ウィーン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2016年9月21日-9月30日まで友人と二人でオーストリアのウィーン、オーバートラウン、ハルシュタット、グラーツを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは9月29日の様子をまとめました。<br /><br />9月21日 羽田発のエアフラ夜便でウィーンへ<br />9月22日 朝、ウィーンに到着後、市内を観光<br />9月23日 ウィーンから列車でオーバートラウンへ移動<br />9月24日 クリッペンシュタイン(マンモス洞窟と大氷穴)観光<br />9月25日 朝、ハルシュタットへ移動後、塩坑などを見学<br />9月26日 午後、ハルシュタットから列車でグラーツへ移動<br />9月27日 グラーツ観光<br />9月28日 グラーツ観光<br />9月29日 グラーツから列車でウィーンへ移動<br />9月30日 友人は日本へ帰国。私は列車でチェコのプラハへ移動<br /><br />尚、時折、登場するクマのぬいぐるみはクマクマウー。腕に抱いているのはチビチビフー。私の旅の相棒で、旅行歴16年となるベテランのクマです(^^)。

2016年9月オーストリア(10)最終日はウィーンの建築巡り

44いいね!

2016/09/29 - 2016/09/29

167位(同エリア4636件中)

    40

    2016年9月21日-9月30日まで友人と二人でオーストリアのウィーン、オーバートラウン、ハルシュタット、グラーツを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは9月29日の様子をまとめました。

    9月21日 羽田発のエアフラ夜便でウィーンへ
    9月22日 朝、ウィーンに到着後、市内を観光
    9月23日 ウィーンから列車でオーバートラウンへ移動
    9月24日 クリッペンシュタイン(マンモス洞窟と大氷穴)観光
    9月25日 朝、ハルシュタットへ移動後、塩坑などを見学
    9月26日 午後、ハルシュタットから列車でグラーツへ移動
    9月27日 グラーツ観光
    9月28日 グラーツ観光
    9月29日 グラーツから列車でウィーンへ移動
    9月30日 友人は日本へ帰国。私は列車でチェコのプラハへ移動

    尚、時折、登場するクマのぬいぐるみはクマクマウー。腕に抱いているのはチビチビフー。私の旅の相棒で、旅行歴16年となるベテランのクマです(^^)。

    同行者
    友人
    交通手段
    鉄道 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5
    ホテル
    4.0
    グルメ
    4.0

    PR

    • 15時半、グラーツからウィーンに戻ってきました。<br />この日の宿は、「ホテル ポスト(Hotel Post)」。初日に泊まったホテル オーストリア(Hotel Austria)にまた泊りたかったけれど、あいにく満員だったのでここにしました。ホテル オーストリアからは数メートルという近さで、便利な立地にありながらお買い得価格のホテルです。

      15時半、グラーツからウィーンに戻ってきました。
      この日の宿は、「ホテル ポスト(Hotel Post)」。初日に泊まったホテル オーストリア(Hotel Austria)にまた泊りたかったけれど、あいにく満員だったのでここにしました。ホテル オーストリアからは数メートルという近さで、便利な立地にありながらお買い得価格のホテルです。

      ホテル ポスト ホテル

      便利な場所にありながら静かですby kiyoさん
    • 4階のスーペリアダブル ルームは広さ32平米。広々しているけれど、無駄にスペースが多いような…。決して広角レンズを使っているから広く見えているわけではありません。

      4階のスーペリアダブル ルームは広さ32平米。広々しているけれど、無駄にスペースが多いような…。決して広角レンズを使っているから広く見えているわけではありません。

    • テーブルには「Thank-you gift」と書かれた微炭酸のお水が置いてありました。無料サービスは「complimentaly」と言いますが、「Thank-you gift」という言い方のほうが嬉しいなと思いました。

      テーブルには「Thank-you gift」と書かれた微炭酸のお水が置いてありました。無料サービスは「complimentaly」と言いますが、「Thank-you gift」という言い方のほうが嬉しいなと思いました。

    • バスルームはバスタブ付で、シャワーは可動式。排水も良かったです。

      バスルームはバスタブ付で、シャワーは可動式。排水も良かったです。

    • 15時55分、ホテルに荷物を置き、すぐそばにあるロシア教会(Griechenkirche zur heiligen Dreifaltigkeit)へ。

      15時55分、ホテルに荷物を置き、すぐそばにあるロシア教会(Griechenkirche zur heiligen Dreifaltigkeit)へ。

    • ビザンチン様式の外観に目をひかれ何度か訪れたことがあるのですが、ドアが閉まっているいことが多かったのです。

      ビザンチン様式の外観に目をひかれ何度か訪れたことがあるのですが、ドアが閉まっているいことが多かったのです。

    • それが、この日は幸運にも中へ入ることができました!

      それが、この日は幸運にも中へ入ることができました!

    • 教会内はまばゆいばかりの煌きで、息をのむほど荘厳です。

      教会内はまばゆいばかりの煌きで、息をのむほど荘厳です。

    • この奥の祭壇には、黄金の円盤と十字架が飾られていました。

      この奥の祭壇には、黄金の円盤と十字架が飾られていました。

    • 翌朝、再訪した時にはまたドアが閉まり中に入れなかったので、この時は本当にラッキーだったようです。

      翌朝、再訪した時にはまたドアが閉まり中に入れなかったので、この時は本当にラッキーだったようです。

    • それから地下鉄に乗り、カールスプラッツ駅で下車。そこから歩いて「セセッシオン(分離派会館、Secessionsgebaude)」へ向かいました。

      それから地下鉄に乗り、カールスプラッツ駅で下車。そこから歩いて「セセッシオン(分離派会館、Secessionsgebaude)」へ向かいました。

    • 昔、初めてウィーンを訪れた時、これが何かわからず外から見るだけですませてしまったことがあります。

      昔、初めてウィーンを訪れた時、これが何かわからず外から見るだけですませてしまったことがあります。

    • なんとなく敷居が高く思えてしまうのは、この建物の放つ高貴さのせいでしょうか。ここは美術館なので気軽に入ればいいのに、なぜかここに来ると小心者になってしまいます(・_・)。

      なんとなく敷居が高く思えてしまうのは、この建物の放つ高貴さのせいでしょうか。ここは美術館なので気軽に入ればいいのに、なぜかここに来ると小心者になってしまいます(・_・)。

    • さて、さらに徒歩での散策は続きます。お次は「ナッシュマルクト(Naschmarkt)」という市場へやって来ました。

      さて、さらに徒歩での散策は続きます。お次は「ナッシュマルクト(Naschmarkt)」という市場へやって来ました。

      ナッシュマルクト 市場

    • その歴史は18世紀まで遡るというナッシュマルクトには、さまざまなお店が約500メートルにわたって軒を連ねています。

      その歴史は18世紀まで遡るというナッシュマルクトには、さまざまなお店が約500メートルにわたって軒を連ねています。

    • ナッツやドライフルーツが山ほど並べられ、アジアかアラブの市場を覗いているような気がしてきました。

      ナッツやドライフルーツが山ほど並べられ、アジアかアラブの市場を覗いているような気がしてきました。

    • それから、日本、中国、タイなどの料理を味わえるレストランもありました。

      それから、日本、中国、タイなどの料理を味わえるレストランもありました。

    • メニューは、アボカドとマンゴーとキュウリを使ったカラフルなお寿司があったり(写真右下)、にぎり寿司とタイ料理風のグリルド・サーモンにピラフがワンプレートになっていたり(写真中央)…。日本食とは呼べないようなメニューに笑ってしまいました(^^)。

      メニューは、アボカドとマンゴーとキュウリを使ったカラフルなお寿司があったり(写真右下)、にぎり寿司とタイ料理風のグリルド・サーモンにピラフがワンプレートになっていたり(写真中央)…。日本食とは呼べないようなメニューに笑ってしまいました(^^)。

    • それから、やって来たのは、この奇妙な建物。

      それから、やって来たのは、この奇妙な建物。

    • まるで地母神のような鶏の像。

      イチオシ

      まるで地母神のような鶏の像。

    1件目~20件目を表示(全40件中)

    この旅行記のタグ

      44いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (8)

      開く

      閉じる

      • by mistral さん 2017/05/10 04:19:57
        世紀末建築。
        kiyoさん

        mistralです。
        ベルリンから帰国し
        深夜の時間に目覚め、旅行記を拝見しております。
        プラハ 、ウィーン共に
        世紀末建築好きにはたまらない地ですね。
        私も建築巡りを何度も楽しみました。
        ナッシュマルクトのレストランでの食事も
        とってもgood!だったこと
        思い出しました。

        mistral

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/10 12:08:33
        RE: 世紀末建築。
        mistralさん、こんにちは。

        お疲れなのに、旅行記を見に来ていただき、ありがとうございます。
        ベルリンは、いかがでしたか。
        私が行ったのはずいぶん昔で、博物館島がリニューアルされる前でした。
        今は、あちこちずいぶんと変わったのだろうなと思っています。
        地下鉄では、昼間からドラッグをやっているような人を見かけたり
        ちょっと怖いという印象でしたが、
        ベルリンも見所が満載ですよね。
        mistralさんの旅行記、楽しみにしております。
        kiyo
      • by salsalady さん 2017/05/09 00:25:18
        クマクマウー&チビチビフーは必需品(失礼必要な友)ですね!
        ☆ネットサーフしてたら、Austryを勇敢にも女二人で歩いた記事?が目に留まり。。。

        偉いなあ!とため息つきながら拝見(と言う訳は、メディアで大騒ぎした『てるみ破綻』に見事に引っかかって折角の豪遊を断念せざるを得なくなった悲しさを紛らわせようと〜

        お供にぬいぐるみを連れて行くのは流行なの?どこぞのお坊さんがミッフィー君を楯にCAさん達と仲良く写真を撮っていたので「ふーん、こんな手があるのか!」と寒心(失敬)?

        ☆若いお嬢さんだったら、それなりに可愛いもしれませんね〜Have a good journey!〜

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/09 11:22:12
        RE: クマクマウー&チビチビフーは必需品(失礼必要な友)ですね!
        salsaladyさん、こんにちは。

        てるみくらぶで被害に遭われたのですか…。
        他人事とはいえ、そうした話を耳にするたび言いようのない怒りを感じます。
        こうした場合の救済措置は、なんとか整備されないものなのでしょうか。

        ところで、ぬいぐるみをつれて旅行に行くのは、流行なのかはわかりませんが、
        以前、カンボジアツアーに参加した時、
        ぬいぐるみを持って参加されている方がいらっしゃtったのです。

        写真を見せていただいたら、ポストカードのように可愛かったので
        私も真似して、ぬいぐるみを購入。
        さらに、その後、どうせならオリジナルでいきたいと
        ぬいぐるみを手作りして旅に持っていくようになりました。

        旅先では、ぬいぐるみを置いて風景を撮っていると
        現地の人と会話のきっかけになったり
        コミュニケーションの手段にもなっています。

        でも、以前、香港のフラワーフェスティバルで
        リカちゃんとワタルくんの人形をいくつも持った年配の女性が
        花と撮影されている姿は、かなり異様な雰囲気でした(〜〜)
        私も、ああならないよう気をつけたいと思います。
        kiyo
      • by mikimiki さん 2017/04/13 16:58:44
        表紙の写真!
        kiyoさん、こんにちは!

        オーストリアの最終日の旅行記を楽しく拝見させていただきました。

        表紙の写真に興味津々で、旅行記に説明がなかったら
        絶対に質問していたと思います。
        これは、絶対にデザートだろうなぁと思っていたら・・・

        スパゲティ カルボナーラ と名前まで紹介して下さって
        ありがとうございました。

        やっぱり、デザートだ!!
        それもとてもおいしそうだし、量もたっぷりありそうです。
        お友達とお二人で召し上がったのでしょうか。
        ナッツたっぷりで、ヨーロッパの秋を味わえたのではないでしょうか?

        ウィーンの建築は、とても手がこんでますね。

        旅慣れたkiyoさんは、これから一人旅なんですね。
        続きを楽しみにしています。

        明日も良い一日になりますように!!

        mikimiki

        kiyo

        by kiyo さん 2017/04/14 07:35:19
        RE: 表紙の写真!
        mikimikiさん、こんにちは。
        旅行記に投票していただき、ありがとうございます。

        表紙のアイスの写真。
        実は、とっても苦労して撮りました。
        このアイスのインパクトをどうやったら写真にできるかと
        さまざまな角度から撮影していたら
        どんどんアイスが溶けてしまったのです…(^^;)。

        おまけに、私も友達もあまり食欲がなかったので
        サラダとアイスしか注文しなかったのですが、
        なんと、アイスが先に運ばれてきました。
        ふつう、サラダが先にきますよね!?
        まあ、サラダとアイスを夕食にしようという私たちが間違っていたかもしれません…。

        いろいろありましたが、これでオーストリア旅行記も完成。
        長々とお付き合いいただき、ありがとうざいました。
        次はプラハですが、ひとり旅だと、あちこち歩き回るのが楽しくて
        レストランに入る時間がもったいなくなり
        こうした食べ物ネタは少なくなるかもしれませんが、
        また見に来ていただけたら嬉しいです。
        それでは、また。
        kiyo
      • by aoitomo さん 2017/04/12 15:02:36
        オーストリア行きたくなります〜
        kiyoさん ウーちゃんフーちゃん こんにちは〜

        オーストリア旅行記も終盤ですね〜
        今回の旅行記ではハルシュタット湖と周辺の観光が強く印象に残りました。

        ハルシュタット湖のホテルもロケーションのいい場所で私も訪れることができたらこのホテルに泊まりたいと思いました。
        https://goo.gl/maps/VRQDU3scY4n

        マンモス洞窟や大氷穴なども、集合場所への移動が大変のようでしたが、楽しそうです。
        展望台『Welterbespirale』も絶景ですね。
        お天気も良く最高のロケーションだと思いました。
        https://goo.gl/maps/ehWCE6sB3oP2
        帰りのケーブルカー移動は大変でしたね。
        これも旅の醍醐味ですが旅行記的にはドキドキで面白く、旅情報としても参考になります。

        ホテルバルコニーから見るサンセットの夕景には感動しました。
        こんな写真を私も撮りたいです。

        ハルシュタット塩坑も楽しそうでした。
        滑り台もスピード計測チャレンジしたいです。(笑)

        『グラーツ』
        シュロスベルクバーンで丘の上へ、展望スポットまで上がると絶景ですね。
        高いところから見る旧市街はフォトジェニックです。

        『ロシア教会』
        コンプリートですね。
        カメラも広角で綺麗に写ってます。
        貴重な写真ありがとうございます。

        『デザートSpaghetti carbonara』
        おいしそうです。
        最近日本ではヘーゼルナッツを使ったスイーツ見ないですよね。
        ヘーゼルナッツチョコもほとんど見ないですし。
        ウーちゃんが感動しているのが笑えます。

        それにしても、kiyoさん旅慣れてますね。
        オーストリアにフリーで旅行が出来たらkiyoさんの旅行記を参考にさせていただきます。

        aoitomo

        kiyo

        by kiyo さん 2017/04/12 21:23:49
        RE: オーストリア行きたくなります〜
        aoitomoさん、こんばんわ。

        旅行記を見にきていただき、投票までしていただいて、ありがとうございます。
        ウーとフーも、私が「もっと笑顔で〜!」「もっと上を向いて」と
        しつこくダメだしするのに耐えながら、
        モデルを務めた甲斐があると喜んでいると思います。
        まあ、はたからみると「あの人、ぬいぐるみに向かって何してるの」と
        アヤシい人に見えていたと思いますが…。

        ハルシュタットは、朝、昼、晩と刻々と移り変わる景色が素晴らしいので、
        もし旅行で行かれることがあれば、湖のそばのホテルに宿泊されるとよいと思います。

        マンモス洞窟や大氷穴は、最初からきちんと集合場所を把握していれば、
        全然、問題ありません。私たちのように目先の楽しさに心奪われ、
        きちんと説明を読まずに遊んだりしなければ、大丈夫です!

        ホテルのバルコニーから見たサンセットの写真も、
        あの場所へ行って、ファインダーを向ければ撮れる光景です。
        加工は一切していません。
        あとは…、お天気次第でしょうか(^^;)。

        ロシア教会では、広角レンズが活躍してくれました。
        ただ、広角レンズはやり過ぎると、歪んだ写真にもなってしまい
        今回もよく見ると、映りこんでいる人物の体が引き伸ばされています。

        それから、ヘーゼルナッツを使ったスイーツやチョコ。
        おっしゃる通り、見かけなくなりましたね。
        そういえば、クラッカーのリッツに、ピーナッツバターをはさんだものが
        アメリカなどでは発売されているのに、
        日本ではチーズやバニラクリームをはさんだものしか売っていません。
        なぜピーナッツバターは出ないのか、ずーっと不思議に思っています。
        日本ではヘーゼルナッツやピーナッツバターは売れないとでも思われているのでしょうか。
        あんなにおいしいのに…、などと書いていたら食べたくなってきました。
        kiyo

      ピックアップ特集

      ウィーン(オーストリア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集