東山・祇園・北白川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
約45年前、私の旅の原点である今は亡き、大垣行夜行普通列車(現在、季節列車「ムーンライトながら」に名残がありますが、2020年3月以後は運行されていないようです。)で何度も行き来した緊急事態宣言明け初日の京都に再び、通う事にしました。(阪急阪神電車の株主優待券を使い、第二の故郷・関西より何度も京都に通う予定です。今回は一日で京都市内を寺の拝観をせず、ざっと回ります。観光客の少なさに驚きましたが、静かな京都を楽しみました。)経費はバス一日乗車券600円(水分補給 昼食・夕食ともコンビニ弁当)のみです。<br />{旅程}<br />①2021年6月21日(月)<br />関西6:00(阪急)6:28十三6:33(阪急)7:15京都河原町着。ファミマ四条京阪で バス一日券(600円)と昼食のサンド・オニギリ購入します。<br />1)(早朝の祇園観光)河原町(木屋町通 先斗町) 四条大橋 鴨川 祇園に入り、出雲阿国像 南座 北座跡 白川南通 辰巳大明神 巽橋 新橋 白川 切り通し 花見小路通 弥栄会館(ギオンコーナー) 建仁寺(北門・法堂・本坊) 高瀬川を通り<br />四条河原町8:00(市バス)8:14京都駅に行きます。京都駅 京都タワーを見て<br />2)東本願寺(真宗大谷派の本山 御影堂・門 阿弥陀堂 門 鐘楼 噴水) <br />3)西本願寺(浄土真宗本願寺派の本山 親鸞聖人 太鼓楼 阿弥陀堂・門 御影堂・門 唐門)と歩き、<br />大宮七条8:50(バス207)8:53東門前に着きます。<br />4)東寺(元は国立寺院 後に真言密教の根本道場 慶賀門 大師堂 食堂 講堂 金堂(薬師如来像) 五重塔 南大門) (毎月21日は「弘法市」ですが、露天は中止でした。)<br />東寺南門前9:10(市バス202 208)9:30東福寺に行き、<br />5)東福寺(摂政・九条道家の祖父を弔う寺 仁王門 月下門 洗玉澗 臥雲橋 日下門 鐘楼 経蔵 本堂 三門 六波羅門 勅使門 思還門 浴室 十三石塔 五社大明神 方丈)を急いで見学し、<br />東福寺10:01(バス202 207)10:11五条坂に行きます。 <br />6)(東山・岡崎・哲学の道を散策)大谷本廟 清水新道(茶碗坂)を登り、 <br />7)清水寺(778年草庵798年坂上田村麻呂が寺院) 仁王門 鐘楼 三重塔 西門十一重層石塔 経堂 濡れ手観音 弁財天 開山堂 朝倉堂 首振地蔵) 清水坂を下り、 <br />8)産寧坂(維新道(霊山本廟親鸞聖人御廟)を見て) 二寧坂 八坂の塔(法観寺聖徳太子の寺) 八坂庚申堂 霊山護国寺入口 寧々の坂を通り 高台寺(秀吉の菩提を弔う寺院ネネ創建 勅使門) 石塀小路 割烹「浜作」 大谷御廟入口と歩き <br />9)八坂神社(斉明天皇の創祀)石鳥居 南楼門 舞殿 本殿) 円山公園(祇園シダレ桜 ヒョウタン池)で少し休み、<br />10)知恩院(法然上人の草庵 浄土宗の総本山)三門 男坂 多宝塔 阿弥陀堂 御影堂 北門 黒門) 車道中の瓜生石を見て、青蓮院門跡(四脚門 クスノキ) 粟田口おおとすの庭 粟生口隧道(ねじりまんぽ)をくぐり、<br />11)昼食(蹴上疎水公園でサンド・オニギリ)(田辺朔郎博士像 発電所導水管 インクライン 義経地蔵)を見て、<br />12)南禅寺(亀山天皇が離宮を禅寺に改修)金地院 天授庵 勅使門 三門 法堂 方丈 水路閣 南禅院 鐘楼 R奥丹 大寂門) 野村美術館を通り、永観堂(禅林寺) (浄土宗 南門 総門 放生池)を通り、<br />13)哲学の道(若王子橋 若王子神社 大豊神社(狛猿・鼠・蛇・鶏・狐等を見ます。) 霊鑑寺 安楽寺 法然院(山門 白砂壇 本堂) 西田幾太郎石碑 弥勒院(幸地蔵院 護摩堂)と哲学の道を歩き、 銀閣寺(足利義政の隠居後の山荘) 白沙村荘<br />を通り、(ここで急行バス102が運休の為、予定変更。 金閣寺 仁和寺を止め)<br />銀閣寺道13:52(市バス203 京大 百万遍 出町柳 下鴨神社 京都御所 北野白梅駅を通り)14:18西ノ京円町(JR円町駅)14:29(京都バス91)15:01嵯峨釈迦堂前に着きます。<br />(嵯峨野・嵐山散策)<br />14)清涼寺(仁王門 本堂 阿弥陀堂 鐘楼 多宝塔)を見学し、<br />嵯峨釈迦堂前15:23(京都バス94 大覚寺)15:31鳥居本に着きます。 <br />15)化野念仏寺(弘法大師の建立の如来寺)化野町 後亀山天皇五輪塔陵墓 陵主祠 人形の家 祇王寺(清盛の寵愛の白拍子・祇王が尼になった寺) 滝口寺 壇林寺 二尊院(嵯峨天皇の建立 総門) 落柿舎(向井去来の庵) 有恵子内親王墓 <br />常寂光寺(藤原定家の別荘・時雨亭 山門 ) 小倉池 御髪神社 トロッコ嵐山駅 <br />大河内山荘(大河内伝次郎の別荘) 竹林の道と歩き、 <br />16)野宮神社(白福稲荷大明神 神石(亀石) 大山弁財天) 山陰本線線路を渡り 竹林の散歩道を歩き、百人一首文芸苑を見て、天龍寺(後醍醐天皇を弔う禅寺)(総門 勅使門 中門 庫裏 法堂 放生池)を見て <br />17)コンビニ買物(夕食 ビール)をします。嵐山羅漢 宝厳院(天竜寺の塔頭寺院) 文華館 小督塚 福田美術館 嵐山頓宮 渡月橋を渡り、桂川を見ながら中ノ島で(夕食)を食べます。<br />阪急嵐山駅17:33(阪急)桂(乗換)十三(阪急)関西(自宅に戻ります。)<br />忙しく疲れた一日でした。<br /><br />

2021年6月京都(1)祇園 東・西本願寺 東寺 東福寺 東山散策(清水寺ー永観堂) 南禅寺 哲学の道 清涼寺 嵐山・嵯峨野)

54いいね!

2021/06/21 - 2021/06/21

514位(同エリア5922件中)

愛猫シロネコ

愛猫シロネコさん

約45年前、私の旅の原点である今は亡き、大垣行夜行普通列車(現在、季節列車「ムーンライトながら」に名残がありますが、2020年3月以後は運行されていないようです。)で何度も行き来した緊急事態宣言明け初日の京都に再び、通う事にしました。(阪急阪神電車の株主優待券を使い、第二の故郷・関西より何度も京都に通う予定です。今回は一日で京都市内を寺の拝観をせず、ざっと回ります。観光客の少なさに驚きましたが、静かな京都を楽しみました。)経費はバス一日乗車券600円(水分補給 昼食・夕食ともコンビニ弁当)のみです。
{旅程}
①2021年6月21日(月)
関西6:00(阪急)6:28十三6:33(阪急)7:15京都河原町着。ファミマ四条京阪で バス一日券(600円)と昼食のサンド・オニギリ購入します。
1)(早朝の祇園観光)河原町(木屋町通 先斗町) 四条大橋 鴨川 祇園に入り、出雲阿国像 南座 北座跡 白川南通 辰巳大明神 巽橋 新橋 白川 切り通し 花見小路通 弥栄会館(ギオンコーナー) 建仁寺(北門・法堂・本坊) 高瀬川を通り
四条河原町8:00(市バス)8:14京都駅に行きます。京都駅 京都タワーを見て
2)東本願寺(真宗大谷派の本山 御影堂・門 阿弥陀堂 門 鐘楼 噴水)
3)西本願寺(浄土真宗本願寺派の本山 親鸞聖人 太鼓楼 阿弥陀堂・門 御影堂・門 唐門)と歩き、
大宮七条8:50(バス207)8:53東門前に着きます。
4)東寺(元は国立寺院 後に真言密教の根本道場 慶賀門 大師堂 食堂 講堂 金堂(薬師如来像) 五重塔 南大門) (毎月21日は「弘法市」ですが、露天は中止でした。)
東寺南門前9:10(市バス202 208)9:30東福寺に行き、
5)東福寺(摂政・九条道家の祖父を弔う寺 仁王門 月下門 洗玉澗 臥雲橋 日下門 鐘楼 経蔵 本堂 三門 六波羅門 勅使門 思還門 浴室 十三石塔 五社大明神 方丈)を急いで見学し、
東福寺10:01(バス202 207)10:11五条坂に行きます。
6)(東山・岡崎・哲学の道を散策)大谷本廟 清水新道(茶碗坂)を登り、
7)清水寺(778年草庵798年坂上田村麻呂が寺院) 仁王門 鐘楼 三重塔 西門十一重層石塔 経堂 濡れ手観音 弁財天 開山堂 朝倉堂 首振地蔵) 清水坂を下り、
8)産寧坂(維新道(霊山本廟親鸞聖人御廟)を見て) 二寧坂 八坂の塔(法観寺聖徳太子の寺) 八坂庚申堂 霊山護国寺入口 寧々の坂を通り 高台寺(秀吉の菩提を弔う寺院ネネ創建 勅使門) 石塀小路 割烹「浜作」 大谷御廟入口と歩き
9)八坂神社(斉明天皇の創祀)石鳥居 南楼門 舞殿 本殿) 円山公園(祇園シダレ桜 ヒョウタン池)で少し休み、
10)知恩院(法然上人の草庵 浄土宗の総本山)三門 男坂 多宝塔 阿弥陀堂 御影堂 北門 黒門) 車道中の瓜生石を見て、青蓮院門跡(四脚門 クスノキ) 粟田口おおとすの庭 粟生口隧道(ねじりまんぽ)をくぐり、
11)昼食(蹴上疎水公園でサンド・オニギリ)(田辺朔郎博士像 発電所導水管 インクライン 義経地蔵)を見て、
12)南禅寺(亀山天皇が離宮を禅寺に改修)金地院 天授庵 勅使門 三門 法堂 方丈 水路閣 南禅院 鐘楼 R奥丹 大寂門) 野村美術館を通り、永観堂(禅林寺) (浄土宗 南門 総門 放生池)を通り、
13)哲学の道(若王子橋 若王子神社 大豊神社(狛猿・鼠・蛇・鶏・狐等を見ます。) 霊鑑寺 安楽寺 法然院(山門 白砂壇 本堂) 西田幾太郎石碑 弥勒院(幸地蔵院 護摩堂)と哲学の道を歩き、 銀閣寺(足利義政の隠居後の山荘) 白沙村荘
を通り、(ここで急行バス102が運休の為、予定変更。 金閣寺 仁和寺を止め)
銀閣寺道13:52(市バス203 京大 百万遍 出町柳 下鴨神社 京都御所 北野白梅駅を通り)14:18西ノ京円町(JR円町駅)14:29(京都バス91)15:01嵯峨釈迦堂前に着きます。
(嵯峨野・嵐山散策)
14)清涼寺(仁王門 本堂 阿弥陀堂 鐘楼 多宝塔)を見学し、
嵯峨釈迦堂前15:23(京都バス94 大覚寺)15:31鳥居本に着きます。
15)化野念仏寺(弘法大師の建立の如来寺)化野町 後亀山天皇五輪塔陵墓 陵主祠 人形の家 祇王寺(清盛の寵愛の白拍子・祇王が尼になった寺) 滝口寺 壇林寺 二尊院(嵯峨天皇の建立 総門) 落柿舎(向井去来の庵) 有恵子内親王墓
常寂光寺(藤原定家の別荘・時雨亭 山門 ) 小倉池 御髪神社 トロッコ嵐山駅
大河内山荘(大河内伝次郎の別荘) 竹林の道と歩き、
16)野宮神社(白福稲荷大明神 神石(亀石) 大山弁財天) 山陰本線線路を渡り 竹林の散歩道を歩き、百人一首文芸苑を見て、天龍寺(後醍醐天皇を弔う禅寺)(総門 勅使門 中門 庫裏 法堂 放生池)を見て
17)コンビニ買物(夕食 ビール)をします。嵐山羅漢 宝厳院(天竜寺の塔頭寺院) 文華館 小督塚 福田美術館 嵐山頓宮 渡月橋を渡り、桂川を見ながら中ノ島で(夕食)を食べます。
阪急嵐山駅17:33(阪急)桂(乗換)十三(阪急)関西(自宅に戻ります。)
忙しく疲れた一日でした。

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • まず阪急電車で、大阪の「十三駅」に行きます。

    まず阪急電車で、大阪の「十三駅」に行きます。

  • 十三駅で京都線に乗り換えます。

    十三駅で京都線に乗り換えます。

    阪急京都本線 乗り物

  • 十三駅で京都線に乗り換えます。

    十三駅で京都線に乗り換えます。

  • 京都河原町駅に着きます。

    京都河原町駅に着きます。

  • 阪急河原町駅

    阪急河原町駅

  • 7:15早朝の京都を歩き回ります。<br />木屋町通

    7:15早朝の京都を歩き回ります。
    木屋町通

  • 先斗町

    先斗町

  • 鴨川

    鴨川

  • 南座

    南座

  • 出雲阿国像(歌舞伎の祖です。)

    出雲阿国像(歌舞伎の祖です。)

  • 北座跡

    北座跡

  • 白川南通

    白川南通

  • 白川南通(かにかくに碑)(歌人吉井勇を偲んだ石碑)<br />

    白川南通(かにかくに碑)(歌人吉井勇を偲んだ石碑)

  • 辰巳大明神

    辰巳大明神

    辰巳大明神 寺・神社

  • 新橋

    新橋

  • 巽橋

    巽橋

  • 白川

    白川

  • 切り通し

    切り通し

  • 八坂神社(西楼門)

    八坂神社(西楼門)

  • 花見小路入口

    花見小路入口

  • 花見小路

    花見小路

  • 花見小路

    花見小路

  • 弥栄会館(ギオンコーナー)(工事中でした。)(舞妓・芸妓さんの京舞が安く、見られます。)

    弥栄会館(ギオンコーナー)(工事中でした。)(舞妓・芸妓さんの京舞が安く、見られます。)

  • 建仁寺(北門)

    建仁寺(北門)

  • 建仁寺(本坊)

    建仁寺(本坊)

  • 建仁寺(法堂)

    建仁寺(法堂)

    建仁寺 寺・神社

  • 建仁寺(三門)

    建仁寺(三門)

  • 鴨川と四条大橋

    鴨川と四条大橋

  • 高瀬川

    高瀬川

  • 四条河原町より京都駅に向かいます。(No17で8:00発)

    四条河原町より京都駅に向かいます。(No17で8:00発)

  • 京都駅

    京都駅

  • 京都駅前の京都タワー

    京都駅前の京都タワー

    京都タワー 名所・史跡

  • 東本願寺(境内図)

    東本願寺(境内図)

  • 東本願寺(阿弥陀堂門)

    東本願寺(阿弥陀堂門)

  • 東本願寺(鐘楼)

    東本願寺(鐘楼)

  • 東本願寺(阿弥陀堂)(真宗大谷派の本尊)

    東本願寺(阿弥陀堂)(真宗大谷派の本尊)

    東本願寺(お東さん) 寺・神社

  • 東本願寺(御影堂)

    東本願寺(御影堂)

  • 東本願寺(御影堂門)

    東本願寺(御影堂門)

  • 東本願寺(前の噴水)

    東本願寺(前の噴水)

  • 東本願寺よりの京都タワー(東本願寺より西本願寺まで歩きます。)

    東本願寺よりの京都タワー(東本願寺より西本願寺まで歩きます。)

  • 西本願寺(太鼓楼)(太鼓楼と北集会所を新選組が屯所として使用していた。)

    西本願寺(太鼓楼)(太鼓楼と北集会所を新選組が屯所として使用していた。)

  • 西本願寺(阿弥陀堂門)

    西本願寺(阿弥陀堂門)

  • 西本願寺(阿弥陀堂)

    西本願寺(阿弥陀堂)

  • 西本願寺(御影堂)(浄土真宗の本願寺派の本山で、始祖は親鸞聖人)

    西本願寺(御影堂)(浄土真宗の本願寺派の本山で、始祖は親鸞聖人)

    西本願寺(お西さん) 寺・神社

  • 西本願寺(大イチョウ)

    西本願寺(大イチョウ)

  • 西本願寺(飛雲閣の一部)

    西本願寺(飛雲閣の一部)

  • 西本願寺(御影堂門)

    西本願寺(御影堂門)

  • 西本願寺(唐門 国宝ですが修繕中です。)

    西本願寺(唐門 国宝ですが修繕中です。)

  • 大宮七条より東門前まで市バスNo207で行きます。(8:50発)

    大宮七条より東門前まで市バスNo207で行きます。(8:50発)

  • 東寺(慶賀門)

    東寺(慶賀門)

  • 東寺(大師堂)

    東寺(大師堂)

  • 東寺(大師堂)(毎月21日は「弘法市」といい、沢山の露天が出ますが、コロナ禍で中止だそうです。この様に法要は行われていました。)

    東寺(大師堂)(毎月21日は「弘法市」といい、沢山の露天が出ますが、コロナ禍で中止だそうです。この様に法要は行われていました。)

  • 東寺(大師堂の天降石 撫で石とも言われます。)

    東寺(大師堂の天降石 撫で石とも言われます。)

  • 東寺(食堂)

    東寺(食堂)

  • 東寺(講堂)

    東寺(講堂)

  • 東寺(金堂)(元は国立寺院 後に真言密教の根本道場)

    東寺(金堂)(元は国立寺院 後に真言密教の根本道場)

    東寺(教王護国寺) 寺・神社

  • 東寺(金堂の薬師如来像)(弘法市の為か、無料で拝観出来ました。)

    東寺(金堂の薬師如来像)(弘法市の為か、無料で拝観出来ました。)

  • 東寺(五重塔)

    東寺(五重塔)

  • 東寺(南大門より金堂を見ます。)

    東寺(南大門より金堂を見ます。)

  • 東寺(南大門)

    東寺(南大門)

  • 東寺南門前より東福寺に行きます。(市バスNo202 208)9:10発

    東寺南門前より東福寺に行きます。(市バスNo202 208)9:10発

  • 東福寺(境内図)

    東福寺(境内図)

  • 東福寺(仁王門)

    東福寺(仁王門)

  • 東福寺(月下門)

    東福寺(月下門)

  • 東福寺(臥雲橋)

    東福寺(臥雲橋)

  • 東福寺(臥雲橋より通天橋を見ます。)(紅葉の見所の所です。)

    東福寺(臥雲橋より通天橋を見ます。)(紅葉の見所の所です。)

  • 東福寺(臥雲橋(無料)より通天橋(有料)を見ます。)(紅葉の見所の所です。)

    東福寺(臥雲橋(無料)より通天橋(有料)を見ます。)(紅葉の見所の所です。)

  • 東福寺(臥雲橋)(紅葉の見所の所です。)

    東福寺(臥雲橋)(紅葉の見所の所です。)

  • 芬陀院(雪舟の庭園で有名です。)

    芬陀院(雪舟の庭園で有名です。)

  • 東福寺(日下門)

    東福寺(日下門)

  • 東福寺(左は鐘楼 右は経蔵)

    東福寺(左は鐘楼 右は経蔵)

  • 東福寺(禅堂)

    東福寺(禅堂)

  • 東福寺(本堂)(摂政・九条道家の祖父を弔う寺)

    東福寺(本堂)(摂政・九条道家の祖父を弔う寺)

    東福寺 寺・神社

  • 東福寺(三門)

    東福寺(三門)

  • 東福寺(六波羅門)

    東福寺(六波羅門)

  • 東福寺(思遠池)

    東福寺(思遠池)

  • 東福寺(浴室)

    東福寺(浴室)

  • 東福寺(五社成就宮)

    東福寺(五社成就宮)

  • 東福寺(五社成就宮の十三石塔)

    東福寺(五社成就宮の十三石塔)

  • 東福寺(方丈)

    東福寺(方丈)

  • 東福寺(奥が有料の通天橋)

    東福寺(奥が有料の通天橋)

  • 東福寺から五条阪まで市バスで行きます。(No202)10:01発

    東福寺から五条阪まで市バスで行きます。(No202)10:01発

  • 奥が大谷本廟<br />

    奥が大谷本廟

  • 茶碗坂(後ろに清水寺三重塔が見えます。)

    茶碗坂(後ろに清水寺三重塔が見えます。)

  • 清水寺(馬駐)

    清水寺(馬駐)

  • 清水寺(仁王門)

    清水寺(仁王門)

  • 清水寺(西門と上は三重塔)

    清水寺(西門と上は三重塔)

  • 清水寺(三重塔)(778年草庵 798年坂上田村麻呂が寺院にした。)

    清水寺(三重塔)(778年草庵 798年坂上田村麻呂が寺院にした。)

    清水寺 寺・神社

  • 清水寺(西門)

    清水寺(西門)

  • 清水寺(鐘楼)

    清水寺(鐘楼)

  • 清水寺(十一重石層塔)

    清水寺(十一重石層塔)

  • 清水寺(京都タワーと中央は京都駅)

    清水寺(京都タワーと中央は京都駅)

  • 清水寺(京都市内を見ます。)

    清水寺(京都市内を見ます。)

  • 清水寺(経堂)

    清水寺(経堂)

  • 清水寺(田村堂(開山堂))

    清水寺(田村堂(開山堂))

  • 清水寺(轟門でこの先は有料です。)

    清水寺(轟門でこの先は有料です。)

  • 清水寺(朝倉堂)

    清水寺(朝倉堂)

  • 清水寺(清水の舞台の方角)

    清水寺(清水の舞台の方角)

  • 清水寺(本堂裏)(正面に清水の舞台がありますが、有料です。

    清水寺(本堂裏)(正面に清水の舞台がありますが、有料です。

  • 清水寺(弁財天)

    清水寺(弁財天)

  • 清水寺(弁財天の池)

    清水寺(弁財天の池)

  • 清水寺(北総門)

    清水寺(北総門)

  • 清水寺(成就院)(裏に庭園があります。)

    清水寺(成就院)(裏に庭園があります。)

  • 清水寺(千体石仏群)

    清水寺(千体石仏群)

  • 清水寺(千体石仏群)

    清水寺(千体石仏群)

  • 清水寺(善光寺)

    清水寺(善光寺)

  • 清水寺(善光寺の首振地蔵)((好きな人の方向に首を回すと良いと言われています。

    清水寺(善光寺の首振地蔵)((好きな人の方向に首を回すと良いと言われています。

  • 清水坂を下ります。

    清水坂を下ります。

  • 大日堂

    大日堂

  • 来迎院経書堂

    来迎院経書堂

  • 右は清水道 左は五条坂

    右は清水道 左は五条坂

  • 産寧坂(三年坂)を下ります。

    産寧坂(三年坂)を下ります。

  • 霊山本廟親鸞聖人御廟入口

    霊山本廟親鸞聖人御廟入口

  • 産寧坂(三年坂)を歩く女性

    産寧坂(三年坂)を歩く女性

  • 産寧坂(三年坂)

    産寧坂(三年坂)

  • 二寧坂

    二寧坂

  • 八坂の塔(法観寺で聖徳太子の寺)

    八坂の塔(法観寺で聖徳太子の寺)

    法観寺 (八坂の塔) 寺・神社

  • 八坂の塔(和服姿のカップルが写真撮影をしていました。)

    八坂の塔(和服姿のカップルが写真撮影をしていました。)

  • 八坂の塔(下に人力車のお兄さん)

    八坂の塔(下に人力車のお兄さん)

  • 八坂庚申堂(金剛寺)

    八坂庚申堂(金剛寺)

  • 八坂庚申堂(本堂)

    八坂庚申堂(本堂)

  • 八坂庚申堂(くくり猿)(手先が器用になるという御守りです。)

    八坂庚申堂(くくり猿)(手先が器用になるという御守りです。)

  • 高台寺(表門)

    高台寺(表門)

  • 霊山護国神社入口の鳥居

    霊山護国神社入口の鳥居

  • 高台寺(台所坂)

    高台寺(台所坂)

  • 高台寺(庫裡)(庭園が有名です。)(秀吉の菩提を弔う為に、ねねが創建)

    高台寺(庫裡)(庭園が有名です。)(秀吉の菩提を弔う為に、ねねが創建)

    高台寺 寺・神社

  • 高台寺(勅使門)

    高台寺(勅使門)

  • ねねの道

    ねねの道

  • 石塀小路

    石塀小路

  • 石塀小路を歩きます。

    石塀小路を歩きます。

  • 石塀小路

    石塀小路

  • 石塀小路

    石塀小路

  • 石塀小路

    石塀小路

  • 有名な割烹「浜作」(一度、訪れてみたいです。)(本邦最初の板前割烹として昭和初めに開店。それまで高級料理はお座敷で戴くものが、お客様の前でお見せして戴くという一大革命でした。川端康成や谷崎潤一郎等の有名人ひいきの店です。魯山人も褒めています。)<br />

    有名な割烹「浜作」(一度、訪れてみたいです。)(本邦最初の板前割烹として昭和初めに開店。それまで高級料理はお座敷で戴くものが、お客様の前でお見せして戴くという一大革命でした。川端康成や谷崎潤一郎等の有名人ひいきの店です。魯山人も褒めています。)

  • 有名な割烹「浜作」(一度、訪れてみたいです。)(本邦最初の板前割烹として昭和初めに開店。それまで高級料理はお座敷で戴くものが、お客様の前でお見せして戴くという一大革命でした。川端康成や谷崎潤一郎等の有名人ひいきの店です。魯山人も褒めています。)<br />

    有名な割烹「浜作」(一度、訪れてみたいです。)(本邦最初の板前割烹として昭和初めに開店。それまで高級料理はお座敷で戴くものが、お客様の前でお見せして戴くという一大革命でした。川端康成や谷崎潤一郎等の有名人ひいきの店です。魯山人も褒めています。)

  • 大谷御廟入口

    大谷御廟入口

  • 八坂神社(石鳥居)

    八坂神社(石鳥居)

  • 八坂神社(南楼門)

    八坂神社(南楼門)

  • 八坂神社(舞殿)

    八坂神社(舞殿)

  • 八坂神社(本殿)(斉明天皇の創祀)

    八坂神社(本殿)(斉明天皇の創祀)

    八坂神社 寺・神社

  • 円山公園(祇園しだれ桜)

    円山公園(祇園しだれ桜)

  • 円山公園(ひょうたん池)<br />

    円山公園(ひょうたん池)

  • 知恩院(三門)

    知恩院(三門)

  • 知恩院(三門)

    知恩院(三門)

  • 知恩院(男坂)

    知恩院(男坂)

  • 知恩院(男坂を登り、三門を見ます。)

    知恩院(男坂を登り、三門を見ます。)

  • 知恩院(女坂と奥は友禅苑)

    知恩院(女坂と奥は友禅苑)

  • 知恩院(御影堂)(法然上人の草庵 浄土宗の総本山)<br />

    知恩院(御影堂)(法然上人の草庵 浄土宗の総本山)

    知恩院 寺・神社

  • 知恩院(左は経堂)

    知恩院(左は経堂)

  • 知恩院(阿弥陀堂)

    知恩院(阿弥陀堂)

  • 知恩院(北門)

    知恩院(北門)

  • 知恩院(北門の紫陽花)

    知恩院(北門の紫陽花)

  • 知恩院(北門)(この辺は時代劇の撮影に良く使われるそうです。)

    知恩院(北門)(この辺は時代劇の撮影に良く使われるそうです。)

  • 知恩院(黒門)

    知恩院(黒門)

  • 瓜生石(黒門前の車道の真ん中にあります。)(牛頭天王が降臨して、一夜で瓜が実った。)(二条城への抜け道)(隕石)等の説があります。<br />

    瓜生石(黒門前の車道の真ん中にあります。)(牛頭天王が降臨して、一夜で瓜が実った。)(二条城への抜け道)(隕石)等の説があります。

  • 青蓮院門跡(四脚門)

    青蓮院門跡(四脚門)

  • 青蓮院門跡(クスノキの大樹)

    青蓮院門跡(クスノキの大樹)

  • 青蓮院門跡(薬医門)

    青蓮院門跡(薬医門)

  • 青蓮院門跡(クスノキの大樹)

    青蓮院門跡(クスノキの大樹)

  • 粟田口おおとすの庭

    粟田口おおとすの庭

  • 仏光寺

    仏光寺

  • 粟生口隧道(ねじりまんぽ)(「まんぽ」は鉄道などのトンネルの事を言い、内壁のレンガを螺旋状に積んでいます。)

    粟生口隧道(ねじりまんぽ)(「まんぽ」は鉄道などのトンネルの事を言い、内壁のレンガを螺旋状に積んでいます。)

  • 粟生口隧道(ねじりまんぽ)(「まんぽ」は鉄道などのトンネルの事を言い、内壁のレンガを螺旋状に積んでいます。)

    粟生口隧道(ねじりまんぽ)(「まんぽ」は鉄道などのトンネルの事を言い、内壁のレンガを螺旋状に積んでいます。)

  • 粟生口隧道(ねじりまんぽ)(「まんぽ」は鉄道などのトンネルの事を言い、内壁のレンガを螺旋状に積んでいます。)

    粟生口隧道(ねじりまんぽ)(「まんぽ」は鉄道などのトンネルの事を言い、内壁のレンガを螺旋状に積んでいます。)

  • 田辺朔郎博士像(京大の土木技術者で、ここの琵琶湖疎水を作った人です。)

    田辺朔郎博士像(京大の土木技術者で、ここの琵琶湖疎水を作った人です。)

  • 発電所の導水管

    発電所の導水管

  • 発電所の導水管

    発電所の導水管

  • 琵琶湖疎水

    琵琶湖疎水

  • 琵琶湖疎水

    琵琶湖疎水

  • インクライン(全長582mの傾斜鉄道跡地で琵琶湖疎水の急斜面を船が運行できない為に、台車で船を運んだ線路跡です。昭和23年まで運行 今は桜並木になっています。)

    インクライン(全長582mの傾斜鉄道跡地で琵琶湖疎水の急斜面を船が運行できない為に、台車で船を運んだ線路跡です。昭和23年まで運行 今は桜並木になっています。)

  • 蹴上義経地蔵(武者の馬が泥を蹴り上げ義経の衣服を汚した為、その武者は殺された。その為の3体の像があります。)

    蹴上義経地蔵(武者の馬が泥を蹴り上げ義経の衣服を汚した為、その武者は殺された。その為の3体の像があります。)

  • 金地院(東照宮)

    金地院(東照宮)

  • 金地院(枯山水庭園が有名です。)<br />

    金地院(枯山水庭園が有名です。)

  • 真乗院(本堂)

    真乗院(本堂)

  • 南禅寺(勅使門)

    南禅寺(勅使門)

  • 南禅寺(三門)

    南禅寺(三門)

  • 南禅寺(三門)

    南禅寺(三門)

  • 南禅寺(法堂)

    南禅寺(法堂)

  • 南禅寺(方丈)(亀山天皇が離宮を禅寺に改修)

    南禅寺(方丈)(亀山天皇が離宮を禅寺に改修)

    南禅寺 寺・神社

  • 南禅寺(天授庵)(庭園が綺麗です。)

    南禅寺(天授庵)(庭園が綺麗です。)

  • 南禅寺(南禅院)(南禅寺発祥の寺で庭園が有名)

    南禅寺(南禅院)(南禅寺発祥の寺で庭園が有名)

  • 南禅寺(水路閣)(明治時代に作られたレンガ造りの疎水橋で全長93m 幅は4m<br />

    南禅寺(水路閣)(明治時代に作られたレンガ造りの疎水橋で全長93m 幅は4m

  • 南禅寺(水路閣)(明治時代に作られたレンガ造りの疎水橋で全長93m 幅は4m)<br />

    南禅寺(水路閣)(明治時代に作られたレンガ造りの疎水橋で全長93m 幅は4m)

  • 南禅寺(水路閣)(明治時代に作られたレンガ造りの疎水橋で全長93m 幅は4m)<br />

    南禅寺(水路閣)(明治時代に作られたレンガ造りの疎水橋で全長93m 幅は4m)

  • 南禅寺(鐘楼)

    南禅寺(鐘楼)

  • 湯豆腐の総本家「奥丹」(休業中)<br />

    湯豆腐の総本家「奥丹」(休業中)

  • 南禅寺(大寂門)

    南禅寺(大寂門)

  • 野村美術館

    野村美術館

  • 永観堂(南門)

    永観堂(南門)

  • 永観堂(放生池)

    永観堂(放生池)

  • 永観堂(総門)(禅林寺 浄土宗)

    永観堂(総門)(禅林寺 浄土宗)

  • 永観堂(中門)(この先が有料)

    永観堂(中門)(この先が有料)

  • 永観堂(有料の庭園一部)

    永観堂(有料の庭園一部)

  • 熊野若王子神社

    熊野若王子神社

  • 哲学の道を歩きます。(桜と紅葉が綺麗で、超満員になります。)

    哲学の道を歩きます。(桜と紅葉が綺麗で、超満員になります。)

  • 大豊神社(本社 3柱の神を祀る古社で縁結び・健康長寿・安産のご利益があります。)

    大豊神社(本社 3柱の神を祀る古社で縁結び・健康長寿・安産のご利益があります。)

    大豊神社 寺・神社

  • 大豊神社(大国社)(左右に狛ねずみが鎮座しています。)

    大豊神社(大国社)(左右に狛ねずみが鎮座しています。)

  • 大豊神社(稲荷社)狛きつねが鎮座

    大豊神社(稲荷社)狛きつねが鎮座

  • 大豊神社(日吉社)(左右に狛巳が鎮座)

    大豊神社(日吉社)(左右に狛巳が鎮座)

  • 大豊神社(日吉社の狛ヘビが鎮座)

    大豊神社(日吉社の狛ヘビが鎮座)

  • 大豊神社(愛宕社)(左に鳶 右に猿が鎮座しています。)

    大豊神社(愛宕社)(左に鳶 右に猿が鎮座しています。)

  • 大豊神社(愛宕社)左の鳶 

    大豊神社(愛宕社)左の鳶 

  • 大豊神社(愛宕社)右の猿が鎮座

    大豊神社(愛宕社)右の猿が鎮座

  • 大豊神社(御旅社)

    大豊神社(御旅社)

  • 哲学の道を歩きます。(桜と紅葉が綺麗で、超満員になります。)

    哲学の道を歩きます。(桜と紅葉が綺麗で、超満員になります。)

  • 霊鑑寺

    霊鑑寺

  • 安楽寺<br />

    安楽寺

  • 法然院の参道

    法然院の参道

  • 法然院(茅葺きの山門)

    法然院(茅葺きの山門)

  • 法然院(白砂壇)

    法然院(白砂壇)

  • 法然院(苔のじゅうたん)

    法然院(苔のじゅうたん)

  • 法然院(本堂)

    法然院(本堂)

    法然院 寺・神社

  • 法然院(本堂前の観音様)

    法然院(本堂前の観音様)

  • 哲学の道(西田幾多郎詩碑)

    哲学の道(西田幾多郎詩碑)

  • 弥勒院(幸せ地蔵尊の護摩堂)

    弥勒院(幸せ地蔵尊の護摩堂)

  • 弥勒院(幸せ地蔵尊)

    弥勒院(幸せ地蔵尊)

  • 銀閣寺入口(足利義政の隠居後の山荘)(時間が無いので、遠くよりお参りしました。)

    銀閣寺入口(足利義政の隠居後の山荘)(時間が無いので、遠くよりお参りしました。)

  • 白沙村荘

    白沙村荘

  • 銀閣寺道から西ノ京円町に向かいます。(市バスNo203で13:52発)<br />初めは銀閣寺道から金閣寺道に向う予定でしたが、そのNo急102は観光路線の為、運休中である事が停留所の知らせを読んで、急遽、予定を変更しました。<br />

    銀閣寺道から西ノ京円町に向かいます。(市バスNo203で13:52発)
    初めは銀閣寺道から金閣寺道に向う予定でしたが、そのNo急102は観光路線の為、運休中である事が停留所の知らせを読んで、急遽、予定を変更しました。

  • (バスの車窓風景)京都大学

    (バスの車窓風景)京都大学

  • (バスの車窓風景)加茂大橋より下鴨神社の方向を見ます。

    (バスの車窓風景)加茂大橋より下鴨神社の方向を見ます。

  • (バスの車窓風景)京都御所の北側の入口

    (バスの車窓風景)京都御所の北側の入口

  • (バスの車窓風景)嵐電北野線の「北野白梅町駅」

    (バスの車窓風景)嵐電北野線の「北野白梅町駅」

  • (バスの車窓風景)嵐電北野線の「常盤駅」

    (バスの車窓風景)嵐電北野線の「常盤駅」

  • 西ノ京円町(JR円町駅)より嵯峨釈迦堂前まで行きます。(京都バスNo91で14:29発)

    西ノ京円町(JR円町駅)より嵯峨釈迦堂前まで行きます。(京都バスNo91で14:29発)

  • 清涼寺(境内図)

    清涼寺(境内図)

  • 清涼寺(仁王門)

    清涼寺(仁王門)

  • 清涼寺(仁王門の吽像)

    清涼寺(仁王門の吽像)

  • 清涼寺(本堂)

    清涼寺(本堂)

    嵯峨釈迦堂(清凉寺) 寺・神社

  • 清涼寺(阿弥陀堂)

    清涼寺(阿弥陀堂)

  • 清涼寺(鐘楼)

    清涼寺(鐘楼)

  • 清涼寺(多宝塔)

    清涼寺(多宝塔)

  • 清涼寺(八宗池)

    清涼寺(八宗池)

  • 嵯峨釈迦堂前より鳥居本に向かいます。(京都バスNo94で15:23発)

    嵯峨釈迦堂前より鳥居本に向かいます。(京都バスNo94で15:23発)

  • 車窓風景(大覚寺)

    車窓風景(大覚寺)

  • 鳥居本で降り、化野町を見ます。

    鳥居本で降り、化野町を見ます。

  • 化野町を見ます。

    化野町を見ます。

  • あだし野の落ち着いた町並

    あだし野の落ち着いた町並

  • あだし野念仏寺入口(弘法大師の建立の如来寺で風葬をしていました。)

    あだし野念仏寺入口(弘法大師の建立の如来寺で風葬をしていました。)

    あだし野念仏寺 寺・神社

  • あだし野念仏寺の外にある石仏

    あだし野念仏寺の外にある石仏

  • 後亀山天皇嵯峨小倉陵(正面)

    後亀山天皇嵯峨小倉陵(正面)

  • 後亀山天皇嵯峨小倉陵(五輪塔陵墓)

    後亀山天皇嵯峨小倉陵(五輪塔陵墓)

  • 後亀山天皇嵯峨小倉陵(五輪塔)

    後亀山天皇嵯峨小倉陵(五輪塔)

  • 陵主祠

    陵主祠

  • 博物館さがの人形の家

    博物館さがの人形の家

  • 祇王寺の参道

    祇王寺の参道

  • 祇王寺(平清盛の寵愛の白拍子・祇王が尼になった寺)

    祇王寺(平清盛の寵愛の白拍子・祇王が尼になった寺)

  • 滝口寺

    滝口寺

  • 壇林寺

    壇林寺

  • 二尊院(嵯峨天皇の建立 総門)

    二尊院(嵯峨天皇の建立 総門)

  • 二尊院(総門を入った所)

    二尊院(総門を入った所)

  • 有恵子内親王墓

    有恵子内親王墓

  • 落柿舎(向井去来の庵)

    落柿舎(向井去来の庵)

  • 常寂光寺(藤原定家の別荘 時雨亭 山門)

    常寂光寺(藤原定家の別荘 時雨亭 山門)

  • 常寂光寺(奥に仁王門)

    常寂光寺(奥に仁王門)

  • 小倉池

    小倉池

  • 御髪神社(理容師・美容師を祀る神様)

    御髪神社(理容師・美容師を祀る神様)

  • 御髪神社(理容師・美容師を祀る神様)

    御髪神社(理容師・美容師を祀る神様)

  • トロッコ嵐山駅

    トロッコ嵐山駅

  • 左が山陰本線線路 右がトロッコ電車の線路

    左が山陰本線線路 右がトロッコ電車の線路

  • 大河内山荘入口(大河内伝次郎の別荘)<br />

    大河内山荘入口(大河内伝次郎の別荘)

  • 竹林の道(高さ5-10mの竹が並びます。人が少なく静かに散策しました。)

    竹林の道(高さ5-10mの竹が並びます。人が少なく静かに散策しました。)

  • 竹林の道(高さ5-10mの竹が並びます。人が少なく静かに散策しました。)

    竹林の道(高さ5-10mの竹が並びます。人が少なく静かに散策しました。)

  • 竹林の道(高さ5-10mの竹が並びます。人が少なく静かに散策しました。)

    竹林の道(高さ5-10mの竹が並びます。人が少なく静かに散策しました。)

  • 野宮神社(白福稲荷大明神)(黒木鳥居は日本最古の建築様式で邪鬼を防ぎます。)

    野宮神社(白福稲荷大明神)(黒木鳥居は日本最古の建築様式で邪鬼を防ぎます。)

    野宮神社 寺・神社

  • 野宮神社(源氏物語にも出てくる古社)

    野宮神社(源氏物語にも出てくる古社)

  • 野宮神社(大山弁財天)

    野宮神社(大山弁財天)

  • 野宮神社(神石(亀石)をなでると一年以内に願事が叶う。)

    野宮神社(神石(亀石)をなでると一年以内に願事が叶う。)

  • 野宮神社(じゅうたん苔)

    野宮神社(じゅうたん苔)

  • 百人一首文芸苑

    百人一首文芸苑

  • 山陰本線の線路

    山陰本線の線路

  • 竹林の散歩道

    竹林の散歩道

  • 天龍寺(勅使門)

    天龍寺(勅使門)

  • 天龍寺(放生池のハス)

    天龍寺(放生池のハス)

  • 天龍寺(蓮の花)

    天龍寺(蓮の花)

  • 天龍寺(法堂)

    天龍寺(法堂)

  • 天龍寺(後醍醐天皇を弔う禅寺 庫裡)(内部に有名な庭園があります。)

    天龍寺(後醍醐天皇を弔う禅寺 庫裡)(内部に有名な庭園があります。)

    天龍寺 寺・神社

  • 嵐電「嵐山駅」(有料の足湯があります。)

    嵐電「嵐山駅」(有料の足湯があります。)

  • 湯豆腐の店「嵯峨野」

    湯豆腐の店「嵯峨野」

  • 嵐山羅漢(70体 阪神大震災の犠牲者の供養の為に寄進された羅漢像)

    嵐山羅漢(70体 阪神大震災の犠牲者の供養の為に寄進された羅漢像)

  • 宝厳院(天龍寺の塔頭寺院)(庭園が特別公開中です。)

    宝厳院(天龍寺の塔頭寺院)(庭園が特別公開中です。)

  • 文華館

    文華館

  • 渡月橋

    渡月橋

  • 渡月橋

    渡月橋

    渡月橋 名所・史跡

  • 福田美術館

    福田美術館

  • 小督塚(高倉帝の寵姫で琴の名手)

    小督塚(高倉帝の寵姫で琴の名手)

  • 車折神社嵐山頓宮

    車折神社嵐山頓宮

  • 渡月橋よりの桂川

    渡月橋よりの桂川

  • 渋滞の無い渡月橋を渡ります。(混雑で有名ですが、空いています)

    渋滞の無い渡月橋を渡ります。(混雑で有名ですが、空いています)

  • 渡月橋を見ながら、中の島でコンビニで購入のビールと夕食のお弁当を食べました。

    渡月橋を見ながら、中の島でコンビニで購入のビールと夕食のお弁当を食べました。

  • 中ノ島橋

    中ノ島橋

  • 風風の湯(日帰り入浴)

    風風の湯(日帰り入浴)

  • 阪急嵐山駅より帰途に着きます。<br />

    阪急嵐山駅より帰途に着きます。

    嵐山駅 (阪急)

  • 阪急嵐山駅ホームの電車

    阪急嵐山駅ホームの電車

  • (車中)松尾大社入口

    (車中)松尾大社入口

  • 大阪の「十三駅」で乗換、帰途に向かいます。

    大阪の「十三駅」で乗換、帰途に向かいます。

    阪急京都本線 乗り物

54いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

東山・祇園・北白川の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集