トレンティーノ・アルト アディジェ州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2012年の5月末から50日間で二度目の世界一周をしました。南米を周ったあとは、ポルトガルをかわきりにスペイン、ドイツ、イタリアの順にヨーロッパを周遊しました。第六作目はドロミテ編で、ドイツを駆け足で走り抜けたあとイタリアに入り、ブレッサノーネでレンタカーを借りて、ドロミテ地方の北部にあるフネスの谷に二泊して周りをドライブしたあと、ブレンタ山麓とガルダ湖をドライブしました。第二部はブレンタ山麓とガルダ湖のドライブの記録です。なお、この旅行記は、ホームページ:団塊夫婦の世界一周絶景の旅 http://www.geocities.jp/greenbambooin の2012年世界一周旅行編にリンクされています。(表紙写真はマルチェージネのお城とガルダ湖)

団塊夫婦の世界一周絶景の旅2012年・ドロミテ編2−ブレンタ山麓&ガルダ湖ドライブ

6いいね!

2012/07/05 - 2012/07/07

669位(同エリア811件中)

miharashi

miharashiさん

2012年の5月末から50日間で二度目の世界一周をしました。南米を周ったあとは、ポルトガルをかわきりにスペイン、ドイツ、イタリアの順にヨーロッパを周遊しました。第六作目はドロミテ編で、ドイツを駆け足で走り抜けたあとイタリアに入り、ブレッサノーネでレンタカーを借りて、ドロミテ地方の北部にあるフネスの谷に二泊して周りをドライブしたあと、ブレンタ山麓とガルダ湖をドライブしました。第二部はブレンタ山麓とガルダ湖のドライブの記録です。なお、この旅行記は、ホームページ:団塊夫婦の世界一周絶景の旅 http://www.geocities.jp/greenbambooin の2012年世界一周旅行編にリンクされています。(表紙写真はマルチェージネのお城とガルダ湖)

同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 7月5日、フネスの谷を出て、S-12をさらに南に走ります。カーナビの行き先をマドンナ・ディ・カンピリオに指定すると、ボルツアーノからメンデル峠を通っていく道がセットされました(有料道路を通らないようにしたため)。しばらくは山間いの道を走り、ところどころに写真のような山の上に立つお城らしきものが見えました。

    7月5日、フネスの谷を出て、S-12をさらに南に走ります。カーナビの行き先をマドンナ・ディ・カンピリオに指定すると、ボルツアーノからメンデル峠を通っていく道がセットされました(有料道路を通らないようにしたため)。しばらくは山間いの道を走り、ところどころに写真のような山の上に立つお城らしきものが見えました。

  • ボルツアーノ市内に入り、カーナビの指示にしたがって走ります。そのうち高速に入る道を指示してきたので、不審に思い、いったん車を止めて人に確認したところ、その道でOKとのこと。実際には、メンデル峠に行く道(S-42)は高速に入る手前を右折して行くようになっていました。例によって道標が出ていないので、全くまぎらわしい。写真は、メンデル峠に上る手前で撮影した風景。

    ボルツアーノ市内に入り、カーナビの指示にしたがって走ります。そのうち高速に入る道を指示してきたので、不審に思い、いったん車を止めて人に確認したところ、その道でOKとのこと。実際には、メンデル峠に行く道(S-42)は高速に入る手前を右折して行くようになっていました。例によって道標が出ていないので、全くまぎらわしい。写真は、メンデル峠に上る手前で撮影した風景。

  • そのうち、道はヘヤピンカーブの上り坂になり、メンデル峠に到着。標高は1300mほどですが、かなりの山道でした。峠に上るケーブルカーもあり、その駅のとなりにあるカフェのテラスで一休み。写真はそこから見た峠の東の方向。ドロミテの主峰の山々が見渡せるはずですが、今日は霞んでいてほとんど見えません。

    そのうち、道はヘヤピンカーブの上り坂になり、メンデル峠に到着。標高は1300mほどですが、かなりの山道でした。峠に上るケーブルカーもあり、その駅のとなりにあるカフェのテラスで一休み。写真はそこから見た峠の東の方向。ドロミテの主峰の山々が見渡せるはずですが、今日は霞んでいてほとんど見えません。

  • 山は見えなくても、コーヒーとケーキで満足です。

    山は見えなくても、コーヒーとケーキで満足です。

  • 峠を下るには途中でS-43dに入ります。広々とした谷あいを走ったあと、S-43にぶつかり右に曲がるとやがて湖のあるところに出ました。

    峠を下るには途中でS-43dに入ります。広々とした谷あいを走ったあと、S-43にぶつかり右に曲がるとやがて湖のあるところに出ました。

  • 湖の対岸には丘の上に広がるきれいな街が見えました。

    湖の対岸には丘の上に広がるきれいな街が見えました。

  • そのまま行くと、道は元のS-42に戻ります。やがてマドンナ・ディ・カンピリオの案内板が出てきました。実際にはこの先でS-42と分かれて左(S-239)に入ります。

    そのまま行くと、道は元のS-42に戻ります。やがてマドンナ・ディ・カンピリオの案内板が出てきました。実際にはこの先でS-42と分かれて左(S-239)に入ります。

  • S-239に入ると、深い谷間をどんどん上って行き、やがて見晴らしの良い峠に到着。写真は峠から見えたブレンタ山群(の一部)。スキー用のリフトも見えます。

    S-239に入ると、深い谷間をどんどん上って行き、やがて見晴らしの良い峠に到着。写真は峠から見えたブレンタ山群(の一部)。スキー用のリフトも見えます。

  • マドンナ・ディ・カンピリオは、峠を下ってすぐのところにありました。町の北の入り口を入るとすぐに予約したホテル(Hotel Dafu)がありました(写真)。

    マドンナ・ディ・カンピリオは、峠を下ってすぐのところにありました。町の北の入り口を入るとすぐに予約したホテル(Hotel Dafu)がありました(写真)。

  • ホテルの部屋。立派な部屋でしたが、直前予約で宿泊料金は安く済みました。

    ホテルの部屋。立派な部屋でしたが、直前予約で宿泊料金は安く済みました。

  • ホテルで山に上るテレキャビンが動いていることを教えてくれたので、さっそくそのテレキャビンに乗ります。ここはスキー場で有名なところで、このキャビンももともとスキー用です。

    ホテルで山に上るテレキャビンが動いていることを教えてくれたので、さっそくそのテレキャビンに乗ります。ここはスキー場で有名なところで、このキャビンももともとスキー用です。

  • キャビンの前に大きな岩峰群が見えてきます。

    キャビンの前に大きな岩峰群が見えてきます。

  • 進行方向の右側前方に見える岩峰。ブレンタ山群の主峰(Cima Brenta)はこの方角に見えるはずが、残念ながら雲に隠れて見えません。

    進行方向の右側前方に見える岩峰。ブレンタ山群の主峰(Cima Brenta)はこの方角に見えるはずが、残念ながら雲に隠れて見えません。

  • 途中で一回キャビンを乗り継いで、標高2500mの終点に到着。そこから歩いて登っていくと、広々としたなだらかな岩山の頂上に出ました。

    途中で一回キャビンを乗り継いで、標高2500mの終点に到着。そこから歩いて登っていくと、広々としたなだらかな岩山の頂上に出ました。

  • 岩山の頂上から見る山群のひとつ、Pietra Grande。主峰ではないが、標高は2936m。岩の壁にはスキー用の照明器具が設置されていました。

    岩山の頂上から見る山群のひとつ、Pietra Grande。主峰ではないが、標高は2936m。岩の壁にはスキー用の照明器具が設置されていました。

  • 頂上の先にもまだ岩山が続いていますが、広すぎてとても歩いていけるところではありませんでした。

    頂上の先にもまだ岩山が続いていますが、広すぎてとても歩いていけるところではありませんでした。

  • 岩山から下る途中には、かわいい高山植物が咲いていました。

    岩山から下る途中には、かわいい高山植物が咲いていました。

  • 下りのキャビンから撮影した Pietra Grandeの岩壁。

    下りのキャビンから撮影した Pietra Grandeの岩壁。

  • 乗り継ぎ駅から外に出て、同じ岩壁を撮影。

    乗り継ぎ駅から外に出て、同じ岩壁を撮影。

  • パノラマでも撮影しました。

    パノラマでも撮影しました。

  • 乗り継ぎ駅にあったスキー場の案内図。冬はどんなスキー場なのでしょうか?

    乗り継ぎ駅にあったスキー場の案内図。冬はどんなスキー場なのでしょうか?

  • 夕食はホテルのレストラン。最初に出た前菜。見た目も味もいい。

    夕食はホテルのレストラン。最初に出た前菜。見た目も味もいい。

  • 次に出たスープ。これも見た目が凝っています。

    次に出たスープ。これも見た目が凝っています。

  • 私が選んだ鹿肉のメイン。初めてでしたが、あっさりとした味の柔らかい肉で、とてもおいしかった。

    私が選んだ鹿肉のメイン。初めてでしたが、あっさりとした味の柔らかい肉で、とてもおいしかった。

  • 次の日(7月6日)は朝からあいにく雨模様の天気で、山に上ることはあきらめ、ホテルを出ます。ホテルでは、ハイキングに出かけるらしい大勢の人が雨があがるのを待っていました。マドンナ・ディ・カンピリオの町を出ると、道はどんどん下っていきます。道の行く手に雪をかぶった山が見えます。

    次の日(7月6日)は朝からあいにく雨模様の天気で、山に上ることはあきらめ、ホテルを出ます。ホテルでは、ハイキングに出かけるらしい大勢の人が雨があがるのを待っていました。マドンナ・ディ・カンピリオの町を出ると、道はどんどん下っていきます。道の行く手に雪をかぶった山が見えます。

  • 走り始めるとまもなく雨があがり、雲の中に隠れていたブレンタ山群も姿を表してくれました。

    走り始めるとまもなく雨があがり、雲の中に隠れていたブレンタ山群も姿を表してくれました。

  • 雨はあがったものの、山の方は依然として天気が悪そうなので、ブレンタ山群はあきらめ、一気にガルダ湖に下ります。S-239からS-237に入り、トンネルを抜けるとS-45bにぶつかるので、そこを右折してガルダ湖を目指します。写真はその途中トンネルを出た後に、道の前に広がっていた巨大な岩壁。

    雨はあがったものの、山の方は依然として天気が悪そうなので、ブレンタ山群はあきらめ、一気にガルダ湖に下ります。S-239からS-237に入り、トンネルを抜けるとS-45bにぶつかるので、そこを右折してガルダ湖を目指します。写真はその途中トンネルを出た後に、道の前に広がっていた巨大な岩壁。

  • S-45bを南に走っていくと、道の前方に岩山の上に何かの建物らしきものが建っているのが見えてきました。

    S-45bを南に走っていくと、道の前方に岩山の上に何かの建物らしきものが建っているのが見えてきました。

  • 通り過ぎてからすぐ撮影。よく見ると岩山の頂上付近にいくつか建物がへばりついています。道はそのまま行くとRiva del Gardaの町に出ますが、町の中は混んでいることが予想されたので、途中でS-2400dに入り、Torboleでガルダ湖に出ました。それでもTorboleの手前で少し渋滞に会いました。

    通り過ぎてからすぐ撮影。よく見ると岩山の頂上付近にいくつか建物がへばりついています。道はそのまま行くとRiva del Gardaの町に出ますが、町の中は混んでいることが予想されたので、途中でS-2400dに入り、Torboleでガルダ湖に出ました。それでもTorboleの手前で少し渋滞に会いました。

  • 湖畔に出たあとは、右にガルダ湖を見ながら湖畔の道を走ります。交通量はかなりあり、道路わきの駐車スペースが小さくて中々車を止めることが出来ずに、そのままどんどん湖畔を南に走っていきました。写真は、その途中車の中から撮影したガルダ湖。

    湖畔に出たあとは、右にガルダ湖を見ながら湖畔の道を走ります。交通量はかなりあり、道路わきの駐車スペースが小さくて中々車を止めることが出来ずに、そのままどんどん湖畔を南に走っていきました。写真は、その途中車の中から撮影したガルダ湖。

  • ようやく道の脇に広い駐車場を見つけて停車。駐車場は閉まっていたが、その手前のスペースに停車し、少し湖畔を上ってからガルダ湖を撮影しました。

    ようやく道の脇に広い駐車場を見つけて停車。駐車場は閉まっていたが、その手前のスペースに停車し、少し湖畔を上ってからガルダ湖を撮影しました。

  • 同じところからパノラマ撮影。

    同じところからパノラマ撮影。

  • さらに走るとお城が現れます。ここはマルチェージネという町で、次の日にまた訪れることになりました。

    さらに走るとお城が現れます。ここはマルチェージネという町で、次の日にまた訪れることになりました。

  • 予約したホテル(Albergo Del Garda)は、Torri del Benacoという町にあり、走っていくと突然道路の左側に現れました。運よくホテルの駐車場が空いていたので、そのまま駐車場に入り、ホテルにチェックイン。写真はホテル脇の小高い丘から撮影したもので、右端の建物がホテルです。

    予約したホテル(Albergo Del Garda)は、Torri del Benacoという町にあり、走っていくと突然道路の左側に現れました。運よくホテルの駐車場が空いていたので、そのまま駐車場に入り、ホテルにチェックイン。写真はホテル脇の小高い丘から撮影したもので、右端の建物がホテルです。

  • ホテルは、ガルダ湖のすぐそばに建っていて、ホテルの庭ではガルダ湖を見ながらのんびりとお茶や食事を楽しめます。

    ホテルは、ガルダ湖のすぐそばに建っていて、ホテルの庭ではガルダ湖を見ながらのんびりとお茶や食事を楽しめます。

  • 7月7日、今日は夕方にヴェローナ空港からサルデーニャ島に飛行機で向かいます。ほぼ一日時間があるので、昨日通ったマルチェージネという町まで戻り、そこからロープウェイでガルダ湖を見下ろす山の上に登ります。マルチェージネの町に入り駐車場を探し、ロープウェイの駅から500mも離れたところでようやく見つけて駐車。駅に戻ると、すでに行列が出来ていました。30分以上並んでロープウェイに乗車(写真)。珍しい回転式のロープウェイで、上の駅に行くまでに左回りにちょうど一回転します。

    7月7日、今日は夕方にヴェローナ空港からサルデーニャ島に飛行機で向かいます。ほぼ一日時間があるので、昨日通ったマルチェージネという町まで戻り、そこからロープウェイでガルダ湖を見下ろす山の上に登ります。マルチェージネの町に入り駐車場を探し、ロープウェイの駅から500mも離れたところでようやく見つけて駐車。駅に戻ると、すでに行列が出来ていました。30分以上並んでロープウェイに乗車(写真)。珍しい回転式のロープウェイで、上の駅に行くまでに左回りにちょうど一回転します。

  • ロープウェイに乗ってまもなく撮影したマルチェージネのお城とガルダ湖。ガラス越しに撮影したため、湖の色が少し変ってしまいました。

    ロープウェイに乗ってまもなく撮影したマルチェージネのお城とガルダ湖。ガラス越しに撮影したため、湖の色が少し変ってしまいました。

  • ロープウェイは途中で一回乗換えがあります。写真は、乗換駅でロープウェイを降りたところで撮影。ガラス越しではないので湖の色はきれいですが、横に送電線が走っていたため、白い線が写真に現れてしまいました。

    ロープウェイは途中で一回乗換えがあります。写真は、乗換駅でロープウェイを降りたところで撮影。ガラス越しではないので湖の色はきれいですが、横に送電線が走っていたため、白い線が写真に現れてしまいました。

  • 頂上の駅に着き、レストランに入ってコーヒーを飲みながら撮影。確かに景色はきれいですが、混雑する中をわざわざ来るようなところではなかったかも?。それでも下の駅に降りて来たときには、上るときよりはるかに長い行列が出来ていて、やはりここはガルダ湖の大人気スポットでした(土曜日のせいもありました)。

    頂上の駅に着き、レストランに入ってコーヒーを飲みながら撮影。確かに景色はきれいですが、混雑する中をわざわざ来るようなところではなかったかも?。それでも下の駅に降りて来たときには、上るときよりはるかに長い行列が出来ていて、やはりここはガルダ湖の大人気スポットでした(土曜日のせいもありました)。

  • また、湖畔の道を南に走り、ヴェローナの空港に向かいます。写真は、昨日泊まったホテルから少し南にある Punta San Vigirio というところで、湖に突き出た半島になっています。周囲は公園のようになっていて、ホテルや海水浴場がありました。

    また、湖畔の道を南に走り、ヴェローナの空港に向かいます。写真は、昨日泊まったホテルから少し南にある Punta San Vigirio というところで、湖に突き出た半島になっています。周囲は公園のようになっていて、ホテルや海水浴場がありました。

  • ホテルの前の狭い湖畔のテラスは、食事をしている人でいっぱいでした。そのそばには白鳥が泳いでいます。えさをもらっているみたいでした。

    ホテルの前の狭い湖畔のテラスは、食事をしている人でいっぱいでした。そのそばには白鳥が泳いでいます。えさをもらっているみたいでした。

  • 天気が良くなり、かなり暑くなっていたので、テラスから少し離れたところで冷たい飲み物で一息。付け合わせのオリーブは全部食べましたが、飲み物代に含まれていたので、どうせなら他も全部食べてしまえばよかった?

    天気が良くなり、かなり暑くなっていたので、テラスから少し離れたところで冷たい飲み物で一息。付け合わせのオリーブは全部食べましたが、飲み物代に含まれていたので、どうせなら他も全部食べてしまえばよかった?

  • ホテルの前に行く道。ここのホテルは由緒あるホテルで、過去には王族や有名人がたくさん訪れているらしい。

    ホテルの前に行く道。ここのホテルは由緒あるホテルで、過去には王族や有名人がたくさん訪れているらしい。

  • 上の写真の道の横にあったヴィラ。これもいかにも由緒ありそうなヴィラでした。このあと、カーナビの行き先にヴェローナ空港をセットして、無事空港に到着し、レンタカーを返却しました。

    上の写真の道の横にあったヴィラ。これもいかにも由緒ありそうなヴィラでした。このあと、カーナビの行き先にヴェローナ空港をセットして、無事空港に到着し、レンタカーを返却しました。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • aoiumiさん 2013/04/09 11:44:21
    ガルダ湖周辺情報教えてください
    初めまして。ガルダ湖について調べる中で旅行記を、楽しく読ませて頂きました。
    7月にガルダ湖で3週間ほどジュニアヨットの大会が有ります。気温について、余り情報が無いので勝手にコメントさせていただいました。

    天気や、服装はどのような感じで過ごされましたか?ちなみに殆どレースのためガルダ湖にいます。

    miharashi

    miharashiさん からの返信 2013/04/22 15:34:48
    RE: ガルダ湖周辺情報教えてください
    一度返事を書いたつもりが、うまくアップされなかったようなので、遅まきながら再度返事を書きます。
     我々は2012年7月の6日と7日にガルダ湖を訪れていますが、日中はほとんど日本の夏と変わりありませんでした。天気も晴れていたので、暑いくらいでした。ただ夜は日本の夏よりはかなり涼しいです。上に一枚はおる用意はしておいた方がいいと思います。それと、ガルダ湖の周囲は結構高い山もあるので、天気次第ではかなり気温の変化が大きくなることも考えられます。ご参考になれば幸いです。

    miharashiより

    aoiumiさん からの返信 2013/04/23 15:19:16
    RE: ガルダ湖周辺情報教えてください
    > 初めまして。ガルダ湖について調べる中で旅行記を、楽しく読ませて頂きました。
    > 7月にガルダ湖で3週間ほどジュニアヨットの大会が有ります。気温について、余り情報が無いので勝手にコメントさせていただいました。
    >
    > 天気や、服装はどのような感じで過ごされましたか?ちなみに殆どレースのためガルダ湖にいます。

    miharashiさま
     ご返信ありがとうございます。 なるほど、寒いイメージがありましたが、多少はあったかそうですね!
    参考になりました。ありがとうございました♪

    aoiumiさん からの返信 2013/04/23 15:22:11
    RE: RE: ガルダ湖周辺情報教えてください
    > 一度返事を書いたつもりが、うまくアップされなかったようなので、遅まきながら再度返事を書きます。
    >  我々は2012年7月の6日と7日にガルダ湖を訪れていますが、日中はほとんど日本の夏と変わりありませんでした。天気も晴れていたので、暑いくらいでした。ただ夜は日本の夏よりはかなり涼しいです。上に一枚はおる用意はしておいた方がいいと思います。それと、ガルダ湖の周囲は結構高い山もあるので、天気次第ではかなり気温の変化が大きくなることも考えられます。ご参考になれば幸いです。
    >
    > miharashiより
    >
    miharashiさま
     ご返信ありがとうございます。 なるほど、寒いイメージがありましたが、多少はあったかそうですね!
    参考になりました。ありがとうございました♪

miharashiさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集