コブレンツ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6/24(火) 快晴<br />ヨーロッパ鉄道の旅 #45 - コブレンツ、ドイチェス・エック(角)です。4週間にわたるヨーロッパ鉄道の旅もいよいよ終盤です。鉄道パスを使って、初めてコブレンツを訪れました。コブレンツは、モーゼル川とライン川の合流点に位置し、河川交通の要衝だそうです。上流のビンゲンBingen 〜 コブレンツKoblenz の間、65kmは、「ライン渓谷中流上部」として世界遺産に登録されています。<br /><br />写真は、モーゼル川(左)とライン川(右)の合流点「ドイチェス・エック(角)」と呼ばれているところです。船の舳先みたいですねぇ。ここにはドイツ帝国初代皇帝であるヴィルヘルム1世の騎馬像が建てられていて、第二次世界大戦でアメリカ軍に破壊されたが、近年になって再建されたそうです。<br /><br />コブレンツ: “ドイツの角” とドイツで最も美しい遺産<br />http://www.germany.travel/jp/towns-cities-culture/towns-cities/historic-highlights-of-germany/koblenz.html<br /><br />以下、「ヨーロッパ鉄道の旅」の日程です。<br /><br />□ 6/02(月)成田 JAL 407 13:00 → 18:00 フランクフルト泊<br />□ 6/03(火)フランクフルト http://4travel.jp/travelogue/10496747<br />→マインツ http://4travel.jp/travelogue/10508982 <br />→フランクフルト泊<br />□ 6/04(水)フランクフルト→フルダ http://4travel.jp/travelogue/10973087<br />→カッセル泊 http://4travel.jp/travelogue/10974130<br />□ 6/05(木)カッセル→ハーメルン http://4travel.jp/travelogue/10975110<br />→ハノーファー http://4travel.jp/travelogue/10975535<br />→ブレーメン泊 http://4travel.jp/travelogue/10975603<br />□ 6/06(金)ブレーメン→ハンブルグ泊 http://4travel.jp/travelogue/10977660<br />□ 6/07(土)ハンブルグ→コペンハーゲン泊 http://4travel.jp/travelogue/10977745<br />□ 6/08(日)コペンハーゲン→リューベック http://4travel.jp/travelogue/10980847<br />→ハンブルグ泊<br />□ 6/09(月)ハンブルグ→ポツダム http://4travel.jp/travelogue/10981886<br />→ベルリン泊 http://4travel.jp/travelogue/10982489<br />□ 6/10(火)ベルリン→ドレスデン http://4travel.jp/travelogue/10983633<br />→マイセン http://4travel.jp/travelogue/10985520 <br />→ドレスデン泊 http://4travel.jp/travelogue/10986502<br />□ 6/11(水)ドレスデン→ライプチヒ http://4travel.jp/travelogue/10986977<br />→ヴィッテンベルク http://4travel.jp/travelogue/10987677<br />→ライプチヒ泊 <br />□ 6/12(木)ライプチヒ→ワイマール→アイゼナハ http://4travel.jp/travelogue/10988892<br />→エアフルト http://4travel.jp/travelogue/10989231<br />→ワイマール泊 http://4travel.jp/travelogue/10990748<br />□ 6/13(金)ワイマール→イエーナ→ニュルンベルク→バンベルク http://4travel.jp/travelogue/10991000<br />→ニュルンベルク泊<br />□ 6/14(土)ニュルンベルク→ヴュルツブルク http://4travel.jp/travelogue/10993065<br />→レーゲンスブルク http://4travel.jp/travelogue/10993083<br />→→ニュルンベルク泊<br />□ 6/15(日)ニュルンベルク→ミュンヘン→プリーン http://4travel.jp/travelogue/10997045<br />→ミュンヘン泊 http://4travel.jp/travelogue/10995145<br />□ 6/16(月)ミュンヘン→オーバーアマガウ http://4travel.jp/travelogue/10997424<br />→インスブルック http://4travel.jp/travelogue/10999274<br />→ミュンヘン泊<br />□ 6/17(火)ミュンヘン→ウルム http://4travel.jp/travelogue/10999608<br />→アウクスブルク http://4travel.jp/travelogue/11000603<br />→フッセン http://4travel.jp/travelogue/11001480<br />→ミュンヘン泊<br />□ 6/18(水)ミュンヘン→チューリッヒ泊 http://4travel.jp/travelogue/11003383<br />□ 6/19(木)チューリッヒ→ツェルマット泊 <br />初日・前編 http://4travel.jp/travelogue/11003656<br />初日・後編 http://4travel.jp/travelogue/11004872<br />□ 6/20(金)ツェルマット泊<br />2日目・前編 http://4travel.jp/travelogue/11005870<br />2日目・後編 http://4travel.jp/travelogue/11006058<br />□ 6/21(土)ツェルマット→インターラーケン http://4travel.jp/travelogue/11006649<br />→ベルン泊 http://4travel.jp/travelogue/11008674<br />6/22(日)ベルン→コルマール http://4travel.jp/travelogue/11009606<br />→ストラスブール泊<br />□ 6/23(月)ストラスブール http://4travel.jp/travelogue/11111990<br />→ケルン http://4travel.jp/travelogue/11076034<br />→アーヘン http://4travel.jp/travelogue/11076088<br />→ボン (旅行記 #43 後日、投稿)<br />→ケルン泊<br />■ 6/24(火)ケルン→フランクフルト<br />→ハイデルベルク http://4travel.jp/travelogue/11078120<br />→コブレンツ<br />→フランクフルト泊<br />□ 6/25(水)フランクフルト泊 <br />□ 6/26(木)フランクフルト→ハーナウ<br />→フランクフルト JAL 408 21:05 → 成田<br />□ 6/27(金)成田 15:20<br /><br />このときは、旅行中、あいにくの160〜170円/ユーロの超円安でしたが、ある本によると「ヨーロッパのベストシーズンは、ジューン・ブライド(6月の花嫁)の初夏」ということで、6月は確かに晴れの日が多く、暖かく、しかも日が長く、結果的に旅行するには良い季節でした。

ヨーロッパ鉄道の旅 #45 - コブレンツ、ドイチェス・エック(角)

58いいね!

2008/06/24 - 2008/06/24

1位(同エリア81件中)

4

51

6/24(火) 快晴
ヨーロッパ鉄道の旅 #45 - コブレンツ、ドイチェス・エック(角)です。4週間にわたるヨーロッパ鉄道の旅もいよいよ終盤です。鉄道パスを使って、初めてコブレンツを訪れました。コブレンツは、モーゼル川とライン川の合流点に位置し、河川交通の要衝だそうです。上流のビンゲンBingen 〜 コブレンツKoblenz の間、65kmは、「ライン渓谷中流上部」として世界遺産に登録されています。

写真は、モーゼル川(左)とライン川(右)の合流点「ドイチェス・エック(角)」と呼ばれているところです。船の舳先みたいですねぇ。ここにはドイツ帝国初代皇帝であるヴィルヘルム1世の騎馬像が建てられていて、第二次世界大戦でアメリカ軍に破壊されたが、近年になって再建されたそうです。

コブレンツ: “ドイツの角” とドイツで最も美しい遺産
http://www.germany.travel/jp/towns-cities-culture/towns-cities/historic-highlights-of-germany/koblenz.html

以下、「ヨーロッパ鉄道の旅」の日程です。

□ 6/02(月)成田 JAL 407 13:00 → 18:00 フランクフルト泊
□ 6/03(火)フランクフルト http://4travel.jp/travelogue/10496747
→マインツ http://4travel.jp/travelogue/10508982 
→フランクフルト泊
□ 6/04(水)フランクフルト→フルダ http://4travel.jp/travelogue/10973087
→カッセル泊 http://4travel.jp/travelogue/10974130
□ 6/05(木)カッセル→ハーメルン http://4travel.jp/travelogue/10975110
→ハノーファー http://4travel.jp/travelogue/10975535
→ブレーメン泊 http://4travel.jp/travelogue/10975603
□ 6/06(金)ブレーメン→ハンブルグ泊 http://4travel.jp/travelogue/10977660
□ 6/07(土)ハンブルグ→コペンハーゲン泊 http://4travel.jp/travelogue/10977745
□ 6/08(日)コペンハーゲン→リューベック http://4travel.jp/travelogue/10980847
→ハンブルグ泊
□ 6/09(月)ハンブルグ→ポツダム http://4travel.jp/travelogue/10981886
→ベルリン泊 http://4travel.jp/travelogue/10982489
□ 6/10(火)ベルリン→ドレスデン http://4travel.jp/travelogue/10983633
→マイセン http://4travel.jp/travelogue/10985520 
→ドレスデン泊 http://4travel.jp/travelogue/10986502
□ 6/11(水)ドレスデン→ライプチヒ http://4travel.jp/travelogue/10986977
→ヴィッテンベルク http://4travel.jp/travelogue/10987677
→ライプチヒ泊 
□ 6/12(木)ライプチヒ→ワイマール→アイゼナハ http://4travel.jp/travelogue/10988892
→エアフルト http://4travel.jp/travelogue/10989231
→ワイマール泊 http://4travel.jp/travelogue/10990748
□ 6/13(金)ワイマール→イエーナ→ニュルンベルク→バンベルク http://4travel.jp/travelogue/10991000
→ニュルンベルク泊
□ 6/14(土)ニュルンベルク→ヴュルツブルク http://4travel.jp/travelogue/10993065
→レーゲンスブルク http://4travel.jp/travelogue/10993083
→→ニュルンベルク泊
□ 6/15(日)ニュルンベルク→ミュンヘン→プリーン http://4travel.jp/travelogue/10997045
→ミュンヘン泊 http://4travel.jp/travelogue/10995145
□ 6/16(月)ミュンヘン→オーバーアマガウ http://4travel.jp/travelogue/10997424
→インスブルック http://4travel.jp/travelogue/10999274
→ミュンヘン泊
□ 6/17(火)ミュンヘン→ウルム http://4travel.jp/travelogue/10999608
→アウクスブルク http://4travel.jp/travelogue/11000603
→フッセン http://4travel.jp/travelogue/11001480
→ミュンヘン泊
□ 6/18(水)ミュンヘン→チューリッヒ泊 http://4travel.jp/travelogue/11003383
□ 6/19(木)チューリッヒ→ツェルマット泊
初日・前編 http://4travel.jp/travelogue/11003656
初日・後編 http://4travel.jp/travelogue/11004872
□ 6/20(金)ツェルマット泊
2日目・前編 http://4travel.jp/travelogue/11005870
2日目・後編 http://4travel.jp/travelogue/11006058
□ 6/21(土)ツェルマット→インターラーケン http://4travel.jp/travelogue/11006649
→ベルン泊 http://4travel.jp/travelogue/11008674
6/22(日)ベルン→コルマール http://4travel.jp/travelogue/11009606
→ストラスブール泊
□ 6/23(月)ストラスブール http://4travel.jp/travelogue/11111990
→ケルン http://4travel.jp/travelogue/11076034
→アーヘン http://4travel.jp/travelogue/11076088
→ボン (旅行記 #43 後日、投稿)
→ケルン泊
■ 6/24(火)ケルン→フランクフルト
→ハイデルベルク http://4travel.jp/travelogue/11078120
→コブレンツ
→フランクフルト泊
□ 6/25(水)フランクフルト泊 
□ 6/26(木)フランクフルト→ハーナウ
→フランクフルト JAL 408 21:05 → 成田
□ 6/27(金)成田 15:20

このときは、旅行中、あいにくの160〜170円/ユーロの超円安でしたが、ある本によると「ヨーロッパのベストシーズンは、ジューン・ブライド(6月の花嫁)の初夏」ということで、6月は確かに晴れの日が多く、暖かく、しかも日が長く、結果的に旅行するには良い季節でした。

交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
JAL
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5

PR

  • ハイデルベルクからコブレンツへ<br />今日は行ったり来たりですねぇ。

    ハイデルベルクからコブレンツへ
    今日は行ったり来たりですねぇ。

  • ハイデルベルクからコブレンツへ<br />6月のヨーロッパは日が長い。どこに行こうかな?再び、ライン河を戻ります。

    ハイデルベルクからコブレンツへ
    6月のヨーロッパは日が長い。どこに行こうかな?再び、ライン河を戻ります。

  • 古城を眺めながら、ライン川沿いを電車は走ります。

    古城を眺めながら、ライン川沿いを電車は走ります。

  • コブレンツ中央駅 / Koblenz Hauptbahnhof

    コブレンツ中央駅 / Koblenz Hauptbahnhof

  • コブレンツの街角

    コブレンツの街角

  • 聖母教会 / Liebfrauenkirche

    聖母教会 / Liebfrauenkirche

  • 聖母教会 / Liebfrauenkirche

    聖母教会 / Liebfrauenkirche

  • 聖母教会 / Liebfrauenkirche

    聖母教会 / Liebfrauenkirche

  • 聖母教会 / Liebfrauenkirche

    聖母教会 / Liebfrauenkirche

  • 聖母教会 / Liebfrauenkirche

    聖母教会 / Liebfrauenkirche

  • 福音教会<br />Florinskirche

    福音教会
    Florinskirche

  • Platz Florinsmarkt<br />右手前は、福音教会、Florinskirche<br />奥は、博物館 / 美術館、Gewölbesaal, Altes Kaufhaus

    Platz Florinsmarkt
    右手前は、福音教会、Florinskirche
    奥は、博物館 / 美術館、Gewölbesaal, Altes Kaufhaus

  • 牧師館<br />Pfarrbüro Liebfrauen

    牧師館
    Pfarrbüro Liebfrauen

  • 聖カストア大聖堂 / Basilika Sankt Kastor

    イチオシ

    聖カストア大聖堂 / Basilika Sankt Kastor

  • モーゼル河畔<br />この川は、フランス、ルクセンブルクおよびドイツを流れる全長544キロの国際河川です。<br /><br />フランス東北部のヴォージュ山脈に源を発し、ナンシー、メスなどを北へ流れ、ルクセンブルクで北東に転じ、ドイツ国境を流れたのち、ドイツのラインラント=プファルツ州を横切り、コブレンツでライン川に合流しているそうです。

    モーゼル河畔
    この川は、フランス、ルクセンブルクおよびドイツを流れる全長544キロの国際河川です。

    フランス東北部のヴォージュ山脈に源を発し、ナンシー、メスなどを北へ流れ、ルクセンブルクで北東に転じ、ドイツ国境を流れたのち、ドイツのラインラント=プファルツ州を横切り、コブレンツでライン川に合流しているそうです。

  • ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck<br />

    ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck

  • ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck<br />モーゼル川とライン川との合流点は、ドイチェス・エック(Deutsches Eck)と称され、コブレンツの観光名所の一つとなっています。

    ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck
    モーゼル川とライン川との合流点は、ドイチェス・エック(Deutsches Eck)と称され、コブレンツの観光名所の一つとなっています。

  • ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck<br />先端から下流を望んでみました。左がモーゼル河で水面が青っぽく、右がライン河で水面が白っぽいですね。

    ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck
    先端から下流を望んでみました。左がモーゼル河で水面が青っぽく、右がライン河で水面が白っぽいですね。

  • ライン河畔

    ライン河畔

  • ヴィルヘルム皇帝の騎馬像<br />プロイセン国王であり、ドイツ帝国初代皇帝の騎馬像がありました。

    ヴィルヘルム皇帝の騎馬像
    プロイセン国王であり、ドイツ帝国初代皇帝の騎馬像がありました。

  • ヴィルヘルム皇帝の騎馬像

    ヴィルヘルム皇帝の騎馬像

  • ヴィルヘルム皇帝の騎馬像

    ヴィルヘルム皇帝の騎馬像

  • ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck<br />ホント、船の舳先、先端みたいですね。

    イチオシ

    ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck
    ホント、船の舳先、先端みたいですね。

  • ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck

    ドイチェス・エック(角) / Deutsches Eck

  • エーレンブライトシュタイン要塞 / Festung Ehrenbreitstein<br />ライン河の対岸の丘の上にあり、州立博物館とユースホステルとなっているようです。

    エーレンブライトシュタイン要塞 / Festung Ehrenbreitstein
    ライン河の対岸の丘の上にあり、州立博物館とユースホステルとなっているようです。

  • ライン河と観光船<br />遠方の高台にあるエーレンブライトシュタイン要塞は ライン川から120メートルほどの高さにあるので、コブレンツを眺望するのに絶好の場所だそうです。<br /><br />ライン渓谷中流上部<br />http://www.unesco-welterbe.de/jp/unesco-world-heritage/upper-middle-rhine-valley#.VlpnitLhC02

    ライン河と観光船
    遠方の高台にあるエーレンブライトシュタイン要塞は ライン川から120メートルほどの高さにあるので、コブレンツを眺望するのに絶好の場所だそうです。

    ライン渓谷中流上部
    http://www.unesco-welterbe.de/jp/unesco-world-heritage/upper-middle-rhine-valley#.VlpnitLhC02

  • ライン川下りのKD観光船<br />観光船の船着場の近くにロープウェイの乗り場があって、ライン河を跨いで対岸のエーレンブライトシュタイン要塞まで行けるようです。<br /><br />要塞の入場+ロープウェイの往復のコンビネーション・チケット <br />http://www.seilbahn-koblenz.de/<br /><br /><br />

    ライン川下りのKD観光船
    観光船の船着場の近くにロープウェイの乗り場があって、ライン河を跨いで対岸のエーレンブライトシュタイン要塞まで行けるようです。

    要塞の入場+ロープウェイの往復のコンビネーション・チケット
    http://www.seilbahn-koblenz.de/


  • ご参考までに、対岸から見たドイチェス・エック(角)。<br /><br />この写真の下にロープウェイが写っていて、またモーゼル川とライン川が合流するドイチェス・エック(角)がよくわかりますね。次回、来る機会があったら、この景色を見にロープウェイに乗ってみたいものです。<br /><br />

    ご参考までに、対岸から見たドイチェス・エック(角)。

    この写真の下にロープウェイが写っていて、またモーゼル川とライン川が合流するドイチェス・エック(角)がよくわかりますね。次回、来る機会があったら、この景色を見にロープウェイに乗ってみたいものです。

  • ライン川下りのKD観光船

    ライン川下りのKD観光船

  • ライン河畔沿いのカフェ

    ライン河畔沿いのカフェ

  • エレクトラルパレス<br />選帝候居城

    エレクトラルパレス
    選帝候居城

  • エレクトラルパレス<br />選帝候居城<br />かつてのドイツ皇帝ヴィルヘルム1世も宿泊したそうです。

    エレクトラルパレス
    選帝候居城
    かつてのドイツ皇帝ヴィルヘルム1世も宿泊したそうです。

  • エレクトラルパレス<br />選帝候居城

    エレクトラルパレス
    選帝候居城

  • エレクトラルパレス<br />選帝候居城

    エレクトラルパレス
    選帝候居城

  • 駅に戻る途中の教会

    駅に戻る途中の教会

  • コブレンツ中央駅 / Koblenz Hauptbahnhof

    コブレンツ中央駅 / Koblenz Hauptbahnhof

  • ICEでフランクフルトへ戻ります。1等車は空いていました。

    ICEでフランクフルトへ戻ります。1等車は空いていました。

  • ライン川

    ライン川

  • ライン川<br />貨物船が行き交います。物流の大動脈ですね。

    ライン川
    貨物船が行き交います。物流の大動脈ですね。

  • ライン川下りの観光船

    ライン川下りの観光船

  • ライン川

    ライン川

  • ライン川

    ライン川

  • ねずみ城、Burg Maus<br />ねこ城と同じく、カッツェンエルンボーゲン伯によって作られたものだそうです。

    ねずみ城、Burg Maus
    ねこ城と同じく、カッツェンエルンボーゲン伯によって作られたものだそうです。

  • ザンクト・ゴアール辺りだったと思います。

    ザンクト・ゴアール辺りだったと思います。

  • カッツ城(ねこ城)、Burg Katz<br />1371年にカッツェンエルンボーゲン伯によって造られた城だそうです。川沿いの町は、ザンクト・ゴアールスハウゼンです。

    カッツ城(ねこ城)、Burg Katz
    1371年にカッツェンエルンボーゲン伯によって造られた城だそうです。川沿いの町は、ザンクト・ゴアールスハウゼンです。

  • ライン川・ローレライ付近<br />川に突き出るような岩山の部分で、川幅は130mと狭く、流れが激しかったことから、船乗りたちにとって航行が難しい場所であったそうです。

    ライン川・ローレライ付近
    川に突き出るような岩山の部分で、川幅は130mと狭く、流れが激しかったことから、船乗りたちにとって航行が難しい場所であったそうです。

  • ライン川<br />対岸に右岸線の貨物列車が見えます。

    ライン川
    対岸に右岸線の貨物列車が見えます。

  • ライン川

    ライン川

  • プファルツ城、Burg Pfalzgrafenstein<br />ライン川の通行税を取り立てるための税関所として、1326年にルートヴィヒ4世によって作られたものだそうです。この場所はライン川の中でも最も川幅の狭いところで、船を取り締まるには大変都合の良い場所だったそうです。

    プファルツ城、Burg Pfalzgrafenstein
    ライン川の通行税を取り立てるための税関所として、1326年にルートヴィヒ4世によって作られたものだそうです。この場所はライン川の中でも最も川幅の狭いところで、船を取り締まるには大変都合の良い場所だったそうです。

  • ライン川<br />斜面にブドウ畑が広がるリューデスハイム辺りでしょうか?

    ライン川
    斜面にブドウ畑が広がるリューデスハイム辺りでしょうか?

  • コブレンツからフランクフルトへ戻り、明日、帰国します。<br /><br /><br />

    コブレンツからフランクフルトへ戻り、明日、帰国します。


この旅行記のタグ

58いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • blumentalさん 2019/03/23 00:58:53
    初めてメールを差し上げます
     comestaiさん、初めてメールを差し上げます。充実した内容の旅行記をたくさん投稿されていらっしゃり、大変感心しながら拝見しております。(私は旅行記を書き始めてまだ半年で、なかなか旅行記の数が増えません)。
     今回(かなり以前に旅行した)コブレンツの旅行記を書くのを機に、comestaiさんの旅行記も読ませていただきました。4週間にわたる大旅行、うらやましい限りです。拝見していて間違いに気が付いた点がございますので、失礼ながらお伝えいたします。
     本文11~14枚目の写真すべてに「ザンクト・カストル大聖堂」と説明がありますが、12枚目は「聖フローリン教会Florinskirche」、13枚目は「中部ライン博物館Mittelrhein Museum」、14枚目は「聖母牧師館Pfarrhaus Liebfrauen」が正しいようです。これら3枚(3か所)は、ほぼ同一区域にあり、我々の街歩きでは立ち寄らなかった箇所で、行っておけばよかったと思っている所であります。
     既にどなたかが指摘されていましたらお許し下さい。これからもよろしくお願いします。(このメール、間違いの連絡が目的ですので、いつでも削除してください)

    comestai

    comestaiさん からの返信 2019/03/23 21:40:50
    Re: 初めてメールを差し上げます
    blumentalさん、

    こんばんは、comestai です。はじめまして!
    この度、メールを頂き、またご指摘、ありがとうございました。

    コブレンツを訪れたのは2008年で、当初の予定に無かったので、何も下調べをしておらず、その上、旅行記を作成したのは、フォートラベルを始めた2012年以降でしたので、旅行記作成過程で実は記憶が曖昧でした。お陰様で、旅行記をアップデートすることができました。

    > 本文11~14枚目の写真すべてに「ザンクト・カストル大聖堂」と説明がありますが、12枚目は「聖フローリン教会Florinskirche」、13枚目は「中部ライン博物館Mittelrhein Museum」、14枚目は「聖母牧師館Pfarrhaus Liebfrauen」が正しいようです。

    ご指摘の件、Google マップで再検証してみました。

    12枚目は「福音教会 Florinskirche」でしたね。13枚目は「Platz Florinsmarkt」で、右に福音教会、Florinskirche、そして奥に博物館 / 美術館、Gewölbesaal, Altes Kaufhaus が写っていました。似た建物の写真がGoogleの「中部ライン博物館」にありましたが、何かの間違いかもしれません。それから14枚目は「牧師館 Pfarrbüro Liebfrauen」でした。

    11枚目の聖カストア大聖堂は14枚目に持ってきて、徒歩の行程がすっきりしました。ありがとうございました。コブレンツの再発見ができました。

    blumentalさんのコブレンツ旅行記も拝見しました。写真も多くて、ロープーウェイでエーレンブライトシュタイン城塞まで行かれて良かったですね。旅行記を見ながら、また行った気分に浸れました。

    「毎年夏には絶対ヨーロッパに行きたいと女房が言い出し」との事ですが、我が家も一度、ヨーロッパに連れて行った後は、予想通り、ヨーロッパ以外の旅先の選択枝が無くなりました(笑)。どこも同じですね!

    今後ともよろしくお願い致します。

    comestai

    blumentalさん からの返信 2019/03/25 10:57:00
    Re: 初めてメールを差し上げます
     comestaiさん、ご丁寧な返信メールありがとうございます。2012年からフォートラ開始とは、大ベテランでいらっしゃいますね。2012年といえば、われわれ夫婦の海外旅行が始まった年で、恥ずかしながらフォートラの存在を知ったのはその何年も後です。旅行記を書くことなんて全く念頭にない旅が何年も続いていましたが、どこで何を見たのか忘れたんで旅行記を書いてと女房にせがまれ、昨年からやっと書き始めたところです。しかしながら、撮り忘れを悔やみ、多くの素材の欠落に苦しみつつ、なかなか作業にかかれません。
     たくさんの街を訪問していらっしゃるcomestaiさんの旅行記、これからもちょくちょく訪問させていただきます。自分の訪問と重ね合わせ、いろいろ参考にさせていただけるのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。
               blumental

    comestai

    comestaiさん からの返信 2019/03/25 22:48:07
    RE: Re: 初めてメールを差し上げます
    blumentalさん、

    こんばんは、comestai です。

    私の場合、旅行記を作成する過程で、撮り忘れたことに気が付くことはもちろん、あそこも行けば良かったと後悔することも度々です。また帰国後、初めて知ることも多く、旅行記を作成しながら、また行った気分になっています(笑)。

    blumentalさんの旅行記も楽しみにしています。

    comestai

comestaiさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集