰囲気です。<br />日本では町の中心は「駅」ですが、欧州では「広場」です。革命は広場から始まるのです。

    ソーホー

     小さな広場ですが、近くにはマルクスやモーツアルトも住んでいたようです。ただ名前に惹かれてやって来ましたが、とてもいい雰囲気です。
    日本では町の中心は「駅」ですが、欧州では「広場」です。革命は広場から始まるのです。

  • ソーホー2

    ソーホー2

  • ピカデリー・サーカス (エロスの像前)<br /><br /> この広場は大英帝国華やかりし頃、世界の中心と言われたところ。どこに行くにも起点となる。空港からのunderground(地下鉄の呼称)Piccadilly lineと南北に走るBakerloo lineの合流点

    ピカデリー・サーカス (エロスの像前)

     この広場は大英帝国華やかりし頃、世界の中心と言われたところ。どこに行くにも起点となる。空港からのunderground(地下鉄の呼称)Piccadilly lineと南北に走るBakerloo lineの合流点

  • パディントン駅構内<br /><br /> 東京で言えば上野駅ということになるのでしょうか。<br />鉄道(空港と直結20分)や地下鉄が数本入ってきています。<br />今回はこの近くに宿をとりました。なんといっても交通が便利。英国はインドなどかつての植民地を含め、鉄道駅内の設備(レストランやスーパーなど)が充実しているし、値段も安い。”英国/旧英国領で困ったら鉄道駅に行け!”

    パディントン駅構内

     東京で言えば上野駅ということになるのでしょうか。
    鉄道(空港と直結20分)や地下鉄が数本入ってきています。
    今回はこの近くに宿をとりました。なんといっても交通が便利。英国はインドなどかつての植民地を含め、鉄道駅内の設備(レストランやスーパーなど)が充実しているし、値段も安い。”英国/旧英国領で困ったら鉄道駅に行け!”

  • パディントン駅前通り<br /><br /> 建物はこんな感じ、街自体の建物がこんな感じ、<br />ロンドン自体がこんな感じ・・・どうも暗くて固いイメージでしたが、決してそんなことはありません。比べて日本の街はどうも電線や歩道橋が目立ちすぎで窮屈です。特に歩道橋は人間無視の見たくない建造物です。

    パディントン駅前通り

     建物はこんな感じ、街自体の建物がこんな感じ、
    ロンドン自体がこんな感じ・・・どうも暗くて固いイメージでしたが、決してそんなことはありません。比べて日本の街はどうも電線や歩道橋が目立ちすぎで窮屈です。特に歩道橋は人間無視の見たくない建造物です。

  • 5/7 今日はグリニッチ天文台へ (壁にRoyal Observatory Greenwich)<br /><br /> 市内から約2時間、このラインもメトロ1日券は有効です。ただどういうわけか1ポンドほど余計に取られました。(曜日の関係?)まさにここは旅行屋の原点のひとつでしょう。嬉しさがこみ上げてきます。大きな町では近郊に出かけるといいものです。

    5/7 今日はグリニッチ天文台へ (壁にRoyal Observatory Greenwich)

     市内から約2時間、このラインもメトロ1日券は有効です。ただどういうわけか1ポンドほど余計に取られました。(曜日の関係?)まさにここは旅行屋の原点のひとつでしょう。嬉しさがこみ上げてきます。大きな町では近郊に出かけるといいものです。

  • グリニッチ天文台<br /> これがまさに本初子午線(Prime meridian at Greenwich)です。前方が北<br /><br />・12時間はるばるきたでグリニッチ<br />      今日は明日か明日が今日か    <+9時>

    グリニッチ天文台
     これがまさに本初子午線(Prime meridian at Greenwich)です。前方が北

    ・12時間はるばるきたでグリニッチ
          今日は明日か明日が今日か    <+9時>

  • 旧王立海軍学校 PAINTED HALL<br /><br /> グリニッチ天文台から歩いて5分ほど。テムズ川沿い<br />この海軍学校のホールの天井や壁の絵はすごい。ネルソン提督の遺体もトラファルガーの戦いの後、ここに一時安置されたという。 かの東郷平八郎もここで天体航法を学んでいる。

    旧王立海軍学校 PAINTED HALL

     グリニッチ天文台から歩いて5分ほど。テムズ川沿い
    この海軍学校のホールの天井や壁の絵はすごい。ネルソン提督の遺体もトラファルガーの戦いの後、ここに一時安置されたという。 かの東郷平八郎もここで天体航法を学んでいる。

  • 旧王立海軍学校2<br /><br /> 今日もまた現金が足りなくなり、二度も両替をしました。 ある大手銀行はUS100$を54ポンドと言い、ホテル近くの両替屋は62ポンドくれました。 またホテル近くの雑貨屋では1.5Lのミネラルウォーター1.4ポンドだったものが、ピカデリー・サーカスのスーパーでは0.8ポンドでした。 要は高い店もあるし、安い店もある。一概に物価高というわけでもないようです。 たった1週間程度の観光旅行じゃあなにもわかりません。

    旧王立海軍学校2

     今日もまた現金が足りなくなり、二度も両替をしました。 ある大手銀行はUS100$を54ポンドと言い、ホテル近くの両替屋は62ポンドくれました。 またホテル近くの雑貨屋では1.5Lのミネラルウォーター1.4ポンドだったものが、ピカデリー・サーカスのスーパーでは0.8ポンドでした。 要は高い店もあるし、安い店もある。一概に物価高というわけでもないようです。 たった1週間程度の観光旅行じゃあなにもわかりません。

  • カティサーク号(船底)<br /><br /> 中国から茶の運搬に使われた帆船です。 帆船ですから船底には何もありません。 隣ののCAFEにはカテイサーク(ウイスキー)が置いてありました。<br />28人の船員で100日ちょっとで運んだそうです。 一番茶を運べば莫大な利益になったので、スピード優先のとてもスマートな設計です。<br /><br />さて明日は日本に帰ります。<br />ここまで頑張ってくれたスーツケースに感謝です。 10年100回以上の渡航に付き合ってくれました。キャスターはうまく回らなくなり、取っ手のネジは吹っ飛び、鍵穴は壊れ、押さえのゴムは伸びきりましたが、それでもなんとか最後まで耐えてくれそうです。<br />次回は北欧、バルト三国あたりを目指します。

    カティサーク号(船底)

     中国から茶の運搬に使われた帆船です。 帆船ですから船底には何もありません。 隣ののCAFEにはカテイサーク(ウイスキー)が置いてありました。
    28人の船員で100日ちょっとで運んだそうです。 一番茶を運べば莫大な利益になったので、スピード優先のとてもスマートな設計です。

    さて明日は日本に帰ります。
    ここまで頑張ってくれたスーツケースに感謝です。 10年100回以上の渡航に付き合ってくれました。キャスターはうまく回らなくなり、取っ手のネジは吹っ飛び、鍵穴は壊れ、押さえのゴムは伸びきりましたが、それでもなんとか最後まで耐えてくれそうです。
    次回は北欧、バルト三国あたりを目指します。

この旅行記のタグ

関連タグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ヨーロッパ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集