今出川・北大路・北野旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 近代建築の中でも好きなジャンルに教会があります。クリスチャンではないのですが古い教会が大好きで、旅先でも教会を見つけると思わず中に入って見てしまう。3月8、9日、22日と3日間にわたり8つの教会を見てきました。<br />古都 京都の教会なかなか趣のあるものが多かったです。

京都の近代建築を訪ねて~教会編~

8いいね!

2008/03/08 - 2008/03/22

1690位(同エリア2678件中)

旅行記グループ 近代建築散歩(関西エリア)

4

33

 近代建築の中でも好きなジャンルに教会があります。クリスチャンではないのですが古い教会が大好きで、旅先でも教会を見つけると思わず中に入って見てしまう。3月8、9日、22日と3日間にわたり8つの教会を見てきました。
古都 京都の教会なかなか趣のあるものが多かったです。

交通手段
自転車 徒歩

PR

  • まずは救世軍京都小隊会館。四条通より富小路を入った所に建っています。1936年(昭和11年)ヴォーリズの設計により建てられました。

    まずは救世軍京都小隊会館。四条通より富小路を入った所に建っています。1936年(昭和11年)ヴォーリズの設計により建てられました。

  • 一見石造に見えますが、木造に石を貼ったものです。

    一見石造に見えますが、木造に石を貼ったものです。

  • エントランスホール部分は昨年5月に改修されたばかりのため新築したようにきれいな状態になっいていました。

    エントランスホール部分は昨年5月に改修されたばかりのため新築したようにきれいな状態になっいていました。

  • 講堂部分もきれいに改装されていて建築された当時とはずいぶん雰囲気が変わってしまったような感じです。

    講堂部分もきれいに改装されていて建築された当時とはずいぶん雰囲気が変わってしまったような感じです。

  • この教会は偶然見つけた京都ハリストス正教会

    この教会は偶然見つけた京都ハリストス正教会

  • 京都府庁舎を設計した松室重光の作品です。

    京都府庁舎を設計した松室重光の作品です。

  • 1903年(明治36年)に建てられたギリシャ正教会の教会堂で、その規模、格式は、お茶の水ニコライ堂に次ぐものとされているそうです。

    1903年(明治36年)に建てられたギリシャ正教会の教会堂で、その規模、格式は、お茶の水ニコライ堂に次ぐものとされているそうです。

  • 会堂はロシア・ビザンチン様式で、木造十字形平面聖堂。国内に現存するハリストス正教会の中では、最古級の木造聖堂だそうです。

    会堂はロシア・ビザンチン様式で、木造十字形平面聖堂。国内に現存するハリストス正教会の中では、最古級の木造聖堂だそうです。

  • 中に入れなかったのですが、見所は聖堂内部にもあり聖障に、油彩の聖人が描かれたイコンが30枚が嵌め込まれていてかなりのものだとか・・・<br />

    中に入れなかったのですが、見所は聖堂内部にもあり聖障に、油彩の聖人が描かれたイコンが30枚が嵌め込まれていてかなりのものだとか・・・

  • 見てみたいなあ〜。日曜日の礼拝に出れば見れるようなので、次の機会のお楽しみにとっておきましょう。<br /><br />

    見てみたいなあ〜。日曜日の礼拝に出れば見れるようなので、次の機会のお楽しみにとっておきましょう。

  • 尖塔に載っているのはロシア式の十字架だそうです。

    尖塔に載っているのはロシア式の十字架だそうです。

  • 日本聖公会 聖アグネス教会礼拝堂<br />1898年(明治31年)に建てられたレンガ造の教会です。

    日本聖公会 聖アグネス教会礼拝堂
    1898年(明治31年)に建てられたレンガ造の教会です。

  • この教会は隣接する平安女学院の礼拝堂として、JMガーディナーの設計により建てられた教会です。

    この教会は隣接する平安女学院の礼拝堂として、JMガーディナーの設計により建てられた教会です。

  • 京都に訪れるたびに目の前を通るのですが今回は始めて礼拝堂の中に入りました。

    京都に訪れるたびに目の前を通るのですが今回は始めて礼拝堂の中に入りました。

  • 内外ともにゴシック様式になっています。

    内外ともにゴシック様式になっています。

  • 設計者のガーディナーは立教大学の初代校長を務めた教育者でもあります。

    設計者のガーディナーは立教大学の初代校長を務めた教育者でもあります。

  • この教会の建つ平安女学院京都キャンパスは足利義昭の旧二条城跡にって、敷地の片隅に「旧二條城跡」と彫られた石碑が建っています。<br />

    この教会の建つ平安女学院京都キャンパスは足利義昭の旧二条城跡にって、敷地の片隅に「旧二條城跡」と彫られた石碑が建っています。

  • 遺跡の跡に建つ教会といった感じですね。

    遺跡の跡に建つ教会といった感じですね。

  • 尖塔アーチ型の窓がなかなかいい雰囲気ですね。

    尖塔アーチ型の窓がなかなかいい雰囲気ですね。

  • 照明が落とされていたのでよく見えませんが左の丸い窓にはステンドグラスが埋め込んであります。

    照明が落とされていたのでよく見えませんが左の丸い窓にはステンドグラスが埋め込んであります。

  • 次は、ウイリアム・メレル・ヴォーリズの設計による日本キリスト教団錦林教会<br />これは教会というよりも幼稚園といったほうが正しいかも。1929年(昭和4年)の建築です。

    次は、ウイリアム・メレル・ヴォーリズの設計による日本キリスト教団錦林教会
    これは教会というよりも幼稚園といったほうが正しいかも。1929年(昭和4年)の建築です。

  • こちらも幼稚園併設の日本聖公会京都聖三一教会<br />

    こちらも幼稚園併設の日本聖公会京都聖三一教会

  • 画家の園部秀治が基本設計を行い、J.V.Wバーガミニーが実施設計を行い、昭和5年(1930年)に建築されました。

    画家の園部秀治が基本設計を行い、J.V.Wバーガミニーが実施設計を行い、昭和5年(1930年)に建築されました。

  • 外観は3尺ごとに柱を見せる真壁造で縦長窓の並ぶ木造の教会です。

    外観は3尺ごとに柱を見せる真壁造で縦長窓の並ぶ木造の教会です。

  • これは、日本聖公会京都復活教会<br />

    これは、日本聖公会京都復活教会

  • ここもヴォーリズの設計により昭和11年(1936年)に建築されています。

    ここもヴォーリズの設計により昭和11年(1936年)に建築されています。

  • 残念ながらここも中を見ることができませんでした。

    残念ながらここも中を見ることができませんでした。

  • こちらは同志社大学キャンパス内の礼拝堂<br />ここを訪れたのは今回で4回目ですが、いまだに中を見るkとができません。

    こちらは同志社大学キャンパス内の礼拝堂
    ここを訪れたのは今回で4回目ですが、いまだに中を見るkとができません。

  • レンガ造のこの礼拝堂は、明治19年(1886年)D.C.グリーンの設計により建てられた、キャンパス内では彰栄館の次に古い建物です。

    レンガ造のこの礼拝堂は、明治19年(1886年)D.C.グリーンの設計により建てられた、キャンパス内では彰栄館の次に古い建物です。

  • 外観は、アメリカンゴシック調のシンメトリーなデザインとなっています。

    外観は、アメリカンゴシック調のシンメトリーなデザインとなっています。

  • こちらは教会ではありませんが、この和風の門の中は、なんと修道院なのです。

    こちらは教会ではありませんが、この和風の門の中は、なんと修道院なのです。

  • 聖ドミンゴ会聖トマス学院京都修道院という1923年(大正12年)に、京都では指折りの建築家、武田五一の設計により建てられた、個人邸だったところです。

    聖ドミンゴ会聖トマス学院京都修道院という1923年(大正12年)に、京都では指折りの建築家、武田五一の設計により建てられた、個人邸だったところです。

  • 最後は、カトリック西陣聖ヨゼフ教会 1946年 昭和21年 戦後間もなくの建築です。

    最後は、カトリック西陣聖ヨゼフ教会 1946年 昭和21年 戦後間もなくの建築です。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • あんみつ姫さん 2008/09/04 20:13:25
    ぬいぬいさん、こんばんは。
    ぬいぬいさん、こんばんは。

    京都にこんなステキな教会があるとは、
    知りませんでした。

    京都⇒お寺⇒仏教
    これからは、ちょっと見方が変わりました。

    京都⇒古都⇒歴史ある建築物
    今度訪ねたら、そのような目で見たいと思います。

                   あんみつ


    ぬいぬい

    ぬいぬいさん からの返信 2008/09/04 23:41:09
    京都の教会なかなかいいでしょう
    あんみつ姫さん こんばんは


    ここ1,2年京都にすっかりはまってしまい1年に3,4回訪れています。
    普通京都といえば神社・仏閣などの世界遺産めぐりなのでしょうが、私が京都に魅せられたのは、古い町家の続く街並みや、明治、大正、昭和の初期にかけて建築された近代建築と呼ばれる歴史的建造物、特に京都大学や同志社大学、龍谷大学等のキャンパス内の古い建物や、京の町家の中にぽつんとある古い教会を足で歩いて見て回、チャリに乗って走り回る これが、私流の京都の町歩きのスタイル。
    おかげで、今では地図がなくても京都の街はすっかりどこにでも行けるほど
    詳しくなってしまいました。

    教会は京都だけでなく、地元東京・横浜をはじめとして北関東、軽井沢・東北・北海道・関西にいたるまで全国行脚中です。
    そんな旅行記がたくさんありますので、お暇なときにでも覗いて見てください。

  • ツーリスト今中さん 2008/03/21 00:45:08
    さすがぬいぬいさん!
    京都の教会に注目とはさすがです。
    完成が楽しみです。
    感性が物を言いますね!
    (完成と出そうと思ったら感性が出て確かにと)

    ぬいぬい

    ぬいぬいさん からの返信 2008/03/21 22:15:23
    RE: さすがぬいぬいさん!
    こんばんは ツーリスト今中さん

    これからまた京都へ出かけます。
    先々週行ったときに見かけた、東山花灯路のポスターが気になっていて18きっぷもまだ3回分残っているので
    そうだ 京都へ行こう・・・
    と言うことで、夜行のムーンライトながら出でかけてきます。

    今度はハリストス教会の中が見れればいいなと思ってますが、はたしてどうでしょうか?

ぬいぬいさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集