伊香保温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
伊香保温泉に行きはじめて、かれこれ30余年が経ちました。<br />平成時代になって、ほぼ毎年数回行っています。平成も残り少なくなってきたので切り良く100回(推定)記念として、石段上りにチャレンジしました。<br />伊香保と言えば、もちろん温泉ですが、伊香保の観光と言えばこの石段を外しては語れません。以前は、いつも二日酔い状態でこの石段を見上げていましたので、石段上りを断念しておりましたが、小飲小食の今、満を持して石段に上ります。<br />石段街の両側には、B級グルメや甘味処、昔風の遊技場など寄り道するところがいっぱいありますが、今回は割愛しています。<br />これから紅葉の季節になりますので、皆さんもお出でください。

伊香保温泉(推定)100回記念、伊香保の石段に初挑戦。

4いいね!

2018/10/04 - 2018/10/04

468位(同エリア690件中)

0

78

FUKUJIRO

FUKUJIROさん

伊香保温泉に行きはじめて、かれこれ30余年が経ちました。
平成時代になって、ほぼ毎年数回行っています。平成も残り少なくなってきたので切り良く100回(推定)記念として、石段上りにチャレンジしました。
伊香保と言えば、もちろん温泉ですが、伊香保の観光と言えばこの石段を外しては語れません。以前は、いつも二日酔い状態でこの石段を見上げていましたので、石段上りを断念しておりましたが、小飲小食の今、満を持して石段に上ります。
石段街の両側には、B級グルメや甘味処、昔風の遊技場など寄り道するところがいっぱいありますが、今回は割愛しています。
これから紅葉の季節になりますので、皆さんもお出でください。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
徒歩

PR

  • JR渋川駅から伊香保方面へは複数のバスルートがありますが、石段街の入り口に当たる「石段街口」に来るバスは1時間に1本程度、570円です。<br />観光案内所、コインロッカーもあります。

    JR渋川駅から伊香保方面へは複数のバスルートがありますが、石段街の入り口に当たる「石段街口」に来るバスは1時間に1本程度、570円です。
    観光案内所、コインロッカーもあります。

  • これより石段。365段あります。1段目の標高は715mです。<br />1年365日に因んで365段の石段となっています。<br />しかし、実はこの下にも14段あります。

    これより石段。365段あります。1段目の標高は715mです。
    1年365日に因んで365段の石段となっています。
    しかし、実はこの下にも14段あります。

  • 右下の案内柱に、右に進むとハワイ王国公使別邸とありますので、寄り道します。

    右下の案内柱に、右に進むとハワイ王国公使別邸とありますので、寄り道します。

  • ハワイ王国公使別邸。<br />U.S.A.に併合される前は独立国でした。

    ハワイ王国公使別邸。
    U.S.A.に併合される前は独立国でした。

  • もともとは大きな建物だったようですが、その一部が残されています。<br />R.W.アルウィン公使が日本の蒸し暑い夏を嫌って、この地に別荘を買い求めたものです。

    もともとは大きな建物だったようですが、その一部が残されています。
    R.W.アルウィン公使が日本の蒸し暑い夏を嫌って、この地に別荘を買い求めたものです。

  • 別邸の内部。

    別邸の内部。

  • 別邸の内部。

    別邸の内部。

  • こちらは資料館。<br />内部は撮影禁止です。

    こちらは資料館。
    内部は撮影禁止です。

  • 路地の向かい側には伊香保御関所があります。<br />寛永8年に三国街道の裏往還のお留め所として置かれました。<br />この関所を造らされた安中藩主の井伊直勝ですが、先月彦根城を見てきたばかりですので、なにやら井伊家との御縁を感じました。

    路地の向かい側には伊香保御関所があります。
    寛永8年に三国街道の裏往還のお留め所として置かれました。
    この関所を造らされた安中藩主の井伊直勝ですが、先月彦根城を見てきたばかりですので、なにやら井伊家との御縁を感じました。

  • 奥の石は「取調べ石」、手前は「御辞儀石」と呼ばれています。<br />関所での取り調べの際、役人が取調べ石に座り、旅人は御辞儀石に手をついて平伏したそうです。<br />今も、イミグレでの審査風景は似たようなものですね。

    奥の石は「取調べ石」、手前は「御辞儀石」と呼ばれています。
    関所での取り調べの際、役人が取調べ石に座り、旅人は御辞儀石に手をついて平伏したそうです。
    今も、イミグレでの審査風景は似たようなものですね。

  • 今は敷地が狭くなっていますが、昔はここに御白州がありました。

    今は敷地が狭くなっていますが、昔はここに御白州がありました。

  • 関所の内部も見学できます。

    関所の内部も見学できます。

  • 資料の展示。

    資料の展示。

  • 武具。

    武具。

  • 御関所のすぐ上には石段の湯がありますが、その途中にある写真スポットです。

    御関所のすぐ上には石段の湯がありますが、その途中にある写真スポットです。

  • 黄色いものはアヒルのビニール人形です。<br />祠のように見える扉の中は、地元の方のゴミ集積所でした。

    黄色いものはアヒルのビニール人形です。
    祠のように見える扉の中は、地元の方のゴミ集積所でした。

  • 94段目は、石段の湯。

    94段目は、石段の湯。

  • 日帰り温泉です。<br />泉質は、カルシウム・ナトリウム硫酸塩・炭酸水素塩化物温泉(中性低張性温泉)です。<br />

    日帰り温泉です。
    泉質は、カルシウム・ナトリウム硫酸塩・炭酸水素塩化物温泉(中性低張性温泉)です。

  • 効能は、疲労回復や健康増進、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などにも効くようです。<br />料金は大人410円。再入館はできないので、帰りに寄るのがよいかと思います。<br />

    効能は、疲労回復や健康増進、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などにも効くようです。
    料金は大人410円。再入館はできないので、帰りに寄るのがよいかと思います。

  • 入り口置かれていた象の腰掛け。

    入り口置かれていた象の腰掛け。

  • 130段付近。千明仁泉亭の看板が見えてきました。

    130段付近。千明仁泉亭の看板が見えてきました。

  • 振り返ったところ。<br />お天気が悪く、山は見えません。

    振り返ったところ。
    お天気が悪く、山は見えません。

  • 千明仁泉亭。<br />創業約500年といわれている老舗旅館です。<br />左側の建物を工事していました。

    千明仁泉亭。
    創業約500年といわれている老舗旅館です。
    左側の建物を工事していました。

  • 180段。<br />およそ半分まで上ってきました。

    180段。
    およそ半分まで上ってきました。

  • 石段いっぷく館。<br />トイレがあります。<br />閉まっていたので内部は不明。

    石段いっぷく館。
    トイレがあります。
    閉まっていたので内部は不明。

  • すぐ上にあるポケットパーク。喫煙所です。

    すぐ上にあるポケットパーク。喫煙所です。

  • 212段。<br />まだまだ余裕です。

    212段。
    まだまだ余裕です。

  • 岸権本館。<br />

    岸権本館。

  • 岸権旅館が提供している辰の湯。<br />伊香保に限らず源泉の湯はとても貴重なものです。その一部を足湯としています。<br />マナーを守って入りましょう。<br />って、皆さん、私の入浴を見ているだけですが。

    岸権旅館が提供している辰の湯。
    伊香保に限らず源泉の湯はとても貴重なものです。その一部を足湯としています。
    マナーを守って入りましょう。
    って、皆さん、私の入浴を見ているだけですが。

  • せっかくですので、親爺の足湯姿をお見せします。<br />私はタオル持参ですが、向かいの売店でも販売しています。

    せっかくですので、親爺の足湯姿をお見せします。
    私はタオル持参ですが、向かいの売店でも販売しています。

  • 240段。<br />足湯で一休みしたので快調です。

    240段。
    足湯で一休みしたので快調です。

  • 266段。赤いポスト。<br />なぜか人気スポットです。<br />

    266段。赤いポスト。
    なぜか人気スポットです。

  • 284段。<br />ここで右に曲がります。

    284段。
    ここで右に曲がります。

  • 地面に貼られたアクリル板の中をお湯が流れています。<br />上部にある湯の出口を小間口(小満口)といいます。

    地面に貼られたアクリル板の中をお湯が流れています。
    上部にある湯の出口を小間口(小満口)といいます。

  • ここの路地を左折すると休憩所(トイレ)があります。

    ここの路地を左折すると休憩所(トイレ)があります。

  • 石段街神社下休憩所。トイレがあります。<br />この道をずーっと進むとロープウェイ乗り場に出ます。

    石段街神社下休憩所。トイレがあります。
    この道をずーっと進むとロープウェイ乗り場に出ます。

  • 看板に「ここは駐車場ではありません」渋川市。<br />

    看板に「ここは駐車場ではありません」渋川市。

  • 温泉管とありますが、昔は木製の樋を使っていました。

    温泉管とありますが、昔は木製の樋を使っていました。

  • 298段。頂上が見えました。

    298段。頂上が見えました。

  • 手水。<br />皆さん素通りです。<br />残念ながら、ここでお清めをする人は20人に一人ぐらいでした。<br />しっかりとお清めした私には、御利益があるかも。

    手水。
    皆さん素通りです。
    残念ながら、ここでお清めをする人は20人に一人ぐらいでした。
    しっかりとお清めした私には、御利益があるかも。

  • 鳥居が見えています。

    鳥居が見えています。

  • 365段。<br />チャレンジ成功しました。

    365段。
    チャレンジ成功しました。

  • 伊香保神社。<br />御祭神は、大己貴命と少彦名命です。<br />こぢんまりとした神社ですが、9世紀から続く由緒ある神社です。<br />特に縁結びと子宝に御利益があります。家内安全、商売繁盛といろいろとお願いしても良いパワースポットです。<br />この裏側に参拝者専用駐車場がありますので、足腰の悪い方は車でもお参りすることができます。

    伊香保神社。
    御祭神は、大己貴命と少彦名命です。
    こぢんまりとした神社ですが、9世紀から続く由緒ある神社です。
    特に縁結びと子宝に御利益があります。家内安全、商売繁盛といろいろとお願いしても良いパワースポットです。
    この裏側に参拝者専用駐車場がありますので、足腰の悪い方は車でもお参りすることができます。

  • 鳥居の脇にはカエルの置物。夫婦か親子か。

    鳥居の脇にはカエルの置物。夫婦か親子か。

  • 三峯神社御眷属。<br />秩父の三峯神社には、お犬様、御眷属様と呼ぶオオカミ信仰があります。<br />お犬は老いぬであり、オオカミは大神とも言われるようです。<br />ここでは八坂神社、八幡宮、稲荷神社をお祀りしています。

    三峯神社御眷属。
    秩父の三峯神社には、お犬様、御眷属様と呼ぶオオカミ信仰があります。
    お犬は老いぬであり、オオカミは大神とも言われるようです。
    ここでは八坂神社、八幡宮、稲荷神社をお祀りしています。

  • 高山彦九郎・腰掛けの石。<br />大旅行家にして尊皇思想家の高山彦九郎が29歳の時に参拝した際、この石に腰掛けて日記を書いたと伝わっています。

    高山彦九郎・腰掛けの石。
    大旅行家にして尊皇思想家の高山彦九郎が29歳の時に参拝した際、この石に腰掛けて日記を書いたと伝わっています。

  • 芭蕉の句碑。<br />「初時雨 猿毛小蓑越 不し気南梨」

    芭蕉の句碑。
    「初時雨 猿毛小蓑越 不し気南梨」

  • 伊香保神社の裏からは、この下り上りの坂道を進むと景勝地の河鹿橋や源泉に近い伊香保露天風呂へ行くことができます。<br />この日は第一木曜日で露天風呂はお休みなので、行きませんでした。<br />

    伊香保神社の裏からは、この下り上りの坂道を進むと景勝地の河鹿橋や源泉に近い伊香保露天風呂へ行くことができます。
    この日は第一木曜日で露天風呂はお休みなので、行きませんでした。

  • 石段のてっぺんから下を見ると、結構コワイ石段です。

    石段のてっぺんから下を見ると、結構コワイ石段です。

  • 石段を下り、温泉饅頭で有名な勝月堂の角を左折すると、医王寺薬師堂があります。何度も大火に遭い、往事の面影はありませんが、かつては伊香保の薬師か日光かと比較されたほど華麗絢爛だったそうです。<br />饅頭に夢中な人たちは見向きもしませんが、しっかりとお参りしましょう。

    石段を下り、温泉饅頭で有名な勝月堂の角を左折すると、医王寺薬師堂があります。何度も大火に遭い、往事の面影はありませんが、かつては伊香保の薬師か日光かと比較されたほど華麗絢爛だったそうです。
    饅頭に夢中な人たちは見向きもしませんが、しっかりとお参りしましょう。

  • 饅頭屋さんの隣には伊香保金剛講の人たちが建てた石碑。<br />皆さん、饅頭に夢中です。

    饅頭屋さんの隣には伊香保金剛講の人たちが建てた石碑。
    皆さん、饅頭に夢中です。

  • 神社下休憩所まで戻りました。<br />バス停があるので、ここまでバスが来るようです。

    神社下休憩所まで戻りました。
    バス停があるので、ここまでバスが来るようです。

  • 山道を下ります。

    山道を下ります。

  • 旧伊香保御用邸。

    旧伊香保御用邸。

  • ドイツ人のベルツ博士が賞賛したこの場所に、明治26年、離宮が建てられました。昭和20年の廃止まで皇族方の来遊が続きました。<br />こちらからは勝手に入ってはいけません。許可を頂きました。<br />

    ドイツ人のベルツ博士が賞賛したこの場所に、明治26年、離宮が建てられました。昭和20年の廃止まで皇族方の来遊が続きました。
    こちらからは勝手に入ってはいけません。許可を頂きました。

  • 現在は、群馬大学伊香保研修所となっています。<br />

    現在は、群馬大学伊香保研修所となっています。

  • ずーっと奥に四阿がありました。

    ずーっと奥に四阿がありました。

  • 四阿から下りた出口、ここが本来の入り口で、四阿まで行けます。

    四阿から下りた出口、ここが本来の入り口で、四阿まで行けます。

  • この坂道を上ると、四阿です。

    この坂道を上ると、四阿です。

  • 舗装路をもう少し下るとロープウェイ乗り場の不如帰駅がありました。<br />この場所はバスターミナルになっています。

    舗装路をもう少し下るとロープウェイ乗り場の不如帰駅がありました。
    この場所はバスターミナルになっています。

  • 建物の5階は展望室です。誰でも見学できます。<br />お天気が良ければ谷川連峰が見えるみたいです。

    建物の5階は展望室です。誰でも見学できます。
    お天気が良ければ谷川連峰が見えるみたいです。

  • この方角には赤城山が見えるはずです。

    この方角には赤城山が見えるはずです。

  • ロープウェイ乗降口は4階にあります。<br />大人、往復820円。このお天気では、頂上まで行っても眺望は期待できないので止めました。<br />

    ロープウェイ乗降口は4階にあります。
    大人、往復820円。このお天気では、頂上まで行っても眺望は期待できないので止めました。

  • ゴンドラがすれ違っています。

    ゴンドラがすれ違っています。

  • 「天下の絶景」、この標語が恨めしい。

    「天下の絶景」、この標語が恨めしい。

  • 不如帰駅(山側)。

    不如帰駅(山側)。

  • ここもバスターミナルです。<br />ロープウェイ乗り場(奥の建物)の横のバスターミナルとの関係性が分かりません。<br />

    ここもバスターミナルです。
    ロープウェイ乗り場(奥の建物)の横のバスターミナルとの関係性が分かりません。

  • 2番乗り場の脇から文学の小径が続きます。

    2番乗り場の脇から文学の小径が続きます。

  • 万葉歌碑。<br />「い香保ろの そひの榛原 吾が衣に つき寄らしもよ ひたえと思えば」

    万葉歌碑。
    「い香保ろの そひの榛原 吾が衣に つき寄らしもよ ひたえと思えば」

  • 深見けん二歌碑。<br />「春蝉の 声一山を はみ出せる」<br />

    深見けん二歌碑。
    「春蝉の 声一山を はみ出せる」

  • 夏目漱石の歌碑。<br />「めをとづれ 榛名がへり乃 山籠に ゆはへつけたる 萩美しき」<br />明治27年7月25日に来遊した際の歌とも、親交のあった知人の歌とも。<br />

    夏目漱石の歌碑。
    「めをとづれ 榛名がへり乃 山籠に ゆはへつけたる 萩美しき」
    明治27年7月25日に来遊した際の歌とも、親交のあった知人の歌とも。

  • 鍵和田柚子の歌碑。<br />「ほととぎす 湖畔の風は 過去を呼び」

    鍵和田柚子の歌碑。
    「ほととぎす 湖畔の風は 過去を呼び」

  • ケーブルテレビ発祥の地の碑。

    ケーブルテレビ発祥の地の碑。

  • NHKは昭和28年からテレビジョン放送を始めましたが、物聞山の北斜面にある伊香保温泉には電波が届きませんでした。<br />このため、NHKは物聞山の山頂にアンテナを立て、昭和30年にケーブル放送を開始しました。

    NHKは昭和28年からテレビジョン放送を始めましたが、物聞山の北斜面にある伊香保温泉には電波が届きませんでした。
    このため、NHKは物聞山の山頂にアンテナを立て、昭和30年にケーブル放送を開始しました。

  • 伊香保温泉と周辺観光地を巡回している伊香保タウンバス。

    伊香保温泉と周辺観光地を巡回している伊香保タウンバス。

  • 文学の小径から坂道を下ります。<br />正面の大きな建物はホテル木暮です。

    文学の小径から坂道を下ります。
    正面の大きな建物はホテル木暮です。

  • 坂道の途中にマンホールがありました。<br />この道路の下に温泉管が埋まっているようです。

    坂道の途中にマンホールがありました。
    この道路の下に温泉管が埋まっているようです。

  • ホテル木暮。<br />伊香保温泉で一番大きな小間口(小満口)を持っている老舗旅館です。<br />自慢の温泉は、とても素晴らしいです。<br />さて、なんとかお昼からの仕事に間に合いました。<br />最後までお読みいただきありがとうございました。

    ホテル木暮。
    伊香保温泉で一番大きな小間口(小満口)を持っている老舗旅館です。
    自慢の温泉は、とても素晴らしいです。
    さて、なんとかお昼からの仕事に間に合いました。
    最後までお読みいただきありがとうございました。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

伊香保温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集