メクレンブルク・フォアポンメルン州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ドイツの春:北方二州・シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州&メクレンブルク・フォアポンメルン州を中心に巡る旅<br />期間:2014年05月09日~23日  15日間)<br /><br />参考:<br />≪ドイツの春:北方二州を巡る旅に出る≫<br />http://4travel.jp/travelogue/10883955<br /><br />05月16日(金) 229km、晴天、18.5℃、漸く暖かな5月の天候。<br />(ここまで行程のおよそ半分で総走行距離は1,165kmになった。) <br /><br />起床7:00、 朝食8:00〜8:30、Ralswiek/Ruegenを9:00出発。 =>L?・B96(Stralsund)・B96 =>A20・E22・A20・L? 135km Neubrandenburgノイブランデンブルク観光 10:40〜13:35、 昼食:Cafe Treptor 12:55〜13:25 =>B104・B192・L? 43km Mecklenburgische Seenplatte ・Waren(Mueritz)ヴァレン(ミューリッツ湖)14:30〜14:50 =>B192・L? 12km Klink (Mueritz) ・ お茶:Schlosshotel Klink古城ホテル クリンク城 ・Garten Edenエデンの園 15:10〜16:00 =>L?・B192・B194・L? 31km  Schlosshotel Kittendorf古城ホテル キッテンドルフ城 16:30〜16:53 =>L?・B194・L? 8km Schlosshotel Gross Plasten古城ホテル グロース・プラステン城17:05着。<br /><br />写真は4つの門?	Stargarder Torシュタルガルド門

ドイツの春・北方二州を巡る:12かつて“北のローテンブルク”と云われた要塞都市ノイブランデンブルクは期待以上だった。

27いいね!

2014/05/09 - 2014/05/23

5位(同エリア55件中)

jijidaruma

jijidarumaさん

ドイツの春:北方二州・シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州&メクレンブルク・フォアポンメルン州を中心に巡る旅
期間:2014年05月09日~23日  15日間)

参考:
≪ドイツの春:北方二州を巡る旅に出る≫
http://4travel.jp/travelogue/10883955

05月16日(金) 229km、晴天、18.5℃、漸く暖かな5月の天候。
(ここまで行程のおよそ半分で総走行距離は1,165kmになった。) 

起床7:00、 朝食8:00〜8:30、Ralswiek/Ruegenを9:00出発。 =>L?・B96(Stralsund)・B96 =>A20・E22・A20・L? 135km Neubrandenburgノイブランデンブルク観光 10:40〜13:35、 昼食:Cafe Treptor 12:55〜13:25 =>B104・B192・L? 43km Mecklenburgische Seenplatte ・Waren(Mueritz)ヴァレン(ミューリッツ湖)14:30〜14:50 =>B192・L? 12km Klink (Mueritz) ・ お茶:Schlosshotel Klink古城ホテル クリンク城 ・Garten Edenエデンの園 15:10〜16:00 =>L?・B192・B194・L? 31km  Schlosshotel Kittendorf古城ホテル キッテンドルフ城 16:30〜16:53 =>L?・B194・L? 8km Schlosshotel Gross Plasten古城ホテル グロース・プラステン城17:05着。

写真は4つの門? Stargarder Torシュタルガルド門

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ルフトハンザドイツ航空 ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • *05月16日(金)の朝食(8:00〜8:30)は昨夜と同じ塔内の小部屋で食べた。<br /><br />朝の光を浴びて、明るい部屋は気持ちが良いものです。この日はドイツ人奥様と日本人のご夫婦は見かけなかったが。<br /><br />写真は塔内の小部屋のレストラン

    *05月16日(金)の朝食(8:00〜8:30)は昨夜と同じ塔内の小部屋で食べた。

    朝の光を浴びて、明るい部屋は気持ちが良いものです。この日はドイツ人奥様と日本人のご夫婦は見かけなかったが。

    写真は塔内の小部屋のレストラン

    Schlosshotel Ralswiek ホテル

    リューゲン島の中心・ラルスの入江に立つフランス風古城ホテル ラルスヴィーク城に2泊 by jijidarumaさん
  • 写真はいつものようなドイツの朝食、飽きないドイツの朝食。・・・このパンとハチミツがあれば満足!

    写真はいつものようなドイツの朝食、飽きないドイツの朝食。・・・このパンとハチミツがあれば満足!

  • 写真は塔内の小部屋は落ち着く。

    写真は塔内の小部屋は落ち着く。

  • 写真は303号室(5階)、“Schloss Kuecheお城の台所”と称する部屋に架かっていた絵画

    写真は303号室(5階)、“Schloss Kuecheお城の台所”と称する部屋に架かっていた絵画

  • 写真は白亜岩断崖がバックに見える藁ぶきの屋根の家の絵画

    写真は白亜岩断崖がバックに見える藁ぶきの屋根の家の絵画

  • 写真はシュトゥッベンカンマーの白亜岩断崖の絵

    写真はシュトゥッベンカンマーの白亜岩断崖の絵

  • 写真は洋服かけか?このようなものを見たのは初めて。

    写真は洋服かけか?このようなものを見たのは初めて。

  • レセプションで目に付いた小さい、白い「Geist幽霊の人形」を孫娘の土産に買った(Euro2)。今も幽霊君は娘宅の玄関で迎えてくれる。<br /><br />ラルスヴィーク城を9時に出て、リューゲン島から橋を渡ってシュトラールズントに行く。<br /><br />行きの橋は低い方の橋を走ったが、帰りは海峡を越える高々とした橋を渡った。嬉しいことに橋の欄干には目隠しが高めに設置されており、高所恐怖症の者にとって、海面を見下ろすということも無く、ホッとして走る。<br /><br />写真はもう来る機会もないだろうラルスヴィーク城

    レセプションで目に付いた小さい、白い「Geist幽霊の人形」を孫娘の土産に買った(Euro2)。今も幽霊君は娘宅の玄関で迎えてくれる。

    ラルスヴィーク城を9時に出て、リューゲン島から橋を渡ってシュトラールズントに行く。

    行きの橋は低い方の橋を走ったが、帰りは海峡を越える高々とした橋を渡った。嬉しいことに橋の欄干には目隠しが高めに設置されており、高所恐怖症の者にとって、海面を見下ろすということも無く、ホッとして走る。

    写真はもう来る機会もないだろうラルスヴィーク城

  • 写真はノイブランデンブルクの位置図・・・この一帯は湖水地方になる

    写真はノイブランデンブルクの位置図・・・この一帯は湖水地方になる

  • 朝の13.5℃から、どんどん気温が上昇し、日差しも眩しいぐらいだ。午後には18.5℃と漸く5月らしい天候になってきた。前半1週間の寒さはどこに行ったのか!<br /><br />新しいアウトバーンは走りやすく、走っている車も少ない。<br /><br />Neubrandenburgノイブランデンブルクには1時間40分で着いた。<br />旧市街の中心マルクト広場の地下駐車場に車を置いて、観光に出た。(駐車料金は10:43〜13:27でEuro1.8と安い。)<br /><br />写真はNeubrandenburgノイブランデンブルクの紋章

    朝の13.5℃から、どんどん気温が上昇し、日差しも眩しいぐらいだ。午後には18.5℃と漸く5月らしい天候になってきた。前半1週間の寒さはどこに行ったのか!

    新しいアウトバーンは走りやすく、走っている車も少ない。

    Neubrandenburgノイブランデンブルクには1時間40分で着いた。
    旧市街の中心マルクト広場の地下駐車場に車を置いて、観光に出た。(駐車料金は10:43〜13:27でEuro1.8と安い。)

    写真はNeubrandenburgノイブランデンブルクの紋章

  • ≪Neubrandenburgノイブランデンブルク≫<br />10:40〜13:35<br />http://www.neubrandenburg.de/<br /><br />人口63千人、メクレンブルク・フォアポンメルン州ではロストック、シュヴェリーンに続く第3の町になる。ベルリンの北135kmにあり、市の南西に大きなTollenseseeトレンゼゼー湖が位置する。<br /><br />写真はノイブランデンブルクの俯瞰・・・楕円形の緑(内側に市城壁)に囲まれた町が旧市街になる。<br />中央にマルクト広場、北西にFangelturmファンゲル塔、西にトレンゼゼー湖が見える。

    ≪Neubrandenburgノイブランデンブルク≫
    10:40〜13:35
    http://www.neubrandenburg.de/

    人口63千人、メクレンブルク・フォアポンメルン州ではロストック、シュヴェリーンに続く第3の町になる。ベルリンの北135kmにあり、市の南西に大きなTollenseseeトレンゼゼー湖が位置する。

    写真はノイブランデンブルクの俯瞰・・・楕円形の緑(内側に市城壁)に囲まれた町が旧市街になる。
    中央にマルクト広場、北西にFangelturmファンゲル塔、西にトレンゼゼー湖が見える。

  • ノイブランデンブルクは“Stadt der Vier Tore4つの門のある町”との異名があり、中世のゴシック風の門とほぼ完璧に残る14世紀の市城壁(2300mの距離で高さ7m)が円形の町を囲んでいる。<br />城壁上は歩く事も出来る。また、この地方独特のWiekhausヴィークハウスと称する家屋は要塞都市の市城壁に組み込まれている。<br /><br />この町は“Brick Gothic(レンガゴシック)”の中世遺産が多いことで知られており、シュトラールズント同様にEuropean Route of Brick Gothic(ヨーロッパ・レンガゴシックの道)にも属している。<br /><br />樹齢100年のブナの並木道もある、落ち着いた良い町だ。<br /><br />尚、Neuノイの付かないBrandenburgブランデンブルクの町はベルリンの西70kmにあり、Brandenburg an der Havelブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルが正式名称でハーフェル川(全長325km、エルベ川の支流)に沿って発展した7万人の都市である。スラヴ人の支配した頃からの古い町だがまだ訪れたことがない。<br /><br />写真はノイブランデンブルクの俯瞰

    ノイブランデンブルクは“Stadt der Vier Tore4つの門のある町”との異名があり、中世のゴシック風の門とほぼ完璧に残る14世紀の市城壁(2300mの距離で高さ7m)が円形の町を囲んでいる。
    城壁上は歩く事も出来る。また、この地方独特のWiekhausヴィークハウスと称する家屋は要塞都市の市城壁に組み込まれている。

    この町は“Brick Gothic(レンガゴシック)”の中世遺産が多いことで知られており、シュトラールズント同様にEuropean Route of Brick Gothic(ヨーロッパ・レンガゴシックの道)にも属している。

    樹齢100年のブナの並木道もある、落ち着いた良い町だ。

    尚、Neuノイの付かないBrandenburgブランデンブルクの町はベルリンの西70kmにあり、Brandenburg an der Havelブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルが正式名称でハーフェル川(全長325km、エルベ川の支流)に沿って発展した7万人の都市である。スラヴ人の支配した頃からの古い町だがまだ訪れたことがない。

    写真はノイブランデンブルクの俯瞰

  • 二つの町は人口的にはほぼ等しいが、今回訪ねたノイブランデンブルクの方が、かつて“北のローテンブルク”と云われているように良く知られているようである。<br /><br />マルクト広場、St. Marienkirche聖マリエン教会=>Konzertkircheコンサート教会、4つの門、Fangelturmファンゲル塔、市庁舎、Wiekhausヴィークハウス、Schauspielhaus Neubrandenburgノイブランデンブルク劇場などが観光名所。<br /><br />写真はノイブランデンブルクの旧市街に見られる、二次大戦後再建された典型的な建物群が並ぶ

    二つの町は人口的にはほぼ等しいが、今回訪ねたノイブランデンブルクの方が、かつて“北のローテンブルク”と云われているように良く知られているようである。

    マルクト広場、St. Marienkirche聖マリエン教会=>Konzertkircheコンサート教会、4つの門、Fangelturmファンゲル塔、市庁舎、Wiekhausヴィークハウス、Schauspielhaus Neubrandenburgノイブランデンブルク劇場などが観光名所。

    写真はノイブランデンブルクの旧市街に見られる、二次大戦後再建された典型的な建物群が並ぶ

  • ノイブランデンブルクの歴史:<br /><br />この地域の最初の居住者は1240年前後のプレモントレ修道会の修道士であった。<br />1248年、アスカーニエン家のブランデンブルク辺境伯は自らの領土の北側一部に町を建設した。<br />1292年に町とその周辺はメクレンブルクの一部となり、三十年戦争までの間、商業の中心地として繁栄した。<br /><br />新教派のスウェーデン王グスタフ2世指揮下のスウェーデン軍がこの地に駐屯したが、1631年に旧教派の皇帝軍により奪還された。<br /><br />第2次世界大戦の際、この町は80%も破壊され、現在の町は再建されたものである。<br /><br />写真はNB-St-Marien-Kirche聖マリエン教会

    ノイブランデンブルクの歴史:

    この地域の最初の居住者は1240年前後のプレモントレ修道会の修道士であった。
    1248年、アスカーニエン家のブランデンブルク辺境伯は自らの領土の北側一部に町を建設した。
    1292年に町とその周辺はメクレンブルクの一部となり、三十年戦争までの間、商業の中心地として繁栄した。

    新教派のスウェーデン王グスタフ2世指揮下のスウェーデン軍がこの地に駐屯したが、1631年に旧教派の皇帝軍により奪還された。

    第2次世界大戦の際、この町は80%も破壊され、現在の町は再建されたものである。

    写真はNB-St-Marien-Kirche聖マリエン教会

  • まず目指したのは高い塔が目立つマリエン教会だ。<br /><br />教会の外観は全く変わらないのだが、中に入ってびっくり。広々としたコンサートホールになっている。<br /><br />写真は聖マリエン教会

    まず目指したのは高い塔が目立つマリエン教会だ。

    教会の外観は全く変わらないのだが、中に入ってびっくり。広々としたコンサートホールになっている。

    写真は聖マリエン教会

  • St. Marienkirche聖マリエン教会=>Konzertkircheコンサート教会:<br /><br />元は13世紀に建設されたが、第二次大戦で全壊し、1970年にコンサートホールとして再建され、今はKonzertkircheコンサート教会と言う。<br /><br />ドイツ広しといえども、この名前を付けた教会はない。<br /><br />写真は聖マリエン教会=Konzertkircheコンサート教会内のコンサートホール

    St. Marienkirche聖マリエン教会=>Konzertkircheコンサート教会:

    元は13世紀に建設されたが、第二次大戦で全壊し、1970年にコンサートホールとして再建され、今はKonzertkircheコンサート教会と言う。

    ドイツ広しといえども、この名前を付けた教会はない。

    写真は聖マリエン教会=Konzertkircheコンサート教会内のコンサートホール

  • エレベーターで上がるコンサートホールの上階にはノイブランデンブルクの歴史的な建物の説明版が並べてあった。<br /><br />写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・“Brick Gothic(レンガゴシック)”の道

    エレベーターで上がるコンサートホールの上階にはノイブランデンブルクの歴史的な建物の説明版が並べてあった。

    写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・“Brick Gothic(レンガゴシック)”の道

  • 写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・この地方独特のWiekhausヴィークハウスと称する家屋の説明

    写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・この地方独特のWiekhausヴィークハウスと称する家屋の説明

  • 写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・“Stadt der Vier Tore4つの門のある町”の説明・・Stargarder Torシュタルガルド門、Neues Tor 新門

    写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・“Stadt der Vier Tore4つの門のある町”の説明・・Stargarder Torシュタルガルド門、Neues Tor 新門

  • 写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・“Stadt der Vier Tore4つの門のある町”の説明・・Treptower Torトレップトアー門、Friedlaender Tor フリードレンダー門

    写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・“Stadt der Vier Tore4つの門のある町”の説明・・Treptower Torトレップトアー門、Friedlaender Tor フリードレンダー門

  • 写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・シュタルガルド城は時間が無くて見ていない。

    写真は聖マリエン教会にある観光案内・・・シュタルガルド城は時間が無くて見ていない。

  • 写真は聖マリエン教会の屋上内にある大きな鐘

    写真は聖マリエン教会の屋上内にある大きな鐘

  • 写真は聖マリエン教会の反対側から

    写真は聖マリエン教会の反対側から

  • 今年のコンサートは10月18日にヨハン・シュトラウスのワルツ・ポルカでガラ演奏会が開かれるという宣伝幕が張られていた。<br /><br />写真は聖マリエン教会前にあった宣伝幕

    今年のコンサートは10月18日にヨハン・シュトラウスのワルツ・ポルカでガラ演奏会が開かれるという宣伝幕が張られていた。

    写真は聖マリエン教会前にあった宣伝幕

  •  “Stadt der Vier Tore4つの門、Fangelturmファンゲル塔、 Wiekhausヴィークハウス”<br /><br />4つの門はいずれも違う形の2つの門を作り、その間を高い壁で囲んでいる。<br />独自の稜堡・防衛施設の形を作り、町の周辺を囲む城壁に連結している。<br /><br />今は稜堡内の建物をカフェ、レストラン、土産物屋、博物館などに有効利用している。<br /><br />写真は4つの門①	Stargarder Torシュタルガルド門・・・Rotdorn西洋サンザシの花も見える。

    イチオシ

    地図を見る

    “Stadt der Vier Tore4つの門、Fangelturmファンゲル塔、 Wiekhausヴィークハウス”

    4つの門はいずれも違う形の2つの門を作り、その間を高い壁で囲んでいる。
    独自の稜堡・防衛施設の形を作り、町の周辺を囲む城壁に連結している。

    今は稜堡内の建物をカフェ、レストラン、土産物屋、博物館などに有効利用している。

    写真は4つの門① Stargarder Torシュタルガルド門・・・Rotdorn西洋サンザシの花も見える。

  • ①	Stargarder Torシュタルガルド門<br /><br />シュタルガルド門は町の南の出入り口になる。14世紀の半ばに建てられたもので4つの門のうちで一番高い32mを誇る。2つの水車小屋の一つはレストランに貸与していて、いまだ、なめし皮用の樹皮を引くうすは健在だという。<br /><br />写真は4つの門①	Stargarder Torシュタルガルド門・・・こちらは外側にある門

    ① Stargarder Torシュタルガルド門

    シュタルガルド門は町の南の出入り口になる。14世紀の半ばに建てられたもので4つの門のうちで一番高い32mを誇る。2つの水車小屋の一つはレストランに貸与していて、いまだ、なめし皮用の樹皮を引くうすは健在だという。

    写真は4つの門① Stargarder Torシュタルガルド門・・・こちらは外側にある門

  • ⑥	Wiekhausヴィークハウス<br /><br />ヴィークハウスは14世紀以来のもので、成り立ちについては様々な説明が試みられている。Wiekについては先にバルト海沿岸の浅い入江、小湾の意味だと書いたが、ここで最適なのは古高地ドイツ語のAusweichen避ける、待避する・・の意味であろう。<br /><br />つまり、中世の城壁に防衛上の突き出した場所(出窓・バルコニーのような)を作ってヴィークハウスと名付けた。<br /><br />町によっては小さな石造りの家・塔を城壁に付け加え、その場所には防衛目的である“Wehrgang城壁上の銃眼のある通路”を作った。<br /><br />今はヴィークハウスを個人住居、レストラン、事務所として使用されている。<br /><br />写真はほぼ完璧に残る14世紀の市城壁(2300mの距離で高さ7m)

    ⑥ Wiekhausヴィークハウス

    ヴィークハウスは14世紀以来のもので、成り立ちについては様々な説明が試みられている。Wiekについては先にバルト海沿岸の浅い入江、小湾の意味だと書いたが、ここで最適なのは古高地ドイツ語のAusweichen避ける、待避する・・の意味であろう。

    つまり、中世の城壁に防衛上の突き出した場所(出窓・バルコニーのような)を作ってヴィークハウスと名付けた。

    町によっては小さな石造りの家・塔を城壁に付け加え、その場所には防衛目的である“Wehrgang城壁上の銃眼のある通路”を作った。

    今はヴィークハウスを個人住居、レストラン、事務所として使用されている。

    写真はほぼ完璧に残る14世紀の市城壁(2300mの距離で高さ7m)

  • その一つ、Gaststaette Wiekhaus 45レストラン ヴィークハウス45がある。<br /><br />その前で興味深くレストランの様子や料理の案内を見ていたら、これからここで昼食を食べるという地元の小父さんたちが声をかけてくれた。<br /><br />“興味があるなら、中を見せてもらうようにレストランに聞いてあげよう!”と言ってくれた。ご親切にも直ぐに給仕さんの了解を取ってくれた。<br /><br />写真はGaststaette Wiekhaus 45レストラン ヴィークハウス45

    イチオシ

    その一つ、Gaststaette Wiekhaus 45レストラン ヴィークハウス45がある。

    その前で興味深くレストランの様子や料理の案内を見ていたら、これからここで昼食を食べるという地元の小父さんたちが声をかけてくれた。

    “興味があるなら、中を見せてもらうようにレストランに聞いてあげよう!”と言ってくれた。ご親切にも直ぐに給仕さんの了解を取ってくれた。

    写真はGaststaette Wiekhaus 45レストラン ヴィークハウス45

  • 3階建てのレストランには張り出し窓があり、階段も狭く、レストラン内はそれほど広くはない。<br /><br />・・が、すでにお客を迎える準備がされているテーブルには蝋燭が灯され、良い感じだ。小父さんたち、きっと楽しい昼食会になっただろう。<br /><br />写真はレストラン ヴィークハウス45

    3階建てのレストランには張り出し窓があり、階段も狭く、レストラン内はそれほど広くはない。

    ・・が、すでにお客を迎える準備がされているテーブルには蝋燭が灯され、良い感じだ。小父さんたち、きっと楽しい昼食会になっただろう。

    写真はレストラン ヴィークハウス45

  • 写真はレストラン ヴィークハウス45・・・むき出しの天井の梁がまた良い

    写真はレストラン ヴィークハウス45・・・むき出しの天井の梁がまた良い

  • 写真はWiekhausヴィークハウス近くの市城壁<br /><br />先ほどの小父さんは第二次大戦時、子供だったが、ソ連兵とこの城壁を挟んで、ドイツ軍の大人たちと一緒に戦ったと言っていた。そら!あの先に見える窪みが当時の塹壕の名残だよと・・・。

    写真はWiekhausヴィークハウス近くの市城壁

    先ほどの小父さんは第二次大戦時、子供だったが、ソ連兵とこの城壁を挟んで、ドイツ軍の大人たちと一緒に戦ったと言っていた。そら!あの先に見える窪みが当時の塹壕の名残だよと・・・。

  • 写真はWiekhausヴィークハウス・・城壁内、この通りはRingリング通り(ウィーンと同じようにRingリングと呼ぶが、規模の小さい外環である)と呼ばれている。

    写真はWiekhausヴィークハウス・・城壁内、この通りはRingリング通り(ウィーンと同じようにRingリングと呼ぶが、規模の小さい外環である)と呼ばれている。

  • 写真はWiekhausヴィークハウス・・城壁外、昔は掘割があったのだろう。

    写真はWiekhausヴィークハウス・・城壁外、昔は掘割があったのだろう。

  • この町は小さな城壁に囲まれた町なので、インフォーメーションでもらった地図を見ながら歩いても、分かりやすい。<br /><br />美しく咲くRotdorn西洋サンザシの花を見ながら4つの門、ファンゲル塔、ヴィークハウスを城壁に沿って歩いてみた。<br /><br />南のローテンブルクには負けるが、思っていた以上に良い町だと思った。<br /><br />写真は②	Neues Tor 新門

    イチオシ

    この町は小さな城壁に囲まれた町なので、インフォーメーションでもらった地図を見ながら歩いても、分かりやすい。

    美しく咲くRotdorn西洋サンザシの花を見ながら4つの門、ファンゲル塔、ヴィークハウスを城壁に沿って歩いてみた。

    南のローテンブルクには負けるが、思っていた以上に良い町だと思った。

    写真は② Neues Tor 新門

  • ②	Neues Tor 新門<br /><br />城壁の東に15世紀の終わり頃、新門が建設された。<br /><br />写真は②	Neues Tor 新門・・・稜堡

    ② Neues Tor 新門

    城壁の東に15世紀の終わり頃、新門が建設された。

    写真は② Neues Tor 新門・・・稜堡

  • 写真は②	Neues Tor 新門・・・今は稜堡内の建物をカフェ、レストラン、土産物屋、博物館などに有効利用している。<br />

    写真は② Neues Tor 新門・・・今は稜堡内の建物をカフェ、レストラン、土産物屋、博物館などに有効利用している。

  • ③	Friedlaender Tor フリードレンダー門<br /><br />最も古いフリードレンダー門は北東に位置する。8mの囲い壁をもち防御郭の形態を最も良く残している。<br /><br />写真は③	Friedlaender Tor フリードレンダー門<br />

    ③ Friedlaender Tor フリードレンダー門

    最も古いフリードレンダー門は北東に位置する。8mの囲い壁をもち防御郭の形態を最も良く残している。

    写真は③ Friedlaender Tor フリードレンダー門

  • 写真は③	Friedlaender Tor フリードレンダー門・・・外側の門<br />

    写真は③ Friedlaender Tor フリードレンダー門・・・外側の門

  • 写真は盛りのミモザの花

    写真は盛りのミモザの花

  • 写真は⑥	Wiekhausヴィークハウス・・・中世以来の市城壁に作られたヴィークハウス。1902年に再建。<br />

    写真は⑥ Wiekhausヴィークハウス・・・中世以来の市城壁に作られたヴィークハウス。1902年に再建。

  • ⑤	Fangelturmファンゲル塔<br /><br />Fangファングは獲物、わなの意味があるが、獲物の塔とでもいうのか?よく分からない。<br /><br />旧市街の北西に位置し、中世の町の城壁に付属した防御塔だったようだ。<br />3階建ての円形の塔には凸壁円縁、円錐形の兜を被ったような尖塔が付いている。高さ25m、直径6.5m、下部の壁の厚さは2.3mだと云う。<br /><br />15世紀に建設された二つの防御塔の一つで、Wiekhausヴィークハウスの上に建てられた。二つの防御塔はHerzogtum Pommernポンメルン公爵家に対して、町の北部の防衛の役目を持っていた。<br /><br />20世紀頃はファングの意味のように監獄になっていた。<br /><br />写真は⑤	Fangelturmファンゲル塔

    ⑤ Fangelturmファンゲル塔

    Fangファングは獲物、わなの意味があるが、獲物の塔とでもいうのか?よく分からない。

    旧市街の北西に位置し、中世の町の城壁に付属した防御塔だったようだ。
    3階建ての円形の塔には凸壁円縁、円錐形の兜を被ったような尖塔が付いている。高さ25m、直径6.5m、下部の壁の厚さは2.3mだと云う。

    15世紀に建設された二つの防御塔の一つで、Wiekhausヴィークハウスの上に建てられた。二つの防御塔はHerzogtum Pommernポンメルン公爵家に対して、町の北部の防衛の役目を持っていた。

    20世紀頃はファングの意味のように監獄になっていた。

    写真は⑤ Fangelturmファンゲル塔

  • ④	Treptower Torトレップトアー門<br /><br />町の城壁の西に位置する門は1400年頃に建てられた。<br /><br />1872年以来、メクレンブルクの州立博物館として作られたが、現在は先史時代の郷土博物館に利用されている。<br /><br />写真は④	Treptower Torトレップトアー門

    ④ Treptower Torトレップトアー門

    町の城壁の西に位置する門は1400年頃に建てられた。

    1872年以来、メクレンブルクの州立博物館として作られたが、現在は先史時代の郷土博物館に利用されている。

    写真は④ Treptower Torトレップトアー門

  • 写真は④	Treptower Torトレップトアー門・・・今は稜堡内の建物をカフェ、レストラン、土産物屋、博物館などに有効利用している。<br />

    写真は④ Treptower Torトレップトアー門・・・今は稜堡内の建物をカフェ、レストラン、土産物屋、博物館などに有効利用している。

  • 写真は稜堡外にあったローマ時代を思わせる攻城用の遊具

    写真は稜堡外にあったローマ時代を思わせる攻城用の遊具

  • 写真は④	Treptower Torトレップトアー門・・・ここのカフェで休憩した。

    写真は④ Treptower Torトレップトアー門・・・ここのカフェで休憩した。

  • 昼食:Zollhaus Cafe &amp; Ladenツォルハウス・カフェ&ラーデン<br />12:55〜13:25  Euro6.5(860円)<br />D-17033 Neubrandenburg 、Treptower Strasse 38<br /><br />本日のスープ、ジャガイモ、パンEuro4.5 、カカオEuro2。 <br />4つ目の門Treptorトレップトアーの側にあったカフェ。<br /><br />市城壁に沿って一周したこともあって、結構足が疲れた。<br />丁度良い休憩になった。<br /><br />写真はカフェの店内

    昼食:Zollhaus Cafe & Ladenツォルハウス・カフェ&ラーデン
    12:55〜13:25  Euro6.5(860円)
    D-17033 Neubrandenburg 、Treptower Strasse 38

    本日のスープ、ジャガイモ、パンEuro4.5 、カカオEuro2。 
    4つ目の門Treptorトレップトアーの側にあったカフェ。

    市城壁に沿って一周したこともあって、結構足が疲れた。
    丁度良い休憩になった。

    写真はカフェの店内

  • 写真はカフェの店内:本日のスープ、ジャガイモ、パン、カカオ。

    写真はカフェの店内:本日のスープ、ジャガイモ、パン、カカオ。

  • Schauspielhaus Neubrandenburgシャウシュピールハウス・ノイブランデンブルク:<br /><br />1794年に建てられたもので、この州で最も古い歴史的劇場の一つに数えられている。<br />この木組みの劇場はPfaffenstrasseプファフェン通りにあるが見過ごした。<br /><br />写真はNB-Schauspielhausシャウシュピールハウス

    Schauspielhaus Neubrandenburgシャウシュピールハウス・ノイブランデンブルク:

    1794年に建てられたもので、この州で最も古い歴史的劇場の一つに数えられている。
    この木組みの劇場はPfaffenstrasseプファフェン通りにあるが見過ごした。

    写真はNB-Schauspielhausシャウシュピールハウス

  • 写真はNeubrandenburg:Altes_Rathaus_Marktplatz1945年に戦災で崩壊するまで市庁舎であった建物とマルクト広場

    写真はNeubrandenburg:Altes_Rathaus_Marktplatz1945年に戦災で崩壊するまで市庁舎であった建物とマルクト広場

  • 写真は1982年発行の旧東独の切手・・・第19回労働者の祭典記念

    写真は1982年発行の旧東独の切手・・・第19回労働者の祭典記念

  • 写真はNB-Caspar_David_Friedrich_um 1816, Stadtansicht von Nordostenドイツの有名画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの作品・・・ノイブランデンブルクの北東からの景観・1816年、中央に聖マリエン教会が描かれている<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・・<br />

    写真はNB-Caspar_David_Friedrich_um 1816, Stadtansicht von Nordostenドイツの有名画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの作品・・・ノイブランデンブルクの北東からの景観・1816年、中央に聖マリエン教会が描かれている

    ・・・・・・・・・・・・・・・

この旅行記のタグ

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • frau.himmelさん 2016/08/29 10:55:46
    こちらでお礼を
    jjidarumaさん、こんにちは。

    ジルヒャー像のことでは再び詳細なコメントを書き込んでくださりありがとうございます。
    私の薄っぺらい旅行記にjijidarumaさんの素晴らしいコメントが深みを添えてくれました。感謝いたします。

    あちらにも書いていらっしゃいましたが、ぜひ、jijidarumさんの旅行記として1冊お出しになったらいかがでしょうか。
    私一人で拝見するのはもったいないです。

    さて、私には度々コメントいただいていますのに、愛想なくて申し訳ありません。
    北ドイツのご旅行記、拝見させていただいて懐かしい地名が出てくると、いつもコメントを残そうと思うのですそのままになってしまい・・・。

    とくにリューゲン島の旅行記、懐かしく拝見しました。
    2013年に訪れた地名が随所に出てきまして、あそこ行ったんだったとか、あそこは行きたかったのよねとか。
    jijidarumaさんはプローラの保養所をご覧になったのですね。
    テレビのドキュメンタリーでナチスの巨大な建造物があるということを知り行ってみたいと思っていました。やはり公共交通機関では無理がありますね。
    今はユースホステルになっている建物をバスの中から垣間見たくらいでした。

    それから今回のノイブランデンブルク。
    同じく2013年にベルリンからシュトラールズントに移動する列車の中から見えたノイブランデンブルクの街並みが素敵で、一緒に旅行したドイツ語仲間の友人とあそこも行ってみたいわねー、なんて語り合ったことを思い出します。
    ここはベルリンから日帰りで行けそうで、街の中心も駅から近そうなので、ぜひ行ってみたいと思います。

    それにしても、いつも素敵な古城ホテルに滞在していらっしゃいますね。
    それを見せていただくのも楽しみです。
    ありがとうございました。

    himmel

    jijidaruma

    jijidarumaさん からの返信 2016/08/29 17:18:14
    RE: こちらでお礼を・コメント推敲
    himmelさん
    こんにちは。
    ご投票とコメントありがとうございました。

    ドイツについてはやはり時間もかけ、繰り返し推敲しながら、気を付けてコメントを書いていますが、時に舌足らずとなり、すみません。
    でもジルヒャーという特定の人物に光を当てこうして書いてみると、たいへん楽しく、またすごく勉強した気になります(笑)。

    先日、所属する同人誌が刊行し、その打ち上げがありました。小さな会ながら、皆さん年季の入った方々で、新参ですが二番目に高齢の私にも厳しい講評もいただきました。
    それは親族の大叔父とその一族について、戸籍、資料を多岐にわたり調べながら纏めたものでしたが、中々書くことは難しく、次をどうするか?思案してしまいますね。

    himmelさんのリューゲン島の旅行記も見ていますが、ご興味をもったナチスの巨大な建造物・プローラの保養所、私も実は見ていないのです。
    見ていないながらも、事前に調べてみたこともあって、拝借した写真も載せて、ナチスの発想の凄さ、建築物の巨大さを見てもらうこととしました。
    私が見たのは立ち入り禁止の廃墟跡、DDR建設と思しきアパートと実際の居住者たちで、じっくり見たと言うわけでもないのです。
    レンタカーという武器があっても、観光はそう上手くいきません。あの蒸気機関車も乗り損ねましたし、お城好きの私がグラニッツ狩猟館にこだわってしまった所為でしょう。

    ノイブランデンブルクはベルリンから行くのは簡単ですね。このあたりの湖水地帯も面白いと思います。
    これからその方向に向かうのですが、予想以上に古城ホテルが多く、驚いたものです。
    ありがとうございました。

    jjidaruma

jijidarumaさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集