藤沢・江ノ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2016年8月6日・8月7日の土日の2日間、青春18きっぷと新幹線を組み合わせて仙台七夕まつりと山形花笠まつりを観覧してきました。<br /> 期間中の主な行程は以下のとおりです。<br />◎8月6日 浜松駅→快速・普通を乗り継ぐ→大宮駅→12時46分発はやぶさ19号を利用→仙台駅→仙台七夕まつり観覧→仙台駅→仙山線で山形市内へ移動→山形花笠まつり観覧→山形市内(泊)<br />◎8月7日 山形駅→奥羽本線の普通列車利用→福島駅→9時16分発つばさ128号東京行きで郡山駅で移動→郡山駅→快速・普通列車を乗り継ぐ→藤沢駅→小田急江ノ島線利用→江ノ島付近散策→小田急江ノ島線→藤沢駅→快速・普通列車で移動→三島駅→新幹線→浜松駅<br /> そのうち前回までで仙台七夕まつりと山形花笠まつりを観覧した時の様子を紹介しました。今回は山形から自宅がある静岡県浜松までの帰りの様子と神奈川県にある江の島付近に1時間程度滞在した時の様子について紹介します。<br />

青春18きっぷと新幹線で行く2016仙台七夕まつりと山形花笠まつり観覧の旅パート5(完結編 山形→浜松間の移動&江の島プチ観光編)

20いいね!

2016/08/06 - 2016/08/07

326位(同エリア1389件中)

旅行記グループ イベント観覧の旅

2

50

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2016年8月6日・8月7日の土日の2日間、青春18きっぷと新幹線を組み合わせて仙台七夕まつりと山形花笠まつりを観覧してきました。
 期間中の主な行程は以下のとおりです。
◎8月6日 浜松駅→快速・普通を乗り継ぐ→大宮駅→12時46分発はやぶさ19号を利用→仙台駅→仙台七夕まつり観覧→仙台駅→仙山線で山形市内へ移動→山形花笠まつり観覧→山形市内(泊)
◎8月7日 山形駅→奥羽本線の普通列車利用→福島駅→9時16分発つばさ128号東京行きで郡山駅で移動→郡山駅→快速・普通列車を乗り継ぐ→藤沢駅→小田急江ノ島線利用→江ノ島付近散策→小田急江ノ島線→藤沢駅→快速・普通列車で移動→三島駅→新幹線→浜松駅
 そのうち前回までで仙台七夕まつりと山形花笠まつりを観覧した時の様子を紹介しました。今回は山形から自宅がある静岡県浜松までの帰りの様子と神奈川県にある江の島付近に1時間程度滞在した時の様子について紹介します。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ショッピング
5.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  朝7時前、宿泊先であった東横イン山形駅西口を出ました。<br />

     朝7時前、宿泊先であった東横イン山形駅西口を出ました。

  •  本来の予定では8時15分発普通列車米沢行きに乗る予定でしたが、朝早く目が覚めてしまったので、2本前となる7時11分発普通列車米沢行きに乗ることにしました。<br /> 車両は701系という通勤タイプの車両が使用され、4両編成でした。<br />

     本来の予定では8時15分発普通列車米沢行きに乗る予定でしたが、朝早く目が覚めてしまったので、2本前となる7時11分発普通列車米沢行きに乗ることにしました。
     車両は701系という通勤タイプの車両が使用され、4両編成でした。

  • 所定到着時刻である7時57分に米沢駅に着きました。<br />

    所定到着時刻である7時57分に米沢駅に着きました。

  •  米沢からは8時08分発普通列車福島行きに乗り、福島まで移動しました。<br /> 車両は2人掛け座席と4人掛けボックス席がある719系という2両編成の一般車両が使用されましたが、米沢〜福島間はこの列車を逃すと普通列車は13時08分発までない為、多くの地元客が乗車していました。<br />

     米沢からは8時08分発普通列車福島行きに乗り、福島まで移動しました。
     車両は2人掛け座席と4人掛けボックス席がある719系という2両編成の一般車両が使用されましたが、米沢〜福島間はこの列車を逃すと普通列車は13時08分発までない為、多くの地元客が乗車していました。

  • 福島駅には所定到着時刻である8時54分に着きました。

    福島駅には所定到着時刻である8時54分に着きました。

  •  福島からは東北本線に乗り継ぎ、郡山・東京方面に向かう予定でしたが、次の普通列車郡山行きは9時37分発までなく、福島〜郡山間を新幹線で移動すれば1時間早い電車に乗れることが分かり、別途1600円程度を奮発し、福島9時16分発つばさ128号東京行きで郡山まで移動しました。<br /> 仙台からのやまびこ128号も連結していましたが、やまびこ128号の車両にはコンセントの設備がない為、つばさ128号を選びました。<br /><br />

     福島からは東北本線に乗り継ぎ、郡山・東京方面に向かう予定でしたが、次の普通列車郡山行きは9時37分発までなく、福島〜郡山間を新幹線で移動すれば1時間早い電車に乗れることが分かり、別途1600円程度を奮発し、福島9時16分発つばさ128号東京行きで郡山まで移動しました。
     仙台からのやまびこ128号も連結していましたが、やまびこ128号の車両にはコンセントの設備がない為、つばさ128号を選びました。

  • 郡山駅には所定到着時刻である9時30分に着きました。

    郡山駅には所定到着時刻である9時30分に着きました。

  •  郡山からは再び青春18きっぷを使用した普通列車の旅に戻り、9時56分発普通列車黒磯行きに乗車しました。<br /> ちなみに車両は701系という2両編成の通勤電車タイプの車両で、ワンマン運転が行われていました。<br /><br />

     郡山からは再び青春18きっぷを使用した普通列車の旅に戻り、9時56分発普通列車黒磯行きに乗車しました。
     ちなみに車両は701系という2両編成の通勤電車タイプの車両で、ワンマン運転が行われていました。

  • 黒磯駅には所定到着時刻である10時58分頃に着きました。<br />

    黒磯駅には所定到着時刻である10時58分頃に着きました。

  •  黒磯駅では全ての普通列車が当駅止まりとなり、郡山・福島方面の列車は写真左側に位置する4・5番線ホーム、逆に宇都宮線と称する宇都宮・東京方面は写真右側に位置する1〜3番線ホームから発車します。<br /> 次に乗る普通列車宇都宮行きは24分後となる11時22分発となるのですが、写真右側改札口前の1番線ホームから発車する為、跨線橋を渡り、1番線ホームに移動します。<br />

     黒磯駅では全ての普通列車が当駅止まりとなり、郡山・福島方面の列車は写真左側に位置する4・5番線ホーム、逆に宇都宮線と称する宇都宮・東京方面は写真右側に位置する1〜3番線ホームから発車します。
     次に乗る普通列車宇都宮行きは24分後となる11時22分発となるのですが、写真右側改札口前の1番線ホームから発車する為、跨線橋を渡り、1番線ホームに移動します。

  •  黒磯11時22分発普通列車宇都宮行きの車両です。この列車を利用して宇都宮まで移動しました。<br /> かつて山手線等で使用された205系という通勤電車の車両で、座席は勿論、全席ロングシートでした。なお4両編成での運転でした。<br />

     黒磯11時22分発普通列車宇都宮行きの車両です。この列車を利用して宇都宮まで移動しました。
     かつて山手線等で使用された205系という通勤電車の車両で、座席は勿論、全席ロングシートでした。なお4両編成での運転でした。

  •  所定到着予定時刻である12時13分頃に宇都宮駅に到着しました。<br /> 次に乗る列車までは23分あるので宇都宮駅構内にある「パセオ」という商業施設で昼用の食糧を調達しました。<br />

     所定到着予定時刻である12時13分頃に宇都宮駅に到着しました。
     次に乗る列車までは23分あるので宇都宮駅構内にある「パセオ」という商業施設で昼用の食糧を調達しました。

  •  宇都宮からは12時36分発湘南新宿ライン横須賀線直通快速逗子行きで浦和まで向かいました。<br /> この列車、赤羽〜横浜間は山手線・横須賀線経由で運転し、途中、池袋・新宿・武蔵小杉等にも停車します。また宇都宮線(東北本線)区間のうち小山〜大宮間で快速運転を行い、この区間では途中、古河・久喜・蓮田のみに停車します。以外の区間は各駅に停車します。<br /> 車両は首都圏でお馴染みのE233系という車両が使用され、15両での運転でした。<br />

     宇都宮からは12時36分発湘南新宿ライン横須賀線直通快速逗子行きで浦和まで向かいました。
     この列車、赤羽〜横浜間は山手線・横須賀線経由で運転し、途中、池袋・新宿・武蔵小杉等にも停車します。また宇都宮線(東北本線)区間のうち小山〜大宮間で快速運転を行い、この区間では途中、古河・久喜・蓮田のみに停車します。以外の区間は各駅に停車します。
     車両は首都圏でお馴染みのE233系という車両が使用され、15両での運転でした。

  •  利用したのはグリーン車で、座席は2人掛けのリクライニングシートでした。<br />

     利用したのはグリーン車で、座席は2人掛けのリクライニングシートでした。

  • 途中の浦和では約3分の乗り換えで上野東京ラインを経由して東海道本線に直通する電車に乗り換えることが出来ました。<br />

    途中の浦和では約3分の乗り換えで上野東京ラインを経由して東海道本線に直通する電車に乗り換えることが出来ました。

  • せっかくなので上野から東京までの間の景色を撮影しました。

    せっかくなので上野から東京までの間の景色を撮影しました。

  • 藤沢駅で一旦改札口を出ました。<br />

    藤沢駅で一旦改札口を出ました。

  •  当日は天気が良かった為、江の島の景色を見るべく小田急線に乗り換えました。<br />

     当日は天気が良かった為、江の島の景色を見るべく小田急線に乗り換えました。

  •  藤沢からは片瀬江ノ島駅まで向かいます。<br /> 乗った電車は6両編成の通勤電車で、座席は勿論、全席ロングシートでした。<br />

     藤沢からは片瀬江ノ島駅まで向かいます。
     乗った電車は6両編成の通勤電車で、座席は勿論、全席ロングシートでした。

  • 藤沢駅から約5分強、片瀬江ノ島駅に着きました。<br />

    藤沢駅から約5分強、片瀬江ノ島駅に着きました。

  •  片瀬江ノ島駅からの景色です。<br /> 現地では50分程度の滞在時間しかない為、とりあえず海の景色を見に海沿いを歩くことにしました。<br />

     片瀬江ノ島駅からの景色です。
     現地では50分程度の滞在時間しかない為、とりあえず海の景色を見に海沿いを歩くことにしました。

  •  ここからは当日眺めた海の景色をご覧戴きます。<br /> まずは西寄りに位置する西浜海水浴場の様子です。海水浴シーズンだけあり、多くの方で賑わっていました。<br />

     ここからは当日眺めた海の景色をご覧戴きます。
     まずは西寄りに位置する西浜海水浴場の様子です。海水浴シーズンだけあり、多くの方で賑わっていました。

  • 西浜海水浴場の様子をもう一枚

    西浜海水浴場の様子をもう一枚

  • 続いて東浜海水浴場の様子です。

    続いて東浜海水浴場の様子です。

  • 海水浴場内ではライブイベントも開催されていました。<br />

    海水浴場内ではライブイベントも開催されていました。

  •  間近では写真撮影は出来ないので、遠目に撮影しましたが、それでも賑わっている様子が伝わってきました。

     間近では写真撮影は出来ないので、遠目に撮影しましたが、それでも賑わっている様子が伝わってきました。

  • もう1枚

    もう1枚

  • 国道134号を東方向(鎌倉方面)に歩きます。<br />

    国道134号を東方向(鎌倉方面)に歩きます。

  • 片瀬江ノ島駅から徒歩で約10分、鎌倉市にある腰越海岸(腰越海水浴場)に着きました。<br />

    片瀬江ノ島駅から徒歩で約10分、鎌倉市にある腰越海岸(腰越海水浴場)に着きました。

  •  腰越海水浴場の様子です。先程の西浜・東浜の両海水浴場とは異なり、人の数が少なかったです。

     腰越海水浴場の様子です。先程の西浜・東浜の両海水浴場とは異なり、人の数が少なかったです。

  • もう1枚

    もう1枚

  • 国道134号を西方向(藤沢方面)に戻りました。<br />

    国道134号を西方向(藤沢方面)に戻りました。

  • 本当は江の島自体にも入りたかったのですが、50分の滞在時間では難しく、せめて写真撮影のみ…ということで写真撮影をしました。<br />

    本当は江の島自体にも入りたかったのですが、50分の滞在時間では難しく、せめて写真撮影のみ…ということで写真撮影をしました。

  • 片瀬江ノ島駅に戻りました。<br />

    片瀬江ノ島駅に戻りました。

  • 片瀬江ノ島駅からは各駅停車町田行きで再び藤沢駅に戻りました。<br />

    片瀬江ノ島駅からは各駅停車町田行きで再び藤沢駅に戻りました。

  •  藤沢駅に戻りました。

     藤沢駅に戻りました。

  •  藤沢駅からは16時24分発快速アクティー熱海行きで熱海方面へ向かいます。<br /> この快速アクティー、東京エリアの東海道本線の快速列車として運転しています。東京〜熱海間では藤沢までの各駅と茅ヶ崎・平塚・国府津・小田原からの各駅に停車します。というか通過駅を挙げたほうが早く、辻堂・大磯・二宮・鴨宮のみ通過します。<br /> 車両は首都圏でお馴染みのE231系という10両編成の車両が使用され、4・5号車はグリーン車、以外の車両は普通車となっていました。<br /> ちなみに別途780円するグリーン券を買い、グリーン車を利用しました。

     藤沢駅からは16時24分発快速アクティー熱海行きで熱海方面へ向かいます。
     この快速アクティー、東京エリアの東海道本線の快速列車として運転しています。東京〜熱海間では藤沢までの各駅と茅ヶ崎・平塚・国府津・小田原からの各駅に停車します。というか通過駅を挙げたほうが早く、辻堂・大磯・二宮・鴨宮のみ通過します。
     車両は首都圏でお馴染みのE231系という10両編成の車両が使用され、4・5号車はグリーン車、以外の車両は普通車となっていました。
     ちなみに別途780円するグリーン券を買い、グリーン車を利用しました。

  •  17時07分頃、熱海駅の1駅手前に位置する湯河原駅で降りました。<br /><br />

     17時07分頃、熱海駅の1駅手前に位置する湯河原駅で降りました。

  •  湯河原駅ではホーム上にある待合室で待ち合わせをし、次発となる17時16分発普通列車沼津行きに乗り換え、沼津まで移動しました。<br /> 車両はE233系という10両編成の車両で、先程同様4・5号車はグリーン車となっています。なお先程の湯河原駅では改札口を出ていない為、先程購入したグリーン券でそのまま沼津までグリーン車を利用することが出来ます。<br />

     湯河原駅ではホーム上にある待合室で待ち合わせをし、次発となる17時16分発普通列車沼津行きに乗り換え、沼津まで移動しました。
     車両はE233系という10両編成の車両で、先程同様4・5号車はグリーン車となっています。なお先程の湯河原駅では改札口を出ていない為、先程購入したグリーン券でそのまま沼津までグリーン車を利用することが出来ます。

  •  パート1で首都圏の普通列車のグリーン車に乗るにはグリーン券が必要で、グリーン券には紙のグリーン券の他、Suicaグリーン券があるとコメントしましたが、今回は紙のグリーン券を買いました。<br /> というのも東海道本線の場合、熱海〜函南間で会社が異なるからで、熱海より東の区間はJR東日本エリアであるのに対し、函南駅を含む熱海より西の区間はJR東海エリアになる為、Suicaグリーン券では乗れないからです。<br /> つまり熱海より西に位置する函南・三島・沼津の各駅まで利用する場合は紙のグリーン券でしか買えません。(沼津以西はグリーン車の連結はありません。)<br /><br />

     パート1で首都圏の普通列車のグリーン車に乗るにはグリーン券が必要で、グリーン券には紙のグリーン券の他、Suicaグリーン券があるとコメントしましたが、今回は紙のグリーン券を買いました。
     というのも東海道本線の場合、熱海〜函南間で会社が異なるからで、熱海より東の区間はJR東日本エリアであるのに対し、函南駅を含む熱海より西の区間はJR東海エリアになる為、Suicaグリーン券では乗れないからです。
     つまり熱海より西に位置する函南・三島・沼津の各駅まで利用する場合は紙のグリーン券でしか買えません。(沼津以西はグリーン車の連結はありません。)

  •  沼津駅には所定の到着予定時刻である17時45分に着きました。<br />

     沼津駅には所定の到着予定時刻である17時45分に着きました。

  •  沼津では駅構内に位置する「アントレ」という商業施設で晩に食べる食料品を買いました。<br />

     沼津では駅構内に位置する「アントレ」という商業施設で晩に食べる食料品を買いました。

  •  購入した食料品の一部です。まずは「しぞーかおでん」、こちらは静岡県中・東部で弁当・惣菜類を販売している「テンジンヤ」で買うことが出来ます。(静岡県西部にはほとんどお店はありません)<br />

     購入した食料品の一部です。まずは「しぞーかおでん」、こちらは静岡県中・東部で弁当・惣菜類を販売している「テンジンヤ」で買うことが出来ます。(静岡県西部にはほとんどお店はありません)

  •  こちらも先程紹介したテンジンヤの商品で、「おむすび」です。

     こちらも先程紹介したテンジンヤの商品で、「おむすび」です。

  •  沼津では23分の滞在時間で、18時08分発上野東京ライン宇都宮線(東北本線)直通普通列車宇都宮行きに乗り、1駅東京寄りとなる三島駅まで移動します。<br /> 車両は先程乗車したE233系という10両編成の車両でした。4・5号車はグリーン車ですが、さすがに1区間のみの乗車の為、今回は普通車を利用しました。<br />

     沼津では23分の滞在時間で、18時08分発上野東京ライン宇都宮線(東北本線)直通普通列車宇都宮行きに乗り、1駅東京寄りとなる三島駅まで移動します。
     車両は先程乗車したE233系という10両編成の車両でした。4・5号車はグリーン車ですが、さすがに1区間のみの乗車の為、今回は普通車を利用しました。

  •  そのE233系という車両ですが、車両によりボックス席がある車両と全ての座席がロングシートとなっている車両があります。<br /> こちらは全ての座席がロングシートとなっている車両(3・6〜8号車)です。<br />

     そのE233系という車両ですが、車両によりボックス席がある車両と全ての座席がロングシートとなっている車両があります。
     こちらは全ての座席がロングシートとなっている車両(3・6〜8号車)です。

  •  こちらは4人掛けのボックス席です。<br /> E233系の場合、1・2・9・10号車にあります。但し座席自体は硬めで、乗り心地はあまり良くありません。<br /> ちなみに当日はこちらを利用しました。<br />

     こちらは4人掛けのボックス席です。
     E233系の場合、1・2・9・10号車にあります。但し座席自体は硬めで、乗り心地はあまり良くありません。
     ちなみに当日はこちらを利用しました。

  • 三島駅には18時14分頃に着きました。<br />

    三島駅には18時14分頃に着きました。

  •  三島では新幹線を利用して自宅の最寄駅である浜松まで向かうこととし、約10分の待ち合わせで18時24分発こだま675号の自由席に乗りました。<br /> N700系という16両編成の車両が使用され、こだま号なので自由席は1〜7号車と13〜15号車と多いのですが、座席を独り占めし、ノンビリと…と思いきやとんでもない…6・7号車辺りではデッキに立ち客がいる位混んでいて、結局、2号車で相席なら座れる席を見つけ、なんとかそこに座りました。<br />

     三島では新幹線を利用して自宅の最寄駅である浜松まで向かうこととし、約10分の待ち合わせで18時24分発こだま675号の自由席に乗りました。
     N700系という16両編成の車両が使用され、こだま号なので自由席は1〜7号車と13〜15号車と多いのですが、座席を独り占めし、ノンビリと…と思いきやとんでもない…6・7号車辺りではデッキに立ち客がいる位混んでいて、結局、2号車で相席なら座れる席を見つけ、なんとかそこに座りました。

  •  三島からこだまで約1時間、自宅の最寄駅である浜松駅には19時24分頃に着きました。<br /> というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。ご覧戴きましてありがとうございました。<br />

     三島からこだまで約1時間、自宅の最寄駅である浜松駅には19時24分頃に着きました。
     というわけで今回の旅行記はこの辺りでお開きにしたいと思います。ご覧戴きましてありがとうございました。

この旅行記のタグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

イベント観覧の旅

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • BTSさん 2016/08/25 17:55:59
    ようこそ江の島へ!

    フロンティアさまへ

    こんにちは〜

    新幹線を上手く行程に組み入れています。
    おじさんは、郡山〜黒磯間の2両編成がどうもダメですね〜
    以前乗りましたが、車内はメチャ混みで疲れた思いがあります。
    最低でも4両編成にしてもらわないと…

    まさか東北まつりの帰りに江の島へ寄るとは思いませんでした。
    これも新幹線を一部区間乗ったのと山形を早めに出発したから出来たこと
    でしょう〜まさに「早起きは三文の徳」ですね。
    それにしても江の島は海水浴客でビーチは賑わっていますね〜

    沼津駅ビルのアントレは、おじさんも買い物します。
    惣菜や寿司など色々と売っていて便利です。

    久々に「しぞーかおでん」が食べたいですね〜

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2016/08/26 21:28:10
    Re: ようこそ江の島へ!
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     実は帰りの行程、浜松駅に19:00頃までには着くように計画していました。その為、当初は山形8:15発普通米沢行きに乗り、米沢〜福島間を山形新幹線つばさを利用、さらに郡山〜大宮間も新幹線で移動する前提とし、郡山11:39発なすの274号のグリーン車利用のえきねっとお先にトクだ値を予約していました。
     しかし山形7:11発の列車に乗れた為、普通列車を乗り継いでも郡山には10時26分に着くので、郡山〜大宮間の新幹線に乗るために郡山で1時間以上待つのはもったいないと判断し、行程を変更しました。
     郡山から先はひたすら普通列車・快速列車を乗り継げば浜松駅には18:51に着きますが、熱海〜浜松間のロングシートでの移動は嫌であるということとせっかくのよい天気の中、電車に乗り詰めというのも虚しいので、海を見たく江の島に立ち寄りました。そして三島から浜松までは新幹線を利用しました。
     それにしても郡山〜黒磯間の移動では大変でしたね。ということは座れなかったんでしょうね…幸い僕自身はこの区間では座れていますし、この時も他人と隣り合わせで良ければ座れる位でした。たまたま運が悪かったのでしょうな。4両は難しいかもしれませんが、3両はあっても良さそうですね。
     沼津駅周辺の場合、アントレ以外にも南口右前方すぐのところに「イーラde」という再開発ビルがあり、地下1階に「しずてつストア」という食品スーパーがある他、北口から徒歩5分位のところには「イシバシプラザ(イトーヨーカドー沼津店)」というショッピングセンターがあるので、沼津で時間があれば寄ってみてはいかがでしょうか?

フロンティアさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

藤沢・江ノ島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集