伊豆高原旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 翌日は快晴、永年の夢であった東京湾アクアラインを渡り&潜りするのだ。まるでガキの様だが本当にワクワクする。潮来近くのインターから高速に乗り、千葉木更津を目指す。途中成田方面や、首都圏方面の案内を見ていると、東京の近くを走っていると感じるが、それに比して道路幅が狭い。横浜でも同じように感じた。<br /> さて、アアラインを関西に置き換えると、関空への橋に似ている。空港が海ほたるで。その先のトンネル部が無いようなものです。その、海ほたるで休息を取ったが、中は専門店街のようなもので、各種の催しも行われていた。当然であろうが、強風時は橋部は通行止めになるだろうから、利便を考えたら全てトンネルだろう。<br /> そんなあれこれ考えていると、横浜に着く。これから首都高や東名、小田厚等を乗り換えながら、先ずは熱海に。そこから、伊豆半島を半分ほど下り、大島が真正面に見える辺りにある「かんぽの宿伊豆高原」に到着だ。昨日記載したとおり、潮来の宿から予約していただいた宿です。<br /> 伊豆は二度目で、前回は修善寺に泊まっているので、そこを外すとここしか無かったのだが、ストライクだった。お料理も良い、当然だが魚が新鮮だ。まして風呂が良い。そして部屋からの眺めがもっと良い。連泊気分にもなるが、資金や体力を考えると、この辺が潮時だ。<br /> 今回の「奥の横道一筆書きの旅」もフィナーレに。明日、伊豆から先は、新東名、伊勢湾岸、東名阪、西名阪そして近畿道東大阪南ICで、ふるさと河内へと向かうことになる。九日前に、近畿道の東大阪北ICから、第二京阪、名神、北陸道と始まった今回の旅の「一筆書き」が完成する。総行程約2200キロ、駄作ばかりの一人膝自動車&自転車旅行記にお付き合い下さいました皆様に、心より感謝申し上げまして「お開き」とします。どうか次回もお付き合い下さい。<br />

奥の横道一筆書きの旅「東京湾を渡り 潜り伊豆へ そして河内へ」

7いいね!

2014/06/12 - 2014/06/14

753位(同エリア1212件中)

旅行記グループ 河内温泉大学演習 その1

0

2

河内温泉大学名誉教授

河内温泉大学名誉教授さん

 翌日は快晴、永年の夢であった東京湾アクアラインを渡り&潜りするのだ。まるでガキの様だが本当にワクワクする。潮来近くのインターから高速に乗り、千葉木更津を目指す。途中成田方面や、首都圏方面の案内を見ていると、東京の近くを走っていると感じるが、それに比して道路幅が狭い。横浜でも同じように感じた。
 さて、アアラインを関西に置き換えると、関空への橋に似ている。空港が海ほたるで。その先のトンネル部が無いようなものです。その、海ほたるで休息を取ったが、中は専門店街のようなもので、各種の催しも行われていた。当然であろうが、強風時は橋部は通行止めになるだろうから、利便を考えたら全てトンネルだろう。
 そんなあれこれ考えていると、横浜に着く。これから首都高や東名、小田厚等を乗り換えながら、先ずは熱海に。そこから、伊豆半島を半分ほど下り、大島が真正面に見える辺りにある「かんぽの宿伊豆高原」に到着だ。昨日記載したとおり、潮来の宿から予約していただいた宿です。
 伊豆は二度目で、前回は修善寺に泊まっているので、そこを外すとここしか無かったのだが、ストライクだった。お料理も良い、当然だが魚が新鮮だ。まして風呂が良い。そして部屋からの眺めがもっと良い。連泊気分にもなるが、資金や体力を考えると、この辺が潮時だ。
 今回の「奥の横道一筆書きの旅」もフィナーレに。明日、伊豆から先は、新東名、伊勢湾岸、東名阪、西名阪そして近畿道東大阪南ICで、ふるさと河内へと向かうことになる。九日前に、近畿道の東大阪北ICから、第二京阪、名神、北陸道と始まった今回の旅の「一筆書き」が完成する。総行程約2200キロ、駄作ばかりの一人膝自動車&自転車旅行記にお付き合い下さいました皆様に、心より感謝申し上げまして「お開き」とします。どうか次回もお付き合い下さい。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • アクアライン海ほたるより

    アクアライン海ほたるより

  • かんぽの宿伊豆高原露天風呂

    かんぽの宿伊豆高原露天風呂

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

河内温泉大学演習 その1

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

伊豆高原の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集