旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ホーム >国内>近畿地方>大阪>門真・守口>門真・守口 旅行記(ブログ)

門真・守口の旅行記(ブログ)

62 rss

旅行時期

旅行時期順 いいね順 新着順

  • 京街道往来「守口宿など」by 河内温泉大学名誉教授さん

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2017/09/11 - 2017/09/11(1ヶ月以内)

       昔、大坂から京方向へ出かけると「京街道」を行く、同じ道を京から大坂に向かうと「大坂街道」と云ったそうです。大阪と奈良を結ぶ道も同じように表現するようですが、要は立ち位置によって名称が変わるというか、どちらを向いて歩いているのかがよく判ります。  その、京・大坂街道の一部が残っている守口市内を目的に、淀川を下り大川から大阪城。そして奈良街道を東に走り河内へ帰るというルートで走ってきました。少し規模が大きなリハビリ輪行です。その行程が33キロで消費エネルギーが800カロリーという下らないお話しです。... もっと見る(写真20枚)

    • 娘の暮らす大阪への旅〜パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館を見学しました。by ごまさん

      • 同行者: 家族旅行
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2017/05/26 - 2017/05/28(約4ヶ月前)

        かねてよりの夢だった娘の暮らす大阪へ始めて旅行しました。 1人で暮らす大阪は、環境も言葉も違って寂しかったり辛かったでしょう。頑張り屋の娘は、親に心配をかけないようにと逞しく暮らしています。 この時期は大阪も過ごしやすいそうです。 娘と2人で過ごすのは、大学生以来〜本当に久しぶりです。 初日は、アクアライナーに乗って大阪を観光しました。夜はライトアップされた大阪城や大阪中央公会堂を散策しました。 2日目は 長年の希望だった松下幸之助ミュージアムを見学して、その後京都へ移動して観光しました。 3日目は ... もっと見る(写真61枚)

      • 大阪仕事旅行!!by オグちゃんさん

        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2016/10/10 - 2016/10/10(約11ヶ月前)

          久々の投稿や。今日も行ってきたわ。 もっと見る(写真5枚)

        • 守口市市制施行70周年記念「守口市花火大会」最大2.5号玉を含む5000発の花火by ねこにゃんさん

          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2016/08/28 - 2016/08/28(約1年前)
            • この旅行で利用した施設: 淀川河川公園 外島地区  

             守口市が2016年に市制施行70周年を迎えることを記念し、「守口市花火大会」が開催されました。最大2.5号玉を含む5000発の花火が夜空を彩りました。 もっと見る(写真21枚)

          • 京街道の跡を訪ねてby みーみさん

            豊臣秀吉が造らせた堤が大阪守口市に今も残っていると聞きつけ、行ってきました。 その名も文禄堤。 江戸時代にはそこを京街道として利用しました。 この堤の残る守口は守口宿だったところで、界隈には古い町並みも残っています。 もっと見る(写真21枚)

          • 「京街道No1」見聞録(高麗橋〜寝屋川)by 圭さん

            • 同行者: 友人
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2015/03/23 - 2015/03/23(約3年前)

              「旧山陽道」を踏破した小中高校同級生と近場の「京街道」紀行をスタートした。 久しぶりの再会で、楽しく淀川左岸を探索する。「文禄堤」が残っているのには驚いた。  http://ks5224.fc2web.com/os11hp/os11-1.html  もっと見る

            • パナソニックミュージアム (松下幸之助歴史館)by 川上さん

              • 同行者: 一人旅
              • 関連タグ:

                • 旅行時期: 2014/09/03 - 2014/09/03(約3年前)

                「パナソニックミュージアム(松下幸之助歴史館)」は「大阪府門真市」の「パナソニック本社内」にある「創業50周年記念事業」の一つとして「1968年3月」に開設した「松下幸之助の生涯とパナソニックの社史」を紹介した「収蔵作品数約600点」の「企業博物館」です。 写真は「事業部制の組織について説明」する「松下幸之助」です。 もっと見る(写真65枚)

              • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市の門真市立歴史資料館「思い出ある門真の民具」コーナー周辺by さすらいおじさんさん

                • 関連タグ:

                  • 旅行時期: 2014/07/17 - 2014/07/17(約3年前)

                  門真市立歴史資料館は土蔵風の建物などがあり門真の歴史に関する資料を収集・保存、展示公開している。常設展「幣原家の足跡をたずねて」「思い出ある門真の民具」や年2?3回の特別展、小学生向けの体験学習などを行っている。常設展「思い出ある門真の民具」は民具や門真市で発掘されている縄文時代、弥生時代以降の遺跡遺跡などを紹介している。このあたりが湿地帯だったので弥生時代に稲作が定着したとのこと。門真市立歴史資料館の中庭には収蔵庫の隣に淀川で使われていた川舟や石臼などが展示されている。 (写真は門真市立歴史... もっと見る(写真53枚)

                • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市の門真運転免許試験場周辺by さすらいおじさんさん

                  • 関連タグ:

                    • 旅行時期: 2014/07/17 - 2014/07/17(約3年前)

                    門真運転免許試験場(かどまうんてんめんきょしけんじょう)は大阪府門真市にある大阪府警察が管理する運転免許試験場で全ての運転免許の技能試験を行うことの出来るコースがあり大型車を含めて路上試験も行う。自動車運転免許証更新を行う人たちでいつも混雑している。 (写真は門真運転免許試験場周辺)  もっと見る(写真46枚)

                  • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市の古川橋駅(ふるかわばしえき)、ルミエールホール、古川橋並木通り、萱島駅(かやしまえき)のクスノキ周辺by さすらいおじさんさん

                    • 関連タグ:

                      • 旅行時期: 2014/07/17 - 2014/07/17(約3年前)

                      古川橋駅(ふるかわばしえき)は大阪府門真市幸福町の京阪電気鉄道京阪本線の駅で門真運転免許試験場最寄り駅で知られ周辺にはダイエー古川橋駅前店、コア古川橋(高架下のショッピングモール)、ルミエールホール、門真市役所、タイガー魔法瓶本社、門真運転免許試験場、などがある。 門真市民文化会館ルミエールホールは門真市民の憩いの場でもあるホールで古川橋駅近く古川橋並木通りにある。コンサートをはじめ、演劇、公演、映画、各種発表会などのイベントに利用できる客席数1128席の大ホールと講演会や発表会などに利用さ... もっと見る(写真64枚)

                    • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市の門真市駅(かどましえき)、タイガー魔法瓶本社周辺by さすらいおじさんさん

                      • 関連タグ:

                        • 旅行時期: 2014/07/17 - 2014/07/17(約3年前)

                        門真市駅(かどましえき)は大阪府門真市にある、京阪電気鉄道・大阪高速鉄道の駅で南口駅前広場があり駅周辺には門真市役所、門真市立公民館、門真運転免許試験場、近畿自動車道、大阪府道2号大阪中央環状線、門真銀座商店街、住友通り商店街、イズミヤ門真店、パナソニック門真地区事業場、門真ターミナルホテル、門真パブリックホテル、スーパーホテル門真、東横インなどがある。 1997年大阪モノレールの延伸に伴い乗換え駅として橋上駅舎化されバリアフリー対策がとられ第6回「大阪・心ふれあうまちづくり賞」で『大阪府知... もっと見る(写真53枚)

                      • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市の門真市立歴史資料館「幣原家の足跡をたずねて」コーナー周辺by さすらいおじさんさん

                        • 関連タグ:

                          • 旅行時期: 2014/07/17 - 2014/07/17(約3年前)

                          門真市立歴史資料館は門真の歴史に関する資料を収集・保存、展示公開している。常設展「幣原家の足跡をたずねて」は門真市が誇る偉人のコーナーだ。 幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872?1951年)は日本の外交官、政治家。内閣総理大臣(第44代)、外務大臣、衆議院議長(第40代)などを歴任し日本国憲法の草案作成に携わったことで知られている。国際協調路線は「幣原外交」とも称され軍部の軍拡自主路線と対立し1931年の満州事変後国際協調路線を唱える幣原は軍部から 「 軟弱外交 」 と 批判を受け辞任に... もっと見る(写真70枚)

                        • 関西散策 1200年前に鎮座 珍しい女性神様を祀る 式内社【津嶋部神社】守口市by ねこにゃんさん

                           1200年も前の遠い昔からの当地の氏神で在らせられる津嶋部神社です。延喜式内の古社で旧茨田郡一の宮の称あり、かの六国史の一つであり格式高いく式内社と成っています。祭神は、津嶋女神(つしまめ)は女性の神様で、安産、育児の守り神であらせられます。 もっと見る(写真13枚)

                        • 関西散策 茨田の堤は古事記・日本書紀に記述がみえる最古の堤防 【茨田の堤】他【堤根神社、八阪神社】門真市by ねこにゃんさん

                           茨田の堤は古事記・日本書紀に記述がみえる最古の堤防で、5世紀頃淀川の洪水を防ぐため、渡来人などの技術を用いて築かれていたんだそうです。  本日は、その茨田の堤を守護する堤根神社を訪ねて見ました。合わせて近くの八阪神社にも行って見ました。 もっと見る(写真26枚)

                        • 関西散策   天暦年中(947〜57年)創建 菅原道真を祀る【佐太天満宮】 守口市by ねこにゃんさん

                          創立については、必ずしも明らかではありませんが、「佐太天神宮記」等によると菅原道真が太宰府左遷に際して、暫く舟をつないだ所とされ、その後、道真を慕って祠を建てたのが創建とされています。  この地は、その昔、菅原道真の領地だったそうです。  道真が太宰府でなくなってから50年後の天暦年中(947〜57年)に、里人がその徳を慕い、道真が残していった木像を御神体として祀ったのが、当社の創建とされている。  もっと見る(写真26枚)

                        • 日本の旅 関西を歩く 大阪府守口市、佐太天神宮周辺by さすらいおじさんさん

                          佐太天神宮は菅原道真の領地であったところで901年道真が太宰府に左遷され赴任途中に当地でしばらく滞在したと伝えられている。道真は宇多法皇の計らいで無実が証明されるかもしれないと一縷の望みを持ちここで都からの沙汰を待ったが一向にその沙汰もなく筑紫へ已む無く下向することとなったとのこと。当地の地名である「佐太」は菅原道真が待っていた都からの「沙汰」が訛ったといわれている。  道真は出立に際し自身の木像と自画像を残しこの時楊枝を土に挿し「わが身の無実の証拠として二葉の松となって生い栄えよ」と誓った... もっと見る(写真22枚)

                        • 日本の旅 関西を歩く 大阪府守口市、来迎寺(らいこうじ)周辺by さすらいおじさんさん

                          • 関連タグ:

                            • 旅行時期: 2013/03/23 - 2013/03/23(約5年前)
                            • この旅行で利用した施設: 来迎寺  

                            来迎寺(らいこうじ)は大阪府守口市佐太中町の浄土宗の寺院。 1347年、大念仏寺7世法明上人の弟子、実尊誠阿上人西願が河内国茨田郡下仁和寺庄守口村(守口市来迎町)に天筆如来(てんぴつにょらい)を本尊として一宇を建立したのが始まりとされる。天筆如来は石清水八幡宮を創建した僧・行教が859年に感得したとされ南朝後村上天皇の勅願寺となり釈迦如来立像の寄進を受けている。 1743年、35世慈天の下に女の幽霊(江戸小網町の大工の妻、「お石」と言う)が現れ、慈天の回向を受けて成仏したとの伝説があり、その... もっと見る(写真27枚)

                          • 日本の旅 関西を歩く 大阪府守口市、もりぐち歴史館「旧中西家住宅」、大久保中央公園・大久保調節池周辺by さすらいおじさんさん

                            • 関連タグ:

                              • 旅行時期: 2013/03/23 - 2013/03/23(約5年前)
                              • この旅行で利用した施設: 旧中西家住宅  

                              中西家は近世初期に尾張徳川家と姻戚関係を持ったことにより尾張藩天満蔵屋敷奉行等を務めた河内の名家のひとつで住宅は主屋と大門からなり主屋は1793年大門は1776年の建築。主屋の間取りは大戸口や式台付玄関等に武家屋敷の構えを見せ府下では現存例のない武家屋敷として市指定有形文化財に指定されている。現在はもりぐち歴史館「旧中西家住宅」として整備公開されている。 大久保調節池は守口市大久保町の大久保中央公園の地下を利用して大雨が降ったときの雨水の一部を一時的に貯留する施設。 大雨が降って公園前の府道... もっと見る(写真21枚)

                            • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市、堤根神社(つつみねじんじゃ)、門真市駅(かどましえき)周辺by さすらいおじさんさん

                              • 関連タグ:

                                • 旅行時期: 2013/03/23 - 2013/03/23(約5年前)
                                • この旅行で利用した施設: 堤根神社  門真市駅  

                                堤根神社(つつみねじんじゃ)は、大阪府門真市にある神社で茨田堤の鎮守として創建されている。門真市内には堤根神社が2社あるが門真市宮野町の堤根神社は淀川の支流・古川の南岸のかつての茨田堤の際に鎮座しており祭神は彦八井耳命・菅原道真。茨田堤築造に関係の深い茨田氏が堤の鎮守として祖神・彦八井耳命を祀ったものと伝えられている。 平安時代中期に編纂された延喜式神名帳には河内国茨田郡五座の第一位に列せられ門真で唯一の式内社だったそうで鳥居前には河内と大和を繋ぐ行基道があり古くから信仰を集めていた。 堤根... もっと見る(写真22枚)

                              • 日本の旅 関西を歩く 大阪府門真市、パナソニックミュージアム・タイム・カプセルEXPO’70周辺by さすらいおじさんさん

                                • 関連タグ:

                                  • 旅行時期: 2013/03/23 - 2013/03/23(約5年前)

                                  日本万国博覧会が「人類の進歩と調和」の統一テーマのもとに、1970年3月から半年間、大阪の千里丘陵で開催されたが松下電器産業は「伝統と開発・5000年後の人びとに」をテーマに「松下館」を出展した。天平時代の建築様式をとりいれた建物の前棟にタイム・カプセルEXPO’70を展示し、後棟にはお茶室を設けて、訪れる人びとに日本の伝統のよさを味わってもらい会期中、松下館の来館者は760万人にも及んだ。 タイム・カプセルは、1970年時点の文化を、2098点に厳選した物品や記録で5000年後の人類に残そうという... もっと見る(写真36枚)

                                4Tポイントを貯めよう

                                チャンスは一日一回。エリアに隠された宝箱を探せ!
                                お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

                                4Tポイントとは?