浦安旅行記(ブログ) 一覧に戻る
◇ 千葉県浦安市『Hyatt Regency Tokyo Bay』<br /><br />2021年7月12日、『ハイアット リージェンシー 東京ベイ』がオープン!<br /><br />ホテルは潮風に揺れるヤシの木が印象的な美しい街並みの新浦安・舞浜ベイエリア<br />に位置します。<br /><br />2019年7月1日に『ハイアット プレイス 東京ベイ』として日本に初上陸した<br />ブランド「ハイアットプレイス」からリブランディングする形で、<br />「宿泊特化型ホテル」から「フルサービスホテル」にグレードアップしました。<br /><br />『ハイアット プレイス 東京ベイ』時代に宿泊した際はクラブラウンジ<br />【リージェンシークラブ】がなかったので、「World of Hyatt<br />(ワールド オブ ハイアット)」のグローバリストメンバー(ダイヤモンドメンバー)<br />に昇格後、初めて無料でラウンジを利用します♪<br /><br />東京湾を一望できるオーシャンビュールームや広々としたテラス付きの<br />テラスルーム、最大6名で利用できるファミリールームなど、目的や好みに<br />応じてセレクトできる多彩な客室が揃っています。<br /><br />『ハイアット リージェンシー 東京ベイ』の宿泊料金ですが、<br />当初は一番リーズナブルなルームカテゴリーの「キング」のお部屋を<br />15,512円(税込)で予約していたのですが、「チェアマンスイート」<br />(VIP専用でオーナーや紹介者のみ宿泊可能な客室)を除くと最も広い<br />最上位スイートルームの「エグゼクティブ オーシャンビューテラススイート」に<br />8ルームカテゴリー?も無料でアップグレードをしていただきました☆彡<br />またまたグローバリストメンバーの恩恵にあずかりました \(^o^)/<br /><br />『ハイアット リージェンシー 東京ベイ』の宿泊予約をするにあたっては、<br />「World of Hyatt」の会員限定割引プラン「Members Save More<br />(【会員限定割引料金】室数限定プラン)」で予約したので、<br />「会員優待料金」のプランよりも更にお得な割引が適用されましたが、<br />公式ウェブサイトでは「通常料金」のプランで「キング」の宿泊料金は<br />28,589円(税込)でした。<br /><br />ちなみに、ホテルのチェックイン時にアップグレードをしていただいた<br />「エグゼクティブ オーシャンビューテラススイート」の宿泊料金は、<br />公式ウェブサイトでは「通常料金」のプランで328,401円(税込)でした\(◎o◎)/<br />どうもありがとうございます☆☆☆<br /><br />◇ 『ハイアットリージェンシー東京ベイ』(計350室)のルームカテゴリー<br /> <br /><Standard(スタンダード)>(3~8F/計28室)<br />〇 キング(26㎡)←当初予約したお部屋<br />〇 ツイン(26㎡)<br /> <br /><Deluxe(デラックス)>(2~10F/計272室)<br />〇 デラックスキング(28㎡)<br />〇 デラックスツイン(28㎡)<br />〇 オーシャンビューキング(28㎡)<br />〇 オーシャンビューツイン(28㎡)<br />〇 キッズフレンドリールーム(37㎡)<br />〇 ファミリールーム(37㎡)〔計98室〕<br />〇 テラスキング(28㎡)<br />〇 ドッグフレンドリー ルーム(37㎡)<br /> <br /><Club(クラブ)>(9~10F/計40室)<br />〇 クラブキング(28㎡)<br />〇 クラブツイン(28㎡)<br />〇 クラブファミリー(37㎡)<br />〇 クラブオーシャンビューキング(28㎡)<br />〇 クラブオーシャンビューツイン(28㎡)<br />〇 クラブデラックスキング(37㎡)<br />〇 クラブデラックスツイン(37㎡)<br />〇 クラブテラスキング(38㎡)〔10F/計1室〕<br />→ 1042号室(コーナー)<br /><br /><Suite(スイート)>(7~10F/計10室)<br />〇 リージェンシースイートキング(56㎡)〔9~10F/計2室〕<br />→ 901号室(コーナー), 1001号室(コーナー)<br />〇 リージェンシースイートツイン(56㎡)〔8F/計1室〕<br />→ 804号室(コーナーではない)<br />〇 リージェンシーテラススイートキング(54㎡+テラス)〔7, 10F/計2室〕<br />→ 714号室(コーナー), 1036号室(コーナーではない)<br />〇 リージェンシーテラススイートツイン(54㎡+テラス)〔8, 10F/計2室〕<br />→ 846号室(コーナー), 1033号室(コーナー)<br />〇 オーシャンビューテラススイート(65㎡+テラス)〔9F/計1室〕<br />→ 908号室(通称「ROOM J」:JUNKO KOSHINO氏が初プロデュース)<br />〇 エグゼクティブ オーシャンビューテラススイート(110㎡+テラス)〔10F/計1室〕←実際にアサインされたお部屋<br />→ 1007号室(コーナー)<br />〇 チェアマンスイート(161㎡+テラス)〔8F/計1室〕<br />→ 807号室(VIP専用でオーナーや紹介者のみ宿泊可能な客室)<br /><br />本ブログでは、最上階に位置する「エグゼクティブ オーシャンビュー<br />テラススイート(110㎡+テラス)」のお部屋からの眺望、開放的な屋外テラス、<br />アメニティ、バスアメニティなどをご紹介します。

『ハイアットリージェンシー東京ベイ』宿泊記②グローバリスト会員「エグゼクティブオーシャンビューテラススイート」にアップグレード♪眺望は東京湾

38いいね!

2023/03/04 - 2023/03/04

29位(同エリア191件中)

0

161

リンリンベルベル

リンリンベルベルさん

◇ 千葉県浦安市『Hyatt Regency Tokyo Bay』

2021年7月12日、『ハイアット リージェンシー 東京ベイ』がオープン!

ホテルは潮風に揺れるヤシの木が印象的な美しい街並みの新浦安・舞浜ベイエリア
に位置します。

2019年7月1日に『ハイアット プレイス 東京ベイ』として日本に初上陸した
ブランド「ハイアットプレイス」からリブランディングする形で、
「宿泊特化型ホテル」から「フルサービスホテル」にグレードアップしました。

『ハイアット プレイス 東京ベイ』時代に宿泊した際はクラブラウンジ
【リージェンシークラブ】がなかったので、「World of Hyatt
(ワールド オブ ハイアット)」のグローバリストメンバー(ダイヤモンドメンバー)
に昇格後、初めて無料でラウンジを利用します♪

東京湾を一望できるオーシャンビュールームや広々としたテラス付きの
テラスルーム、最大6名で利用できるファミリールームなど、目的や好みに
応じてセレクトできる多彩な客室が揃っています。

『ハイアット リージェンシー 東京ベイ』の宿泊料金ですが、
当初は一番リーズナブルなルームカテゴリーの「キング」のお部屋を
15,512円(税込)で予約していたのですが、「チェアマンスイート」
(VIP専用でオーナーや紹介者のみ宿泊可能な客室)を除くと最も広い
最上位スイートルームの「エグゼクティブ オーシャンビューテラススイート」に
8ルームカテゴリー?も無料でアップグレードをしていただきました☆彡
またまたグローバリストメンバーの恩恵にあずかりました \(^o^)/

『ハイアット リージェンシー 東京ベイ』の宿泊予約をするにあたっては、
「World of Hyatt」の会員限定割引プラン「Members Save More
(【会員限定割引料金】室数限定プラン)」で予約したので、
「会員優待料金」のプランよりも更にお得な割引が適用されましたが、
公式ウェブサイトでは「通常料金」のプランで「キング」の宿泊料金は
28,589円(税込)でした。

ちなみに、ホテルのチェックイン時にアップグレードをしていただいた
「エグゼクティブ オーシャンビューテラススイート」の宿泊料金は、
公式ウェブサイトでは「通常料金」のプランで328,401円(税込)でした\(◎o◎)/
どうもありがとうございます☆☆☆

◇ 『ハイアットリージェンシー東京ベイ』(計350室)のルームカテゴリー

<Standard(スタンダード)>(3~8F/計28室)
〇 キング(26㎡)←当初予約したお部屋
〇 ツイン(26㎡)

<Deluxe(デラックス)>(2~10F/計272室)
〇 デラックスキング(28㎡)
〇 デラックスツイン(28㎡)
〇 オーシャンビューキング(28㎡)
〇 オーシャンビューツイン(28㎡)
〇 キッズフレンドリールーム(37㎡)
〇 ファミリールーム(37㎡)〔計98室〕
〇 テラスキング(28㎡)
〇 ドッグフレンドリー ルーム(37㎡)

<Club(クラブ)>(9~10F/計40室)
〇 クラブキング(28㎡)
〇 クラブツイン(28㎡)
〇 クラブファミリー(37㎡)
〇 クラブオーシャンビューキング(28㎡)
〇 クラブオーシャンビューツイン(28㎡)
〇 クラブデラックスキング(37㎡)
〇 クラブデラックスツイン(37㎡)
〇 クラブテラスキング(38㎡)〔10F/計1室〕
→ 1042号室(コーナー)

<Suite(スイート)>(7~10F/計10室)
〇 リージェンシースイートキング(56㎡)〔9~10F/計2室〕
→ 901号室(コーナー), 1001号室(コーナー)
〇 リージェンシースイートツイン(56㎡)〔8F/計1室〕
→ 804号室(コーナーではない)
〇 リージェンシーテラススイートキング(54㎡+テラス)〔7, 10F/計2室〕
→ 714号室(コーナー), 1036号室(コーナーではない)
〇 リージェンシーテラススイートツイン(54㎡+テラス)〔8, 10F/計2室〕
→ 846号室(コーナー), 1033号室(コーナー)
〇 オーシャンビューテラススイート(65㎡+テラス)〔9F/計1室〕
→ 908号室(通称「ROOM J」:JUNKO KOSHINO氏が初プロデュース)
〇 エグゼクティブ オーシャンビューテラススイート(110㎡+テラス)〔10F/計1室〕←実際にアサインされたお部屋
→ 1007号室(コーナー)
〇 チェアマンスイート(161㎡+テラス)〔8F/計1室〕
→ 807号室(VIP専用でオーナーや紹介者のみ宿泊可能な客室)

本ブログでは、最上階に位置する「エグゼクティブ オーシャンビュー
テラススイート(110㎡+テラス)」のお部屋からの眺望、開放的な屋外テラス、
アメニティ、バスアメニティなどをご紹介します。

一人あたり費用
1万円未満
38いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP