九十九湾・穴水旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年のゴールデンウイーク、能登半島と福井を回ってきました。<br />旅の目的は、<br />①奥能登をバスで巡る。<br />②のと鉄道の廃線跡を巡る。<br />でした。<br />奥能登のバスは平日しか運行しないものが多く、計画に苦労しました。<br />石川や福井の観光地はともかく、道の駅はどこへ行っても人がたくさんいました。<br />その4は、のと鉄道能登線廃線跡巡り・穴水編です。<br /><br />その1 出発と金沢編http://4travel.jp/travelogue/11239508<br />その2 七尾編http://4travel.jp/travelogue/11241561<br />その3 のと鉄道乗車編https://4travel.jp/travelogue/11244073

北陸旅行記2017年春(4)のと鉄道能登線廃線跡巡り・穴水編

10いいね!

2017/05/02 - 2017/05/05

40位(同エリア76件中)

旅行記グループ 2017年春・北陸旅行記

0

68

fuming64さん

2017年のゴールデンウイーク、能登半島と福井を回ってきました。
旅の目的は、
①奥能登をバスで巡る。
②のと鉄道の廃線跡を巡る。
でした。
奥能登のバスは平日しか運行しないものが多く、計画に苦労しました。
石川や福井の観光地はともかく、道の駅はどこへ行っても人がたくさんいました。
その4は、のと鉄道能登線廃線跡巡り・穴水編です。

その1 出発と金沢編http://4travel.jp/travelogue/11239508
その2 七尾編http://4travel.jp/travelogue/11241561
その3 のと鉄道乗車編https://4travel.jp/travelogue/11244073

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
徒歩

PR

  • 穴水駅。<br />旅行2日目の続きです。<br />穴水駅で自転車を借り、のと鉄道能登線の廃線巡りに出かけました。<br />長い時間ではなかったので、コインロッカーは使わずに、荷物全部もっていくことにしました。

    穴水駅。
    旅行2日目の続きです。
    穴水駅で自転車を借り、のと鉄道能登線の廃線巡りに出かけました。
    長い時間ではなかったので、コインロッカーは使わずに、荷物全部もっていくことにしました。

  • 大町踏切。<br />まず、穴水駅から先に続く線路を見に行きました。

    大町踏切。
    まず、穴水駅から先に続く線路を見に行きました。

  • のと鉄道の現在の線路の終端。<br />線路は大町踏切から先200mくらい続いていました。<br />大町踏切から、奥が宇出津方面です。

    のと鉄道の現在の線路の終端。
    線路は大町踏切から先200mくらい続いていました。
    大町踏切から、奥が宇出津方面です。

  • 穴水駅。<br />大町踏切から、上の写真の反対側です。

    穴水駅。
    大町踏切から、上の写真の反対側です。

  • のと鉄道の車両基地。

    のと鉄道の車両基地。

  • のと鉄道の線路の終端。<br />大町踏切から引き返し、線路沿いを終端方面に進みました。

    のと鉄道の線路の終端。
    大町踏切から引き返し、線路沿いを終端方面に進みました。

  • のと鉄道の線路の終端。<br />穴水には幾度も訪れていますが、ここへやって来たのは初めてでした。<br />奥が穴水駅です。

    のと鉄道の線路の終端。
    穴水には幾度も訪れていますが、ここへやって来たのは初めてでした。
    奥が穴水駅です。

  • のと鉄道の線路の終端。<br />ここから先が廃線部分となります。<br />奥が宇出津方面です。

    のと鉄道の線路の終端。
    ここから先が廃線部分となります。
    奥が宇出津方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />現在の線路の終端の先には道路が、その先には山王川がありました。

    能登線の廃線跡。
    現在の線路の終端の先には道路が、その先には山王川がありました。

  • 山王川橋梁跡。<br />橋脚と橋台が残っていました。<br />奥が宇出津方面です。

    山王川橋梁跡。
    橋脚と橋台が残っていました。
    奥が宇出津方面です。

  • 山王川橋梁跡。<br />橋脚です。

    山王川橋梁跡。
    橋脚です。

  • 山王川橋梁跡。<br />橋台です。<br />草木が茂っていて分かりにくいですが、川の手前にも対岸側にもあります。

    山王川橋梁跡。
    橋台です。
    草木が茂っていて分かりにくいですが、川の手前にも対岸側にもあります。

  • 山王川橋梁跡。

    山王川橋梁跡。

  • 能登線の廃線跡と山王川橋梁跡。<br />この道路が廃線前からあったとすれば、ここには踏切があったと思われます。

    能登線の廃線跡と山王川橋梁跡。
    この道路が廃線前からあったとすれば、ここには踏切があったと思われます。

  • のと鉄道の線路の終端と能登線の廃線跡。<br />上の写真の穴水駅寄りです。

    のと鉄道の線路の終端と能登線の廃線跡。
    上の写真の穴水駅寄りです。

  • 山王川橋梁跡。<br />この後、奥に見える待橋を渡り、山王川の対岸に向かいます。

    山王川橋梁跡。
    この後、奥に見える待橋を渡り、山王川の対岸に向かいます。

  • 山王川橋梁跡。<br />待橋からです。

    山王川橋梁跡。
    待橋からです。

  • 能登線の廃線跡。<br />待橋を渡り、山王川橋梁跡の反対側にやって来ました。<br />奥が穴水方面です。

    能登線の廃線跡。
    待橋を渡り、山王川橋梁跡の反対側にやって来ました。
    奥が穴水方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、奥が宇出津方面です。

    能登線の廃線跡。
    上の写真の反対側、奥が宇出津方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />自転車を置き、山王川橋梁跡に近づいていきました。<br />奥が穴水方面です。

    能登線の廃線跡。
    自転車を置き、山王川橋梁跡に近づいていきました。
    奥が穴水方面です。

  • 山王川橋梁跡。<br />近くまでやって来ました。<br />奥が穴水方面です。

    山王川橋梁跡。
    近くまでやって来ました。
    奥が穴水方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />山王川を渡った地点から宇出津方面を望みます。

    能登線の廃線跡。
    山王川を渡った地点から宇出津方面を望みます。

  • 能登線のキロポスト。

    能登線のキロポスト。

  • 能登線の廃線跡。<br />ここに踏切があったと思われます。<br />右が穴水、左が宇出津方面です。

    能登線の廃線跡。
    ここに踏切があったと思われます。
    右が穴水、左が宇出津方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />上の写真の踏切跡から、奥が穴水方面です。

    能登線の廃線跡。
    上の写真の踏切跡から、奥が穴水方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />上の写真の反対側、奥が宇出津方面です。<br />この後、右の道路を廃線跡に沿って進みました。

    能登線の廃線跡。
    上の写真の反対側、奥が宇出津方面です。
    この後、右の道路を廃線跡に沿って進みました。

  • 能登線の廃線跡。<br />ここにも橋台がありました。

    能登線の廃線跡。
    ここにも橋台がありました。

  • 能登線の廃線跡。<br />廃線跡に沿って進んでいくと、橋が見えてきました。

    能登線の廃線跡。
    廃線跡に沿って進んでいくと、橋が見えてきました。

  • 小又川橋梁。<br />小又川に架かる橋はまだ残されていました。

    小又川橋梁。
    小又川に架かる橋はまだ残されていました。

  • 小又川橋梁。<br />橋の下をくぐれそうだったので、近づいてみました。

    小又川橋梁。
    橋の下をくぐれそうだったので、近づいてみました。

  • 小又川橋梁。<br />真下です。

    小又川橋梁。
    真下です。

  • 小又川橋梁。<br />橋をくぐった反対側です。<br />左が宇出津、右が穴水方面です。

    小又川橋梁。
    橋をくぐった反対側です。
    左が宇出津、右が穴水方面です。

  • 小又川橋梁と能登線の廃線跡。<br />右が穴水方面です。<br />下の田んぼでは田植えの準備をしていました。

    小又川橋梁と能登線の廃線跡。
    右が穴水方面です。
    下の田んぼでは田植えの準備をしていました。

  • 能登線の廃線跡。<br />小又川橋梁から、奥が穴水方面です。<br />左下に見えるのが、借りた自転車です。

    能登線の廃線跡。
    小又川橋梁から、奥が穴水方面です。
    左下に見えるのが、借りた自転車です。

  • 小又川橋梁。<br />上の写真の反対側です。<br />橋には当然のことながら立入禁止となっていました。

    小又川橋梁。
    上の写真の反対側です。
    橋には当然のことながら立入禁止となっていました。

  • 小又川橋梁。<br />奥が宇出津方面です。

    小又川橋梁。
    奥が宇出津方面です。

  • 小又川と小又川橋梁。<br />白山橋からです。<br />白山橋を渡り、小又川の対岸に向かいました。

    小又川と小又川橋梁。
    白山橋からです。
    白山橋を渡り、小又川の対岸に向かいました。

  • 能登線の廃線跡。<br />小又川橋梁を渡った先です。<br />右が宇出津方面です。

    能登線の廃線跡。
    小又川橋梁を渡った先です。
    右が宇出津方面です。

  • 小又川橋梁。

    小又川橋梁。

  • 小又川橋梁。<br />こちら側も橋の下をくぐれるようになっていました。

    小又川橋梁。
    こちら側も橋の下をくぐれるようになっていました。

  • 小又川橋梁の銘板。

    小又川橋梁の銘板。

  • 小又川橋梁の橋台。<br />「1955-12」と刻印されていました。

    小又川橋梁の橋台。
    「1955-12」と刻印されていました。

  • 小又川橋梁。<br />橋をくぐった反対側からです。

    小又川橋梁。
    橋をくぐった反対側からです。

  • 小又川橋梁。

    小又川橋梁。

  • 能登線の廃線跡。<br />さらに廃線跡に沿って宇出津方面に進んでいきました。

    能登線の廃線跡。
    さらに廃線跡に沿って宇出津方面に進んでいきました。

  • 能登線の廃線跡と小又川橋梁。<br />上の写真の反対側です。

    能登線の廃線跡と小又川橋梁。
    上の写真の反対側です。

  • 能登線のガード。<br />ここには「1955-3」と刻印されていました。

    能登線のガード。
    ここには「1955-3」と刻印されていました。

  • 能登線の廃線跡。<br />橋台が見えてきました。

    能登線の廃線跡。
    橋台が見えてきました。

  • 能登線の廃線跡。<br />上の写真の反対側です。

    能登線の廃線跡。
    上の写真の反対側です。

  • 能登線の廃線跡。<br />橋台に近づいてきました。<br />この橋台の手前は県道1号線です。

    能登線の廃線跡。
    橋台に近づいてきました。
    この橋台の手前は県道1号線です。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />橋台のある県道1号線にたどり着きました。

    輪島街道架道橋の橋台。
    橋台のある県道1号線にたどり着きました。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />穴水側です。

    輪島街道架道橋の橋台。
    穴水側です。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />宇出津側です。

    輪島街道架道橋の橋台。
    宇出津側です。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />架道橋の越えたところです。<br />左が宇出津、右が穴水方面です。

    輪島街道架道橋の橋台。
    架道橋の越えたところです。
    左が宇出津、右が穴水方面です。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />宇出津側です。

    輪島街道架道橋の橋台。
    宇出津側です。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />穴水側です。

    輪島街道架道橋の橋台。
    穴水側です。

  • 能登線の廃線跡。<br />奥が宇出津方面です。

    能登線の廃線跡。
    奥が宇出津方面です。

  • 能登線の廃線跡。<br />奥が宇出津方面です。

    能登線の廃線跡。
    奥が宇出津方面です。

  • 輪島街道架道橋の橋台。<br />もっと宇出津方面に進みたかったのですが、次に乗るバスの時刻が迫ってきていたので、駅前に至る道を通って、穴水駅に戻りました。

    輪島街道架道橋の橋台。
    もっと宇出津方面に進みたかったのですが、次に乗るバスの時刻が迫ってきていたので、駅前に至る道を通って、穴水駅に戻りました。

  • 穴水駅に到着した「のと里山里海号」。<br />駅に着き、自転車を返すと、「のと里山里海号」がホームに到着したので、撮影しました。

    穴水駅に到着した「のと里山里海号」。
    駅に着き、自転車を返すと、「のと里山里海号」がホームに到着したので、撮影しました。

  • 穴水駅前のバス乗り場。<br />5年前に来た時とは、すっかり変わっていました。

    穴水駅前のバス乗り場。
    5年前に来た時とは、すっかり変わっていました。

  • 穴水町物産館「四季彩々」。<br />駅舎の横にありました。<br />5年前にはありませんでした。

    穴水町物産館「四季彩々」。
    駅舎の横にありました。
    5年前にはありませんでした。

  • のと鉄道の本社。<br />こちらは5年前と同じです。

    のと鉄道の本社。
    こちらは5年前と同じです。

  • 穴水駅前のバス乗り場の待合所。

    穴水駅前のバス乗り場の待合所。

  • 穴水駅前のバス乗り場の待合所。

    穴水駅前のバス乗り場の待合所。

  • 道の駅「あなみず」。<br />物産館を含め、駅周辺は道の駅となっていました。

    道の駅「あなみず」。
    物産館を含め、駅周辺は道の駅となっていました。

  • 穴水町さわやか交流館「プルート」。

    穴水町さわやか交流館「プルート」。

  • 穴水駅前にやって来た北鉄奥能登バス。<br />10時15分発のバスに乗り、能登三井駅に向かいました。<br />ここからバスの旅が続きます。<br /><br />その5に続きます。

    穴水駅前にやって来た北鉄奥能登バス。
    10時15分発のバスに乗り、能登三井駅に向かいました。
    ここからバスの旅が続きます。

    その5に続きます。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2017年春・北陸旅行記

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

九十九湾・穴水の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集