コッツウォルズ地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
13日目 2019年10月8日(火) 晴れ、時々曇り<br /><br />・ウィンチカムは他のコッツウォルズの村と少し雰囲気が違った。コッツウォルズストーンの建物に混じって、いろんな色の建物が混在していて形も様々。それに商店も多い。「世界ふれあい街歩き」で街の人が「この街はワーキングタウンだ」と言ってた言葉に納得。ここで初めてアフタヌーンティーを試した。豪華な3段重ねのティースタンドが希望だったが、量が多くて一人では無理。スコーンと紅茶のセットを、たっぷりのクロテッドクリームとジャムで頂いた。<br />・ウィンチカムからチェルトナムまでは保存鉄道のSLに乗車。1920年代製の蒸気機関車が1950年代のレトロな客車を牽引し、美しい北コッツウォルズの風景を見ながらのんびりと走った。下車した保存鉄道駅のチェルトナム駅からバスセンターまでは地元の人の車に乗せていただいた。<br /><br />****************************************************************<br />【旅程】   <br />  9/26 関空→アムステルダム経由→マンチェスター→カースルトン(泊)<br />  9/27 カースルトン滞在(泊)<br />  9/28 カースルトン→ベイクウェル…モンサルヘッド…アシュフォード…ベイクウェル→ハドンホール→クロムフォード(泊)<br />  9/29 クロムフォード→リーズ→ソルティア→ハワース(泊)<br />  9/30 ハワース→スキップトン(泊)<br /> 10/01 マラム→ランカスター→ウィンダミア(泊)<br /> 10/02 ヨークシャーデイルズ日帰りツアー→ウィンダミア(泊)<br /> 10/03 ボウネス→ニアソーリー…ホークスヘッド…ターンハウズ…コニストン→アンブルサイド(泊)<br /> 10/04 湖水地方山越え「ハイアドベンチャー」日帰りツアー→アンブルサイド(泊)<br /> 10/05 スケルウィズ ブリッジ…スレーターブリッジ…エルターウォーター→アンブルサイド→グラスミア…ライダルマウント→チェスター(泊)<br /> 10/06 チェスター→リヴァプール(泊)<br /> 10/07 ストラトフォード・アポン・エイボン→チッピングカムデン(泊)<br />★10/08 ブロードウェイ…スノースヒル…スタントン→ウィンチカム→バートン・オン・ザ・ウォーター(泊)<br /> 10/09 ロウアースローター…アッパースローター→ノースリーチ→バイブリー→サイレンセスター(泊)<br /> 10/10 ブラッドフォード・オン・エイボン→バース(泊)<br /> 10/11 日帰りツアー(ストーンヘンジ→ソールズベリー→レイコック→カースルクーム)→ブリストル(泊)<br /> 10/12 ブリストル→アムステルダム経由→機中(泊)<br /> 10/13 →関空

秋のイングランド カントリーサイドを歩く 28 コッツウォルズ(3)ウィンチカムから保存鉄道でチェルトナムへ

55いいね!

2019/10/08 - 2019/10/08

55位(同エリア989件中)

万歩計

万歩計さん

この旅行記のスケジュール

2019/10/08

  • スタントンから乗車し、ウィンチカムで下車

  • 保存鉄道に乗車

  • バートン・オン・ザ・ウォーターへ

13日目 2019年10月8日(火) 晴れ、時々曇り

・ウィンチカムは他のコッツウォルズの村と少し雰囲気が違った。コッツウォルズストーンの建物に混じって、いろんな色の建物が混在していて形も様々。それに商店も多い。「世界ふれあい街歩き」で街の人が「この街はワーキングタウンだ」と言ってた言葉に納得。ここで初めてアフタヌーンティーを試した。豪華な3段重ねのティースタンドが希望だったが、量が多くて一人では無理。スコーンと紅茶のセットを、たっぷりのクロテッドクリームとジャムで頂いた。
・ウィンチカムからチェルトナムまでは保存鉄道のSLに乗車。1920年代製の蒸気機関車が1950年代のレトロな客車を牽引し、美しい北コッツウォルズの風景を見ながらのんびりと走った。下車した保存鉄道駅のチェルトナム駅からバスセンターまでは地元の人の車に乗せていただいた。

****************************************************************
【旅程】   
  9/26 関空→アムステルダム経由→マンチェスター→カースルトン(泊)
  9/27 カースルトン滞在(泊)
  9/28 カースルトン→ベイクウェル…モンサルヘッド…アシュフォード…ベイクウェル→ハドンホール→クロムフォード(泊)
  9/29 クロムフォード→リーズ→ソルティア→ハワース(泊)
  9/30 ハワース→スキップトン(泊)
 10/01 マラム→ランカスター→ウィンダミア(泊)
 10/02 ヨークシャーデイルズ日帰りツアー→ウィンダミア(泊)
 10/03 ボウネス→ニアソーリー…ホークスヘッド…ターンハウズ…コニストン→アンブルサイド(泊)
 10/04 湖水地方山越え「ハイアドベンチャー」日帰りツアー→アンブルサイド(泊)
 10/05 スケルウィズ ブリッジ…スレーターブリッジ…エルターウォーター→アンブルサイド→グラスミア…ライダルマウント→チェスター(泊)
 10/06 チェスター→リヴァプール(泊)
 10/07 ストラトフォード・アポン・エイボン→チッピングカムデン(泊)
★10/08 ブロードウェイ…スノースヒル…スタントン→ウィンチカム→バートン・オン・ザ・ウォーター(泊)
 10/09 ロウアースローター…アッパースローター→ノースリーチ→バイブリー→サイレンセスター(泊)
 10/10 ブラッドフォード・オン・エイボン→バース(泊)
 10/11 日帰りツアー(ストーンヘンジ→ソールズベリー→レイコック→カースルクーム)→ブリストル(泊)
 10/12 ブリストル→アムステルダム経由→機中(泊)
 10/13 →関空

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  13:34 ウィンチカムに到着。途中停車して乗せてくれた運転手にお礼を言って下車しました。

     13:34 ウィンチカムに到着。途中停車して乗せてくれた運転手にお礼を言って下車しました。

  •  この街に下車した目的は、この街からチェルトナムまで走る保存鉄道のSLに乗ること。それまで街歩きをして、時間があればゆっくりアフタヌーンティーを楽しもうという計画です。

     この街に下車した目的は、この街からチェルトナムまで走る保存鉄道のSLに乗ること。それまで街歩きをして、時間があればゆっくりアフタヌーンティーを楽しもうという計画です。

  •  さてどう歩こうか、とひと眺め。

     さてどう歩こうか、とひと眺め。

  •  バス停の前に見覚えのある家並が。DENTS TERACEというのか。

     バス停の前に見覚えのある家並が。DENTS TERACEというのか。

  •  「世界ふれあい街歩き」で、ここに住むお婆さんが「バラの季節が終わって寂しくなった」と話す場面がありました。

     「世界ふれあい街歩き」で、ここに住むお婆さんが「バラの季節が終わって寂しくなった」と話す場面がありました。

  •   夏になると住人たちが丹精込めて育てた蔓バラが、テラスハウスの壁全体を覆うはずです。

     夏になると住人たちが丹精込めて育てた蔓バラが、テラスハウスの壁全体を覆うはずです。

  •  今は軒下の小さな下段に名残の花が咲くだけ。<br />

     今は軒下の小さな下段に名残の花が咲くだけ。

  •  バス停から見える立派な教会へ来ました。

     バス停から見える立派な教会へ来ました。

  •  St. Peter&#39;s Church

     St. Peter's Church

  •  ウィンチカムの大聖堂だけあって、内部もとても立派です。

     ウィンチカムの大聖堂だけあって、内部もとても立派です。

  •  ステンドグラスからの採光も十分で陰気さを感じません。見学していたら係りの人が説明書をくれました。

     ステンドグラスからの採光も十分で陰気さを感じません。見学していたら係りの人が説明書をくれました。

  •  それによるとこの場所に最初に教会が建てられたのは8世紀、最初の記録は12世紀、現在の教会は1450年代に建てられたものです。

     それによるとこの場所に最初に教会が建てられたのは8世紀、最初の記録は12世紀、現在の教会は1450年代に建てられたものです。

  •  正面の祭壇やステンドグラスは19世紀後半のもの。

     正面の祭壇やステンドグラスは19世紀後半のもの。

  •  教会の外もいい感じ。

     教会の外もいい感じ。

  •  教会を出てもう少し先まで行ってみます。

     教会を出てもう少し先まで行ってみます。

  •  壁にプレート。スパークリングワインを初めて作った17世紀の科学者 Christopher Merrett の生家のようです。

     壁にプレート。スパークリングワインを初めて作った17世紀の科学者 Christopher Merrett の生家のようです。

  •  静かな昼下がり、歩いている人もいません。

     静かな昼下がり、歩いている人もいません。

  •  この辺りはコッツウォルズストーンで統一

     この辺りはコッツウォルズストーンで統一

  •  ハーフティンバーの家も

     ハーフティンバーの家も

  •  雰囲気のいいパブ

     雰囲気のいいパブ

  •  この辺りは街の南外れ。来た道を戻ります。

     この辺りは街の南外れ。来た道を戻ります。

  •  前方に先ほど見たSt. Peter&#39;s Church

    イチオシ

     前方に先ほど見たSt. Peter's Church

  •  建物越しにコッツウォルズの丘陵が見え隠れ

     建物越しにコッツウォルズの丘陵が見え隠れ

  •  後日録画を確認したら、「世界ふれあい街歩き」に出たお婆さんの家はこの右側の建物でした。

     後日録画を確認したら、「世界ふれあい街歩き」に出たお婆さんの家はこの右側の建物でした。

  •  この建物の形は元教会のような…。GoogleMapによると動物病院のようです。

     この建物の形は元教会のような…。GoogleMapによると動物病院のようです。

  •  家並みを見ながら素敵なティールームを物色

     家並みを見ながら素敵なティールームを物色

  •  この道を1kmほど行くと有名なシュードリー城。薔薇に囲まれたイングリッシュガーデンが有名だが今回はパス。

     この道を1kmほど行くと有名なシュードリー城。薔薇に囲まれたイングリッシュガーデンが有名だが今回はパス。

  •  アフタヌーンティーの看板を出したティールム。ここにします。

     アフタヌーンティーの看板を出したティールム。ここにします。

  •  憧れの3段重ねのティースタンドに、いよいよご対面。

     憧れの3段重ねのティースタンドに、いよいよご対面。

  •  と思ったら、ティースタンドは2名以上の注文からとのこと。

     と思ったら、ティースタンドは2名以上の注文からとのこと。

  •  サンドウィッチ、スコーンそして巨大なケーキ。ウーン、確かにあれを一人で食べるのは無理。

     サンドウィッチ、スコーンそして巨大なケーキ。ウーン、確かにあれを一人で食べるのは無理。

  •  という事でスコーンと紅茶のセット。たっぷりのクロテッドクリームとジャムで頂きました。

     という事でスコーンと紅茶のセット。たっぷりのクロテッドクリームとジャムで頂きました。

  •  アフタヌーンティーで小腹を満たし、再び街歩きへ。

     アフタヌーンティーで小腹を満たし、再び街歩きへ。

  •  民俗警察博物館。隣に観光案内所がありました。

     民俗警察博物館。隣に観光案内所がありました。

  •  地図をゲット

     地図をゲット

  •  グロスターストリートからノースストリートへ。

    イチオシ

     グロスターストリートからノースストリートへ。

  •  チッピングカムデンが蜂蜜色一色だったのに対し、ウィンチカムはいろんな色や形の家が並んでいます。

     チッピングカムデンが蜂蜜色一色だったのに対し、ウィンチカムはいろんな色や形の家が並んでいます。

  •  「ウィンチカムは他のコッツウォルズの村と少し違う。この街で働き、生活する、いわばワーキングタウンさ!」。「世界ふれあい街歩き」で街の人はこんなことを言ってました。

     「ウィンチカムは他のコッツウォルズの村と少し違う。この街で働き、生活する、いわばワーキングタウンさ!」。「世界ふれあい街歩き」で街の人はこんなことを言ってました。

  •  そろそろ保存鉄道の駅へ向かいます。ここから3/4マイル。

     そろそろ保存鉄道の駅へ向かいます。ここから3/4マイル。

  •  15:23 村の中心から15分でウィンチカム駅に到着。

     15:23 村の中心から15分でウィンチカム駅に到着。

  •  グロスターシャー・ウォーリックシャー鉄道(GWSR)は、トディントン~チェルトナム間を1日5~6往復し、うちSLは2往復。一部はブロードウェイまで行きます。<br /><br />GWSRのHPはここ→ https://www.gwsr.com/

     グロスターシャー・ウォーリックシャー鉄道(GWSR)は、トディントン~チェルトナム間を1日5~6往復し、うちSLは2往復。一部はブロードウェイまで行きます。

    GWSRのHPはここ→ https://www.gwsr.com/

    グロスターシャー ウォーリックシャー鉄道 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

    北コッツウォルズを走るSL保存鉄道 by 万歩計さん
  •  チェルトナムまでの乗車券(£8)を買ってプラットホームへ

     チェルトナムまでの乗車券(£8)を買ってプラットホームへ

  •  花で飾られたホームはカフェになっています。

     花で飾られたホームはカフェになっています。

  •  昔ながらの厚紙の小さな切符

     昔ながらの厚紙の小さな切符

  •  プラットホームで待つ人は数人

     プラットホームで待つ人は数人

  •  プラットホームの端から

     プラットホームの端から

  •  向こうに客車が停まっている。

     向こうに客車が停まっている。

  •  客車を使った博物館でした。

     客車を使った博物館でした。

  •  この鉄道の開通は1835年。バーミンガムからストラトフォード・アポン・エイヴォンを経由してチェルトナムまで運行されていましたが1976に廃線に。

     この鉄道の開通は1835年。バーミンガムからストラトフォード・アポン・エイヴォンを経由してチェルトナムまで運行されていましたが1976に廃線に。

  •  1984年にボランティアの手で保存鉄道として再出発しています。

     1984年にボランティアの手で保存鉄道として再出発しています。

  •  博物館を見ていたら対向のディーゼルカーが入ってきました。ここでチェルトナム行きの列車と離合するようです。

     博物館を見ていたら対向のディーゼルカーが入ってきました。ここでチェルトナム行きの列車と離合するようです。

  •  15:45 SLが来ました。

     15:45 SLが来ました。

    グロスターシャー ウォーリックシャー鉄道 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

    北コッツウォルズを走るSL保存鉄道 by 万歩計さん
  •  使われている客車は1950年代のもの。

     使われている客車は1950年代のもの。

  •  ゆったりして木の温か味が感じられます。

     ゆったりして木の温か味が感じられます。

  •  窓から顔を出して写真撮影

     窓から顔を出して写真撮影

  •  美しいコッツウォルズの風景の中を汽笛を鳴らして走ります。

    イチオシ

     美しいコッツウォルズの風景の中を汽笛を鳴らして走ります。

  •  保存鉄道乗車は湖水地方に続いてこの旅で2回目。前回と違い、フルゲージの列車です。

     保存鉄道乗車は湖水地方に続いてこの旅で2回目。前回と違い、フルゲージの列車です。

  •  16:10 チェルトナム駅に到着。20分余りの旅でした。イギリスに来たからには保存鉄道と思っていたので、希望がかなえられて満足です。

     16:10 チェルトナム駅に到着。20分余りの旅でした。イギリスに来たからには保存鉄道と思っていたので、希望がかなえられて満足です。

  •  降りて機関車を観察。端正なお顔立ち。

     降りて機関車を観察。端正なお顔立ち。

  •  機関車は1928年製

     機関車は1928年製

  •  運転席は煙と蒸気で霞んでる。

     運転席は煙と蒸気で霞んでる。

  •  石炭貨車

     石炭貨車

  •  車輪はピカピカ。ボランティアの熱意が感じられます。

     車輪はピカピカ。ボランティアの熱意が感じられます。

  •  よく手入れされたシリンダーの駆動部分

     よく手入れされたシリンダーの駆動部分

  •  半数以上の乗客は下車することなく、折り返しで戻っていくようです。

     半数以上の乗客は下車することなく、折り返しで戻っていくようです。

  •  駅を出ると広い駐車場があるだけで周囲は何もない。聞いたらバス停はずいぶん離れた場所にあるらしい。ボートン・オン・ザ・ウォーター行きの最終バスまであと30分余り。

     駅を出ると広い駐車場があるだけで周囲は何もない。聞いたらバス停はずいぶん離れた場所にあるらしい。ボートン・オン・ザ・ウォーター行きの最終バスまであと30分余り。

  •  駅前駐車場から出るこの赤い車にお願いして、市内のバスセンターまで乗せてもらいました。お陰でバスの発車20分前に到着。

     駅前駐車場から出るこの赤い車にお願いして、市内のバスセンターまで乗せてもらいました。お陰でバスの発車20分前に到着。

  •  チェルトナムは人口11万人でコッツウォルズの西の玄関口。温泉の街でもありプロムナードには瀟洒な白い建物が並んでいます。

     チェルトナムは人口11万人でコッツウォルズの西の玄関口。温泉の街でもありプロムナードには瀟洒な白い建物が並んでいます。

  •  タウンホール。組曲「惑星」を作曲したグスタフ・ホルストはこの町の出身で、記念館がありますが訪れる時間はない。

     タウンホール。組曲「惑星」を作曲したグスタフ・ホルストはこの町の出身で、記念館がありますが訪れる時間はない。

  •  16:50 バスセンターから今日の宿泊地ボートン・オン・ザ・ウォーターに向かいました。

     16:50 バスセンターから今日の宿泊地ボートン・オン・ザ・ウォーターに向かいました。

55いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集