ベネチア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2016年のゴールデンウイークは、成田からクロアチアのザグレブに入りイタリアのヴェネツィアから帰る航空券を確保。帰国日はゴールデンウイーク最終日の5月8日(日)にして、乗り継ぎ便を通常料金で入手できるよう1日と数時間前倒し、4月27日夜に出発した11泊12日のスケジュール。成田を出た翌日の午前にクロアチアの首都ザグレブに着き、翌日朝の国際列車でスロベニアの首都リュブリャナへ。リュブリャナからバスと列車でイタリア国境の町ノヴァゴリツァを往復し、3日目は列車でアドリア海の港町コペルへ。4日目はイストラ半島で再び国境を越えクロアチアのポレチへ。5日目はプーラ、ロヴィニを巡り、6日目にスロベニアのシュコツアン鍾乳洞を経てイタリアのトリエステに抜けます。<br /><br />7日目はトリエステから列車でヴェネツィアへ。ヴェネツィア本島観光後、列車を使って8日目はパドバとヴィチェンツァ、9日目はバッサーノ・デル・グラッパ、チッタデッラ、カステル・フランコ・ヴェネト、トレヴィーゾを巡り、再び夜のヴェネツィア本島へ。10日目は3回目のヴェネツィア本島観光後、夕刻の便でマルコポーロ空港からドーハ乗り継ぎで成田に帰国です。<br /><br />0日目<br />成田からカタール航空でドーハへ<br /><br />1日目~5日目<br />ドーハ乗り継ぎでクロアチアの首都ザグレブへ。スロベニアに移動して、首都リュブリャナからイストラ半島へ。アドリア海沿って、スロベニアとクロアチアの小さな街を巡ります。<br />https://4travel.jp/travelogue/11680489<br /><br />6日目 午前<br />タクシーで2回の国境越え スロベニアの世界遺産シュコツィアン洞窟群からイタリアのトリエステへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11682590/<br /><br />7日目 午前<br />トリエステ・オピチーナトラムとトリエステ鉄道博物館の見学後ローカル列車でヴェネツィアへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11688585<br /><br />7日目 午後<br />ヴェネツィアサンタルチア駅と地元民の生活が垣間見られるサンポーロ地区<br />https://4travel.jp/travelogue/11688623<br /><br />8日目 午前<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡るパドヴァ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689155<br /><br />8日目 午後<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡る世界遺産の街ヴィチェンツァ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689155<br /><br />9日目 午前<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡るバッサーノ・デル・グラッパ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689488<br /><br />9日目 昼<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡る堀と城壁で囲まれた丸い街チッタデッラ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689575<br /><br />9日目 午後<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡るカステル・フランコ・ヴェネトとトレヴィーゾ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689725<br /><br />9日目 夜<br />夜のヴェネツィア サンタルチア駅からカナルグランデ沿いにサンマルコ広場まで<br />https://4travel.jp/travelogue/11690046<br /><br />10日目 午前<br />サンタルチア駅から水上バスでサン・マルコ広場へ、カスッテロ地区散策<br />https://4travel.jp/travelogue/11690182<br /><br />10日目 午後<br />サン・マルコ寺院からリアルト橋、ヴェネツィアマルコポーロ空港から帰国へ<br />【この旅行記です】

北東イタリア鉄道の旅(その11 サン・マルコ寺院からリアルト橋、ヴェネツィアマルコポーロ空港から帰国へ)

10いいね!

2016/05/07 - 2016/05/08

1802位(同エリア3937件中)

モボ101

モボ101さん

2016年のゴールデンウイークは、成田からクロアチアのザグレブに入りイタリアのヴェネツィアから帰る航空券を確保。帰国日はゴールデンウイーク最終日の5月8日(日)にして、乗り継ぎ便を通常料金で入手できるよう1日と数時間前倒し、4月27日夜に出発した11泊12日のスケジュール。成田を出た翌日の午前にクロアチアの首都ザグレブに着き、翌日朝の国際列車でスロベニアの首都リュブリャナへ。リュブリャナからバスと列車でイタリア国境の町ノヴァゴリツァを往復し、3日目は列車でアドリア海の港町コペルへ。4日目はイストラ半島で再び国境を越えクロアチアのポレチへ。5日目はプーラ、ロヴィニを巡り、6日目にスロベニアのシュコツアン鍾乳洞を経てイタリアのトリエステに抜けます。

7日目はトリエステから列車でヴェネツィアへ。ヴェネツィア本島観光後、列車を使って8日目はパドバとヴィチェンツァ、9日目はバッサーノ・デル・グラッパ、チッタデッラ、カステル・フランコ・ヴェネト、トレヴィーゾを巡り、再び夜のヴェネツィア本島へ。10日目は3回目のヴェネツィア本島観光後、夕刻の便でマルコポーロ空港からドーハ乗り継ぎで成田に帰国です。

0日目
成田からカタール航空でドーハへ

1日目~5日目
ドーハ乗り継ぎでクロアチアの首都ザグレブへ。スロベニアに移動して、首都リュブリャナからイストラ半島へ。アドリア海沿って、スロベニアとクロアチアの小さな街を巡ります。
https://4travel.jp/travelogue/11680489

6日目 午前
タクシーで2回の国境越え スロベニアの世界遺産シュコツィアン洞窟群からイタリアのトリエステへ
https://4travel.jp/travelogue/11682590/

7日目 午前
トリエステ・オピチーナトラムとトリエステ鉄道博物館の見学後ローカル列車でヴェネツィアへ
https://4travel.jp/travelogue/11688585

7日目 午後
ヴェネツィアサンタルチア駅と地元民の生活が垣間見られるサンポーロ地区
https://4travel.jp/travelogue/11688623

8日目 午前
ヴェネツィアからローカル列車で巡るパドヴァ
https://4travel.jp/travelogue/11689155

8日目 午後
ヴェネツィアからローカル列車で巡る世界遺産の街ヴィチェンツァ
https://4travel.jp/travelogue/11689155

9日目 午前
ヴェネツィアからローカル列車で巡るバッサーノ・デル・グラッパ
https://4travel.jp/travelogue/11689488

9日目 昼
ヴェネツィアからローカル列車で巡る堀と城壁で囲まれた丸い街チッタデッラ
https://4travel.jp/travelogue/11689575

9日目 午後
ヴェネツィアからローカル列車で巡るカステル・フランコ・ヴェネトとトレヴィーゾ
https://4travel.jp/travelogue/11689725

9日目 夜
夜のヴェネツィア サンタルチア駅からカナルグランデ沿いにサンマルコ広場まで
https://4travel.jp/travelogue/11690046

10日目 午前
サンタルチア駅から水上バスでサン・マルコ広場へ、カスッテロ地区散策
https://4travel.jp/travelogue/11690182

10日目 午後
サン・マルコ寺院からリアルト橋、ヴェネツィアマルコポーロ空港から帰国へ
【この旅行記です】

旅行の満足度
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • カステッロ地区を一回りして、ドゥカーレ宮殿の裏手に戻ってきました。ここまで来ると、観光客を乗せたゴンドラの数が急に増えた。

    カステッロ地区を一回りして、ドゥカーレ宮殿の裏手に戻ってきました。ここまで来ると、観光客を乗せたゴンドラの数が急に増えた。

  • 橋の上から振り返れば、ドゥカーレ宮殿と運河を隔てた牢獄を結ぶ、16世紀に架けられた白い大理石の溜息の橋。橋からの眺めは、囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色だったとか。その下の運河をゴンドラが行きかいます。

    橋の上から振り返れば、ドゥカーレ宮殿と運河を隔てた牢獄を結ぶ、16世紀に架けられた白い大理石の溜息の橋。橋からの眺めは、囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色だったとか。その下の運河をゴンドラが行きかいます。

  • こちらは、海側にまわって見た溜息の橋。

    こちらは、海側にまわって見た溜息の橋。

  • 昨晩も来たサン・マルコ広場とドゥカーレ宮殿。

    昨晩も来たサン・マルコ広場とドゥカーレ宮殿。

  • ゴールデンウイークはまだオフシーズンとはいえ、サンマルコ寺院と時計台と鐘楼の間から、聖テオドロスと有翼の獅子像が立つ、マルチャーナ図書館前のサン・マルコ小広場を埋める人の波。

    ゴールデンウイークはまだオフシーズンとはいえ、サンマルコ寺院と時計台と鐘楼の間から、聖テオドロスと有翼の獅子像が立つ、マルチャーナ図書館前のサン・マルコ小広場を埋める人の波。

  • クロアチアからスロベニアのアドリア海沿岸の街、そしてベネツィア近郊の街で、この旅で幾度となく見てきた有翼の獅子。

    クロアチアからスロベニアのアドリア海沿岸の街、そしてベネツィア近郊の街で、この旅で幾度となく見てきた有翼の獅子。

  • 時計塔にも有翼の獅子。それにしてもすごい人波。

    時計塔にも有翼の獅子。それにしてもすごい人波。

  • 高さ96.8mの鐘楼にも長蛇の行列。22年前に初めてヴェネツィアを訪れた時に鐘楼には登り、ドゥカーレ宮殿にも入っているので、帰国便の時間のこともあり、今回はパスして、

    高さ96.8mの鐘楼にも長蛇の行列。22年前に初めてヴェネツィアを訪れた時に鐘楼には登り、ドゥカーレ宮殿にも入っているので、帰国便の時間のこともあり、今回はパスして、

  • サン・マルコ寺院の行列にだけ並ぶことに。

    サン・マルコ寺院の行列にだけ並ぶことに。

  • 9世紀にヴェネツィアの商人がエジプトのアレキサンドリアから運んできた、聖マルコの遺体を祀るためにビザンチン様式で建てられたサン・マルコ寺院。何度か改修されていて、金色のモザイクで聖マルコの遺体搬送を描いたの正面に並ぶ5つのアーチのうち、一番左は13世紀の古いものだとか。

    9世紀にヴェネツィアの商人がエジプトのアレキサンドリアから運んできた、聖マルコの遺体を祀るためにビザンチン様式で建てられたサン・マルコ寺院。何度か改修されていて、金色のモザイクで聖マルコの遺体搬送を描いたの正面に並ぶ5つのアーチのうち、一番左は13世紀の古いものだとか。

  • 左から2番目のモザイク。

    左から2番目のモザイク。

  • 中央のモザイク。

    中央のモザイク。

  • 右から2番目のモザイク。

    右から2番目のモザイク。

  • 一番右のモザイク。

    一番右のモザイク。

  • 正面の上部には、聖マルコとそのシンボルの有翼の獅子。ここが、今までクロアチアやスロベニアも含め各地のミニヴェネツィアの街で見てきたライオンの本家本元。<br /><br />その下には13世紀に十字軍がコンスタンティノープルから持ち帰った4頭のブロンズの馬像。紀元前の作といわれ、これはレプリカで本物は寺院の中で保存。でも色が違うのだけど。

    正面の上部には、聖マルコとそのシンボルの有翼の獅子。ここが、今までクロアチアやスロベニアも含め各地のミニヴェネツィアの街で見てきたライオンの本家本元。

    その下には13世紀に十字軍がコンスタンティノープルから持ち帰った4頭のブロンズの馬像。紀元前の作といわれ、これはレプリカで本物は寺院の中で保存。でも色が違うのだけど。

  • 上部にもモザイクがあり、バルコニーには観光客の姿。<br /><br />寺院の中は、壁や天井のドームなど金色のモザイクで、ビザンチン様式なのでイスタンブールのアヤソフィアとよく似た雰囲気。内部は撮影禁止なので、こちらの寺院の公式ホームページでご覧ください。<br /><br />http://www.basilicasanmarco.it/<br /><br />

    上部にもモザイクがあり、バルコニーには観光客の姿。

    寺院の中は、壁や天井のドームなど金色のモザイクで、ビザンチン様式なのでイスタンブールのアヤソフィアとよく似た雰囲気。内部は撮影禁止なので、こちらの寺院の公式ホームページでご覧ください。

    http://www.basilicasanmarco.it/

  • 寺院の2階から、サン・マルコ広場に面したバルコニーに出ると、鐘楼ほどではないにしても、ここからの眺めもなかなかのもの。

    寺院の2階から、サン・マルコ広場に面したバルコニーに出ると、鐘楼ほどではないにしても、ここからの眺めもなかなかのもの。

  • バルコニーから横を向けば、サン・マルコ小広場とアドリア海。

    バルコニーから横を向けば、サン・マルコ小広場とアドリア海。

  • バルコニーから、4頭の馬像のレプリカと鐘楼。

    バルコニーから、4頭の馬像のレプリカと鐘楼。

  • 隣に建つ時計塔の屋上で、ブロンズ製のムーア人がハンマーのようなもので打つと鐘が鳴り渡ります。すぐ近くでみると、時計塔も不等沈下なのか歪んでいますね。

    隣に建つ時計塔の屋上で、ブロンズ製のムーア人がハンマーのようなもので打つと鐘が鳴り渡ります。すぐ近くでみると、時計塔も不等沈下なのか歪んでいますね。

  • サンマルコ広場から、前夜と同じコースで歩いてサンタ・ルチア駅を目指します。カーニバルの仮面や衣装を売る店。

    サンマルコ広場から、前夜と同じコースで歩いてサンタ・ルチア駅を目指します。カーニバルの仮面や衣装を売る店。

  • カナルグランデに架かる4つの橋の中で、一番大きなリアルト橋まで来ました。

    カナルグランデに架かる4つの橋の中で、一番大きなリアルト橋まで来ました。

  • 木造から現在の大理石の端に架け替えられてのが16世紀の後半。

    木造から現在の大理石の端に架け替えられてのが16世紀の後半。

  • 橋の上まで土産物屋がいっぱい。

    橋の上まで土産物屋がいっぱい。

  • 橋の近くの広場に面して、アーチに囲まれた魚市場。

    橋の近くの広場に面して、アーチに囲まれた魚市場。

  • ヴェネツィアのラグーナからアドリア海の近海ものが多く並べられ、買い物客で賑わっています。

    ヴェネツィアのラグーナからアドリア海の近海ものが多く並べられ、買い物客で賑わっています。

  • カジキマグロなどの大きな魚は切り身でも売っているけど、

    カジキマグロなどの大きな魚は切り身でも売っているけど、

  • 他は1本丸ごと買わねば。

    他は1本丸ごと買わねば。

  • イカは墨まで使うのかな。

    イカは墨まで使うのかな。

  • 広場には野菜や果物の露店も出ていて、配送のトラックが入れないためかスーパーマーケットを見かけないヴェネツィア本島では、市場が人々の食を支えているのでしょう。

    広場には野菜や果物の露店も出ていて、配送のトラックが入れないためかスーパーマーケットを見かけないヴェネツィア本島では、市場が人々の食を支えているのでしょう。

  • 八百屋や、

    八百屋や、

  • 果物屋。

    果物屋。

  • サンポーロ地区の入り組んだ路地を抜けて、サンタ・ルチア駅に向かいます。建て込んでGPSが受からないところでは、壁の道しるべが頼りです。サン・タルチア駅とは書いていないので、ローマ広場の方角へ。

    サンポーロ地区の入り組んだ路地を抜けて、サンタ・ルチア駅に向かいます。建て込んでGPSが受からないところでは、壁の道しるべが頼りです。サン・タルチア駅とは書いていないので、ローマ広場の方角へ。

  • 教会のある広場を抜け、

    教会のある広場を抜け、

  • この辺りは団体客が来ないので静かなところ。

    この辺りは団体客が来ないので静かなところ。

  • 不動産屋の広告を見ると、築数百年の古い建物でも20万ユーロから240万ユーロ(2500万円~3億円)。

    不動産屋の広告を見ると、築数百年の古い建物でも20万ユーロから240万ユーロ(2500万円~3億円)。

  • ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅に戻ってきました。

    ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅に戻ってきました。

  • ホームにはローマ方面の振り子式電車フレッチャアルジェントや、

    ホームにはローマ方面の振り子式電車フレッチャアルジェントや、

  • インスブルック経由ミュンヘン行き、オーストリア連邦鉄道の機関車と客車編成のユーロシティーが停車中。

    インスブルック経由ミュンヘン行き、オーストリア連邦鉄道の機関車と客車編成のユーロシティーが停車中。

  • ローカル列車の多くは、こちらの屋根のないホームから。

    ローカル列車の多くは、こちらの屋根のないホームから。

  • 帰国前、最後のイタリア鉄道は、ヴェネツィア・メストレまでローカル列車で10分。

    帰国前、最後のイタリア鉄道は、ヴェネツィア・メストレまでローカル列車で10分。

  • ホテルで荷物をピックアップして、メストレ駅横のバス乗り場からヴェネツィア・マルコポーロ空港へ。

    ホテルで荷物をピックアップして、メストレ駅横のバス乗り場からヴェネツィア・マルコポーロ空港へ。

  • バスの車窓に突然現れた1本レールの線路。パドヴァのトラムにあった1本レールでゴムタイヤのトラム、トランスロールがここヴェネツィアでも開通していたとは、全くのノーマークでした。<br /><br />あとで調べるとトラムは2路線あり、本島のローマ広場に乗り入れるとともに、メストレ駅の近くも通っているものの、この間では乗り換えが必要となるため、観光客に使いやすい乗り物は、イタリア鉄道かバスですね。<br />

    バスの車窓に突然現れた1本レールの線路。パドヴァのトラムにあった1本レールでゴムタイヤのトラム、トランスロールがここヴェネツィアでも開通していたとは、全くのノーマークでした。

    あとで調べるとトラムは2路線あり、本島のローマ広場に乗り入れるとともに、メストレ駅の近くも通っているものの、この間では乗り換えが必要となるため、観光客に使いやすい乗り物は、イタリア鉄道かバスですね。

  • マルコポーロ空港のバス停は、到着ロビーの出口。降りずに乗っている人が多いので、次は出発ロビーに停まるかなと思い、念のために運転士に確認したら、ここで降りろとのこと。どうやらバスは空港よりまだ先まで行くらしい。危ない危ない。

    マルコポーロ空港のバス停は、到着ロビーの出口。降りずに乗っている人が多いので、次は出発ロビーに停まるかなと思い、念のために運転士に確認したら、ここで降りろとのこと。どうやらバスは空港よりまだ先まで行くらしい。危ない危ない。

  • ドーハ乗り継ぎで成田へ向かいます。ベネツィア→ドーハ便のビールはフォスター。

    ドーハ乗り継ぎで成田へ向かいます。ベネツィア→ドーハ便のビールはフォスター。

  • 戦闘中のシリア上空を避けてドーハへ。

    戦闘中のシリア上空を避けてドーハへ。

  • 成田便では日本のビールが出てきた。

    成田便では日本のビールが出てきた。

  • カタール航空は初めて乗ったけど、機内サービスは十分なレベルでした。イスラム圏だけれど、酒類も搭載しています。<br /><br />アラビア文字で、地名が読めない。<br /><br />ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

    カタール航空は初めて乗ったけど、機内サービスは十分なレベルでした。イスラム圏だけれど、酒類も搭載しています。

    アラビア文字で、地名が読めない。

    ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集