ルアンプラバン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今日は王様の宮殿だった国立博物館とスイカ寺と呼ばれているワット・ビスンナラート、それにラブリーなワット・パパイミサイヤラムを巡りました。<br /><br />旅行情報にも書かれていない小さいお寺もそれぞれに惹かれるところがあって、こうなったら何十軒もあるルアンパバンの寺院全部を子細に見て回りたいと思いました。<br /><br />★Laos メコンの宝石 <br />ビエンチャンと世界遺産ルアンパバンあわせて20編のサイトマップ<br />https://4travel.jp/travelogue/11323050

Laos メコンの宝石(16/20) 世界遺産ルアンパバンの国立博物館と寺院 ワット・ビスンナラートとワット・パパイミサイヤラム

11いいね!

2017/12/26 - 2018/01/05

896位(同エリア1705件中)

旅行記グループ Laos メコンの宝石 

0

26

唐辛子婆

唐辛子婆さん

今日は王様の宮殿だった国立博物館とスイカ寺と呼ばれているワット・ビスンナラート、それにラブリーなワット・パパイミサイヤラムを巡りました。

旅行情報にも書かれていない小さいお寺もそれぞれに惹かれるところがあって、こうなったら何十軒もあるルアンパバンの寺院全部を子細に見て回りたいと思いました。

★Laos メコンの宝石 
ビエンチャンと世界遺産ルアンパバンあわせて20編のサイトマップ
https://4travel.jp/travelogue/11323050

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ブッキングドットコム

PR

  • 博物館にいったらお昼休みで館内には入れませんでした。<br />11:30から13:30まで2時間もお休みするんですって。<br /><br />木陰でしばし待ちまする。<br /><br />広い敷地にはスターフルーツの木が茂っていて<br />黄色く熟した実が芝生の上に落ちていたので拾ってみたら<br />ぐえ!腐りかけてました。<br />熟したスターフルーツになかなかありつけないから<br />どんなかなあ、食べてみたいなあと思ったのに・・・。

    博物館にいったらお昼休みで館内には入れませんでした。
    11:30から13:30まで2時間もお休みするんですって。

    木陰でしばし待ちまする。

    広い敷地にはスターフルーツの木が茂っていて
    黄色く熟した実が芝生の上に落ちていたので拾ってみたら
    ぐえ!腐りかけてました。
    熟したスターフルーツになかなかありつけないから
    どんなかなあ、食べてみたいなあと思ったのに・・・。

  • 博物館前の池に映る椰子の木々。

    博物館前の池に映る椰子の木々。

  • やっと切符売り場が開きました。

    やっと切符売り場が開きました。

  • すぐに博物館の建物に行っちゃだめですよ。<br />荷物をロッカーにあずけなくっちゃ。

    すぐに博物館の建物に行っちゃだめですよ。
    荷物をロッカーにあずけなくっちゃ。

  • ロッカールームのあるのは別の建物(劇場)です。<br />ラーマーヤナ物語の伝統舞踊が演じられるやうです。<br /><br />レセプションに一冊だけラオスの民話(英文)が置いてありましたけど<br />とってもお高かったので買いませんでした。<br />でも帰国してから<br />もと青年協力隊の日本女性、根岸範子さんと前田初江さん<br />の書かれた『ラオスの民話』を入手することができました。

    ロッカールームのあるのは別の建物(劇場)です。
    ラーマーヤナ物語の伝統舞踊が演じられるやうです。

    レセプションに一冊だけラオスの民話(英文)が置いてありましたけど
    とってもお高かったので買いませんでした。
    でも帰国してから
    もと青年協力隊の日本女性、根岸範子さんと前田初江さん
    の書かれた『ラオスの民話』を入手することができました。

  • ガーデンにいらした

    ガーデンにいらした

  • シーサワンウォン王<br />銅像は1975年にソビエトに発注したんですって。<br /><br />どっかで見たことある懐かしいお顔と思ったら<br />2009年に訪れたビエンチャンででした。

    シーサワンウォン王
    銅像は1975年にソビエトに発注したんですって。

    どっかで見たことある懐かしいお顔と思ったら
    2009年に訪れたビエンチャンででした。

  • 1900年はじめごろ築の博物館の建物は<br />このシーサンウォン国王とファミリーの住まいでした。<br />メコン河沿いに建てられたのは訪問客の船が到着するため。<br /><br />バンコクのジム・トンプソンの家も<br />訪れた友人の船が横付けできるように運河沿いに設計されたんでした。<br />でも結局川から訪れた人は誰もいなかった、と聞いたことがあります。<br />この王様の時代はどうだったんでせう?

    1900年はじめごろ築の博物館の建物は
    このシーサンウォン国王とファミリーの住まいでした。
    メコン河沿いに建てられたのは訪問客の船が到着するため。

    バンコクのジム・トンプソンの家も
    訪れた友人の船が横付けできるように運河沿いに設計されたんでした。
    でも結局川から訪れた人は誰もいなかった、と聞いたことがあります。
    この王様の時代はどうだったんでせう?

  • 館内に入る前に靴を脱いで下足入れに預けます。<br />そして館内では男女別に並ばされたので<br />空港みたいにホールドアップさせられるのかと思ったら<br />ただのチケットチェックだけでした。<br />なんのこっちゃ。<br /><br />昔、JICAのシニアボランティアの方がここにいらして<br />ガイドをしてくださってたそうですが今はいらっしゃいません。<br /><br />館内は赤い壁にガラスのモザイクの絵が見事でしたけど撮影禁止でした。<br /><br />撮影禁止の理由ってこの二つかしらと思うんですけど<br />①フラッシュで傷む。<br />②販売しているもの(絵葉書とか本とか)などが売れなくなる。<br />今のご時世フラッシュを焚かなくても撮影はできるし<br />絵葉書も何も売ってなかったやうな・・・。<br /><br />のちほどワット・シエントーンという寺院で<br />同じやうな壁画をたっぷり撮影できたのでいいんですけどね、けっ!

    館内に入る前に靴を脱いで下足入れに預けます。
    そして館内では男女別に並ばされたので
    空港みたいにホールドアップさせられるのかと思ったら
    ただのチケットチェックだけでした。
    なんのこっちゃ。

    昔、JICAのシニアボランティアの方がここにいらして
    ガイドをしてくださってたそうですが今はいらっしゃいません。

    館内は赤い壁にガラスのモザイクの絵が見事でしたけど撮影禁止でした。

    撮影禁止の理由ってこの二つかしらと思うんですけど
    ①フラッシュで傷む。
    ②販売しているもの(絵葉書とか本とか)などが売れなくなる。
    今のご時世フラッシュを焚かなくても撮影はできるし
    絵葉書も何も売ってなかったやうな・・・。

    のちほどワット・シエントーンという寺院で
    同じやうな壁画をたっぷり撮影できたのでいいんですけどね、けっ!

  • 敷地内のお寺も館内は撮影禁止でした。<br /><br />博物館の絢爛豪華な王様のお部屋がなにもかも金ピカだったのと<br />柱の陰に係員が二人座り込んでなにか食べていたこと以外<br />な~んにも覚えてられなくて

    敷地内のお寺も館内は撮影禁止でした。

    博物館の絢爛豪華な王様のお部屋がなにもかも金ピカだったのと
    柱の陰に係員が二人座り込んでなにか食べていたこと以外
    な~んにも覚えてられなくて

  • いったい私はここに何しにきたんだらう?<br /><br />1975年にパテト・ラオがルアンパバンを掌握して<br />王宮は博物館として人民に「解放」されたそうです。

    いったい私はここに何しにきたんだらう?

    1975年にパテト・ラオがルアンパバンを掌握して
    王宮は博物館として人民に「解放」されたそうです。

  • 気を取り直して<br />プーシーの丘から見える道の方にあるワット・ビスンナラートにいってみます。

    気を取り直して
    プーシーの丘から見える道の方にあるワット・ビスンナラートにいってみます。

  • このまあるいカタチからスイカ寺とも呼ばれているそうです。

    このまあるいカタチからスイカ寺とも呼ばれているそうです。

  • ゲートを

    ゲートを

  • くぐります。<br />広い緑の境内のむこうの方に風鈴みたいなのを売ってました。

    くぐります。
    広い緑の境内のむこうの方に風鈴みたいなのを売ってました。

  • お堂の中にはジモティがお祈りに来てて

    お堂の中にはジモティがお祈りに来てて

  • 穏やかな仏様。

    穏やかな仏様。

  • でもこの天使たちにはちとが~っかり。<br />作りがへたっぴなんだもの。<br />素朴っちゃ素朴ですけどね。<br />

    でもこの天使たちにはちとが~っかり。
    作りがへたっぴなんだもの。
    素朴っちゃ素朴ですけどね。

  • もっかい修行して作り直してみてよと言いたい。<br />「博物館館内撮影禁止の八つ当たりをここでしなくても・・・。」

    もっかい修行して作り直してみてよと言いたい。
    「博物館館内撮影禁止の八つ当たりをここでしなくても・・・。」

  • 唐辛子婆的にはこのワット・パパイミサイヤラムがとてもラブリーに感じました。<br /><br />夜に民族ショーをやっている大きなレストランのコーナーを<br />サッカリン通りの方にいくとすぐの、とても端正なお寺。

    唐辛子婆的にはこのワット・パパイミサイヤラムがとてもラブリーに感じました。

    夜に民族ショーをやっている大きなレストランのコーナーを
    サッカリン通りの方にいくとすぐの、とても端正なお寺。

  • ネットを見ても『地球の歩き方』をみても<br />なかなかみつからないこじんまりしたお寺ですけど<br />手入れが行き届いて

    ネットを見ても『地球の歩き方』をみても
    なかなかみつからないこじんまりしたお寺ですけど
    手入れが行き届いて

  • そしてこのレリーフのデザインに<br />ほかの寺院には見られないモダンさを感じまする。<br /><br />

    そしてこのレリーフのデザインに
    ほかの寺院には見られないモダンさを感じまする。

  • インド菩提樹の葉っぱの描き方もほかとは違うやうな。

    インド菩提樹の葉っぱの描き方もほかとは違うやうな。

  • ドアにいらっしゃる天使のお顔も

    ドアにいらっしゃる天使のお顔も

  • なんだか西洋のおとぎ話にでてくる小人みたい。<br />なんなんだ?このカンジは。<br /><br />40年ほど前にインドネシアのバリ島でケチャ・ダンスを見た時に<br />洋風の波みたいなのを感じたんですけど。<br />なにしろインドの叙事詩ラーマーヤナ物語が題材なのに<br />猿軍団の合唱がロンド(輪唱)のやう。<br /><br />さうしたらず~~と後になって<br />ケチャダンスはドイツのシュピースによって改良されて有名に<br />なったのだとわかり、謎が解けたのでした。<br /><br />このお寺も誰か西洋人がデザインに携わったのかしら?<br /><br />そもそもルアンパバンの寺院のデザインは誰がどんなふうに考えるのでせう?<br />壁画のデザインは?<br />それを受けてレリーフに仕上げる工房はどこに?<br /><br />今度ルアンパバンを訪れることがあったら<br />ぜひともそこらへんを聞いてみたいものです。

    なんだか西洋のおとぎ話にでてくる小人みたい。
    なんなんだ?このカンジは。

    40年ほど前にインドネシアのバリ島でケチャ・ダンスを見た時に
    洋風の波みたいなのを感じたんですけど。
    なにしろインドの叙事詩ラーマーヤナ物語が題材なのに
    猿軍団の合唱がロンド(輪唱)のやう。

    さうしたらず~~と後になって
    ケチャダンスはドイツのシュピースによって改良されて有名に
    なったのだとわかり、謎が解けたのでした。

    このお寺も誰か西洋人がデザインに携わったのかしら?

    そもそもルアンパバンの寺院のデザインは誰がどんなふうに考えるのでせう?
    壁画のデザインは?
    それを受けてレリーフに仕上げる工房はどこに?

    今度ルアンパバンを訪れることがあったら
    ぜひともそこらへんを聞いてみたいものです。

  • 背景のココナツの木の按配もとても美しいでしょ?<br /><br />でもね唐辛子婆はモダンでセンスの良いものは好きですけど<br />ワット・マイ・スワンナプーム・アハーンの方がもっとも~っと魅力的でした。

    背景のココナツの木の按配もとても美しいでしょ?

    でもね唐辛子婆はモダンでセンスの良いものは好きですけど
    ワット・マイ・スワンナプーム・アハーンの方がもっとも~っと魅力的でした。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

Laos メコンの宝石 

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集