旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Berg Heilさんのトラベラーページ

Berg Heilさんの旅行記全409 »

旅行記をもっと見る

Berg Heilさんの写真全8,436 »

写真をもっと見る

Berg Heilさんのクチコミ全11 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

Berg HeilさんのQ&A

回答(7件)

  • チューリンゲンカードを使用された事のある方アドバイスをお願いします。

    ご存知の方、アドバイスお願いします。
    7月にエアフルトに4泊する予定なのですが、エアフルト近郊の町を列車で移動し散策したいと思っています。列車のチケットを都度購入した方が良いのか?チューリンゲンカー...もっと見る

    この回答は1人の人に役立ちました

    • 回答日:2011/05/23 13:13:06
    • 回答者: Berg Heilさん
    • 経験:あり

    お薦めの街の件、小生の勘違いで、アルテンブルクの城のカメラスポットはザーレ川と対岸と書きましたが、メルゼブルク(Merseburg)の間違いでした。粗忽は我が家に家風、ご容赦!! いささか耄碌してきたのかも???

  • チューリンゲンカードを使用された事のある方アドバイスをお願いします。

    ご存知の方、アドバイスお願いします。
    7月にエアフルトに4泊する予定なのですが、エアフルト近郊の町を列車で移動し散策したいと思っています。列車のチケットを都度購入した方が良いのか?チューリンゲンカー...もっと見る

    この回答は1人の人に役立ちました

    • 回答日:2011/05/21 11:45:20
    • 回答者: Berg Heilさん
    • 経験:あり

    私が昨年5月 Erfurt ベースキャンプにして、訪問した町は以下の通りです。もしよろしければ投稿した旅行記を覗いて下さい。少しでも参考になれば? 

    Muelhausen Gotah Saalfeld Rudolstadt Meiningen Schmalkalden Ilmenau Arnstadt Sangenhausen Eisleben

    2006年10月にカミサンと訪問したその付近の街のお薦めは(旅行記あり)

    Naumburg Merseburg Altenburg 等です。

  • チューリンゲンカードを使用された事のある方アドバイスをお願いします。

    ご存知の方、アドバイスお願いします。
    7月にエアフルトに4泊する予定なのですが、エアフルト近郊の町を列車で移動し散策したいと思っています。列車のチケットを都度購入した方が良いのか?チューリンゲンカー...もっと見る

    この回答は1人の人に役立ちました

    • 回答日:2011/05/20 16:10:04
    • 回答者: Berg Heilさん
    • 経験:あり

    チューリンゲン・カードの件、昨年エアフルト駅前のインターシティー・ホテルに6泊して、主にチューリンゲンの森(山地)に点在する小さな街々を訪ねました。一日100Km 以上鉄道を使うならばジャーマンレイルパスの方がお得だと何かのガイドブックで読んだ記憶があります。チューリンゲンカードのパンフレットはエアフルトの観光案内所から前もって送ってもらったいくつかの資料の中にあり、参考にしましたが、結局レイル・パスにしました。特にICE 等に長距離乗車する時はお得かも知れません。

    余分なおせっかい:この地を訪ねるならば、マルティン・ルター バッハ ゲーテの縁の町が数多くありますので、少しばかりこの人達の知識を仕込んでいったら町の記憶が違います。

    Frau Utamiumiu のご先祖様の彫像がある、ナウムブルクの大聖堂。ゴータのフリーデンシュタイン城。アルテンブルクの城、特にここではザーレ川に下りて、対岸から水辺を入れての城のアングルはお薦めのカメラポイント。
    後は以外に農民戦争縁の地のミュールハウゼンもお薦めです。古い町の壁が残っていますので、特に西門を出て、少しばかり遠くから町を眺めますと、昔の人達が長旅でようやく町にたどり着いた気持ちが湧いてきます。

    いささか余分な事の書きすぎ、ことに依ったら「大きなお世話」。御容赦を!! Gute Reise !!


回答をもっと見る

質問(0件)

Berg Heilさん

Berg Heilさん 写真

16国・地域渡航

10都道府県訪問

Berg Heilさんにとって旅行とは

独逸を中心に「中欧近代史の確認」そして「神聖羅馬帝国の影を求めて」なんて自分勝手に旅のテーマとして格好をつけてはいるが、よく考えてみれば何の事は無い、「物見遊山」以外のなにものでもない。

自分を客観的にみた第一印象

2016年5月 いよいよ八十路に入った。閑居 蟄居 隠居の身になるも、「枯れず」「悟らず」「惚けず」をモットーに野次馬精神にて生き抜く所存也。

60歳にて浪人になり、独逸及び中欧の国々への旅17回。 訪ねた街々は 独逸153 オーストリア43 チェコ11 ハンガリー2 スロバキア1 リヒテンシュタイン1(1970年代に 台湾 香港 澳門 マニラ シンガポール バンコック ロンドン ローマ パリを旅したが、当時の事ゆえ同業者仲間のグループツアー)

些かキザなれど、人生ノーサイド迄は「旅への憧れ」と「少年の心」を持ち続けたいもの。往年の山男 老いてなおボヘミアン 人生の日没迄ソコソコ時間が有りそうだ。

大好きな場所

独逸を中心にした中央ヨーロッパ、歴史的に多かれ少なかれ、独逸の影響を受けている所。いわばかっての独逸のテリトリー。

大好きな理由

なんとなくこの地域は己の波長に合う。

行ってみたい場所

ポーランド そして三十年戦争講和の地 ウエストファリア条約が締結された ミュンスターとオスナブリュック

現在16の国と地域に訪問しています

現在10都道府県に訪問しています