嵐山・嵯峨野・太秦・桂旅行記(ブログ) 一覧に戻る
新シリーズ「路線バスで京都を歩く」。京都市の数多い路線バスでこれまた数多い見どころやグルメをレポートします。<br />※仕事の合間を縫って作成しているため、記事や写真は複数日にまたがっている場合があります。ご了承ください。<br /><br />★京都市を走る路線バス<br />(1)京都市営バス<br />最も主要な京都市内の交通機関。運賃230円均一の「均一系統路線」(系統番号が青地に白字で表示される。観光地を循環する100番台の楽バスも含む)、元京都市電の路線を引き継いだ「循環系統路線」(系統番号が橙地に白字で表示。201~208までのバス)、均一区間の外側を走り運賃が段階的に変わる「調整系統路線」(系統番号が白地に黒字で表示)などが運行される。<br />(2)京都バス<br />主に大原・貴船・鞍馬方面と嵐山・苔寺方面へ運行。市バスが運行されていないエリアをカバー。観光地が多いので年中混んでいる。<br />(3)京阪バス<br />主に京阪電鉄沿線で運行されている。京都市では山科区醍醐方面を網羅している。<br />(4)JRバス<br />JRが経営するバス路線。京都駅と高尾・周山を結ぶ路線がある。<br />(5)京阪京都交通<br />京都府南丹地区、向日市などで運行されており、京都駅と西京区を結ぶ路線がある。<br />(6)阪急バス<br />主に阪急沿線で運行されている。京都市では向日市と洛西ニュータウンを結ぶ路線がある。<br />(7)その他<br />プリンセスライン、ヤサカバス、京都らくなんエクスプレス、近鉄バス、京北ふるさとバスなどがエリア限定で運行されている。<br /><br />★路線バスで京都を歩く<br /><br />市バス4号系統で、北山&IN THE GREEN&深泥池&上賀茂神社&大田神社のカキツバタ<br />https://4travel.jp/travelogue/11535778<br />市バス46号系統で、今宮神社&あぶり餅<br />https://4travel.jp/travelogue/11538678<br />市バス33号系統で、桂離宮<br />https://4travel.jp/travelogue/11540307<br /><br /><br />

路線バスで京都を歩く1905 「市バス33号系統に乗って、桂離宮&麦代餅」 

61いいね!

2019/05/10 - 2019/05/10

219位(同エリア3657件中)

旅行記グループ 路線バスで京都めぐり

0

59

新シリーズ「路線バスで京都を歩く」。京都市の数多い路線バスでこれまた数多い見どころやグルメをレポートします。
※仕事の合間を縫って作成しているため、記事や写真は複数日にまたがっている場合があります。ご了承ください。

★京都市を走る路線バス
(1)京都市営バス
最も主要な京都市内の交通機関。運賃230円均一の「均一系統路線」(系統番号が青地に白字で表示される。観光地を循環する100番台の楽バスも含む)、元京都市電の路線を引き継いだ「循環系統路線」(系統番号が橙地に白字で表示。201~208までのバス)、均一区間の外側を走り運賃が段階的に変わる「調整系統路線」(系統番号が白地に黒字で表示)などが運行される。
(2)京都バス
主に大原・貴船・鞍馬方面と嵐山・苔寺方面へ運行。市バスが運行されていないエリアをカバー。観光地が多いので年中混んでいる。
(3)京阪バス
主に京阪電鉄沿線で運行されている。京都市では山科区醍醐方面を網羅している。
(4)JRバス
JRが経営するバス路線。京都駅と高尾・周山を結ぶ路線がある。
(5)京阪京都交通
京都府南丹地区、向日市などで運行されており、京都駅と西京区を結ぶ路線がある。
(6)阪急バス
主に阪急沿線で運行されている。京都市では向日市と洛西ニュータウンを結ぶ路線がある。
(7)その他
プリンセスライン、ヤサカバス、京都らくなんエクスプレス、近鉄バス、京北ふるさとバスなどがエリア限定で運行されている。

★路線バスで京都を歩く

市バス4号系統で、北山&IN THE GREEN&深泥池&上賀茂神社&大田神社のカキツバタ
https://4travel.jp/travelogue/11535778
市バス46号系統で、今宮神社&あぶり餅
https://4travel.jp/travelogue/11538678
市バス33号系統で、桂離宮
https://4travel.jp/travelogue/11540307


旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 「路線バスで京都めぐり」シリーズ、本日のスタートもJR京都駅です。

    「路線バスで京都めぐり」シリーズ、本日のスタートもJR京都駅です。

  • 桂離宮に向かうため市バス33号系統に乗車します。

    桂離宮に向かうため市バス33号系統に乗車します。

  • このシリーズでは初の系統番号が白地に黒字で表示される「調整系統路線」です。

    このシリーズでは初の系統番号が白地に黒字で表示される「調整系統路線」です。

  • 京都駅から七条通を西へ洛西バスターミナルまで走ります。

    京都駅から七条通を西へ洛西バスターミナルまで走ります。

  • 途中経由地の異なる便もあり、そちらは特33号系統と区別しています。

    途中経由地の異なる便もあり、そちらは特33号系統と区別しています。

  • 七条通を進んでゆきます。

    七条通を進んでゆきます。

  • このあたりにも途中様々な見所がありますが、他の系統で訪れる予定なので今回はパスします。

    このあたりにも途中様々な見所がありますが、他の系統で訪れる予定なので今回はパスします。

  • バスは桂離宮前まで走るのですが、運賃230円の均一区間のみを乗車できる市バス1日乗車券を使用しているため均一区間内最後のバス停となる桂小橋で下車します。

    バスは桂離宮前まで走るのですが、運賃230円の均一区間のみを乗車できる市バス1日乗車券を使用しているため均一区間内最後のバス停となる桂小橋で下車します。

  • そして1km弱を歩いて桂大橋を渡ってゆきます。

    そして1km弱を歩いて桂大橋を渡ってゆきます。

  • 同じことを考える人が多いのか、他にも5人程歩いて橋を渡っていましたw

    同じことを考える人が多いのか、他にも5人程歩いて橋を渡っていましたw

  • 気候もよく気持ちがいい散歩です。

    気候もよく気持ちがいい散歩です。

  • 市バス33号系統と同じようなルートを走る京阪京都交通のバスがやってきました。本数は市バスよりもこちらの方が多いです。

    市バス33号系統と同じようなルートを走る京阪京都交通のバスがやってきました。本数は市バスよりもこちらの方が多いです。

  • 桂離宮へは桂離宮前バス停から徒歩5分です。

    桂離宮へは桂離宮前バス停から徒歩5分です。

  • この道を北上します。

    この道を北上します。

  • 左手がすでに桂離宮の敷地となっています。

    左手がすでに桂離宮の敷地となっています。

  • 案内表示に従って進んでゆきます。

    案内表示に従って進んでゆきます。

  • 近所の保育園の園児が元気に走ってゆきます。

    近所の保育園の園児が元気に走ってゆきます。

  • この日の数日前、滋賀県では散歩中の園児に車が突っ込むという痛ましい事故があったばかり。この場所であれば安全ですが無事を祈るばかりです。

    この日の数日前、滋賀県では散歩中の園児に車が突っ込むという痛ましい事故があったばかり。この場所であれば安全ですが無事を祈るばかりです。

  • さて、桂離宮の入口に到着しました。

    さて、桂離宮の入口に到着しました。

  • 自動販売機で参観券を購入し、

    自動販売機で参観券を購入し、

  • 受付の列に並びます。桂離宮は事前に参観予約が必要で、2週間程前にWEB予約しておきました。<br />★桂離宮の予約ページはコチラ<br />https://sankan.kunaicho.go.jp/register/month/4201

    受付の列に並びます。桂離宮は事前に参観予約が必要で、2週間程前にWEB予約しておきました。
    ★桂離宮の予約ページはコチラ
    https://sankan.kunaicho.go.jp/register/month/4201

  • 参観許可メールと身分証明書を提示し、

    参観許可メールと身分証明書を提示し、

  • 待合室で時間まで待機します。

    待合室で時間まで待機します。

  • 桂離宮のイラスト画です。総面積は69,000㎡、庭園部分のみでも58,000㎡となかなかの広さです。

    桂離宮のイラスト画です。総面積は69,000㎡、庭園部分のみでも58,000㎡となかなかの広さです。

  • 宮内庁管轄の皇室関連施設としては、他に京都御所や

    宮内庁管轄の皇室関連施設としては、他に京都御所や

  • 仙洞御所、

    仙洞御所、

  • 修学院離宮があります。京都生まれ京都育ちに私ですが、このどれにも訪れたことはなく「路線バスで京都めぐり」シリーズで全て訪れてみようと思います。

    修学院離宮があります。京都生まれ京都育ちに私ですが、このどれにも訪れたことはなく「路線バスで京都めぐり」シリーズで全て訪れてみようと思います。

  • さて見学時間となりました。

    さて見学時間となりました。

  • 参観はグループ行動が厳守となります。

    参観はグループ行動が厳守となります。

  • 案内役の宮内庁職員が先導し、

    案内役の宮内庁職員が先導し、

  • 後からは皇宮警察官が随行するので勝手な行動はできません。

    後からは皇宮警察官が随行するので勝手な行動はできません。

  • ぞろぞろと職員の後はついてゆきます。

    ぞろぞろと職員の後はついてゆきます。

  • そもそもこの桂という場所は、

    そもそもこの桂という場所は、

  • 平安時代より貴族の別荘地として知られており、

    平安時代より貴族の別荘地として知られており、

  • 桂離宮は八条宮家初代の智仁親王によってその基礎が築かれたそうです。

    桂離宮は八条宮家初代の智仁親王によってその基礎が築かれたそうです。

  • 1883年からは宮内省(現在の宮内庁)の管轄になり今に至っています。

    1883年からは宮内省(現在の宮内庁)の管轄になり今に至っています。

  • 庭園と建物が一体となった回遊式庭園としては最古のものだということです。

    庭園と建物が一体となった回遊式庭園としては最古のものだということです。

  • 庭園の周囲には4棟の御茶屋群があります。

    庭園の周囲には4棟の御茶屋群があります。

  • それぞれの御茶屋には舟着場があり、

    それぞれの御茶屋には舟着場があり、

  • 舟遊びを楽しむこともできました。

    舟遊びを楽しむこともできました。

  • なんと優雅なことでしょう。

    なんと優雅なことでしょう。

  • こういった庭でお茶をたしなみながら舟遊びをするような人生とはどのようなものでありましょうか。

    こういった庭でお茶をたしなみながら舟遊びをするような人生とはどのようなものでありましょうか。

  • そんな事を想いながら歩いてゆきます。

    そんな事を想いながら歩いてゆきます。

  • 最後から随行する皇宮警察官がちらりと見えます。

    最後から随行する皇宮警察官がちらりと見えます。

  • おおよそ1時間で庭園を一周します。

    おおよそ1時間で庭園を一周します。

  • 持仏堂の園林堂です。離宮内で唯一の本瓦葺の建物です。

    持仏堂の園林堂です。離宮内で唯一の本瓦葺の建物です。

  • なお桂離宮の参観申込は3か月前から可能となっています。

    なお桂離宮の参観申込は3か月前から可能となっています。

  • 週末や連休はかなりの混雑となりますので早めの予約が必須です。

    週末や連休はかなりの混雑となりますので早めの予約が必須です。

  • また外国人用に英語ガイドが同行する回もあります。

    また外国人用に英語ガイドが同行する回もあります。

  • 大変貴重なものが見学できました。

    大変貴重なものが見学できました。

  • これにて参観は終了です。

    これにて参観は終了です。

  • 桂離宮前バス停まで戻ってきました。

    桂離宮前バス停まで戻ってきました。

  • 参拝の締めに「中村軒」という和菓子屋に立ち寄ります。

    参拝の締めに「中村軒」という和菓子屋に立ち寄ります。

  • 創業130年の老舗です。

    創業130年の老舗です。

  • 名物の麦代餅(むぎてもち)を購入します。

    名物の麦代餅(むぎてもち)を購入します。

  • 北海道産の小豆を使用した大変おいしいお餅でした。

    北海道産の小豆を使用した大変おいしいお餅でした。

  • さて市バス33号系統はこの後、

    さて市バス33号系統はこの後、

  • 阪急桂駅東口を経由し洛西ニュータウンまでは走りますが、

    阪急桂駅東口を経由し洛西ニュータウンまでは走りますが、

  • そちたはまたほかの系統で訪れることにし、今回の「路線バスで京都めぐり」はこの辺で終了することにします。

    そちたはまたほかの系統で訪れることにし、今回の「路線バスで京都めぐり」はこの辺で終了することにします。

61いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集