イースター島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
JAL一筋のJGC会員のアラフィフ夫婦が約2ヶ月で世界一周をしています。<br />イースター島に上陸!モアイ巡りに出動です。<br />イースター島は交通機関がないので、レンタカーを借りるか、現地でツアーに参加するかの選択が一般的だと思います。<br />日本では日常的に運転をしている私たちですが、初めての海外での運転をイースター島でやってみようと、レンタカーを借りることに。記念すべき国際免許デビューです!<br /><br />【世界一周のルート】<br /> 11カ国14都市を約2ヶ月で巡ります。<br /> ①アジア:  デリー→クアラルンプール<br /> ②ヨーロッパ:  ドーハ→リスボン →マドリード→プラハ→ロンドン<br /> ③南米:  ブエノスアイレス→サンチアゴ→★イースター島<br /> ④オセアニア:  シドニー→ヌメア→ブリスベン→メルボルン<br /><br />【航空券】ワンワールド・エクスプローラー・世界一周運賃<br />     (4大陸、ビジネスクラス利用)<br />【旅のスタイル】スーツケース派<br />【宿泊先】ホテル or サービスアパートメント

【滞在編⑩-2】イースター島をレンタカーでぐるり一周 ~ワンワールド世界一周航空券で2ヶ月の旅

12いいね!

2019/12/03 - 2019/12/05

88位(同エリア386件中)

旅行記グループ 世界一周 滞在編

2

72

nara

naraさん

JAL一筋のJGC会員のアラフィフ夫婦が約2ヶ月で世界一周をしています。
イースター島に上陸!モアイ巡りに出動です。
イースター島は交通機関がないので、レンタカーを借りるか、現地でツアーに参加するかの選択が一般的だと思います。
日本では日常的に運転をしている私たちですが、初めての海外での運転をイースター島でやってみようと、レンタカーを借りることに。記念すべき国際免許デビューです!

【世界一周のルート】
 11カ国14都市を約2ヶ月で巡ります。
 ①アジア: デリー→クアラルンプール
 ②ヨーロッパ: ドーハ→リスボン →マドリード→プラハ→ロンドン
 ③南米: ブエノスアイレス→サンチアゴ→★イースター島
 ④オセアニア: シドニー→ヌメア→ブリスベン→メルボルン

【航空券】ワンワールド・エクスプローラー・世界一周運賃
     (4大陸、ビジネスクラス利用)
【旅のスタイル】スーツケース派
【宿泊先】ホテル or サービスアパートメント

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 前日にホテルのフロントで聞いたら、価格表も置いてあり、予約もホテルがしてくれました。ホテルまでレンタカー屋さんが持ってきてくださり、返却時は取りにきてくれるので楽チンです。<br />私たちは写真の左側の車。日本車!SUZUKIです。オートマ車はちょっと大きい車だけで、90000ペソ(約12,500円)プラス、返却時に入れたガソリン代が約2,500円でした。マニュアル車だと大きさが選べて、料金も安く借りることができます。<br />24時間制なので、たっぷり利用できます。

    前日にホテルのフロントで聞いたら、価格表も置いてあり、予約もホテルがしてくれました。ホテルまでレンタカー屋さんが持ってきてくださり、返却時は取りにきてくれるので楽チンです。
    私たちは写真の左側の車。日本車!SUZUKIです。オートマ車はちょっと大きい車だけで、90000ペソ(約12,500円)プラス、返却時に入れたガソリン代が約2,500円でした。マニュアル車だと大きさが選べて、料金も安く借りることができます。
    24時間制なので、たっぷり利用できます。

  • 空港で到着時に買った「ラパヌイ国立公園の観光チケット」<br />チケットを忘れずに持って出発です。こちらのチケットはUS80ドル。ペソ支払いの方が安いですが、いずれにしてもCash Onlyなので気をつけてください。

    空港で到着時に買った「ラパヌイ国立公園の観光チケット」
    チケットを忘れずに持って出発です。こちらのチケットはUS80ドル。ペソ支払いの方が安いですが、いずれにしてもCash Onlyなので気をつけてください。

  • 車で行けるのは、黄色の道路のみ。北側は歩いてのみ行ける場所。<br />私たちは車で行けるところをぐるっと周ろうと、まずは南側の海岸線を通り左まわりに進み、島の真ん中を横断する道で、ハンガロアに戻り、最後に南西部をまわろうとルーティング。

    車で行けるのは、黄色の道路のみ。北側は歩いてのみ行ける場所。
    私たちは車で行けるところをぐるっと周ろうと、まずは南側の海岸線を通り左まわりに進み、島の真ん中を横断する道で、ハンガロアに戻り、最後に南西部をまわろうとルーティング。

  • 朝10時過ぎに出発!左ハンドルで、右車線走行。慣れないので、左折の時に巻き込み確認をしたり、ウィンカーと間違ってワイパーまわしたりしちゃいました。(私だけです)<br />ほとんど車が走ってないのですが、あっ牛!!

    朝10時過ぎに出発!左ハンドルで、右車線走行。慣れないので、左折の時に巻き込み確認をしたり、ウィンカーと間違ってワイパーまわしたりしちゃいました。(私だけです)
    ほとんど車が走ってないのですが、あっ牛!!

  • あっ、こっちは馬!!!<br />放飼い?野生?の、馬、牛、犬がうろうろしているので注意。

    あっ、こっちは馬!!!
    放飼い?野生?の、馬、牛、犬がうろうろしているので注意。

  • 1つ目の観光スポットに到着。<br />有料のスポットに入る時は、入口に係の人がいる小さな小屋があるので、オラ!と挨拶して、スタンプを押してもらいます。

    1つ目の観光スポットに到着。
    有料のスポットに入る時は、入口に係の人がいる小さな小屋があるので、オラ!と挨拶して、スタンプを押してもらいます。

  • こちらは倒れているモアイがある場所。海がすぐそこの場所です

    こちらは倒れているモアイがある場所。海がすぐそこの場所です

  • このあたりは、全く木が生えていないのです。隣の島まで2000キロ。孤島なので、遮るものがないってことは、台風の時とかどんなだろう?<br />たまに雨がパラつき、すぐに止むというどんよりしたお天気。雨に合わずに周りたいのでちょっと駆け足観光。

    このあたりは、全く木が生えていないのです。隣の島まで2000キロ。孤島なので、遮るものがないってことは、台風の時とかどんなだろう?
    たまに雨がパラつき、すぐに止むというどんよりしたお天気。雨に合わずに周りたいのでちょっと駆け足観光。

  • 次は「Akahanga」

    次は「Akahanga」

  • こちらも倒れたモアイがあるスポットです。

    こちらも倒れたモアイがあるスポットです。

  • 島内は40キロ制限。<br />スピードオーバーにならないように、ゆっくり!ゆっくり!

    島内は40キロ制限。
    スピードオーバーにならないように、ゆっくり!ゆっくり!

  • 島の南側をゆっくり北上。<br />本当にのどか。晴れていたらもっともっときれいなんだろうなー。

    島の南側をゆっくり北上。
    本当にのどか。晴れていたらもっともっときれいなんだろうなー。

  • 道は一本道なので迷子にはならないイースター島。<br />分かれ道は、ちゃんと標識あるので心配なし。

    道は一本道なので迷子にはならないイースター島。
    分かれ道は、ちゃんと標識あるので心配なし。

  • Rano Raraku の方に向かいます。<br />あの山の斜面にモアイが見えてきた!

    Rano Raraku の方に向かいます。
    あの山の斜面にモアイが見えてきた!

  • Rano Raraku<br />ここは大きなスポットなので、小さなお店もありました。

    Rano Raraku
    ここは大きなスポットなので、小さなお店もありました。

  • 入口でスタンプをもらい、山に向かって歩いて登っていきます。

    入口でスタンプをもらい、山に向かって歩いて登っていきます。

  • 山の上から海の方をみると、このあと行くtongariki が。キレイに15体のモアイが!

    山の上から海の方をみると、このあと行くtongariki が。キレイに15体のモアイが!

  • 島のほぼ全てのモアイがここで採掘された石を用いて作られているらしく、いわゆるモアイの製作所。たくさんのモアイを見ることができました。

    島のほぼ全てのモアイがここで採掘された石を用いて作られているらしく、いわゆるモアイの製作所。たくさんのモアイを見ることができました。

  • 写真で見ていたモアイ!

    写真で見ていたモアイ!

  • どうやって運んだのかなどは謎だらけだそうです。<br />山の斜面をたくさん歩きましたが、楽しいスポットでした。

    どうやって運んだのかなどは謎だらけだそうです。
    山の斜面をたくさん歩きましたが、楽しいスポットでした。

  • 山をおりて、海岸沿いを再び走ります。<br />Tongariki

    山をおりて、海岸沿いを再び走ります。
    Tongariki

  • どこに行ってもワンコがいるような気がします。

    どこに行ってもワンコがいるような気がします。

  • ほとんどのモアイが海を背にして立っているんだそうです。

    ほとんどのモアイが海を背にして立っているんだそうです。

  • 15体の巨大なモアイ!これは有名なモアイ!<br />チリ沖大地震の津波で壊滅的な被害を受けたそうですが、日本の企業により修復がされたとか。そういえば、国立公園の係員のおじさんが、こんにちは!ありがとう!と日本語で挨拶してくれる人も多かったなー

    15体の巨大なモアイ!これは有名なモアイ!
    チリ沖大地震の津波で壊滅的な被害を受けたそうですが、日本の企業により修復がされたとか。そういえば、国立公園の係員のおじさんが、こんにちは!ありがとう!と日本語で挨拶してくれる人も多かったなー

  • ちょっとこのあたりだけ雨に降られました。<br />こうやって、馬さんが道路横断中だったりするので、注意しないとね。

    ちょっとこのあたりだけ雨に降られました。
    こうやって、馬さんが道路横断中だったりするので、注意しないとね。

  • 次はPapa Vaka<br />

    次はPapa Vaka

  • 車をおりて歩いていると、馬の家族がたくさん。<br />めちゃくちゃ大人しいです。

    車をおりて歩いていると、馬の家族がたくさん。
    めちゃくちゃ大人しいです。

  • 岩に絵が書いてあるんです。

    岩に絵が書いてあるんです。

  • ウミガメやサカナの絵かな?

    ウミガメやサカナの絵かな?

  • 続いて Pito Kura<br />

    続いて Pito Kura

  • ここから入ってう、海の方に歩きます

    ここから入ってう、海の方に歩きます

  • これか!丸い石のまわりに4つの石。<br />パワースポットだとか。

    これか!丸い石のまわりに4つの石。
    パワースポットだとか。

  • すぐそこは海。流されずにずっとあるから不思議です。

    すぐそこは海。流されずにずっとあるから不思議です。

  • Anakenaの方に進みます

    Anakenaの方に進みます

  • Anakena というビーチに到着。

    Anakena というビーチに到着。

  • 今までと雰囲気が全然違う!リゾート感!

    今までと雰囲気が全然違う!リゾート感!

  • いた!モアイ!

    いた!モアイ!

  • アフナウナウという帽子をかぶったモアイ

    アフナウナウという帽子をかぶったモアイ

  • 寝転がったモアイも

    寝転がったモアイも

  • 後ろ姿もパシャリ<br />ヤシの木がいっぱいの場所

    後ろ姿もパシャリ
    ヤシの木がいっぱいの場所

  • Anakaraビーチ。島唯一の白い砂浜だそうです。<br />泳いでいる方もたくさんいらっしゃいました。砂浜を歩くだけでも気持ちよかったです。

    Anakaraビーチ。島唯一の白い砂浜だそうです。
    泳いでいる方もたくさんいらっしゃいました。砂浜を歩くだけでも気持ちよかったです。

  • 海岸沿いのドライブもおわり、島の真ん中を走る道を、ハンガロアに向かって進みます。途中、右折して山の方へ

    海岸沿いのドライブもおわり、島の真ん中を走る道を、ハンガロアに向かって進みます。途中、右折して山の方へ

  • ここは舗装してない道だけど合ってるよね?<br />舗装してても、イースター島の道は穴だらけです。笑

    ここは舗装してない道だけど合ってるよね?
    舗装してても、イースター島の道は穴だらけです。笑

  • Ahu Akivi 到着

    Ahu Akivi 到着

  • ほぼ同じ大きさの7体のモアイ。唯一、海を向いて立っているモアイだそうです。

    ほぼ同じ大きさの7体のモアイ。唯一、海を向いて立っているモアイだそうです。

  • 青空が見えてきた!やった!

    青空が見えてきた!やった!

  • 次は Puna a Pau<br />

    次は Puna a Pau

  • この丘に登ります。モアイの帽子も残ってます。

    この丘に登ります。モアイの帽子も残ってます。

  • ここからは民家も!島の東側の海がキレイに見えました。<br />ここから、ハンガロアの街のあたりに戻り、空港のあたりから、島の南西部に大移動。

    ここからは民家も!島の東側の海がキレイに見えました。
    ここから、ハンガロアの街のあたりに戻り、空港のあたりから、島の南西部に大移動。

  • かなりくねくねと山道を走らせます。だいぶ高いところにきたかな?って場所に、ラノカウ展望台が!<br />ラノカウ山の火口が眼下に広がります。すごいキレイ!!

    かなりくねくねと山道を走らせます。だいぶ高いところにきたかな?って場所に、ラノカウ展望台が!
    ラノカウ山の火口が眼下に広がります。すごいキレイ!!

  • 山の向こうは海!<br />晴れてますがすぐにモヤが。島の天気はすぐに変わります

    山の向こうは海!
    晴れてますがすぐにモヤが。島の天気はすぐに変わります

  • さらに車を走らせると、orongo へ。<br />

    さらに車を走らせると、orongo へ。

  • 小さな島が見えました

    小さな島が見えました

  • オロンゴ儀式村の遺跡

    オロンゴ儀式村の遺跡

  • こちらからもラノカウ山の火口が。<br />Orongo はモアイがいるわけでもないですが、イースター島のまた違った景色を見ることができる場所。結構山道を歩きました。

    こちらからもラノカウ山の火口が。
    Orongo はモアイがいるわけでもないですが、イースター島のまた違った景色を見ることができる場所。結構山道を歩きました。

  • 山を下って、ハンガロアの街の方に。<br />上っているときは気づかなかったですが、空港の滑走路の直線がキレイに見えました。

    山を下って、ハンガロアの街の方に。
    上っているときは気づかなかったですが、空港の滑走路の直線がキレイに見えました。

  • ハンガロアの街の手前から海沿いに走ってみます。

    ハンガロアの街の手前から海沿いに走ってみます。

  • 漁港にたつモアイ。前日に徒歩で散策中にみた、私たちの第一号モアイ

    漁港にたつモアイ。前日に徒歩で散策中にみた、私たちの第一号モアイ

  • イースター島の波は迫力満点。<br />2000キロぶりに陸地にぶつかった波かもーー

    イースター島の波は迫力満点。
    2000キロぶりに陸地にぶつかった波かもーー

  • すっごい海水が透明でキレイ。

    すっごい海水が透明でキレイ。

  • ホテルがぽつぽつあるエリアにあるポツンと一体のモアイ。

    ホテルがぽつぽつあるエリアにあるポツンと一体のモアイ。

  • オシャレなカフェを発見しながら、Tahai に到着。<br />ここまできた方が、駐車場は止めやすかったです

    オシャレなカフェを発見しながら、Tahai に到着。
    ここまできた方が、駐車場は止めやすかったです

  • 目のあるモアイ

    目のあるモアイ

  • 後ろ姿

    後ろ姿

  • こちらにもモアイが

    こちらにもモアイが

  • いくらいても飽きない景色。

    いくらいても飽きない景色。

  • 午後から雨の予報だったので、10時に出発し、駆け足で島を一周しましたが、午後は晴れ間も。ラッキー!ここまでまわって16時くらい。<br />さすがにお腹が空きました。

    午後から雨の予報だったので、10時に出発し、駆け足で島を一周しましたが、午後は晴れ間も。ラッキー!ここまでまわって16時くらい。
    さすがにお腹が空きました。

  • Thaiの駐車場のところにオシャレなカフェ発見!<br />モアイを眺めながら、ごはんごはん。

    Thaiの駐車場のところにオシャレなカフェ発見!
    モアイを眺めながら、ごはんごはん。

  • お店のお姉さんオススメのレモネード。<br />モアイくんにもお裾分け。<br />こんな写真を撮りたくなるくらいなテンション

    お店のお姉さんオススメのレモネード。
    モアイくんにもお裾分け。
    こんな写真を撮りたくなるくらいなテンション

  • シーフードリゾットと、シーフードパスタ。<br />美味しい!!!<br />海の恵みに感謝ですね。

    シーフードリゾットと、シーフードパスタ。
    美味しい!!!
    海の恵みに感謝ですね。

  • チケット不要のスポットもいくつかありましたが、こうやって、スタンプをもらいながらのイースター島一周のドライブ。楽しかったなー。<br />オラ!と挨拶し、名簿にサイン(名前と国籍など)し、係員さんと少しのコミュニケーションができるから楽しさ倍増だった気もします。

    チケット不要のスポットもいくつかありましたが、こうやって、スタンプをもらいながらのイースター島一周のドライブ。楽しかったなー。
    オラ!と挨拶し、名簿にサイン(名前と国籍など)し、係員さんと少しのコミュニケーションができるから楽しさ倍増だった気もします。

  • Thaiの景色。再びサンセットの時間にも訪れ、一番長く過ごした場所。<br />イースター島を思い返す時には、きっとこの景色が思い浮かぶんだろうなという、思い出に残る場所、景色となりました。

    Thaiの景色。再びサンセットの時間にも訪れ、一番長く過ごした場所。
    イースター島を思い返す時には、きっとこの景色が思い浮かぶんだろうなという、思い出に残る場所、景色となりました。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

世界一周 滞在編

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • harurunさん 2019/12/09 22:44:44
    イースター島、満喫されたんですね!
    naraさん

    こんばんは。
    今、9日の22:30です。

    ごめんなさ~い m(__)m
    よく見れば、フライト編と滞在編…
    ちゃんと分けてらしたんですよね。
    失礼しました m(__)m

    15体のモアイ像。写真で拝見しただけで
    感動しました。こんなにたくさんモアイがあるんですね。海に背を向けてるモアイさん達に、なぜか、ちょっと哀愁も感じてしまいました。こんな絶景をレンタカーで見てまわるなんて、これぞ大人の世界一周ですね。はるばる訪れた価値ありでしたね。

    なんか私まで嬉しくなってしまいました!
    ブラボー~

    nara

    naraさん からの返信 2019/12/11 18:20:48
    Re: イースター島、満喫されたんですね!
    イースター島はのんびりしたいいところでした。
    サンチアゴと同じチリとは思えない、ほっこり感。
    ワンワールドの世界一周航空券でイースター島に行けるのも、ラタム航空がワンワールドのうちですので、お急ぎください。笑

naraさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

チリで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チリ最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チリの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集