箱根湯本温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
この日は世の中一般は平日だが、何故か勤務先の休日。<br />たまたま小僧の通う中学校の体育祭だったので、朝から出掛け2時間程観戦した。<br />午前中で引き上げ帰宅するも、家内は昼から仕事。<br />一人で時間を持て余す。<br /><br />・・・・・ 暇だ ・・・・・。<br /><br />そうだ箱根に行こう。<br />という訳で、今日は午後から家族に黙って一人箱根旅。

ふらっと一人湯治 箱根 天山・一休

26いいね!

2012/06/01 - 2012/06/01

96位(同エリア566件中)

4

23

TaxNaX

TaxNaXさん

この日は世の中一般は平日だが、何故か勤務先の休日。
たまたま小僧の通う中学校の体育祭だったので、朝から出掛け2時間程観戦した。
午前中で引き上げ帰宅するも、家内は昼から仕事。
一人で時間を持て余す。

・・・・・ 暇だ ・・・・・。

そうだ箱根に行こう。
という訳で、今日は午後から家族に黙って一人箱根旅。

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車

PR

  • 先ずは、普段家族連れだとなかなか立ち寄らない箱根登山鉄道の観賞から。<br /><br />ジュジュベ観山苑に至る橋が出山鉄橋の観賞ポイントらしいので立ち寄ってみた。<br /><br />&quot;SECURITY&quot;と背中に書かれた服を着たおじさんが居た。<br />どうやらこの橋、私道らしい。<br />しかも奥が工事中との事。<br />景色を観たいだけだが橋に立ち入っても良いか確認した処、工事のトラックが来たらすぐに立ち退く事を条件にOKして貰った。<br /><br />写真は早川の渓谷。<br />新緑に包まれるように清流が覗える。

    イチオシ

    先ずは、普段家族連れだとなかなか立ち寄らない箱根登山鉄道の観賞から。

    ジュジュベ観山苑に至る橋が出山鉄橋の観賞ポイントらしいので立ち寄ってみた。

    "SECURITY"と背中に書かれた服を着たおじさんが居た。
    どうやらこの橋、私道らしい。
    しかも奥が工事中との事。
    景色を観たいだけだが橋に立ち入っても良いか確認した処、工事のトラックが来たらすぐに立ち退く事を条件にOKして貰った。

    写真は早川の渓谷。
    新緑に包まれるように清流が覗える。

  • 只・・・、何と出山鉄橋は工事中。<br /><br />ただ今登山電車通過中だが、鉄橋の左端に赤い車体が一寸覗くだけで、殆ど見えない。<br /><br />いや、残念な事だ。

    只・・・、何と出山鉄橋は工事中。

    ただ今登山電車通過中だが、鉄橋の左端に赤い車体が一寸覗くだけで、殆ど見えない。

    いや、残念な事だ。

  • 出山鉄橋と反対側を見ると、山腹に赤い車体が確認できた。<br /><br />箱根登山鉄道は箱根湯本−強羅間で合計3回スイッチバックを行うが、箱根湯本発の下り電車が最初にスイッチバックする場所がここだ。

    出山鉄橋と反対側を見ると、山腹に赤い車体が確認できた。

    箱根登山鉄道は箱根湯本−強羅間で合計3回スイッチバックを行うが、箱根湯本発の下り電車が最初にスイッチバックする場所がここだ。

  • 上の写真の中央をズーム。<br /><br />スイッチバック作業中。<br />僅かの間だが停車している。

    上の写真の中央をズーム。

    スイッチバック作業中。
    僅かの間だが停車している。

  • 天山湯治郷に到着<br /><br />既に午後2時半。<br />お昼を食べていなかったので、先ずは併設された蕎麦処へ。<br /><br /><br />ここで家内からの電話。<br />何処に居るのか所在を訊かれたので正直に答えた。<br />お父さんは嘘はつかない。<br /><br />次いで何故行ったのか目的を尋ねられたので、以前から奥様がご興味お持ちあそばす蕎麦屋の偵察に参った、と答えた。<br />これは嘘ではない。方便と言う。<br /><br />そして夕食は要らんと颯爽と言い放ち電話を切った。<br /><br />その後電話が掛かってくる事はなかった。<br /><br />後が怖いがこれでいいのだ。<br />お父さんは今を生きるのである。

    天山湯治郷に到着

    既に午後2時半。
    お昼を食べていなかったので、先ずは併設された蕎麦処へ。


    ここで家内からの電話。
    何処に居るのか所在を訊かれたので正直に答えた。
    お父さんは嘘はつかない。

    次いで何故行ったのか目的を尋ねられたので、以前から奥様がご興味お持ちあそばす蕎麦屋の偵察に参った、と答えた。
    これは嘘ではない。方便と言う。

    そして夕食は要らんと颯爽と言い放ち電話を切った。

    その後電話が掛かってくる事はなかった。

    後が怖いがこれでいいのだ。
    お父さんは今を生きるのである。

    天山湯治郷 温泉

    【貸座敷・離れ雲】個室を利用し秘湯的な奥の湯を楽しむ by TaxNaXさん
  • 艸楽庵 (そうらくあん)<br /><br />天山には七、八回お邪魔していると思うが、実はここは利用した事がない。<br /><br />■艸楽庵:私のクチコミ<br />http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/hakoneyumoto/tips/10291251/

    艸楽庵 (そうらくあん)

    天山には七、八回お邪魔していると思うが、実はここは利用した事がない。

    ■艸楽庵:私のクチコミ
    http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/hakoneyumoto/tips/10291251/

    艸楽庵 グルメ・レストラン

    舌と鼻と耳と目、そして肌で味わう by TaxNaXさん
  • 門から店舗に向かう通路<br /><br />純和風で趣深い。

    門から店舗に向かう通路

    純和風で趣深い。

  • 実はこの蕎麦処、早川支流 須雲川の川辺にある。

    実はこの蕎麦処、早川支流 須雲川の川辺にある。

  • 蕎麦打ち場が硝子張りで外から見えるようになっている。<br />伺った時間はお休み中。

    蕎麦打ち場が硝子張りで外から見えるようになっている。
    伺った時間はお休み中。

  • 店内はテーブル席が数席、座敷が四席と余り大きくはない。<br /><br />先客は一組。<br />座敷席でお食事中。<br /><br />座敷四席の内二席は二人掛けだが、これが縁側にあり景色が良かったのでここに陣取った。

    店内はテーブル席が数席、座敷が四席と余り大きくはない。

    先客は一組。
    座敷席でお食事中。

    座敷四席の内二席は二人掛けだが、これが縁側にあり景色が良かったのでここに陣取った。

  • せいろそば<br /><br />二八にしてはぼそっとしているし、十割にしては麺っぽい。<br />帰りに訊いてみたが、八割五分なのだそうだ。<br /><br />蕎麦は十割が良いと思っているが、蕎麦の風味が高く、且つ麺としての体裁が保たれている八割五分ってのも絶妙な配合だろう。<br />素直に旨い。<br />また、切り揃え方が不均一な処がまた良い。<br /><br />旨い蕎麦を舌で感じ、<br />須雲川の流れを耳で感じ、<br />雨上がりの空気感を肌で感じ、<br />目には青葉。<br />贅沢なひとときを文字通り味わった。

    イチオシ

    せいろそば

    二八にしてはぼそっとしているし、十割にしては麺っぽい。
    帰りに訊いてみたが、八割五分なのだそうだ。

    蕎麦は十割が良いと思っているが、蕎麦の風味が高く、且つ麺としての体裁が保たれている八割五分ってのも絶妙な配合だろう。
    素直に旨い。
    また、切り揃え方が不均一な処がまた良い。

    旨い蕎麦を舌で感じ、
    須雲川の流れを耳で感じ、
    雨上がりの空気感を肌で感じ、
    目には青葉。
    贅沢なひとときを文字通り味わった。

  • 下世話だが、自身の備忘録も含め品書を撮った。<br /><br />品書を『お声掛け』としている処が粋だ。<br /><br />観光地価格としては良心的な設定だろう。<br /><br /><br />■店舗情報<br />  12:00 開店<br />  16:30 ラストオーダー<br />  16:30 クローズ<br />      〜休憩〜<br />  18:00 オープン<br />  19:30 ラストオーダー<br />  20:00 閉店<br /><br />  定休日:毎週木曜,第2第4金曜

    下世話だが、自身の備忘録も含め品書を撮った。

    品書を『お声掛け』としている処が粋だ。

    観光地価格としては良心的な設定だろう。


    ■店舗情報
      12:00 開店
      16:30 ラストオーダー
      16:30 クローズ
          〜休憩〜
      18:00 オープン
      19:30 ラストオーダー
      20:00 閉店

      定休日:毎週木曜,第2第4金曜

  • さて湯治に向かうとしよう。<br /><br />・・・と、その前に。<br />今晩、天山の後にはしご湯する予定の一休を覗いてみた。<br /><br />奥の建物が一休。

    さて湯治に向かうとしよう。

    ・・・と、その前に。
    今晩、天山の後にはしご湯する予定の一休を覗いてみた。

    奥の建物が一休。

  • 一休はおふろだけ<br /><br />休憩所や読書室、食事処、マッサージ室など、総合的に温泉を楽しむ事のできる天山と違い、一休は風呂以外には何も無い。<br /><br />「天山とははっきりと違います」と注意書きをしておかないといけない、と言う処だろう。<br />こちらの方が普通だと思うのだが・・・。

    一休はおふろだけ

    休憩所や読書室、食事処、マッサージ室など、総合的に温泉を楽しむ事のできる天山と違い、一休は風呂以外には何も無い。

    「天山とははっきりと違います」と注意書きをしておかないといけない、と言う処だろう。
    こちらの方が普通だと思うのだが・・・。

  • 一休の入口前<br /><br />結構景色が良い。

    一休の入口前

    結構景色が良い。

  • さて、寄り道は終わり。天山に向かおう。<br /><br />例によって山門を写す。<br />晴れ雨が降っていた。

    さて、寄り道は終わり。天山に向かおう。

    例によって山門を写す。
    晴れ雨が降っていた。

  • 天山入口<br /><br />毎度思うが、立ち寄り湯としては抜群の趣。<br />館内は撮影禁止なので写真はここまで。<br /><br />今日はざしきぼっこには行かず、専ら風呂と読書室を往復した。<br />読書室にヤマザキマリ氏のテルマエ・ロマエがあったので読んでみたら存外面白く、2巻まで楽しませて頂いた。

    イチオシ

    天山入口

    毎度思うが、立ち寄り湯としては抜群の趣。
    館内は撮影禁止なので写真はここまで。

    今日はざしきぼっこには行かず、専ら風呂と読書室を往復した。
    読書室にヤマザキマリ氏のテルマエ・ロマエがあったので読んでみたら存外面白く、2巻まで楽しませて頂いた。

  • 天山で3時間半程を過ごし、退出時にフロントで『はしご湯札』を購入。<br /><br />平日に限られるが、天山利用者は格安料金で一休のはしご湯を楽しむ事ができる。<br /><br />一休に行ってそのまま帰る場合は100円。<br />一休から天山に戻ってくる場合は300円。<br /><br />はしご湯する場合は一休の営業時間に注意されたい。<br />・19時 一休受付終了<br />・20時 一休閉館<br />・はしご湯札発行後20分以内に一休受付の事<br />・はしご湯は平日のみ

    天山で3時間半程を過ごし、退出時にフロントで『はしご湯札』を購入。

    平日に限られるが、天山利用者は格安料金で一休のはしご湯を楽しむ事ができる。

    一休に行ってそのまま帰る場合は100円。
    一休から天山に戻ってくる場合は300円。

    はしご湯する場合は一休の営業時間に注意されたい。
    ・19時 一休受付終了
    ・20時 一休閉館
    ・はしご湯札発行後20分以内に一休受付の事
    ・はしご湯は平日のみ

  • 閉館直前までの1時間余りを一休で過ごした。<br /><br />一休の男湯・風呂場は湯舟3つで構成されている。<br />天山の概ね半分の規模で、想像より大きかった。<br /><br />野天の佇まいの天山と比べ、一休は木造(を模した)建屋に露天の風呂場を設けたレトロモダンな佇まい。<br /><br />また山しか見えない天山と比べると、一休・男湯からの景色は素晴らしい。<br />入って右側の湯舟からは須雲川を30〜40m高所から見下ろす絶景が広がる。<br />一方中央の湯舟からは大屋根と湯船の間に箱根の山と空を臨む事ができる。<br />大屋根中央には色温度の低い照明が吊られており、陽が落ちるにつれ少しずつ存在感が増す様子を楽しむ事ができた。<br /><br />個人的には、風呂場だけを見れば一休の方が好みだ。<br /><br />そして一休での1時間余りだが、何と一人で過ごした。<br />贅沢と言えば贅沢だが、一人で過ごすには余りに広い。<br />多少持て余してしまい、一人で3つの湯舟を何度も渡り歩いた。<br /><br />暗くなり行く箱根の山を堪能し、一休を退出した。<br /><br />写真は一休前の通路の夜景。<br /><br />※館内の撮影は遠慮したのだが、誰も居なかった事だし撮っておけば良かったかなと若干の後悔<br /><br />■一休:私のクチコミ<br />http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/hakoneyumoto/tips/10290877/

    閉館直前までの1時間余りを一休で過ごした。

    一休の男湯・風呂場は湯舟3つで構成されている。
    天山の概ね半分の規模で、想像より大きかった。

    野天の佇まいの天山と比べ、一休は木造(を模した)建屋に露天の風呂場を設けたレトロモダンな佇まい。

    また山しか見えない天山と比べると、一休・男湯からの景色は素晴らしい。
    入って右側の湯舟からは須雲川を30〜40m高所から見下ろす絶景が広がる。
    一方中央の湯舟からは大屋根と湯船の間に箱根の山と空を臨む事ができる。
    大屋根中央には色温度の低い照明が吊られており、陽が落ちるにつれ少しずつ存在感が増す様子を楽しむ事ができた。

    個人的には、風呂場だけを見れば一休の方が好みだ。

    そして一休での1時間余りだが、何と一人で過ごした。
    贅沢と言えば贅沢だが、一人で過ごすには余りに広い。
    多少持て余してしまい、一人で3つの湯舟を何度も渡り歩いた。

    暗くなり行く箱根の山を堪能し、一休を退出した。

    写真は一休前の通路の夜景。

    ※館内の撮影は遠慮したのだが、誰も居なかった事だし撮っておけば良かったかなと若干の後悔

    ■一休:私のクチコミ
    http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/hakoneyumoto/tips/10290877/

  • こっちは天山の夜の絵<br /><br />暗くて良く解らんな・・・。<br /><br /><br />一休は通常料金が1,000円で、風呂以外には手洗があるくらい。休憩所すらない。<br />目前に天山がある以上、積極的に一休に行こうとは思わないのが正直な処だ。<br /><br />だが平日のはしご湯で一休を楽しむのであれば別。<br />たかが100円か300円。超格安だ。<br />平日であれば利用しない手は無い。

    こっちは天山の夜の絵

    暗くて良く解らんな・・・。


    一休は通常料金が1,000円で、風呂以外には手洗があるくらい。休憩所すらない。
    目前に天山がある以上、積極的に一休に行こうとは思わないのが正直な処だ。

    だが平日のはしご湯で一休を楽しむのであれば別。
    たかが100円か300円。超格安だ。
    平日であれば利用しない手は無い。

  • 天山湯治郷からの帰り道、『箱根かれー 心(cocoro)』へ。<br /><br />初めての訪問。<br />結構有名なお店だが、相当に辺鄙な場所にある。<br />逆に言えば、それで成り立っているのだから相応に美味しいのだろう。<br /><br />店頭にロボットの立て看板。<br />怪しい雰囲気も漂う。<br /><br />■箱根かれー 心:私のクチコミ<br />http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/hakoneyumoto/tips/10292121/

    天山湯治郷からの帰り道、『箱根かれー 心(cocoro)』へ。

    初めての訪問。
    結構有名なお店だが、相当に辺鄙な場所にある。
    逆に言えば、それで成り立っているのだから相応に美味しいのだろう。

    店頭にロボットの立て看板。
    怪しい雰囲気も漂う。

    ■箱根かれー 心:私のクチコミ
    http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/hakone/hakoneyumoto/tips/10292121/

  • スパイシーチキンカレーをオーダー。<br />正直スパイシーとは思わなかったが、ローストチキンと野菜がふんだんに入り、なかなかに旨い。<br />良い店を発見した。<br /><br />今日は天山で散々汗をかいて体重が減った。<br />天山の体重計で来た時と帰る時の体重を計ったが2.4kg減。<br />その後の一休でも相当汗をかいたので、恐らく合計で3kg近く減った筈である。<br />なので身体が水を欲していた。<br />ジュースとかコーヒーとかは要らない。水が欲しい。<br />カレーを喰らう前にお冷を飲み干し、その後も3杯位お代わりした。

    スパイシーチキンカレーをオーダー。
    正直スパイシーとは思わなかったが、ローストチキンと野菜がふんだんに入り、なかなかに旨い。
    良い店を発見した。

    今日は天山で散々汗をかいて体重が減った。
    天山の体重計で来た時と帰る時の体重を計ったが2.4kg減。
    その後の一休でも相当汗をかいたので、恐らく合計で3kg近く減った筈である。
    なので身体が水を欲していた。
    ジュースとかコーヒーとかは要らない。水が欲しい。
    カレーを喰らう前にお冷を飲み干し、その後も3杯位お代わりした。

  • 店頭のロボットが何に続くのかは店に入れば誰でも解る。<br /><br />店内の一番奥にショーケースがあり、ソフビのフィギュアが所狭しと並べられているからだ。<br /><br />一休に続き、ここでも客は自分一人。<br />GW以降、客足が遠退いているようだと伺った。<br /><br />ご主人は話し好きで、色々お話しさせて頂いた。<br />今年は一月一回位のペースで来ていると話した処、<br />「芦之湯の山形屋は湯が抜群に良いのでお勧めします。」<br />「太閤の湯は本当に庖丁傷が治るんです。昔の人は刀傷が治ると知ってて入ったんですね。」<br />など、色々教えて頂いた。<br /><br />最後に次の目標を仕入れ、箱根を後にした。

    店頭のロボットが何に続くのかは店に入れば誰でも解る。

    店内の一番奥にショーケースがあり、ソフビのフィギュアが所狭しと並べられているからだ。

    一休に続き、ここでも客は自分一人。
    GW以降、客足が遠退いているようだと伺った。

    ご主人は話し好きで、色々お話しさせて頂いた。
    今年は一月一回位のペースで来ていると話した処、
    「芦之湯の山形屋は湯が抜群に良いのでお勧めします。」
    「太閤の湯は本当に庖丁傷が治るんです。昔の人は刀傷が治ると知ってて入ったんですね。」
    など、色々教えて頂いた。

    最後に次の目標を仕入れ、箱根を後にした。

    山形屋 宿・ホテル

この旅行記のタグ

26いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • ふらっとちょっとさん 2012/06/18 22:09:56
    懐かしい天山 ^^)
    TaxNaXさん、こんばんは〜。

    天山。
    実は、わが家も次男が生まれる前は、よく行っていました。
    まだ施設は1つしかなく、週末は、夜でも駐車場に下りる車が旧道まで並んでいました。
    もう20年ほど前の話ですが ^^;)

    今でも、まだ板張りの廊下で、畳敷きの、ごろ寝スペースのままなのでしょうか。

    それにしても、平日なら一休を100円で利用できるのは、お得情報ですね ^^)
    温泉好きなら利用しない人はいないと思います。

    山形屋さんは、一度日帰りで利用しました。
    施設は古いですが、硫黄泉でも大涌谷温泉とは違い、箱根でも珍しい泉質だと思います。

    奥様からの電話に、嘘をつかずに爽快に言い放されたのは、なかなかお見事。
    思わず、ニヤリとしてしまいました。

    私にはできないことですので(笑)


    今後もよろしくお願いいたしま〜す。


    ふらっとちょっと

    TaxNaX

    TaxNaXさん からの返信 2012/06/18 23:11:38
    RE: 懐かしい天山 ^^)
    ふらっとちょっとさん

    天山はイモ洗いだの揶揄される方もおいでで、あなあがち嘘でもないのですが、時間帯を選べば楽しむ処の多い日帰り温泉だと思います、

    > まだ施設は1つしかなく、週末は、夜でも駐車場に下りる車が旧道まで並んでいました。
    今でも土日の午後はそんな感じです。


    > 今でも、まだ板張りの廊下で、畳敷きの、ごろ寝スペースのままなのでしょうか。
    イエッサー
    ですが多分お書きなのは玄関と同じレベルのごろ寝スペースを指しておられると思います。
    よく利用する ざしきぼっこ は渡り廊下を渡って1階に下りた場所です。
    須雲川の景色とせせらぎを楽しめる仮眠スペースです。


    > 山形屋さんは、一度日帰りで利用しました。
    > 施設は古いですが、硫黄泉でも大涌谷温泉とは違い、箱根でも珍しい泉質だと思います。
    次回は山形屋さんか太閤の湯のどちらかに伺う予定です。


    > 奥様からの電話に、嘘をつかずに爽快に言い放されたのは、なかなかお見事。
    まあ、表向きは私の方が強い事になっております故。

    そんな感じです。
    この度は私の旅行記におこし頂き有難う御座いました。
    今後とも宜しくお願い致します。

    TaxNaX
  • ももねねここさん 2012/06/06 14:49:46
    心さんのカレー美味しいですよね♪
    TaxNaXさん、はじめまして。

    箱根かれー心さんの口コミを読んで旅行記にもお邪魔させていただきました。

    箱根の日帰り施設はいろいろあって楽しいですよね。
    まだ行った事はないのですが天山も有名ですね。紅葉の時期に行ってみたいです。

    旅行記で紹介されていた粋なお品書(お声掛け)の蕎麦屋さんも良さそうなお店ですが、心さんのカレーも美味しいですよね。

    白米じゃなく雑穀米なのもいいしアツアツのルーもスパイスが効いて私は好きです。(辛いのが得意な人には物足りないかな?)

    このお店は4トラの旅行記で知りました。協同経営者の一人がトラベラーさんなんですよ!トラベラー名:一生懸命井さとうさんです。箱根の旅行記をいくつかアップされてます。TaxNaXさんがお話しされた方がその方かわかりませんが、優しそうな人当たりのいい男性でした。
    私達が行った時は接客されていましたが毎日いらっしゃるかは不明です。

    次に箱根に行く時もここに立ち寄る予定です。

    ももねねここ

    TaxNaX

    TaxNaXさん からの返信 2012/06/06 20:44:31
    RE: 心さんのカレー美味しいですよね♪
    ももねねここさん

    初めまして。

    カレー屋と蕎麦屋はここぞという所を見付けては伺っています。

    私はカレーはスパイスの香りを楽しむものと思っていますが、たまに例外的に美味しい日本風カレー屋に出会う事があります。
    心さんのカレーは提供方法や野菜の入り具合、雑穀米、ボリューム感、特徴だらけで、その意味でも再訪したくなるお店です。
    そしてカレーの旨さだけではなく、客をもてなそうと言う心意気が素敵だと思いました。

    共同経営者さんを探しましたが、『一生懸命さとう君』さんですね。
    プロフィールや旅行記を拝見しましたが、私が伺った時に話し相手をして頂いたのはこの方です。
    ホントに気さくで、客商売が天職のような方です。

    個人的には全く辛くない部類のカレーなので、その意味では不満がありますが、家族連れで行くには丁度良い辛さで、次回は家族連れで伺おうと思います。

    TaxNaX

TaxNaXさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

箱根湯本温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集