カッパドキア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2か月かけて中東とバルカン半島南部を周遊した時の備忘録です。<br />前半1か月は、トルコとレヴァント(東部地中海沿岸の国々)のシリア・レバノン・ヨルダンを陸路で周ってきました。<br />黒海から紅海まで南下し、再び北上し、ギリシャへと抜けます。<br /><br />そのトルコ前半は北部ルートで、イスタンブールからの出発です。<br />イスタンブール~サフランボル~アンカラ~カッパドキアを経てシリアに向かいます。<br />16~21日 イスタンブール<br />22~23日 サフランボル<br />   24日 アンカラ<br />25~28日 カッパドキア<br /><br /><br />カッパドキア最終日は、レンタバイクを借りてギョレメ周辺をツーリングしました。

陸路で巡るトルコとレヴァンド周遊旅 ⑤ トルコ前編 (レンタバイクで周るカッパドキア)

36いいね!

2010/03/25 - 2010/04/27

120位(同エリア1617件中)

Black7

Black7さん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

2か月かけて中東とバルカン半島南部を周遊した時の備忘録です。
前半1か月は、トルコとレヴァント(東部地中海沿岸の国々)のシリア・レバノン・ヨルダンを陸路で周ってきました。
黒海から紅海まで南下し、再び北上し、ギリシャへと抜けます。

そのトルコ前半は北部ルートで、イスタンブールからの出発です。
イスタンブール~サフランボル~アンカラ~カッパドキアを経てシリアに向かいます。
16~21日 イスタンブール
22~23日 サフランボル
   24日 アンカラ
25~28日 カッパドキア


カッパドキア最終日は、レンタバイクを借りてギョレメ周辺をツーリングしました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩 バイク
航空会社
アエロフロート・ロシア航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝食後、チェックアウトをして荷物を預け、1日レンタバイクを借りて周ることにしました。40L(当時のレートで約2500円)<br /><br />スクーターだと、気持ち良く風を切りながら、道中、気になる場所で停まって、自分の好きな時間だけいることができるのが最高です。

    朝食後、チェックアウトをして荷物を預け、1日レンタバイクを借りて周ることにしました。40L(当時のレートで約2500円)

    スクーターだと、気持ち良く風を切りながら、道中、気になる場所で停まって、自分の好きな時間だけいることができるのが最高です。

  • ツアーに続き2回目のギョレメ・パノラマ

    ツアーに続き2回目のギョレメ・パノラマ

  • ウチヒサルをバックに・・今回借りたスクーター

    ウチヒサルをバックに・・今回借りたスクーター

  • ウチヒサルの町に着きました

    ウチヒサルの町に着きました

  • 観光客かな?

    観光客かな?

  • ウチヒサル城に到着しました。<br />入場料を支払い、中に入り登ってみます。

    ウチヒサル城に到着しました。
    入場料を支払い、中に入り登ってみます。

  • ウチヒサルからの眺め

    ウチヒサルからの眺め

  • 色んな方角を見渡せます

    色んな方角を見渡せます

  • 巨大な一枚岩の城塞で、ウチヒサルには「尖った砦」という意味があるらしいです

    巨大な一枚岩の城塞で、ウチヒサルには「尖った砦」という意味があるらしいです

  • 見学していると、今日も「一緒に写真を撮りませんか?」のお誘いを受けました。<br />人懐っこくて、かわいらしい子供たちでした。

    見学していると、今日も「一緒に写真を撮りませんか?」のお誘いを受けました。
    人懐っこくて、かわいらしい子供たちでした。

  • 許可をもらい、ご家族の写真も撮らせてもらいました。<br />どこの街から来たかは忘れてしまいましたが、親戚一同で観光にきているそうです。<br />

    許可をもらい、ご家族の写真も撮らせてもらいました。
    どこの街から来たかは忘れてしまいましたが、親戚一同で観光にきているそうです。

  • 今度は、「夫婦での写真も撮れ」とのことだったので、撮らせてもらいました。<br />やさしそうな、とっても仲の良いご夫婦です。

    今度は、「夫婦での写真も撮れ」とのことだったので、撮らせてもらいました。
    やさしそうな、とっても仲の良いご夫婦です。

  • 「良い旅を!」とお別れした後、ギョレメ方面に戻り、今度はゼルヴェに向かいます

    「良い旅を!」とお別れした後、ギョレメ方面に戻り、今度はゼルヴェに向かいます

  • 車も少なく快適♪

    車も少なく快適♪

  • 途中、見晴らしの良い所や気になる所に寄っていきます

    途中、見晴らしの良い所や気になる所に寄っていきます

  • パジャバー地区が見えてきました

    パジャバー地区が見えてきました

  • たくさんのキノコ岩がそびえ立っています

    たくさんのキノコ岩がそびえ立っています

  • 独特の景観です

    独特の景観です

  • 「妖精の煙突」ともいわれる奇岩群<br />自分の中でのカッパドキアのイメージがこのキノコ岩だったので、間近で見れて感激です

    イチオシ

    「妖精の煙突」ともいわれる奇岩群
    自分の中でのカッパドキアのイメージがこのキノコ岩だったので、間近で見れて感激です

  • ギョレメで見学していたので、ゼルヴェ野外博物館は見学せずに外からだけ眺めました

    ギョレメで見学していたので、ゼルヴェ野外博物館は見学せずに外からだけ眺めました

  • ユルギュップに向かいます

    ユルギュップに向かいます

  • 奇岩に囲まれながらのツーリングは異世界を走ってるようで、ちょっと不思議な気分

    奇岩に囲まれながらのツーリングは異世界を走ってるようで、ちょっと不思議な気分

  • ユルギュップの街に到着しました。<br />奇岩に囲まれたこじんまりした街で、ホテルやレストランがあります

    ユルギュップの街に到着しました。
    奇岩に囲まれたこじんまりした街で、ホテルやレストランがあります

  • ランチは名物のタンドゥル・チョルバス(左)とマントゥ(右)<br />チョルバスはスープのパイ包み焼きで、マントゥはヨーグルトベースのラビオリです。独特の味でしたが、嫌いではないです。

    ランチは名物のタンドゥル・チョルバス(左)とマントゥ(右)
    チョルバスはスープのパイ包み焼きで、マントゥはヨーグルトベースのラビオリです。独特の味でしたが、嫌いではないです。

  • ユルギュップの丘に登りました。<br />坂が続きますが、スクーターだったので楽チン♪<br />ここからの眺めも良く、真下に街が見えておもしろかったです

    ユルギュップの丘に登りました。
    坂が続きますが、スクーターだったので楽チン♪
    ここからの眺めも良く、真下に街が見えておもしろかったです

  • 有名な三姉妹の岩

    有名な三姉妹の岩

  • 続いてオルタヒサルにやってきました。<br />「中央の要塞」という意味があるそうです<br />公共機関で来るには不便で、ツアーでも来ないので、穴場スポットです。<br />見晴らしの良いスポットの角度から見ると、砦と家々が一体化したように見えて、一見、ブリューゲルの「バベルの塔」みたいに思えました<br />

    イチオシ

    続いてオルタヒサルにやってきました。
    「中央の要塞」という意味があるそうです
    公共機関で来るには不便で、ツアーでも来ないので、穴場スポットです。
    見晴らしの良いスポットの角度から見ると、砦と家々が一体化したように見えて、一見、ブリューゲルの「バベルの塔」みたいに思えました

  • オルタヒサルの絶景スポットのベンチで座って眺めていると、かわいらしい医学生の女の子が声を掛けてきてくれました。<br />お話を聞くと、たしかお医者さんの卵で、病院勤務になる前に旅行にきていたようです。<br />とてもきさくで明るい女性でした。

    オルタヒサルの絶景スポットのベンチで座って眺めていると、かわいらしい医学生の女の子が声を掛けてきてくれました。
    お話を聞くと、たしかお医者さんの卵で、病院勤務になる前に旅行にきていたようです。
    とてもきさくで明るい女性でした。

  • オルタヒサルに登ってみます<br />ウチヒサルと共に、ヒッタイト時代に使われていた砦です

    オルタヒサルに登ってみます
    ウチヒサルと共に、ヒッタイト時代に使われていた砦です

  • 入場し、内部の階段を上ります<br />ウチヒサルより小ぶりですが、86mの高さがあり、見晴らしが良かったです

    入場し、内部の階段を上ります
    ウチヒサルより小ぶりですが、86mの高さがあり、見晴らしが良かったです

  • カッパドキアの最後の締めは、夕日がきれいなローズバレーです。

    カッパドキアの最後の締めは、夕日がきれいなローズバレーです。

  • ちょっと早く着いてしまいましたが、座って眺めながら夕日を待ちます。

    ちょっと早く着いてしまいましたが、座って眺めながら夕日を待ちます。

  • 残念ながら、真っ赤なきれいな夕日と赤く染まるローズバレーとはいきませんでしたが、陽が落ちるのを眺めながらカッパドキアの風景の見納めです。<br />レンタバイクの返却時間もあるので、途中急いでガソリンを入れ、ギリギリ返却に間に合いました。<br />夕食に名物の壺焼きケバブを食べ、これでカッパドキアで食べたかった名物は一通り制覇。その後、夜行バスでシリアへのゲートウェイの街アンタクヤへ向かいます。<br />トルコのバスは、快適なので長距離でもあまり苦になりませんでした。<br /><br />カッパドキアでは、洞窟ホテルに泊まり、名物も一通り食べれたので大満足!<br />見どころもいっぱいあって、途中の道中も気になる箇所や景色がたくさんあるので、ツアーやレンタバイクを使い分け、色々見て周ることができ、とても充実した滞在となりました。<br />しいて言えば、気球に乗れれば良かったかな~?<br /><br />トルコからは一旦離れ、次はシリアへ入国します

    残念ながら、真っ赤なきれいな夕日と赤く染まるローズバレーとはいきませんでしたが、陽が落ちるのを眺めながらカッパドキアの風景の見納めです。
    レンタバイクの返却時間もあるので、途中急いでガソリンを入れ、ギリギリ返却に間に合いました。
    夕食に名物の壺焼きケバブを食べ、これでカッパドキアで食べたかった名物は一通り制覇。その後、夜行バスでシリアへのゲートウェイの街アンタクヤへ向かいます。
    トルコのバスは、快適なので長距離でもあまり苦になりませんでした。

    カッパドキアでは、洞窟ホテルに泊まり、名物も一通り食べれたので大満足!
    見どころもいっぱいあって、途中の道中も気になる箇所や景色がたくさんあるので、ツアーやレンタバイクを使い分け、色々見て周ることができ、とても充実した滞在となりました。
    しいて言えば、気球に乗れれば良かったかな~?

    トルコからは一旦離れ、次はシリアへ入国します

36いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 740円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集