大子・袋田温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年の秋の紅葉。<br />今年はどんな秋景色が見られるかな?<br />何処へお出かけしようかな?<br /><br />夏が終わるころから、あそこに行こうか、ここにしようかと頭を悩まし色々と考えていました。<br />しかし、紅葉がオンシーズンとなった10月は季節外れの台風の到来で、週末がことごとく雨。<br />とても、紅葉を楽しみに山に出掛ける・・・なんていう天気ではありませんでした。<br /><br />そして、迎えた11月の最初の週末の天気は晴れで紅葉日和の三連休。<br />でも、こんな時に限って相棒と私の予定が噛みあわなく、なんとかお互いの都合を擦り合わせて出来たプランが【早朝出発、渋滞知らずで袋田の滝へ】。<br /><br />錦繍に彩られた山肌と豪快に流れ落ちる滝の競演を愉しんできました。<br />

秋色☆朝さんぽ/渋滞知らずの紅葉ハイキング【日本三大名瀑:袋田の滝】

126いいね!

2017/11/05 - 2017/11/05

11位(同エリア450件中)

旅行記グループ 秋さんぽ

6

47

ウェンディ

ウェンディさん

2017年の秋の紅葉。
今年はどんな秋景色が見られるかな?
何処へお出かけしようかな?

夏が終わるころから、あそこに行こうか、ここにしようかと頭を悩まし色々と考えていました。
しかし、紅葉がオンシーズンとなった10月は季節外れの台風の到来で、週末がことごとく雨。
とても、紅葉を楽しみに山に出掛ける・・・なんていう天気ではありませんでした。

そして、迎えた11月の最初の週末の天気は晴れで紅葉日和の三連休。
でも、こんな時に限って相棒と私の予定が噛みあわなく、なんとかお互いの都合を擦り合わせて出来たプランが【早朝出発、渋滞知らずで袋田の滝へ】。

錦繍に彩られた山肌と豪快に流れ落ちる滝の競演を愉しんできました。

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 三連休の最終日の起床は朝4時半。 <br />ベッドから飛び起きると、速攻で支度をして朝5時には車へ。<br />まだ夜も明けぬ暗闇の中を北へ向けて進路をとる。<br /><br />この三連休は関東の低山エリアでは紅葉が見頃。<br />どこへ行くかのその候補地は悩むほどいっぱいあったのだが、11/5というのが候補地を絞り込むうえで非常にネックだった。<br />候補地を絞りこむ障害となったのが、米国大統領のトランプさんの来日。<br />埼玉県に居住する者が山梨や神奈川方面へと行こうとすると、首都高速道路の経由が必要となるのだが、米大統領の来日により首都高速道路のどこでいきなり通行規制が発生するのかが分からない状態で、目的地までの到着時間が読めなかった。<br /><br />そうなると方向として考えられるのは、関越道、東北道、常磐道のいずれか。<br />日帰り旅なのでそんなに遠くまでは行くことは難しいし、関越道は渋滞に嵌った場合のエスケープルートが少ない。<br />であるならば、常磐道方面が最有力候補となり、まだ行ったことの無い袋田の滝が行先に決定した。<br />

    三連休の最終日の起床は朝4時半。
    ベッドから飛び起きると、速攻で支度をして朝5時には車へ。
    まだ夜も明けぬ暗闇の中を北へ向けて進路をとる。

    この三連休は関東の低山エリアでは紅葉が見頃。
    どこへ行くかのその候補地は悩むほどいっぱいあったのだが、11/5というのが候補地を絞り込むうえで非常にネックだった。
    候補地を絞りこむ障害となったのが、米国大統領のトランプさんの来日。
    埼玉県に居住する者が山梨や神奈川方面へと行こうとすると、首都高速道路の経由が必要となるのだが、米大統領の来日により首都高速道路のどこでいきなり通行規制が発生するのかが分からない状態で、目的地までの到着時間が読めなかった。

    そうなると方向として考えられるのは、関越道、東北道、常磐道のいずれか。
    日帰り旅なのでそんなに遠くまでは行くことは難しいし、関越道は渋滞に嵌った場合のエスケープルートが少ない。
    であるならば、常磐道方面が最有力候補となり、まだ行ったことの無い袋田の滝が行先に決定した。

  • 早朝の高速道を走っている時に、不思議な現象を目にしたので、思わずカメラでパチリ。<br />鉄塔が写っているのだが、遠くの鉄塔の足元が消え、まるで心霊写真の様になっていた。<br /><br />この不思議な現象を引き起こした犯人は、どうやら放射冷却による霧のようだ。<br />この秋一番の朝の冷え込みだった今朝の空は快晴で雲一つなかったのだが、そのせいで夜の間に冷やされた空気中の水分が水田地帯で飽和状態となり、霧へと姿を変え、鉄塔の足を隠してしまっていた。<br /><br />

    早朝の高速道を走っている時に、不思議な現象を目にしたので、思わずカメラでパチリ。
    鉄塔が写っているのだが、遠くの鉄塔の足元が消え、まるで心霊写真の様になっていた。

    この不思議な現象を引き起こした犯人は、どうやら放射冷却による霧のようだ。
    この秋一番の朝の冷え込みだった今朝の空は快晴で雲一つなかったのだが、そのせいで夜の間に冷やされた空気中の水分が水田地帯で飽和状態となり、霧へと姿を変え、鉄塔の足を隠してしまっていた。

  • 目的地の袋田の滝への到着は朝7時。 <br />朝早いことも有り、渋滞はなく、予定通りの所要時間だった。<br /><br />袋田の滝の駐車場は町営無料駐車場が2か所あり、その他はお土産屋さんなどが運営する私設の駐車場(利用料金300円~500円程度)だ。<br />町営駐車場は2か所で第一駐車場が50台、第二駐車場が220台を駐車できる。<br />私たちが車を駐車したのは第一駐車場で、第一の方が袋田の滝からの距離が近い(第二駐車場は、滝からの距離が更に500mほど遠くなる)<br /><br />7時に駐車場に着いた頃は、第一駐車場に停まっている車の数は数えるほどしかなかったのだが、支度をしている内にどんどんと車はやってきて、7時半頃には半数以上の駐車スペースが埋まっていた。<br />

    目的地の袋田の滝への到着は朝7時。
    朝早いことも有り、渋滞はなく、予定通りの所要時間だった。

    袋田の滝の駐車場は町営無料駐車場が2か所あり、その他はお土産屋さんなどが運営する私設の駐車場(利用料金300円~500円程度)だ。
    町営駐車場は2か所で第一駐車場が50台、第二駐車場が220台を駐車できる。
    私たちが車を駐車したのは第一駐車場で、第一の方が袋田の滝からの距離が近い(第二駐車場は、滝からの距離が更に500mほど遠くなる)

    7時に駐車場に着いた頃は、第一駐車場に停まっている車の数は数えるほどしかなかったのだが、支度をしている内にどんどんと車はやってきて、7時半頃には半数以上の駐車スペースが埋まっていた。

  • 多分、この時間に第一駐車場を狙ってくる人達の目的は、袋田の滝の周りの山々のハイキングだろう。<br />袋田の滝の観光のみが目的の場合は、滝へ繋がる道のゲートが開くのが朝の9時なので、こんなに早い時間帯にこの駐車場へとやってきても意味がない。<br />9時までの2時間を無駄に過ごすだけだ。<br /><br />相棒と私の目的も、やはり他の車同様のハイキング。<br />袋田の滝の脇には月居(つきおれ)山があり、月居山を周遊する1時間から1.5時間で歩けるハイキングルートを朝さんぽする・・・それが目的だった。<br /><br />駐車用から歩き出すと、目の前に見える山は紅葉の真っ盛り。<br /><br />これならば、ハイキング道の木々も期待できるかも…。<br />

    多分、この時間に第一駐車場を狙ってくる人達の目的は、袋田の滝の周りの山々のハイキングだろう。
    袋田の滝の観光のみが目的の場合は、滝へ繋がる道のゲートが開くのが朝の9時なので、こんなに早い時間帯にこの駐車場へとやってきても意味がない。
    9時までの2時間を無駄に過ごすだけだ。

    相棒と私の目的も、やはり他の車同様のハイキング。
    袋田の滝の脇には月居(つきおれ)山があり、月居山を周遊する1時間から1.5時間で歩けるハイキングルートを朝さんぽする・・・それが目的だった。

    駐車用から歩き出すと、目の前に見える山は紅葉の真っ盛り。

    これならば、ハイキング道の木々も期待できるかも…。

  • ハイキングルートまでの道沿いには農家の果樹園があり、真赤に色づいた林檎が枝をしならせて実っていた。

    ハイキングルートまでの道沿いには農家の果樹園があり、真赤に色づいた林檎が枝をしならせて実っていた。

  • 月居山ハイキングは、七曲りと呼ばれる道から歩き始める。<br />朝の気温は3℃。<br />吐き出す息が空中を白く舞う。<br /><br />寒くて手袋・毛糸の帽子・フリース・風除けのジャケットを着て歩き始めたが、さすがに登り始めて15分もすると軽く汗ばむ位に体が温まって来たので、フリース以外は鞄の中へ。<br />ただ、立ち止まると寒いので、これらのアイテムは散歩時の必須品目であることに間違いはない。

    月居山ハイキングは、七曲りと呼ばれる道から歩き始める。
    朝の気温は3℃。
    吐き出す息が空中を白く舞う。

    寒くて手袋・毛糸の帽子・フリース・風除けのジャケットを着て歩き始めたが、さすがに登り始めて15分もすると軽く汗ばむ位に体が温まって来たので、フリース以外は鞄の中へ。
    ただ、立ち止まると寒いので、これらのアイテムは散歩時の必須品目であることに間違いはない。

  • 道はごく普通の登山道で、特に激しい登りという訳でもなく気持ち良く歩ける。<br />ただ、紅葉が・・・。<br /><br />先程目の前にあった山の錦が嘘のように、森の木々は青々としていた。  <br />

    道はごく普通の登山道で、特に激しい登りという訳でもなく気持ち良く歩ける。
    ただ、紅葉が・・・。

    先程目の前にあった山の錦が嘘のように、森の木々は青々としていた。  

  • 七曲りを抜けるといったん車道に出るのだが、車道は風が通るせいか少しだけ木々の色が秋色に変わっていた。  <br /><br />

    七曲りを抜けるといったん車道に出るのだが、車道は風が通るせいか少しだけ木々の色が秋色に変わっていた。

  • 普段の私は車道歩きは嫌いなのだが、この日はこんな素敵な苔の景色を見ることが出来たので、あまり苦にはならなかった。<br /><br />自然の岩ではなく、かなり昔に土砂崩れを防止するためにコンクリで固めた道路脇の崖。<br />でも、そんな人工物も長い年月を経ることで表面に地衣類が根付き、美しい景観を作り出す。<br />

    イチオシ

    普段の私は車道歩きは嫌いなのだが、この日はこんな素敵な苔の景色を見ることが出来たので、あまり苦にはならなかった。

    自然の岩ではなく、かなり昔に土砂崩れを防止するためにコンクリで固めた道路脇の崖。
    でも、そんな人工物も長い年月を経ることで表面に地衣類が根付き、美しい景観を作り出す。

  • 月居山ハイキングは標識がしっかりしているので道を間違えにくいのだが、唯一悩んだのが、この標識。<br /><br />この日のハイキングの終着点は袋田の滝なのだが、ハイキング道は月居山を経由する道。<br />それなのにこの看板は、月居観音堂(月居山)と袋田の滝を示す矢印が別方向を指していて、どっちへ行くのが正解か迷ってしまった。<br /><br />この場合の正解は月居観音堂。<br /><br />袋田の滝への矢印には(近道)と書き加えられていて、このルートはエスケープルートで、こちらの方向へと歩いてしまうと、月居山へは行けなくなってしまう。<br /><br />

    月居山ハイキングは標識がしっかりしているので道を間違えにくいのだが、唯一悩んだのが、この標識。

    この日のハイキングの終着点は袋田の滝なのだが、ハイキング道は月居山を経由する道。
    それなのにこの看板は、月居観音堂(月居山)と袋田の滝を示す矢印が別方向を指していて、どっちへ行くのが正解か迷ってしまった。

    この場合の正解は月居観音堂。

    袋田の滝への矢印には(近道)と書き加えられていて、このルートはエスケープルートで、こちらの方向へと歩いてしまうと、月居山へは行けなくなってしまう。

  • 写真は、大子(だいご)町のホームページに掲載のある月居山ハイキングコースの地図(URL:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/data/doc/1351643596_doc_12_5.pdf)だ。<br /><br />月居山ハイキングコースは比較的単純だが、道を間違えると男体山へと抜けるルートへ入り込んでしまうので、歩く場合には地図をスマホにダウンロードするか、印刷して持参する方が良いと思う。

    写真は、大子(だいご)町のホームページに掲載のある月居山ハイキングコースの地図(URL:http://www.town.daigo.ibaraki.jp/data/doc/1351643596_doc_12_5.pdf)だ。

    月居山ハイキングコースは比較的単純だが、道を間違えると男体山へと抜けるルートへ入り込んでしまうので、歩く場合には地図をスマホにダウンロードするか、印刷して持参する方が良いと思う。

  • ハイキングコース自体は整備をされていて歩きやすい道だが、岩がゴロゴロとしている場所も有るので、歩く場合はトレッキングシューズがお勧め。<br /><br />スニーカーでも歩けなくはないが、雨の日の翌日などは靴裏が滑る可能性が高い。  <br />

    ハイキングコース自体は整備をされていて歩きやすい道だが、岩がゴロゴロとしている場所も有るので、歩く場合はトレッキングシューズがお勧め。

    スニーカーでも歩けなくはないが、雨の日の翌日などは靴裏が滑る可能性が高い。

  • 特に途中から分岐のある月居山の山頂(月居城跡)へもチャレンジする場合は、こんな岩登り(1か所だけだが)も有るので、気をつけて。<br /><br />決して危ない道ではないが、袋田の滝を見に来たついでに歩こう・・・と街歩きと同じ様ないでたちでやって来ると怪我をするかもしれない。<br />

    特に途中から分岐のある月居山の山頂(月居城跡)へもチャレンジする場合は、こんな岩登り(1か所だけだが)も有るので、気をつけて。

    決して危ない道ではないが、袋田の滝を見に来たついでに歩こう・・・と街歩きと同じ様ないでたちでやって来ると怪我をするかもしれない。

  • 月居山の山頂(月居城跡)は特に何もない場所だが、全国に散らばっている月居さん達が建てた石碑があり、石碑の裏には寄進した方々の名前(月居姓)がズラリと並んでいた。<br /><br />事前情報では山頂は眺望が良いとの話もあったが、まだ木々が青々と葉を茂らせている状態だったので、思いの外視界は悪く、紅葉の時期では山頂からの眺望は微妙かもしれない。

    月居山の山頂(月居城跡)は特に何もない場所だが、全国に散らばっている月居さん達が建てた石碑があり、石碑の裏には寄進した方々の名前(月居姓)がズラリと並んでいた。

    事前情報では山頂は眺望が良いとの話もあったが、まだ木々が青々と葉を茂らせている状態だったので、思いの外視界は悪く、紅葉の時期では山頂からの眺望は微妙かもしれない。

  • 月居山への分岐点まで戻り、ハイキング道をそのまま進むと現れるのが、山門と鐘撞き堂。<br /><br />だが、お寺はどこにもなかった。<br />

    月居山への分岐点まで戻り、ハイキング道をそのまま進むと現れるのが、山門と鐘撞き堂。

    だが、お寺はどこにもなかった。

  • その代わりに山の中腹にあったのは赤と白が印象的な月居観音堂で、源義家が1200年前に戦勝祈願のためにお籠もりをしたお堂(現在のお堂は当時のものではなく、改修工事済)だ。

    その代わりに山の中腹にあったのは赤と白が印象的な月居観音堂で、源義家が1200年前に戦勝祈願のためにお籠もりをしたお堂(現在のお堂は当時のものではなく、改修工事済)だ。

  • この月居観音堂を過ぎたあたりから、目の前に広がる山肌の色ががらりと変わり、いきなり現れるのは秋色の山。<br /><br />どうやら月居山は斜面の方向により紅葉の進行度に大きな差があり、北面斜面は寒暖の差が激しいせいか、ひと足早く紅葉の最盛期にさしかかっていた。<br />

    この月居観音堂を過ぎたあたりから、目の前に広がる山肌の色ががらりと変わり、いきなり現れるのは秋色の山。

    どうやら月居山は斜面の方向により紅葉の進行度に大きな差があり、北面斜面は寒暖の差が激しいせいか、ひと足早く紅葉の最盛期にさしかかっていた。

  • パッチワークの様な秋の彩が山全体を覆う。<br /><br />

    パッチワークの様な秋の彩が山全体を覆う。

  • ハイキングルートにも赤に葉の色を変え始めたモミジの姿がチラホラ。

    ハイキングルートにも赤に葉の色を変え始めたモミジの姿がチラホラ。

  • 緑と赤いモミジが作るグラデーション。<br /><br />

    緑と赤いモミジが作るグラデーション。

  • 夏の名残が残る緑の山と冬支度を始めた木々が共存する山歩き。<br />これぞ、秋ハイキングの醍醐味だ。<br /><br />

    夏の名残が残る緑の山と冬支度を始めた木々が共存する山歩き。
    これぞ、秋ハイキングの醍醐味だ。

  • 月居観音堂から袋田の滝までの道は、ひたすら下り坂(階段)道。<br /><br />足幅の合わない階段道は非常に疲れるのだが、振り返った時にこんな景色を見せられると、そんな疲れも忘れてしまう。<br />

    月居観音堂から袋田の滝までの道は、ひたすら下り坂(階段)道。

    足幅の合わない階段道は非常に疲れるのだが、振り返った時にこんな景色を見せられると、そんな疲れも忘れてしまう。

    月居山 自然・景勝地

    秋染まる山を眺めてハイキング/月居山 by ウェンディさん
  • そして、このハイキング道には、袋田の滝へと辿り着く前にもう一つプチ滝を見ることができるという特典もついてくる。

    そして、このハイキング道には、袋田の滝へと辿り着く前にもう一つプチ滝を見ることができるという特典もついてくる。

  • プチ滝の名前は生瀬(なませ)滝。<br /><br />規模は大きくはないが、小さな滝が何段にも重なって流れ落ちる美しい滝だ。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    プチ滝の名前は生瀬(なませ)滝。

    規模は大きくはないが、小さな滝が何段にも重なって流れ落ちる美しい滝だ。

    奥久慈 名所・史跡

    11/19までは、道の駅渋滞に要注意!/ 袋田の滝渋滞ではありません by ウェンディさん
  • 生瀬滝の周囲の木々は、今が紅葉の真っ盛り。<br /><br />これは、これから向かう袋田の滝の紅葉も期待できそうだ。<br /><br />

    生瀬滝の周囲の木々は、今が紅葉の真っ盛り。

    これは、これから向かう袋田の滝の紅葉も期待できそうだ。

  • ハイキング道から袋田の滝へのルートは吊り橋を経由する道。

    ハイキング道から袋田の滝へのルートは吊り橋を経由する道。

  • 吊り橋から袋田の滝の下部がチラ見え。

    吊り橋から袋田の滝の下部がチラ見え。

  • そして橋を渡り切った所からは、更にその姿が・・・。<br />この滝の上には幾重にも重なる日本三大名瀑の一つである袋田の滝の雄姿がある。<br /><br />しかし、袋田の滝のその姿を見ることの出来る人は限定されていて、あの有名な滝の景色を見ることの出来る展望台へと辿り着く為には、特定条件をクリアすることが必須条件となっていた。<br /><br />必須条件とは、あるものを3枚提出すること。<br />幸い私と相棒はそのあるモノを持っていたので、滝への道を進む切符を手に入れた。<br />

    そして橋を渡り切った所からは、更にその姿が・・・。
    この滝の上には幾重にも重なる日本三大名瀑の一つである袋田の滝の雄姿がある。

    しかし、袋田の滝のその姿を見ることの出来る人は限定されていて、あの有名な滝の景色を見ることの出来る展望台へと辿り着く為には、特定条件をクリアすることが必須条件となっていた。

    必須条件とは、あるものを3枚提出すること。
    幸い私と相棒はそのあるモノを持っていたので、滝への道を進む切符を手に入れた。

  • 切符を手に道を進むと、その先にあったのはトンネル。<br />トンネルは岩をくりぬいて作られていて、展望台へと続いている。<br /><br />トンネルの中は真っ暗なのかと思っていたのだが、その天井にあるのは何故かミラーボール。

    切符を手に道を進むと、その先にあったのはトンネル。
    トンネルは岩をくりぬいて作られていて、展望台へと続いている。

    トンネルの中は真っ暗なのかと思っていたのだが、その天井にあるのは何故かミラーボール。

  • ミラーボールはクルクルと廻り、その軌跡はまるでブラックホールに引きずり込まれる宇宙のよう。<br /><br />トンネルの中には予想外の光景が広がっていた。<br />

    ミラーボールはクルクルと廻り、その軌跡はまるでブラックホールに引きずり込まれる宇宙のよう。

    トンネルの中には予想外の光景が広がっていた。

  • トンネルの中にあったのはミラーボールだけではなく、こんなオブジェも。

    トンネルの中にあったのはミラーボールだけではなく、こんなオブジェも。

  • オブジェは色を刻々と替え、これもまた銀河集団のような光をトンネルの壁に投影していた。<br /><br />

    オブジェは色を刻々と替え、これもまた銀河集団のような光をトンネルの壁に投影していた。

  • オブジェの中心部の構造もキラキラ。

    イチオシ

    オブジェの中心部の構造もキラキラ。

  • 滝への通路であるトンネルに、この様な現代アートを展示するのには賛否両論あるとは思うが、私はこんな遊び心も悪くないと思う。<br /><br />ところで、このトンネルへと入るために必要であったあるモノとは何であったのかというと、それは100円コイン×3枚。<br />つまり、袋田の滝への展望台への入場には300円の入場料が必要だという事だ。<br /><br />トンネルの突き当りにはエレベーターがあり、エレベーターで上階へとある第二展望台へと登る。<br />

    滝への通路であるトンネルに、この様な現代アートを展示するのには賛否両論あるとは思うが、私はこんな遊び心も悪くないと思う。

    ところで、このトンネルへと入るために必要であったあるモノとは何であったのかというと、それは100円コイン×3枚。
    つまり、袋田の滝への展望台への入場には300円の入場料が必要だという事だ。

    トンネルの突き当りにはエレベーターがあり、エレベーターで上階へとある第二展望台へと登る。

  • 第二展望台は二階建てとなっていて、まずは一番高い位置の展望台(第二展望台の2階部分)から袋田の滝を眺める。<br /><br />見頃とのアナウンスどおり、色鮮やかな木々が滝を彩っていた。<br /><br />

    第二展望台は二階建てとなっていて、まずは一番高い位置の展望台(第二展望台の2階部分)から袋田の滝を眺める。

    見頃とのアナウンスどおり、色鮮やかな木々が滝を彩っていた。

  • 展望台の立ち位置によっても見える景色は変わり、これは展望台の左側から見た景色。<br /><br />日光が射しこむと、赤の紅葉が更に鮮やかに発色する。<br /><br />

    イチオシ

    展望台の立ち位置によっても見える景色は変わり、これは展望台の左側から見た景色。

    日光が射しこむと、赤の紅葉が更に鮮やかに発色する。

  • こちらはi-phoneのカメラ。<br />ちょっと落ち着いた色合いのこの発色も悪くはない。<br /><br />袋田の滝は上段滝から下段滝までの落差が、120m、一番下段の幅が73mという巨大な滝。<br />この展望台からだとその全景がよくわかる。<br /><br />

    こちらはi-phoneのカメラ。
    ちょっと落ち着いた色合いのこの発色も悪くはない。

    袋田の滝は上段滝から下段滝までの落差が、120m、一番下段の幅が73mという巨大な滝。
    この展望台からだとその全景がよくわかる。

  • 滝と紅葉をパノラマで撮ったら綺麗かな…と考えたのだが、日光が強すぎるのか白く色が抜ける部分が出来てしまった。<br /><br />パノラマ撮影は企画倒れだった。<br />

    滝と紅葉をパノラマで撮ったら綺麗かな…と考えたのだが、日光が強すぎるのか白く色が抜ける部分が出来てしまった。

    パノラマ撮影は企画倒れだった。

  • 展望台は観光客でいっぱいなので、展望台の最前列でそんなにゆっくりはしていられない。<br />数分景色を眺めたら、後ろで待つ次の方と交代の時間。<br /><br />第二展望台の1階部分へと移動する。<br />2階と1階で展望台から見える景色にそんなに差はないのかと思っていたが、見ることの出来る滝の範囲が全然違う。<br /><br />第二展望台の2階から見る景色は、三段の滝を上から見下ろす感じだったが、1階からはちょうど二段目の滝を正面に見る感じとなる。<br />

    展望台は観光客でいっぱいなので、展望台の最前列でそんなにゆっくりはしていられない。
    数分景色を眺めたら、後ろで待つ次の方と交代の時間。

    第二展望台の1階部分へと移動する。
    2階と1階で展望台から見える景色にそんなに差はないのかと思っていたが、見ることの出来る滝の範囲が全然違う。

    第二展望台の2階から見る景色は、三段の滝を上から見下ろす感じだったが、1階からはちょうど二段目の滝を正面に見る感じとなる。

    袋田の滝 自然・景勝地

    日本三大名瀑;袋田の滝 見頃 始まりました/袋田の滝 2017 by ウェンディさん
  • この日は袋田の滝のTVの撮影が入っていたようで、私が景色を眺めていた時に真後ろ方向からレポーターさんの声が突然聞こえてきて吃驚させられた。<br /><br />観光客がガヤガヤと景色を楽しんでいる中で、突然セリフの様に発せられた「見てください!この緑と赤のコントラスト。緑のモミジの葉が徐々に赤く変わっていくところが素敵なんです」という声は、私にとっては驚きでしかなく、初めは独り言癖のあるちょっと危なそうな方が真後ろに居るのかと思って身構えてしまった。<br /><br />確かにこの日の滝まわりの紅葉は真っ盛りだったので、取材をするには良い日だったのだろう。<br />

    この日は袋田の滝のTVの撮影が入っていたようで、私が景色を眺めていた時に真後ろ方向からレポーターさんの声が突然聞こえてきて吃驚させられた。

    観光客がガヤガヤと景色を楽しんでいる中で、突然セリフの様に発せられた「見てください!この緑と赤のコントラスト。緑のモミジの葉が徐々に赤く変わっていくところが素敵なんです」という声は、私にとっては驚きでしかなく、初めは独り言癖のあるちょっと危なそうな方が真後ろに居るのかと思って身構えてしまった。

    確かにこの日の滝まわりの紅葉は真っ盛りだったので、取材をするには良い日だったのだろう。

  • ドローンでの撮影も行われていて、ドローンが滝の周囲を行ったり来たり。<br />きっと、ダイナミックな景色がとれたのだと思う。<br />

    ドローンでの撮影も行われていて、ドローンが滝の周囲を行ったり来たり。
    きっと、ダイナミックな景色がとれたのだと思う。

  • 再びエレベーターで地上階へと降り、第一展望台からの滝の景色を楽しむ。<br /><br />

    再びエレベーターで地上階へと降り、第一展望台からの滝の景色を楽しむ。

  • 第一展望台からは滝の上段・中段部分は見ることはできないが、轟音と共に流れ落ちる豪快な滝の姿を味わえる。<br />

    イチオシ

    第一展望台からは滝の上段・中段部分は見ることはできないが、轟音と共に流れ落ちる豪快な滝の姿を味わえる。

  • 袋田の滝の有料エリアの中に居た時間は1時間位。<br />滝の第二展望台へと登るエレベーターの順番待ちで10分弱並んだが、思っていたほどの混雑ではなく、展望台の上に居る人の数も波があるようだった。<br />団体バスがやって来ると一気に展望台の上が激混みとなる・・・それだけは確かなようだ。<br /><br />駐車場から袋田の滝への道の両側にはお土産屋さんや団子屋さんが立ち並び、ちょっとした仲見世状態。<br /><br />そんな中で神社を見つけたので、参拝する。

    袋田の滝の有料エリアの中に居た時間は1時間位。
    滝の第二展望台へと登るエレベーターの順番待ちで10分弱並んだが、思っていたほどの混雑ではなく、展望台の上に居る人の数も波があるようだった。
    団体バスがやって来ると一気に展望台の上が激混みとなる・・・それだけは確かなようだ。

    駐車場から袋田の滝への道の両側にはお土産屋さんや団子屋さんが立ち並び、ちょっとした仲見世状態。

    そんな中で神社を見つけたので、参拝する。

  • 四度滝不動と呼ばれるお不動様の境内の紅葉も色づき始め、そのグラデーションが綺麗だ。<br /><br />四度滝とは袋田の滝の別名だ。<br />滝が4段に分かれている(私には3段にしか見えなかったが)から、または、その昔に西行法師が「1シーズンごとに1回来てみないと滝の本当の良さは分からない」と言った…とかで、四度滝と名がついたそうだ。<br />

    四度滝不動と呼ばれるお不動様の境内の紅葉も色づき始め、そのグラデーションが綺麗だ。

    四度滝とは袋田の滝の別名だ。
    滝が4段に分かれている(私には3段にしか見えなかったが)から、または、その昔に西行法師が「1シーズンごとに1回来てみないと滝の本当の良さは分からない」と言った…とかで、四度滝と名がついたそうだ。

  • 本堂のガラス戸にもモミジの赤色が映り込んでいた。<br /><br />

    本堂のガラス戸にもモミジの赤色が映り込んでいた。

  • 3連休最終日の朝さんぽは、茨城県の大子町の里山を歩き袋田の滝の紅葉を楽しむ3時間コース。<br />景色と散歩を堪能したら、高速道路が混みだす前に帰らなくっちゃ。<br /><br />でも、その前にお昼ご飯の時間。<br />この辺りは蕎麦が有名なので、体が温まるけんちん蕎麦を。<br />手打ち麺はこしがあり、少しとろみのあるけんちん汁のスープは冷え切った躰を温めてくれた。<br /><br />そして、自宅への帰宅は14時。<br />3連休の最終日だったが、朝早くから行動したお蔭で渋滞に嵌ることもなく、帰宅後の時間もゆったりと過ごせて大満足。<br /><br />昔は、いったん遊びに出たら交通費がもったいないからと夕方まで現地で滞在することが多かったが、最近は目的を果たしたらさっさと帰宅。<br />一見、勿体ない時間の使い方だが、この方法だと翌日の仕事に疲れを持ちこさないので、体が楽。<br />コレって…もう、体が若くはない・・・ということだろうか…。<br />

    3連休最終日の朝さんぽは、茨城県の大子町の里山を歩き袋田の滝の紅葉を楽しむ3時間コース。
    景色と散歩を堪能したら、高速道路が混みだす前に帰らなくっちゃ。

    でも、その前にお昼ご飯の時間。
    この辺りは蕎麦が有名なので、体が温まるけんちん蕎麦を。
    手打ち麺はこしがあり、少しとろみのあるけんちん汁のスープは冷え切った躰を温めてくれた。

    そして、自宅への帰宅は14時。
    3連休の最終日だったが、朝早くから行動したお蔭で渋滞に嵌ることもなく、帰宅後の時間もゆったりと過ごせて大満足。

    昔は、いったん遊びに出たら交通費がもったいないからと夕方まで現地で滞在することが多かったが、最近は目的を果たしたらさっさと帰宅。
    一見、勿体ない時間の使い方だが、この方法だと翌日の仕事に疲れを持ちこさないので、体が楽。
    コレって…もう、体が若くはない・・・ということだろうか…。

126いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

秋さんぽ

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • こあひるさん 2017/11/10 10:49:26
    グッドタイミング!
    ウェンディさん、こんにちは。

    袋田の滝、紅葉とってもキレイですね~。

    わが家も、かなり昔、一度だけ訪れたことがありますが、紅葉がこんなにキレイなんて・・・。

    展望台も当時と変わり・・・有料だけれど、滝がよく見渡せるのですね~。

    それにしてもあの場違いなイルミネーション・・・田舎にありがちな・・・。

    こあひる

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2017/11/11 08:37:51
    RE: グッドタイミング!
    こあひるさん こんにちは。

    初・袋田の滝でしたが、さすが日本三大名瀑と言われるだけのことはある美しい姿でした。
    紅葉の見ごろの案内は私が訪れた日の2日前に出たばかりで、どうかな〜と思っていましたが、行ってみたら大当たり!で見事な景観でした。
    あの地域の木々は位置により紅葉の染まり具合がバラバラで、滝の周囲は真っ盛りでしたがそのお隣の山の反対斜面はまだまだ青々とした木々が多く、どこを見ても一面の紅葉という訳ではなかったですが、木々の葉の色が緑から黄色・赤へと変わっていく風景は季節の移ろいを感じさせてくれるもので、良いですね。
    来週からはまた冷え込みがぐっと厳しくなるので、更に色づきが進むのではないかと思います。

    滝へと続くトンネルの中のミラーボールは最初見た時は、ナニコレ・・・と思いましたが、田舎の小さな町の町役場のアイディアだとしたら、なかなかだと思います。
    田舎に行けばいくほど役場は頭の固い方たちが多く、最近のトレンドなどは頭ごなしに否定しがちだと思うのですが、きちんとトレンド・ワードであるインスタ映えを意識した考えなのかな…と思いました。
    来年はもう少し踏み込んで、トンネル内をギャラリーの様にして、袋田の滝の四季の様子をプロジェクション・マッピングを使って見せるなどあったら、なおGoodですね。

    ウェンディ
  • ひろさん 2017/11/06 21:16:58
    見事な紅葉ですね!
    ウェンディさん こんばんは!
    袋田の滝の紅葉に行かれたのですね~
    今年は少し紅葉早いかもですね

    私も去年見頃の表示が出て直ぐに行って来ましたが
    ここまでの紅葉では無かったように思います。
    まさにベストタイミングですね!

    それにしも早朝に出発されたのですね。
    私はこの時期の早朝の(日が昇る)景色がとても好きなので、マジマジとお写真を拝見しました。

    袋田の滝へのルート、私とは逆ルートみたいですが
    逆から来られている方はハイキングを楽しまれた後
    来られているようだとこの旅行記を読んで初めて知りました。

    袋田の滝周辺の北茨城は、紅葉の早い時期に紅葉スポットが沢山あるみたいですね。

    ひろ

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2017/11/07 07:31:12
    RE: 見事な紅葉ですね!
    ひろさん こんんちは。

    今年の秋は10月の冷え込みがぐっと厳しかった分、紅葉の色が鮮やかになり、時期も昨年よりも少し早めになっているみたいですね。
    袋田の滝は今回が初回でしたが、さすが日本三大名瀑と言われるだけのことがある迫力でした。

    三連休最終日に行ったので物凄い混雑かと思いましたが、日光に比べれば全然・・・。
    常磐道もスイスイ動き、ストレスフリーで紅葉を楽しんできました。

    寒くなってくるこの時期特有の、冷え込んだ朝に畑や田んぼから立ち上がり、地面を漂う霧。
    【地霧】と、言うのでしょうか。
    私もあの光景は大好きです。
    地面のすれすれのところを霧がまるで生命体であるかのよう濃くなり、薄くなり、その形を変えて移動していくあの光景は幻想的ですよね。
    戦場ヶ原などでよく見られるので一度見に行きたいと思っているのですが、なかなか実行できていません。

    ウェンディ
  • Oakatさん 2017/11/06 09:34:57
    ベストタイミング!
    ウエンディさん、こんにちは!

    袋田の滝、本当にベストなタイミングでの訪問で、実に綺麗な紅葉を堪能された様子が伝わってきました。
    実は私も、今日(11/6)、行こうと思っていたのですが、袋田の滝に行くならついでに竜神峡と花貫渓谷も一緒にカバーしたいと欲張っていて、それぞれ現地に電話して紅葉の様子を聞いてみたら、袋田の滝と竜神峡は見頃になっているとのことでしたが花貫渓谷はまだ一週間ほど早いとのこと・・・
    そこで急遽日延べすることとしましたが、ウエンディさんの旅行記を拝見してやっぱり今日行けばよかったかと反省しきりです。花貫渓谷と他では標高差か何か他の理由で紅葉の見頃期にずれがある様です。どだいそれらを一緒に楽しもうなんて考えには無理あるのでしょうね。11/8~11/10の間で都合のつく天気な良さそうな日には訪ねてみたいと思っています。
    ところで、月居観音堂経由の道は、結構しんどかったですか?
    また、常磐高速は那珂ICから国道118のルートで行かれたのでしょうか?
    教えていただければ幸甚に存じます。
    oakat

    ウェンディ

    ウェンディさん からの返信 2017/11/06 19:31:38
    RE: ベストタイミング!
    Oakatさん こんばんは。

    袋田の滝は紅葉真っ盛りでした。
    行き方は、常磐道・那珂ICから国道118のルートで、ICを降りてからの道も比較的分借りやすかったです。
    一般的な道路標識以外にも「袋田の滝→」と書かれた看板が曲がり角の前にはあったので、簡単に辿り着けましたよ(我が家の車はナビがありませんが、道路標識のみで大丈夫でした)。

    月居観音のハイキングコースですが、私が歩いたルートであるならばそんなに登りは急ではないので辛くはないです。
    逆に袋田の滝側からアクセスするといきなり急な階段登りなので、少し大変かもしれません。
    道は整備されていますが袋田の滝側の斜面は階段道で、駐車場方向からアクセスする斜面は土の山道なので、濡れた落ち葉で滑らない為にも靴はトレッキングシューズがお勧めです。

    登るルートですが、一般的には袋田の滝→生瀬滝→観音堂→山頂→七曲がりを紹介されることが多いと思いますが、紅葉の見ごろが始まったばかりの今の時期のお勧めは、私が歩いた七曲り登山道からのアクセスです。
    その理由は、月居山の斜面の紅葉がキレイなのは袋田の滝側のみで、反対側はマダマダ青い葉が殆どだから。
    下り側に紅葉が綺麗な斜面を選ぶ方が、楽しく歩ける気がします。

    同じ山や地域でも昼夜の寒暖差や風の通り方の差で、紅葉の時期には1週間以上の差があるみたいですね。
    袋田の滝はこの3連休に見頃表示になったばかりなので、もう少し最盛期の紅葉が続くのではないかな。
    私は、今回は午前中の陽射しの中の紅葉でしたが、午後になるとまた色合いも変わって見えるのではないかな…と思います。

    素敵な秋の一日を過ごしてくださいね。

    ウェンディ

ウェンディさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

大子・袋田温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集