ボルドー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
[快適な高速ドライブ]<br />バイヨンヌから一気の北上してボルドー地方へ。距離にして約200km、2時間半です。バイヨンヌからボルドーへの道は平坦で真っ直ぐなので快適です。松林がとてもきれいです。<br /><br />[タイミング悪くシャトー・マルゴーへの訪問はかなわず]<br />是非とも行きたかったのがマルゴー村にあるシャトー・マルゴー。予約して行けば受け入れてくれるシャトーなのですが、問い合わせたところ、何と今週はワインの価格を決めるプロ達の招待日となっており、一般の人は入場不可との返事でした。仕方がないので門の外からシャトーの撮影だけさせてもらいました。<br /><br />ボルドーのブドウ畑はブルゴーニュともナパとも違いますね。だだっ広い平坦な土地に植えられています。<br /><br />[ボルドー市内へ]<br />マルゴー村に寄った後、今夜の宿泊地であるボルドー市内へ向かいます。ボルドーは大きな街なので、渋滞もあって片道1時間近くかかりました。宿はAirBnBで取りましたが、場所は市内の真ん中も、またもや一般車両通行不可の区域でした。そのため近くのショッピングモールの地下駐車場に車を停めて200メートルくらいスーツケースを引いて歩きました。<br /><br />とても古い石造りの建物でしたが、我々の部屋は階上の振動が結構伝わってくる部屋でした。まあ民泊なのでそういうこともあります。<br /><br />[フランスで3本の指に入るチーズ、ジャン・ダロス]<br />最初の目的はフランスで三本の指に入るという有名なボルドーのチーズ熟成士ジャン・ダロスのお店に行くこと。彼のチーズはボルドーの星つきレストラン御用達。車を停めた駐車場のすぐ近くにあったので、早速行ってきました。目移りしそうなほどたくさんのチーズがありましたが、ミモレット、コンテ、パルミジャーノをどっさり買いました。しかも値段が安いです。おそらくアメリカの半分以下。いずれもコクがあって、クリーミーでチーズの逸品です。<br /><br />[日系のフランス料理店でディナー]<br />夜は予約していたフランス料理店「L&#39;exquis(レクスキ)」へ。ここは日本人経営のビストロです。シェフもサービスも日本人なので日本語OKですが、フランス人客がほとんどでした。フランス人シェフのコテコテのフランス料理もいいですが、日本人のフランス料理は微妙に塩加減などが日本人に馴染みがある味付けになっているのでハズレがないですね。どの皿も美味しかったです。<br /><br />[メルヴェイユを初めて体験]<br />翌日、朝食を買いに「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」へ。名物は「メルヴェイユ」はサクサクのメレンゲにふわふわとした上質の生クリームを中が空洞になるようにドーム状に乗せて削ったチョコレート、クッキー、ナッツなどでコーティングしたお菓子です。朝食と言うには甘いですが、これはフランスで最近話題のメレンゲ菓子。食感はふわふわで、上品な舌触りです。ただ、私にはちょっと甘すぎる気がしました。<br /><br />[マイユの直営店を発見できてラッキー!]<br />その後、有名な水の広場「ブルス広場」やグラン・テアトル(大劇場)周辺を散策。その帰りに、宿のすぐ近くにマスタードの「Maille(マイユ)」の直営店を見つけたので飛び込みます。マイユは最終的にパリで行ければいいやと思っていたのですが、パリの過密な日程を考えれば、ここで買わない手はないです。マイユの瓶入りのマスタードは世界中で買うことは出来ますが、私が欲しかったのはビアサーバーのような機械から瓶に直接注いでくれる出来たてのマスタード。この鮮烈な辛み、風味を味わったら瓶入りマスタードなんて食べられません。スタンダード品以外に、シャンパンやワイン入りなどバリエーションもあります。とりあえず3瓶買いました。<br /><br />宿は車が近くに寄れず不便だったのですが、宿の近くに「ジャン・ダロス」や「マイユ」まであったので結果的に買い物にはとても便利でした。

2019年 フランス~スペイン レンタカーで巡る旅(16) ボルドー

5いいね!

2019/04/02 - 2019/04/03

186位(同エリア321件中)

[快適な高速ドライブ]
バイヨンヌから一気の北上してボルドー地方へ。距離にして約200km、2時間半です。バイヨンヌからボルドーへの道は平坦で真っ直ぐなので快適です。松林がとてもきれいです。

[タイミング悪くシャトー・マルゴーへの訪問はかなわず]
是非とも行きたかったのがマルゴー村にあるシャトー・マルゴー。予約して行けば受け入れてくれるシャトーなのですが、問い合わせたところ、何と今週はワインの価格を決めるプロ達の招待日となっており、一般の人は入場不可との返事でした。仕方がないので門の外からシャトーの撮影だけさせてもらいました。

ボルドーのブドウ畑はブルゴーニュともナパとも違いますね。だだっ広い平坦な土地に植えられています。

[ボルドー市内へ]
マルゴー村に寄った後、今夜の宿泊地であるボルドー市内へ向かいます。ボルドーは大きな街なので、渋滞もあって片道1時間近くかかりました。宿はAirBnBで取りましたが、場所は市内の真ん中も、またもや一般車両通行不可の区域でした。そのため近くのショッピングモールの地下駐車場に車を停めて200メートルくらいスーツケースを引いて歩きました。

とても古い石造りの建物でしたが、我々の部屋は階上の振動が結構伝わってくる部屋でした。まあ民泊なのでそういうこともあります。

[フランスで3本の指に入るチーズ、ジャン・ダロス]
最初の目的はフランスで三本の指に入るという有名なボルドーのチーズ熟成士ジャン・ダロスのお店に行くこと。彼のチーズはボルドーの星つきレストラン御用達。車を停めた駐車場のすぐ近くにあったので、早速行ってきました。目移りしそうなほどたくさんのチーズがありましたが、ミモレット、コンテ、パルミジャーノをどっさり買いました。しかも値段が安いです。おそらくアメリカの半分以下。いずれもコクがあって、クリーミーでチーズの逸品です。

[日系のフランス料理店でディナー]
夜は予約していたフランス料理店「L'exquis(レクスキ)」へ。ここは日本人経営のビストロです。シェフもサービスも日本人なので日本語OKですが、フランス人客がほとんどでした。フランス人シェフのコテコテのフランス料理もいいですが、日本人のフランス料理は微妙に塩加減などが日本人に馴染みがある味付けになっているのでハズレがないですね。どの皿も美味しかったです。

[メルヴェイユを初めて体験]
翌日、朝食を買いに「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」へ。名物は「メルヴェイユ」はサクサクのメレンゲにふわふわとした上質の生クリームを中が空洞になるようにドーム状に乗せて削ったチョコレート、クッキー、ナッツなどでコーティングしたお菓子です。朝食と言うには甘いですが、これはフランスで最近話題のメレンゲ菓子。食感はふわふわで、上品な舌触りです。ただ、私にはちょっと甘すぎる気がしました。

[マイユの直営店を発見できてラッキー!]
その後、有名な水の広場「ブルス広場」やグラン・テアトル(大劇場)周辺を散策。その帰りに、宿のすぐ近くにマスタードの「Maille(マイユ)」の直営店を見つけたので飛び込みます。マイユは最終的にパリで行ければいいやと思っていたのですが、パリの過密な日程を考えれば、ここで買わない手はないです。マイユの瓶入りのマスタードは世界中で買うことは出来ますが、私が欲しかったのはビアサーバーのような機械から瓶に直接注いでくれる出来たてのマスタード。この鮮烈な辛み、風味を味わったら瓶入りマスタードなんて食べられません。スタンダード品以外に、シャンパンやワイン入りなどバリエーションもあります。とりあえず3瓶買いました。

宿は車が近くに寄れず不便だったのですが、宿の近くに「ジャン・ダロス」や「マイユ」まであったので結果的に買い物にはとても便利でした。

旅行の満足度
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • シャトー・マルゴー。貴婦人的な美しいたたずまいです。

    シャトー・マルゴー。貴婦人的な美しいたたずまいです。

  • 路面電車が走るボルドーの中心部。一般車両はこのあたりは立ち入ることが出来ません。

    路面電車が走るボルドーの中心部。一般車両はこのあたりは立ち入ることが出来ません。

  • やっと来られました。ジャン・ダロス。どんなチーズを買おうかな?

    やっと来られました。ジャン・ダロス。どんなチーズを買おうかな?

  • 明るく清潔感のあるジャン・ダロスの店内。

    明るく清潔感のあるジャン・ダロスの店内。

  • 結局、ミモレット、コンテ、パルミジャーノ、カマンベールなどを4-5kgも買いました。ハードチーズは一度に食べられなくても熟成させられます。

    結局、ミモレット、コンテ、パルミジャーノ、カマンベールなどを4-5kgも買いました。ハードチーズは一度に食べられなくても熟成させられます。

  • 「L&#39;exquis(レクスキ)」日本人経営のビストロです。料理は繊細で現代的なフレンチです。日本人シェフだけあって味はどんぴしゃり。

    「L'exquis(レクスキ)」日本人経営のビストロです。料理は繊細で現代的なフレンチです。日本人シェフだけあって味はどんぴしゃり。

  • おすすめのロゼで乾杯。

    おすすめのロゼで乾杯。

  • アミューズのスープ。甘くないカヌレがついています。

    アミューズのスープ。甘くないカヌレがついています。

  • お肉

    お肉

  • 子供のために特別に作ってくれたチキンパスタ。

    子供のために特別に作ってくれたチキンパスタ。

  • シチュー

    シチュー

  • イチゴのデザート

    イチゴのデザート

  • 「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」

    「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」

  • メルヴェイユは初めての味と食感でした。

    メルヴェイユは初めての味と食感でした。

  • 水の広場。朝イチは水がなかったです。

    水の広場。朝イチは水がなかったです。

  • 大劇場前

    大劇場前

  • 広い道もある。

    広い道もある。

  • 狭い道もある。

    狭い道もある。

  • サーバーから直接瓶に注いでくれるフレッシュなマスタードは衝撃の辛さと風味です。6種類くらいありました。

    サーバーから直接瓶に注いでくれるフレッシュなマスタードは衝撃の辛さと風味です。6種類くらいありました。

  • カラフルなボトルに入れてくれます。再び持ってくればリフィルOKだそうです。他にもハニーマスタードとかパルミジャーノ入りマスタードを買いました。

    カラフルなボトルに入れてくれます。再び持ってくればリフィルOKだそうです。他にもハニーマスタードとかパルミジャーノ入りマスタードを買いました。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集