旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

milouchatさんのトラベラーページ

milouchatさんのクチコミ全11件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 光點華山:華山1914文創園区にある映画館

    投稿日 2018年09月19日

    光點華山 台北

    総合評価:3.0

    名前から分かるように台北之家にある光點台北の系列館。
    劇場HPを引用すると
    「光點華山」映画館は華山1914文創園区の中6館にあり、
    かつて再製酒工場の包装室でありましたが、1996年に
    文化部の指導を受け、映画館として生まれ変わりました。
    現在、映画監督ホウ・シャオシェン(侯孝賢)が主宰する
    「台湾映画文化協会」に運営と管理は任され、2012年11月に
    台湾初の国レベルの芸術映画館として正式にオープンしました。
    全館、古い建築構造をそのまま残した上で現代的な要素を
    取り入れ新たなパワーを出現させました。館内には2つの
    映画専門ホール、また、イメージギャラリー、ビジュアルスペース、
    マルチ文芸ホール、カフェ「光点珈琲時光」や雑貨ショップ
    「光点生活」などもあります。
    当館では不定期にテーマ毎の映画祭が開催され、各スペースでも
    様々な映画関係の講座やイベントが行われています。
    快適な空間の中で今までと全く違った感覚を
    味わえるでしょう。ようこそあなたの心の映画館へ!
    あなただけのシネマストーリーをお探しください。

    ということで今回ここで見たのは台北・台中・台南・高雄と
    巡回上映する台灣國際酷兒影展 (Queer Film Festival)の
    最終日最終回の 「慾後(Eva+Candela)」
    コロンビアの Ruth Caudeli 監督のレズビアン映画。
    映画館は 175席と 133席の2スクリーンのみ。
    料金は一般 270元、学生 250元、シニア 135元。
    (光點台北同様)カード不可だったが、映画祭ではなく
    通常の興行なら使えるかもしれない(未確認)


    旅行時期
    2018年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    3.0
    コストパフォーマンス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    展示内容:
    4.0

  • 旺角百老匯:古いだけにマイナス点が多い映画館

    投稿日 2020年02月12日

    旺角百老匯戯院 香港

    総合評価:2.5

    香港最大手の興業チェーン百老匯 (Broadway Circuit) の1つだが
    1987年オープンなので 30年以上になり老朽化が進む。
    特に昔の風情があるわけでもない普通の映画館。

    恐らくオープン時は1つか2つのスクリーンだと思われるが、
    広い敷地は取れない香港なので、多くの映画館同様、基本的に
    各フロアーに1つか2つのスクリーンしかない。
    過去に何回か来たことがあるが、どんどん上のフロアーに
    スクリーンを増やし、現在は5つあり1から3のキャパは 256、
    4は 70、5は57しかない。
    上映作品にも特色はなく、一般的な作品が多い。
    料金は (2020年1月現在) 105 から 80 ドル、初回は 60ドル。

    この劇場には大きな難点がある。
    それはエレベーターがないこと。いつからか途中まで
    上りエスカレータができたが、それでも帰りは階段。
    そして何とスクリーン4、5は9階10階ぐらいにある。
    つまりビルの最上階から下まで階段を降りなくてはならない。
    だから、(原則ないが)ここでしかやってないとか、
    他の劇場では時間が合わないなど、特別の理由がない限りは、
    一番近いランガム・プレイスの UA朗豪坊の方を勧める。

    余談だがホームページを見ると 2020年2月現在
    コロナウィルスの影響で、毎回、劇場内消毒などを徹底し
    観客もマスク着用義務、体温チェックがあり
    37.5度以上、あるいはマスク非着用の観客は
    入場を断わる権利があると書いてある

    旅行時期
    2020年02月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    3.5
    コストパフォーマンス:
    2.5
    人混みの少なさ:
    2.5
    施設の快適度:
    2.0

  • 東大門CGV

    投稿日 2018年09月22日

    現代シティアウトレット東大門 ソウル

    総合評価:3.0

    現代シティアウトレットに昨年末にオープンしたシネコンです。
    チケット売場(ロビー)は11階だがスクリーンは10階。
    CGV Cultureplex と表記しているがフードコート的な場所やゲームコーナー、
    偽物ギャラリー(??)など映画を見なくても時間がつぶせそう。
    今回ここでは映画は見ず劇場を覗いただけ。

    旅行時期
    2018年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0

  • 釜山センタムプレミアホテル:便利と言えば便利

    投稿日 2019年10月12日

    センタム プレミア ホテル 釜山

    総合評価:3.0

    関連旅行記を見れば分かるが、僕の場合は
    釜山国際映画祭の会場に近く駅からも至近なのが
    選んだ一番の理由。
    しかし駅前に超大型百貨店(免税店)が2つあり、
    買い物にも便利だろうし、ほとんどの人が行くだろう
    西面にも乗り換えなしの1本だから一般の旅行者にも
    便利なホテルだと思う。

    ただ、写真に載せたように真ん中が開いているが
    同一フロアを一周出来ないので指定されたエレベーター以外に乗ると
    自分の部屋に行けない。 チェックインしたときは当然、
    右とか教えてくれるからいいが、次に別の高層階行きに乗ったら
    部屋が見つからず1階まで降りて乗り直した。
    ホテル内は見て回っていないし食堂やレストランも利用していないので
    他のことは分からない。
    そうそう、紅茶とコーヒーのティーバッグはあるが砂糖もミルクもない。
    紅茶はともかくコーヒーのティーバッグは、ほとんど香りすらなく最悪

    旅行時期
    2019年10月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    10,000円 未満
    コストパフォーマンス:
    3.0
    バスルーム:
    2.5
    ロケーション:
    3.5
    客室:
    2.5

  • 台北真善美劇院 :ワンダフルな映画館

    投稿日 2019年07月30日

    真善美劇院 台北

    総合評価:4.0

    真善美劇院の英語名が Wonderful Theatre だがハリウッドメジャーじゃない
    単館系が好きな人には文字通り ワンダフルな映画館です。
    まず場所が非常に分かりやすい。ほとんどの人が行く西門の大交差点にある。
    MTRの6番出口を出ると目の前にH&Mの赤いマークが目立つ
    新世界大樓という白いビルが見える。しかし映画館は控えめで目立たない。
    なぜなら普通のポスターが柱にあるだけで大きな広告看板はないから。

    チケット売り場は1階奥左手にあるが劇場は専用エレベーターで7階に。
    スクーリーンは2つのみ。 料金は一般 $270、シニア(65歳以上)は半額。

    世界各国の作品を上映するが日本映画も多い。2019年7月30日現在、
    上映中の日本映画は『長いお別れ』だけだが近日上映には
    『美人が婚活してみたら』『プロメア』『さよならくちびる』などがある。
    座席は日本より遙かにいい。 スクリーン前の空間が非常に広いので前がお勧め

    旅行時期
    2019年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    5.0
    西門入り口です
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    施設の快適度:
    4.0

  • 新村CGVアートレオン:歴史の古い映画館の今

    投稿日 2018年09月25日

    CGV新村アートレオン ソウル

    総合評価:3.0

    ネット情報によると50年もの歴史のあった映画館シニョン劇場が
    2003年にCGVアートレオンという複合文化施設として再スタート
    したらしく9スクリーンの映画館以外に画廊や小さなコンサートホールが
    併設され、僕が行ったソウル国際女性映画祭もずっとここでやっていたという。

    たまたま今回泊まった Hアベニュー ホテルの筋向かいにあったので
    覗いてはみたが、映画祭で連日10:00から22:00まで映画を見るので
    ほかの映画館に行く余裕がなく映画館の開場前に行ったので劇場の内部を
    見ることは出来なかった

    旅行時期
    2018年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    4.0
    コストパフォーマンス:
    3.0
    展示内容:
    3.0

  • 光點台北:侯孝賢が主宰する台湾映画文化協会が運営

    投稿日 2018年09月19日

    光点電影院 台北

    総合評価:4.0

    名前から分かるように光點華山と同じ系統のアート系映画館(1スクリーン83席)。
    映画館は旧アメリカ大使館建物横に取って付けたように併設され、
    いわゆる台北之家とは繋がっていない。
    ただしチケットは台北之家入口の突きあたりのカウンターで購入。

    今回ここで見たのはクリス・マルケルの短編「2084」とゴダールの『東風』、
    デンマークのドキュメンタリー「頂尖高手(Big Time)」、
    「[女也]的錯誤教育(The Miseducation Of Cameron Post)」の 3+1 本。
    プログラム編成の関係で1週間いてもほかの映画は見られない。
    映画館にしては珍しく光點華山同様カードが使えない。
    料金は一般260元、学生240元、シニアは半額の130元(パスポートでOK)
    原則英語字幕はなく中国語字幕のみ。

    どうでもいいが現在HPの映画紹介で『愛を弾く女』と『ベティ・ブルー』
    の写真が逆になっている。ちょっと恥ずかしい?

    旅行時期
    2018年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    4.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    施設の快適度:
    3.0

  • 新村 Megabox:ゴーストタウンのシネコン

    投稿日 2018年09月25日

    メガボックス (シンチョン店) ソウル

    総合評価:3.0

    2006年にできた学生街である新村と梨大の間にあり国鉄新村駅の隣という
    立地のいいファッションビルだが何か所有権のトラブルでミリオレは撤退
    してしまいビル内で営業しているのは数店しかないというゴーストタウン状態。
    ただし5階にある8スクリーンのシネコンは盛況。
    驚くべきは、ほかのシネコンでもそうだったがオールナイトと謳ってないが
    最終回が24時以降の回とほぼオールナイト。

    今回は(知らなかったが)20回目にもなる SIWFF (ソウル国際女性映画祭)
    に行った。名前の通り、ほとんどの作品の監督は女性でスタッフや観客も
    若い女性が圧倒的に多い。

    この映画祭で一番いいのは会場が1個所で移動の必要がないこと。
    日本では考えられないが立派なシネコンMEGABOX 新村が8つのうち6つの
    スクリーンを映画祭用に提供してくれている。
    チケットは劇場用とは別の映画祭専用の臨時チケット売場で買う
    (もちろんカード可)。しかし臨時だからか今どき珍しくネットでチケットが
    買えない。予約のみネットでして現地で購入する形。
    今回は初参加だし(当然知らない作品ばかりなので)予約はせず初日に
    希望全作品を買った。売り切れも多かったが幸い僕が選んだ作品は
    全部買えた。料金は一般上映 KRW 7,000、オープニングなどのセレモニー付き
    はKRW 13,000。今年のオープニング作品は日本で公開中のアニエス・ヴァルダ
    『顔たち、ところどころ』で1週間全147本が上映された。日本映画は(多分)
    寺島しのぶ主演の『オー・ルーシー』のみ。もうすぐ日本公開される
    『リトル・フォレスト』(橋本愛主演の日本映画リメイク) 上映後には
    5個パックのインスタント・ラーメンを全員にくれた。
    ある日1階エレベーター前に大皿に入った小さな四角い物が置かれていて
    チョコレートかなと思って数個とったら…何と僕には無用のコンド** だった。

    映画祭のマイナス点は多くの上映後に監督などのQ&A が付くが舞台はない。
    ホールではないのでスポットライトなどもなく明るいスクリーンの前に立つと
    逆光状態で顔がまったく見えない。Q&Aには韓国語と英語の通訳が入る。

    見た映画は3日半で11本、今のところ日本公開予定の作品はなかった
    (僕も見たメキシコの1本は先日の、なら国際映画祭でも上映された)。
    日本でも同じだが国際映画祭の場合は英語字幕が出品条件で最初からついて
    いるが韓国語や日本語字幕は普通レーザーなどによる臨時の映写字幕になる。
    理由は簡単で例えば韓国語や日本語字幕を買付け配給決定前に素材に付けると
    他の国では使えなくなるから。

    ともかく学生街で安く食べられる店なども多く、映画祭としては
    気に入ったので今後も何回か行くつもり。
    劇場前が広い空間になっているので映画祭期間中は多くのテントが設置され
    女性向けの小物やフェミニズム関連の本などの店が出ているが食べ物の出店は
    なかった。

    旅行時期
    2018年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    4.0
    コストパフォーマンス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    施設の快適度:
    3.0

  • 九龍湾國際展貿中心(湾仔ではありません)

    投稿日 2019年03月31日

    九龍灣國際展貿中心 香港

    総合評価:2.0

    旧啓徳空港のそばにあり、どちらかと言えば不便なので
    MTRの九龍湾から無料のシャトルバスがあるが
    尖沙咀あたりからなら 215X などのバスで行けば
    20分もかからず建物の横に到着するのでバスがお勧め。
    建物は地下4階地上13階と大きいが6階以上は Office なので
    モール(E-MAX)としての規模は大きくない。
    立地が良くないこともあり空き家部分も結構あったが
    Office で働く人が多いからか安く食べられる店は多い。
    かってはボーリング場もあったようだが
    現在の娯楽施設は映画館のみ。

    ブランドショップなども少しはあるがショッピング目的なら、
    わざわざ来る場所でもない。むしろ徒歩10分ぐらいにある
    メガ・ボックスの方を薦める

    PS:
    なぜか、この口コミ欄のほとんどが
    湾仔の香港會議展覽中心のことを書いていて
    違う場所のコメントになっている。
    訂正は本人に直接連絡すべきでしょうか?

    事務局(?)が訂正してくれたようで、場所違いのクチコミは
    本来の場所に移動していました(2019/04/13)

    旅行時期
    2019年03月
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    2.0
    バスで行く方が便利
    コストパフォーマンス:
    1.5
    人混みの少なさ:
    2.5

  • 台北京站威秀影城:台北駅直結のショッピングビル QSquare 内のシネコン

    投稿日 2018年09月19日

    台北京站威秀影城  台北

    総合評価:3.0

    台北3館のほか台湾に11館あるシネコンチェーンVIESHOW の1つで
    ショッピングビルQSquare 内の10スクリーンのシネコン。
    映画館は6階だがチケット売場は5階。ただし、いわゆるチケット売場は
    なく飲み物などを買うカウンターで購入(カード可)。
    当然飲み物なども勧められるが、もちろん買わなくてOK。
    料金は一般330元学生310元シニアは半額の165元(3Dは別)。

    今回ここで見たのは『クレイジー・リッチ』、「殺戮元年(The First Purge)」
    「老娘也要當間諜(The Spy Who Dumped Me)」、「暗之心(The Darkest Minds)」
    フランス映画の「全面霾伏(Dans la brume)」の5本
    もちろん字幕は中国語のみ

    旅行時期
    2018年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日
    アクセス:
    5.0
    コストパフォーマンス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    施設の快適度:
    3.0

  • 九龍湾Megabox:映画館もスケートリンクもあります

    投稿日 2019年03月30日

    メガ・ボックス 香港

    総合評価:4.0

    2007年6月のオープンなので、何年にもなるが 旧啓徳空港近くで
    便利とは言えない場所なので観光客が来る機会は少ないだろう。
    とはいえ(だからこそ) MTR九龍湾から(歩いても10分ほどらしいが)
    無料シャトルバスが出ている。
    九龍湾宏照道38号
    38 Wang Chiu Rd, Kowloon Bay

    イオンと IKEA が2フロアずつあり
    フードコートなどの安い食堂から
    13階以上にある高そうなレストランまで
    食べるところはたくさんある。
    スケートリンクは10階
    映画館 UA MEGABOX は11階にあります。
    九龍駅の Elements と似た感じですね

    旅行時期
    2019年03月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    2.5
    MTR九龍湾からシャトルバスあり
    品揃え:
    3.0

milouchatさん

milouchatさん 写真

32国・地域渡航

0都道府県訪問

milouchatさんにとって旅行とは

● 場所が変わるだけの日常。
つまり時間の自由度が高くなるだけで
日本にいるときと同じ行動をしている。
その行動とは…
まずは映画を見ること。
直近(2011年2月の話)に行った
香港では3日半で11本見た。
ということは…
いわゆる観光をする時間はない。

● 2012年4月追記
初めての海外は 1974年のフランスで
パリの1つ星ホテルに1ヶ月滞在した。
初海外が、そのころ一般化しだした
"高額な"パッケージツアーでなかったことが
その後の旅のパターンを決定したのだろう。
以後10年ぐらいは毎年のように
パリに映画を見に行った。
その後も最低年1回は色々な街に出かけた。
ところが…

家庭の事情で
当分旅行が出来なくなってしまった。
そこで過去の旅行記を作ろうと思ったのだが、
何しろ基本的に映画を見るだけの
"日常の延長"なのでまともな記録がなく
写真も少ない。ただ8ミリフィルムの
時代から動画は大量にあり、
そこから静止画を切り出そうと思っている。

第1号の完成がいつになるか分からないが、
まずは記憶がまだ残っている
2011年の香港から始めるつもり…

● 2013年8月11日追記
おひさしぶりです(誰に言うてんねん)。

旅行記はおろかQ&Aも最近は見るだけで
回答する気が失せてしまった。
ところが偶然 "居ながらシネマ" という
映画のロケ地を探すサイトに関わりだし、
その中のギャラリー(Picasa)に旅行中の
写真を大量にアップするようになった。
(猫など一部は4トラと重複)それは
僕にとっては ある種の "旅行記" と言える。

何度訪れても変化のない僕のページにも
毎月数人は立ち寄ってくれているので、もし
気が向いたら写真だけでも見てください
(HN はmilou です)。

http://inagara.octsky.net/gallery

● 2018年9月追記
まともな旅行記は書けないが
映画館のクチコミなら載せられるな、
と今月頭に行った台北の3館からスタート。
今回は2日と6分の1日で9本見た。

プロフィール写真はフェリーニで有名な
ローマのスタジオ Cinecitta (映画の都)

● 2020年7月追記
2018年の関西空港水没時に帰国という
"非日常" に遭遇したことがキッカケで
過去に向かって旅行記を書き出し
1974年のパリまで半世紀に及ぶ旅行の
一応のすべてを書き終えた。
最初に書いたように "映画を見る" のが
僕の "日常" なので外国に行っても
基本的に映画を見るだけの "日常の延長"で
大量に書いた旅行記も他の人には
何の参考にもならないだろうが…

今年はコロナ禍の影響で
映画館が(外国も含め)閉まってしまい、
映画館に行くという "日常" が奪われてしまった。
映画館が再開して1ヶ月、
まだ 28本しか見ていないが
シネコンですら観客は多くても数十人、
普段は 10名以下ぐらい
単館系では数人が普通…
多くの人にとって "映画" なんて
大した意味がないことを実感、
旅行に行けるようになったら
(猫も留守番に慣れてきたし?)
15年振りぐらいに原点のパリに行こうと
思っている

自分を客観的にみた第一印象

自分を客観的になんて見れるはずないが
人の話では…
男性:付き合いの悪い変人。関わりたくない
女性:異常に親切な面白いおじさん

大好きな場所

ロンドン、パリ、香港

大好きな理由

映画が沢山見れるから

行ってみたい場所

行ってない場所すべて

現在32の国と地域に訪問しています

現在0都道府県に訪問しています