ベネチア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2016年のゴールデンウイークは、成田からクロアチアのザグレブに入りイタリアのヴェネツィアから帰る航空券を確保。帰国日はゴールデンウイーク最終日の5月8日(日)にして、乗り継ぎ便を通常料金で入手できるよう1日と数時間前倒し、4月27日夜に出発した11泊12日のスケジュール。成田を出た翌日の午前にクロアチアの首都ザグレブに着き、翌日朝の国際列車でスロベニアの首都リュブリャナへ。リュブリャナからバスと列車でイタリア国境の町ノヴァゴリツァを往復し、3日目は列車でアドリア海の港町コペルへ。4日目はイストラ半島で再び国境を越えクロアチアのポレチへ。5日目はプーラ、ロヴィニを巡り、6日目にスロベニアのシュコツアン鍾乳洞を経てイタリアのトリエステに抜けます。<br /><br />7日目はトリエステから列車でヴェネツィアへ。ヴェネツィア本島観光後、列車を使って8日目はパドバとヴィチェンツァ、9日目はバッサーノ・デル・グラッパ、チッタデッラ、カステル・フランコ・ヴェネト、トレヴィーゾを巡り、再び夜のヴェネツィア本島へ。10日目は3回目のヴェネツィア本島観光後、夕刻の便でマルコポーロ空港からドーハ乗り継ぎで成田に帰国です。<br /><br />0日目<br />成田からカタール航空でドーハへ<br /><br />1日目~5日目<br />ドーハ乗り継ぎでクロアチアの首都ザグレブへ。スロベニアに移動して、首都リュブリャナからイストラ半島へ。アドリア海沿って、スロベニアとクロアチアの小さな街を巡ります。<br />https://4travel.jp/travelogue/11680489<br /><br />6日目 午前<br />タクシーで2回の国境越え スロベニアの世界遺産シュコツィアン洞窟群からイタリアのトリエステへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11682590/<br /><br />7日目 午前<br />トリエステ・オピチーナトラムとトリエステ鉄道博物館の見学後ローカル列車でヴェネツィアへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11688585<br /><br />7日目 午後<br />ヴェネツィアサンタルチア駅と地元民の生活が垣間見られるサンポーロ地区<br />【この旅行記です】<br /><br />8日目 午前<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡るパドヴァ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689155<br /><br />8日目 午後<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡る世界遺産の街ヴィチェンツァ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689155<br /><br />9日目 午前<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡るバッサーノ・デル・グラッパ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689488<br /><br />9日目 昼<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡る堀と城壁で囲まれた丸い街チッタデッラ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689575<br /><br />9日目 午後<br />ヴェネツィアからローカル列車で巡るカステル・フランコ・ヴェネトとトレヴィーゾ<br />https://4travel.jp/travelogue/11689725<br /><br />9日目 夜<br />夜のヴェネツィア サンタルチア駅からカナルグランデ沿いにサンマルコ広場まで<br />https://4travel.jp/travelogue/11690046<br /><br />10日目 午前<br />サンタルチア駅から水上バスでサン・マルコ広場へ、カスッテロ地区散策<br />https://4travel.jp/travelogue/11690182<br /><br />10日目 午後<br />サン・マルコ寺院からリアルト橋、ヴェネツィアマルコポーロ空港から帰国へ<br />https://4travel.jp/travelogue/11690502

北東イタリア鉄道の旅(その3 ヴェネツィア本島サンタルチア駅と地元民の生活が垣間見られるサンポーロ地区)

21いいね!

2016/05/04 - 2016/05/04

895位(同エリア3937件中)

モボ101

モボ101さん

2016年のゴールデンウイークは、成田からクロアチアのザグレブに入りイタリアのヴェネツィアから帰る航空券を確保。帰国日はゴールデンウイーク最終日の5月8日(日)にして、乗り継ぎ便を通常料金で入手できるよう1日と数時間前倒し、4月27日夜に出発した11泊12日のスケジュール。成田を出た翌日の午前にクロアチアの首都ザグレブに着き、翌日朝の国際列車でスロベニアの首都リュブリャナへ。リュブリャナからバスと列車でイタリア国境の町ノヴァゴリツァを往復し、3日目は列車でアドリア海の港町コペルへ。4日目はイストラ半島で再び国境を越えクロアチアのポレチへ。5日目はプーラ、ロヴィニを巡り、6日目にスロベニアのシュコツアン鍾乳洞を経てイタリアのトリエステに抜けます。

7日目はトリエステから列車でヴェネツィアへ。ヴェネツィア本島観光後、列車を使って8日目はパドバとヴィチェンツァ、9日目はバッサーノ・デル・グラッパ、チッタデッラ、カステル・フランコ・ヴェネト、トレヴィーゾを巡り、再び夜のヴェネツィア本島へ。10日目は3回目のヴェネツィア本島観光後、夕刻の便でマルコポーロ空港からドーハ乗り継ぎで成田に帰国です。

0日目
成田からカタール航空でドーハへ

1日目~5日目
ドーハ乗り継ぎでクロアチアの首都ザグレブへ。スロベニアに移動して、首都リュブリャナからイストラ半島へ。アドリア海沿って、スロベニアとクロアチアの小さな街を巡ります。
https://4travel.jp/travelogue/11680489

6日目 午前
タクシーで2回の国境越え スロベニアの世界遺産シュコツィアン洞窟群からイタリアのトリエステへ
https://4travel.jp/travelogue/11682590/

7日目 午前
トリエステ・オピチーナトラムとトリエステ鉄道博物館の見学後ローカル列車でヴェネツィアへ
https://4travel.jp/travelogue/11688585

7日目 午後
ヴェネツィアサンタルチア駅と地元民の生活が垣間見られるサンポーロ地区
【この旅行記です】

8日目 午前
ヴェネツィアからローカル列車で巡るパドヴァ
https://4travel.jp/travelogue/11689155

8日目 午後
ヴェネツィアからローカル列車で巡る世界遺産の街ヴィチェンツァ
https://4travel.jp/travelogue/11689155

9日目 午前
ヴェネツィアからローカル列車で巡るバッサーノ・デル・グラッパ
https://4travel.jp/travelogue/11689488

9日目 昼
ヴェネツィアからローカル列車で巡る堀と城壁で囲まれた丸い街チッタデッラ
https://4travel.jp/travelogue/11689575

9日目 午後
ヴェネツィアからローカル列車で巡るカステル・フランコ・ヴェネトとトレヴィーゾ
https://4travel.jp/travelogue/11689725

9日目 夜
夜のヴェネツィア サンタルチア駅からカナルグランデ沿いにサンマルコ広場まで
https://4travel.jp/travelogue/11690046

10日目 午前
サンタルチア駅から水上バスでサン・マルコ広場へ、カスッテロ地区散策
https://4travel.jp/travelogue/11690182

10日目 午後
サン・マルコ寺院からリアルト橋、ヴェネツィアマルコポーロ空港から帰国へ
https://4travel.jp/travelogue/11690502

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
その他
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ヴェネツィアは22年ぶりの2度目。前回は1泊だけで、サンマルコ寺院やドゥカーレ宮殿などお決まりの観光コースだったので、今回は3泊して周辺もゆっくり回ることに。ホテルでしばし休憩後、ヴェネツィア・メストレ駅から列車で海に架かる橋を渡って本島のヴェネツィア・サンタ・ルチア駅へ行くことに。<br /><br />入線してきたのは、トリエステからここまで乗ったのと同じ464型電気機関車のプッシュプル、二階建て客車のレッジョナーレ。<br />

    ヴェネツィアは22年ぶりの2度目。前回は1泊だけで、サンマルコ寺院やドゥカーレ宮殿などお決まりの観光コースだったので、今回は3泊して周辺もゆっくり回ることに。ホテルでしばし休憩後、ヴェネツィア・メストレ駅から列車で海に架かる橋を渡って本島のヴェネツィア・サンタ・ルチア駅へ行くことに。

    入線してきたのは、トリエステからここまで乗ったのと同じ464型電気機関車のプッシュプル、二階建て客車のレッジョナーレ。

  • あとで車内の写真を見比べると、トリエステからメストレまで乗った車両と荷棚や窓上の配色が微妙に違います。

    あとで車内の写真を見比べると、トリエステからメストレまで乗った車両と荷棚や窓上の配色が微妙に違います。

  • ヴェネツィア・メストレの次、ヴェネツィア・ポルト・マルゲーラ駅を発車すると、列車は海の中へ。本土とヴェネツィア本島をつなぐ全長3.8km余りの複々線の鉄道と道路の併用橋、リベルタ橋を渡ります。

    ヴェネツィア・メストレの次、ヴェネツィア・ポルト・マルゲーラ駅を発車すると、列車は海の中へ。本土とヴェネツィア本島をつなぐ全長3.8km余りの複々線の鉄道と道路の併用橋、リベルタ橋を渡ります。

  • 乗車中には気付かなかったけれど、あとで車窓からの写真をよく見ると、線路と並行する道路上にセンターポールで支える架線が張られています。調べてみると、1本の案内軌条にゴムタイヤのトラム、トランスロールが訪問の前年(2015年)に、本土のメストレからヴェネツィア本島のローマ広場バスターミナル横まで開通していたそうで、不覚にもノーチェックでした。

    乗車中には気付かなかったけれど、あとで車窓からの写真をよく見ると、線路と並行する道路上にセンターポールで支える架線が張られています。調べてみると、1本の案内軌条にゴムタイヤのトラム、トランスロールが訪問の前年(2015年)に、本土のメストレからヴェネツィア本島のローマ広場バスターミナル横まで開通していたそうで、不覚にもノーチェックでした。

  • リベルタ橋の横、ヴェネツィアのラグーン(潟)を行き交う、小さな手漕ぎの船や練習中のエイトの姿。

    リベルタ橋の横、ヴェネツィアのラグーン(潟)を行き交う、小さな手漕ぎの船や練習中のエイトの姿。

  • 船外機船が行く。

    船外機船が行く。

  • 車窓の向こうに、ヴェネツィア本島の街並みが見えてくると、

    車窓の向こうに、ヴェネツィア本島の街並みが見えてくると、

  • 列車はメストレから10分ほどで、終点ヴェネツィア・サンタルチア駅の頭端式ホームに到着。ここはイタリア屈指の観光地。イタリアを代表する列車に加えて、近隣諸国からの乗り入れもあり華やかな列車が並びます。<br /><br />イタリア鉄道の新幹線、フレッチャロッサ(赤い矢)が2編成。

    列車はメストレから10分ほどで、終点ヴェネツィア・サンタルチア駅の頭端式ホームに到着。ここはイタリア屈指の観光地。イタリアを代表する列車に加えて、近隣諸国からの乗り入れもあり華やかな列車が並びます。

    イタリア鉄道の新幹線、フレッチャロッサ(赤い矢)が2編成。

  • ローカル列車レッジョナーレが到着したホームの隣には、スイス国鉄の振り子式電車ETR610型によるジュネーブ行きのユーロシティー(EC)。

    ローカル列車レッジョナーレが到着したホームの隣には、スイス国鉄の振り子式電車ETR610型によるジュネーブ行きのユーロシティー(EC)。

  • その向こうは、オーストリア連邦鉄道のタウルス型電気機関車の牽く客車列車のEC。オーストリアのインスブルック経由でドイツのミュンヘン行き。

    その向こうは、オーストリア連邦鉄道のタウルス型電気機関車の牽く客車列車のEC。オーストリアのインスブルック経由でドイツのミュンヘン行き。

  • オーストリア連邦鉄道の客車編成の最後尾。

    オーストリア連邦鉄道の客車編成の最後尾。

  • イタリア鉄道を代表するフレッチャ(矢)シリーズが3編成。振り子式電車ETR610型のフレッチャアルジェント(FA 銀の矢)はローマ行き。両端に直流専用電気機関車ETR500型が付くフレッチャビアンカ(FB 白い矢)はトリノ行き。

    イタリア鉄道を代表するフレッチャ(矢)シリーズが3編成。振り子式電車ETR610型のフレッチャアルジェント(FA 銀の矢)はローマ行き。両端に直流専用電気機関車ETR500型が付くフレッチャビアンカ(FB 白い矢)はトリノ行き。

  • 同形式のETR500でも、交直両用タイプが付くフレッチャロッサ(FR 赤い矢)はナポリ行き。

    同形式のETR500でも、交直両用タイプが付くフレッチャロッサ(FR 赤い矢)はナポリ行き。

  • フレッチャロッサのライバルの私鉄、ローマ方面行きのイタロもいます。ETR575型電車で11車体連接車。

    フレッチャロッサのライバルの私鉄、ローマ方面行きのイタロもいます。ETR575型電車で11車体連接車。

  • 今回の旅行ではイタリア国内の長距離移動はなく、残念ながら優等列車には縁がありません。乗車するのはプッシュプルの客車列車や、

    今回の旅行ではイタリア国内の長距離移動はなく、残念ながら優等列車には縁がありません。乗車するのはプッシュプルの客車列車や、

  • 部分低床車をはじめとするローカル電車ばかり。

    部分低床車をはじめとするローカル電車ばかり。

  • ヴェネツィア・サンタ・ルチアの駅前広場。

    ヴェネツィア・サンタ・ルチアの駅前広場。

  • すぐ前は、カナル・グランデ(大運河)。22年ぶりで懐かしいけど、前回巡ったサンマルコ広場やリアルト橋等の有名どころはまた後日に。

    すぐ前は、カナル・グランデ(大運河)。22年ぶりで懐かしいけど、前回巡ったサンマルコ広場やリアルト橋等の有名どころはまた後日に。

  • 駅前広場の横にヴァポレット(水上バス)乗り場があるけど、もう夕方が近くになり、散策にとれる時間は2時間ほど。

    駅前広場の横にヴァポレット(水上バス)乗り場があるけど、もう夕方が近くになり、散策にとれる時間は2時間ほど。

  • この日はサンタルチア駅から近いカナル・グランデの対岸、まだ足を踏み入れたことのないサン・ポーロ地区に行ってみることに。

    この日はサンタルチア駅から近いカナル・グランデの対岸、まだ足を踏み入れたことのないサン・ポーロ地区に行ってみることに。

  • カナル・グランデに架かるスカルツィ橋を渡ると、観光客もいるけど地元の人々が圧倒的に多く、その生活を垣間見ることができます。このような路地の奥の小さな広場などは、観光客であふれるサン・マルコ広場やリアルト橋とはまた別のヴェネツィア。

    カナル・グランデに架かるスカルツィ橋を渡ると、観光客もいるけど地元の人々が圧倒的に多く、その生活を垣間見ることができます。このような路地の奥の小さな広場などは、観光客であふれるサン・マルコ広場やリアルト橋とはまた別のヴェネツィア。

  • 迷子にならないように、タブレットのGoogleMapに重ねたGPSを頼りに入り組んだ路地をさまようと、建物の隙間の狭いところでは複数の衛星が受信できなくなるためか、GPSが動かなくなることも。路地の奥の小さな広場や橋の上まで来ると、地図上のGPSのマークがそこまでいきなりワープ。

    迷子にならないように、タブレットのGoogleMapに重ねたGPSを頼りに入り組んだ路地をさまようと、建物の隙間の狭いところでは複数の衛星が受信できなくなるためか、GPSが動かなくなることも。路地の奥の小さな広場や橋の上まで来ると、地図上のGPSのマークがそこまでいきなりワープ。

  • 建物の1階部分のトンネルをくぐって先へ。

    建物の1階部分のトンネルをくぐって先へ。

  • 路地に加えて縦横に張り巡らされた運河にも、ここまでは観光客を乗せたゴンドラは来ません。クルマが入れないヴェネツィア本島では、トラック代わりのクレーン船など、運河を行く船が代わりの役目を果たします。

    路地に加えて縦横に張り巡らされた運河にも、ここまでは観光客を乗せたゴンドラは来ません。クルマが入れないヴェネツィア本島では、トラック代わりのクレーン船など、運河を行く船が代わりの役目を果たします。

  • サン・ポーロ地区の中心の小さな広場に面して建つサン・ロッコ(大信者会)とサン・ロッコ教会。豪華な大理石の16世紀の建築。

    サン・ポーロ地区の中心の小さな広場に面して建つサン・ロッコ(大信者会)とサン・ロッコ教会。豪華な大理石の16世紀の建築。

  • フレスコ画に埋め尽くされたサン・ロッコ教会。

    フレスコ画に埋め尽くされたサン・ロッコ教会。

  • サン・ロッコ教会のパイプオルガン。

    サン・ロッコ教会のパイプオルガン。

  • サン・ロッコ大同信組合の向かいに建つレンガ造りは、サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会。<br /><br /><br /><br />

    サン・ロッコ大同信組合の向かいに建つレンガ造りは、サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会。



  • こちらが教会の正面。14世紀末に建てられた高さ70mの鐘楼は、サン・マルコ寺院に次ぐヴェネツィアで2番目だとか。

    こちらが教会の正面。14世紀末に建てられた高さ70mの鐘楼は、サン・マルコ寺院に次ぐヴェネツィアで2番目だとか。

  • サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会堂の主祭壇。

    サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会堂の主祭壇。

  • 有名な聖母被昇天の祭壇画。

    有名な聖母被昇天の祭壇画。

  • 教会裏の小さな広場には、地元民相手の花屋さんが店開き。

    教会裏の小さな広場には、地元民相手の花屋さんが店開き。

  • 世界三大カーニバルの一つ、2月に開催されるヴェネツィアカーニバルの仮面を売る店もあるので、ここまで迷い込んでくる観光客もいるのでしょう。

    世界三大カーニバルの一つ、2月に開催されるヴェネツィアカーニバルの仮面を売る店もあるので、ここまで迷い込んでくる観光客もいるのでしょう。

  • 運河を渡り、路地をさまよう中で、偶然見つけたガイドブックにも載っていないサン・パンタロン教会。

    運河を渡り、路地をさまよう中で、偶然見つけたガイドブックにも載っていないサン・パンタロン教会。

  • 外観は見栄えがしないものの、入ってみると天井のフレスコ画がすごい。

    外観は見栄えがしないものの、入ってみると天井のフレスコ画がすごい。

  • サン・パンタロン教会の祭壇。

    サン・パンタロン教会の祭壇。

  • 水路の幅の少し広い運河はヴェネツィアのメインストリートなのか、トラック代わりの船やタクシー代わりの小型ボートが盛んに行きかいます。

    水路の幅の少し広い運河はヴェネツィアのメインストリートなのか、トラック代わりの船やタクシー代わりの小型ボートが盛んに行きかいます。

  • 観光客を乗せたゴンドラが行く運河とは、また別の生活道路に相当。

    観光客を乗せたゴンドラが行く運河とは、また別の生活道路に相当。

  • この運河は裏通りかな。

    この運河は裏通りかな。

  • カナル・グランデにつながる水路の交差点。

    カナル・グランデにつながる水路の交差点。

  • 広場のオープンカフェの向こう、建物の窓に翻る洗濯物。ここは庶民の生活と世界遺産が共存するヴェネツィアの下町です。

    広場のオープンカフェの向こう、建物の窓に翻る洗濯物。ここは庶民の生活と世界遺産が共存するヴェネツィアの下町です。

  • 路地の奥に立派な門が。

    路地の奥に立派な門が。

  • 路地を抜けると広がる、庶民の憩いの小さな広場。どこの広場にも古井戸があるので調べてみると、海の上に建てたベネツィアの街では生活用水に地下水が使えないため、雨水をしみこませてろ過し、地下の貯水槽にためてたのだとか。

    路地を抜けると広がる、庶民の憩いの小さな広場。どこの広場にも古井戸があるので調べてみると、海の上に建てたベネツィアの街では生活用水に地下水が使えないため、雨水をしみこませてろ過し、地下の貯水槽にためてたのだとか。

  • 洗濯物と古井戸。でも今は、本土から送水管が延びているのでしょう、古井戸は使われていないようです。

    洗濯物と古井戸。でも今は、本土から送水管が延びているのでしょう、古井戸は使われていないようです。

  • 地図上のGPSを頼りに、細い路地をサンタ・ルチア駅に戻ります。途中にあるスコーラ・グランデ・サンジョヴァンニ・エヴァンジェリスタも、教会と同信組合の建物です。

    地図上のGPSを頼りに、細い路地をサンタ・ルチア駅に戻ります。途中にあるスコーラ・グランデ・サンジョヴァンニ・エヴァンジェリスタも、教会と同信組合の建物です。

  • サンジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ。

    サンジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ。

  • サンタ・ルチア駅前のカナル・グランデを渡るスカルツイ橋まで戻ってきました。観光地もいいけど、サン・ポーロ地区はヴェネツィア市民の生活が垣間見れて面白かった。

    サンタ・ルチア駅前のカナル・グランデを渡るスカルツイ橋まで戻ってきました。観光地もいいけど、サン・ポーロ地区はヴェネツィア市民の生活が垣間見れて面白かった。

  • 夕日が西に傾く中、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅からメストレへの帰りの列車も、プッシュプルの二階建て。

    夕日が西に傾く中、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅からメストレへの帰りの列車も、プッシュプルの二階建て。

  • 夕食はメストレ駅近くの地元のレストラン。

    夕食はメストレ駅近くの地元のレストラン。

  • 今日も大満足だけど、

    今日も大満足だけど、

  • ちょっと食べすぎたかな。

    ちょっと食べすぎたかな。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集