イースター島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の夏はどこに行こう?<br />行きたいところと言えば、遠くて行きにくいところばかり…。<br />で、今回は思い切って、ずっと行きたかったイースター島へ!<br /><br />イースター島へは5・6日間でも弾丸で行けますが、何となく昔から「イースター島へ行くなら2週間は欲しい」って思っていて、なかなか行く機会が持てず。<br />でも、「2週間の休みって、退職後になるんじゃ?」と、ふと思い、「それなら10日間でもいいから行ってみよう!」と決行!<br />昨年に引き続き、今年もシルバーウィークに夏休みを取ることに。<br /><br />イースター島2日目の今日は、まずアフ・トンガリキでの朝日観賞からスタートです!<br /><br />【100チリペソ=約16円(2019年9月 クレジットカードのレート)】

2019年夏~イースター島・サンティアゴ10日間④イースター島一周ドライブ

7いいね!

2019/09/13 - 2019/09/22

149位(同エリア386件中)

かぴうさ

かぴうささん

今年の夏はどこに行こう?
行きたいところと言えば、遠くて行きにくいところばかり…。
で、今回は思い切って、ずっと行きたかったイースター島へ!

イースター島へは5・6日間でも弾丸で行けますが、何となく昔から「イースター島へ行くなら2週間は欲しい」って思っていて、なかなか行く機会が持てず。
でも、「2週間の休みって、退職後になるんじゃ?」と、ふと思い、「それなら10日間でもいいから行ってみよう!」と決行!
昨年に引き続き、今年もシルバーウィークに夏休みを取ることに。

イースター島2日目の今日は、まずアフ・トンガリキでの朝日観賞からスタートです!

【100チリペソ=約16円(2019年9月 クレジットカードのレート)】

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ラタム航空 JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6時起床~<br />7時に出発。「アフ・トンガリキ(Ahu Tongariki)」へ。<br /><br />モアイ像の背後から朝日が昇るのを見ることができるのは、アフ・トンガリキだけ!<br />キレイな朝日を見るために早起きして出発です!<br />

    6時起床~
    7時に出発。「アフ・トンガリキ(Ahu Tongariki)」へ。

    モアイ像の背後から朝日が昇るのを見ることができるのは、アフ・トンガリキだけ!
    キレイな朝日を見るために早起きして出発です!

  • 7:30に到着。<br />まだ暗い~<br /><br />月の光にモアイが映し出されています。<br /><br />それにしても<br />「寒いっ」ブルブル(((p-д-q)))ブルブル<br /><br />周りの皆さんは、ダウンやコートでしっかり防寒。<br />私はTシャツ・(薄手の)長袖カーディガン・(薄手の)パーカー・(薄手の)ジャンパー。結構着込んでいるようですが、寒くて車に避難したいくらい…

    7:30に到着。
    まだ暗い~

    月の光にモアイが映し出されています。

    それにしても
    「寒いっ」ブルブル(((p-д-q)))ブルブル

    周りの皆さんは、ダウンやコートでしっかり防寒。
    私はTシャツ・(薄手の)長袖カーディガン・(薄手の)パーカー・(薄手の)ジャンパー。結構着込んでいるようですが、寒くて車に避難したいくらい…

  • 7:40ゲートオープン。<br />入場チケットを見せて中へ。<br /><br />岩がゴツゴツの下り坂。<br />懐中電灯が必要なほど。<br /><br />少し明るくなってきました!<br />真っ暗でほぼ何も見えなかったケド、少しずつモアイの姿が明らかに(゚д゚)!<br /><br />わかってはいたけど、立派に立ったモアイが15体も目の前に!<br />その姿は圧巻!<br />小さいもので5m、大きいものは9mほどの大きさを誇っています。<br /><br />ここにあるモアイは、高松に本社がある日本の大手クレーンメーカー「タダノ」の援助により、1993年~1996年にかけて修復、再建されたことで有名です(なので、親日家が多いのかな?)。<br />きっかけは、日本のテレビ番組で流れた「クレーンがあれば、倒れたモアイを起こせるのに」というイースター島知事のメッセージ&そのときの黒柳徹子さんのコメントを同社の社員が見たことなんだとか。<br /><br />イースター島では、モアイ倒し戦争により島内の殆どのモアイは倒され、さらに1960年のチリ地震による大津波で破壊され、風化の一途をたどっていました。そこにタダノがクレーンの無償提供だけでなく1憶円の寄付をおこない、調査、再建へと至りました。2006年には2台目のクレーンが新たに寄贈したんだそうです。<br />「タダノ」知らなかった会社ですが、とっても誇らしい!<br /><br />雲がどんより…<br />朝日、今日はダメかなぁ?

    7:40ゲートオープン。
    入場チケットを見せて中へ。

    岩がゴツゴツの下り坂。
    懐中電灯が必要なほど。

    少し明るくなってきました!
    真っ暗でほぼ何も見えなかったケド、少しずつモアイの姿が明らかに(゚д゚)!

    わかってはいたけど、立派に立ったモアイが15体も目の前に!
    その姿は圧巻!
    小さいもので5m、大きいものは9mほどの大きさを誇っています。

    ここにあるモアイは、高松に本社がある日本の大手クレーンメーカー「タダノ」の援助により、1993年~1996年にかけて修復、再建されたことで有名です(なので、親日家が多いのかな?)。
    きっかけは、日本のテレビ番組で流れた「クレーンがあれば、倒れたモアイを起こせるのに」というイースター島知事のメッセージ&そのときの黒柳徹子さんのコメントを同社の社員が見たことなんだとか。

    イースター島では、モアイ倒し戦争により島内の殆どのモアイは倒され、さらに1960年のチリ地震による大津波で破壊され、風化の一途をたどっていました。そこにタダノがクレーンの無償提供だけでなく1憶円の寄付をおこない、調査、再建へと至りました。2006年には2台目のクレーンが新たに寄贈したんだそうです。
    「タダノ」知らなかった会社ですが、とっても誇らしい!

    雲がどんより…
    朝日、今日はダメかなぁ?

  • 運んでる途中で壊れちゃったモアイ。<br /><br />ラノ・ララクという、モアイを切り出した石切り場から運ぶ途中で、首が折れちゃった模様。<br />モアイはアフに立てる前に壊れたらパワーを失うので、ただの石となったモアイは放置…<br /><br />16体目のモアイになるんだったのかなぁ。<br />あともう一息だったのに…<br />運んでいた人たちのショックも大変なものだったんだろうな…

    運んでる途中で壊れちゃったモアイ。

    ラノ・ララクという、モアイを切り出した石切り場から運ぶ途中で、首が折れちゃった模様。
    モアイはアフに立てる前に壊れたらパワーを失うので、ただの石となったモアイは放置…

    16体目のモアイになるんだったのかなぁ。
    あともう一息だったのに…
    運んでいた人たちのショックも大変なものだったんだろうな…

  • 「トンガリキ」は、ラパヌイ語で「王の港」の意。<br />15体のモアイの後ろには大海原、ホツイティ湾が広がっています。<br /><br />う~ん。<br />残念ながら、今日の朝日はこれが限界。<br /><br />明日またチャレンジしようね~

    「トンガリキ」は、ラパヌイ語で「王の港」の意。
    15体のモアイの後ろには大海原、ホツイティ湾が広がっています。

    う~ん。
    残念ながら、今日の朝日はこれが限界。

    明日またチャレンジしようね~

  • モアイたちの後ろへ。<br /><br />無数の小さな鳥の鳴き声が、モアイやアフ(土台となった石垣。アフは祭壇の役割があり、モアイ以上に神聖なものとされていました)の隙間から聞こえます。

    モアイたちの後ろへ。

    無数の小さな鳥の鳴き声が、モアイやアフ(土台となった石垣。アフは祭壇の役割があり、モアイ以上に神聖なものとされていました)の隙間から聞こえます。

  • モアイの裏側には、解体されたモアイが。<br />少なくても顔が3つ見えますが、バラバラな顔付きです。<br />別々の時代に造られたモアイと思われます。<br /><br />古いモアイたちを、アフに再利用されたりしていたので、この石たちはアフ用として集められたものなのかもしれません。

    モアイの裏側には、解体されたモアイが。
    少なくても顔が3つ見えますが、バラバラな顔付きです。
    別々の時代に造られたモアイと思われます。

    古いモアイたちを、アフに再利用されたりしていたので、この石たちはアフ用として集められたものなのかもしれません。

  • イースター島では、馬があちこちで自由に放牧されています。

    イースター島では、馬があちこちで自由に放牧されています。

  • あ~仲良しサン(b≧∀)

    あ~仲良しサン(b≧∀)

  • (よーやく)モアイの前へ。

    (よーやく)モアイの前へ。

  • お腹に手を置くのがモアイのスタイル。

    お腹に手を置くのがモアイのスタイル。

  • しばらく、モアイをボーっと眺めて…。<br /><br />二人、無言の時間が過ぎていきます。<br /><br />やっとここに来れたんだっていう感動。<br />きっと、この旅が終わったら、もうここに来ることはないんだろうなってお互いが思っているけど口にしたくない思い。<br /><br />もうそろそろ行こうか。<br /><br />気付いたら周りには誰もいない。<br /><br />明日も明後日も来ればいいんだけど、何となくこの瞬間を大切にしたいっていう思いが交錯します。<br /><br />

    しばらく、モアイをボーっと眺めて…。

    二人、無言の時間が過ぎていきます。

    やっとここに来れたんだっていう感動。
    きっと、この旅が終わったら、もうここに来ることはないんだろうなってお互いが思っているけど口にしたくない思い。

    もうそろそろ行こうか。

    気付いたら周りには誰もいない。

    明日も明後日も来ればいいんだけど、何となくこの瞬間を大切にしたいっていう思いが交錯します。

  • 入口には1982年に大阪のエキスポランドで展示されていたモアイが!<br />顔立ちがとってもリアルなモアイくん。<br /><br />展示会や調査などの目的でイースター島からモアイを貸し出す際は、このモアイが旅に出るそうで、通称「トラベルモアイ」!

    入口には1982年に大阪のエキスポランドで展示されていたモアイが!
    顔立ちがとってもリアルなモアイくん。

    展示会や調査などの目的でイースター島からモアイを貸し出す際は、このモアイが旅に出るそうで、通称「トラベルモアイ」!

  • 車に戻って、ダンナさん特製のサンドイッチ(とワイン)で朝食!<br /><br />モアイを眺めながらだなんて、何だかものすごく贅沢~

    車に戻って、ダンナさん特製のサンドイッチ(とワイン)で朝食!

    モアイを眺めながらだなんて、何だかものすごく贅沢~

  • さぁ、今日は、アフ・トンガリキから島の北側をドライブです。<br /><br />30分くらい車を走らせると、とっても目立たないケド、柵に囲われた石を発見。<br /><br />「マエア・プ・オ・ヒロ (MAEA PU O HIRO)」<br /><br />「トランペットストーン」って呼ばれています。<br />上にある穴から息を吹き込むと音が出るんだそう?<br />遠くの人とのコミュニケーションに使われていたと考えられています。<br />

    さぁ、今日は、アフ・トンガリキから島の北側をドライブです。

    30分くらい車を走らせると、とっても目立たないケド、柵に囲われた石を発見。

    「マエア・プ・オ・ヒロ (MAEA PU O HIRO)」

    「トランペットストーン」って呼ばれています。
    上にある穴から息を吹き込むと音が出るんだそう?
    遠くの人とのコミュニケーションに使われていたと考えられています。

  • ホント、道端にポツンとあるだけなので、危うく見落としそうでした。

    ホント、道端にポツンとあるだけなので、危うく見落としそうでした。

  • 「パパ・バカ (PAPA VAKA)」<br />

    「パパ・バカ (PAPA VAKA)」

  • ここにはサメや亀、カヌー等の絵が描かれた岩絵があります。<br />写真はタコ!

    ここにはサメや亀、カヌー等の絵が描かれた岩絵があります。
    写真はタコ!

  • (わかりづらいですが)マグロ

    (わかりづらいですが)マグロ

  • 「テ・ピト・クラ (TE PITO KURA)」<br /><br />

    「テ・ピト・クラ (TE PITO KURA)」

  • このワンちゃん。車を降りたときから、ずっと道案内するように私たちの少し前を進みます。<br />写真撮影で立ち止まると、ちゃんと振り返って待っていてくれて。<br /><br />この後、ダッシュでこっちに向かって来たので、手を広げて「おいでっ」ってやったら、勢いよく飛びかかってきて…。<br />倒されはしなかったのですが、もうじゃれてじゃれて大変(^◇^;)<br />しかも上から下まで泥だらけになっちゃって…<br /><br />遊んで欲しかったんだろうなぁ~

    このワンちゃん。車を降りたときから、ずっと道案内するように私たちの少し前を進みます。
    写真撮影で立ち止まると、ちゃんと振り返って待っていてくれて。

    この後、ダッシュでこっちに向かって来たので、手を広げて「おいでっ」ってやったら、勢いよく飛びかかってきて…。
    倒されはしなかったのですが、もうじゃれてじゃれて大変(^◇^;)
    しかも上から下まで泥だらけになっちゃって…

    遊んで欲しかったんだろうなぁ~

  • 「テ・ピト・オ・テ・ヘヌア (TE PITO O TE HENUA)」<br /><br />通称、「テ・ピトラ」。<br />「地球のヘソ」という意味で、写真の真ん中の大きな丸い石のことです。<br /><br />この石は磁気を帯びていて、丸い石の周りにイスとして配置された4コの石に座り、丸い石におでこを付けて考えごとをしたんだそう。

    「テ・ピト・オ・テ・ヘヌア (TE PITO O TE HENUA)」

    通称、「テ・ピトラ」。
    「地球のヘソ」という意味で、写真の真ん中の大きな丸い石のことです。

    この石は磁気を帯びていて、丸い石の周りにイスとして配置された4コの石に座り、丸い石におでこを付けて考えごとをしたんだそう。

  • 何ていう花なんだろ~?<br />オレンジにピンクが混ざった可愛いお花。<br />あちこちで見掛けました~

    何ていう花なんだろ~?
    オレンジにピンクが混ざった可愛いお花。
    あちこちで見掛けました~

  • 「モアイ・パロ(MOAI PALO)」<br /><br />ダイナミックにずっこけたモアイ。<br />プカオも飛んでいます。<br /><br />アフに立っていた中では、最大のモアイ。<br />全長10m、プカオを入れると12mもあります。

    「モアイ・パロ(MOAI PALO)」

    ダイナミックにずっこけたモアイ。
    プカオも飛んでいます。

    アフに立っていた中では、最大のモアイ。
    全長10m、プカオを入れると12mもあります。

  • アフ・ナウ・ナウの入口に来ました。<br /><br />アフ・ナウ・ナウがあるアナケナビーチは、およそ1500年前にラパヌイ初代の王、ホトゥ・マトゥアが上陸した場所だと言われており、入口にある木の像は、王の誕生を表しています。

    アフ・ナウ・ナウの入口に来ました。

    アフ・ナウ・ナウがあるアナケナビーチは、およそ1500年前にラパヌイ初代の王、ホトゥ・マトゥアが上陸した場所だと言われており、入口にある木の像は、王の誕生を表しています。

  • あ、モアイが見えた!

    あ、モアイが見えた!

  • 「アフ・ナウ・ナウ (AHU NAU NAU)」<br /><br />ここのモアイは砂に埋もれていたため、保存状態が非常に良いんです。<br />プカオ(帽子に見えますがマゲだと言われています)を乗せたモアイが4体もいます!<br />現在、イースター島では、頭にプカオを乗せたモアイを6体見ることができますが、そのうち4体がここにいます!<br /><br />急に晴れてきました!<br />ナイスタイミング(^○^)<br />逆光になるので、正面からお顔の写真を撮るなら、午前中が良いです!<br />

    「アフ・ナウ・ナウ (AHU NAU NAU)」

    ここのモアイは砂に埋もれていたため、保存状態が非常に良いんです。
    プカオ(帽子に見えますがマゲだと言われています)を乗せたモアイが4体もいます!
    現在、イースター島では、頭にプカオを乗せたモアイを6体見ることができますが、そのうち4体がここにいます!

    急に晴れてきました!
    ナイスタイミング(^○^)
    逆光になるので、正面からお顔の写真を撮るなら、午前中が良いです!

  • プカオの製造現場だったのが、イースター島南西部にある、昨日行ったプナ・パウ (Puna Pau) という場所。<br />プナ・パウ周辺の地面や岩は、赤い色をしているので、赤い色のプカオを造るために、わざわざこの場所の岩からプカオを切り出して、島内の各祭壇へとプカオが運ばれました。<br />でも、この巨大なプカオをどうやってモアイの頭上に乗せたのかは謎のままなんです。

    プカオの製造現場だったのが、イースター島南西部にある、昨日行ったプナ・パウ (Puna Pau) という場所。
    プナ・パウ周辺の地面や岩は、赤い色をしているので、赤い色のプカオを造るために、わざわざこの場所の岩からプカオを切り出して、島内の各祭壇へとプカオが運ばれました。
    でも、この巨大なプカオをどうやってモアイの頭上に乗せたのかは謎のままなんです。

  • おしりにぐるぐる模様~<br />入れ墨とふんどし(?)なんだそう。

    おしりにぐるぐる模様~
    入れ墨とふんどし(?)なんだそう。

  • ビーチから丘を登ったところに立っています!

    ビーチから丘を登ったところに立っています!

  • 「アフ・アトゥレ・フキ (AHU ATURE HUKI)」<br /><br />ポリネシアから2隻のカヌーでイースター島に初めて入植した、初代の王「ホトゥ・マトゥア」がモデルのモアイではないかと言われています。<br />顔が潰れたような感じですが、初期の頃のモアイ。<br /><br /><br /><br />

    「アフ・アトゥレ・フキ (AHU ATURE HUKI)」

    ポリネシアから2隻のカヌーでイースター島に初めて入植した、初代の王「ホトゥ・マトゥア」がモデルのモアイではないかと言われています。
    顔が潰れたような感じですが、初期の頃のモアイ。



  • 「アナケナ・ビーチ(Anakena Beach)」<br /><br />イースター島は周囲が断崖になっている場所がほとんなので、ビーチは珍しい~<br /><br />このアナケナビーチが観光客にも地元の人からも人気ですが、他には、オバベビーチビーチ(ここの近くです)くらいしか、島内にビーチはありません。<br /><br />このビーチから、イースター島に人類が上陸しました。<br /><br />

    「アナケナ・ビーチ(Anakena Beach)」

    イースター島は周囲が断崖になっている場所がほとんなので、ビーチは珍しい~

    このアナケナビーチが観光客にも地元の人からも人気ですが、他には、オバベビーチビーチ(ここの近くです)くらいしか、島内にビーチはありません。

    このビーチから、イースター島に人類が上陸しました。

  • 近くには石が転がっているだけですが、村の跡が。<br /><br />イースター島まで乗ってきたカヌーを逆さまにして、住居としていました。

    近くには石が転がっているだけですが、村の跡が。

    イースター島まで乗ってきたカヌーを逆さまにして、住居としていました。

  • 可愛らしいトイレ!<br />トイレは基本的にどこも有料(1USドルか600ペソ)です。<br />でも、ハンガロアから離れるとトイレすらほとんどないので、有料でも貴重。

    可愛らしいトイレ!
    トイレは基本的にどこも有料(1USドルか600ペソ)です。
    でも、ハンガロアから離れるとトイレすらほとんどないので、有料でも貴重。

  • ニワトリたちも、放し飼いされています。

    ニワトリたちも、放し飼いされています。

  • 変わった植物…

    変わった植物…

  • ハンガロアに戻ってきました。<br /><br />「手工芸市場(Feria Artesanal)」<br /><br />地図に「市場」ってあったので、てっきり魚市場とかかと思ったら、民芸品などを扱う小さなお土産屋さんが30店舗ほど入っていました。<br />閉まっているお店が多かったし、置いてあるモノも大体同じ。<br />子どもと一緒に店番をしていたりして、のんびりな感じ。しかも、皆んなフレンドリー!<br />

    ハンガロアに戻ってきました。

    「手工芸市場(Feria Artesanal)」

    地図に「市場」ってあったので、てっきり魚市場とかかと思ったら、民芸品などを扱う小さなお土産屋さんが30店舗ほど入っていました。
    閉まっているお店が多かったし、置いてあるモノも大体同じ。
    子どもと一緒に店番をしていたりして、のんびりな感じ。しかも、皆んなフレンドリー!

  • お腹空いたね~<br />ランチは外食にしよう!どこにしよう?<br /><br />レストランはノーチェック。<br />優柔不断な私たち。<br />お店を探しても迷うだけ。<br /><br />どうせ決められないんだからと、目に入ったハンバーガー屋さん「クラブ サンドイッチ(clab sandwich)」へ!<br />…後から知ったのですが、旅行者オススメNo. 1のレストランでした!

    お腹空いたね~
    ランチは外食にしよう!どこにしよう?

    レストランはノーチェック。
    優柔不断な私たち。
    お店を探しても迷うだけ。

    どうせ決められないんだからと、目に入ったハンバーガー屋さん「クラブ サンドイッチ(clab sandwich)」へ!
    …後から知ったのですが、旅行者オススメNo. 1のレストランでした!

  • 私は、ITALIANO BEEF BURGER(5,500ペソ)と「CUSQUENA(クスケーニャ)ビール(2,000ペソ)」<br /><br />アボカド・トマト・マヨネーズ。<br />パテの代わりに一口大の牛肉がたくさん挟まっています。<br />バンズも美味しいし、アボカドにマヨにお肉の組み合わせがサイコー!<br /><br />ビールは、昨日ちょっと思い出した、ペルーのクスコのビール!<br /><br />

    私は、ITALIANO BEEF BURGER(5,500ペソ)と「CUSQUENA(クスケーニャ)ビール(2,000ペソ)」

    アボカド・トマト・マヨネーズ。
    パテの代わりに一口大の牛肉がたくさん挟まっています。
    バンズも美味しいし、アボカドにマヨにお肉の組み合わせがサイコー!

    ビールは、昨日ちょっと思い出した、ペルーのクスコのビール!

  • ダンナさんは、「BRASILENO BEEF BURGER(6,000ペソ)」と「バナナオレンジジュース(3,000ペソ)」<br /><br />私のバーガーに目玉焼きが入ったバージョンです。<br />

    ダンナさんは、「BRASILENO BEEF BURGER(6,000ペソ)」と「バナナオレンジジュース(3,000ペソ)」

    私のバーガーに目玉焼きが入ったバージョンです。

  • ダンナさんのも、パテの代わりに一口大の牛肉がたくさん挟まっています。<br />バンズも美味しいし、アボカドにマヨにお肉の組み合わせがサイコー!<br /><br />ダンナさんも「ウチの近所に出店しないかなぁ~」と大絶賛!

    ダンナさんのも、パテの代わりに一口大の牛肉がたくさん挟まっています。
    バンズも美味しいし、アボカドにマヨにお肉の組み合わせがサイコー!

    ダンナさんも「ウチの近所に出店しないかなぁ~」と大絶賛!

  • ハンガロアのメイン通り。<br /><br />車の故障かな?<br />3人掛かりで押しています。<br />後ろは渋滞…<br />でも、路肩に避けるわけでもなく、そのまま進んで行きます。<br />とっても大らか~

    ハンガロアのメイン通り。

    車の故障かな?
    3人掛かりで押しています。
    後ろは渋滞…
    でも、路肩に避けるわけでもなく、そのまま進んで行きます。
    とっても大らか~

  • 至るところに鮮やかな花!

    至るところに鮮やかな花!

  • 上を見上げても花。<br />何の花だろう?

    上を見上げても花。
    何の花だろう?

  • イースター島博物館に行こうと思ったら、本日は休館日。<br /><br />「残念~」と博物館から海岸線の道を少しドライブ。

    イースター島博物館に行こうと思ったら、本日は休館日。

    「残念~」と博物館から海岸線の道を少しドライブ。

  • と、遠くにモアイが!<br />よく見ると2体ある!<br />でも2体のうち1体は風化していて、胴体の一部しかありません。<br /><br />ポツンと立っている「ハンガ キオエ(Hanga Kioe)」。<br />ここは、あまり観光客も来なく穴場なんだそう。<br />でも、石垣から中に入れないので、これ以上近寄れズ…<br />

    と、遠くにモアイが!
    よく見ると2体ある!
    でも2体のうち1体は風化していて、胴体の一部しかありません。

    ポツンと立っている「ハンガ キオエ(Hanga Kioe)」。
    ここは、あまり観光客も来なく穴場なんだそう。
    でも、石垣から中に入れないので、これ以上近寄れズ…

  • 「ハンガ キオエ(Hanga Kioe)」をアップで。<br /><br />1972年にチリ人の考古学者によって調査・復元されたモアイです。<br /><br />

    「ハンガ キオエ(Hanga Kioe)」をアップで。

    1972年にチリ人の考古学者によって調査・復元されたモアイです。

  • 墓地に来ました。<br /><br />お墓もモアイ。

    墓地に来ました。

    お墓もモアイ。

  • たくさんのお花で飾られたお墓が多い。

    たくさんのお花で飾られたお墓が多い。

  • イースター島っぽい。<br /><br />お墓もその国・その土地によってさまざまです。

    イースター島っぽい。

    お墓もその国・その土地によってさまざまです。

  • 「ホア ハカナナイア(Hoa Hakananai’a)」<br /><br />海岸沿いの広場の中にいたモアイ像のレプリカ。<br />オリジナルは、1868年にイギリス人が無許可で持ち出し、ビクトリア女王に贈られ、その後、女王がロンドンの大英博物館に寄贈しました。<br />今も大英博物館に展示されています。<br /><br />「ホア ハカナナイア(Hoa Hakananai’a)」は、現地のラパヌイ語で「失われた友人」という意味。<br /><br />2018年11月にイースター島の代表団が返還を求め、大英博物館を訪れました。<br />

    「ホア ハカナナイア(Hoa Hakananai’a)」

    海岸沿いの広場の中にいたモアイ像のレプリカ。
    オリジナルは、1868年にイギリス人が無許可で持ち出し、ビクトリア女王に贈られ、その後、女王がロンドンの大英博物館に寄贈しました。
    今も大英博物館に展示されています。

    「ホア ハカナナイア(Hoa Hakananai’a)」は、現地のラパヌイ語で「失われた友人」という意味。

    2018年11月にイースター島の代表団が返還を求め、大英博物館を訪れました。

  • 背中には、鳥人間が刻まれています。<br /><br />ホア ハカナナイアは、イースター島の人たちにとってとっても大切で貴重なモアイ。<br />この鳥人間の彫刻が鮮明に残ったモアイは少ないことと、玄武岩で造られたのは、ロンドンのホアハカナナイアを含め14体だけなんです。

    背中には、鳥人間が刻まれています。

    ホア ハカナナイアは、イースター島の人たちにとってとっても大切で貴重なモアイ。
    この鳥人間の彫刻が鮮明に残ったモアイは少ないことと、玄武岩で造られたのは、ロンドンのホアハカナナイアを含め14体だけなんです。

  • ついでにこちらが、2012年に行ったときの大英博物館のモアイ。<br /><br />レプリカじゃないかって思うほど、肌(?)も状態もキレイなモアイ。<br />今、イースター島に戻ってきたら、一番状態が良いモアイなんじゃないのかなぁ?<br /><br />キレイだからこそこのモアイを持ってっちゃったんだろうけど…<br />返還すればいいのに、色々な事情があるのかなぁ。<br /><br />島側は、現地でレプリカを掘って、本物の代わりに同博物館へ贈る計画を提案しているんだそうです。

    ついでにこちらが、2012年に行ったときの大英博物館のモアイ。

    レプリカじゃないかって思うほど、肌(?)も状態もキレイなモアイ。
    今、イースター島に戻ってきたら、一番状態が良いモアイなんじゃないのかなぁ?

    キレイだからこそこのモアイを持ってっちゃったんだろうけど…
    返還すればいいのに、色々な事情があるのかなぁ。

    島側は、現地でレプリカを掘って、本物の代わりに同博物館へ贈る計画を提案しているんだそうです。

  • 広場へ。<br />ここには、レプリカと思われますが、モアイや彫刻があります。<br /><br />プカオを被ったモアイ。

    広場へ。
    ここには、レプリカと思われますが、モアイや彫刻があります。

    プカオを被ったモアイ。

  • 後ろにいたモアイ。<br />このコはアフに立ってないし、柵もない。<br /><br />

    後ろにいたモアイ。
    このコはアフに立ってないし、柵もない。

  • マケマケ神の化身の鳥人が彫られています

    マケマケ神の化身の鳥人が彫られています

  • こんなゲンコツも。<br />と、シャッターを押したらワンちゃん登場~

    こんなゲンコツも。
    と、シャッターを押したらワンちゃん登場~

  • ウニがたくさんいるよ~<br /><br />でも、岩にしっかり張り付いていて、簡単には取れズ…

    ウニがたくさんいるよ~

    でも、岩にしっかり張り付いていて、簡単には取れズ…

  • ウニちゃん、ちょっとピンクがかかった紫色をしています。

    ウニちゃん、ちょっとピンクがかかった紫色をしています。

  • このコも放牧されているのかな?<br />って思ったら、繋がれている。<br />自由にしている馬が多いので、何だか可哀想~

    このコも放牧されているのかな?
    って思ったら、繋がれている。
    自由にしている馬が多いので、何だか可哀想~

  • 「タハイ儀式村(Sector Tahai)」<br /><br />昨日、夕日を見に来たタハイへ。<br />夕方は逆光になってしまうので、モアイのお顔が見たければ日中を狙わなくてはいけません。<br /><br />5体並んだ「アフ・バイ・ウリ(AHU VAI URI)」。前に突き出して一体でいる「アフ・タハイ(AHU TAHAI)」。手前のプカオを乗せた目がある「アフ・コテリク(AHU KOTERIKU)」。<br />立ったモアイが三種います。

    「タハイ儀式村(Sector Tahai)」

    昨日、夕日を見に来たタハイへ。
    夕方は逆光になってしまうので、モアイのお顔が見たければ日中を狙わなくてはいけません。

    5体並んだ「アフ・バイ・ウリ(AHU VAI URI)」。前に突き出して一体でいる「アフ・タハイ(AHU TAHAI)」。手前のプカオを乗せた目がある「アフ・コテリク(AHU KOTERIKU)」。
    立ったモアイが三種います。

  • その他に、倒れたモアイも…。<br /><br />朝見たアフ・トンガリキにもいた倒れたモアイと同じで、運ばれる途中で壊れちゃったのかな?

    その他に、倒れたモアイも…。

    朝見たアフ・トンガリキにもいた倒れたモアイと同じで、運ばれる途中で壊れちゃったのかな?

  • わかりにくいけど、写真の手前、楕円形に石が置かれているのがわかりますか?<br /><br />これは、住居だった『ハレ・バカ』と呼ばれるボートハウス跡。<br />ラパヌイ語で「ハレ」が住居、「バカ」がカヌーを意味します。<br />カヌーを逆さまにして住居にしていましたが、その基礎というか土台部分が残っています。

    わかりにくいけど、写真の手前、楕円形に石が置かれているのがわかりますか?

    これは、住居だった『ハレ・バカ』と呼ばれるボートハウス跡。
    ラパヌイ語で「ハレ」が住居、「バカ」がカヌーを意味します。
    カヌーを逆さまにして住居にしていましたが、その基礎というか土台部分が残っています。

  • 横の断面から見た図。<br />

    横の断面から見た図。

  • モアイの後ろには、人工の小さい入り江と斜面になった石畳の船着場。<br />これは古代のカヌー用だったのだそう。

    モアイの後ろには、人工の小さい入り江と斜面になった石畳の船着場。
    これは古代のカヌー用だったのだそう。

  • 「アフ・タハイ(AHU TAHAI)」と「アフ・バイ・ウリ(AHU VAI URI)」。

    「アフ・タハイ(AHU TAHAI)」と「アフ・バイ・ウリ(AHU VAI URI)」。

  • 「アフ・コテリク(AHU KOTERIKU)」<br /><br />唯一、(レプリカだけど)目がはめ込まれた(本物の)モアイ像。<br /><br />目は複製されたもので、フランスの雑誌社が撮影のために入れたものなんだそう。<br /><br />モアイはアフ(祭壇)に乗せた後に、目のくぼみを作り、珊瑚と黒曜石を使って作った目を付けました。<br />目を付ける事によって初めて霊力(マナ)が宿るとされました。<br /><br />なので、部族間で争ったモアイ倒し戦争では、イースター島内のモアイは全て倒されましたが、目にマナがあるので見えないようにうつ伏せに倒し、目を粉々に砕いたんだそう。<br /><br />だから、島内の至る所で倒れているモアイは、ほとんどがうつ伏せで(仰向けなのは運搬中に壊れた?)、目がないのはこのせいなのです。

    「アフ・コテリク(AHU KOTERIKU)」

    唯一、(レプリカだけど)目がはめ込まれた(本物の)モアイ像。

    目は複製されたもので、フランスの雑誌社が撮影のために入れたものなんだそう。

    モアイはアフ(祭壇)に乗せた後に、目のくぼみを作り、珊瑚と黒曜石を使って作った目を付けました。
    目を付ける事によって初めて霊力(マナ)が宿るとされました。

    なので、部族間で争ったモアイ倒し戦争では、イースター島内のモアイは全て倒されましたが、目にマナがあるので見えないようにうつ伏せに倒し、目を粉々に砕いたんだそう。

    だから、島内の至る所で倒れているモアイは、ほとんどがうつ伏せで(仰向けなのは運搬中に壊れた?)、目がないのはこのせいなのです。

  • モアイの前には小さなストーンサークルがあります。<br />この散りばめられた石もアフなんだそう。

    モアイの前には小さなストーンサークルがあります。
    この散りばめられた石もアフなんだそう。

  • 一度ホテルに戻ってコーヒータイム。<br />まだどこか行けるね!<br /><br />「ラノ・カウ展望台(MIRADOR RANO KAU)」へ。<br /><br />直径1.6kmのカルデラ湖。<br />200m下に湖面があって水深は5~11m。<br />島の水源の一つにもなっているんだそう。<br /><br />ものすごい強風。飛ばされて落ちないように気を付けなきゃ。<br />でも、湖の周りは風が当たらないので、昔は菜園だったそぅ。<br />

    一度ホテルに戻ってコーヒータイム。
    まだどこか行けるね!

    「ラノ・カウ展望台(MIRADOR RANO KAU)」へ。

    直径1.6kmのカルデラ湖。
    200m下に湖面があって水深は5~11m。
    島の水源の一つにもなっているんだそう。

    ものすごい強風。飛ばされて落ちないように気を付けなきゃ。
    でも、湖の周りは風が当たらないので、昔は菜園だったそぅ。

  • 湖面に青空が反射してとってもキレイ!

    湖面に青空が反射してとってもキレイ!

  • 写真の中央のポツンとある白いトコが、駐車場兼展望台。<br />そこから湖の淵を歩くことができます。<br />オロンゴ儀式村まで続いています。<br /><br />湖のベストショットを探すべく歩いてみたのですが…<br />あまりの強風で危険と判断し、車に戻りました…

    写真の中央のポツンとある白いトコが、駐車場兼展望台。
    そこから湖の淵を歩くことができます。
    オロンゴ儀式村まで続いています。

    湖のベストショットを探すべく歩いてみたのですが…
    あまりの強風で危険と判断し、車に戻りました…

  • 「アフ・リアータ(AHU RIATA)」<br /><br />逆光で、お顔が見えませんが、イースター島に物資が荷揚げされるピコ港を背に立っています。<br /><br />何と、帰国してから知ったのですが、「アフ・トンガリキ」を立てるのに援助したクレーン会社「タダノ」のクレーン車がこの港にありました!<br />で、何とこの写真に写っていました!<br />矢印の先。<br />分かりますか??<br />トレジャーボートの目印になっています。

    「アフ・リアータ(AHU RIATA)」

    逆光で、お顔が見えませんが、イースター島に物資が荷揚げされるピコ港を背に立っています。

    何と、帰国してから知ったのですが、「アフ・トンガリキ」を立てるのに援助したクレーン会社「タダノ」のクレーン車がこの港にありました!
    で、何とこの写真に写っていました!
    矢印の先。
    分かりますか??
    トレジャーボートの目印になっています。

  • 牛や馬が、島内のあっちこちで放牧されています。<br /><br />可愛い赤いお花をクンクンしていた牛さん。

    牛や馬が、島内のあっちこちで放牧されています。

    可愛い赤いお花をクンクンしていた牛さん。

  • スーパーへ。<br /><br />イースター島では、タロイモが主食です。

    スーパーへ。

    イースター島では、タロイモが主食です。

  • あ~さっきのお馬さん。<br />まだ繋がれたままなんだ。<br /><br />このコを見ながら、「タハイ儀式村」へ。

    あ~さっきのお馬さん。
    まだ繋がれたままなんだ。

    このコを見ながら、「タハイ儀式村」へ。

  • タハイ儀式村では、住居等が復元されています。

    タハイ儀式村では、住居等が復元されています。

  • まだ夕日には早かったかな?<br /><br />夕日が落ちるのを、ボーっと見ていました。

    まだ夕日には早かったかな?

    夕日が落ちるのを、ボーっと見ていました。

  • この海のずっと向こうに日本があります。

    この海のずっと向こうに日本があります。

  • 周りはもう真っ暗。<br />ん?何かいる?<br />露出を上げて写真を撮ってみると…<br /><br />お馬さんとワンちゃんが何やら相談中でした。。。

    周りはもう真っ暗。
    ん?何かいる?
    露出を上げて写真を撮ってみると…

    お馬さんとワンちゃんが何やら相談中でした。。。

  • 今夜は外食しよう!<br /><br />雰囲気の良さそうな、海岸沿いの「AU BOUT DU MONDE」へ。

    今夜は外食しよう!

    雰囲気の良さそうな、海岸沿いの「AU BOUT DU MONDE」へ。

  • 暗いので海は見えないけど、店内は岩や木彫りの彫刻があったりで、ちょっとユニーク。

    暗いので海は見えないけど、店内は岩や木彫りの彫刻があったりで、ちょっとユニーク。

  • まずは、「マンゴージュース(3,800ペソ)」と「ESCUDOビール(3,000ペソ)」で乾杯!

    まずは、「マンゴージュース(3,800ペソ)」と「ESCUDOビール(3,000ペソ)」で乾杯!

  • ダンナさんは、「CURRY DE POLLO(14,000ペソ)」。<br /><br />「普通のカレーの味」との評価。<br />でもそれって美味しいってことでしょ?<br /><br />ちょっと納得がいかない模様…<br />なぜかというと…<br />

    ダンナさんは、「CURRY DE POLLO(14,000ペソ)」。

    「普通のカレーの味」との評価。
    でもそれって美味しいってことでしょ?

    ちょっと納得がいかない模様…
    なぜかというと…

  • 私のがあまりにも美味しかったから!!<br /><br />私は、「COSTILLAR CARAMELIZADO(16,000ペソ)」<br /><br />甘いスペアリブ!<br />めちゃめちゃ美味しい~(´艸`*)<br />ダンナさんにもお裾分け~

    私のがあまりにも美味しかったから!!

    私は、「COSTILLAR CARAMELIZADO(16,000ペソ)」

    甘いスペアリブ!
    めちゃめちゃ美味しい~(´艸`*)
    ダンナさんにもお裾分け~

  • あと、絶対に食べたかった、イースター島名物の「マグロのセビッチェ(とさつまいものチップス)(15,000ペソ)」!<br /><br />お腹いっぱい!<br /><br />イースター島は、星空もとってもキレイ★<br />星空観測もしたいけど、何せ寒い。。。<br />冬支度してくるべきだったと、何度も後悔。

    あと、絶対に食べたかった、イースター島名物の「マグロのセビッチェ(とさつまいものチップス)(15,000ペソ)」!

    お腹いっぱい!

    イースター島は、星空もとってもキレイ★
    星空観測もしたいけど、何せ寒い。。。
    冬支度してくるべきだったと、何度も後悔。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

チリで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チリ最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チリの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集