ウィレムスタッド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
オランダ領のキュラソー。

PR

  • スリナムのパラマリボからキュラソーまでは2時間半ほどかかりけっこう遠い。途中機内食で温かいサンドウィッチが出た。機内食を出す航空会社は久々だ。

    スリナムのパラマリボからキュラソーまでは2時間半ほどかかりけっこう遠い。途中機内食で温かいサンドウィッチが出た。機内食を出す航空会社は久々だ。

  • オランダ領アンティルの島の一つ「ボネール島」上空を通過し着陸体制に入った。

    オランダ領アンティルの島の一つ「ボネール島」上空を通過し着陸体制に入った。

  •  現地時間の9時に近代的なキュラソーの空港に到着した。ターミナルビルにはこの空港拠点の行列ができるINSEL AIRがたくさん駐機している。スリナムとの時差は1時間遅くなる。<br /><br /> 入国は特に問題なかったが、市内へ出るバス乗り場が見あたらない。<br /><br /> 観光案内所も空港にはないようで働いている人に聞いても誰からも確信を得た答えを得られなかった。結局どこで待てばいいのかわからず、空港内を見渡せる場所で待つことにした。しかし来ない。<br /><br /> 一泊しかできないので時間は貴重だ。しかしタクシーで市内へ出るには数キロ走るだけで25ドルとこれまた高い。でもどうでもよくなってきたのでタクシーで向かうことにした。本来ならキュラソーでは1泊100ドルくらいのホテルに泊まるつもりだったが、タクシーで街に出てしまい、ホテルに金を出す気が失せてしまった。<br />結局中心部に近いロンリープラネットに載っていた安めのピーターズ・ゲストハウスという宿に向かった。値段は75ドル。この宿が街で一番安いのかフロントで聞いたら親切に近くにもっと安い宿があると教えてくれた。そして向かった先は1泊50ドル。

     現地時間の9時に近代的なキュラソーの空港に到着した。ターミナルビルにはこの空港拠点の行列ができるINSEL AIRがたくさん駐機している。スリナムとの時差は1時間遅くなる。

     入国は特に問題なかったが、市内へ出るバス乗り場が見あたらない。

     観光案内所も空港にはないようで働いている人に聞いても誰からも確信を得た答えを得られなかった。結局どこで待てばいいのかわからず、空港内を見渡せる場所で待つことにした。しかし来ない。

     一泊しかできないので時間は貴重だ。しかしタクシーで市内へ出るには数キロ走るだけで25ドルとこれまた高い。でもどうでもよくなってきたのでタクシーで向かうことにした。本来ならキュラソーでは1泊100ドルくらいのホテルに泊まるつもりだったが、タクシーで街に出てしまい、ホテルに金を出す気が失せてしまった。
    結局中心部に近いロンリープラネットに載っていた安めのピーターズ・ゲストハウスという宿に向かった。値段は75ドル。この宿が街で一番安いのかフロントで聞いたら親切に近くにもっと安い宿があると教えてくれた。そして向かった先は1泊50ドル。

  • 「HOTEL ESTORIL」<br />ウィレムスタッドの中心から徒歩圏内で一番安い宿と思われる。<br /><br />エアコンはついているが水シャワーのみだ。南米に行けば10ドル以下で泊まれそうな設備だ。もうここしかないだろうと思い泊まることにした。

    「HOTEL ESTORIL」
    ウィレムスタッドの中心から徒歩圏内で一番安い宿と思われる。

    エアコンはついているが水シャワーのみだ。南米に行けば10ドル以下で泊まれそうな設備だ。もうここしかないだろうと思い泊まることにした。

  • 宿の周辺もキュラソーらしいカラフルな街並が広がっていて周辺の雰囲気は悪くない。

    宿の周辺もキュラソーらしいカラフルな街並が広がっていて周辺の雰囲気は悪くない。

  • ウィレムスタッドの東側に位置するオトロバンダの街並。

    ウィレムスタッドの東側に位置するオトロバンダの街並。

  • そしてクィーンエマ橋を渡るとプンダの街が広がる。

    そしてクィーンエマ橋を渡るとプンダの街が広がる。

  • ここはまさに常夏のアムステルダムといった感じでカラフルなオランダ様式の家屋が所狭しと並んでいます。

    ここはまさに常夏のアムステルダムといった感じでカラフルなオランダ様式の家屋が所狭しと並んでいます。

  • ウィレムスタッド。プンダの街並。

    ウィレムスタッド。プンダの街並。

  • プンダ地区のフローティングマーケットでは船に乗ったまま商売しています。観光用ではなく地元の人で賑わっています。

    プンダ地区のフローティングマーケットでは船に乗ったまま商売しています。観光用ではなく地元の人で賑わっています。

  • 路地裏もカラフルだ。

    路地裏もカラフルだ。

  • ウィレムスタッドの二つの街であるプンダとオトロバンダを結ぶクィーンエマ橋は可動橋です。<br /><br />入り江に船が出入りするたびに橋が移動します。<br /><br />その橋の動きが少し変わっていてワイパーのように水平に移動します。実は橋桁が船になっていて、一番プンタ側の橋桁にスクリューが付いていてこの動力によって橋を動かす。<br />

    イチオシ

    ウィレムスタッドの二つの街であるプンダとオトロバンダを結ぶクィーンエマ橋は可動橋です。

    入り江に船が出入りするたびに橋が移動します。

    その橋の動きが少し変わっていてワイパーのように水平に移動します。実は橋桁が船になっていて、一番プンタ側の橋桁にスクリューが付いていてこの動力によって橋を動かす。

  • 橋が移動するとこうやって視界に入ってくる。

    橋が移動するとこうやって視界に入ってくる。

  • オトロバンダ側から見ると根本はこんな感じ。

    オトロバンダ側から見ると根本はこんな感じ。

  • 大型船が通過する際は橋がオトロバンダ側に大接近します。

    大型船が通過する際は橋がオトロバンダ側に大接近します。

  • 大型船の通過などで長時間は橋が使用できなくなる場合は無料で渡し船が運航される。

    大型船の通過などで長時間は橋が使用できなくなる場合は無料で渡し船が運航される。

  •  夕日に染まるウィレムスタッドを眺めていたが、だんだん街から活気がなくなっていく。

     夕日に染まるウィレムスタッドを眺めていたが、だんだん街から活気がなくなっていく。

  • 今日は平日だがこの街も6時を過ぎるとほとんどの店が閉店となり、人通りがなくなってしまう。ほとんどの観光客はリゾートに滞在していて宿に戻ってしまうようだ。

    今日は平日だがこの街も6時を過ぎるとほとんどの店が閉店となり、人通りがなくなってしまう。ほとんどの観光客はリゾートに滞在していて宿に戻ってしまうようだ。

  • キュラソーでの夕焼け。

    キュラソーでの夕焼け。

  • 今日は雨にも降られず、好天に恵まれた。<br />日が暮れたあとのプンダの街並。

    今日は雨にも降られず、好天に恵まれた。
    日が暮れたあとのプンダの街並。

  • キュラソーキュラソーというリキュールがある。日本でも見かけるがこの本場はもちろんここだが、オレンジの皮が原料だ。<br />またマンゴのネクターをカリブ諸国ではよく見かける。これをカクテルにするとおいしい。

    キュラソーキュラソーというリキュールがある。日本でも見かけるがこの本場はもちろんここだが、オレンジの皮が原料だ。
    またマンゴのネクターをカリブ諸国ではよく見かける。これをカクテルにするとおいしい。

  • 【11月23日(火)】<br /> 朝のウィレムスタッド。オトロバンダの裏通りにて

    【11月23日(火)】
     朝のウィレムスタッド。オトロバンダの裏通りにて

  • オトロバンダ側のプンダを眺められるWi-F-カフェで朝食とネット。<br />10時前に宿をチェックアウトして空港へ向かう。<br /><br /><br /> 空港までのバスは昨日確認済みだ。<br /><br /> 空港へのバスはやはり1時間から2時間に一本しかなく、空港からのバスは全く使い物にならない。<br /><br /> とはいえ市内から行く場合は時間がわかるので利用しやすい。10時にバスがあるのでバスターミナルに向かった。バスは10時に出発。値段は現地通貨の1ギルダーらしく1ドル払ったらおつりが戻ってきた。結局短い滞在では現地通貨であるアンティルギルダーの価値すら理解しないままだった。<br />空港まではバス30分ほどだ。

    オトロバンダ側のプンダを眺められるWi-F-カフェで朝食とネット。
    10時前に宿をチェックアウトして空港へ向かう。


     空港までのバスは昨日確認済みだ。

     空港へのバスはやはり1時間から2時間に一本しかなく、空港からのバスは全く使い物にならない。

     とはいえ市内から行く場合は時間がわかるので利用しやすい。10時にバスがあるのでバスターミナルに向かった。バスは10時に出発。値段は現地通貨の1ギルダーらしく1ドル払ったらおつりが戻ってきた。結局短い滞在では現地通貨であるアンティルギルダーの価値すら理解しないままだった。
    空港まではバス30分ほどだ。

  • 空港に到着したバス。

    空港に到着したバス。

  • バス乗り場はタクシーの乗り場のすぐ前になる。

    バス乗り場はタクシーの乗り場のすぐ前になる。

  • 市内からキュラソー空港への時刻表です。左が月曜から土曜日で右が日曜日のオトロバンダバスターミナル発の時間です。<br /><br />空港発はこの時間に20分ほど加えた時間になります。<br /> コロンビアのボゴタへはダッチアンティルエクスプレスという航空会社を利用することになる。<br /><br />チェックインは片道航空券で何の問題もなかった。キュラソーを出国しようとしたら空港税を払わないといけないらしく代金は32ドルとか高すぎる。<br /><br />カリブ諸国では何カ所かあったが、最近ほとんど航空券に含まれていた。航空券に含まれているとあまり気にならないが、別途現金での支払いとなるとダメージが大きい。

    市内からキュラソー空港への時刻表です。左が月曜から土曜日で右が日曜日のオトロバンダバスターミナル発の時間です。

    空港発はこの時間に20分ほど加えた時間になります。
     コロンビアのボゴタへはダッチアンティルエクスプレスという航空会社を利用することになる。

    チェックインは片道航空券で何の問題もなかった。キュラソーを出国しようとしたら空港税を払わないといけないらしく代金は32ドルとか高すぎる。

    カリブ諸国では何カ所かあったが、最近ほとんど航空券に含まれていた。航空券に含まれているとあまり気にならないが、別途現金での支払いとなるとダメージが大きい。

  •  ボゴタへの出発は13時30分。機材はフォッカー100というジェット機で所要時間は1時間半だ。<br /><br />写真はボゴタに到着した飛行機。

     ボゴタへの出発は13時30分。機材はフォッカー100というジェット機で所要時間は1時間半だ。

    写真はボゴタに到着した飛行機。

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

キュラソーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
キュラソー最安 1,750円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

キュラソーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集