旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10282950

アジア好きの晴れおじさんさんのトラベラーページ

アジア好きの晴れおじさんさんの写真全2,195 »

  • Lrg_52660488

    私たちの部屋は、窓から富士山が展望できる4階の和室。

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52661001

    ちょうど「冬花火」の期間で、午後8時から20分間、河口湖に花火が打ち上...

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52661002

    4階からは位置的に花火を撮影しやすいものの

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52660491

    駅前まで宿のワゴン車に迎えに来てもらって15時過ぎにチェックイン。

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52661008

    娘たちは湖畔で鑑賞、妻と私は4階の非常口から観賞。

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52660498

    ハーブ館や

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52660500

    石ころ館(アクセサリー店)を覗いて、宿に戻ると、

    エリア: 富士五湖

  • Lrg_52660502

    部屋に荷物を置いて、河口湖周辺を散策。少し雪が残っているけれど、晴天の...

    エリア: 富士五湖

写真をもっと見る

アジア好きの晴れおじさんさんのクチコミ全188 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

アジア好きの晴れおじさんさんのQ&A

回答(2件)

  • ベンメリアにも行きたいのですが・・・・

    宜しくお願い致します。
    10月後半からベトナムとカンボジアに、60代半ば夫婦と娘(付き添い)で予定しています。
    メインはアンコールワット遺跡観光ですが、ベンメリアはかなりハードな行程になるようなの...もっと見る

    この回答は2人の人に役立ちました

    昨年の夏に夫婦で訪問しましたが、他の方が回答しているとおり、散歩できる程度の体力があれば、心配要らないでしょう。

    ただし、中国人団体の傍若無人な振る舞いに閉口したという口コミが多いので、出来るだけ出会わないような時間帯を選ぶのが良いのでは?
    私ら夫婦は、昼のホテルでの休憩を省略して、エアコンの効いたガイド付き専用車で向かったところ、団体とはかちあわずに、ゆっくり観光できました。

    ツアーの多くが昼食後にホテル休憩を組み入れているので、それを省略すると、混雑を避けられるようでした。 ベンメリア

  • 60代両親との日程について

    来週、60代の両親とシェムリアップへ行きます。
    新婚旅行に行けなかった両親へ、結婚記念日のプレゼントのつもりです。

    わたしは海外旅行に慣れており、シェムリにも過去3回訪れていますが、自由気ま...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    まずアンコール・ワットについてですが、午前中は逆光になるという理由で午後に観光するツアーが多いようです。しかし、混雑を避けるためには午前中に訪れるのが望ましく、正面の写真も、お昼近くになれば綺麗に撮れるようになります。初めての海外なら、なおさら、体調の良いうちにメインの遺跡を観光されることをお勧めします。
    なお、正午から気温が上がるため、観光を中断してホテルで休憩をとって出直す方が多いようですが、時間を効率的に使う意味では、エアコンの効いた専用車での移動時間に充てるのが良いと思います。私の場合は、ベンメリアへの移動に充てました。他の方よりも早く到着できるので、中国人ツアーとぶつかることもなく、じっくり観光できました。
    ayakaさんが旅慣れているのなら、あらかじめ全ての日程を決めるのでなく、現地に着いてから、御両親の意向を聞いて柔軟に行動する方が良いのではないでしょうか?
    場合によっては、御両親だけの時間を設けてあげても良いかも知れません。
    アンコールワット

質問(0件)

アジア好きの晴れおじさんさん

アジア好きの晴れおじさんさん 写真

海外5カ国渡航

国内13都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

アジア好きの晴れおじさんさんにとって旅行とは

多様な価値観に気付いて心のバランスを取り戻す契機。人生の奥行きを感じる貴重な機会。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

東南アジア

大好きな理由

経済が右肩上がりに成長する中、人々が生き生きと暮らしていて、元気をもらえる。
未だに水牛が活躍している農村風景がホッコリした気分にさせてくれる。

行ってみたい場所

スリランカ、ラオス、ネパール、トルコ、極東ロシア

現在5カ国に訪問しています

現在13都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)