メクレンブルク・フォアポンメルン州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ドイツの春:北方二州・シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州&メクレンブルク・フォアポンメルン州を中心に巡る旅<br />期間:2014年05月09日~23日  15日間)<br /><br />参考:<br />≪ドイツの春:北方二州を巡る旅に出る≫<br />http://4travel.jp/travelogue/10883955<br /><br />05月17日(土) 170km、晴れ、16.5℃、今日も天候に恵まれた。<br /><br />Guestrowギュストロー14:00 =>L?・B104・L? 64km Schwerinシュヴェリーン観光 15:10〜16:25、アイス:Schloss Schwerlinシュヴェリーン城の庭園で 15:30〜15:40 =>L?・B321・L? 29km Kuhlen-Wendorf ・Schlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城16:54着。<br /><br />写真はSchloss Schwerlinシュヴェリーン城

ドイツの春・北方二州を巡る:15七つの湖の町と称される古都シュヴェリーン、メクレンブルク地方の典型的な風景の中にある古城ホテル ヴェンドルフ城

30いいね!

2014/05/09 - 2014/05/23

3位(同エリア55件中)

jijidaruma

jijidarumaさん

ドイツの春:北方二州・シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州&メクレンブルク・フォアポンメルン州を中心に巡る旅
期間:2014年05月09日~23日  15日間)

参考:
≪ドイツの春:北方二州を巡る旅に出る≫
http://4travel.jp/travelogue/10883955

05月17日(土) 170km、晴れ、16.5℃、今日も天候に恵まれた。

Guestrowギュストロー14:00 =>L?・B104・L? 64km Schwerinシュヴェリーン観光 15:10〜16:25、アイス:Schloss Schwerlinシュヴェリーン城の庭園で 15:30〜15:40 =>L?・B321・L? 29km Kuhlen-Wendorf ・Schlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城16:54着。

写真はSchloss Schwerlinシュヴェリーン城

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ルフトハンザドイツ航空 ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • *本日の最後はギュストローから64km先のSchwerinシュヴェリーンの観光です。<br /><br />≪Schwerlinシュヴェリーン≫<br />15:10〜16:25<br />http://www.schwerin.de/<br /><br />2005年4月24日に初めて訪れた。リューベックに泊り、ヴィスマール・ロストックそして、シュヴェリーンの三都市を巡る小旅行をしたのである。<br />北西55kmにリューベック、北30kmにヴィスマール、北東70kmにロストックがある。<br /><br />それだけに時間に追われて、十分に見たわけでもなく、今年の旅では再びシュヴェリーンを行程に入れた。<br /><br />写真は1300年頃の地図

    *本日の最後はギュストローから64km先のSchwerinシュヴェリーンの観光です。

    ≪Schwerlinシュヴェリーン≫
    15:10〜16:25
    http://www.schwerin.de/

    2005年4月24日に初めて訪れた。リューベックに泊り、ヴィスマール・ロストックそして、シュヴェリーンの三都市を巡る小旅行をしたのである。
    北西55kmにリューベック、北30kmにヴィスマール、北東70kmにロストックがある。

    それだけに時間に追われて、十分に見たわけでもなく、今年の旅では再びシュヴェリーンを行程に入れた。

    写真は1300年頃の地図

  • シュヴェリーンは湖水地帯の広がるメクレンブルク・フォアポンメルン州の州都である。<br /><br />“Stadt der sieben Seen7つの湖の町”と称される古都シュヴェリーンは「北のフィレンツェ」、「大聖堂の街」、「居城都市」と様々な異名で呼ばれている。 <br />確かに絵葉書で見ると、シュヴェリーン湖に浮かぶ町のようだ。人口は95千人とドイツで最も小さな州都になる 。<br /><br />かつてこの地はスラヴの居留地があったと考えられ、その後ザクセン人に征服された。<br />1160年にHeinrich III der Loeweハインリヒ獅子公(町の“創始者”とされている)から都市の自治権を与えられ、まもなく司教座がおかれた。<br />中世から近代にかけて、メクレンブルク公領、メクレンブルク・シュヴェリーン公領の都であった。第二次大戦後、東独領になったが工業化が進められ、産業文化の中心となった。<br /><br />写真はシュヴェリーン家の紋章

    シュヴェリーンは湖水地帯の広がるメクレンブルク・フォアポンメルン州の州都である。

    “Stadt der sieben Seen7つの湖の町”と称される古都シュヴェリーンは「北のフィレンツェ」、「大聖堂の街」、「居城都市」と様々な異名で呼ばれている。
    確かに絵葉書で見ると、シュヴェリーン湖に浮かぶ町のようだ。人口は95千人とドイツで最も小さな州都になる 。

    かつてこの地はスラヴの居留地があったと考えられ、その後ザクセン人に征服された。
    1160年にHeinrich III der Loeweハインリヒ獅子公(町の“創始者”とされている)から都市の自治権を与えられ、まもなく司教座がおかれた。
    中世から近代にかけて、メクレンブルク公領、メクレンブルク・シュヴェリーン公領の都であった。第二次大戦後、東独領になったが工業化が進められ、産業文化の中心となった。

    写真はシュヴェリーン家の紋章

  • 車を城に向けて走らせ、幸運にもAlter Gartenアルターガルテンの駐車場に車を置けた。<br /><br />右に戦勝記念碑、左に州立劇場、州立博物館の壮麗な建物があるが、今日はガルテン一帯を工事している。<br /><br />Schlossstrasse城通りの先に古都一番の見物である“ドイツのシャンボール城=シュヴェリーン城”が見えてきた。<br /><br />2005年4月の時は城自体が改装中で、肝心の美しい城は工事用シートカバーで覆われていたっけ。<br /><br />写真は“ドイツのシャンボール城(仏・ロワールの古城の一つ=シュヴェリーン城”

    イチオシ

    地図を見る

    車を城に向けて走らせ、幸運にもAlter Gartenアルターガルテンの駐車場に車を置けた。

    右に戦勝記念碑、左に州立劇場、州立博物館の壮麗な建物があるが、今日はガルテン一帯を工事している。

    Schlossstrasse城通りの先に古都一番の見物である“ドイツのシャンボール城=シュヴェリーン城”が見えてきた。

    2005年4月の時は城自体が改装中で、肝心の美しい城は工事用シートカバーで覆われていたっけ。

    写真は“ドイツのシャンボール城(仏・ロワールの古城の一つ=シュヴェリーン城”

    シュヴェリーン城 城・宮殿

    城の守護精霊・小人のペーターの伝説が残るシュヴェリーン城 by jijidarumaさん
  • <Schloss Schwerlinシュヴェリーン城><br />15:10〜16:25<br />D-19055 Schwerin  、Alter Garten3<br />http://www.museum-schwerin.de/orte/schloss-schwerin/<br /><br />「7つの湖の町」と称される美しい古都は湖上に佇む華麗なシュヴェリーン城を“湖上の宝石”と自慢としている。北ドイツ屈指の名城として知られ,「北のノイシュヴァンシュタイン城」とも呼ばれている。<br /><br />写真はSchwerinシュヴェリーン城:DDR東独時代の切手1986年

    <Schloss Schwerlinシュヴェリーン城>
    15:10〜16:25
    D-19055 Schwerin  、Alter Garten3
    http://www.museum-schwerin.de/orte/schloss-schwerin/

    「7つの湖の町」と称される美しい古都は湖上に佇む華麗なシュヴェリーン城を“湖上の宝石”と自慢としている。北ドイツ屈指の名城として知られ,「北のノイシュヴァンシュタイン城」とも呼ばれている。

    写真はSchwerinシュヴェリーン城:DDR東独時代の切手1986年

  • 現在のシュヴェリーン城は州議会として使用されており、一部が博物館として公開されている。<br /><br />フランス・ロワール地方のシャンボール城を手本としたとされ、華麗な装飾の塔をもつ城である。無数の塔や丸屋根、翼棟を備えるロマンチックなメルヘン宮殿は橋のこちらから見る正面には何本もの塔が林立して見え、その姿はシャンボール城に良く似ている。<br /><br />写真はかつての絵葉書

    現在のシュヴェリーン城は州議会として使用されており、一部が博物館として公開されている。

    フランス・ロワール地方のシャンボール城を手本としたとされ、華麗な装飾の塔をもつ城である。無数の塔や丸屋根、翼棟を備えるロマンチックなメルヘン宮殿は橋のこちらから見る正面には何本もの塔が林立して見え、その姿はシャンボール城に良く似ている。

    写真はかつての絵葉書

  • 写真は戦勝記念碑

    写真は戦勝記念碑

  • シュヴェリーン城の歴史:<br /><br />973年に記録に現れたスラーヴェンブルクの城主は島の上という防衛上有利な場所を選択した。<br /><br />現在のシュヴェリーン城の建設は1500年頃に始まり、1843〜57年にGrossherzog von Mecklenburgメクレンブルク大公*Friedrich Franz ?フリードリヒ・フランツ2世の命により改装され、今の姿になった。<br /><br />橋を渡って、正面に城を見ると、二つの塔に挟まれた王冠を掲げたような主塔がある。その下のファサードにFuerst Nikolaus I侯爵ニコラウス1世(1164〜1200年:メクレンブルク公爵及び大公の先祖、Niklotニクロトとも云う。)の騎馬像が守護神のごとく在る。<br /><br />写真は

    シュヴェリーン城の歴史:

    973年に記録に現れたスラーヴェンブルクの城主は島の上という防衛上有利な場所を選択した。

    現在のシュヴェリーン城の建設は1500年頃に始まり、1843〜57年にGrossherzog von Mecklenburgメクレンブルク大公*Friedrich Franz ?フリードリヒ・フランツ2世の命により改装され、今の姿になった。

    橋を渡って、正面に城を見ると、二つの塔に挟まれた王冠を掲げたような主塔がある。その下のファサードにFuerst Nikolaus I侯爵ニコラウス1世(1164〜1200年:メクレンブルク公爵及び大公の先祖、Niklotニクロトとも云う。)の騎馬像が守護神のごとく在る。

    写真は

  • *Haus Mecklenburgメクレンブルク家はドイツ北東部、メクレンブルク地方の統治者の家系で、スラヴ人の部族国家オボドリト族の首長の家系に起源を持ち、オボドリト家(Obodriten)とも呼ばれる。<br /><br />一族の男子はメクレンブルク公爵の称号を有し、1815年以後は家長がメクレンブルク大公を称した。<br /><br />写真は庭園に向かう道

    *Haus Mecklenburgメクレンブルク家はドイツ北東部、メクレンブルク地方の統治者の家系で、スラヴ人の部族国家オボドリト族の首長の家系に起源を持ち、オボドリト家(Obodriten)とも呼ばれる。

    一族の男子はメクレンブルク公爵の称号を有し、1815年以後は家長がメクレンブルク大公を称した。

    写真は庭園に向かう道

  • 写真は「7つの湖の町」と称される湖

    写真は「7つの湖の町」と称される湖

  • Schlossgartenバロック庭園から中庭へ:<br /><br />今日は前回行かなかったSchlossgarten庭園を中心に回り、城内博物館には入らなかった。前回の旅で城内の見物をしたこともあるが、少々中身に乏しかったので・・・。<br /><br />城外の橋を渡った所に25haの広大なSchlossgartenバロック庭園がある。北ドイツで最も美しいバロック庭園と称されている。<br /><br />広い芝生庭園の手前に大きく、立派なメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の騎馬像が立つ。1893年の作成だという。広い芝生庭園、並木道、東屋、花壇、植え込み、様々な石像彫刻および運河が交差し、バロック式の特徴をよく表現している。<br /><br />写真は大きく、立派なメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の騎馬像

    Schlossgartenバロック庭園から中庭へ:

    今日は前回行かなかったSchlossgarten庭園を中心に回り、城内博物館には入らなかった。前回の旅で城内の見物をしたこともあるが、少々中身に乏しかったので・・・。

    城外の橋を渡った所に25haの広大なSchlossgartenバロック庭園がある。北ドイツで最も美しいバロック庭園と称されている。

    広い芝生庭園の手前に大きく、立派なメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の騎馬像が立つ。1893年の作成だという。広い芝生庭園、並木道、東屋、花壇、植え込み、様々な石像彫刻および運河が交差し、バロック式の特徴をよく表現している。

    写真は大きく、立派なメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の騎馬像

  • 写真はメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の騎馬像の下の銅版<br /><br /><br />

    写真はメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の騎馬像の下の銅版


  • 写真は広い芝生庭園・バロック庭園から城を見る

    写真は広い芝生庭園・バロック庭園から城を見る

  • 写真は広い芝生庭園

    写真は広い芝生庭園

  • 写真は広い芝生庭園に様々な石像彫刻および運河がある。

    写真は広い芝生庭園に様々な石像彫刻および運河がある。

  • 写真は「7つの湖の町」湖上に佇む華麗なシュヴェリーン城・俯瞰

    写真は「7つの湖の町」湖上に佇む華麗なシュヴェリーン城・俯瞰

  • (アイス)Schloss Schwerlinシュヴェリーン城の庭園で<br /><br />15:30〜15:40 Euro4(529円)<br />子供が売り手、暑い日差しにツイ、アイスに手が出た。<br /><br />アイスを片手に城の中庭にいき、ベンチで休憩です。何やら餌を頂けるかと思ったらしいカモ2羽寄ってきます。アイスをちょっと・・・というわけにもいかない。<br /><br />写真はアイスとカモ

    (アイス)Schloss Schwerlinシュヴェリーン城の庭園で

    15:30〜15:40 Euro4(529円)
    子供が売り手、暑い日差しにツイ、アイスに手が出た。

    アイスを片手に城の中庭にいき、ベンチで休憩です。何やら餌を頂けるかと思ったらしいカモ2羽寄ってきます。アイスをちょっと・・・というわけにもいかない。

    写真はアイスとカモ

  • 写真はカモ

    写真はカモ

  • Schwerinerseeシュヴェリーン湖を望む高台に上がる。<br /><br />真っ青の湖面を走る風がやや強く、髪がなびく。向こう側の岸辺にはマストの帆を降ろしたヨットや遊覧船が見える。丁度1隻の湖上遊覧船が行く。<br />時間があれば、遊覧も良いかもしれない。<br /><br />花と湖を眺めながらオランジェリーカフェで過ごすのも良いだろう。かつての王侯貴族の暮らしを体験しているかのような優雅な気分にさせることだろう。<br /><br />写真は湖上遊覧船

    Schwerinerseeシュヴェリーン湖を望む高台に上がる。

    真っ青の湖面を走る風がやや強く、髪がなびく。向こう側の岸辺にはマストの帆を降ろしたヨットや遊覧船が見える。丁度1隻の湖上遊覧船が行く。
    時間があれば、遊覧も良いかもしれない。

    花と湖を眺めながらオランジェリーカフェで過ごすのも良いだろう。かつての王侯貴族の暮らしを体験しているかのような優雅な気分にさせることだろう。

    写真は湖上遊覧船

  • 城内博物館:<br /><br />城の内部は653の部屋があり、其々の部屋は象嵌細工の床や豊かな彫刻、金箔貼り、化粧漆喰天井などで飾られた、豪奢な造りになっている。尤も素晴しいのは「謁見の間」で、カラーラ大理石(イタリア)の柱と金メッキが施された鋳鉄製扉を備えている。<br /><br />城主であったメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の玉座や大公妃の部屋、会食の間、花の間、華やかな系図ギャラリー、ガーデンサロン風に造られ、湖を展望できる円形塔部屋、図書室、喫煙室、ビリヤードルーム、 “マイセン磁器”など素晴らしい陶磁器のコレクション、銃のコレクションも展示されている。<br /><br />Schloss‐Cafe城内カフェあり。<br /><br />写真はシュヴェリーン城

    城内博物館:

    城の内部は653の部屋があり、其々の部屋は象嵌細工の床や豊かな彫刻、金箔貼り、化粧漆喰天井などで飾られた、豪奢な造りになっている。尤も素晴しいのは「謁見の間」で、カラーラ大理石(イタリア)の柱と金メッキが施された鋳鉄製扉を備えている。

    城主であったメクレンブルグ大公フリードリヒ・フランツ2世の玉座や大公妃の部屋、会食の間、花の間、華やかな系図ギャラリー、ガーデンサロン風に造られ、湖を展望できる円形塔部屋、図書室、喫煙室、ビリヤードルーム、 “マイセン磁器”など素晴らしい陶磁器のコレクション、銃のコレクションも展示されている。

    Schloss‐Cafe城内カフェあり。

    写真はシュヴェリーン城

  • 写真は城内①会食の間

    写真は城内①会食の間

  • 写真は城内②王冠の間

    写真は城内②王冠の間

  • 写真は城内③肖像画の間

    写真は城内③肖像画の間

  • 写真はシュヴェリーン城の中庭・・中央奥にレストラン・カフェ

    写真はシュヴェリーン城の中庭・・中央奥にレストラン・カフェ

  • 写真はシュヴェリーン城_orangerie_grotteオランジェリーと洞窟

    写真はシュヴェリーン城_orangerie_grotteオランジェリーと洞窟

  • 高台のテラスでハンブルクから、自由行動日を利用して、シュヴェリーン観光に来られた7、8人の日本の女性グループに出会った。<br />今夕宿泊する古城ホテルやレンタカーの旅のお話を少々して、皆さんの団体写真を撮ってあげた。<br /><br />2005年4月の時は確か無なかったと思うが、シュヴェリーン湖を背景にして、絵画のような額付き写真を撮れるように木枠があった。<br />なかなか良いアイデア−で観光客は皆、枠に納まって写真を撮っていた。<br /><br />私共も日本人の女性グループも、お互いに絵画の中に納まり額付き写真を撮りあった。楽しい思い出写真ができたようだ。<br /><br />写真はオランジェリーの先にこうした楽しい仕掛けがあった。

    イチオシ

    高台のテラスでハンブルクから、自由行動日を利用して、シュヴェリーン観光に来られた7、8人の日本の女性グループに出会った。
    今夕宿泊する古城ホテルやレンタカーの旅のお話を少々して、皆さんの団体写真を撮ってあげた。

    2005年4月の時は確か無なかったと思うが、シュヴェリーン湖を背景にして、絵画のような額付き写真を撮れるように木枠があった。
    なかなか良いアイデア−で観光客は皆、枠に納まって写真を撮っていた。

    私共も日本人の女性グループも、お互いに絵画の中に納まり額付き写真を撮りあった。楽しい思い出写真ができたようだ。

    写真はオランジェリーの先にこうした楽しい仕掛けがあった。

  • ≪伝説:シュヴェリーン城の守護精霊・小人のペーター≫<br /><br />Die Sage vom Petermaennchen, dem Schutzgeist des Schweriner Schlosses.<br />シュヴェリーン城には小人のペーターという精霊が住んでいると云う。<br />小人のペーターは近世の騎士の格好をして、城内の鍵やランタンや短剣をもつ姿で描かれることが多い。善良な者には幸運をもたらし、泥棒や侵入者にはお仕置きやいたずらをすると云われ、城の番人としてシュヴェリーンの人々に愛されている。<br />(別紙に纏めた伝説・小人のペーターを参照)<br /><br />木彫りの小人のペーター像が城内あるいは庭園のどこかにあるらしい。だが、残念なことに、小人像は未発見に終わった。<br /><br />5人の市民の方に聞いたが、なんと名前はともかくも、像の場所を誰も知らなかったのである。<br /><br />シュヴェリーンの旅行者案内に“Schlossgeist Petermaennchen”というガイド付きツアーが(1.5時間、Euro80)あるというから、普通は知っていてもよさそうだが・・・。<br /><br />XXX<br /><br />写真はSchwerin:見つけられなかったPetermaennchenペーターメンヒェン

    ≪伝説:シュヴェリーン城の守護精霊・小人のペーター≫

    Die Sage vom Petermaennchen, dem Schutzgeist des Schweriner Schlosses.
    シュヴェリーン城には小人のペーターという精霊が住んでいると云う。
    小人のペーターは近世の騎士の格好をして、城内の鍵やランタンや短剣をもつ姿で描かれることが多い。善良な者には幸運をもたらし、泥棒や侵入者にはお仕置きやいたずらをすると云われ、城の番人としてシュヴェリーンの人々に愛されている。
    (別紙に纏めた伝説・小人のペーターを参照)

    木彫りの小人のペーター像が城内あるいは庭園のどこかにあるらしい。だが、残念なことに、小人像は未発見に終わった。

    5人の市民の方に聞いたが、なんと名前はともかくも、像の場所を誰も知らなかったのである。

    シュヴェリーンの旅行者案内に“Schlossgeist Petermaennchen”というガイド付きツアーが(1.5時間、Euro80)あるというから、普通は知っていてもよさそうだが・・・。

    XXX

    写真はSchwerin:見つけられなかったPetermaennchenペーターメンヒェン

  • 写真は小人のペーター(伝説:シュヴェリーン城の守護精霊・小人のペーター<br />Die Sage vom Petermaennchen, dem Schutzgeist des Schweriner Schlosses.)<br /><br /><br />ご参考:<br />≪伝説:シュヴェリーン城の守護精霊・小人のペーター≫<br />http://4travel.jp/travelogue/10896308<br />

    写真は小人のペーター(伝説:シュヴェリーン城の守護精霊・小人のペーター
    Die Sage vom Petermaennchen, dem Schutzgeist des Schweriner Schlosses.)


    ご参考:
    ≪伝説:シュヴェリーン城の守護精霊・小人のペーター≫
    http://4travel.jp/travelogue/10896308

  • 以下は参考までに(事前調査をしたものの、結局見送った):<br /><br />Weisse Flotte湖上遊覧船;<br />10:30〜16:00、所要時間は凡そ1~2時間。州立博物館傍に船着き場がある。<br /><br />マルクト広場のRathaus市庁舎:<br />1338年来の場所に立ち、ファザードは19世紀のもの。<br /><br />聖マリアと聖ヨハネのSchweriner Domシュヴェリーン大聖堂:<br />19世紀後半に建てられた煉瓦のゴシック建築である。完成までに700年以上を要したという。約118mの高さの尖塔を持つ。<br />1160年に都市が建設された数年後には、初代の大聖堂が完成し、司教座が置かれている。<br />様々なスタイルで増改築されながら何世紀も生き延びてきたシュヴェリーンで唯一の中世建築物です。 最初の大聖堂は場所の問題で間もなく塔を除いて取り壊され、1248年に落成したロマネスク様式の司教座聖堂もすぐに規模が小さい事となった。<br />それは十字軍遠征に赴いたハインリヒ・シュヴェリーン伯爵がキリストの血という聖遺物 “ 聖血”を封入した碧玉を持ち帰った為、巡礼者が殺到するであろう事が予想されたからである。それなりの規模の“保管場所” が必要になり、1270年ごろに新たな大聖堂(巡礼教会)が建造された。<br /><br />シュヴェリーン州立博物館:<br />http://www.museum-schwerin.de/<br />*1986年以来、シュヴェリーン州立博物館及びルートヴィヒルスト城博物館、ギュストロー城博物館の三州立博物館は一体の組織になっている。<br />博物館はギリシャ神殿風の新古典主義建築である。<br />17・18世紀のオランダ・フランドルの絵画コレクションは必見。小規模ながら、オランダ絵画からモダン・アートまで幅広い。表現主義の彫刻家バルラハの展示室に「再会Das Wiedersehen」が見られる。<br />開館時間;(夏季)火曜日〜日曜日 10:00〜18:00。<br /><br />XXX<br /><br />写真は州立劇場、州立博物館

    以下は参考までに(事前調査をしたものの、結局見送った):

    Weisse Flotte湖上遊覧船;
    10:30〜16:00、所要時間は凡そ1~2時間。州立博物館傍に船着き場がある。

    マルクト広場のRathaus市庁舎:
    1338年来の場所に立ち、ファザードは19世紀のもの。

    聖マリアと聖ヨハネのSchweriner Domシュヴェリーン大聖堂:
    19世紀後半に建てられた煉瓦のゴシック建築である。完成までに700年以上を要したという。約118mの高さの尖塔を持つ。
    1160年に都市が建設された数年後には、初代の大聖堂が完成し、司教座が置かれている。
    様々なスタイルで増改築されながら何世紀も生き延びてきたシュヴェリーンで唯一の中世建築物です。 最初の大聖堂は場所の問題で間もなく塔を除いて取り壊され、1248年に落成したロマネスク様式の司教座聖堂もすぐに規模が小さい事となった。
    それは十字軍遠征に赴いたハインリヒ・シュヴェリーン伯爵がキリストの血という聖遺物 “ 聖血”を封入した碧玉を持ち帰った為、巡礼者が殺到するであろう事が予想されたからである。それなりの規模の“保管場所” が必要になり、1270年ごろに新たな大聖堂(巡礼教会)が建造された。

    シュヴェリーン州立博物館:
    http://www.museum-schwerin.de/
    *1986年以来、シュヴェリーン州立博物館及びルートヴィヒルスト城博物館、ギュストロー城博物館の三州立博物館は一体の組織になっている。
    博物館はギリシャ神殿風の新古典主義建築である。
    17・18世紀のオランダ・フランドルの絵画コレクションは必見。小規模ながら、オランダ絵画からモダン・アートまで幅広い。表現主義の彫刻家バルラハの展示室に「再会Das Wiedersehen」が見られる。
    開館時間;(夏季)火曜日〜日曜日 10:00〜18:00。

    XXX

    写真は州立劇場、州立博物館

  • さて、今夜の古城ホテルに向かおう。<br />シュヴェリーンからは29km、30分の距離だ。<br />Kuhlen-Wendorf ・Schlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城に16:54到着。<br /><br />古城ホテル ヴェンドルフ城はロストック空港から50km、シュヴェリーンから東に30kmと近く、メクレンブルク地方の典型的な風景の中にある。<br /><br />この旅で宿泊する5星は3つ、その最初の古城ホテルですから期待しています。<br />正面に見えた本城館に車をつけ、レセプションでチェックインする。<br /><br />写真は5星のSchlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城

    イチオシ

    地図を見る

    さて、今夜の古城ホテルに向かおう。
    シュヴェリーンからは29km、30分の距離だ。
    Kuhlen-Wendorf ・Schlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城に16:54到着。

    古城ホテル ヴェンドルフ城はロストック空港から50km、シュヴェリーンから東に30kmと近く、メクレンブルク地方の典型的な風景の中にある。

    この旅で宿泊する5星は3つ、その最初の古城ホテルですから期待しています。
    正面に見えた本城館に車をつけ、レセプションでチェックインする。

    写真は5星のSchlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城

    シュロスホテル ヴェンドルフ ホテル

    メクレンブルク地方の典型的な風景の中にある古城ホテル ヴェンドルフ城 by jijidarumaさん
  • レジデンツは正面左手にあり、Residenzの言葉のイメージとは異なる、普通の宿泊棟があった。<br /><br />部屋に入ると、中々素晴らしくシックなもので、モダンなユーゲント・シュティール様式なのだそうです。<br /><br />写真はレジデンツの入口で

    レジデンツは正面左手にあり、Residenzの言葉のイメージとは異なる、普通の宿泊棟があった。

    部屋に入ると、中々素晴らしくシックなもので、モダンなユーゲント・シュティール様式なのだそうです。

    写真はレジデンツの入口で

  • レジデンツのジュニアスイートも35?以上の広い豪華な居間と寝室、浴室・トイレがある。<br /><br />写真はモダンなユーゲント・シュティール様式のジュニアスイート

    レジデンツのジュニアスイートも35?以上の広い豪華な居間と寝室、浴室・トイレがある。

    写真はモダンなユーゲント・シュティール様式のジュニアスイート

  • 写真はモダンなユーゲント・シュティール様式の居間

    写真はモダンなユーゲント・シュティール様式の居間

  • デスク上には大変珍しい事にホテルの手書きの歓迎メッセージが置かれていました。<br />そして、イチゴとチョコレートがいつでもお楽しみくださいと準備されていた。<br /><br />写真はお楽しみ

    デスク上には大変珍しい事にホテルの手書きの歓迎メッセージが置かれていました。
    そして、イチゴとチョコレートがいつでもお楽しみくださいと準備されていた。

    写真はお楽しみ

  • ホテルでは“邪魔をしないでください、掃除をしてください”・・・といった紙製カードを部屋前のドアノブにかけるのが普通ですが、ここは優雅な装飾カーテンタッセル(房掛け)がその役をしていました。<br /><br />写真は優雅な装飾カーテンタッセル(房掛け)

    ホテルでは“邪魔をしないでください、掃除をしてください”・・・といった紙製カードを部屋前のドアノブにかけるのが普通ですが、ここは優雅な装飾カーテンタッセル(房掛け)がその役をしていました。

    写真は優雅な装飾カーテンタッセル(房掛け)

  • 写真は浴室・トイレ

    写真は浴室・トイレ

  • 写真は浴室・トイレ

    写真は浴室・トイレ

  • ≪(夕食)古城ホテル ヴェンドルフ城 グルメ・レストラン≫<br />”Cheval Blanc”シュヴァル・ブラン  <br /><br />19:00〜21:30 Euro203.5(28,846円)<br />グルメ・レストラン” シュヴァル・ブラン”はイタリア料理を基本とするという。仏・ボルドーのサン・テミリオンの格付けの頂点にたつワインの名前をレストラン名に使っているだけに少々可笑しみがある。<br /><br />写真はグルメ・レストラン” シュヴァル・ブラン”

    イチオシ

    ≪(夕食)古城ホテル ヴェンドルフ城 グルメ・レストラン≫
    ”Cheval Blanc”シュヴァル・ブラン  

    19:00〜21:30 Euro203.5(28,846円)
    グルメ・レストラン” シュヴァル・ブラン”はイタリア料理を基本とするという。仏・ボルドーのサン・テミリオンの格付けの頂点にたつワインの名前をレストラン名に使っているだけに少々可笑しみがある。

    写真はグルメ・レストラン” シュヴァル・ブラン”

  • もっとも食べた料理はフランス風料理であったから、レストラン情報が違うかもしれない。<br />レストランはレジデンツの隣の建物になる。<br /><br />“馬と騎手”のテーマで統一された絵画(例えば、キツネ狩りの場面)がレストラン内に飾られている。テラス前にも白馬の像が立っていることからすると、多分、この建物は厩舎を改築したものだろう。<br /><br />ドイツランクは441位(2013年より評価開始)、Schlemmer Atlas Spoon3つ(15.5点)、<br />ゴー・ミョ15点、ミシュラン GM 12点(まだミシュランの評価が低い)、35席。<br /><br />写真は馬をデザインしたレストランのメニュー

    もっとも食べた料理はフランス風料理であったから、レストラン情報が違うかもしれない。
    レストランはレジデンツの隣の建物になる。

    “馬と騎手”のテーマで統一された絵画(例えば、キツネ狩りの場面)がレストラン内に飾られている。テラス前にも白馬の像が立っていることからすると、多分、この建物は厩舎を改築したものだろう。

    ドイツランクは441位(2013年より評価開始)、Schlemmer Atlas Spoon3つ(15.5点)、
    ゴー・ミョ15点、ミシュラン GM 12点(まだミシュランの評価が低い)、35席。

    写真は馬をデザインしたレストランのメニュー

  • この夜のお客は近所の団体客数名(少々騒がしく、給仕さんが気を使った。)、私共ともう一組の中年のカップルでした。<br /><br /><飲物><br />アペリティーフにドライシェリー、モーゼルの白ワイン*Reichsgraf von Kesselstattケッセルシュタット帝国伯Weissburgunder 2012年0.75L1本、水0.75L。<br /><br />*第9回目の旅(2010年ドイツの秋)でドイツワイン街道とRheinland-Pfalz・Saarland地方を巡り、トリアーの近郊フェーレンにある1445年以来600年近く、神聖ローマ帝国・Kesselstattケッセルシュタット伯爵家の所有であった古城ホテルに泊まったことがある。<br /><br />そのことを思い出してこのワインを注文した。醸造所と伯爵家の関係については不明だ。<br /><br />写真はいつも同じ、シェリーで乾杯

    この夜のお客は近所の団体客数名(少々騒がしく、給仕さんが気を使った。)、私共ともう一組の中年のカップルでした。

    <飲物>
    アペリティーフにドライシェリー、モーゼルの白ワイン*Reichsgraf von Kesselstattケッセルシュタット帝国伯Weissburgunder 2012年0.75L1本、水0.75L。

    *第9回目の旅(2010年ドイツの秋)でドイツワイン街道とRheinland-Pfalz・Saarland地方を巡り、トリアーの近郊フェーレンにある1445年以来600年近く、神聖ローマ帝国・Kesselstattケッセルシュタット伯爵家の所有であった古城ホテルに泊まったことがある。

    そのことを思い出してこのワインを注文した。醸造所と伯爵家の関係については不明だ。

    写真はいつも同じ、シェリーで乾杯

  • 写真は“馬と騎手”のテーマで統一された絵画(例えば、キツネ狩りの場面)

    写真は“馬と騎手”のテーマで統一された絵画(例えば、キツネ狩りの場面)

  • 料理は家内が3品、私が4品を注文したが、5星ホテルがグルメ・レストランと謳うだけに料理の味には満足した。<br />パンとそれ用にオリーブオイル、バター、塩の3種が付いた。<br /><br />①	シェフのご挨拶:<br />(A)ドイツで初めて食べた珍しい品のたこ焼き(キュウリの甘酢漬け入り)、緑パンの上にキノコ、生チーズのようなクリーム載せ。<br /><br />写真はシェフのご挨拶:(A)

    料理は家内が3品、私が4品を注文したが、5星ホテルがグルメ・レストランと謳うだけに料理の味には満足した。
    パンとそれ用にオリーブオイル、バター、塩の3種が付いた。

    ① シェフのご挨拶:
    (A)ドイツで初めて食べた珍しい品のたこ焼き(キュウリの甘酢漬け入り)、緑パンの上にキノコ、生チーズのようなクリーム載せ。

    写真はシェフのご挨拶:(A)

  • (B)ひまわりや穀物の種を粉で丸め焼いたものに赤のラディッシュ、人参の薄切り添え、オレンジソースかけ。<br /><br />写真はシェフのご挨拶:(B)

    (B)ひまわりや穀物の種を粉で丸め焼いたものに赤のラディッシュ、人参の薄切り添え、オレンジソースかけ。

    写真はシェフのご挨拶:(B)

  • ②	スープ:カイザー車エビのスープ、ヤシの実、生姜、グリーンアスパラ、キノコ、コリアンダー入り。甘味のスープが美味い。<br /><br />写真はスープ

    ② スープ:カイザー車エビのスープ、ヤシの実、生姜、グリーンアスパラ、キノコ、コリアンダー入り。甘味のスープが美味い。

    写真はスープ

  • 写真はパンとそれ用に左からオリーブオイル、バター、塩の3種

    写真はパンとそれ用に左からオリーブオイル、バター、塩の3種

  • ③	メイン:家内は鯛とキャヴィア、ラムソンのサラダ添え、菜種油ソース。<br /><br />写真はメイン:家内

    ③ メイン:家内は鯛とキャヴィア、ラムソンのサラダ添え、菜種油ソース。

    写真はメイン:家内

  • メイン:私はグリルしたフランクステーキ(ボンレス牛肉)にジャガイモのピューレ、茹でた茄子、キュウリの甘酢漬け、トマト(細切り)添え、ウィスキーソース。<br /><br />写真はメイン:私

    メイン:私はグリルしたフランクステーキ(ボンレス牛肉)にジャガイモのピューレ、茹でた茄子、キュウリの甘酢漬け、トマト(細切り)添え、ウィスキーソース。

    写真はメイン:私

  • 写真は5星のホテルのレストランも気楽な感じです。

    写真は5星のホテルのレストランも気楽な感じです。

  • ④	デザート:白と茶のチョコレートムース、チョコレート、イチゴ、アーモンド、アイス。<br /><br />写真はデザート

    ④ デザート:白と茶のチョコレートムース、チョコレート、イチゴ、アーモンド、アイス。

    写真はデザート

  • ⑤	コーヒー:最後にコーヒーを頼んだら、チョコレートが3つ付いてきました。<br /><br />写真はコーヒー

    ⑤ コーヒー:最後にコーヒーを頼んだら、チョコレートが3つ付いてきました。

    写真はコーヒー

  • いずれも白い皿に鮮やかな色合いの料理が出ましたが、なかなかの美味だった。<br /><br />写真はコーヒーについてきたチョコレート<br /><br /><br />XXX<br />

    いずれも白い皿に鮮やかな色合いの料理が出ましたが、なかなかの美味だった。

    写真はコーヒーについてきたチョコレート


    XXX

  • 05月17日(土)(1泊)<br />⑨Schlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城<br /><br />D-19412 Kuhlen-Wendorf 、Hauptstrasse 9 <br />Tel. +49-(0)384863-3660<br />http://www.schlosshotel-wendorf.de/<br />http://www.youtube.com/watch?v=fiNPHeym7rw<br />http://www.youtube.com/watch?v=YuzsaMCVFSI<br /><br />5星・全21室。1号室(地上階)、Junior Suite im Residenz;5星ながらガウンのみ。<br />Euro135+朝食30x2=195(27,642円)。<br /><br />この古城ホテルにはSchloss本館、Residenzレジデンツがあり、本館内は9スイート(バロック、ユーゲント・シュティール様式の部屋)のみで、スイートを選ばず、ジュニアスイートにしたから本館には泊れなかった。<br /><br />レジデンツのジュニアスイートも35㎡以上の広い豪華な居間と寝室、浴室・トイレがあり、モダンなユーゲント・シュティール様式が施されていた。<br />ホテルでは“邪魔をしないでください、掃除をしてください”・・・といった紙製カードを部屋前のドアノブにかけるのが普通ですが、ここは優雅な装飾カーテンタッセル(房掛け)がその役をしていました。<br /><br />CH.CHEVAL BLANCシャトー・シュヴァル・ブラン(仏・ボルドーのサン・テミリオンの格付けの頂点にたつワイン:第1特別級A)の名前を取ったと思われるグルメ・レストラン”Cheval Blanc” シュヴァル・ブランがある。<br /><br />写真はSchlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城・裏手庭園から

    05月17日(土)(1泊)
    ⑨Schlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城

    D-19412 Kuhlen-Wendorf 、Hauptstrasse 9
    Tel. +49-(0)384863-3660
    http://www.schlosshotel-wendorf.de/
    http://www.youtube.com/watch?v=fiNPHeym7rw
    http://www.youtube.com/watch?v=YuzsaMCVFSI

    5星・全21室。1号室(地上階)、Junior Suite im Residenz;5星ながらガウンのみ。
    Euro135+朝食30x2=195(27,642円)。

    この古城ホテルにはSchloss本館、Residenzレジデンツがあり、本館内は9スイート(バロック、ユーゲント・シュティール様式の部屋)のみで、スイートを選ばず、ジュニアスイートにしたから本館には泊れなかった。

    レジデンツのジュニアスイートも35㎡以上の広い豪華な居間と寝室、浴室・トイレがあり、モダンなユーゲント・シュティール様式が施されていた。
    ホテルでは“邪魔をしないでください、掃除をしてください”・・・といった紙製カードを部屋前のドアノブにかけるのが普通ですが、ここは優雅な装飾カーテンタッセル(房掛け)がその役をしていました。

    CH.CHEVAL BLANCシャトー・シュヴァル・ブラン(仏・ボルドーのサン・テミリオンの格付けの頂点にたつワイン:第1特別級A)の名前を取ったと思われるグルメ・レストラン”Cheval Blanc” シュヴァル・ブランがある。

    写真はSchlosshotel Wendorf 古城ホテル ヴェンドルフ城・裏手庭園から

  • ヴェンドルフ城の歴史:<br /><br />1637年、ヴェンドルフ城は騎士領主の城として初めて築城された。<br />その後、1895年まで、Schackシャック伯家(ニーダーザクセンの古くからの貴族)が所有していた。この一族はデンマーク、およびメクレンブルク、ポメラニアおよびブランデンブルク等に移住していた。<br /><br />更に、所有者は何度か代わり、1904年 Ivan Mackensen von Astfeldイヴァン・マッケンゼン・アストフェルトが購入し、狩猟館として1904〜1906年にかけて改築された。<br /><br />2度の大戦の後、DDR時代は孤児院に使用されていたが、ドイツの再統一後、ホテル経営者がヴェンドルフ城を購入の上、改装を進め、2009年、古城ホテルがオープンした。<br /><br />・・・・・・・・・・・・<br /><br />写真はSchlosshotel Wendorf :本館内の豪華なスイート

    ヴェンドルフ城の歴史:

    1637年、ヴェンドルフ城は騎士領主の城として初めて築城された。
    その後、1895年まで、Schackシャック伯家(ニーダーザクセンの古くからの貴族)が所有していた。この一族はデンマーク、およびメクレンブルク、ポメラニアおよびブランデンブルク等に移住していた。

    更に、所有者は何度か代わり、1904年 Ivan Mackensen von Astfeldイヴァン・マッケンゼン・アストフェルトが購入し、狩猟館として1904〜1906年にかけて改築された。

    2度の大戦の後、DDR時代は孤児院に使用されていたが、ドイツの再統一後、ホテル経営者がヴェンドルフ城を購入の上、改装を進め、2009年、古城ホテルがオープンした。

    ・・・・・・・・・・・・

    写真はSchlosshotel Wendorf :本館内の豪華なスイート

  • 写真はSchlosshotel_Wendorf_Garten庭園の光景

    写真はSchlosshotel_Wendorf_Garten庭園の光景

この旅行記のタグ

30いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集