イスタンブール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回の世界一周旅行の最終訪問地、トルコのイスタンブールへ。<br /><br />イタリアのミラノから地中海北部のアドリア海や東欧諸国上空を通る快適なフライト。<br /><br />そこまでは良かったのですが、イスタンブールに着いてみたら、あらららら・・・<br /><br /><br />(上の写真はイスタンブール到着後、タラップの下から搭乗機を撮影したものです。)<br /><br /><br />9/10木 成田11:05=(JAL 日付変更線通過)=9:06シカゴ<br />9/11金 シカゴ18:40-(アムトラック)-<br />9/12土 -13:53ワシントンD.C.<br />9/13日 ワシントンD.C.16:25-(アムトラック)-19:42ニューヨーク<br />9/14月 ニューヨーク滞在<br />9/15火 ニューヨーク19:55=(ノルウェー・エアシャトル 機材はハイ・フライ)=<br />9/16水 =8:35ロンドン12:24-(ユーロスター)-16:30パリ<br />9/17木 パリ11:25-(タリス)-12:52ブリュッセル16:52-(タリス)-18:55アムステルダム<br />9/18金 アムステルダム20:48-(シティ・ナイト・ライン)-<br />9/19土 -8:17チューリッヒ11:32-(ユーロシティ)-15:45ミラノ<br />★9/20日 ミラノ11:20=(ターキッシュエアラインズ)=15:35イスタンブール<br />9/21祝 イスタンブール滞在<br />9/22祝 イスタンブール1:05=(ターキッシュエアラインズ)=17:45関空<br /><br />★・・・今回の旅行記<br />

飛行機代約11万円(+JAL25,000マイル)世界一周の旅11日目 ミラノ→イスタンブール ターキッシュ・エアラインズ搭乗

49いいね!

2015/09/20 - 2015/09/20

188位(同エリア4202件中)

Happy Station

Happy Stationさん

今回の世界一周旅行の最終訪問地、トルコのイスタンブールへ。

イタリアのミラノから地中海北部のアドリア海や東欧諸国上空を通る快適なフライト。

そこまでは良かったのですが、イスタンブールに着いてみたら、あらららら・・・


(上の写真はイスタンブール到着後、タラップの下から搭乗機を撮影したものです。)


9/10木 成田11:05=(JAL 日付変更線通過)=9:06シカゴ
9/11金 シカゴ18:40-(アムトラック)-
9/12土 -13:53ワシントンD.C.
9/13日 ワシントンD.C.16:25-(アムトラック)-19:42ニューヨーク
9/14月 ニューヨーク滞在
9/15火 ニューヨーク19:55=(ノルウェー・エアシャトル 機材はハイ・フライ)=
9/16水 =8:35ロンドン12:24-(ユーロスター)-16:30パリ
9/17木 パリ11:25-(タリス)-12:52ブリュッセル16:52-(タリス)-18:55アムステルダム
9/18金 アムステルダム20:48-(シティ・ナイト・ライン)-
9/19土 -8:17チューリッヒ11:32-(ユーロシティ)-15:45ミラノ
★9/20日 ミラノ11:20=(ターキッシュエアラインズ)=15:35イスタンブール
9/21祝 イスタンブール滞在
9/22祝 イスタンブール1:05=(ターキッシュエアラインズ)=17:45関空

★・・・今回の旅行記

旅行の満足度
5.0
交通手段
飛行機
航空会社
ターキッシュ エアラインズ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 本日は、ここイタリアのミラノからトルコのイスタンブールへ、ターキッシュ・エアラインズで移動します。<br /><br />まずは地下鉄で、市街地中心部にあるミラノ・カドルナ駅へやって来ました。<br /><br />ここから北西約30kmのミラノ・マルペンサ国際空港まで、直通列車が30分おきに出ています。<br />

    本日は、ここイタリアのミラノからトルコのイスタンブールへ、ターキッシュ・エアラインズで移動します。

    まずは地下鉄で、市街地中心部にあるミラノ・カドルナ駅へやって来ました。

    ここから北西約30kmのミラノ・マルペンサ国際空港まで、直通列車が30分おきに出ています。

    ミラノ カドルナ駅

    マルペンサ国際空港行き電車の始発駅 by Happy Stationさん
  • 12ユーロ(約1,680円)の切符を窓口で購入し、ホームへ。<br />

    12ユーロ(約1,680円)の切符を窓口で購入し、ホームへ。

  • 郊外を結ぶ2階建ての通勤電車が頻繁に発着しています。<br />

    郊外を結ぶ2階建ての通勤電車が頻繁に発着しています。

  • そのホームの一番端に、これから乗るマルペンサ・エキスプレスが発車を待っていました。<br />

    そのホームの一番端に、これから乗るマルペンサ・エキスプレスが発車を待っていました。

  • 自動車メーカーの広告が車体全面に。<br /><br />鉄道にとってクルマは商売がたきのはずですが、そんなことは気にしないのがイタリアのおおらかなところ。

    自動車メーカーの広告が車体全面に。

    鉄道にとってクルマは商売がたきのはずですが、そんなことは気にしないのがイタリアのおおらかなところ。

  • 空港連絡列車らしく、入り口付近には巨大な荷物棚が設置されています。<br /><br />座席は4人掛け。<br /><br />空港行きの午前中の便なので、混雑しているかな?と思っていたのですが、座席の約半分が埋まる程度の乗車率でした。<br />

    空港連絡列車らしく、入り口付近には巨大な荷物棚が設置されています。

    座席は4人掛け。

    空港行きの午前中の便なので、混雑しているかな?と思っていたのですが、座席の約半分が埋まる程度の乗車率でした。

  • 定刻9:27に発車。<br /><br />ミラノ市街地を抜け、郊外の農村地帯を進みます。<br /><br />窓にも広告が貼りつけられているので、外の景色が見えにくいのがちょっと残念。<br />

    定刻9:27に発車。

    ミラノ市街地を抜け、郊外の農村地帯を進みます。

    窓にも広告が貼りつけられているので、外の景色が見えにくいのがちょっと残念。

  • 10:01、終点のミラノ・マルペンサ空港駅に到着。<br />

    10:01、終点のミラノ・マルペンサ空港駅に到着。

    マルペンサ空港駅

    マルペンサエクスプレスの終点 by Happy Stationさん
  • わりときれいなターミナルビル(ターミナル1)です。

    わりときれいなターミナルビル(ターミナル1)です。

    ミラノ マルペンサ国際空港 (MXP) 空港

    モンテ・ローザ by Happy Stationさん
  • 出国審査では何も訊かれず。<br /><br />シンプルなデザインの出国印でした。

    出国審査では何も訊かれず。

    シンプルなデザインの出国印でした。

  • イスタンブール行きは結構端の方から出ます。<br /><br />通路を歩きながら何気なく窓の外に目をやったら・・・<br /><br /><br /><br />

    イスタンブール行きは結構端の方から出ます。

    通路を歩きながら何気なく窓の外に目をやったら・・・



  • なんと、スイス最高峰のモンテ・ローザ(山群)が正面にそびえていました。<br /><br />最高地点の標高は4,634m。<br /><br />9月なのに雪に覆われた神々しい姿。<br /><br />万年雪でしょうか?<br />

    なんと、スイス最高峰のモンテ・ローザ(山群)が正面にそびえていました。

    最高地点の標高は4,634m。

    9月なのに雪に覆われた神々しい姿。

    万年雪でしょうか?

  • 10:37、ようやく搭乗口に到着。<br /><br />11:20が出発予定時間のはずですが、もう既に搭乗手続きが始まっており、搭乗券に書かれたグループごとにお客がボーディング・ブリッジを渡ってどんどん乗り込んでいました。<br />

    10:37、ようやく搭乗口に到着。

    11:20が出発予定時間のはずですが、もう既に搭乗手続きが始まっており、搭乗券に書かれたグループごとにお客がボーディング・ブリッジを渡ってどんどん乗り込んでいました。

  • 機体はA330-300。<br />

    機体はA330-300。

  • 2列-4列-2列の座席配置です。<br /><br />中央の4列の席はほとんど空席でした。<br />

    2列-4列-2列の座席配置です。

    中央の4列の席はほとんど空席でした。

  • ミラノからイスタンブールまでは約1,700km。<br /><br />東京-那覇が1,600kmほどなので、ちょっと長めの日本国内線程度の距離なのですが、座席モニターの地図によると、この飛行機は、イタリア→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→ブルガリア→トルコと様々な国の上を通るようです。<br />

    ミラノからイスタンブールまでは約1,700km。

    東京-那覇が1,600kmほどなので、ちょっと長めの日本国内線程度の距離なのですが、座席モニターの地図によると、この飛行機は、イタリア→クロアチア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→セルビア→ブルガリア→トルコと様々な国の上を通るようです。

  • 乗り込んでから約1時間後の11:52、滑走路に出てようやく離陸開始。<br />

    乗り込んでから約1時間後の11:52、滑走路に出てようやく離陸開始。

  • 離陸後、北のスイス方面に向かって高度をぐんぐん上げますが、<br />

    離陸後、北のスイス方面に向かって高度をぐんぐん上げますが、

  • すぐ東へ向きを変えます。<br /><br />右手にポー川を見て、イタリア北部のポー平原の上を飛行。<br />

    すぐ東へ向きを変えます。

    右手にポー川を見て、イタリア北部のポー平原の上を飛行。

  • 左手には、アルプス山脈からの清い水をたたえた大小の湖が並んでいます。<br /><br />これはイタリア最大の面積を有するガルダ湖ですね。<br /><br />琵琶湖の半分ほどの広さ。<br />

    左手には、アルプス山脈からの清い水をたたえた大小の湖が並んでいます。

    これはイタリア最大の面積を有するガルダ湖ですね。

    琵琶湖の半分ほどの広さ。

    ガルダ湖 滝・河川・湖

  • そして12:17、近隣の市街地とともに世界遺産に登録された、ポー川河口のデルタ(三角州)地帯へ。<br /><br />ベネチアの南約40kmの場所です。<br />

    そして12:17、近隣の市街地とともに世界遺産に登録された、ポー川河口のデルタ(三角州)地帯へ。

    ベネチアの南約40kmの場所です。

    フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯 旧市街・古い町並み

  • フランス・ドイツなどのヨーロッパ北部の川は距離が長く勾配が緩やかなので、上流からの土砂供給量が少なく、あまり三角州が発達しないのですが・・・<br /><br />このポー川を含むヨーロッパ南部の川は、山から海までの距離が比較的短く、勾配がきついため、山から流れ出た土砂が河口付近に堆積し、このような三角形の湿地帯が形成されやすいのだそうです。<br />

    フランス・ドイツなどのヨーロッパ北部の川は距離が長く勾配が緩やかなので、上流からの土砂供給量が少なく、あまり三角州が発達しないのですが・・・

    このポー川を含むヨーロッパ南部の川は、山から海までの距離が比較的短く、勾配がきついため、山から流れ出た土砂が河口付近に堆積し、このような三角形の湿地帯が形成されやすいのだそうです。

  • この三角州は、沖に向かって年々成長しており、川から流れ出た土砂が海岸線に沿って海中を漂っていました。<br /><br />ここで西ヨーロッパ(イタリア)とはお別れ。地中海北部のアドリア海に出ます。<br />

    この三角州は、沖に向かって年々成長しており、川から流れ出た土砂が海岸線に沿って海中を漂っていました。

    ここで西ヨーロッパ(イタリア)とはお別れ。地中海北部のアドリア海に出ます。

  • 12:25、昼食の配布。<br /><br />「チキン?オア、スチュー(シチュー)?」とキャビンアテンダントが尋ねてきたので、チキンを頼みました。<br />

    12:25、昼食の配布。

    「チキン?オア、スチュー(シチュー)?」とキャビンアテンダントが尋ねてきたので、チキンを頼みました。

  • メインは、ハーブで味付けしたチキンのグリル。<br /><br />添えられたマッシュポテトと相性が良く、文句のない味でした。<br />

    メインは、ハーブで味付けしたチキンのグリル。

    添えられたマッシュポテトと相性が良く、文句のない味でした。

  • アドリア海に浮かぶ島の上空を飛行中。<br /><br /><br />今回の航空券は、エクスペディアのサイトで購入しました。<br /><br />ミラノ→イスタンブール→関空(いずれもターキッシュ・エアラインズ)が燃油・税など諸費用全て込みで44,210円と片道のみのチケットにしては意外と安め。<br /><br />途中経由地のイスタンブールで24時間以内乗り継ぎの旅程にすると、この値段からさらに1,000円ほど安くなるようです。<br /><br />ターキッシュ・エアラインズはスターアライアンス系なので、ANAのカードをチェックイン時に提示したら、3,345マイル(ミラノ-関空の距離の50%)を後で付与してくれました。<br /><br />このルートは、現在でも繁忙期を除いて350ユーロほどでチケットが販売されていることが多く、ヨーロッパからの片道利用の場合、結構使い勝手の良い路線の一つといえるかもしれません。

    アドリア海に浮かぶ島の上空を飛行中。


    今回の航空券は、エクスペディアのサイトで購入しました。

    ミラノ→イスタンブール→関空(いずれもターキッシュ・エアラインズ)が燃油・税など諸費用全て込みで44,210円と片道のみのチケットにしては意外と安め。

    途中経由地のイスタンブールで24時間以内乗り継ぎの旅程にすると、この値段からさらに1,000円ほど安くなるようです。

    ターキッシュ・エアラインズはスターアライアンス系なので、ANAのカードをチェックイン時に提示したら、3,345マイル(ミラノ-関空の距離の50%)を後で付与してくれました。

    このルートは、現在でも繁忙期を除いて350ユーロほどでチケットが販売されていることが多く、ヨーロッパからの片道利用の場合、結構使い勝手の良い路線の一つといえるかもしれません。

  • 12:33、前方に陸地が見えてきて、いよいよ東欧へ。<br />

    12:33、前方に陸地が見えてきて、いよいよ東欧へ。

  • よく知らない場所なので、景色をしっかり眺めておこうと思っていたのですが・・・海上では晴れ渡っていたのに、陸には厚い雲が広がっていました。<br /><br />冷戦時代ではありませんが、ヴェールに包まれた東欧といった感じ。

    よく知らない場所なので、景色をしっかり眺めておこうと思っていたのですが・・・海上では晴れ渡っていたのに、陸には厚い雲が広がっていました。

    冷戦時代ではありませんが、ヴェールに包まれた東欧といった感じ。

  • 後から配られたパンを食べ、うつらうつらしていたら、<br />

    後から配られたパンを食べ、うつらうつらしていたら、

  • 13:17、雲の切れ間からセルビアとブルガリアとの国境付近に広がる山岳地帯が見えてきました。<br /><br />その中を、谷間に沿ってくねくねと一本の道が延びています。

    13:17、雲の切れ間からセルビアとブルガリアとの国境付近に広がる山岳地帯が見えてきました。

    その中を、谷間に沿ってくねくねと一本の道が延びています。

  • これは、E80号線。別名「欧州横断自動車道」とも呼ばれ、ポルトガルからトルコまでイタリア経由で結んでいる高速道路ですね。<br /><br />トルコから先、太平洋に至るアジア・ハイウェイ1号線に直結している壮大な道。<br />

    これは、E80号線。別名「欧州横断自動車道」とも呼ばれ、ポルトガルからトルコまでイタリア経由で結んでいる高速道路ですね。

    トルコから先、太平洋に至るアジア・ハイウェイ1号線に直結している壮大な道。

  • 上の写真の場所です。<br /><br />山の向こうにドナウ川が並行して流れているようですが、その姿は、雲に覆われて確認することができませんでした。<br />

    上の写真の場所です。

    山の向こうにドナウ川が並行して流れているようですが、その姿は、雲に覆われて確認することができませんでした。

  • そしてブルガリアを出て、いよいよトルコへ。<br /><br />平地に大規模な農場が広がっています。

    そしてブルガリアを出て、いよいよトルコへ。

    平地に大規模な農場が広がっています。

  • 13:55、イスタンブールの手前でいったん海に出て・・・<br />

    13:55、イスタンブールの手前でいったん海に出て・・・

  • ボスポラス海峡付近のマルマラ海の上で時計回りにしばらく旋回します。<br /><br />どうやら目的地の空港の滑走路が、離着陸便でかなり混雑しているようで。<br />

    ボスポラス海峡付近のマルマラ海の上で時計回りにしばらく旋回します。

    どうやら目的地の空港の滑走路が、離着陸便でかなり混雑しているようで。

  • ようやく着陸許可が下りたらしく、高度を下げて海から陸地へ。

    ようやく着陸許可が下りたらしく、高度を下げて海から陸地へ。

  • 14:10(トルコ現地時間15:10)、トルコ・アタテュルク国際空港に着陸。<br /><br />離陸から着陸まで2時間18分のフライトでした。<br /><br />(ここからはトルコ現地時間で時刻を記させて頂きます)<br />

    14:10(トルコ現地時間15:10)、トルコ・アタテュルク国際空港に着陸。

    離陸から着陸まで2時間18分のフライトでした。

    (ここからはトルコ現地時間で時刻を記させて頂きます)

  • 誘導路は大渋滞。<br /><br />ゆるゆる進んでは止まって、の繰り返しでなかなかスポットに到着しません。<br />

    誘導路は大渋滞。

    ゆるゆる進んでは止まって、の繰り返しでなかなかスポットに到着しません。

  • 定刻より30分遅れの15:35、ようやくドアが開きました。<br /><br />その5分後に機外へ(着陸30分後)。<br />

    定刻より30分遅れの15:35、ようやくドアが開きました。

    その5分後に機外へ(着陸30分後)。

  • タラップの下には大型バスが待っています。

    タラップの下には大型バスが待っています。

  • このバスに揺られ、15:50ターミナルの建物へ。<br /><br />車内は座席が少なめで、ほとんどの方は立っていました。

    このバスに揺られ、15:50ターミナルの建物へ。

    車内は座席が少なめで、ほとんどの方は立っていました。

  • ターミナルビルに入ってみたら・・・<br /><br />とんでもない数のお客さんが入国審査場に並んでいました。<br /><br />その数、1,000人以上。<br /><br />行列嫌いの私は、この状況を見ただけで、目が回りそうになります。<br />

    ターミナルビルに入ってみたら・・・

    とんでもない数のお客さんが入国審査場に並んでいました。

    その数、1,000人以上。

    行列嫌いの私は、この状況を見ただけで、目が回りそうになります。

    アタテュルク国際空港 (IST) 空港

    混雑する国際空港 by Happy Stationさん
  • 意を決して行列のしっぽに並びますが、ノロノロとしてなかなか列が進まず・・・カタツムリと競争したら負けるかもしれません。<br /><br />「この分だと、今夜はここで並んだまま一晩過ごすことになるんじゃないのか?」<br />「・・・かもな(Maybe so.)」<br />などと英語で冗談を言っているグループの姿も。<br /><br />まるでイギリスの不条理コメディ「モンティ・パイソン」の一場面を思わせる光景。<br /><br />さすがに見るに見かねたのでしょうか?しばらくしてから、空港職員が300mほど離れた別の区画へ、(私を含む)列の後方の人たちを誘導してくれて、そちらでも入国審査を受け付けてくれることになりました。<br /><br />(写真は別の区画に移動した後のものです。目の前をキャビンアテンダントたちが、ほとんどノンストップで軽やかに通過して行きました。)<br />

    意を決して行列のしっぽに並びますが、ノロノロとしてなかなか列が進まず・・・カタツムリと競争したら負けるかもしれません。

    「この分だと、今夜はここで並んだまま一晩過ごすことになるんじゃないのか?」
    「・・・かもな(Maybe so.)」
    などと英語で冗談を言っているグループの姿も。

    まるでイギリスの不条理コメディ「モンティ・パイソン」の一場面を思わせる光景。

    さすがに見るに見かねたのでしょうか?しばらくしてから、空港職員が300mほど離れた別の区画へ、(私を含む)列の後方の人たちを誘導してくれて、そちらでも入国審査を受け付けてくれることになりました。

    (写真は別の区画に移動した後のものです。目の前をキャビンアテンダントたちが、ほとんどノンストップで軽やかに通過して行きました。)

  • あんなに並んだのに、私の番になったら、入国審査は10秒ほど。<br /><br />「メルハバ(こんにちは)!」といってパスポートを差し出したら、審査官はろくにこちらの顔も見ずに、パラパラとページをめくって、ポンと丸い入国印を押し、すぐに返してくれました。<br /><br />写真と本人との照合をしていないような気が・・・日本国のパスポートの信用度はここトルコではかなり高いようで。<br /><br />16:45、荷物受取所のターンテーブルに来ると、人の姿はほとんどなく、荷物だけが大量にグルグルと回り続けていました。<br /><br />まだ皆さん入国審査で時間がかかっているんでしょうね。<br />

    あんなに並んだのに、私の番になったら、入国審査は10秒ほど。

    「メルハバ(こんにちは)!」といってパスポートを差し出したら、審査官はろくにこちらの顔も見ずに、パラパラとページをめくって、ポンと丸い入国印を押し、すぐに返してくれました。

    写真と本人との照合をしていないような気が・・・日本国のパスポートの信用度はここトルコではかなり高いようで。

    16:45、荷物受取所のターンテーブルに来ると、人の姿はほとんどなく、荷物だけが大量にグルグルと回り続けていました。

    まだ皆さん入国審査で時間がかかっているんでしょうね。

  • 17:00、地下鉄の空港駅へ。<br /><br />着陸してからここまでたどり着くのに約2時間もかかってしまいました。<br /><br />入国審査場・手荷物受取所・両替所に寄っただけなのに。<br /><br />やれやれ・・・

    17:00、地下鉄の空港駅へ。

    着陸してからここまでたどり着くのに約2時間もかかってしまいました。

    入国審査場・手荷物受取所・両替所に寄っただけなのに。

    やれやれ・・・

    アタテュルク空港駅 (ハワリマヌ駅)

    メトロの始発駅 by Happy Stationさん
  • 小ぶりな電車に乗り込み、ほっと一息。<br /><br />この時間帯は、6分おきにイスタンブール中心市街地方面行きの列車が運行されています。<br /><br />そして、空港から3駅目、<br />

    小ぶりな電車に乗り込み、ほっと一息。

    この時間帯は、6分おきにイスタンブール中心市街地方面行きの列車が運行されています。

    そして、空港から3駅目、

  • アタキョイ・シーリンエヴレル駅で下車。<br />

    アタキョイ・シーリンエヴレル駅で下車。

    アタキョイ シーリンエヴレル駅 (メトロ)

    国際空港から3駅目 by Happy Stationさん
  • ここから徒歩5分あまりのビジネスホテルに向かいます。<br /><br />観光を重視すれば、このような空港近くではなく、市街地中心部まで行って泊まるべきなのですが・・・中心部は公的機関を目標にした小規模なテロがごくたまに発生しているようだったので、いざというときには空港まで歩いて戻ることができるこの町にしたのでした。<br />

    ここから徒歩5分あまりのビジネスホテルに向かいます。

    観光を重視すれば、このような空港近くではなく、市街地中心部まで行って泊まるべきなのですが・・・中心部は公的機関を目標にした小規模なテロがごくたまに発生しているようだったので、いざというときには空港まで歩いて戻ることができるこの町にしたのでした。

  • 1泊約5,500円のシャワー付きの部屋です。<br /><br />

    1泊約5,500円のシャワー付きの部屋です。

    ホワイト パレス ホテル イスタンブール ホテル

    空港から地下鉄で3駅とアクセス良好 by Happy Stationさん
  • カーテンの外は古びたアパートが林立する下町の風景。<br /><br /><br />今回は飛行機で移動しただけでしたが、ご覧くださいましてありがとうございました。<br /><br /><br /><br /><br />→次へ http://4travel.jp/travelogue/11183951<br />世界一周の旅12日目その1 イスタンブール散策 欧亜大陸連絡・海底地下鉄道(マルマライ)&船でボスポラス海峡横断<br /><br /><br />←戻る http://4travel.jp/travelogue/11133772<br />世界一周の旅10日目その2 チューリッヒ→ミラノ ユーロシティ乗車<br />

    カーテンの外は古びたアパートが林立する下町の風景。


    今回は飛行機で移動しただけでしたが、ご覧くださいましてありがとうございました。




    →次へ http://4travel.jp/travelogue/11183951
    世界一周の旅12日目その1 イスタンブール散策 欧亜大陸連絡・海底地下鉄道(マルマライ)&船でボスポラス海峡横断


    ←戻る http://4travel.jp/travelogue/11133772
    世界一周の旅10日目その2 チューリッヒ→ミラノ ユーロシティ乗車

49いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • sanaboさん 2017/01/08 18:21:11
    はじめまして
    Happy Stationさん、はじめまして

    イスタンブールに行きたいなぁと思いながら
    先日、旅行記にお邪魔させていただきました。

    私の旅行記へもご訪問下さいまして、ありがとうございました。

    イスタンブールはフィルムカメラの時代に行きましたが
    ぜひ再訪したいと思っております。
    でも昨今の情勢を鑑みると、しばらくは様子見となりそうです。

    またお邪魔させて下さいね。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    sanabo

    Happy Station

    Happy Stationさん からの返信 2017/01/08 23:31:09
    RE: はじめまして
    sanaboさん、はじめまして

    ご訪問ありがとうございます!

    sanaboさんと同じく、私もヨーロッパは大好きです。
    が、まだ大都市にしか行ったことがなく・・・
    その点、sanaboさんは地方の方へもよくお出かけになっていらっしゃるようで、いいなぁなどとつぶやきながら旅行記を拝見させていただいておりました。

    イスタンブール・・・実は、今回の世界一周旅行で一番訪れてみたかった街でした。ヨーロッパとアジアの交差点。ロマンがありますよね。
    なかなか厳しい状況が続いているようですが、以前の落ち着きを早く取り戻してもらえたらなぁ、と思っています。

    それでは今後ともよろしくお願いいたします。


    Happy Station

Happy Stationさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 740円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集